花陽「ダレカタスケテー!」凛「凛知ってるよ、最後に己を救うのは己自身だと」

シェアする

凛-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa03-A3bV) 2015/11/06(金) 01:16:14.36 ID:B3Sd8bSZa.net
穂乃果「花陽ちゃんのほっぺたぷにぷにさせてよぉ」

花陽「えぇ…どうしたの?…急に」

穂乃果「ちょっとぐらいいいでしょー?」ぷにぷに

花陽「うぅ…ぷにぷにしないでぇー…」

穂乃果「うわぁぁ!柔らかくてきんもちぃー」ぷにぷに

花陽「ちょっとぉやりすぎだよぉ…」

穂乃果「もっといいでしょー?」ぷにぷに

花陽「うぅ…ダレカタスケ…」

凛『かよちん!』

花陽「…!!」

花陽(…うんっ!)

花陽「はぁん///」

穂乃果「げげっ!?」

花陽「花陽…ほっぺた敏感なの…///」

穂乃果「花陽ちゃん…?」

花陽「穂乃果ちゃん…花陽をその気にさせちゃったみたいだよ?////」

穂乃果「ちょっと…?花陽ちゃん…どうしたの…?」

花陽「ねぇ!!」ガバッ!!

穂乃果「ひぃっ!!?」

花陽「責任…取らなきゃだめだよね?♡」

穂乃果「ひぃぃ!!!」

花陽(大成功です!!穂乃果ちゃんを懲らしめてやりました!!)

穂乃果「…いいよ♡」

花陽「え…」

穂乃果「穂乃果が責任とったげる♡」

花陽「え…あの…そんなつもりじゃ…」

穂乃果「じっとしててね♡」ガバッ

花陽「いやぁぁ///ダレカタスケテー///」


凛「あーあ。1回目は大失敗だったみたいだにゃー。でも!きっとかよちんにも自分を救える時がくるはずだよ!」

元スレ: 花陽「ダレカタスケテー!」凛「凛知ってるよ、最後に己を救うのは己自身だと」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa03-A3bV) 2015/11/06(金) 01:53:26.74 ID:B3Sd8bSZa.net
絵里「花陽ったら、また少し太ったんじゃない?」

花陽「えぇ!?そんなことないよぉ…」

絵里「そうかしら?…気のせいなのかしらねぇ…」お腹ツンツン

花陽「ひゃぁぁ!?」

絵里「やっぱり太ったんじゃない?この肉…なんとかしなきゃだめだと思うけど?」

花陽「そんな…花陽…」

絵里「…ダイエットね」

花陽「ひぃ!?ダイエット!?…お米がぁ…うぅ…ダレカタスケ…」

花陽「…!!」

花陽「そうだ、絵里ちゃん!一緒にパフェ食べに行こうよ!」

絵里「何言ってるのよ…さっき痩せなきゃって話してたとこでしょ」

花陽「チョコレートパフェのおいしい店知ってるんです!!」

絵里「ハラショー!行きましょう!」

花陽(絵里ちゃんを太らせれば、花陽だけが痩せる必要がなくなるはずです!!)

花陽(道連れです!!!!)

絵里「おいしー♪」

花陽「…!!お、おいしい!」

花陽「すみませーん…もう一つお願いします…」

絵里「ちょっと…まだ食べるの?」

花陽「だっておいしいから…」


花陽「結局花陽ばかり食べ過ぎてしまいました…」

絵里「確実に太ったわよ」

花陽「うぅ…泣」



凛「かよちんまた失敗しちゃったみたいだにゃ!ダイエット頑張ってね!」
7: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa03-A3bV) 2015/11/06(金) 02:13:26.83 ID:B3Sd8bSZa.net
海未「花陽!またその巨大おにぎりですか!」

花陽「ひぃっ!う、海未ちゃん…こ、これは…」

海未「あれだけ炭水化物の異常摂取の恐怖について語ったというのに、まだ懲りないのですか!!」

花陽「うぅ…だって……おいしいんだもん…」

海未「いけません!それは没収です!!」

花陽「ええ!だ、だめだよっ…!」

海未「だめです!よこしなさい!」ガシ

花陽「だめだよぉ!!離してよぉ…うぅ…ダレカタスケ…」

花陽「…!!」

花陽「…うぅ…はい」

海未「最初から大人しく渡せばよいのです…まったく」

花陽「海未ちゃんも食べてみてよ!」

海未「わたしがですか…?食べるわけありません!」

花陽「じゃあそれどうするの?捨てちゃうの?」

海未「それは…考えてなかったです…」

花陽(これで海未ちゃんも諦めて返してくれるはずです!!!)

花陽(花陽は天才です!!!)

海未「…はむ」

花陽「え!!?食べた!!」

海未「うん…おいしいですね…はむっ…もぐもぐ」

花陽「あああああっ!!!」

海未「いやぁ…とってもおいしいですねぇ♪ やみつきになります…はむ」

花陽「いやぁぁぁぁっ!!!」

海未「でもこれわたしが食べてしまったので…このまま返すわけには…はむっ…もぐもぐ」

花陽「ひぃぃぃぃぃぃいい!!!!!」バタ


凛「海未ちゃん酷なことするにゃー。でも、かよちんのダイエットに貢献したね!よかったねかよちん!」
10: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa03-A3bV) 2015/11/06(金) 02:44:49.12 ID:B3Sd8bSZa.net
ことり「わぁい♡ことりの勝ちっ」

花陽「ま、負けちゃったぁ…」

ことり「じゃ、約束通り命令するね♡うーんと…」

ことり「花陽ちゃんは、ことりの猫ちゃんになぁれ♡」

花陽「猫っ!?」

ことり「ほらっ、ちゃんと猫語になって♡」

花陽「にゃぁにゃぁ…」

ことり「猫は4足歩行だよ♡」

花陽「うにゃぁ…にゃぁ…」ウロウロ

ことり「はぁー♡カワイイ♡」

花陽(恥ずかしいよぉ…うぅ…ダレカタスケ…)

花陽「…!!」

花陽「にゃんにゃん♡」スリスリ

ことり「わぁぁ♡とっても人懐っこい♡よしよーし♡」ナデナデ

花陽「シャァァァァッ!!!」ガリガリ

ことり「えっ…」

花陽(これでことりちゃんも、猫の花陽に呆れてすぐやめさせるはずです!)

花陽(演技も完璧です!!!)

ことり「もう!言うことちゃんと効かない悪い猫ちゃんにはお仕置きだよっ」プンプン

花陽「にゃにゃ!!?」

ことり「お尻ペンペンだよ!こっちに来なさいっ!」

花陽「にゃぁ…!?い、嫌にゃぁ…泣」

ことり「あ!人間の言葉喋っちゃだめなのに!!もうっ!今日は1日中猫ちゃんじゃないと許さないよ!!」

花陽「にゃぁぁぁぁ…泣」



凛「猫のかよちんもかわいいにゃー♡でも、罰ゲームはちゃんとしなきゃだめだよ!」
19: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sae8-A3bV) 2015/11/06(金) 16:36:02.06 ID:etaHQ3ZDa.net
にこ「花陽!今週もスタイルチェックよ!こっち来なさい!」

花陽「ええ!?今週も!?」

にこ「あたりまえでしょ。アイドルは自分の体もちゃんと管理できなきゃだめなのよ」

花陽「ええ…」

にこ「さぁ早く来なさい!」

花陽(どうしよう…今週はちょっと食べ過ぎちゃったから…絶対また太ったって怒られるよぅ…)

花陽(うぅ…ダレカタスケ…)

花陽「!!」

花陽「…うん…じゃあお願い…」

にこ「えっとまずはウェストよ…」サワサワ

花陽「あっ///にこちゃんっ///」

にこ「な、なによその声は!!///」

花陽「花陽っそんなとこ触られちゃだめっ///」

にこ「はぁぁ?///い、いつもやってることでしょ!!?////」

花陽「だって///…ひゃぁぁ///」

にこ「な、なんなのよぉ…」アタフタ

花陽(これでにこちゃんも花陽の体に迂闊に触れなくなったはずです!!!)

花陽(花陽は策士です!!!!)

にこ「…ふ、ふぅん……」サワサワ

花陽「あれ…?ひゃぁん///」

にこ「面白い反応ね…もっと見せてよ?」サワサワ

花陽「ちょ、ちょっと…?やっ、いやぁん///だめぇ///」

にこ「こんなことされたらどうなのよ?」ぷにぷに

花陽「にこちゃん?…あっ、えっと…はぁぁん///」

にこ「面白いわね、あと30分付き合いなさい」サワサワぷにぷに

花陽「ええ!!?やんっ///だめぇ///あぁん///」

花陽(ダレカタスケテー!!!)



凛「あー!にこちゃんずるいにゃ!!それにしてもかよちん、またこの作戦で失敗しちゃったね!やめたほうがいいんじゃないかにゃ?来週こそは正々堂々減量してこようね!」
21: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sae8-A3bV) 2015/11/06(金) 17:00:26.10 ID:etaHQ3ZDa.net
希「そうやねぇ?やっぱりエリチをわしわしするときが1番かなぁ?」

花陽「やっぱり絵里ちゃんなんだぁ」

花陽(なんでこんな話題になったんだろう…?)

希「でも穂乃果ちゃんのもなかなかなんやでぇ」

希「にこっちは揉み応えはないんやけど、でも感度は抜群やから、楽しいやん♪」

花陽「そ…そうなんだ」

希「花陽ちゃんのもなかなかよさそうやね♪」

花陽「えぇ!?花陽のは…その…」モジモジ

希「ふぅーん…♪」じぃー

花陽(まずいよぉ!!ずっと花陽の胸見てるよ!!!ダレカタスケテ…)

花陽「!!」

花陽「ええい!!」わし

希「ちょっとぉ///花陽ちゃん!?///」

花陽「先手必勝です!!!覚悟してください!!」わしわし

希「花陽ちゃぁん…///」

花陽「無様ですね!!どうですか?後輩にわしわしされる気分は!!あははっ」わしわし

希「もーう/// あかんよぉ///ひゃぁぁ///」

花陽(これで希ちゃんを堕としてしまえば、花陽の完全勝利です!!!)

花陽(この勝負、頂きました!!)

希「…まだまだやね」

花陽「えっ!!?」

希「本物を見せてあげんといかんみたいやね♪」

花陽「え…えっ!?…ひぃぃ!!」

希「覚悟しぃやぁ♡」

だ、ダレカタスケテー!!!



凛「うーん、やっぱり実力が無いのに挑んだのはいけないにゃ。でも、希ちゃんに直々に教えてもらったから、きっとかよちんも上達したはずだよ!よかったね!」
22: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sae8-A3bV) 2015/11/06(金) 17:12:44.88 ID:etaHQ3ZDa.net
真姫「花陽、新曲考えてみたの。ちょっと聴いてもらえる?」

花陽「いいよっ」

真姫「♪♪」ピアノポロロン♪

花陽「うん!とってもいいと思う!」

真姫「けど何か足りないのよね…」

花陽「そうかなぁ?花陽はとっても素敵だと思うけど…」

真姫「…うーん…でもやっぱり…どこか納得いかないのよ」

花陽(どうしよう!!真姫ちゃんが困ってるみたいだけど、花陽なんて言ってあげればわからないよぅ!!!ダレカタスケテ…)

花陽「!!」

花陽「花陽はね、でもやっぱりこれでいいと思うの!」

真姫「花陽…」

花陽「たしかにね、真姫ちゃんは満足してないのかもしれないけどね…」

花陽「でも花陽は素直に、今聴いたのがとっても心に響いたよ♪」

真姫「…」

花陽(自分の気持ちを素直に伝えてみました!やっぱりこれが1番です!!)

真姫「…花陽…わかったわ。このままでいくわ」

花陽「真姫ちゃん…!」

真姫「花陽のおかげよ。ありがとう」

花陽「そんな…どういたしまして♡」



凛「あれ?」
23: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sae8-A3bV) 2015/11/06(金) 17:15:07.22 ID:etaHQ3ZDa.net
花陽「花陽…やっぱり、自分のこと自分でなんとかするのなんて無理だよ…」

凛「そんなことないにゃ。元気出すにゃ!」

花陽「だっていっつもみんなにもみくちゃにされてるんだよ…自信なくしちゃうよ…」

真姫「何言ってんのよ」

花陽「真姫ちゃん?」

真姫「あなた、わたしのこと助けてくれたじゃない」

花陽「…」

真姫「別に、自分を助けるのは自分じゃなくたっていいのよ。困ったら誰かに頼るのって大事よ」

真姫「…それは花陽が教えてくれたんだから」

花陽「真姫ちゃん…」

花陽「…そうだね!ありがとう!」

真姫「いいのよ。こっちこそ、花陽が困ったらいつでも助けてあげるんだからっ」

花陽「…ありがとっ」


凛「どうして真姫ちゃんがここでかっこつけるにゃ!!」

真姫「なによ!!別にいいでしょ!!」

凛「凛がせっかくかっこいい台詞考えてたのに、真姫ちゃんずるいにゃ!!」

真姫「私だって色々考えてたのよ!!」

花陽「あのぅ…喧嘩は…」

凛「というかどうして西木野さんが凛とかよちんの話に入ってくるの!?」

西木野「何よその呼び方!やめなさいよ!」

花陽「あの…えと…花陽は……」

凛「むぅっ!!」

西木野「むぅっ!!」

花陽(だ、ダレカタスケテー…!!)


一応完結にゃ!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「ダレカタスケテー!」凛「凛知ってるよ、最後に己を救うのは己自身だと」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。