希「なんや…まだ朝の5時やん…」

シェアする

希-アイキャッチ21
1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:00:35.51 ID:emCKLZwB.net
ポフッ…


希(まだ寝れる…)

希(ああ…お布団あったかいなあ…)


希「あやすみなさぁい…」






希(…)

希(…)



希(あかん。)
希(変に声出したせいで…)

希(覚醒してもうた…)

元スレ: 希「なんや…まだ朝の5時やん…」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:05:09.93 ID:emCKLZwB.net
希(仕方ない…)

モゾモゾ…


希「んん~。」
希「おはようさん。」


希(何となく、言ってみただけやけど。)クスッ


希「…さて。」
希「準備するまであと二時間もある。」
希「どうしようかなあ…?」


希「…そうや。」
希「早起きは三文の徳。ということで。」
希「神さんに挨拶がてら、掃除しにいこか。」
3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:09:23.73 ID:emCKLZwB.net
@神田明神

希「うう~。今日は冷えるなあ…。」
希「指先が上手く動かん。」

ハァー…

希「…あんまり、効果ないみたいや。」

希「でもまあ、身体動かしてるうちにあったまるか♪」

希「よし、三文の徳を見つけるために。」
希「綺麗に掃除しよか!」



希(…ちょっと、動機が不純やったかな…?)クスッ
5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:15:19.25 ID:emCKLZwB.net
希「6時やのにまだ暗いなあ…」

希「日が短くなって。」
希「冬、到来やね…」

希(…)ブンブン!!


希「あかん!ウチまで暗なってる!!」
希「よーし、気合い入れて掃除するで♪」


………………

希「~♪」


タッタッタッ


希「…?」

希「いつも朝に来はる、おじいちゃんかな?」



「ふぅ…。」


希「あれ、海未ちゃん。」


海未「おや、希ではありませんか。」
6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:20:49.40 ID:emCKLZwB.net
海未「朝早くからご苦労様です。」
海未「いつもこの時間に?」

希「ううん、今日は早く目が覚めてしまってな…」

希「海未ちゃんは?」
希「この時間は、朝の稽古とちゃうの?」

海未「ええ、本来ならそうなのですが。」
海未「今日はお休みをいただきましたので。」


希「お休みの日にまで身体鍛えるなんて。」
希「海未ちゃんらしいなあ…」

海未「いえ、私も早く目が覚めてしまいまして…」
海未「慣れという物は、恐ろしいですね。」クスッ



希「ふふっ。ほんまになあ。」
希「そうや、海未ちゃん。」

希「よかったら、一緒に境内の掃除しいひん?」
希「三文の徳をさがして♪」

海未「…?」
7: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:25:22.05 ID:emCKLZwB.net
……………………

海未「…なるほど、そういう意味でしたか。」

希「思ってから、ちょっと罰当たりな気もしてんけどな。」
希「せっかくやから、何かあるかもって♪」


海未「確かに、神様に怒られてしまいそうな理由ですね。」

希「もちろん、海未ちゃんも巻き添えやで?」ニヤッ


海未「…いえ、私は希とは違いますので。」


希「ええ~。そんなこと言わんと~。」

海未「どうして私自ら罰を受けるようなことをするのですか…」

希「それもそうやな!」ケロッ

海未「…では、普通にお手伝いをさせて頂きます。」


希「ありがと、海未ちゃん。」
希「それじゃ、こっち来てな~。」
10: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:31:47.80 ID:emCKLZwB.net
…………………

海未「…」

海未「希。これは一体どういうことですか?」

希「どうって…」
希「似合ってるで?」

海未「そんなことを聞いてるのではありません!」
海未「どうして私まで巫女服を着るのですか!?」


希(…あかん。可愛い。)


希「そりゃあ、神聖な境内を掃除するんやから。」
希「神聖な格好をせんとなあ…?」

海未「うう…まさかこんなことになるとは…」シュン


希「気付いたで、海未ちゃん!」

海未「…なにがですか。」

希「海未ちゃんのこの衣装が見れたことが。」
希「ウチにとっての三文の徳や!!」

海未「私にとっては損ではないですか!!」
11: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:37:09.58 ID:emCKLZwB.net
海未「…」

海未「よくよく考えると。」
海未「私の巫女姿には三文の価値しか無いのですね…」


希「う、海未ちゃんごめんって…」
希「海未ちゃんのその衣装。」
希「ウチにとっては最高やで♪」


海未「三文…たった三文の価値…」


希「あかん、海未ちゃんが壊れてしもた。」

希(…!)

希「海未ちゃん、目を覚まして!!」

希「わしわし~♡」


海未「ひゃああぁああぁぁあああぁ!!///」








パシィィィィン…
13: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:41:57.43 ID:emCKLZwB.net
…………………………

海未「反省…しましたか?」


希「ふぁい…」ジンジン


海未「全く…さあ、ちゃんと掃除をしますよ。」


希「はい、海未ちゃん…」






海未「…ふう。」
海未「ある程度終わりましたか。」

希「そうやね。そろそろ、良い時間やし…」
希「海未ちゃん、わざわざありがと♪」

海未「いえ、私も今までに無い体験が出来たので…」


希「その巫女服とかな♪」


海未「…もう片方の頬も暖めますか?」

希「も、もう勘弁や!!」
15: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:46:21.02 ID:emCKLZwB.net
…………………

海未「…では、一旦帰って支度をしてきます。」

希「海未ちゃん、ほんとにありがとうな?」


海未「こちらこそ。」
海未「有意義な時間をありがとうございました。」

海未「…では、失礼します。」


希「また学校でな!」
16: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:50:28.75 ID:emCKLZwB.net
@教室

海未「ということが、今朝あったんです。」

穂乃果「ええ~っ!楽しそう!」
穂乃果「穂乃果もやってみようかなあ?」

海未「穂乃果がその時間に起きれるのであれば。」
海未「私は推奨しますが?」

穂乃果「もちろん、海未ちゃんが起こしてくれるよね!?」

海未「駄目です。」


ことり「ことりとしては、海未ちゃんの巫女さん姿が見たかったなあ…♡」

海未「駄目です!恥ずかしすぎます!!///」



希「…その写真ならここにあるで?」ピラッ


海未「希!?」
17: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:55:01.11 ID:emCKLZwB.net
穂乃果「希ちゃん、おはようっ!」

希「おはよう。穂乃果ちゃんはいつも元気やな~。」


海未「挨拶はいいんです!」
海未「希!いつ撮ったのですか!?」

希「え?海未ちゃんが着替えてるときに。」

海未「希ぃ!!」



ことり「…ところで希ちゃん。」
ことり「その写真…ことりにもらえませんか?」ハァハァ

海未「ことりも、もらおうとしないでください!」
海未「これは没収です!!」

希「ああ、ウチのお宝がー…」

希「なんてな。」

希「ネガはウチが持っとるんよ?」チラッ

海未「」


ことり「の、希ちゃん…♡」
18: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 17:58:00.07 ID:emCKLZwB.net
お昼休み@教室


海未「全く…朝から疲れました…」

穂乃果「海未ちゃんでも、希ちゃんには敵わないんだね。」

海未「ええ…なんというか。」
海未「希の妙なペースに乗せられてしまって…」


ことり「えへへ…海未ちゃんの巫女服…♡」

穂乃果「ことりちゃん…」


ガラッ…

穂乃果「あれ、真姫ちゃん!」

真姫「海未、探したわよ。」
真姫「頼まれてた件、なんとかなったわ。」

海未「!…本当ですか、真姫!」

真姫「ええ、小さい方だけど…」

海未「いえ、ありがとうございます。」

穂乃果「海未ちゃん、何の話?」

海未「放課後、お話します。」
19: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:02:06.63 ID:emCKLZwB.net
放課後@部室

海未「本日は皆さんにお知らせがあります。」

凛「…お知らせ?何だろう…?」

穂乃果「あ、朝のだね!」


海未「ええ…」
海未「かねてより、真姫に頼んでいたことなのですが…」

海未「真姫のご両親から許可がおりましたので。」
海未「次の三連休に、合宿を行います!」

花陽「合宿!?」

絵里「真姫、どうにかなったのね。」

真姫「ええ。以前のよりは、だいぶ小さいけどね…」

絵里「いいえ。どうもありがとう。」


穂乃果「やったあ!!」
穂乃果「合宿だ~♪」


海未「今回は、主にユニットごとに活動します。」
海未「なので寝室も、ユニットごとにまとめていただきました。」

にこ「ってことは、にこは真姫ちゃんと絵里とね。」

海未「ええ。合宿のプランは…。」
20: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:07:56.79 ID:emCKLZwB.net
@真姫's 別荘(旅館)

Night@room:lily white


希「…それにしても。」
希「急な合宿やったのに上手くいったな~」

海未「ええ、そうですね…」
海未「少しでも、ユニットごとの力になればと。」
海未「そう思っていたのですが…」

希「結局、いつも通り。」
希「μ'sの団結力が高まった、と…」


ガチャッ

凛「たっだいまにゃ~♪」

希「おかえり、凛ちゃん。」
希「にこっちと花陽ちゃんと行っててんな?」

凛「うん!露天風呂、すっごく気持ちよかった!!」

凛「でも、冬だから少し寒かったにゃ…」

希「クスッ。でも、風邪引いたらあかんからね。」
希「湯冷めせんうちに寝ようか。」
22: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:11:03.37 ID:emCKLZwB.net
凛「はーい!!」

凛「海未ちゃんは、まだ寝ないの?」

海未「ええ。私は、もうちょっとしてから寝ますよ。」

希(…)

希「それはええんやけど。」
希「あんまり、無理したらあかんで?」

海未「分かってますよ、希。」
海未「お気遣い、ありがとうございます。」

希「うん♪」
希「ほな凛ちゃん、ウチらは寝よっか♪」

凛「うん!ねえ希ちゃん…」
凛「くっついて寝てもいい…?///」

希「凛ちゃんは甘えんぼさんやなあ…」
希「ほら、おいで?」ポンポン

凛「やったあ♪」モフッ

海未「ふふっ…」

希「じゃあ、おやすみ。」
希「凛ちゃん、海未ちゃん。」

凛「おやすみなさ~い♪」

海未「ええ、おやすみなさい。」
23: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:17:50.61 ID:emCKLZwB.net
0:20@部屋

希「うぅ、ん…」

希(…)

希「ん…喉乾いた…」ムクッ


希「…あれ?海未ちゃんがおらん?」

希「どこ行ったんやろ…」

希「凛ちゃん、ちょっとごめんな。」

凛「Zzz…」



…………………………

ザザァ…ン

海未「…」


ザッザッザッ

希「…海未ちゃん。」

海未「…おや、希。」


希「何してるん…?」

海未「たいしたことではありませんよ。」
海未「少し、気分転換にと。」
海未「海を見ていました…」
25: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:21:32.28 ID:emCKLZwB.net
海未「これが夏なら、よかったのですが…」クスッ

希「この季節は冷えるからなあ…」
希「風邪引かんように、気をつけなな。」

海未「ええ、そうですね。」


希「やっぱり海未ちゃんは、自分の名前でもある海がすきなん?」

海未「そうですね…」
海未「やはり、なにか特別な思いはありますね。」

海未「…ですが、やはり私は日に照らされている海が好きです。」

希「まるで、穂乃果ちゃんがそばにおるみたいやしな。」


海未「クスッ。なんですかそれは…」
海未「でも、そうなのかもしれませんね。」

海未「穂乃果は、いつも輝いてますから。」

希(…)
希「でもウチは、こっちの静かな海も好きやで?」

希「今の海未ちゃんが昼間の海やとしたら。」
希「この静かな海は、前の海未ちゃん。」

希「一人静かに。とても綺麗で。」
希「どこか、引き込まれるような。」
希「そんな、ミステリアスな感じやね。」
27: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:24:53.66 ID:emCKLZwB.net
海未「どちらかと言えば。」
海未「ミステリアスなのは希のような気もしますが…」

海未「でも、そうですね…」


海未「昔の私は、確かにこんなだったかもしれません。」

海未「そこに、穂乃果やことりが来てくれて。」
海未「希や、μ'sの皆が私を迎え入れてくれたおかげで。」
海未「今の私が、あるのだと思います。」

海未「…それこそ、昔の私では考えられないほど、です。」

希「そうやな…。」
希「海未ちゃんは変わったよ。」
希「それも、良い方向にな?」

海未「そうなのかも知れませんが…」
海未「そのきっかけになったのは。」
海未「貴女や、他の皆がいてくれたからこそです。」


希「海未ちゃんはいい子やなあ…」
希「惚れてしまいそうやわ。」

海未「のっ希!!」
海未「いきなり何を言うのですか!?」
海未「破廉恥ですっ!!///」

希「この海未ちゃんは、変わらへんなあ…」クスッ
28: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:30:08.40 ID:emCKLZwB.net
海未「すこし、冷えてきましたね。」

希「やっぱり、この時期は寒いな~」

海未「では、そろそろ戻りましょうか。」
海未「付き合わせてしまって申し訳ありません。」

希「そうやなあ~…」

希(…)ギュッ


海未「希!?」

希「えへへ…」
希「寒くなってきたから、手、繋いでもええかな?」

海未「そ、その…///」カアァ…

希「海未ちゃん、めっちゃあったかい♪」
希「カイロさんみたいや…」

海未「希…」

希「あ、ちなみにカイロと言えば。」
希「『低温やけど注意』は、関西弁のことじゃないんやで?」

海未「なんですかそれは…」





<ウミチャーン…ノゾミチャーン!!

希「あれ、凛ちゃん!」

凛「もう、起きたら二人ともいないんだもん!」
凛「一人じゃ寂しいにゃー!」

希「…ごめんな?凛ちゃん。」
希「それじゃ、三人で帰ろうか。」

凛「うん♪」
29: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:33:55.47 ID:emCKLZwB.net
凛「…あー!!」
凛「二人とも、手を繋いでる!!」

海未「え、あの、これは…///」

凛「二人だけするい!」
凛「凛も繋ぐ!!」ギュッ

海未「凛…///」

希「よし!」
希「それじゃ三人で手繋いで帰ろうか♪」

凛「うんっ!」

海未「もう、二人とも…」

凛「なら、今日はみんなでくっついて寝るにゃ!」

希「お、それええやん♪」

凛「じゃあ海未ちゃんが真ん中ね!」

海未「ええっ!?」

希「よ~し海未ちゃん。」
希「今日は離さへんで~?」ニヤニヤ

海未「さ、流石にそれは…」

凛「海未ちゃんに拒否権はあたえないにゃー!!」

希「そうなのだー!!」

………
33: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:39:43.11 ID:emCKLZwB.net
練習おわり@屋上

海未「…では、今日はここまで!」
海未「絵里から、話があります。」

にこ「…なによ、話って?」

絵里「先日の合宿は、各ユニットどころか。」
絵里「μ's全体のレベルアップに繋がったと思うわ。」
絵里「みんな、おつかれさま。」

絵里「…そこで。」
絵里「もうラブライブまで時間もないし。」

絵里「学校で、一泊二日のプチ合宿を考えているんだけれど…」

絵里「みんな、どうかしら?」


真姫「また合宿?」
真姫「いいけど…許可はとったの?」

絵里「ええ、理事長の許可済みよ?」

穂乃果「だったら、やるしかないよね!!」

ことり「ことりも、楽しみだなあ~♪」

花陽「花陽も、賛成です!」

絵里「…ありがとう。」
絵里「それじゃ、また詳しいことは連絡するわ。」

絵里「…海未、後で生徒会室に来てちょうだい?」

海未「わかりました。」
35: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:42:03.33 ID:emCKLZwB.net
@生徒会室

コンコン

海未「失礼します。」

ガラッ

絵里「…海未、悪いわね。」

海未「いえ、これもμ'sのためですので。」

絵里「ありがとう。」
絵里「それじゃ、合宿のスケジュールを組みましょうか。」
絵里「希も、後から来てくれるわ。」

海未「分かりました。」
海未「では、当日の朝ですが…」


……………………

@部室

凛「合宿♪合宿♪」

真姫「凛、喜びすぎよ…」

凛「だって、またみんなと一緒にお泊まりだよ?」

真姫「お泊まりじゃなくて、練習でしょ?」

凛「どっちも同じにゃ!」
凛「…それとも、真姫ちゃんは凛と一緒は嫌?」

真姫「そ、そんな訳ないじゃない…」カミノケクルクル

凛「えへへ!真姫ちゃんだいすきー!」

花陽「は、花陽もですっ!」

真姫「ふ、ふたりとも…///」
37: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:47:54.35 ID:emCKLZwB.net
穂乃果「いや~、それにしても…」
穂乃果「海未ちゃんと絵里ちゃんのおかげだね!」

ことり「うん♪」

穂乃果「二人に任しておけば、μ'sは安泰だねっ♪」

ことり「穂乃果ちゃん、それは言い過ぎだよ…」

穂乃果「だって、海未ちゃんてばすごいんだもん!」
穂乃果「勉強もできて、生徒会も、μ'sのことも♪」

穂乃果「海未ちゃんはみんなのヒーローだよっ!」

ことり「う、海未ちゃんのヒーロー…///」




希「…」


にこ「希…。」

希「分かっとる。」

にこ(…)
38: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:52:56.30 ID:emCKLZwB.net
合宿当日@部室

海未「穂乃果!凛!」
海未「遊んでる場合じゃありません!!」


海未「時間は幾ばくもないのです!」
海未「それぞれの分担をきちんとしてください!!」


ほのりん「はあ~い…」



真姫「…ねえ海未。」
真姫「この曲なんだけど…」

海未「わかりました、真姫。」
海未「すぐ、音楽室に行きますので、少し待っていてください。」

真姫「…ええ、よろしくね。」



絵里「ねえ海未。」
絵里「この後の予定だけど…」

海未「はい、絵里。」
海未「この後は私と絵里のチームに分かれて練習ですね。」

海未「20分後に、分かれましょう。」
39: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 18:57:15.17 ID:emCKLZwB.net
海未「…ふう。」

海未「おっと。」
海未「真姫の所に行かなくては…」


海未(少し、身体が重たいですね)
海未(ですが、これしきのことで…)



ガラッ

海未「真姫、お待たせしました。」

真姫「海未、ありがとう。」
真姫「早速なんだけど…」


…………………

海未「では、これより2チームに分かれて練習です!」

海未「穂乃果、花陽、真姫、希は私と。」
海未「にこ、ことり、凛は絵里と組んでください。」

海未「一時間後に、集まって全体練習です!」
40: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:01:05.89 ID:emCKLZwB.net
海未「それでは私たちは、主にステップの練習と。」
海未「メンバーの連携を強化していきます!」

花陽「は、はいっ!」
花陽「お願いします!」

穂乃果「ええ~。普通に踊りたいよ~…」

海未「駄目です!」

海未「本番が近いのですよ?」
海未「まずは基本から。」
海未「でないと、A-RISEには勝てませんよ?」

穂乃果「うう…分かったよう…」


希(…)
41: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:01:44.29 ID:emCKLZwB.net
……………………


海未「それではこれより、全員で合わせて行きます!」

海未「気になる所があれば、逐一確認して行きましょう!!」


…………………


海未「ふう…」
海未「少し、休憩にしましょうか。」


穂乃果「海未ちゃん、きびしーよー!」
穂乃果「穂乃果は海未ちゃんみたいに。」
穂乃果「疲れしらずに何でも出来る訳じゃないもんっ!」

海未「穂乃果…」



希(……)イラッ


にこ「希…顔が恐いわよ。」

希「あれ、出てた…?」
希「ごめん、にこっち。」

にこ「気にしなくていいわ。」
にこ「にこも、同じ気持ちだから。」
42: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:08:16.73 ID:emCKLZwB.net
花陽「う、海未ちゃん。」
花陽「ちょっとここのステップが分からなくて…」

海未「分かりました、一緒に練習しましょうか。」

花陽「うんっ♪」



…………………

海未「ふう…」

海未(これで、今日は終わりですね…)
海未(なんとか、大丈夫でしょうか。)


絵里「ねえ海未、この後のことだけど…」

穂乃果「海未ちゃん!あのね!」
45: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:13:10.21 ID:emCKLZwB.net
海未「ちょ、ちょっと待ってください二人とも…」
海未「穂乃果はすこし待っててください。」

絵里「ごめんなさい、穂乃果。」
絵里「それでね、海未…」


海未「ええ…」クラッ


にこ「…ちょっと、アンタたち…」イラッ


希「えりち!!!!!」


絵里「希…?」

希「海未ちゃん、ちょっとこっち来て」グイッ


海未「の、希?」
海未「どうしたのですか!?」

希「…いいから。」

海未「…」
46: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:13:55.83 ID:emCKLZwB.net
ことり「希ちゃん…?」

穂乃果「希ちゃん、どうしたんだろう?」


花陽「希ちゃん、怖い顔してました…」
花陽「うう…何かしてしまったんでしょうか…」


絵里「どうしたのよ、一体…」


にこ「…アンタ達、まだ気付いてなかったの?」

凛「え?気付くって…?」


にこ「海未のことよ。」

ことり「え…?」

にこ「今日一日中、しんどそうな顔してたじゃない。」

穂乃果「にこちゃん…それ、本当…?」


にこ「はあ…これじゃ希がキレるわけね。」
にこ「アンタ達に自覚がないんだから。」
47: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:18:24.73 ID:emCKLZwB.net
花陽「どういう…こと?」

にこ「花陽。アンタ、ダンスのことなら絵里や凛がいるじゃない。」

にこ「穂乃果も、よく海未が疲れ知らずって言えるわね。」
にこ「海未は、アンタ達のために疲れても頑張ってるんじゃない!」

にこ「絵里もよ!アンタ、にこや希に言ったわよね?」
にこ「上級生として、みんなをフォローしましょうって。」
にこ「その結果がこれよ?」

にこ「フォローするどころか、アンタまで海未に頼ってるじゃない!」

絵里「にこ…」

にこ「別に、海未に相談するのが悪い訳じゃないわ?」
にこ「真姫ちゃんのみたいに、海未にしかわからない事だってある。」

にこ「ただ、頼り過ぎなのよ。」
48: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:19:26.95 ID:emCKLZwB.net
にこ「あんなにしっかりしてるから、頼りたくなるのは分かる。」

にこ「でも、そんな海未でもまだ16なのよ!?」

にこ「アンタ達、同年代の子に頼りまくって、それでいいの?」
にこ「海未もまた、一人の女の子なのよ!?」

にこ「だから、希が怒ったんじゃない。」

にこ「今まで、何度も希は言おうとしてた。」
にこ「でも、みんなも気付くんじゃないかって。」
にこ「気付いてくれるんじゃないかって、そう思ってた。」


にこ「…でも、アンタ達は全く気付かなかった!」
にこ「そりゃあ、ここまで止めなかったにこも同罪よ?」
にこ「でもね。アンタ達のやった事は…海未をいいように使ってたのと同じ事よ。」
50: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:24:18.01 ID:emCKLZwB.net
にこ「これで、海未が倒れたらどうするつもりだったの?」
にこ「もう、本番直前なのよ!?」

にこ「そうなったら、自己管理できない海未が悪いっていうの?」

穂乃果「にこちゃん…」

絵里「…」

花陽「…」

凛「…」

ことり「…」



真姫「…そうね。にこちゃんの言う通りよ。」
真姫「だから…謝りに行きましょう?」

真姫「謝ればいい問題ってわけじゃないけれど…」

凛「うん…凛達。」
凛「海未ちゃんに、甘えてたんだね…」

絵里「にこ…ごめんなさい。」

にこ「ふんっ。」
にこ「嫌われ役は、慣れてるわ。」


穂乃果「…」

穂乃果「うん、行こう!みんな!」
穂乃果「海未ちゃんのところへ!」
52: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:29:13.51 ID:emCKLZwB.net
@保健室

海未「希…?」

希「海未ちゃん、そこ座って。」

海未「え…」

希「いいから。」

海未「は、はい…」


ピトッ


海未「ひゃっ!?」


希「やっぱり、熱ある…」

希「いつからか、分かる…?」

海未「い、いえ…」
海未「大丈夫ですよ。」
海未「きっと、知恵熱ですので!」


希「海未ちゃん…」



希「流石にウチも怒るで?」
53: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:32:23.51 ID:emCKLZwB.net
海未「…」

希「…ウチな、気付いてたん。」
希「海未ちゃんが、しんどそうにしてたの。」

海未「…ばれてましたか。」
海未「うまく…隠していたつもりだったのですが。」

希「当たり前やん。」
希「なんで海未ちゃんは、そうまでして頑張るん?」

海未「…あの合宿の日。」
海未「海で話したのを覚えてますか…?」

希「…」コクッ

海未「私にとってのμ'sは、特別な存在なんです。」
海未「私に、変わるきっかけを与えてくれた。」
海未「だからこそ、そのようなきっかけを与えてくれた皆に。」
海未「少しでも、力になりたかったんです…」


希「でも、それで海未ちゃんが身体壊したら意味ないやん…」

海未「ええ、本当に。」
海未「希、すみませんでした…」
55: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:37:30.43 ID:emCKLZwB.net
希「ええんよ。」
希「ウチも…少し強引やったし。」
希「気付いた時に、止めれんかったのも事実やしな。」

海未「いえ…」

希「とりあえず、横になり?」
希「風邪薬、探してみるから」

海未「ありがとう…ございます。」トサッ


海未「…」
海未「あの…希。」

希「…んー?」

海未「どうして、希は私の事を…」

海未「いえ。」

海未「どうして、私が体調を隠してると気付いたのですか…?」


希「そうやなあ…」

希「あ、でも、にこっちも気付いてたで?」

海未「なんと…まだまだですね、私も。」

希「クスッ。でも、ウチが気付いたんは…」


希「ずっと、見てたからかな?」
56: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:39:46.35 ID:emCKLZwB.net
海未「…」

海未「本当に…」
海未「希は、よく皆の事を見ていますね。」

海未「私も、見習ってみたいです。」


希「ううん、そんなんと違うねん。」

海未「…?」


希「ウチが見てたんはな?」

希「海未ちゃんだけやねん。」



海未「…どういう、意味ですか?」

希「…ほんとは、気付いてるんやろ?」


海未「希には、敵いませんね…」クスッ











希「ウチは、海未ちゃんが好きや。」
57: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:46:28.50 ID:emCKLZwB.net
海未「希…」

海未「ありがとうございます。」



海未「ですが…その気持ちには、応えられません。」


希「…うん、知ってる。」

希「海未ちゃんには、穂乃果ちゃんが…」


海未「いえ、そう言う訳ではないのですが…」


希「…?」


海未「あ、あまり、恋愛ごとには興味が無かったので…」
海未「そういったことを、考えた事が無かったのです。」

海未「なので…」

海未「希に告白されて、よくわからないというのが本音なのです。」
59: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 19:52:21.08 ID:emCKLZwB.net
希「海未ちゃん…」
希「なんや…てっきりウチ、海未ちゃんは穂乃果ちゃんが…」

海未「確かに、そう思われても不思議ではありませんね。」
海未「穂乃果もことりも、ずっと一緒にいましたから。」

海未「でも、私は二人にそのような感情を持った事がありません。」
海未「とても仲のいい…」
海未「幼なじみだと、思っています。」


希「…」

海未「そうですね…」

海未「希、手を握ってはくれませんか?」

希「…こう?」ギュッ

海未「はい…」
61: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 20:00:23.61 ID:emCKLZwB.net
海未「…とても、心地がよいです。」

海未「以前、手をつないだときも。」
海未「このように、とても気持ちが穏やかになりました。」




海未「希と、繋いだ時だけです。」

希「海未ちゃん…」

海未「私にとって…」


海未「これが好きという気持ちから来る物なのか。」

海未「…正直、まだ分かりません。」

海未「ですが…心地よいのも、事実です。」
62: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 20:01:40.47 ID:emCKLZwB.net
海未「このような言い方をするのは、あまり良いとは思えませんが。」


海未「この気持ちを理解するまでは。」
海未「返事は保留にしてもよろしいですか?」


希「うみ、ちゃん…」グスッ


海未「申し訳ありませんが、今はこれで限界なのです。」
海未「ですが…必ず、はっきりさせてみせます。」


海未「ですので、少しだけ…待っていてください。」


希「…うん。」
希「ウチ、気は長い方やから。」
希「海未ちゃんが好きになってくれるまで、待ってるな?」


海未「…責任重大ですね。」クスッ

海未「でも、希らしいです。」
63: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 20:04:33.53 ID:emCKLZwB.net
海未「…おや、もうこんなに外が暗くなったのですね。」

希「やっぱり日、短くなったな…」


海未「希の事を、ミステリアスだと言ったのを覚えていますか?」

希「ウチが海未ちゃんに言ったんやけどなあ…」

海未「やはり、貴女の方が似合ってますよ。」
海未「さながら、あの月のように…」

希「…」

海未「…綺麗ですね。」


希「おや?それは告白と受け取ってええんかな?」ニヤリ

海未「夏目漱石ですか…」




海未「…では、今はこれだけ伝えておきます。」
海未「いつか、そのときが来たら…」






海未「私が、月へと連れて行ってあげましょう。」




おわり。
66: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 20:14:26.59 ID:emCKLZwB.net
Epilogue


…あのあと、私は。
保健室に飛び込んで来た皆から
口々に謝罪の言葉を受けました

どうやら、にこがしてくれたようで…

改めて、皆にお礼を言われました

私は、強がっていたんですね
出来るのは、私しかいない
私がやらないと、皆の負担になる
そう…考えてました

何のために、9人もいるのか
そう、にこに力説されました

どうやら私は、仲間に恵まれているようです


そして…
67: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 20:15:37.35 ID:emCKLZwB.net
希「海未ちゃん!」
希「…ごめん、遅くなって。」

海未「いえ、大丈夫ですよ。」

希「そこは、今来たとこですから。って言ってほしいなあ…」

海未「…それだと、私も遅刻じゃないですか。」

希「あはは…ばれた?」

海未「バレバレですっ!」


希「まあまあ、そんな怒らんといて。」
希「今日はせっかくのデートやん?」


海未「なっ…///」
68: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 20:19:29.28 ID:emCKLZwB.net
希「まだ、お月さんに連れてってはもらってないけどな。」
希「今日は遊園地で、満足や♪」


海未「まったく、希は…」

希「ウチは、海未ちゃんのこと大好きやで♡」

海未「!…ええ、ありがとうございます。」

希「そこで返してくれたら、うれしいのに~。」

海未「ふふっ。もう少しだけ、待っていてください♪」




海未(そうですね…あと、6時間くらい、ですかね。)
海未(ちゃんと、連れて行ってあげますので。)




海未(…あの、月に一番近い所へ。)




おわり。
69: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 20:22:01.26 ID:emCKLZwB.net
どうも、ありがとうございました!
上にも書きましたが、寝落ちしてしまい
12時間後の投稿となってしまいました…
毎回テーマを決めて書くのですが、今回は「親愛」で書いてみました

長い間、付き合って頂きありがとうございます。
また、次のカプ&テーマを探してみます♪
102: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 23:04:12.66 ID:emCKLZwB.net
Last Episode

希「海未ちゃん。」
希「今日は、誘ってくれてありがとうね♪」

海未「いえ、楽しんで頂けたなら何よりです。」

希「それにしても意外やったなあ。」
希「まさか海未ちゃんが遊園地に行きたいっていうなんて。」

海未「ふふっ。」
海未「私もたまには、その辺の女の子と同じように。」
海未「遊んでみたい物なのですよ?」


希「なら、今日は二人とも楽しめたね♪」
希「まあ、ウチは海未ちゃんといれたらどこでも楽しいけど♪」


海未「それを言うなら、せめて遅れないでほしかったですね。」クスッ

希「うう…根に持ってる…」


海未(…)
海未「希。」
海未「最後に、あれに乗りませんか?」

希「あれ…?」
104: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 23:06:46.67 ID:emCKLZwB.net
@観覧車

希「うおお…みんなが小人さんみたいや。」

海未「意外と高いのですね…」

希「でも、これもやけど、海未ちゃんが観覧車を選ぶなんて…」

海未「そんなに意外でしょうか…」

希「ううん。可愛いなあって。」

海未「希は、いつも私を褒めてくれますね。」

希「だって、ほんとに思ってるからやん?」

海未「…ありがとうございます。」

希「…お、そろそろ頂上や。」

海未「希…」

希「ん?」












海未「私も、貴女が好きですよ。」
105: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/11/29(土) 23:11:24.37 ID:emCKLZwB.net
希「え…」

海未「覚えていませんか?」
海未「約束したでしょう。」

希「え、だって…月までって。」

海未「ええ…実際、月は無理なので…」

海未「ほら。」
海未「ここが、今最も月に近い所です。」


希「…」


海未「…わ、私も恥ずかしいのですから、何か反応してください!」


希「…海未ちゃんっ!」ギュッ

海未「ちょっ!希!」
海未「あ、危ないです!!」


希「どうしよう、海未ちゃん…」
希「ウチ…ウチ、今すごく感動してる…」ポロッ

海未「な、なにも泣かなくても…」

希「やっと…伝わったんやもん。」
希「ウチ、今が一番幸せ…」

海未(…)
海未「私もですよ、希。」
海未「私の事、待っていてくれてありがとうございます。」

海未「これからは、私がずっと、そばにいます。」

希「海未ちゃん…」


ちゅっ





True End
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「なんや…まだ朝の5時やん…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。