にこ「真姫って美乳よね……」ゴクリ

シェアする

真姫-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/11(木) 21:54:04.26 ID:ykcsToIh.net
――夏色PV視聴中

にこ(うーむ、このスタイル、やっぱり見事ね)

にこ(トップバストは穂乃果と同じだけど、ウエストが細いから大きく見える)

にこ(それでいて大きすぎないから形がすごく綺麗)

にこ(そしてこのくびれ! ボリュームのあるお尻!)

にこ(希や絵里とはまた違った色っぽさを感じるわ)

ピッ(一時停止)

にこ(うーむ、耽美ね)

ガラッ

希「お、にこっちだけなん?」

ことり「あれぇ、にこちゃん何見てたの?」

にこ「あ、これは……」アセアセ

元スレ: にこ「真姫って美乳よね……」ゴクリ

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/11(木) 22:04:23.78 ID:ykcsToIh.net
希「夏色の真姫ちゃんやん」ニヤニヤ

ことり「一時停止なんてして、いったい何を見ていたのかなぁ?」ニヤニヤ

にこ「い、いやぁ……」

希「真姫ちゃんスタイルええもんなぁ」

ことり「うんうん、見とれちゃうのもわかるよ」

希「真姫ちゃんのおっぱいわしわししたことあるけど、あれは中々の上物やったよ」

にこ「え……ちょっとちょっと、どういうことよ!」

ことり「あ、態度が一変!」

希「なんや、嫉妬しとるん?」

にこ「あぅ……」カァァ
7: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/11(木) 22:19:08.27 ID:ykcsToIh.net
にこ「……そ、そうよ! 悪い!? 真姫はにこと結婚するんだから、セクハラしたら承知しないわよ!」

ことり「あらまぁ!」

希「お熱いこって」

ことり「つまりふたりは恋人同士ってことでいいのかな?」

にこ「ぅぁ、それは……」

希「なんや、まだアタックかけてへんの?」

ことり「ふたりとも好き合ってると思うんだけどなぁ」

にこ「何よ、アンタたちがどうこう言える立場じゃないでしょ!」

希「まあまあにこっち」

ことり「ここは少しアドバイスに乗ってみない?」

にこ「むぅ、絵里や海未と穂乃果とラブラブだからって上から目線で……!」
10: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/11(木) 22:36:59.64 ID:ykcsToIh.net
希「で、つまるところにこっちは真姫ちゃんとラブラブエッチしてあの綺麗な体を堪能したいんやな?」

にこ「何よその体だけが目当てみたいな言い方は! にこは真姫のことを本気で……」

ことり「わかってるよにこちゃん」

希「まぁそれは目標のひとつとして、まずはスタートラインに立たんとね」

ことり「真姫ちゃんに「結婚して!」って告白しなきゃ」

にこ「そりゃあ……そうだけど」

希「心配せんでも大丈夫よ、真姫ちゃんもきっとにこっちと結婚したいって思ってるから」

ことり「よし、じゃあ真姫ちゃんつれてくるね!」ダッ!

にこ「にこぉ!?」
11: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/11(木) 23:00:11.35 ID:ykcsToIh.net
――数分後

真姫「な、なによにこちゃん、話って……」

にこ(あ、顔赤い……)

ことり「じゃあふたりとも」

希「あとはごゆっくり」ガラガラピシャン

にこ「……」

真姫「……」

にこ(言うの! 言うのよ矢澤にこ! ここで告白しなきゃ女が廃る!)

にこ「……あ、あのね真姫」

真姫「うん……」

にこ「にこは、にこは真姫が好き! 愛してるの! だから結婚して!」ダキィッ!

真姫「――!」カァァ

にこ「……っ!」ブルブル

真姫「ぁ……」

真姫「私も……私もにこちゃんが好き……! 大好き……!」

にこ「ま、真姫……!」ウルウル

真姫「結婚、しましょうね……」ギュ

にこ「うん……うん……!」ギュゥ
18: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 07:27:31.98 ID:kY8e71RZ.net
――数日後

ことり「にーこちゃん、真姫ちゃんとはどこまで行ったのかなぁ?」

にこ「う……」

希「ひょっとしてまだ何もしてへんの?」

にこ「だ、だっていきなりがっついて嫌われたらイヤだし……」

希「臆病になるのもわかるけど、恋愛は思い切りの良さも大事なんやで?」

ことり「これは助け船を出す必要がありそうですねぇ………」

にこ「妙案があるっていうの?」

希「にこっちがヘタレなら、真姫ちゃんを誘惑すればええんや!」

ことり「今週末は都合のいいことに3連休だから、合宿をしましょう!」
19: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 09:43:04.77 ID:kY8e71RZ.net
絵里「というわけで、またお願いできる?」

真姫「しょうがないわね」

凛「でもずいぶん急な話じゃないかにゃ?」

海未「次のライブに備える、という意味では有益です。ここで一気にブーストをかけますよ!」

ことり(にこちゃんと真姫ちゃんの関係にもね……)

希(エリチも海未ちゃんも口裏合わせてくれてよかったわぁ)

穂乃果「今日もパンがうまい!」ガツガツ

にこ(穂乃果は暴走されて下手に動かれても困るから教えなくて正解ね)

花陽「合宿かぁ、炊飯器持っていかなきゃ……!」
25: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:20:58.16 ID:kY8e71RZ.net
――別荘到着

真姫「急な話だったから一番近いところにしたわ」

花陽「真姫ちゃん、先にごはんをセットしておきたいからキッチンに案内して!」

真姫「はいはい、こっちよ。みんなは2階に上がってて。部屋割りしてあるから」

穂乃果「はーい!」

ゾロゾロ


――2階

希「あ、流石真姫ちゃん、ちゃんとカップルで部屋割りしてくれてる」

ことり「これで夜はみんな心置きなくイチャイチャできるね」

凛「やったにゃ! かよちんといっしょにゃ!」
33: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 21:46:51.10 ID:kY8e71RZ.net
にこ「もしかしたらこの部屋で、今夜にこの純潔を捧げるのかもしれないのね……」

ガチャ

真姫「にこちゃん準備できた?」

にこ「ぅわぁっ!」ガタッ

にこ「きゅ、急に入ってくるなんて……!」

真姫「何ビックリしてるのよ。着替えたら外に集合でしょ」

にこ「あ、うん」

真姫「」ヌギヌギ

にこ「――!」

にこ「に、にこ先に行ってるわね!」ガチャバタン

にこ「……はぁ」

絵里「あら、真姫の着替えを見るチャンスだったのに」

希「惜しいことするなぁ、にこっち」

にこ「あ、アンタたち……!」
34: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/12(金) 22:07:47.99 ID:kY8e71RZ.net
希「根性はあるのにこういうことにはホント奥手やね」

絵里「合宿中になんとかしないと、きっと踏ん切りがつかないわよ」

にこ「わかってるわよ……」

絵里「ま、今からは練習。気持ちを切り替えて行きましょう」

希「うんうん、メリハリはつけんとね」

にこ「誰がメリハリの無い体よ!」

希「被害妄想やでそれは!」
37: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 22:16:06.62 ID:jZ60BUWQ.net
――練習終了

穂乃果「ふわぁー疲れた! 海未ちゃん厳しすぎるよー!」

海未「合宿なんですよ! レベルアップせずして何だと言うのです!」

ことり「でもこれで次のライブはいいパフォーマンスができそうだね」

絵里「しかし汗かいたわね。真姫、お風呂は?」

真姫「出てくる前にタイマーセットしといたから、もう沸いてるはずよ」

凛「かよちん一緒に行くにゃー!」ダッ

花陽「あっ、押さないで凛ちゃん!」

にこ(お、お風呂……!)

希「チャンスやでにこっち」ヒソヒソ

にこ「よぉし、やってやるわ、やってやるっていうのよ……!」



真姫「…………」ジー
38: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 22:30:08.50 ID:jZ60BUWQ.net
――風呂(大浴場)

凛「わーい広いにゃ!」ズダダダ

海未「凛! 素っ裸で走るんじゃありませんよ!」

花陽「凛ちゃん大胆すぎるよぉ……///」

絵里「さて、希、首尾はどう?」

希「ことりちゃんが上手くやってくれるって」

絵里「そう、ならどうにかなりそうね」

希「監視に徹するために、はよ体洗お」
39: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 22:42:55.18 ID:jZ60BUWQ.net
ことり「サウナまであるんだねぇ」

穂乃果「わーい入る入る!」

ことり「にこちゃんと真姫ちゃんも入らない?」

真姫「私は別に……」

ことり「」チラッ

にこ「――!」

にこ「いいじゃない、入るわよ」

真姫「何よ、ずいぶん乗り気じゃない」

にこ「サウナは美容にいいんだから、入らないと損でしょ」
43: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/18(木) 00:02:10.57 ID:nyK2+XPF.net
絵里「へぇ、サウナかぁ」

希「なるほど、これから上手くあのふたりを残そうってわけやね」ワシワシ

絵里「とは言っても、穂乃果が一緒にいるのよ? 難しいんじゃない?」

希「いや、ことりちゃんは敢えて穂乃果ちゃんも一緒に入れた気がする」ワシワシ

絵里「何か策があってのこと、ってわけね」

絵里「……ところで希?」

希「ん? なんやエリチ」ワシワシ

絵里「揉むなら部屋に戻ってからね」

希「しゃあないなぁ」
45: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/18(木) 00:15:10.85 ID:DhfBx0FZ.net
にこ「ふぅ、こうやって汗をかいて、代謝を良くするのがいいのよね」

真姫「美容と言えばだけど、あのキュウリパックいい加減にやめてくれない?」

にこ「なんでよ」

真姫「アレがあると、その……」

ことり「あ~、かわいい寝顔がちゃんと見れないもんね」ニヤニヤ

真姫「ヴェッ!?」

ことり(やっぱり、真姫ちゃんも意識しまくってる)チラッ

にこ「――!」ハッ

にこ「へ、へぇ~そうなんだ~。愛しのマッキーにそこまで言われたんじゃあ、しょうがないにこね~」

真姫「わ、私はまだ何も言ってないでしょ!」
46: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/18(木) 00:26:50.10 ID:DhfBx0FZ.net
穂乃果「う~ん」バタッ

真姫「穂乃果!?」

ことり「穂乃果ちゃん!」

にこ「なになに、のぼせちゃった!?」

ことり「ああ、やっぱりこうなっちゃった!」

真姫「やっぱり、ってどういうこと?」

ことり「穂乃果ちゃん、サウナ好きな癖に弱いの! この前は大丈夫だったから今回止めなかったけど……!」

にこ「早く出しなさい!」

ことり「私に任せて! もう慣れっこだから!」ズルズル

穂乃果「う~ん……」

バタン

真姫「ちょっと待って、私も……」

にこ「あ、にこも」ズルッ

にこ「あ」

真姫「ヴェッ!?」

バターン
47: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/18(木) 00:47:31.75 ID:DhfBx0FZ.net
にこ「」カァァァ

真姫「」カァァァ

にこ(まずいまずいまずいまずい!)

にこ(転んだ拍子に真姫を押し倒しちゃった!)

にこ(しかもにこのタオル外れちゃってる!)

にこ(見られてる……真姫ににこの裸見られちゃってるよぉ……///)

真姫「に、にこちゃん……」

にこ「ほ、穂乃果のことは、し、しし心配しなくていいから! ほら、あ、あのふたりお幼なじみだから!」

真姫「そ、そう……」

にこ「うん……」
52: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 11:04:33.14 ID:qBfLm8zM.net
絵里「あ、穂乃果とことりが出てきた」

希「なんや穂乃果ちゃん参ってしまっとるやん」ザバァ

絵里「これが脱出方法だった、ってわけね」ザバァ

希「ことりちゃん!」ペタペタペタ

絵里「もう無茶をするわね」ペタペタペタ

ことり「これしか方法が思い付かなくて……ごめんね穂乃果ちゃん」ナデナデ

穂乃果「う~ん……」

海未「おやおや、こんな手を使ってにこと真姫をまぐわわせようとは」

ことり「海未ちゃん」

海未「さて、穂乃果は我々が介抱しますので、事後報告をお願いします」

希「ああ、そういう」

海未「では行きますよ、ことり」

ことり「うん」ズルズル

穂乃果「う~ん」

ガラガラピシャリ
53: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 11:17:09.20 ID:qBfLm8zM.net
にこ「……」

真姫「……」

にこ(気まずい)

にこ(いやいや、それじゃダメよにこにー、ここで勇気を出さなきゃ!)

にこ「ま、真姫……私の体……どう思う……?///」

真姫「ヴェエ!?……どう、って言われても……///」

真姫「その……白くて、細くて……とってもきれいよ……///」

にこ「ホントに? このつるぺた子供体型が?」

真姫「そ、そんなの関係ない! 私は、にこちゃんの体だからそう思えるの!」

真姫「一番好きな、にこちゃんだから……///」

にこ「じゃあ、いいよ……///」

真姫「えっ?」

にこ「にこのこと、真姫の好きにしていい、って言ってるの!///」
63: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 07:43:56.94 ID:xoApDUl5.net
真姫「それなら……」ムクリ

にこ「あ……」

ハラリ

真姫「にこちゃんも私のこと、好きにしていいわ……///」

にこ「――!」キュウウウウウン

にこ(ああ……真姫の裸、すごくきれい……)

にこ「ま、真姫ぃっ!」チュッ

真姫「んっ……」チュウウ

にこ「――ぷはっ……はぁ……はぁ……」

真姫「にこちゃん……」

にこ「へへ、ファーストキス、ね……///」
65: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 12:39:52.55 ID:xoApDUl5.net
真姫「にこちゃん、にこちゃん……!」ギュウウ

にこ「ふああ……///」

にこ(やだ……乳首同士がこすれて……)

真姫「にこちゃん、好き……好きなのぉ……///」チュッ……レロ

にこ「ぁぅ……んんっ……///」レロレロ……クチュ

真姫「はぁっ……はぁ……はぁ……」

にこ「ま、待って真姫……」

真姫「どしたの……?」

にこ「こんなとこでエッチしてたら、ふたりともブッ倒れるわよ……」

真姫「そ、それもそうね……」

にこ「続きは部屋で……ね?」
66: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/23(火) 07:30:18.36 ID:lQ1+bABU.net
ガチャバタン

希「お、出てきおったで」

凛「ふたりとも顔真っ赤にゃ」

絵里「これは確実に事を起こしたわね」

花陽「ああ……ふたりも一線を越えちゃったんだね……///」

真姫「ちょっとぉ、何ジロジロ見てんのよ」ザブン

にこ「いくらにこたちが魅力的だからって、セクハラはダメにこ」ザブン

凛「サウナでセクシャルなことしてたくせによく言うにゃ」

にこ「凛、アンタ!」

真姫「人目を憚らずに花陽とイチャつくアンタに言われたかないわよ!」

希「あらぁ、否定はせぇへんのなぁ」ニヤニヤ

真姫「ヴェエエ……///」

にこ「ふ、ふん! にこと真姫は愛し合ってるんだから、そういうこともするわよ!///」

希「お、少しは度胸もついてきたようやん」

絵里「ふふ、初々しいわね」

凛「か~よちん! 今夜は凛たちもイチャイチャしよぉ!」ムギュー

花陽「う、うん……///」
71: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/31(水) 16:53:27.78 ID:tUYx/zD7.net
――夕食後

希「82……83……そろそろスーパーノヴァが来るで!」

凛「退避にゃ退避!」

穂乃果「ああっ、粉塵に当たっちゃった!」

花陽「来るよ来るよ! 早く逃げて!」

バサッ \グアアオオオオオオオゥ/
    ドグァォォォォゥゥンン

穂乃果「ふぅ、危機一髪だった……!」

にこ「……」ドキドキ

にこ(もう少ししたら、真姫とエッチするのね……///)

にこ(真姫と……)チラ

にこ(やっぱりかわいい……///)
73: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2014/12/31(水) 17:13:59.45 ID:tUYx/zD7.net
ことり「ふふ、にこちゃん緊張してる」

海未「にこもやっぱり乙女ですね」

絵里「真姫も落ち着いてるように見えるけど、内心気が気じゃないでしょうね」

海未「結ばれてもなお恥じらう……いい詞が浮かびそうです」

ことり「ああ……サウナでふたりがどこまでいっちゃったか、見たかったなぁ……」ウットリ

絵里「真姫のスラッとしたモデル体型とにこのつるぺた体型との絡みも、なかなかそそられるものがあるわね」

海未「にこは見とれていたのでしょう? 真姫のスタイルに

ことり「うん、夏色のPV見てぽわ~んとしてたんだから」

海未「ふむ……ふたりにはきちんと初夜を越してほしいものですね……」

絵里「大丈夫よ、きっと。にこはヤる時はヤる女だもの」
75: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/01/01(木) 23:55:32.34 ID:AZHr+wZi.net
――23:30

絵里「もうすぐテッペンだし、そろそろ寝るわよ」

希「なんやもうそんな時間かぁ」

凛「今やってる臨界ブラキ終わったら寝るにゃ」

穂乃果「もう少しで倒せるよ」

花陽「それにしてもこの爆発は厄介だよねぇ」

海未「それでは、我々は先に上がっています」

ことり「行こぉ、海未ちゃん♪」

絵里「じゃあ希、待ってるからね」

希「あーい」

真姫「さ、い、行くわよにこちゃん」

にこ「う、うん……」

絵里「ふふ、頑張ってね」
76: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 00:09:35.15 ID:932YnvBK.net
バタン

にこ「……」ドキドキ

真姫「……」ドキドキ

にこ「……」ドキドキドキドキ

真姫「そ、それじゃ……続き……する……?」

にこ「うん……///」スッ

真姫「にこちゃん……好き……」ギュウッ

にこ「にこも好きよ……」ギュウウ

にこ(ああ……真姫の体、細いのにふわっとしてて、気持ちいい……)

真姫「にこちゃん……」サワ

にこ「ひあぁ……///」ピクッ

真姫「ん……///」チュッ

にこ「んんっ……ぅ///」

真姫「脱がすわよ……?」

にこ「うん……真姫も脱いで……」
79: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 00:41:19.91 ID:932YnvBK.net
にこ「……にこね、ずーっとこうしたかったの。真姫に恋してから、ずーっと」

真姫「どうしたの、急に」

にこ「真姫を好きになってから、より一層真姫のことを魅力的に思えてきて……」

にこ「それでね、PVとか見直してると、無意識に真姫を目で追ってた」

にこ「特に夏色とか、にこセンターなのにけっこう目立つじゃない? それに加えて水着だから……」

にこ「いやらしい気分になっちゃったり……」

にこ「ごめんね、こんなこと言って……でも」

真姫「いいのよ」

にこ「真姫……?」

真姫「私だってにこちゃんで……し、したこと、あるもの……///」

真姫「お、お互い様よ……!///」

にこ「そう、よかった……」

にこ「にこね、怖かったの。せっかく大好きな真姫と結ばれたのに、がっついて嫌われたらどうしよう、って」

真姫「そんなこと、あるわけないじゃない……」

真姫「私だって、にこちゃんの小さな体に手を出すことに、罪悪感を覚えて躊躇ってた……」

真姫「いっそにこちゃんから誘ってくれれば、って思ってた!」

にこ「ふふ、やっぱりにこたちって、似た者同士なのかもね……」
82: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 07:22:56.49 ID:932YnvBK.net
にこ「話したら、なんかウジウジしてたのがアホらしくなったわ」グイッ

真姫「キャッ!」ドサッ

にこ「綺麗なおっぱい……」モミュ

真姫「あぅぅ……///」

にこ「柔らかぁい……」モミモミ

真姫「やっぱりにこちゃん、おっぱい好きなの……?」

にこ「そうね。にこのは揉めるほど無いから……」モミュン

にこ「真姫のは美乳ね……乳首もツンと上向きでかわいい」ペロ

真姫「んあっ……///」ビクッ

にこ「ん……ほんのり甘くて……」ペロペロ……チュッ

真姫「あぅぅ……にこちゃぁん……///」

にこ「おいしいよ……真姫……」チュウウ

真姫「はぁ……はぁ……///」

にこ「ああ……幸せにこ……」ペロペロ……モミモミクニュクニュ

真姫「ぁんっ……///」ピクッ

にこ「……真姫、大好き」カプッ

真姫「――ゃあんっ!///」ビクビクッ
83: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 07:57:56.69 ID:932YnvBK.net
真姫「い、いきなり甘噛みなんて……///」

にこ「ふふ……気持ちよかった?」

真姫「…………///」コクン

にこ「ああぁ……ホントにかわいい!」ギュウッ

真姫「もぉ……仕返しよっ!」グイッ

にこ「ひゃっ!?」

真姫「こんなにかわいいおっぱいして……」チュウウ

にこ「あ……あぁっ……///」ゾクゾクッ

真姫「やっぱり小さい分、感度はバツグンなのかしら?」チュパチュパ

にこ「ぃやっ……ぅぅ……///」

真姫「にこちゃんのも、甘くておいしい……」レロレロ

にこ「真姫ぃ……真姫ぃっ……!///」

真姫「にこちゃん……///」スルッ

にこ「ぁ……そこは……///」カァァァ

真姫「濡れてるわ……気持ちいいのね、にこちゃん?」ヌルゥ……

にこ「真姫にされたら……そうなっちゃうわよぉ……///」
86: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 18:43:11.05 ID:932YnvBK.net
真姫「私もね……おんなじなの……///」

真姫「にこちゃん、触って……///」スッ

にこ「ふああ……///」ヌチュッ

真姫「んっ……///」ピクンッ

にこ「い、入れてもいいの……?///」

真姫「来て……私の中、にこちゃんで満たして……///」

にこ「真姫……///」ヌプン

真姫「ひゃぅんっ!」ビクッ

にこ「こんなにぬるぬる……にこで感じてる? にこで感じてくれてる……?」クチュクチュ

真姫「あっ……き、気持ちいい……にこちゃぁん……///」

にこ「真姫のおまんこ……キュンキュンしてるのわかるよ……」クチュクチュクチュ

真姫「あぁっ……もうダメぇ……///」

にこ「いいよ……イッちゃっていいよ……にこがイかせてあげる……」ヌプヌプ……クチュ……ッ

真姫「あっ……あっ……ぃゃああっ……!///」ビクッ……ビクビクンッ
89: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 17:15:41.74 ID:kfxbSr5H.net
真姫「はぁ……はぁ……はぁ……///」

にこ「見て、この手」ヌトォ……

真姫「はぁ……はぁ……///」

にこ「真姫の愛液、たぁっぷり……」

にこ「ぁむ……」パクン

真姫「あっ……」

にこ「んっ……はあぁ……」チュパ……ペロペロ

真姫「うぅ……///」

にこ「ふぅ……おいしい……」

真姫「もう……にこちゃんったら……」

にこ「ごめんね……」
91: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 17:46:33.33 ID:kfxbSr5H.net
にこ「でも、見て……」クパァ

にこ「今ので、にこのもこんなに溢れてきちゃった……///」

真姫「つまり、こうしろってことよね……」ハムッ

にこ「ふあっ……!」ピクッ

真姫「ふぅっ……んぅ……」ペロ……クチュ……

にこ「ぁ……ぅぁあっ……///」

真姫「ん……すごぉい……」ニュプ……ニチャァ……

にこ「真姫ぃ……気持ちいいよぉ……///」

真姫「わかるわ……にこちゃんのおまんこ、こんなにキュゥ……ってしてきて……」ニュル……チュププ……

にこ「あっ……あぁっ……!///」

真姫「はぁっ……ん……」ヌプッ…チュプッ……ニュルレロォン

にこ「んっ……ぁああんっ!」ビクビクウッ

にこ「ふああぁぁぁんっ……!」プシャアアア

真姫「ぅあっ……!?」
92: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 18:36:10.59 ID:kfxbSr5H.net
真姫「むぅ……」ビチャー

にこ「あっ……うぅぅ……///」ヒクヒク

真姫「もう……にこちゃん……!」

にこ「ご、ごめん……でもまさか、こんなになるなんて……」

真姫「にこジュースまみれになっちゃったじゃない……」ペロ

真姫「……でも、にこちゃんがいっぱい感じてくれたから、なのよね」

にこ「うん……すっごい、気持ちよかった……///」

真姫「ならいいわ、許してあげる」

にこ「ん……///」

真姫「さて、もう1回お風呂行かなきゃね」

にこ「どうせみんなも盛って愛液まみれになってるんじゃない?」

真姫「ふふ、なにそれ?」










――風呂

ことほのうみのぞえりりんぱな「おめでとう」

にこまき「マジか」


THE END
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「真姫って美乳よね……」ゴクリ』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。