凛「希ちゃんなんて大嫌い!」希「ふん!うちやって凛ちゃんのこと大嫌い!」

シェアする

のぞりん-アイキャッチ3
1: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 23:25:58.39 ID:7KlwFJz+.net
凛「いっーだっ!」

希「ふん!」

海未「なんなんですか、買い出しから帰ってくるなり!台所は滅茶苦茶、おまけに凛と希は喧嘩して!」

海未「説明してください!」

元スレ: 凛「希ちゃんなんて大嫌い!」希「ふん!うちやって凛ちゃんのこと大嫌い!」

スポンサーリンク
7: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 23:33:20.78 ID:7KlwFJz+.net
希「海未ちゃーん!きいてよ凛ちゃんが」

凛「希ちゃんがー!」

海未「二人同時に話さないでください!
まず凛から話を聞きますから、」

希「海未ちゃんそれはだめ!うちから話す!」

凛「ずるいにゃ!凛が先にゃ!」

海未「喧嘩しないでください!おやつ抜きですよ!」

のぞりん「……」シュン

海未「…こほん、まずこの散らかってる台所から説明してもらいましょう」

のぞりん「凛ちゃんが希ちゃんがtk%6&oeqs」

海未「だから、二人同時に話さないでください!」

凛「ほら、海未ちゃんに怒られちゃったじゃん!」

希「凛ちゃんが話すからやん!」

海未「静粛に!希はもう大学生なんですから大人らしく振る舞いなさい!高校生の私に怒られてどうするのですか!凛ももう中学二年生です、落ち着きなさい!」
11: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 23:38:27.58 ID:7KlwFJz+.net
凛「もういいにゃ!希ちゃんも海未ちゃんももう知らない!凛もう寝るから!」

海未「待ちなさい凛!」



もう知らない知らない知らない!

海未ちゃんは凛の話を聞いてくれないし

希ちゃんは凛のことちっとも考えてくれないし!


はぁ、あの日を思い出すにゃ


凛がまだ小さい時のお話……
16: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 23:46:31.13 ID:7KlwFJz+.net
希ちゃん大学生、海未ちゃん高校生、凛ちゃん中学生で三姉妹です

男子小学生A「やーい!おとこおんなー!」

男子小学生B「スカートなんか履いて変なのー!」

凛「ううっ……ひっぐ……ぐすぐす」

???「こらっ!凛ちゃんをいじめるなぁ!」

男子小学生A「うわっ!ヴァイオレットムーンだ!逃げろー!」

???「大丈夫凛ちゃん?」

凛「うん…ありがとにゃ…」

そういってヴァイオレットムーンと呼ばれたその人は凛の膝を水道で洗って絆創膏をはってくれてんだにゃ

ああ……あの紫の月の人……

会いたいなぁ、希ちゃんよりもずっとお姉さんらしかったにゃ

紫の……月の人……
22: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 23:59:06.74 ID:7KlwFJz+.net
海未「凛もいってしまったことですし希から話を聞きましょう」

希「話せば長くなるんや、海未ちゃんがお買い物にいった直後から話は始まるんよ」

回想

凛「もう直ぐクリスマスにゃ希ちゃん!」

希「そうやね!凛ちゃん!」

のぞりん「クリスマスと言えば?」

希「ケーキ!」

凛「ケーキ!」

希「毎年買ってくるけど今年はうちらで作ってもいいと思うんよ」

凛「賛成!いっつもお料理のほうばっかりでケーキまで手がまわらないもんね」

希「だ・か・ら」

凛「ふりむいてー♪…じゃなくて!今年は凛達でケーキ作ろう!クリスマスの練習で」

希「ええやん!この時間から始めれば3時のおやつにできるで!」
24: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 00:05:10.27 ID:u76VBctN.net
のぞりん「材料は~♪」

凛「…………」

希「……ホットケーキミックス…しかないやん」




凛「これでもいけるにゃ!こう、カップケーキみたいな感じで!」

希「ホットケーキミックスはホットケーキを作るためにあるんやで!?いやや!なんかべちゃべちゃしてそうやん!あとなんでちょっと間あけたん!?」

凛「いけるいける!だってホットケーキだよ?ホット、ケーキだよ!」

希「……そう言われればそんな気がしてきた…」

凛「混ぜるだけにゃ」

希「そうそう、混ぜてレンジでチン、やんなぁ?」

希「凛ちゃん卵と牛乳!」

凛「御意っ!」
27: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 00:25:17.08 ID:u76VBctN.net
希「よし、混ぜ終わったで」

凛「これ何であたためるにゃ?」

希「てきとーにその大きい丼で電子レンジで何分か加熱すればええんやない?」

凛「じゃ移し変えるにゃ」

希「ほんまにこんなんで…出来るんかな」

チーン

凛「鳴ったにゃ!…うわぁっ!」

希「なんやこれ!?」

凛「膨らむことまで計算にいれてなかったにゃ!」

希「とりあえず運ぼ?」

凛「凛が運ぶよ!………あっつ!」

希「ああっ!中は生焼けだった!床が白っぽい液体まみれやん!」

凛「……////わざわざそんな言い方しなくていいにゃ!片付けないと海未ちゃんに怒られるにゃ!」


のぞりん「」フキフキ
28: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 00:26:00.57 ID:u76VBctN.net
希「……ごめんな凛ちゃん、うちがもってあげ ればよかったなぁ」

凛「気にしなくていいにゃ凛がホットケーキ ミックス使おうとかいいださなければ……」グ スッ

希「っ!凛ちゃん泣かないで!うちが、お姉さ んだから持てばよかったんや」

凛「凛のせいにゃ!凛が海未ちゃんに謝る にゃ!」

希「いや、うちが!うちが謝るっ!」

凛「凛が謝るにゃ!」

希「うち!」

凛「凛!」

のぞりん「むぅ~~~~!」

凛「希ちゃんなんて大嫌い!」

希「うちやって!」

回想終わり

希「っていうわけなんや」

海未「なんですか、そこは!」

希「あ、どうぞどうぞ」

凛「いやいやどうぞどうぞ」

海未「と、なるべきでしょう!」

希「海未ちゃん、それなんかちゃうで」

海未「…///とにかく!ホットケーキミックスは 今日のおやつで使おうとしたものです、使う時 は一声かけてください。それから」
33: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 00:34:49.89 ID:u76VBctN.net
海未「お互いを思いやる気持ちはよいのですが、私からすれば二人で誤りに来て欲しいです。」

希「海未ちゃん………」

希「分かった!うち、凛ちゃんのところにいってくる!」


そのころの凛

凛「寒いにゃ……」

凛は懐かしいあの記憶に誘われるようにあの日初めてヴァイオレットムーン…紫の月の人に会った公園に来ていた

凛「ははっ……初めてっていってもあれが最近で最後なんだけどね…」

公園のベンチに座りながら缶コーヒーをすする…

凛「あれがきっと…凛の運命の人だったにゃ…ヴァイオレットムーン…紫の月の人……」

会いたいにゃ…

どこにいるの……

凛、あの時みたいに

悲しい気持ちだよ…?
35: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 00:41:51.89 ID:u76VBctN.net
「はあっ、はあっ、凛ちゃんっ!」

ああ、あの日のヴァイオレットムーン…紫の月の人の声がする……

きてくれたにゃ………

海未「やっぱりここにいましたか」

希「お姉さんやもん!妹の場所くらいすぐ分かるんよ?」

ああ…紫の月の人……………

凛「希ちゃん!?海未ちゃんも!」

希「凛ちゃん、さっき紫の月の人、とかヴァイオレットムーンとかいってなかった?」

凛「いっ!言ってないにゃ!」

海未「何故希の昔の二つなを……」

凛「えっえっ!?」
37: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 00:56:34.24 ID:u76VBctN.net
希「うち、小学生の頃ヴァイオレットムーンとかいう名前で秘密基地ごっこで一番偉い人役やってたやん?それが同時のお友達の弟とかに伝わってヴァイオレットムーンて呼ばれるようになっちゃって……」

ということは

凛「希ちゃんが紫の月の人だったの!?」

希「なんや、紫の月の人て!」

凛「なんだー!凛てっきり…てっきり…」

希「どないしたん凛ちゃん?」

凛「ごめんなさい希ちゃん!希ちゃんが一番のお姉さんだにゃっ!希ちゃんが一番だにゃっ!」ダキッ

なんや、そういうことか

希「凛ちゃん、うちも!凛ちゃんが一番の妹やでっ!」ダキッ

海未「こほん、こほん」

希「凛ちゃんっ!」

凛「希ちゃんっ!」

海未「こほんっ!こほんっ!」

のぞりん「」イチャイチャ

海未「あのっ!……その…私のことは……/////」

のぞりん「………」

海未「う………」

希「うみちゃあああんっ!」ダキッ

凛「うみちゃあああんっ!」ダキッ

海未「ちょっ!二人とも!いきなり抱きついたらっ!」

希「訂正するで!海未ちゃんと凛ちゃん大好きやー!一番大切で可愛い世界一の妹やーーー!」ダキッ

凛「凛も凛も!海未ちゃんと希ちゃん大好きにゃー!えっーと、とにかくすっごくかっこよくて可愛いくて頼りになるお姉ちゃん大好きにゃー!」ダキッ


海未「うぅ…///そんなに言われたら恥ずかしいです!」

凛「ねぇねぇ海未ちゃんは?海未ちゃんは凛達のこと好き?」

海未「そ、それは……///」

希「うみちゃぁん?」


海未「すすすす、好きです…よ?」

凛「疑問系だにゃぁ……」
38: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 01:01:06.11 ID:u76VBctN.net
希「うち、悲しいなぁ?」

海未「す、好きですっ!」

希「凛ちゃん、今の撮った?」

凛「バッチリにゃ!」

海未「りーんー?」ゴゴゴゴゴ

凛「わぁっ!海未ちゃんがおこったー!」

希「やーん!早くお家にかえろーっ!」

海未「待ちなさい、凛!消してくださいっ!」

凛「希ちゃんパスっ!」

希「おっけーや凛ちゃん!」このままお家へダッシュやで!」

海未「まちなさーいっ!」
47: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 18:43:55.01 ID:u76VBctN.net
そしてクリスマス

海未「鶏肉よし、サラダよし、スープよし、ばっちりです!」

海未「凛、希!ご飯ですよー!…っていないですね」

ガチャッ

凛「ただいまーっ!」

希「大丈夫凛ちゃん、崩れてない?」

凛「大丈夫そうにゃ」

海未「二人とも!ご飯前なのにどこにいってたのですか!心配しましたよ!」

凛「むふふ~ちょっとねー?」

希「ごめんな海未ちゃん、さ、ご飯にしよ!」





海未「今年はケーキはいらない、とのことだったので料理の方を頑張りました!どうですか、希のリクエスト通り大きい鶏?を調理しましたよ!」

希「ローストチキンな海未ちゃん」

凛「海未ちゃんは横文字が苦手なんだにゃー」

海未「……///ま、まあそんなことより食べましょう!」

凛「めりーくりすましゅっ!」

希「凛ちゃん噛んでるやん」

凛「うぅー笑わないでー!」プクー

希「ごめんごめん凛ちゃん、いただきまーすっ!」

ピンポーン♪
55: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/17(水) 20:59:02.26 ID:rQeHT7Pp.net
にこ「希、凛あんた達うちにエプロン忘れたでしょ!」

絵里「届けにきたわよ」

真姫「マッタクー、世話がやけるんだから」

希「ごめーん!はやく持って行きたかったから」

凛「寒い中ありがとにゃ」

海未「……?凛、希あなた達もしかして…」

凛「」ギクッ

希「な、なーんも知らへんよ?」スットボケ

海未「隠さないでください!5人だけの秘密なんてずるいです!」

絵里「希、凛教えてあげてもいいんじゃない?」

凛「でも……」

希「えりちがいうなら…」

凛「凛達は絵里ちゃん達のところにケーキ作りの修行にいってたんだにゃ」

希「だから今日ごはんのお手伝いできなかったんや」

真姫「海未をびっくりさせるんだって、凛頑張ってたわよ?」

にこ「海未が今頃お料理がんばってるからうちもがんばるって希が言っていたわ」

海未「二人とも……!私は…私は…」

海未「とっても幸せ者ですっ!」ダキッ
59: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/18(木) 16:25:35.80 ID:WIx+RTJW.net
ピンポーン♪

絵里「あら?誰かしら」

のぞりん「あっ!」

ガチャッ

穂乃果「こんばんわっー!メリークスマスっ!」

ことり「穂乃果ちゃん、ご飯中かもしれないから、しっー!」

花陽「あ、あれ?絵里ちゃん達?」

海未「花陽、ことり、穂乃果!?」

ことり「凛ちゃんと希ちゃんがうちに忘れものしちゃって…」

穂乃果「海未ちゃんへのプレゼント!」

希「あー!穂乃果ちゃん言わんといてー!」

穂乃果「あ……ごめん凛ちゃん、希ちゃん」

花陽「穂乃果ちゃん……」
61: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/18(木) 20:24:58.29 ID:WIx+RTJW.net
凛「ねぇねぇ海未ちゃん、今日このままみんなでクリスマスパーティーしちゃだめかな?」

海未「そうしたいところですけど皆の都合もあるでしょう?」

凛「海未ちゃん、おねがぁい…」ウルウル

海未「し、仕方ないですね!皆、今日はうちでこのままクリスマスパーティーしませんかっ!」

花陽「ええっ、いいのぉ!」

絵里「ふふふ、そういうと思ってたわ」

にこ「ちゃーんと、料理もってきたにこぉ!」

真姫「私はそんなつもりじゃなかったんだけど……」

穂乃果「やったあ!」

ことり「えへへ、念の為サンタさんの衣装もってきておいてよかった」

希「みんな準備よすぎやん!さぁさあ、はようあがってや♪」



ことり「凛ちゃんうまく使えてたね」

凛「ことりちゃんのおかげにゃ!」

ことり「復習ね?」

凛「おねがぁい海未ちゃん」

ことり「よくできました」ナデナデ

凛「えへへ」
62: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/18(木) 21:16:54.83 ID:WIx+RTJW.net
そのあとみんなでとても楽しいクリスマスパーティーをしました

プレゼントは用意できてなかったので皆で一発芸大会をしました

希ちゃんと絵里ちゃんが花園してました

途中で穂乃果ちゃんと海未ちゃんとことりちゃんがピンクのなにかを持っておくの部屋にいってしまいましたが一時間後に息を荒くしてもどってきました

あと、にこちゃんたちと作ったケーキも美味しくできていました

ことりちゃん達と作ったエプロンを海未ちゃんにプレゼントしたら、とっても喜んでいました

にこちゃんが、「明日から裸エプ……」
と言おうとしたら真姫ちゃんに怒られていました

今日はとっても楽しかったにゃ。

凛「今日はもう寝よぅっと!」

凛「日記も書いたしね」

凛「」スヤスヤ


海未「……寝たみたいです」

希「プレゼントの準備もおっけーやで!」

海未「早く置いて私たちも寝ましょう」


希「せやな」

数分後

海未「寝たみたいですね…希」

海未「これは私からのプレゼントです……大事にしてくださいね…」

海未「おやすみなさい」




おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「希ちゃんなんて大嫌い!」希「ふん!うちやって凛ちゃんのこと大嫌い!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。