にこ「存在とその意義」

シェアする

にこ-アイキャッチ11
1: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 05:24:12.30 ID:KEv+h8qL.net
ショッピングモール


にこ「ふふ~ん♪」

にこ(欲しかったリップも買えたし。)
にこ(何たって、今日はママがいるから…)

にこ(ちょっと遅くなっても平気だし。)

にこ「今日はいっぱい遊んじゃおっと!」


にこ「…それにしても、やっぱり休日は人が多いわね。」

にこ「ニコニーだってばれたら、サイン求められちゃったりして…」ニヤッ

にこ「ふふふふふ…」




にこ「…そんな訳ないか。」クスッ
にこ「とりあえず、色々回ってみましょ。」

元スレ: にこ「存在とその意義」

スポンサーリンク
2: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 05:24:41.53 ID:KEv+h8qL.net
にこ「さ~って…次はどこ見ようかしら?」

にこ「…?」

にこ「あれは…」



ポンッ



ことり「ひゃあっ!?」

にこ「なにしてんの、ことり。」

ことり「あ、にこちゃん。」
ことり「えへへ…ウインドウショッピングだよ♪」

にこ「ふーん…」

ことり「にこちゃんも、お買い物?」

にこ「そうよ。欲しかった物が入荷してたから。」

ことり「そうなんだ~。」
3: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 05:27:46.27 ID:KEv+h8qL.net
にこ「ことりは洋服?」

ことり「う、うん…」

にこ「アンタ、いつも可愛い服着てるしね…」
にこ「ま、にこの次ぐらいだけど。」

ことり「うん、にこちゃんもすっごく可愛いね♪」

にこ「でしょ?」
にこ「なんたって、この冬最新のトレンドだからね!」

ことり「うんうん!」

ことり「あ、そうだにこちゃん。」
ことり「この後って、予定ある…?」

にこ「特にないけど…」

ことり「良かったら、一緒に回らない?」
ことり「せっかく会えたんだし。」

にこ「別に良いわよ?」

ことり「ほんと!?やったあ~!」
4: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 05:31:53.69 ID:KEv+h8qL.net
ショップ内


ことり「ねえねえ、にこちゃん。」
ことり「このカーディガン、どうかなあ…?」

にこ「いい色じゃない。」
にこ「それなら、アウターはこっちのが合うんじゃない?」

ことり「わあっ。それも可愛いね~。」

にこ「ふふん。もっと褒めても良いのよ?」

ことり「それじゃあにこちゃん、着替えてみて?」

にこ「へっ?」

ことり「きっとにこちゃんに似合うと思うの!」
ことり「だから、見てみたいな♪」

にこ「…しょーがないわね~。」
にこ「にこのファッションショーよ!」

ことり「わ~い♪」
5: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 05:35:08.09 ID:KEv+h8qL.net
シャッ

にこ「…どう?」

ことり「うん、すっごくかわいい!」
ことり「やっぱりにこちゃんはミニスカート似合うね。」

にこ「トーゼン!」

ことり「それじゃ、今度はこっちは?」

にこ「任せなさい!」



シャッ

にこ「ほらっ。」

ことり「おお~。もこもこなにこちゃん可愛いっ。」

にこ「でも、ちょっと子供っぽくない?」

ことり「にこちゃんらしさが出てて、いいよ~?」

にこ「にこは大人なのが良いんだけど…」

ことり「それじゃ、こっちのジャケットは?」

にこ「おお!大人カジュアルな感じ!」
7: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 05:40:48.74 ID:KEv+h8qL.net
にこ「やるじゃない、ことり!」

ことり「えへへ~。ぜひ着てみて?」

にこ「よし、待ってなさい。」



シャーッ


にこ「似合ってる?」

ことり「うん!」
ことり「にこちゃん…ほんとに可愛い…♡」

にこ「さあ、どんどん行くわよ!」


……………………………

にこ「いやー、満喫したわ。」

ことり「ことりも、色んなにこちゃんが見れて満足です♪」

にこ「ことりとファッション談義って新鮮でいいわね。」

ことり「にこちゃん、付き合ってくれるからとっても楽しかった!」
ことり「前に穂乃果ちゃんや凛ちゃん連れて来たときは、二人とも疲れちゃって…」
8: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 05:45:19.02 ID:KEv+h8qL.net
にこ「まあ、確かに回数多かったしね…」

ことり「ごめんね?にこちゃん。」
ことり「お洋服の事になると、時間経つの忘れちゃって…」

にこ「私は別に良いわよ?」
にこ「服好きだし、ことりのセンスもいいしね。」

ことり「うん、ありがとう…」

にこ「それじゃ、次はどこ行く?」
にこ「にこも一日暇だし、付き合うわよ!」

ことり「本当?」
ことり「なら、次は…」

……………………

ペットショップ


ことり「ああん、可愛い~♡」

にこ「ここ、ペットショップまであったのね…」
9: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 05:49:49.69 ID:KEv+h8qL.net
ことり「来た事無かったの?」

にこ「あんまりうろうろしてると、無駄遣いしちゃうし…」
にこ「いつも、欲しいもの買ったらすぐに帰ってたから。」

ことり「そうなんだ…」

ことり「あ、見てみて!」
ことり「可愛いわんちゃん♪」

にこ「ほんと、いつも楽しそうね…」

ことり「だって、こんなに可愛いんだもん!」
ことり「可愛いは正義ですっ♪」

にこ「なら、このニコニーを可愛がってもいいのよ?」

ことり「…」

ことり「よしよ~し。」ナデナデ

にこ「自分で言ってて恥ずかしくなって来た…///」
10: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 05:53:37.80 ID:KEv+h8qL.net
コスメショップ


ことり「にこちゃんは、さっきここに来てたんだね。」

にこ「そうよ。リップの新作が入荷されたからね。」

ことり「ちなみに、どれを選んだの?」

にこ「この、薄いピンクのやつよ。」
にこ「どんな衣装でも合うし、日頃から使えるから。」

ことり「どんな衣装でも、かあ…」

にこ「ことり?」

ことり「ううん、確かに可愛いね。」
ことり「ことりも、買おうかなあ…?」

にこ「ことりなら、変に色付きじゃなくて、こっちのナチュラルな方がいいんじゃない?」

ことり「その方が似合うかな?」

にこ「ええ、このにこが保証するわ!」

ことり「じゃあ、それ買おうっと♪」
11: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 05:56:53.44 ID:KEv+h8qL.net
カフェ



ことり「えへへ~。来ました、ベリーベリーパフェ♪」

にこ「よくそんな甘そうな物食べれるわね…」

ことり「おいしいよ?」
ことり「にこちゃんもどう?」

にこ「そんなの、一人じゃ食べきれないわよ…」

スッ

ことり「はい♪」

にこ「え…?」

ことり「あ~ん♡」

にこ「で、出来る訳ないじゃない…///」

ことり「…食べてくれないの?」ウルッ

にこ(こ、こんなの反則じゃない…!)
12: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 05:57:37.23 ID:KEv+h8qL.net
ことり「…」ジィーッ

にこ「…」

にこ「はあ、わかったわよ…」

ことり「流石にこちゃん♪」
ことり「はい、あ~ん…」

にこ「…あーん。」

パクッ

にこ「…あ、美味しい。」

ことり「でしょ~?」
ことり「来たら、いっつも頼んじゃうんだ♪」

にこ「うん…悪くないわ。」
にこ「でも、流石ににこは一人じゃ食べられないわね…」

ことり「なら、食べたくなったら一緒にこない?」

にこ「えっ…?」

ことり「半分こすれば、問題ないでしょ?」
ことり「はい、あ~ん♡」

にこ「ことり…///」


にこ「あー…ん。」
15: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:06:30.81 ID:KEv+h8qL.net
モール内


ことり「美味しかったね?」

にこ「そうね…でも、流石に恥ずかしいわよ。」

ことり「えへへ…ごめんなさい。」

にこ「でも…ありがと。」

ことり「…?」

にこ「また、次も誘ってくれて。」

ことり「…!」パアァ
ことり「もちろん♪」

にこ「ふふっ。あんまりことりと出かけた事無かったけど…」

ことり「楽しんでもらえた?」

にこ「予想以上に…ね。」

ことり「良かった~。」
16: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:09:31.17 ID:KEv+h8qL.net
にこ「でも、そろそろ良い時間になって来たわね…」

ことり「日が落ちるの、はやくなったね。」

にこ「どうする?」
にこ「もう、帰る?」


ことり「う~ん…」

ことり「…」

ことり「もう一カ所だけ、寄っても良いかな…?」

にこ「?」

…………………………

空中庭園


にこ「…空中庭園に来たかったの?」

ことり「うん。」
ことり「街が、綺麗に見えるから…」

にこ「確かに、綺麗ね。」
にこ「日が落ちて、明かりが目立って…」

ことり「少し、肌寒いけどね…」
17: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:13:48.66 ID:KEv+h8qL.net
ことり「あ、ベンチがあるよ。」
ことり「座ろう?」

にこ「…そうね。」


トサッ


ことり「…」

にこ「…」

ことり「…今日は、声かけてくれてありがとう。」

にこ「別に、見つけたからね。」

ことり「でも、そのおかげで一日楽しかった♪」

にこ「それは、にこも一緒よ?」

にこ「パフェの事だって…」

ことり「えへへ…。」
18: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:14:29.53 ID:KEv+h8qL.net
ことり「…少しね、悩んでたから…いいリフレッシュになりました♪」

にこ「…」

にこ「次の衣装の事でしょ?」

ことり「…え?」

にこ「…何となく、分かるわよ。」
にこ「ずっと、ショップの前で難しい顔してたんだから。」

ことり「…ばれちゃった。」

にこ「なにも…浮かんでないの?」

ことり「うん…」
ことり「だから、気分転換しようと思って。」

ことり「付き合わせて、ごめんね?」

にこ「いいのよ。」


にこ「…にこもだから。」
19: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:18:36.99 ID:KEv+h8qL.net
ことり「え…?」

にこ「にこも、悩んでるの。」

ことり「そう…だったんだ。」

にこ「ええ…」

にこ「…」

にこ「ことりは…すごいわ。」


ことり「にこちゃん…?」

にこ「前のハロウィンの時もそうだったけど…」
にこ「自分の役割を分かって、それに徹してる。」


にこ「衣装の事も、ことりが全部引き受けて…」
にこ「ことりの存在は、μ'sに無くてはならなくなってる。」

にこ「とっても…すごい事よ。」
20: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:21:34.19 ID:KEv+h8qL.net
にこ「それに対して、にこは…」

にこ「ううん。にこがいる意味って、何なんだろう。」

にこ「役割は部長だけど。」
にこ「それは元々アイドル研究部だった所に皆が来たからだし。」

にこ「ダンスも、歌も。」
にこ「リーダーシップすらない私がμ'sにいる、意味は何だろうって…」

にこ「私の存在は、実際μ'sに何を与えているんだろうって。」

にこ「ずっと、そればっかり考えてる。」

にこ「ラブライブが近づくにつれて。」
にこ「μ'sが大きくなるにつれて。」

にこ「にこのいる意味が、分からなくなって来ちゃった…」


ことり「にこちゃん…」
21: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:26:09.66 ID:KEv+h8qL.net
にこ「…」

ことり「…」

にこ「…ごめんね?こんな話…」
にこ「ことりが悩んでるのに、にこばっかり…」

ことり「ううん。」
ことり「私も同じだよ。」

にこ「ことり…?」

ことり「穂乃果ちゃんに、μ'sに誘われて。」
ことり「あのときは、他にアテが無かったから。」

ことり「海未ちゃんが作詞してくれて、真姫ちゃんが曲をつけてくれた。」

ことり「そのときは、私しかいなかったから、衣装を作ってた。」

ことり「でもね?皆が入って、人が増えて…」

ことり「作詞・作曲は私たちに必要不可欠な存在だけど…」
ことり「衣装は、別にいらないんじゃないかって。」
22: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:26:39.95 ID:KEv+h8qL.net
にこ「そんなこと…ないわよ。」

にこ「あのときはあんな事言っちゃったけど。」
にこ「ことりには感謝してる。」

にこ「いつも、可愛い衣装作ってくれて、それに…」

ことり「にこちゃんの気持ちは分かるよ。」
ことり「ありがとう。」

ことり「でもね、それは私が、最初にその位置にいたからだと思うんだ。」

にこ「どういう…こと?」

ことり「作詞も作曲も、私たちがスクールアイドルであるために絶対必要な物。」
ことり「でも衣装は…最悪、お金を出せば揃えられるんだよ。」

にこ「…ッ!」

ことり「もちろん、作った方が安く済むけど…」
ことり「全部のスクールアイドルが、そうしてる訳じゃないよね?」
23: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:28:46.31 ID:KEv+h8qL.net
ことり「そう考えたら、ちょっとドキッとしちゃって。」

ことり「…こんなこと言ったら、にこちゃんに失礼かもしれないけど。」
ことり「ことりの存在意義は…衣装だけなのかなって。」クスッ

ガタッ

にこ「そんな事無い!!」
にこ「ことりは、それだけの存在じゃない!」

にこ「結成する時、海未が入るのを後押ししたのも聞いた!」
にこ「秋葉でのライブのときは、作詞もしたじゃない!」

にこ「みんなが揉めてるときは希と一緒にそれとなく助言して…」
にこ「生徒会の事だってそう!」

にこ「ことりは必要とされてるのよ!」
にこ「だから、穂乃果が迎えに行ったんじゃない!」

にこ「だから、私たちもことりが来るのを待ってたんじゃない!」

にこ「決して、衣装の事だけじゃない!」
にこ「貴女がことりだから、必要とされてるのよ!!」


ことり「にこ…ちゃん…」グスッ
24: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:30:12.45 ID:KEv+h8qL.net
にこ「少なくとも私は、そんな貴女が好き。」
にこ「μ'sに、いてほしいと思ってる。」

にこ「今日だって、とっても楽しかった。」
にこ「ことりの性格が、みんな好きなの。」

にこ「だから…ことりは、μ'sに必要なのよ。」


にこ「にことは…違うんだから。」


ペチッ


にこ「え…」

ことり「…」

ことり「にこちゃんも、だよ…?」
25: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:38:29.58 ID:KEv+h8qL.net
ことり「…にこちゃん、自分の存在する意味って言ってたけど。」

ことり「今、にこちゃんが言ってくれた事が本当なら。」
ことり「にこちゃんがにこちゃんだから、必要なの。」

ことり「いつも、みんなを笑顔にしてくれて。」
ことり「誰よりも、μ'sのことを考えてくれて。」
ことり「そして、気付いてくれる。」

ことり「そんなにこちゃんが、私は好きで。」
ことり「にこちゃんも、欠かせない存在になってるんだよ?」

にこ「…」

ことり「今日の事だってそう。」
ことり「悩んでる事、すぐに見抜いてくれたし…」
ことり「さっきの話も、そう。」

ことり「ことりの事、ちゃんと見ててくれた。」
ことり「ことりのいる意味を、知っててくれた。」

にこ「でもそれは、当たり前の事で…」
26: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:42:13.10 ID:KEv+h8qL.net
ことり「当たり前の事なんかじゃ無いよ。」
ことり「にこちゃんだから、出来る事だよ。」

ことり「にこちゃんが今までいっぱい頑張って来た事。」
ことり「皆の事を、見て来てくれた事。」

ことり「きっとみんな分かってる。」

ことり「それだけ、μ'sのこと、皆の事を大事に思ってるんだもん!」
ことり「それだけで十分だよ!」
ことり「十分、にこちゃんはμ'sに必要な存在なんだよ!?」

にこ「ことり…」

ことり「私も、そんなにこちゃんが好き…」

ことり「私も、勘違いしてた。」

ことり「μ'sの事が好きで…μ'sの皆が好きで…」
ことり「皆を、μ'sを大事に思ってる。」

ことり「きっと、それだけで十分なんだよ。」
27: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:45:10.86 ID:KEv+h8qL.net
ことり「この9人だから、噛み合ってる。」
ことり「一人でも欠けたら、それこそ意味が無いの。」

ことり「だから…」

ことり「だからね…?」グスッ


にこ「…ありがとう、ことり。」

にこ「私たち…つまらない事で、悩んでたのかもね。」
にこ「必要とされてるのか、ずっと疑問だった。」

にこ「でも…」

にこ「でも、ことりが教えてくれた。」

ことり「…グスッ。」

にこ「ほら、泣き止みなさい。」

ことり「…うん。」グスッ

にこ「もう…可愛い顔が台無しじゃない。」

ことり「でも…」
28: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 06:47:34.58 ID:KEv+h8qL.net
ギュッ


にこ「手…握っててあげるから。」

ことり「…ありがとう。」

ことり「あったかい…」

にこ「にこも、ありがとう…」
にこ「ことりのおかげで、吹っ切れた気がする。」

ことり「…えへへ。」



にこ「…今から、ウチに来ない?」
にこ「ごはん、食べて帰りなさいよ…」

ことり「え…?」

にこ「きょ、今日はママがいるから、こころたちの事任せられるし…」
にこ「ママにも、ことりのこと紹介したいし。」

ことり「にこちゃん…」

にこ「な、なにより…」
にこ「なんだか今日は、ことりともっと話したい気分なの。」

ことり「…」


にこ「…///」


ことり「うんっ♪」


ことり「えへへ…にこちゃん、ありがとうっ♡」

にこ「…こっちこそ。」

ことり「これからも、よろしくね?」

にこ「トーゼン!」
にこ「絶対、優勝するわよ!!」

ことり「おー!」





おわり。
32: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 07:34:02.71 ID:KEv+h8qL.net
読んでくれてありがとう!

これでリクエストにあったにことりはお終いです。
あとは、
にこぱな・のぞりん
えりぱな
と、さっき書いてもらえたうみりんかな?

他にもあったら、今まで書いてないものは考えてみます

早朝からありがとうございました!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「存在とその意義」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。