凛「教えて教えて!かよちん教えて!」

シェアする

りんぱな-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 20:58:02.23 ID:X9FMgS6S.net
花陽「もう…すっごく恥ずかしかったよ凛ちゃん。」

凛「ごめんごめん!凛、ビデオ屋さんなんてあんまり行ったことなかったから!」

真姫「それにしたって『セクシーなビデオください!』はないでしょうよ…店員さん軽くひいてたわよ。」

凛「ごめんってば!それより早く真姫ちゃんちに行こうよ!」

花陽「うん!新曲のイメージ作りの参考になればいいね!」

真姫「そんなうまくいくかわからないけど…」クルクル

元スレ: 凛「教えて教えて!かよちん教えて!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 21:01:21.20 ID:X9FMgS6S.net
――
――――
――――――

『…愛しているんだ…』

『私も…愛してるわ…』


花陽「わぁ…わぁ…///」

真姫「え…ちょっと…///」

凛「…?」


『んっ…』

『いいわ…んっ…んっ…』

花陽「ピャアァ///」

真姫「…イ、イミワカンナイ///」

凛「…?」
3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 21:05:32.56 ID:X9FMgS6S.net
『来て…』

『ああ…』

花陽「はわぁ…」

真姫「…ま、まあ、こんなもんね。」



凛「…?あれ?画面が真っ暗になっちゃったよ?」

花陽「り、りんちゃん///」

真姫「凛!何言ってるのよ!」



凛「…このビデオおかしいにゃ!不良品だよ!」

花陽「え?」

凛「さっきの店員さん凛のこと笑ってた!きっと意地悪で変なビデオを渡したんだよ!」

真姫「ちょ、ちょっと・・・」


凛「凛、ビデオ屋さんに文句言ってくる!」
4: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 21:10:26.96 ID:X9FMgS6S.net
花陽「待って!ち、違うから!このビデオは悪くないんだよ!」

凛「だってここだけ真っ暗で見えなくなるなんて変だよ?」

花陽「そ、それは…」

真姫「ちょっと…さすがにわかるでしょうよ…」

凛「わかんないよ!なんで?どうして?かよちん教えて!」

花陽「エ!? エェェ!? 私?」

凛「教えて教えて!かよちん教えて!」ユサユサ


花陽「ま、真姫ちゃん…タスケテ…」




真姫「…私、新曲のイメージわいたから…ちょっと邪魔しないでくれる?」ガチャン
5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 21:17:01.44 ID:X9FMgS6S.net
花陽「ま、真姫ちゃぁぁん!」

凛「んもう!かーよーちんってば!早く教えてよ!」グイグイ


花陽「あうぅ…そ、その、ね…?」

凛「?」

花陽「ほら、ね?その…映画の二人は、ね?お互い愛し合ってるんだよね?」

凛「うん。そう言ってたね。」

花陽「だ、だから、ね?ほら、わかるでしょ?あ、あの後…どうなるか…」

凛「…?」


花陽「だ、だから…ほら…あの…ァ、アレ…っていうか…」ゴニョゴニョ



凛「もー!かよちん!声が小さくて聞こえないよ!」
6: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 21:25:42.00 ID:X9FMgS6S.net
花陽「だから…その…」

凛「ねえ、わかんないよ!」

花陽「あ、あの…つまり…」




花陽「こういうこと!」 チュ
8: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 21:32:11.46 ID:X9FMgS6S.net
花陽「はい!おしまい!凛ちゃんももうわかったよね?」

凛「…」

花陽「ち、ちなみに今のはその…なんていうか…やむを得ずっていうか…」

凛「…」

花陽「だ、だから…ノーカンっていうか…改めてちゃんとしたいなっていうか…ってそ、そうじゃなくて!」

凛「…」

花陽「り、凛ちゃん?聞いてる?」







凛「…もー!かよちん!凛だってそのくらいわかるよ!」
9: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 21:34:35.97 ID:X9FMgS6S.net
花陽「え?」

凛「だから!チューするのはわかるの!っていうかしてたじゃん!」

花陽「あ、あの…」

凛「なんでその後見せてくれないの?凛はそこがわからないんだよ!」

花陽「あ、あの、それは、ね?凛ちゃん。」

凛「キスなんかテレビのドラマでもやってるじゃん!凛だって知ってるよ!」

花陽「え、えっと…」
15: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 23:21:15.89 ID:X9FMgS6S.net
花陽「あの、その、ね…?ほら、あの二人はね?好き同士なの。」

凛「うん!」

花陽「それで、ね?いい雰囲気になっちゃったの。」

凛「うん!」

花陽「二人の他には誰も、ね?いないの。」

凛「うん!」

花陽「そしたら、ね?どういうことか、わ、わかるよね?」

凛「うん…?」



凛「今の凛とかよちんと一緒ってこと?」
16: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 23:23:10.44 ID:X9FMgS6S.net
花陽「エ!?」

凛「だーかーらー、好き同士でしょ?」

花陽「う、うん…」

凛「いい雰囲気でしょ?」

花陽「うん…うん?」

凛「他に誰も居ないでしょ?」

花陽「うん…」

凛「一緒だにゃ!」

凛「かーよちーんっ!」ギュッ



花陽「――。」
18: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 23:25:15.99 ID:X9FMgS6S.net
花陽「…」

凛「かよちん?」スリスリ

花陽「…凛ちゃん、今からすること、誰にも言っちゃダメだよ?」

凛「え?」

花陽「凛ちゃんが知りたかったこと、教えてあげるから…」

凛「んっ…どしたのかよちん、くすぐったいよ。」

花陽「わ、私も本で読んだだけだから…痛かったりしたら、言ってね?」

凛「え…?え…?」



――
――――
――――――
――――――――――
19: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 23:29:36.56 ID:X9FMgS6S.net
真姫「――よかったわね。うまくいって。」

凛「うん!真姫ちゃんありがとね!まったく、かよちんは手がかかるにゃ~。」

真姫「次は私の番だからね。協力してよ?」

凛「うん!あっ、噂をすればさっそく…にーこちゃーん!」




――
――――

真姫「…あら?このビデオ不良品じゃない?画面が真っ暗になっちゃったわ。」

凛「そうにゃそうにゃ!」

にこ「…」

真姫「…ほ、本当はなにがうつってたのかしら?気になるわ!」

凛「そ、そうにゃ、そうにゃ!」

にこ「…本当ね。ちょっと取り替えてもらいにいきましょ。」

真姫 凛 「「えっ」」


おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「教えて教えて!かよちん教えて!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。