穂乃果「sweet & sweet Rin's ear」

シェアする

ほのりん-アイキャッチ2
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/08(火) 22:26:59.44 ID:PyDPG6fZ0
穂乃果(はぁ~…今日は海未ちゃんとことりちゃんが日直で1人で登校だよ)

穂乃果(あれっ?あそこに見えるのは…)


凛「でね、かよちん!その希ちゃんから聞いたおまじないがね!」

花陽「おまじない?」


穂乃果(凛ちゃんと花陽ちゃんだ)

穂乃果(…いいこと思いついちゃった)


凛「でね!そのおまじないっていうのが…」

穂乃果「はむっ」パクッ

凛「ひゃあっ!?」ビクッ

穂乃果(あれ…?凛ちゃんの耳、なんだか…)ハムハム



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396963619

元スレ: 穂乃果「sweet & sweet Rin's ear」

スポンサーリンク
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/08(火) 22:39:40.57 ID:PyDPG6fZ0
凛「もう、誰にゃー!…って、穂乃果ちゃん!?」

穂乃果「おはよう。凛ちゃん、かよちゃん」

花陽「おはよう。穂乃果ちゃん」

凛「もー!いきなり耳に噛みつかれたらビックリするにゃー!」

穂乃果「ごめんごめん。…って、そういえば凛ちゃん」

凛「にゃ?」

穂乃果「さっき凛ちゃんの耳をかじった時、なんだか甘いような気がしたんだけど…」

凛「えっ?…えええぇぇっ!?」

花陽「ピャア!」

穂乃果「えぇっ!?何、どうしたの!?」

凛「う、ううん!なんでもないよ!」

穂乃果「いやいや、今の驚きっぷりはなんでも無いわけ…」

凛「そうだ!凛、用事思いだしたから先に行くね!」ダッ

穂乃果「…なんだったんだろ?」

花陽「え、えっと…穂乃果ちゃ…」

穂乃果「まあいっか!私達も行こう!かよちゃん」

花陽「あっ、うん!そうだね」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/08(火) 22:49:15.85 ID:PyDPG6fZ0
昼休みin中庭

穂乃果「…ってことがあったんだよ!」

海未「凛の耳が?」

ことり「ほぇ~。不思議だね~」モグモグ

海未「ことり。口の中のものを飲み込んでから喋ってください」

ことり「あっ、ごめんね」ゴクン

海未「…それで、どんな味がしたんですか?」

穂乃果「えっと…甘い味?」

海未「それはさっき聞きました」

穂乃果「ごめん。そんなに長い時間味わってたわけじゃないから忘れちゃって」

海未「穂乃果の勘違いだったのではないですか?」

穂乃果「えー、勘違いじゃないもん!」

ことり「でも、穂乃果ちゃん…」

穂乃果「わかった!私、もう1度凛ちゃんに会って確かめてくる!」ダッ
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/08(火) 22:57:54.59 ID:PyDPG6fZ0
花陽「~♪」

穂乃果「あっ、かよちゃん!」

花陽「穂乃果ちゃん?なんで1年生の教室に?」

穂乃果「それは…あっ、凛ちゃんを見なかった?」

花陽「り、凛ちゃん!?えっと…凛ちゃんは屋上にお昼寝しに行ったけど…」

穂乃果「屋上だね、わかった!」ダッ

花陽「あっ、行っちゃった…」

花陽「また言えなかったなぁ…」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/08(火) 23:10:16.79 ID:PyDPG6fZ0
屋上

穂乃果「………」

凛「zzz…」スゥスゥ

穂乃果(気持ちよさそうに寝てるなぁ)ジーッ

凛「にゃ…」ゴロンッ

穂乃果(こんなに気持ちよさそうに寝てるのを見ると…)

穂乃果(耳をかじりたくなる!)

穂乃果「はむっ」パクリ

凛「んにゃあぁぁぁ!?」ビクンッ
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/08(火) 23:19:40.06 ID:PyDPG6fZ0
穂乃果「おはよう。凛ちゃん」ニコッ

凛「もう!いい加減にしないと怒るにゃー!」プンスカ

穂乃果「ごめんごめん…って、凛ちゃん!」

凛「んー?」

穂乃果「やっぱり凛ちゃんの耳、甘いよ!何かあったの!?」

凛「うっ…!」カアァ

凛「な、何も!何もないよ!」ブンブン

穂乃果(わかりやすいなぁ。顔真っ赤だし)

穂乃果(もしかして、言いにくいことなのかな?…あんまり詮索しても悪いし話題を変えよう)

穂乃果「あっ!そういえば話は変わるんだけど、今朝おまじないがどうとか…」

凛「うわぁぁぁん!全然話変わってないよー!」ダッ

穂乃果「…あれ?」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/08(火) 23:29:51.66 ID:PyDPG6fZ0
穂乃果「と言うわけで希ちゃん。希ちゃんが凛ちゃんに教えたおまじないについて聞きたいんだけど」

希「うーん。それはダメやね」

穂乃果「どうして?」

希「おまじないの中身を教えるっていうのは、凛ちゃんの悩みをバラしちゃうのと同じやん?」

穂乃果「そういうものなの?」

希「そういうものや」

希「でもな。それとは別に穂乃果ちゃんと凛ちゃんがもっと仲良くなれるおまじないくらいなら教えることは出来るよ」

穂乃果「凛ちゃんともっと仲良く!?やるやる!」ガタッ

希「ふふ、そんなにがっつかんでもおまじないは逃げないって」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/08(火) 23:39:49.76 ID:PyDPG6fZ0
穂乃果(…って感じでおまじないを試してみたのはいいけど、コレ本当に効果あるのかなぁ)

ドンッ

穂乃果「あいたっ!す、すいません!余所見してまし…」

ダンボール「その声は穂乃果ちゃん?」

穂乃果「…おかしいな。私に喋るダンボールの知り合いは居なかったハズだけど」

ダンボール(凛)「凛だよー!先生に運んでおいてって頼まれちゃって」

穂乃果「女子高生に前が見えなくなるほどのダンボールを運ばせる先生って…」

ダンボール(凛)「大丈夫だよ!凛、力持ちだし!」

穂乃果「………」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/08(火) 23:50:32.65 ID:PyDPG6fZ0
凛「穂乃果ちゃんありがと~」

穂乃果「いいっていいって。あんな状態で歩いてたら危ないし」

凛「…やっぱり穂乃果ちゃんは優しいにゃー」ボソッ

穂乃果「え、いま何か言った?」

凛「なんでもないにゃー。さ、倉庫に着いたよ」

穂乃果「うん。コレはどこに置けばいいの?」

凛「こっちだよー」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/08(火) 23:58:17.74 ID:PyDPG6fZ0
穂乃果「この倉庫、結構広いね」

凛「ねー。ここからだと入り口も見えないよ…あっ、ここに置いとけばいいって」

穂乃果「おっけー。…よいしょっと」

凛「任務完了だね!」

穂乃果「うん!じゃあ戻ろっか」

凛「…あれ?」

穂乃果「どうしたの?」

凛「穂乃果ちゃん…入ってきた時にドア閉めた?」

穂乃果「ううん。ダンボール持ってたから開けっ放しで入ってきたよ」

凛「そんな…じゃあ、まさか…」

穂乃果「嘘…」

凛「凛達、閉じ込められちゃったよ!」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/09(水) 00:21:04.65 ID:9QWWeBNb0
凛「うぅ…今日はこのあと休講だからいいけど、その後も助けが来なかったら…」

穂乃果「ホント!?私も次は休講だから凛ちゃんとここでゆっくり出来るね!」ギュッ

凛「ほ、穂乃果ちゃん!いきなり抱きついたらあぶな…にゃあっ!?」

ドサッ

穂乃果「………」

凛「イタタ…穂乃果ちゃんどうしたにゃ?」

穂乃果「………」ジーッ

凛「な、何か喋ってよ!怖いよぉ…」

穂乃果「はむっ」パクンッ

凛「にゃ…っ」ゾクゾクッ
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/09(水) 00:39:18.03 ID:9QWWeBNb0
穂乃果「ねぇ、なんで凛ちゃんの耳はそんなに甘いの?」

凛「それは…言えないよ…」

穂乃果「…ふぅん」ペロッ

凛「ひっ…!」ビクンッ

穂乃果「教えてくれないと、凛ちゃんの耳…もっとイジメちゃうよ?」ペロペロ

凛「うぅ、ダメだって…ひゃっ!」

穂乃果「それとも…耳以外のところもイジメてほしい?」

凛「わ、わかったよ!話すから…」

穂乃果「そう言ってくれると思ってたよ」ニコッ
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/09(水) 00:43:21.89 ID:9QWWeBNb0
凛「実は凛ね、昨日希ちゃんにあるおまじないを教えて貰ったんだ」

穂乃果「やっぱりおまじないだったんだ。…それで、おまじないってどんなのだったの?」

凛「それはね…凛を好きな人が耳を舐めると甘く感じるおまじない」

穂乃果「…へ?え、ちょっ、えぇっ!?本当に!?」

凛「…うん」

穂乃果「ってことは…うわー。バレちゃったんだー」

凛「ごめんね。でも、凛は穂乃果ちゃんの気持ちが知りたくて」

穂乃果「んっ?」

凛「凛は…凛はね…」グイッ

チュッ

穂乃果「!?」

凛「…ぷぁっ。中学の時からずっと、穂乃果ちゃんのことが好きだったんだよ?」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/09(水) 00:56:15.44 ID:9QWWeBNb0
穂乃果「……っ!」

ドンッ

凛「あっ…」ドサッ

穂乃果「………」

凛「穂乃果ちゃん…?」

穂乃果「ズルいよ。凛ちゃん」

凛「えっ…」

穂乃果「私だってずっと凛ちゃんのこと好きだったんだよ?」

穂乃果「でも、私のことを姉妹みたいに慕ってくれる凛ちゃんだから…だからこそ言えなかった」

穂乃果「もし断られてその関係が壊れちゃったら私、きっと立ち直れなくなっちゃうから…」エヘヘ

凛「…ごめんね。凛、全然気づけなくて」

穂乃果「それはお互い様だよ」

穂乃果「でも、今なら言える。これまで言えなかった分までいっぱい…」

穂乃果「好きだよ。凛ちゃん」

凛「穂乃果ちゃん…」

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/09(水) 01:08:24.64 ID:9QWWeBNb0
凛「あのね…」キュッ

穂乃果「ん、どうしたの?」

凛「凛、穂乃果ちゃんになら何されてもいいよ…?」

穂乃果「!?」

凛「だから…凛の初めて、穂乃果ちゃんに…」

穂乃果「ストーップ!」

凛「えっ…」ビクッ

穂乃果「ダメだよ凛ちゃん。初めてはこんなところじゃなくて…」チュッ

凛「んっ…」

穂乃果「もっとちゃんとした所でしよ?」

穂乃果「凛ちゃんの…ううん。私達の大事な初めてなんだから」

凛「穂乃果ちゃん…」

凛「…そんなロマンチックなこと言うなんて、らしくないにゃー」

穂乃果「凛ちゃんは私を何だと思ってるのかな?」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/09(水) 01:21:58.15 ID:9QWWeBNb0
~~~

穂乃果「はぁ~。なんか今日は大変な1日だったねぇ」

凛「でも、たまたま通りかかった希ちゃんが開けてくれてよかったにゃー!」

穂乃果「そうだねー」

凛「あーっ!!」

穂乃果「わっ!どうしたの!?」

凛「忘れてたにゃ!今日は家に誰もいないから凛がご飯作らなきゃいけないんだった…」

凛「カップラーメンも切れてた気がするし、どうしよう…」
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/09(水) 01:33:55.05 ID:9QWWeBNb0
穂乃果「………」ジーコジーコ

穂乃果「…あっ、もしもしお母さん?今日、友達の家に泊まってくねー!じゃ」ガチャン

穂乃果「と、いうわけで…もう大丈夫だよ。凛ちゃん!」

凛「穂乃果ちゃん料理できるの!?」

穂乃果「任せて!私、こう見えて晩御飯くらいなら作れるから」

穂乃果「それに…」

凛「?」

穂乃果「凛ちゃんの家で昼間の続きもしたいしね」

凛「ふぇっ!?そ、それは…」

穂乃果「嫌?」

凛「嫌…じゃないよ」カアァッ

穂乃果「そっか!よかった」ニコッ

穂乃果「それじゃ、スーパーで食材買って帰ろっか」

凛「…うんっ!」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/09(水) 01:42:06.63 ID:9QWWeBNb0
時は遡り、その日の昼休み

花陽「うぅ…」ソワソワ

真姫「どうしたのよ花陽。珍しく落ち着きないわね」

花陽「うん…実は凛ちゃんと穂乃果ちゃんに言わなきゃいけないことがあるんだけど、なかなか言い出せなくて」

真姫「凛と穂乃果に?へぇ、何かあったの?」

花陽「実はね…」

真姫「実は?」

花陽「凛ちゃんを起こしに行った時に、食べてたおにぎりに入ってたハチミツ梅を凛ちゃんの耳に落としちゃって…」

真姫「…はぁ?」


ー完ー
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/09(水) 01:45:11.54 ID:9QWWeBNb0
終わりです
途中順番間違えてしまってすいませんでした

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「sweet & sweet Rin's ear」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「sweet & sweet Rin's ear」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。