真姫「ジャッジメント」

シェアする

真姫-アイキャッチ7
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:31:42.10 ID:GJiJJ/oc0
真姫「死神のkiss」


真姫「ただいま~」

ことり「あ~♪お帰りなさ~い♪」

ことり「毎日お疲れ様♪」

ことり「ご飯にする?お風呂にする?それとも・・・わ・た・し?」

真姫「えっと、まずお風呂に入って、ご飯食べて、そしたらことりをいただこうかしら」

ことり「いやぁ~んエッチぃ~♪」

ことり「じゃあバック渡して?お着替えタ~イム♪」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1376929901

元スレ: 真姫「ジャッジメント」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:32:52.33 ID:GJiJJ/oc0
ことり「はい真姫ちゃん、お手てちょっと下げて?」スルーッ

ことり「わぁお、透けブラ!」

真姫「何言ってんのよ。いっつも直に見てるでしょ」

ことり「そうだね。じゃあYシャツも」スルーッ

ことり「!?」

真姫「どうしたのことり?止まっちゃって」

ことり「は、ははは・・・あははは・・・」

真姫「ナニヨー」

ことり「うーん、あの・・・真姫ちゃん・・・?」

真姫「だからなに?どうしたのよ?」

ことり「あの・・・死神にでもとりつかれちゃったの?」

真姫「はぁ?」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:33:22.64 ID:GJiJJ/oc0
ことり「そうだよね、たぶん、そう、へんなことはないよね」

真姫「何言ってんの?」

ことり「あははー、でもね、うん、まさかね」

真姫「ことり、全く話が通じないんだけど?」

ことり「まだわからないのかしら・・・」

真姫「もう!はっきり言いなさいよ!」

ことり「とぼけないで」

ことり「首の傷は何よ!」

真姫「!?」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:34:46.23 ID:GJiJJ/oc0
その言葉に”虚”をつかれたような気がした。まさかと思いながら苦笑いをする。無意識に・・・
「目をそらすのは何故なの?」
鏡の前で立ちすくんでいる私の瞳に映る”死神のkiss”と言えるべき逃げられない、
消えることのない証拠

・・・

穂乃果「あー!真姫ちゃんだー!」

穂乃果「おーい!真姫ちゃ~ん!」

絵里「あら真姫。久しぶりじゃない」

真姫「ホント、久しぶりね」

穂乃果「わぁ~偶然だね!今日はお仕事どうしたの?」

真姫「実は凄く早上がりしてね。今帰るところだったの」

絵里「そうなのね。そうだ!真姫、今からちょっと暇?」

真姫「暇ね。いつもより3時間くらい早く上がったの」

絵里「ちょっと私達の家に寄っていかない?久しぶりに一緒に飲みましょう」

穂乃果「賛成さんせーい!真姫ちゃん来てくれるよね!?」

真姫「いいわよ。ことりに心配される前に帰してくれればね」

絵里「もちろん!」

穂乃果「あつあつですな~」

真姫「あんた達には負けるわよ」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:35:36.20 ID:GJiJJ/oc0
穂乃果と絵里の家

ほのえりまき「かんぱーい!!」

穂乃果「うん!今日もお酒がうまい!」

真姫「あれ?穂乃果お酒飲めるようになったの?」

絵里「全然ダメよ。すぐべろんべろんに酔っちゃうの」

真姫「やっぱりね」

穂乃果「ちがうもん!酔ってないもん!」

真姫「すでに酔ってるときのテンションだけど」

絵里「いつものことよ」

絵里「これはただのお酒じゃなくてロシア製のお高い奴よ。気に入ってくれた?」

真姫「くぅ~、市販の奴とは違うわね」

絵里「うふふ・・・」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:36:26.68 ID:GJiJJ/oc0
一時間経過

穂乃果「それでぇ!ほのかはぁ!こういってやったのぉ!」

真姫「あぁー」

絵里「真姫、顔真っ赤」

真姫「最近全然飲んでなかったからぁ・・・」

絵里「そうなの?うふふ・・・」

絵里「じゃあそろそろshow timeといきましょうか?」

真姫「はぁ?」

とけるほど、甘い香りがたちこめる部屋

穂乃果「あぁ~、今日は早いね~♪」

絵里「スペシャルゲストもいるわよ」

穂乃果「そうだねぇ~、真姫ちゃん!たのしもっ!」

真姫「何が始まるのぉ?」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:37:16.68 ID:GJiJJ/oc0
絵里「ふふふ・・・真姫?」

真姫「何?エリー」

チュッ チュパ

絵里はいきなり舌を絡めるキスをしてきた

真姫「うぅ・・・うん・・・チュ・・・」

穂乃果「ほぉ~、これが真姫ちゃんの・・・」ムニムニ

穂乃果は私の胸を揉む

真姫「はぁ・・・はぁ・・・な、なによ!?」

穂乃果「怒らないの♪」チュー

今度は穂乃果とディープキス

絵里「真姫・・・たまには良いでしょ・・・?ことりにはな・い・しょ♪」

絵里が耳元でエロく囁く。理性を曇らせるワナを仕掛けてくる。悪い癖が出て来そう
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:37:54.80 ID:GJiJJ/oc0
真姫「あ、あぁぁぁん///もっと!もっとぉ!///」

求めれば求めるほどに酔いしれてしまう

穂乃果は私のアソコを舐める。絵里は私の胸を吸う

真姫「あっ、あんっ!イク!イッちゃう!///」

私は絶頂を迎える。

穂乃果「真姫ちゃんもうイッっちゃったのぉ?」

絵里「真姫・・・」チュー

穂乃果「もう1ラウンド行っちゃうよー!」

もうキスなんて気にも止めなかった。私は”傷跡”に気付かなかった
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:38:44.67 ID:GJiJJ/oc0
・・・

まだ見ない、まだ見えぬ未来、想像もつかぬ未来

そこには何がある?天使が出るか、鬼が出るか、蛇が出るか

強がれば強がるほどに見透かされてしまう

切り札を出して逃げることはできないの?

真姫「あっ、いや、あの、ほら!お昼にね!明太子!食べたの!」

真姫「会社でお化粧してるときね!口紅を落としちゃったの!何回も!」

苦しいいい訳を繰り返す。恐らく理解はしてくれない

ことり「そうなの・・・」

そう言い、ことりは静かになった。でも、それはただの嵐の前の静けさだった
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:39:38.27 ID:GJiJJ/oc0
・・・

私はただ何もできない人形のよう

弄ばれるのは慣れてるけどマゾじゃない

だけど、ことりを止められない

ことり「」クチュクチュクチュクチュ

真姫「あああぁぁぁぁぁぁ!!!ダメーーー!!!!」プシャー

真姫「ああっ!!はぁ・・・はぁ・・・」ビクビク

ことり「うわぁ~、もう5回目なのにいっぱいでたねぇ」

ことり「でもまだ出るよね?」クチュクチュ

真姫「あああぁぁぁんんん!!ダメ!ダメだってぇぇぇぇ!!!」

私はベッドに両手両足を縛られて身動きが取れない

もう5回も絶頂を迎えた。何度も潮を吹いた。それなのに、ことりは止まらない

ことりも疲れたのだろう。何度も手を入れ替えて弄る
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:40:47.39 ID:GJiJJ/oc0
真姫「あっ、あっ・・・あっ・・・」ビクビク

目の焦点が合わない。アヘ顔になっていることが自分でもわかる

ことり「」トコトコ

ことりは私を拘束したまま何も言わず部屋を出る

私はことりにイかされてるときに正直に話した

穂乃果と絵里に会い、気付いたらエッチなことをしていたと

ことりは「ふーん、そっか」と言って指を動かし続けた

真姫「はぁ・・・はぁ・・・」ビクッ・・・ビクッ・・・

まだ落ち着かない。こんなの初めてだ

いつもことりとやるときは多くても2回イッたら終わる

もちろん拘束なんかせず、二人で楽しくエッチをする

変なビデオとかで見る本格的な拘束具が私を縛り付けていた

いつの間にこんなの買ったんだことりは・・・
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:41:27.73 ID:GJiJJ/oc0
真姫「!?」

ことりが戻ってきた。テレビでお笑い芸人がしているようなSM女王様の格好で

手にはろうそくと鞭を持っていた

真姫「こここ、ことり?何それ?」

ことり「今から貴方はブタです。それも醜いブタです」

真姫「な、何言ってんのよことり」

ことり「ブタの分際で喋れると思ってるの!?」バチーン

真姫「いったーーーーーー!!!!!」

ことり「全く、ブタが女王様に向かって口出しとはどういうおつもり!?」バチーン

真姫「ひいぃぃぃぃぃぃん!!!」

ことり「ブタはブヒブヒ言ってればいいのよ!」バチーン

真姫「痛いいいいいいいいい!!!!!!」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:42:06.54 ID:GJiJJ/oc0
ことり「全く・・・このブタは本当に醜いブタですね!」

真姫「こ、ことり、あの、私はマゾじゃないのよ?ことりも知ってるでしょ・・・?」

ことり「ブタはブヒブヒとしか言いません!」バチーン

真姫「いいいぃぃぃぃぃぃ!!!!!」

真姫「ぶ、ブヒ!ブヒブヒ!」

ことり「そうそうそれで良いのよ醜いブタちゃん」

真姫「・・・・・・」

真姫(全くよくない!)
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:42:43.61 ID:GJiJJ/oc0
ことり「さーて、醜いブタちゃんはろうそくでお仕置きしようかな」

真姫(えっ!?いやいやいや嘘でしょ!?)

ボウッ

ことり「うぅ~ん綺麗な炎♪」

真姫(どうしよう・・・何か喋ったら鞭で叩かれるし、でもあんな熱そうなの多分耐え切れない!)

真姫(確かに悪いのは私だけどあれはさすがにやりすぎよ!)

真姫「ブヒ!ブヒブヒブヒブヒ!」

真姫(これで何とか気を引いて)

ことり「うるさいブタさんですね!」バチーン

真姫「ブヒィィィィィィ!!!」

真姫(逆効果だった!)
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:43:47.76 ID:GJiJJ/oc0
火の点いたろうそくが真姫のお腹の上に用意される

ことりはろうそくを傾け、蝋が早く落ちるようにしている

真姫(やばい!そろそろ垂れちゃう!さすがにこれはまずいって!)

真姫「ことり!お願い!今日のことは謝る!もう二度と他の女と会わないって約束する!」

真姫「ことりがして欲しいことなんでもしてあげる!だからお願い!もう止めて!」

ことり「ふ~ん、なんでもねぇ~」

真姫(やった!やっと話が通じた!)

真姫「もう二度と他の女に欲情しないって誓う。私に必要なのはことりだけ」

真姫「だから・・・ね?もうやめましょう」

真姫「ほら、ことりも気持ちよくなりたいでしょ?いつもみたいに・・・しよ?」

ことり「なんでもするって言ったよねぇ?」

真姫「ええ。なんでもしてあげるわ。だからさ、これ、外して?」

ことり「じゃあドMな真姫ちゃんの可愛い反応を見せて?」

真姫「えっ・・・?いやだから、私はマゾじゃ・・・」

ポタッ

真姫「あつぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!!」



真姫「死神のkiss」 完
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:46:27.18 ID:GJiJJ/oc0
真姫「more deep」


真姫「私と踊らない?」

その魅惑なタンゴに惹かれた・・・私の鼓動を高めてね

自分よりも小さな身体の年上の腰に手を回し、優雅にステップを踏む

ダンスなんてただの幻想。重要なのは終わった後

ダンス中に耳元で囁く。ツインテの小さな先輩は軽く頷く

一夜限りのロミオとジュリエットを演じるのもそう悪くない

夜が明けるまで柔らかなベッドの上でどうかしてる私を貴方は抱き上げて

甘い言葉で偽りの愛を語り、そして愛し合う

貴方を舐めるこの舌触り。とろける為の愛を一雫・・・

狂おしいほどの闇の中

真姫「溶け合いましょう。私と二人で・・・」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:47:08.36 ID:GJiJJ/oc0
にこ「踊り疲れたね・・・?」

真姫「眠る?」

にこ「また淫らに?それじゃ変わんないね」

真姫「これ飲んで」

喉をお潤す熱いワインが貴方をまだまだ熱くさせる

腰にまわした妙な指先

真姫「感じるままに静かに・・・」

激しく

奇妙なコミュニケーションをとる
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:47:39.76 ID:GJiJJ/oc0
翌日・朝

ことり「んんー?真姫ちゃんもう出るの~?」

真姫「ええ。また今日も帰り遅くなると思うから」

ことり「うん。わかった。いってらっしゃい♪」

ベッドで裸のことりに言われる。私は無言で家を出る
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:48:43.24 ID:GJiJJ/oc0
夕方・ホテル

真姫「チュー・・・チュッチュッ」

絵里「あんっ・・・真姫・・・そ、そこは・・・///」

血が騒ぐ

寝かしつけたはずのもう一人の私が言う「乱れた姿が見たい」

今日もまた違う誰かの手を引いて「私と踊りましょう」

絵里「まっ、真姫・・・!あっあっ・・・ダメ・・・イク・・・!」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:49:40.50 ID:GJiJJ/oc0
絵里「はぁ・・・はぁ・・・」

絵里「何でそんなに上手いのよ・・・」

絵里「ことりとやってそんなに上手くなったの?」

真姫「まぁそんなところね」

絵里「ふ~ん・・・」

絵里「何人目なの?」

絵里「怒らないから教えてみて?」

真姫「・・・・・・」

絵里「黙ってないで答えてみて?」

絵里「答えないと・・・」

絵里「意地悪・・・するわよ・・・」ボソッ

絵里は耳元でエロく囁く

勘違いするなこの女

今だけなのに

愛し合うのは・・・
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:51:21.55 ID:GJiJJ/oc0
夜・自宅

ことり「お帰り真姫ちゃん♪」

ことり「お風呂にする?ご飯にする?それとも・・・わ・た・し♪?」

ことりにそっと近づき、腰に手を回す

真姫「ことりが・・・いいかも」

チュッチュッチュー

ことり「もう・・・真姫ちゃんのエッチ♪」

ベッドが軋む

ことり「真姫ちゃん・・・?」

ことり「真姫ちゃんが世界で一番好きな人は誰?」

真姫「勿論ことりよ」

真姫「私が愛してるのはことりだけ」

ことり「えへへ・・・真姫ちゃん大好き♪」

チョロい

ことりが私の本性を知ったらどうなるか。気を失って倒れるかもしれない

今夜もまた、自分だけを愛していると思っていることりを抱いて朝を迎える

最低だって?好きなだけ言いなさいよ。私の性格は・・・



真姫「more deep(深くよりも多く)」 完
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:52:09.57 ID:GJiJJ/oc0
真姫「ICE」


ふと目が覚めれば真っ白で何もかもが遠くに見える

ここはどこ?なぜ私が寝てるの?なぜ君が泣いているの?

寒すぎて”氷”そうだよ・・・動けない何もできない

もし君が私の知らない誰かと唇を重ねても

愛し続けてくれるなら歪みの中にいても君を救うつもり

どこにも属さない孤独の中でも・・・

あなたを「愛し続けるわ」なんてそんなセリフも偽りに変える

それが・・・この世界・・・
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:53:16.54 ID:GJiJJ/oc0
ことり「たすけて・・・たすけて・・・」

ことりは衰弱し切っている。助けを呼ぶ声も小さくなっていく

ねぇことり?私のことを愛してくれる?

ことり「うん・・・愛するよ・・・だから・・・たすけて・・・」

わかったわ。大丈夫よことり。安心して?

ことりを守る瞳じゃなくて、冷たい”氷”のまなざしで

鎖の外れた子猫のようなことりをただ見つめている

この意味がわかっているのか?悪戯が過ぎるんじゃない?

体の安売りも程々に・・・大丈夫。私は貴方のそばにいる
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:54:00.62 ID:GJiJJ/oc0
貴方の涙はもう流れはしない

これで貴方の傍にいられなくなる

これでもう、後は、消えてなくなるしかない

生々しく過激な現実が

私を引き止めて逝かせてはくれない・・・

恨まないでね・・・

私をこんな風にした

貴方が悪いんだから・・・

氷の世界の中を彷徨う私は闇を一人

勢いと激しさを増した向かい風の中を・・・
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:55:21.79 ID:GJiJJ/oc0
「速報です」

「今日未明、東京都千代田区で一週間前から行方不明になっていた二名の女子高生が発見されました」

「内、一名は死亡が確認され、もう一名は衰弱しきっているとのことです」

「この事件は一週間前、突然の二人の女子高生の失踪から始まりました」

「警察や関係者が必死に捜索したものの、発見には至らなかったということです」

「ですが今日、警察が空き家で倒れている二名を発見し、通報しました」

「空き家はドアや窓に内鍵がかかっている状態でした」

「彼女達は拘束をされているわけでもなく、逃げようと思えば逃げれる状態だったと予想されます」

「空き家に犯人からと思しき資料は発見されませんでした」

「彼女達は本当に監禁されていたのでしょうか?それとも別の何かの事情があったのでしょうか?」

「謎が謎を呼ぶ事件となっております」

「警察は誘拐事件として捜査を続行すると発表がありました」

「次のニュースです・・・」



真姫「ICE」 完
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:55:54.36 ID:GJiJJ/oc0
真姫「Lady」


なんなのよもう、いつもすました顔しちゃって!

何もいえない私は心の中でそう叫ぶ。だけど・・・

甘いkissに勝てないよ・・・

ことり「真姫ちゃん?ことりは真姫ちゃんが一番だよ?」

能書きはしつこくたれやがって!

そのセリフにももう飽きたわよ

まあいいや。騙されるのも悪くないわよね?

今夜も貴方と満足な愛を・・・
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:56:35.40 ID:GJiJJ/oc0
また他の女に愛想振りまいちゃって

別にすねてるわけでもない。ジェラシーなんて感じるわけない

聞こえてないの?浮かれちゃって!

とにかくkissの続きがしたいだけ・・・!?

ことり「穂乃果ちゃ~ん♪」チュッ

穂乃果「あー!ことりちゃんやったなー!」チュッチュー

ことり「海未ちゃんもおいで?」

海未「も、もう!ことりは仕方ないですね!」ウキウキ

真姫「」イラッ

いい気になってんじゃないわよ

久しぶりに再会したからって浮かれちゃってさ!
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:57:29.29 ID:GJiJJ/oc0
絵里「それにしてもことり。本当に美人になっちゃって・・・」

ことり「えへへ・・・絵里ちゃんもだよ?」

八方美人?笑わせやがって!

周りの奴らにチヤホヤされるのもまぁ、今の内だから

ことり「絵里ちゃんの唇の味はどうかな~?」

絵里「全く///少しだけよ?穂乃果が拗ねちゃう」

もういいでしょ?イラつかせやがって!

私の視界でイチャつかないでよ!

ことりがその気ならいいもん!

今夜は誰と満足な愛を?
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:58:03.95 ID:GJiJJ/oc0
ことり「んっ・・・?えへへ♪」ウインク

あぁ・・・時折見せるその笑顔がLady

あの笑顔だけで自分のものにしたくなる私が怖くなる

真姫「ことり・・・」

ことり「真姫ちゃん・・・」

さぁ今すぐここに跪きなよ

もう無駄な抵抗は止めて今すぐ恋に落ちて
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 01:59:20.60 ID:GJiJJ/oc0
あぁ・・・お願いよそ見しないでよLady

もうわかるでしょ?”百戦錬磨”面倒なことはやめましょうよ?

さぁ今すぐここにkissして?

もう邪魔なものは全て捨てて今すぐ私に溺れて

それだけじゃ満足できないの

私だけを見て

私に依存して

私を堕とした罪は重いわよ・・・

ねぇ?私のLady



真姫「Lady」 完

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「ジャッジメント」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「ジャッジメント」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。