絵里「凛って多分……>>3よね」

シェアする

絵里-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 17:24:09.91 ID:OhdKiI7u.net
凛「えーっ、そんなことないにゃー」

元スレ: 絵里「凛って多分……>>3よね」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 17:26:49.87 ID:mtVXYGRl.net
ガチレズ
5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 17:35:32.62 ID:OhdKiI7u.net
絵里「花陽の事はどう思う?」

凛「かよちん?かよちんは凛にとって一番大切な友達でかよちんの為なら凛なんだってできるにゃ
かよちんってば小さい頃から凄く可愛くて凛ホントにこんな可愛い子と友達でいいのかなって思ったりもしたにゃ
ほら凛って女の子っぽくないからすっごく女の子っぽいかよちんと友達になるとかよちんまでからかわれそうで心配だったんだにゃ
けどかよちんはそんな事全然思ってなくて寧ろ凛n『ストップストップ!!わかった、わかったから!』」

凛「……とまあ、だから凛はガチレズなんかじゃないにゃ!」

絵里「(おもいっきりそうとしか思えないのだけど……)」

絵里「……まぁいいわ。それより他の皆はどうしたの?」

凛「うーん……わかんない!……あっ、でも穂乃果ちゃんは>>8って言ってたよ」
8: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 17:42:26.79 ID:wYoBURN7.net
凛ちゃんにはまだ早い
9: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 18:16:14.25 ID:OhdKiI7u.net
凛「凛ちゃんにはまだ早いって言ってたにゃ、一体どういう事なんだろう?」

絵里「(ちょ、ちょっと穂乃果一体どういう事よ!凛にはまだ早いって……あなた何してるのよ!?)」

絵里「そ、そう……と、とりあえず穂乃果の事は私が探すから気にしなくていいわ」

凛「そうなの?わかった!」

絵里「(凛にはまだ早い事って……ううん、ダメよエリチカ、落ち着きなさい、穂乃果がそんな事するはずないわ)」

絵里「じゃあ絵里ちゃんが穂乃果ちゃんを探しに行ってる間凛は>>12をしとくにゃ!」
12: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 18:20:32.94 ID:8+HyfzKL.net
かよニー
13: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 18:25:54.06 ID:OhdKiI7u.net
凛「かよニーでもして時間を潰しとくにゃ!」

絵里「」

凛「??どうしたの絵里ちゃん?」

絵里「い、いえ……なんでもないわ(もうツッコむのはやめとこう……)」

凛「全く、凛の事ガチレズとか言ったり絵里ちゃんさっきから変だにゃ」

絵里「(今のあなたの方が変よ!!)」

凛「絵里ちゃんはさっさと穂乃果ちゃんを探すといいにゃ、凛はかよニーで忙しいんだにゃ」

絵里「え、えぇ……その、ほどほどにしときなさいよ……」
14: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 18:29:30.97 ID:OhdKiI7u.net
…………

……



絵里「さて……穂乃果を探さないとね」

絵里「全く穂乃果は一体何をしているのよ……凛にはまだ早いって……」

絵里「……まぁ、あの凛を見てると別に早くとも……いえ、なんでもないわ」

絵里「とりあえず探しにいかないと……>>17から探しましょうか」
17: 名無しで叶える物語(かぶらずし)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 18:31:49.99 ID:8+HyfzKL.net
凛の胸
20: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 18:36:25.30 ID:OhdKiI7u.net
…………

……



凛「あっ……んん……かよちん……、かよちん……っ!」

絵里「(少しばかり気になって戻ってきたのはいいんだけど……何よこれ)」

凛「にゃっ……そこは駄目にゃっ!か、かよちんっ……!」

絵里「(これ、バレないようにとっとと退散しないと……って、ん……?)」

絵里「(凛の胸らへんに何かある……?って、え……!?)」

絵里「(り、凛の胸に穂乃果のほのまげが生えてる……!?)」

凛「あぁ……かよちん、かよちん!」

絵里「(凛は全然気にしてないし一体何がどうなってるの!?)」
21: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 18:41:46.22 ID:OhdKiI7u.net
凛「かよちんだめっ……りん、りんもう……っ!」

絵里「(い、いけない……!見ちゃダメなのにそれ以上にほのまげが気になってしまって目が離せない!)」

凛「い、イく……にゃ…っ!!」

絵里「(ほのまげが凛の動きに合わせて揺れてる……)」

凛「ああああああああ!!」

絵里「(今までにない動き……!?お、終わったのかしら……)」

凛「……………」

凛「……>>24
24: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 18:47:53.28 ID:2vUl8IIp.net
ああ、気持ちよかった





ねぇ?絵里ちゃん?
26: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 18:53:23.24 ID:OhdKiI7u.net
凛「ああ気持ち良かった……ねぇ?絵里ちゃん?」

絵里「!?!?」

凛「そこにいるのは知ってるよ?」

絵里「……い、いつから気付いてたの……?」

凛「絵里ちゃんがこっちに来て隠れてた時からずっと気付いてたよ」

凛「けど覗き趣味なんて良い趣味じゃないよ?」

絵里「うっ……た、確かにそうね……」

凛「……まぁ、すぐ離れようと思ったけど離れられない理由があったんでしょ?」

絵里「!」

凛「絵里ちゃんも気になるよね?このほのまげ」

絵里「凛……あなた一体……」

凛「凛は……>>29だよ」
29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 18:55:56.76 ID:6TcPT7N1.net
>>27
27: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 18:55:12.22 ID:6TcPT7N1.net
穂乃果
31: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 19:01:54.01 ID:OhdKiI7u.net
凛「凛は……穂乃果だよ」

絵里「!?」

凛(穂乃果)「騙してごめんね、絵里ちゃん」

絵里「さ、流石に冗談きついわよ……?どこからどうみても凛じゃない……ほのまげ以外は」

凛(穂乃果)「上手く凛ちゃんの体に溶け込めなくてほのまげだけ不自然な形で残っちゃったんだよね」

絵里「ほ、本気で言っているの……?」

凛(穂乃果)「本気だよ。……私は凛ちゃんと体を共有したの。もっとも今は私、穂乃果の人格だけどね」

絵里「(……ダメ、理解が追い付かない、どうなってるのよこれ)」

絵里「なんでこんな事を……?」

凛(穂乃果)「……うん、そうだね。絵里ちゃんなら教えてもいいかな」

凛(穂乃果)「理由は……>>34だよ」
34: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 19:03:14.67 ID:wYoBURN7.net
私の体が瀕死だから
36: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 19:11:21.57 ID:OhdKiI7u.net
凛(穂乃果)「私の体が瀕死だからだよ」

絵里「ど、どういうこと!?」

凛(穂乃果)「そのままの意味だよ。私、ちょっと事故おこしちゃって……気付いたら事故現場辺りでふわふわ浮いてた。」

凛「(穂乃果)「目の前に倒れた私をみつけた時はびっくりしたよ。私死んじゃったのかなって」
そこから救急車が来て自分がまだ死んでないことがわかったんだけど……」

凛(穂乃果)「何故か体に戻れなくてね。私の意識だけがふわふわ浮いた状態で……」

絵里「じゃ、じゃあ穂乃果は今意識不明って事!?病院はどこなの!?」

凛(穂乃果)「……それがわからないんだ。そこからはあまり覚えてなくて……気付いたら近くに凛ちゃんが居たんだけど」

凛(穂乃果)「話しかけようとしても全然気付いてくれないし、凛ちゃんは凛ちゃんでかよニーし始めるしで困ったよね、あはは……」

絵里「(あ、あそこではまだ凛自身だったのね……)」
38: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 19:22:50.15 ID:OhdKiI7u.net
凛(穂乃果)「絵里ちゃんが近くにいるのがすぐにわかって、どうにかして絵里ちゃんに気付かせたかったんだけど
凛ちゃんはかよニーしてるし絵里ちゃんはそれを見ちゃいけないと離れようとしてたから焦っちゃって」

凛(穂乃果)「気付いたら凛ちゃんの体に入っちゃってた。多分そこからほのまげが見えたんだと思う」

絵里「そ、そうだったの……」

凛(穂乃果)「でもおかげでこうして絵里ちゃんと話せるようになったよ」

絵里「なるほどそういう事だったのね……、それでこれからどうするの……?」

凛(穂乃果)「そうだね……一番は自分の体に戻る方法を探す事なんだけど……凛ちゃんにも悪いし」

絵里「戻る方法ね……まずは自分の体を見つける事が先決だと思うわ」

凛(穂乃果)「そう……だね。きっと近くの病院に運ばれたと思うし」

絵里「学校にも連絡が入っていると思うから、理事長に聞けば教えてくれるかもしれないわ」

凛(穂乃果)「うん、さっそく理事長の所に行ってみよっか」
39: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 19:27:37.41 ID:OhdKiI7u.net
…………

……



絵里「失礼します。理事長、少しお話が」

理事長「……何の用かしら?ごめんなさい、今は少し忙しくて……」

絵里「……それは、穂乃果が倒れた事に関係ありますか?」

理事長「な、何故貴方達がそれを……?」

絵里「理由は後です、穂乃果の病院先を教えて下さい!」

凛(穂乃果)「わた……凛からもお願いします!」

理事長「そうね……今は安静にしないといけないから言っちゃダメなんだけど……
貴方達はμ'sの仲間だし……いいわ」

理事長「穂乃果さんは今>>42にいるわ」
42: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 19:29:43.65 ID:6TcPT7N1.net
南家の地下牢
45: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 19:38:00.11 ID:OhdKiI7u.net
理事長「南家……私の家の地下牢にいるわ」

凛(穂乃果)「!?」

絵里「な、何故そんな所に!?どうして病院に連れて行ってないのですか!?」

理事長「それを貴方達に説明する必要はないわ」

凛(穂乃果)「そ、そんな……!それだと穂乃果ちゃんが危険じゃ!」

理事長「いいえ、穂乃果さんは無事よ。命に別条はないわ」

絵里「……本当なんですか?」

理事長「本当よ。私としても穂乃果さんには死んでほしくないからね」

絵里「……どうして、地下牢なんかに……」

理事長「……ごめんなさい、もう話は終わりよ。暫く穂乃果さんには会えないだろうけど……気を落とさないでね」

凛(穂乃果)「そんな!理事長、まだお話が……!」

絵里「凛、ここは一旦引きましょう」

凛(穂乃果)「で、でも!……うん、わかったよ絵里ちゃん」

理事長「(本当にごめんなさい……でも、こうするしかないの。>>48の為には……)」
48: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 19:43:30.03 ID:6TcPT7N1.net
ことりのおやつ
52: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 20:01:06.54 ID:OhdKiI7u.net
理事長「(けれどことり……貴方は本当にこれで良いの?)」

…………

……



ことり「穂乃果ちゃん……事故に合ったって聞いた時は凄くびっくりしちゃたけど……
今の穂乃果ちゃん、凄く綺麗だよ」

穂乃果「…………」

ことり「穂乃果ちゃんはことりのおやつになるの……嫌って言うのかな……それとも喜んでくれるかな?」

ことり「……ふふっ、穂乃果ちゃんの意識が戻っていないのに何一人で喋ってるんだろうね」

ことり「あぁ穂乃果ちゃん……大好きだよ」
56: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 20:10:51.39 ID:OhdKiI7u.net
凛(穂乃果)「ねぇ絵里ちゃん……どうしてさっき大人しく引き下がったの?」

絵里「理事長は悪意があって穂乃果を地下牢に閉じ込めているわけではないのはわかるわよね?」

凛(穂乃果)「う、うん……何だか凄く申し訳無さそうにしてたし」

絵里「ならば考えられる事は一つよ。言いたくても言えない理由があるって事ね」

凛(穂乃果)「言いたくても言えない理由……?」

絵里「その理由についてはまだわからないわ」

絵里「それともう一つ、理事長が本意ではない事をしたとわかる理由があるわ」

凛(穂乃果)「……それが本意ならそもそも何処に私を移動させたかも教えなかった……」

絵里「そういう事ね。とにかくことりの家の地下に向かうわよ」

凛(穂乃果)「あ、うん……!」
58: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 20:19:24.13 ID:OhdKiI7u.net
…………

……



絵里「……所で、今こうやって穂乃果が凛の体を借りている間、凛は何処に居るの?」

凛(穂乃果)「あ、えっとね……凛ちゃんは眠ってる……っていうのかな?反応はないみたい」

絵里「そ、それ……大丈夫なの?凛の意識がどっかいっちゃったら……」

凛(穂乃果)「それは大丈夫だと思う……けど、もし本当にそうなっちゃうなら私が出て行くから大丈夫だよ」

絵里「それじゃ穂乃果が……」

凛(穂乃果)「あはは……あくまで私が凛ちゃんの体借りてる状態だからね。何かあったら私が出て行くのは当たり前の事だよ」

絵里「……そう、ならそうならないように早く地下牢に向かわないといけないわね」

凛(穂乃果)「うんっ!……心配してくれてありがとね絵里ちゃん」

絵里「い、いいわよ別にそんな事!さあ早く行くわよ!」

凛(穂乃果)「はーい♪」
60: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 20:34:30.65 ID:OhdKiI7u.net
…………

……



絵里「さて……着いたわ、ことりの家に」

凛(穂乃果)「今ってことりちゃん居るのかな?居たとしたら私が地下牢に居ること知ってるのかな……」

絵里「どうかしらね……わからない事がたくさんよ全く」

凛(穂乃果)「あはは……とりあえずインターホン鳴らしてみよっか」

絵里「そうね」

…………

……



ことり「うーんまだかなあ?そろそろ目を覚ましてもいい頃だと思うんだけど……」

ことり「ううん、ダメだよことり、穂乃果ちゃんは事故で怪我してるんだから、大人しく待たなきゃ」

ことり「楽しみだね穂乃果ちゃん、意識が戻ったら目一杯ことりのおやつにしてあげるね……♪」
61: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 20:38:49.57 ID:OhdKiI7u.net
ピンポーン

ことり「……?誰か来た……?」

ことり「……ま、いっか。居留守使おう」

ピンポーン

ことり「お母さん……かな?でもまだ帰ってくる時間帯じゃないよね」

ピンポーン

ことり「……うーん、仕方ない出てみよっかな……」

…………

……



ことり『……はい』

絵里「あっ、ことり?私、絵里だけど」

ことり『絵里ちゃん……どうしたの?』

凛(穂乃果)「わた……凛もいるにゃ!」

ことり『凛ちゃんまで……何か用?』
62: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 20:43:50.01 ID:OhdKiI7u.net
絵里「あ、えっと……別にたいした用じゃないんだけど……その、家に入れてもらえるかしら」

ことり『えと……ごめんね、今日ちょっと忙しくて……』

凛(穂乃果)「何かしてるの?」

ことり『あー……うん、その、次のライブの衣装作りをね』

絵里「……穂乃果が事故にあったの」

ことり『え……?』

絵里「理事長から聞いたわ。……ことりの家の地下に居るってことも」

ことり『…………』

絵里「ことり、あなた何か知ってるわよね?開けてもらえるかしら?」

ことり『帰って』

凛(穂乃果)「そ、その言い方はないにゃ!」

ことり『ここには穂乃果ちゃんは居ないよ、そっか、穂乃果ちゃん事故にあっちゃったんだ……なら穂乃果ちゃんが居る病院に行かないと』

絵里「そ、その穂乃果がこの家の地下に居るって理事長から!」
63: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 20:47:01.85 ID:OhdKiI7u.net
ことり『ごめんことりには何のことか全然わからないよ。とにかく帰って。じゃあね』

凛(穂乃果)「ま、待ってことりちゃん!」

絵里「……反応がなくなったわね」

凛(穂乃果)「……そうみたいだね」

絵里「困ったわ……家に入れないんじゃ確かめようがないわ」

凛(穂乃果)「ことりちゃん……本当に何も知らなかったのかな」

絵里「あの様子じゃ可能性としては知ってる確率の方が高いわね……さてどうするか」

凛(穂乃果)「うーん……>>66とか良いと思う」
66: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 20:48:50.34 ID:wYoBURN7.net
かまかける
67: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 21:06:12.80 ID:OhdKiI7u.net
絵里「なるほど、かまをかける……か」

凛(穂乃果)「たださっきの時点で私が地下牢に居る事を伝えちゃったからもう手段が……」

絵里「いえ、まだあるわ」

凛(穂乃果)「え?」

絵里「貴方よ」

凛(穂乃果)「わ、私……?」

絵里「穂乃果、あなたはとりあえず一度凛の体から離れて地下牢に向かう事はできる?」

凛(穂乃果)「え?……う、うん、そうだね、出来ると思う」

絵里「そこでひとまずは本当に地下牢に穂乃果が居るのか、そしてことりがその事を知っているのか確かめて」

凛(穂乃果)「もし地下牢に自分が居て、自分の体に戻れそうなら戻ったほうがいいの?」

絵里「いえ、それはまだダメよ。もし戻ってしまえばことりに何されるかわからないから」

凛(穂乃果)「そ、そっか……」

絵里「穂乃果のするべき事はその2つと、そこでことりが知っていた場合何をしようとしているのかを知る事」

絵里「それを聞いた後また凛の体に戻り、そこで聞いたことを吹っかけてかまをかけてみるの」

凛(穂乃果)「そうすればことりちゃんは何故知っているんだろうって動揺する……」

絵里「そういう事ね」
68: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 21:12:33.04 ID:OhdKiI7u.net
凛(穂乃果)「けど、ことりちゃんが知らなかった場合は……」

絵里「……少し荒業だけど一度ことりに乗り移って地下牢に移動、そこでことりから離れれば嫌でも穂乃果が倒れている所を目撃するわね」

凛(穂乃果)「そうすれば地下牢に居るという事を知っていた私達にどうなっているのか聞きにくる……って所かな」

絵里「そなるわね。まぁもっとも、そもそも穂乃果が地下牢に居ないとなれば話は全て振り出しに戻るのだけどね……」

凛(穂乃果)「……とにかくまずは行ってみるしかなさそうだね……」

絵里「えぇ。……頑張ってね、穂乃果」

凛(穂乃果)「任せて!それじゃあ行ってくるねっ」

凛「…………」フラッ

絵里「っと……行ったみたいね。というか凛が目を覚ましたらどう説明しようかしら……」
70: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 21:21:24.30 ID:OhdKiI7u.net
穂乃果『うー、やっぱりことりちゃんの家は広いなあ……ことりちゃんはどこにいるんだろう』

穂乃果『ここにもいない……ここにもいない、あっちにもいない……』

穂乃果『おかししなあ、絶対居るはずなんだけど……あれ?この部屋、何か雰囲気が違うような……』

穂乃果『……やっぱり、ここ、地下牢がある部屋だ』

穂乃果『という事はことりちゃんも……ちょっと怖いけど行くしかないみたいだね』

…………

……



ことり「あのね穂乃果ちゃん、さっき絵里ちゃんと凛ちゃんがきたよ」

ことり「二人とも、穂乃果ちゃんが事故に巻き込まれたこと知ってたみたい。……おまけに穂乃果ちゃんがここにいることも」

ことり「お母さん、何で言っちゃったのかなあ。まあ無理やり追い払ったからいいんだけどね」

ことり「けど、あの時の凛ちゃん何か様子が変だったような……まるで穂乃……ううん、そんなわけないよね」
71: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 21:32:29.66 ID:OhdKiI7u.net
穂乃果『……やっぱり、ことりちゃんは私がここにいることを知ってた』

穂乃果『でもそれなら何で私をここに閉じ込めるの……?私、ことりちゃんがしたい事全然わからないよ……』

ことり「あっ、そうだ穂乃果ちゃん、ことりのおやつにするために色々と準備しなきゃダメだよね」

穂乃果『ことりのおやつ……?』

ことり「ごめんね、すっかり忘れてたよ。えへへ、これじゃ穂乃果ちゃんの親友失格だね」

穂乃果『ことりのおやつって何なの……?』

ことり「早く目を覚ましてね、穂乃果ちゃん。待ってるからね」

穂乃果『ことりちゃん……』
72: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 21:38:46.83 ID:OhdKiI7u.net
絵里「……暇ね」

絵里「凛はまだ眠ったまま……起きる気配もないし」

絵里「気を失っている凛を抱えながら外で待機してる私」

絵里「……完全に不審者ね」

絵里「あぁ、早く帰って来て穂乃果……!」

凛「ん……んん」

絵里「!!」

凛「絵里……ちゃん?」

絵里「(え、まって、これどっち?どっちなの?凛?穂乃果?)」

目を覚ましたのは凛か穂乃果か>>75
75: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 21:40:43.15 ID:K1RzoiLQ.net
77: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 21:53:01.14 ID:OhdKiI7u.net
凛「絵里ちゃん穂乃果ちゃん探しにいったんじゃ……って、あれ?ここどこだにゃ?」

絵里「(こ、この反応凛だわ……まずい事になったわね)」

絵里「え、ええと……あの後穂乃果を探しに行ったんだけど見つからなくって……戻ったら凛が倒れてたの」

絵里「そ、それでこのままじゃダメだと思って凛を担ぎながら病院にって……」

凛「…………」

絵里(流石に無理がありすぎるわよこの言い訳!何言ってるのよ私は!)」

凛「なんだそうだったんだにゃ、ごめんね無理させちゃって!」

絵里「(信じた!?)」

絵里「え、えぇ……いいのよ別に、とりあえず何も心配する事はなさそうね……」
78: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 21:58:15.61 ID:OhdKiI7u.net
凛「うんっ、凛はもう大丈夫だにゃ!だから帰るね!」

絵里「え!?ちょ、ちょっと待っ『まったねー!』」

絵里「……マズイ事になったわ」

…………

……



穂乃果『あれから色々ことりちゃんがやろうとしている事を聞いたよ』

穂乃果『ことりちゃんは私をここから出す気はないみたいだね……』

穂乃果『ことりのおやつっていうのがどういう事なのかは最後までわからなかったけど……』

穂乃果『……うん、そろそろ戻ろうかな』

穂乃果『……ことりちゃん、また後でね』
79: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 22:04:11.74 ID:OhdKiI7u.net
穂乃果『戻ってきたのは良いものの……これは一体どういう状況なんだろう』

絵里「あぁ困ったわどうしよう凛は目覚めて帰っちゃってこれじゃ穂乃果が戻ってわからないしそもそも穂乃果が借りる体がないしああどうしよう」

穂乃果『あ、凛ちゃん目覚めたんだね……良かった。意識はちゃんとあったみたいだね』

穂乃果『でもどうしよう、これじゃ絵里ちゃんと意思疎通出来ない……なにかよい方法は……』

絵里「あぁ、何か良い方法はないかしら……」

穂乃果『……こうなったら、>>82をするしかないみたいだね』
82: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 22:09:43.67 ID:lKnLY4MY.net
絵里の中に入るしかないでしょこれ
86: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 22:16:50.19 ID:OhdKiI7u.net
穂乃果『……ごめんね絵里ちゃん!』スッ

絵里「……え?な、なに!?」

絵里「…………」

絵里(穂乃果)「……ふぅ」

絵里(穂乃果)「ごめんね絵里ちゃん、体借りるね」

絵里(穂乃果)「ことりちゃんとの話し合いが終わったら必ず返すね」

絵里『ちょっと穂乃果急に中に入ってこないでよ!』

絵里(穂乃果)「え、絵里ちゃん!?何で意識が!?」

絵里『え?……あ、あぁ、そういえばそうね。何で私意識あるのかしら』

絵里(穂乃果)「凛ちゃんの時は何度呼びかけても意識戻らなかったのに……」

絵里『ま、まあ細かい事は良いじゃない。それでどうだったの?』

絵里(穂乃果)「あ、うん……えっとね」

…………

……

87: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 22:22:31.05 ID:OhdKiI7u.net
絵里『そう……やっぱりことりは知っていたのね』

絵里(穂乃果)「うん、そうみたい。絵里ちゃんはことりのおやつって何かわかる?」

絵里『うーん……ごめんなさい、わからないわ』

絵里(穂乃果)「そう……だよね」

絵里『それにしても不思議ね。感覚は穂乃果が来る前と全然変わらないのに手足何もかもが動かせないなんて』

絵里(穂乃果)「あはは……絵里ちゃんの主導権は私みたいだね」

絵里『全く私の体は高いんだからね』

絵里(穂乃果)「うっ……ほむまんで勘弁してください」

絵里『ふふっ、冗談よ。とりあえずさっさとことり呼び出してかまふっかけてやりましょう』

絵里(穂乃果)「あ、うんっ!」
91: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 22:30:51.60 ID:OhdKiI7u.net
絵里(穂乃果)「それじゃあ鳴らすね」

絵里『任せたわ』

ピンポーン

絵里(穂乃果)「……やっぱり出ないね」

絵里『何度も鳴らす事が大事よ』

ピンポーン

絵里(穂乃果)「…………」

ピンポーン

絵里『…………』

ピンポーン

ことり『…………はい』

絵里(穂乃果)「あ、ことりちゃ……ことり?」

ことり『……また絵里ちゃん?どうしたの?』

絵里(穂乃果)「ちょ、ちょっとことりと話がしたくて」

ことり「……何?というか、凛ちゃんは帰ったの?」
92: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 22:41:55.35 ID:OhdKiI7u.net
絵里(穂乃果)「あ、あー、えぇ、凛は用事があって帰ったわ」

ことり『そっか。……でも私、絵里ちゃんとも話す予定がないんだけど』

絵里(穂乃果)「ま、まあそうは言わずにさ、落ち着いて話しよう?……ことりのおやつの事とかさ」

ことり『!?』

ことり『な、何で絵里ちゃんがそれを!?』

絵里(穂乃果)「え?何の事かしら?」

ことり『そんな……この事はお母さん以外に言ってない……まさかこれもお母さんが言ったの……!?』

絵里(穂乃果)「これも……って言った?という事は地下牢に穂乃果が居る事も知っていたって事だよね?」

ことり『あっ……』

絵里(穂乃果)「私はことりが今日なんのおやつを食べたのかっていう些細な話を聞きたかっただけだったけど、思わぬ所で墓穴をほったね」

ことり『くっ……』
96: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 22:54:04.82 ID:OhdKiI7u.net
…………

……



絵里(穂乃果)「ありがとう、家に入れてくれて」

ことり「……それで、どこで知ったの?お母さんから聞いたの?」

絵里(穂乃果)「……その前に、私を見て何か感じる事はない?」

ことり「え……?」

絵里(穂乃果)「……ことりちゃん、これでもわからない、かな?」

ことり「……そんな、嘘でしょ……?」

絵里(穂乃果)「家に入る途中から既に口調は戻していたんだけどね」

絵里(穂乃果)「何でことりのおやつのことを知っているか?簡単だよ、私自身が確かめたんだもん
ことりちゃんが倒れている私に向かってしゃべっていた事をそのまま聞いてね」

ことり「穂乃果……ちゃん……?」
98: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 23:07:28.45 ID:OhdKiI7u.net
絵里(穂乃果)「あのねことりちゃん、私が事故にあった時、私の意識は自分から離れちゃってたんだ」

絵里(穂乃果)「その後に気付いたら凛ちゃんが近くにいて、ついさっきまでは凛ちゃんの体を借りていたの」

ことり「(じゃあ……あの時凛ちゃんから出てたあの感じはやっぱり……)」

絵里(穂乃果)「凛ちゃんの体を借りた私は絵里ちゃんの協力もあって私がこの家の地下に居ることを突き止めた」

絵里(穂乃果)「けどことりちゃんは家にはいらせてくれなかったね。おかげで一度凛ちゃんから離れてその状態で地下に行ってことりちゃんから色々探って……」

絵里(穂乃果)「戻ったら目覚めた凛ちゃんが先帰っちゃってて仕方なく絵里ちゃんの体を借りて……と、大変だったけどね、あはは……」

ことり「今、絵里ちゃんは……?」

絵里『ちゃーんと全部聞いてるわよ。まあこの声はことりには聞こえないと思うけど』

絵里(穂乃果)「ちゃんと聞いてるって。意識は残ってるみたいだからね」

ことり「そうなんだ……」
99: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 23:33:22.70 ID:OhdKiI7u.net
絵里(穂乃果)「ま、そんな所だから……ね、ことりちゃん。そろそろ穂乃果的にはどうしてこんな事してるのか教えて欲しいなあ……なんて」

ことり「それは……」

絵里(穂乃果)「このままじゃ私、自分の体に戻れないよ。ずっと意識不明のままなのは嫌だよやっぱり」

ことり「穂乃果ちゃん……」

絵里(穂乃果)「だから、ね。ことりのおやつっていうのが何なのかをそろそろ教えて欲しいの」

ことり「…………」

絵里(穂乃果)「お願い、ことりちゃん」

ことり「……ことりのおやつは……」

ことり「ことりのおやつは……>>103って事だよ」
103: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/07/19(土) 23:40:40.83 ID:6TcPT7N1.net
ことりと一つになる
104: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 00:05:17.48 ID:989V/rMz.net
ことり「ことりと一つになるって事だよ」

絵里(穂乃果)「ことりちゃんと……ひとつに?どういう事……?」

ことり「そのままの意味。穂乃果ちゃんはことりとずっと一つになるはずだったの」

絵里『今の私と穂乃果みたいな状態って事かしら……?』

絵里(穂乃果)「えっと、それは今の私と絵里ちゃんみたいな状態って事?」

ことり「ううん、そんなのじゃない。ことりはね、ずっと穂乃果ちゃんが好きだったの」

ことり「けど穂乃果ちゃんはことりの事を全然見てくれなかった……」

ことり「親友としては見てくれていても、それ以上の感情で見てくれることはなかった」

絵里(穂乃果)「ことり……ちゃん?」

ことり「だからね、私、最初穂乃果ちゃんが事故にあった事をお母さんから聞いた時、勿論驚いて凄く心配したけど
それ以上にこの時が来たんだって思っちゃったの」

ことり「……穂乃果ちゃんをことりのおやつにしてことりと一つになった後、ことりの中で永遠に生き続ける予定だったんだよ?」

絵里(穂乃果)「!?」ゾクッ
109: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 00:19:50.35 ID:989V/rMz.net
ことり「穂乃果ちゃんが目覚めるまで待ってたのは、眠ったままおやつにしても穂乃果ちゃんが何も知らないままことりの中に入っちゃうからだったの」

ことり「なら目覚めてからおやつにした方が穂乃果ちゃんはことりの事で頭をいっぱいにしながら一つになれるでしょ?」

絵里(穂乃果)「そ、そんなの間違ってる!そんな事したって私と一つになんかなれないし、ことりちゃんだって虚しくなるだけだよ!」

ことり「じゃあ穂乃果ちゃんは私の事を親友以上の気持ちで見てくれるの?」

絵里(穂乃果)「そ、それは……」

ことり「ね?だからこうするしかないんだよ」

絵里『……これは厄介ね。多分穂乃果じゃいくら説得しても無駄な気がするわ』

絵里(穂乃果)『そんな……じゃあどうしたら』

絵里『ねぇ穂乃果、ちょっと主導権変わる事はできる?』

絵里(穂乃果)『えっと……うん、出来ると思う』

絵里『なら少しだけ変わって。私がことりと話してみる』

絵里(穂乃果)『わ、わかった』
111: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 00:27:05.90 ID:989V/rMz.net
絵里「……さて」

ことり「……?もしかして絵里ちゃん?」

絵里「えぇ。ちょっと穂乃果と交代させて貰ったわ。穂乃果じゃ説得できそうにもなかったからね」

ことり「……絵里ちゃんでも無駄だと思うけど」

絵里「あのね……ことり?貴方自分勝手過ぎると思わない?」

ことり「……急に何を言い出すの?」

絵里「ことりは穂乃果の事が好きって言ったわよね。恐らく恋愛的な意味だと思うけど」

ことり「……そうだね」

絵里「それを穂乃果に伝えた事は?」

ことり「……あるわけないよ」

絵里「その時点で駄目でしょ?何で伝えないの?伝えてないのにどうせ穂乃果ちゃんは私の事を見てくれない、なんて言ってたわけ?」

ことり「…………」
115: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 00:33:58.04 ID:989V/rMz.net
絵里「挙句の果てに穂乃果ちゃんはことりのおやつになって一つに……って、ヤンデレゲームでももっとマシなシナリオ書くわよ?」

ことり「……るさい」

絵里「はいここまで穂乃果の気持ちはどこにもないわよね。まあそりゃそうだよね、ここまであなたは穂乃果にたいして何も伝えていないもの」

ことり「うるさい!!」

ことり「だって仕方ないよ!!お互い女の子同士なのに!!昔からずっと仲良しの親友だったのに!!
こんな事伝えて嫌われちゃったらって思うと言える訳ないよ!!」

絵里「あのねことり、貴方にとっての穂乃果は恋愛的な好きっていう気持ちを伝えるだけでドン引きされて嫌われるような人だったわけ?」

ことり「それは……!」

絵里「この事で穂乃果が一番傷付くのは恋愛的な意味で好きと言われる事よりも、穂乃果の事をそういう風に見てしまっていた貴方自身だと思うけど?」

ことり「くっ……」

絵里「……いやまぁ、わかるわよ?確かにびっくりはするでしょうね。いきなり同姓の友達から好きなんて告白されちゃうと、その気持ちはよーくわかるわ」
117: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 00:42:31.81 ID:989V/rMz.net
絵里「躊躇してしまう気持ちもわかるわよ。異性ならまだしも同姓だもんね。おまけに親友ときたもんだ。怖くなる気持ちもよーくわかる」

ことり「…………」

絵里「そして貴方がとった行動は告白じゃなく無理やり穂乃果を奪おうとした」

絵里「……告白するかしないかは結局の所あなたの自由よ。けど穂乃果の気持ちを左右する権利は貴方にはないの、わかる?」

ことり「それは……」

絵里「穂乃果は貴方の物じゃない。そんな事よく考えたらわかる事よ?」

ことり「…………」

絵里「貴方は穂乃果を愛するあまりやってはいけない事をして穂乃果を傷付けてしまった。……この事にたいして思うことはないの?」

ことり「……穂乃果ちゃん……」
120: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 00:49:13.83 ID:989V/rMz.net
絵里(穂乃果)『……絵里ちゃん、そろそろ変わってくれないかな』

絵里『あら、……いいの?』

絵里(穂乃果)『……うん、多分今のことりちゃんなら大丈夫だから』

絵里『……そう、なら後は頑張りなさい。私はちょっと休むわね』

絵里(穂乃果)『うん……ありがとう絵里ちゃん』


絵里(穂乃果)「……ことりちゃん」

ことり「あ……穂乃果……ちゃん……」

絵里(穂乃果)「……ごめんね、ことりちゃんの気持ちに気付いてあげれなくて」

ことり「そんな!穂乃果ちゃんは悪くないよ!悪いのは全部私だよ!!」

絵里(穂乃果)「ううん、私がちゃんと気付いてあげれば良かった。それならことりちゃんがこんな事しなくてすんだんだよ」

ことり「そんな……穂乃果ちゃんは何も悪い事してない……私が……私が全部……」
121: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 00:56:23.92 ID:989V/rMz.net
絵里(穂乃果)「だからね!!……仲直り、しようよ」

ことり「え……?」

絵里(穂乃果)「ほら、私今幽霊みたいなものだから……私ね、お化けとかあんまり信じてないんだ」

絵里(穂乃果)「だから、目覚めた時にはそんな不思議な出来事なんて全部忘れてる。ことりちゃんがしようとしていた事なんて私全然知らない!」

絵里(穂乃果)「……それじゃ、駄目かな?あはは……」

ことり「穂乃果ちゃん……穂乃果ちゃんはそれで良いの……?」

絵里(穂乃果)「勿論だよっ、私はどんな事があってもことりちゃんの事が大切だし、大事な親友だと思ってるから」

ことり「穂乃果ちゃん……ごめん、ごめんね……ごめんね……」

絵里(穂乃果)「ううん、気にしなくていいんだよことりちゃん」

絵里(穂乃果)「それと……次目覚めた時は、今度こそことりちゃんの気持ち、私に教えて?」

ことり「え……?」

絵里(穂乃果)「今日の事は全部忘れるけど、それだけは私、ずっと待ってるからね」

ことり「穂乃果……ちゃん……」
124: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 01:04:53.73 ID:989V/rMz.net
絵里(穂乃果)「だから……そろそろ私、自分の体に戻るよ」

絵里(穂乃果)「いつ目覚めるかはわからないけど、ちゃんとお見舞いとかきてね?絶対だよ?」

ことり「うん……うん……!」


絵里(穂乃果)『絵里ちゃんも、ありがとうね』

絵里『ちゃんと収まったみたいね。ホント疲れたわよ全く』

絵里(穂乃果)『あ、あはは……お礼は必ずするから』

絵里『いいわよ別にそんなの。それよりなーんか私恋のキューピット押し付けられたみたいで複雑だわ。二人だけ残して私は退散しようかしら』

絵里『って、この体私のだったわ』

絵里(穂乃果)『そ、そろそろ穂乃果自分の体に戻るから!多分今なら戻れると思うし』

絵里『そう?ならさっさと目を覚まして元気な姿みせてよね』

絵里(穂乃果)『あぅ……善処します』
126: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 01:08:32.33 ID:989V/rMz.net
絵里『……それと、伝えそびれたけど、穂乃果の事が好きな相手がことりだけとは限らないわよ?』

絵里(穂乃果)『えっ……?』

絵里『ふふっ、ことりの気持ちがよくわかるのもこれのおかげね』

絵里(穂乃果)『ど、どういう事!?』

絵里『なんでもないわ、さっさとあなたは私の体から離れなさい!』

絵里(穂乃果)『わ、まだ話は終わってないよぉおお!』

…………

……

127: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 01:14:03.30 ID:989V/rMz.net
穂乃果「その後、私が目を覚ましたのは事故があってから3日目の事でした」

穂乃果「幸いな事に、目立った傷もなく順調に行けば後もう少しで退院できるとの事」

穂乃果「……はぁ、入院生活も暇だなぁ」

穂乃果「一応皆来てくれてるみたいだけど目覚めてからはまだ誰とも会えてないし……うぅ、皆に会いたい」

ガラッ

穂乃果「ん?……あ、ことりちゃん!」

ことり「あっ……穂乃果ちゃん……目を覚ましたんだね、良かった……」

穂乃果「もうばっちり元気だよ!ほらこの通り……って、いたた」

ことり「ま、まだ無理しちゃ駄目だよ!」

穂乃果「あ、あはは……そうだね」

ことり「……ぷっ、あは、あははは!」

穂乃果「も、もう!ことりちゃん何で笑うの!」

ことり「ご、ごめんね穂乃果ちゃん、何かおかしくて……あははっ」
128: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 01:17:01.99 ID:989V/rMz.net
穂乃果「もー、ことりちゃんのいじわる!」

ことり「あはは、ごめんね穂乃果ちゃん」

穂乃果「まぁいいけどー……」

ことり「……あのね、穂乃果ちゃん」

穂乃果「どうしたのことりちゃん?」

ことり「穂乃果ちゃんが目覚めたらね、言おうと思ってた事があって」

穂乃果「そうなの?なになに、教えて!」

ことり「……あのね」

ことり「……私、南ことりは、穂乃果ちゃんの事が――」


おしまい
133: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/07/20(日) 01:36:41.73 ID:989V/rMz.net
おまけ

穂乃果「ねえねえ凛ちゃん」

凛「ん?どうしたの穂乃果ちゃん?」

穂乃果「凛ちゃんってかよニーしてただけだったね」

凛「にゃ!?なんでそれを!?」

穂乃果「あっ、ごめんこれも忘れないといけない事だった、ごめん、忘れて」

凛「一体どういう事なんだにゃああああ!!!」

終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「凛って多分……>>3よね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。