穂乃果「新たな力を手に入れたから行使する」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ27
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:25:20.03 ID:6IVzpV9N0
穂乃果「廃校よー、なくなれー!」


理事長「音ノ木坂学院は廃校をやめ、来年度も新入生を募集することになりました」


海未「!?」

穂乃果「やったね海未ちゃん! 廃校阻止できたよ!」

海未「な、なんですと!?」

穂乃果「すごい……! 今なら私、なんだってできる気がする!」

海未「これはまたいったい何が起こったんですか!?」

穂乃果「わかんないけどほら、ほかにもこんなこともできるよ!」


穂乃果「海未ちゃん、これからここでゼンライブして!」


海未「ゼンライブ!? それはいったい……」ヌギヌギ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397168719

元スレ: 穂乃果「新たな力を手に入れたから行使する」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:26:16.58 ID:6IVzpV9N0
海未「ってなんで私は制服を脱いでるんですか!?」スッポンポン

穂乃果「全裸でライブ! 略してゼンライブだよ! それじゃあ手始めにワンダラいってみよっか!」

海未「えっ、ちょっ、そんな……だめ、身体が勝手に……!」

・・・

海未「みーらいをしっかり見て♪ うーーっ、ハイ!」

穂乃果「うんうん、ちゃんと見てたよ海未ちゃん♪ 未来じゃなくて海未ちゃんの裸だけどね!」

海未「…………ハッ!? 私は今何を……ってはだか……!? きゃーーー!!!?」

穂乃果「あれ、どうしたの? さっきまであんなにノリノリで歌って踊ってたのに」

海未「し、知りません! あれは私の意思ではなくて……」

穂乃果「ふーん、そうなんだ。 まぁいいや。 もう服着てもいいよ」

海未「うぅ……どうしてこんなことに……」


穂乃果「よーし、次は……!」

ガラガラ

ことり「2人ともまだ着替え終わらないの? みんな屋上で待ってるよ?」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:27:04.51 ID:6IVzpV9N0
穂乃果「あ、ごめんねことりちゃん」

ことり「ことりは大丈夫だけど、にこちゃんがあと3分以内に来ないとリーダー横取りするって」

穂乃果「またそれ? 実際さ、リーダーは誰でもいいと思うんだけどなー。 にこちゃんがリーダーでも別に私はいいんだよ?」

ことり「んー、でもことりは穂乃果ちゃんにひっぱっていってほしいなー、なんて思ってたり」

海未「うみみもそう思います」

穂乃果「えー、そうかなー? うーん、でもやっぱりμ'sの発起人として私が先頭にいなきゃいけない……か。 よし、そうと決まればにこちゃんにリーダーの座を渡すわけにはいかないな! さ、いっくよー!」

ことり「あっ、穂乃果ちゃん! ……行っちゃった」

海未「ふふふ、穂乃果らしいですね」

ことり「そうだね。 あれでこそ私たちの幼馴染の穂乃果ちゃんの姿だよね」

海未「本当に、頼もしい後ろ姿です」


ことり「……それはそうとして、どうして裸なの?」

海未「…………あぁ!?」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:29:18.91 ID:6IVzpV9N0
ことり「あっ、もしかして着替えの最中だったのかな……? でもそれなら下着まで脱いでるのはなんで………………あっ」

海未「こ、これはその……えっと、こ、ことり……?」

ことり「んーーーーー!! たとえ海未ちゃんでも穂乃果ちゃんを誘惑するなんて許さないんだからー!!」

海未「えっ!? ご、誤解です! 私の話を聞いてくだ……」

ことり「穂乃果ちゃんは誰にも渡さないんだからーーー!! 第一ことりは2人のこと認めてないんだからねー!!」ダッシュ

海未「こと……!」

理事長「ちょっと、廊下は走っちゃいけま……あら、ことりだったのね。 なら別に構わないわ。 でも教室の扉くらい閉めて行き……」

海未「あ……」

理事長「……」


海未「そ、その……ご機嫌麗しゅう御座います……」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:30:01.26 ID:6IVzpV9N0
理事長「……」

海未「……」

理事長「……」

海未「」ダラダラダラダラ

理事長「……海未ちゃん」

海未「な、なんで御座いましょうか……?」

理事長「服を着てそこのイスに座りなさい。 海未ちゃんはしっかりした子だと思ってたけど、やっぱり高校生だものね。 ちゃんとお説教してあげなきゃ。 理事長として、友達の母親として」

海未「ですからこれは誤解で……穂乃果の謎の力のせいでスッポンポンにされてしまいまして……」

理事長「まぁ! 人のせいにするの!? 海未ちゃんがそんな悪い子だと思わなかったわ! やっぱりそこの床に正座しなさい! ほら、早く!」

海未「うぅぅ…………」


海未「穂乃果のバカーーーーー!!」

バカーー
バカー
カー
……
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:30:39.66 ID:6IVzpV9N0

穂乃果「海未ちゃん遅いね。 どうしたんだろう?」

凛「うんこしてるんじゃない?」

絵里「こら凛! 女の子がそんな言葉使わないの!」

凛「えー? でもうんこはうんこだよ? 他になんて言えばいいのさー」

絵里「お手洗いとかお花摘みとかいろいろあるでしょ? まったく……」

凛「でもかよちんもトイレ行く時『うんちしてくるね』って言ってたけど?」

凛(まぁ幼稚園の時だけど)

花陽「ちょっと凛ちゃん!?」

絵里「なんですって!? 花陽! そこに直りなさい! あなたもスクールアイドルとは言えアイドルで、しかもアイドルに憧れる者でしょう!? それなら言動にも少しくらい気を使いなさい! いい!? 返事は!?」

花陽「うぅ、なんで私が怒られなくちゃ……。 ダレカタスケテー??」

凛「イエローダヨー????」

花陽「違うよ凛ちゃん! そっちじゃな……」

絵里「花陽!」

花陽「ひぃ!」
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:31:30.61 ID:6IVzpV9N0
穂乃果「とりあえず柔軟体操始めてよっか」

バタン

海未「……」

穂乃果「あ、海未ちゃん。 ちょうどよかった、今から柔軟始めようとしてたんだ」

海未「……」

穂乃果「海未ちゃん?」

海未「あなたのせいで散々な目に遭いました……。 はぁ……」

穂乃果「なにかあったの?」

海未「ことりが誤解して飛び出して行った後に理事長が部室の前をたまたま通りかかりまして運悪くそこに全裸で立っていた私が見つかってしまいそこで理事長から自分の娘に裸体を晒した不審者だとまたも誤解されてしまいましてそれで家のほうに連絡されてしまい…………もうおうちに帰りたくない」

ことり「それはご愁傷様……」

海未「今夜泊めてもらえませんか?」

ことり「ことりはいいんだけど、話を聞いた分じゃお母さんがそれを許してくれるかどうか……」

海未「……はぁ」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:32:12.08 ID:6IVzpV9N0

穂乃果「なんか絵里ちゃんの胸揉みたくなってきたなー」

真姫「ちょ、随分唐突ね」

穂乃果「いや、だってさ? ぜっっったい柔らかいよあれ」

真姫「だから?」

穂乃果「だから揉んでみたくなるでしょ?」

真姫「……イミワカンナイ」

穂乃果「私も希ちゃんみたいに後ろからワシっと……」

希「こんな感じ?」モニュ

穂乃果「ひゃぁああ!? の、希ちゃん!?」

真姫「な、なんで私までぇー!!」

希「聞こえとったでー。 確かにエリちは好きだらけだから後ろからワシっといけるかもしれんけど、それはウチが許さんよ。 だってエリちはウチのもんやし♪」

穂乃果「えー! そんなのずるい!」

希「ふふ、可哀想やけどこればっかりは譲れんからなー」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:32:47.59 ID:6IVzpV9N0

穂乃果「……あ、そうだ! 今こそあの力を使うべきところだよね!」

真姫「力? なにそれ」

海未「!! い、いけません穂乃果! それを使っては……」


穂乃果「絵里ちゃんー! 胸揉ませてー!!」

絵里「そもそもアイドルとは排泄なんてしな…………っ!?」

凛「考えが古すぎ……って絵里ちゃん?」


穂乃果「あと希ちゃーん! にこちゃんにわしわし1時間コースね!!」

希「!! な、なんやこのスピリチュアルなパワーは……! 体が……うっ……」


絵里「……」

花陽「お説教……おわった……?」

凛「うーん、どうなんだろ……」

にこ「ふぅ、ただいまー。 ちょっと外走ってきたわ…………ってちょ、希!? そのポーズで迫って来るのやめ…………い、いやぁぁぁぁあああ!!!?」ダッダッダッ

凛「にこちゃんまた走りにいったにゃ……」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:33:29.79 ID:6IVzpV9N0
絵里「」フラッ

穂乃果「あ、絵里ちゃんいらっしゃーい」

絵里「あの……穂乃果?」

穂乃果「んー? どうしたの?」

絵里「その……私の身体はあなたのものだからいつでも好きにしてもいいのよ……? ほら、聞こえる?」スッ

穂乃果「!! 谷間に! 谷間に手が!」

絵里「私の心臓、すごくドキドキしてるの。 あなたに名前を呼んでもらえて、その目で見つめてもらって、すごく」

海未「こ、こら絵里! あなたなんてことを……!」

絵里「私にもよくわかんないわ。 でもね、なんだか今なら積極的になれるような気がして……」

穂乃果「うへっ」モニュ

絵里「あん、穂乃果ぁ///」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:34:04.13 ID:6IVzpV9N0
真姫「ちょ、ちょっと穂乃果! 自分が何してるのかわかってるの!?」

海未「そうですよ! 真姫からもなにか言ってやってください!」


真姫「さ、触るなら私の胸にしなさいよ!」グイッ


海未「!?」

穂乃果「おぉ!? こ、これは……」

絵里「///」

穂乃果「右手には絵里ちゃんの欧州系の血をひいたクォーターらしい豊かでハリのある、そう、まさに完成された膨らみ! そして、」

真姫「ん///」

穂乃果「左手には真姫ちゃんの決して自己主張しなくもこれからの成長を期待させる穏やかな膨らみが……!」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:35:10.39 ID:6IVzpV9N0
海未「穂乃果! 真姫にまで何をしたんです!」

穂乃果「え? 別に真姫ちゃんには何もしてないよ?」

海未「では真姫はなぜこんなふうに……!」

穂乃果「んー……」

真姫「そ、そんなの決まってるじゃない!」


真姫「あなたのことが好きだから……だからほかの人の身体に触って欲しくないのよ!」


穂乃果「……え?」

真姫「…………あ!? い、今のは冗談よ! 冗談! あっ、い、いや、別に好きってのは冗談じゃなくて、ってあぁ! これじゃ誤魔化した意味がなくなるじゃない! だからその……えっとぉ……、あなたが絵里に触ってるところを見たら胸の奥がモヤモヤして、それで……」

ポンッ

真姫「穂乃果……?」

穂乃果「……大丈夫、全部わかってるよ。 真姫ちゃんのこと」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:36:00.73 ID:6IVzpV9N0
真姫「……本当!? それじゃあ私の気持ちに答……」

穂乃果「真姫ちゃんってばいつのまにか私の手がお気に入りになってたんだね。 わかるよ。 私も小さい頃風邪引いて胸がモヤモヤしてたときによくお母さんに胸をさすってもらってたから」ウンウン

真姫「えて…………手?」

穂乃果「私でよかったらこれからもたくさんさすってあげるからね」ニコッ

真姫「……」

穂乃果「雪穂と一緒になって風邪ひいたときにお母さんの手を取られたくなくてよく駄々こねてたなぁ。 懐かしい」サスサス

真姫「……」

真姫「怒」

凛「ひっ、なんだこの気はァ!?」

花陽「見える……あれは穏やかな心を持ちながら激しい怒りを抱いている者のオーラだ……!」


真姫「穂乃果」


穂乃果「ま、真姫ちゃん? どうしたの……かな?」
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:36:53.67 ID:6IVzpV9N0
真姫「いい加減にしてよこの女たらし。 可愛い女の子を次から次へと誑かして……少しは相手の気持ちも考えてみなさい!」

穂乃果「た、誑かす!? 私はTDNほんのスキンシップのつもりだったんだけど……」

真姫「それでも勘違いしちゃう子はたくさんいるの。 いい? たとえ私はスキンシップだとしてもなんとも想ってない人に自分の身体をやすやすと触らせたりしないわ。 そもそも手がお気に入りとかわけわかんないし。 いくらあなたが劇ニブチンチン丸だとしてもこれがどう言う意味かくらいわかるでしょ?」

穂乃果「え、えっと……」

真姫「まさかわかんないの?」

穂乃果「い、いや……その、違ったらごめんなさいなんだけど……、もしかして真姫ちゃんは私のこと、女の子として好きなの……?」

真姫「……」

穂乃果「真姫ちゃ……?」

チュッ

穂乃果「……え?」

絵里「!?」

ことり「!?」

海未「!?」

凛「?」


真姫「……これが答えよ。 本当に鈍いんだから」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:37:57.17 ID:6IVzpV9N0
ことり「ちょっと待ったー! 今のはさすがに見過ごせないかな! 穂乃果ちゃんの正妻はことりなんだからチューなんてしちゃだめでしょ!」

穂乃果「せ、せいさい? なんだろそれ……医療品メーカーかな」

ことり「違う! 正しい妻ってかいて正妻!」

穂乃果「妻!? 私とことりちゃんって結婚してたの!?」

ことり「そ、そうだよ/// あの日幼稚園で初めて出会った時からことりたちはもう結婚してるの///」

穂乃果「え、でも女の子って16歳にならないと結婚できないんじゃなかったっけ……」

ことり「愛があればそんなの関係ないんだよ」

穂乃果「じ、じゃあもしかしてことりちゃんも私のことが……」

チュッ

穂乃果「!?」

ことり「そうだよ♪」


真姫「ちょっとことり! 私の穂乃果にそんなことしていいなんて言った覚えないわよ!」

ことり「何言ってるの!? 穂乃果ちゃんは真姫ちゃんのものなんかじゃない! ずっとずぅーーーっと前からことりのものだもん!」

穂乃果「2人とも、落ち着いて……」

「穂乃果(ちゃん)は黙ってて!」

穂乃果「はい……」


ギュッ

穂乃果「へ?」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:38:47.62 ID:6IVzpV9N0
絵里「ねえ穂乃果。 もう気づいてると思うけど私もあなたのことが好きなの」

穂乃果「え、絵里ちゃんもなの?」

絵里「ええ。 いつもみんなをひっぱって、時には後ろから背中を押してくれる。 そんなあなたが大好き」

絵里「……急に抱きついちゃってごめんなさい。 あなたを誰かに取られるのが嫌で……、あっ、さっきまで身体動かしてたから汗臭いかしら……」

穂乃果「う、ううん……。 むしろシャンプーの匂いと混ざって頭がすごくクラクラして……。 この匂い……好き」

絵里「ほんと? それじゃあ……もっと嗅いでみたい?」

穂乃果「……うん。 もっともっと濃い匂い、嗅いでみたいな」

絵里「それじゃあ今から保健室に行きましょ? 私のすごくにおうところ……教えてあげるから」

穂乃果「ゴクリ……」


真姫「待ちなさい絵里! 抜けがけなんて許さないわよ!」

絵里「抜けがけ? 違うわね、穂乃果は私のことが好きだから今から一緒に一夏の過ちを犯してくるの」

ことり「それは違うよ! 穂乃果ちゃんはことりのことが好きなの!」

絵里「そう? でも本人はこう言ってるけど」

穂乃果「好きぃ……」スンスン

絵里「こんな目が虚ろで頬も真っ赤。 これは愛する人と肌を合わせているからこそできる顔じゃないかしら」

真姫「違うわよ! 穂乃果は絵里のにおいに酔ってるだけ! それなら私だって……」グイッ

穂乃果「ん!?」

真姫「ほ、ほら……もっと嗅いでよ……私の脇もいい匂いでしょ……?」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:39:51.87 ID:6IVzpV9N0
穂乃果「あ、あぁ、真姫ちゃんの脇、すごくムワッとしてて……絵里ちゃんの首の匂いより濃い……!」クンカクンカ

真姫「ん、んん/// そ、そんなに顔を近づけられたら……あっ、鼻息が当たってくすぐった……!」

ことり「ま、真姫ちゃんまで……! うぅ……えっと、ことりは、ことりは…………あ、そうだ!」

穂乃果「ハァハァ」

ことり「穂乃果ちゃん、ごめんね!」ドンッ

穂乃果「えっ? きゃっ!」ドサッ

真姫「ちょっと! 穂乃果になんてこと……!」

ことり「本当にごめんね……。 本当は大好きな穂乃果ちゃんにこんなことしたくないんだけど……こうでもしないと2人に勝てる気がしないしないから……」ヌギヌギ

穂乃果「あ、あの……ことりちゃん……? んぐっ!」

ことり「……ど、どうかな、ことりのソックス。 臭くない……かな」

穂乃果「スンスン……。 いや、す、すごくいい匂い! 蒸れ蒸れで匂いもすごく濃いし、そしてなにより……ここからだとスカートの中のスパッツまでよく見え……」

ことり「え、きゃっ! へ、変なもの見せてごめんね! うぅ……恥ずかしいよぉ……」

真姫「ことり……それはいくら私でも厳しいわよ……」

絵里「私も……。 ちょっと恥ずかしすぎるわ……」

凛(この人たちの恥ずかしいの基準がわからないにゃ)
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:40:48.24 ID:6IVzpV9N0
絵里「……っていうかことり! 穂乃果を踏むなんて……そんなの非常識よ!」

凛(常識ってなんだっけ)

ことり「でも穂乃果ちゃん、こんなに嬉しそうな顔してるよ?」

穂乃果「ことりちゃぁん……」ペロペロ

ことり「ほらね? ……あっ、舌が……/// くすぐったいよぉ」

絵里「ピュア属性のくせに……ピュア属性のくせに……!!」

真姫「これを超えるためには……くっ、なにも思いつかない……」

ことり「だ、だめぇ! そんなに舐められたら脚に力が入らないよぉ!」ガクガク


海未「あなたたち、そこまでです!」


絵里「う、海未?」

海未「どうやら皆、来るべきところまで来てしまったようですね。 もうこうなってしまっては収集がつきません。 穂乃果にあなたたち三人の中から誰かを選べと言われて素直に答えられるとも思えませんし」

真姫「た、確かに……」

絵里「穂乃果が特定の誰かだけを好きになったりはしないわよね」

穂乃果「えっ、そうなの?」

ことり「穂乃果ちゃんは……やっぱりみんなのものだし、みんなは穂乃果ちゃんのものだもんね」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:41:23.94 ID:6IVzpV9N0
海未「だから私は考えました」ガサゴソ

絵里「その紙は?」

海未「穂乃果、今からこれに書かれたことを大声で叫んでください」

穂乃果「ん? ……なんだこれ。 まぁいいや。 じゃあいくよ?」


穂乃果「日本は同性婚を認められ、一夫多妻制になれー!!」


なれー
ナレー
レー


ー♪

花陽「ん? 私の携帯ですね」


花陽「え、ちょ、……えええぇ!?」

凛「どうしたの?」

花陽「あ、あ、ああぁ……ありえないです。 日本の法律が突然変わって、同性婚及び一夫多妻が認められるようになりました!」


凛「!?」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:42:49.14 ID:6IVzpV9N0
海未「これで5人で幸せに暮らせますね」

真姫「5人? 穂乃果と私とことりと絵里と……」

海未「あと私です」

絵里「ま、待って! 仮にたくさんの人と結婚できるようになったとしても、穂乃果には私だけを愛して欲しいわ! だから重婚なんて断じて認めない!」

真姫「そ、そうよ! 私も穂乃果と2人だけで愛を育んでいきたいの!」

海未「……まぁあなたたちの言い分もわかります。 ですが今ならその言葉も聞かなかったことにしてあげましょう」

絵里「何言ってるのよ! 女に二言はなし、筋も曲げたりしない!」

海未「ほう。 真姫も同じ意見ですか?」

真姫「もちろんよ!」

海未「ではことり、あなたは?」

ことり「こ、ことりは………………みんな一緒でもいいかな」

真姫「はぁ!?」

絵里「ちょっとことり、本当にそれでいいの!? 自分を世界中の誰よりも一番に愛してもらう、女として生まれてきたからにはそれこそが一番の幸せでしょう!?」

ことり「た、確かにそうだけど……ごめん! やっぱりことりは穂乃果ちゃんとちゃんと結ばれたいの!」

真姫「あなたねぇ……っ!」


ことり「だって仕方ないよ……! だって、だって……、穂乃果ちゃんと海未ちゃんは小さい頃から結婚することが決められてるんだから……!」


絵里「……え?」

真姫「……は?」
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:45:02.25 ID:6IVzpV9N0
絵里「そ、それってつまり……許嫁ってこと……?」

海未「ふっ、許嫁ですか。 確かに私たちの結婚は小さい頃から決まっていました。 ですがそんな親たちが勝手に決めた結婚ではなく、私と穂乃果はお互い愛するもの同士として結婚するつもりです」

絵里「え……じゃあ……」

穂乃果「ご、ごめんね……。 今まで隠してたけど、私海未ちゃんと付き合ってるんだ。 それでね? 高校を卒業すると同時に結婚もするつもりなの」

真姫「こ、ことりは知ってたの……?」

ことり「うん……。 小学一年生のときから……」

絵里「……」

真姫「……」

海未「ではことり、穂乃果。 この2人は限りなく小さな可能性を追い求めるつもりらしいので、私たちはそれを応援しつつ3人で幸せになりましょうね」

ことり「うん。 重婚が認められてやっと2人に追いつけたよ。 これからもよろしくね、穂乃果ちゃん、海未ちゃん」

絵里「」

真姫「」

凛「2人とも息してないンゴwww」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:45:55.50 ID:6IVzpV9N0
穂乃果「いやー、まさかこれからもずっとこの3人でいられるなんて、もう夢みたいだよね!」


海未「……あ、ちょっ……! 今それはNGワー……」


・・・・・・

穂乃果「…………っていう夢を見ていたみたい」

海未「なんです、その夢。 第一日本は今深刻な少子化問題を抱えているのです。 同性婚なんて認めてしまったらそれに拍車をかけるだけじゃないですか」

穂乃果「……よ、よくわかるないけどそうだよね!」

ことり「でもことりは穂乃果ちゃんとならずっと一緒でもいいよ……?///」

穂乃果「ことりちゃん……!」

海未「わ、私もです! これから何年経とうとあなたは私の一番最初にできた友達で、大切な親友ですから」

ことり「ことりはー?」

海未「もちろんことりもですよ!」


穂乃果「……ふふっ、よーし! それじゃあラブライブ目指してまずは来週までに迫った合宿を実りのあるものにしよう! がんばろうね、2人とも!」


ことり「うん!」
海未「はい!」



さー、ヒュメヴォー
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/11(金) 07:49:46.21 ID:6IVzpV9N0
終わりです。

ありがとうございました。



http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396438750/

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「新たな力を手に入れたから行使する」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「新たな力を手に入れたから行使する」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。