海未「>>2をして穂乃果と結ばれます!」

シェアする

海未-アイキャッチ36
1: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/24(水) 23:48:20.52 ID:yFgHbERr.net
~数週間前~
穂乃果「絵里ちゃーん!」ギューッ

絵里「穂乃果ったら///」

海未「……」

~数日前~

穂乃果「真姫ちゃん!」カプッ

真姫「ヴェッ!?ちょっと穂乃果っ!///」

海未「……」

~現在~

海未「もういい加減堪忍袋の緒が切れました!」ドンッ

ことり「きゅ、急にどうしたの!?」ビクッ

海未「どうしたもこうしたもありません!私の気持ちに気づかずに穂乃果ときたら……」

ことり(あっ、これダメなやつだ。変なことに巻き込まれる前に逃げよう)

海未「こうなったら私が穂乃果を……お、落とすしかないです!」

ことり「そうなんだ。頑張ってね」スタスタ

海未「ま、待ってください!」ガシッ

ことり「ピイッ!?」

海未「ことりには色々相談にのってもらわないといけないんです」ニッコリ

ことり「ま、待ってよ!私関係ないと思うんだけど!?」

海未「……貴方は困っている親友を見捨てるんですか?」

ことり「うっ」

海未「恋愛経験もない私が唯一相談できる相手なんてことりだけなのに……」

ことり「うぅ……」

海未「ことりにまで見捨てられたら私はどうやって穂乃果とくっ付けば……」ドヨーン

ことり「もう……わかったよ……協力するから……」

海未「本当ですか!?ではどうすればいいですかっ!?」

ことり「はぁ……もうどうにでもなれだよ。>>2とかしてみれば?」

元スレ: 海未「>>2をして穂乃果と結ばれます!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2014/12/24(水) 23:48:56.56 ID:EaEJ0Ip5.net
スカートめくり
7: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 00:04:45.59 ID:yFgHbERr.net
ことり「とりあえずスカートめくりとかは?」

海未「……はい?」

ことり「スカートめくりだよ!」

海未「私は真剣に相談してるんですが……」

ことり「わ、私だって真剣だよっ、知らないのスカートめくりの本当の意味を!」

海未「スカートめくりの本当の意味ですか……?」

ことり「スカートめくりってのはね、大好きな人に想いを伝えられない子が
精一杯勇気を振り絞ってやる高貴なる悪戯なんだよ!」

海未「高貴なる悪戯……」

ことり「大好きな子に少しでも振り向いてもらいたい、そんな想いがスカートをめくらせるの!
ほら!今の海未ちゃんにぴったりでしょ!?」

海未「い、言われてみれば確かに……」

ことり「穂乃果ちゃんを落とすにはスカートめくりしかないよ!レッツチャレンジだよ!」

海未「話を聞いてると名案に感じてきました……、では早速いってきます!」ダッ

ことり「がんばってねー!」



8: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 00:05:48.90 ID:yFgHbERr.net
海未「穂乃果は……いましたっ!」

穂乃果「~~~♪」ピョコピョコ

海未「ふふっ、何も知らず楽しそうに歩いていますね。今からあなたのスカートを私がめくらせてもらいます!」

海未「そして穂乃果と……結ばれますっ!」クワッ


海未「穂乃果!」タッタッタッ

穂乃果「あっ!海未ちゃ―――」

海未「このタイミングを待っていましたっ!」シュバッ

穂乃果「―――ん……へっ?」フサッ

海未「……しましまですか」ツゥー

穂乃果「あ……あ……ぅ……」

海未「おっと鼻血が……」フキフキ

穂乃果「さ……さ……さ……」

海未(さ?最高!とか最愛!とかでしょうか?これはもう落ちたも同然ですね)フフッ

穂乃果「最低ッッッ!」バシンッ

海未「ですよね!」



10: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 00:08:15.02 ID:/laSziM6.net
海未「……」フラフラ

ことり「あっ、海未ちゃんおかえり!」

海未「……ただいまです」ボロボロ

ことり「どうだったの?穂乃果ちゃんは落とせ「ぼこされました」

ことり「へっ?」

海未「スカートを捲ったところボッコボコにされました」

ことり「……」

海未「絶交されかけそうにもなりました」

ことり「……」

海未「ちょうど持っていたランチパックのおかげで一命は取り留めましたが……」

ことり「大変だったね……」

海未「誰のせいですかっ!」

ことり「ピィッ!?」

海未「良いですか!次は真剣に!真剣にお願いします!」

ことり「ご、ごめんね。次はもっといい案だすから・・・・…」

ことり(なんでスカートめくりとか言っちゃったんだろ……)

ことり(実行する海未ちゃんも海未ちゃんだよね……っといけない!それより早く考えてあげなきゃ)

ことり「えーっと……>>11とか!」
11: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 00:10:22.72 ID:3GgvHZnt.net
わしわし
18: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 00:47:54.07 ID:/laSziM6.net
ことり「うーんと……わしわしなんてどうかな?」

海未「わしわし……ですか?」

ことり「うん、希ちゃんがいつもやってるやつ」

海未「……本気で言っていますか?」

ことり「い、一応は本気……かなぁ?」アハハ

海未「……セクハラですよね?」

ことり「うっ……あの……その……ね?」

海未「さすがに連続でセクハラはいかに穂乃果と言えど……」

ことり「ち、違うの!わしわしはセクハラなんかじゃないのっ!」ドンッ

海未「こ、ことり!?」

ことり「わしわしはね、セクハラなんかじゃなくて……親愛……そう、親愛の証なの!」

海未「親愛の証……ですか?」
19: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 00:49:03.21 ID:/laSziM6.net
ことり「いつも希ちゃんがわしわしをしてるけど、みんな嫌がってないよね?」

海未「確かにそうですが……」

ことり「これぞ親愛の証の証明だよ!」グイッ

海未「そ、そうでしょうか……」

ことり「だからね、海未ちゃんも穂乃果ちゃんにわしわしをしてその気持ちを伝えてあげなきゃ!」

海未「で、ですが引かれないでしょうか……?」

ことり「穂乃果ちゃんはそれくらいで他人を嫌ったりなんてしないよ、そうでしょ?」

ことり(あれ?なんで私ここまでわしわしを推してるんだろう。冷静に考えるとただのセクハラな気も……
でももう引けないし……)

海未「……そうですよね。私やります!穂乃果にわしわしをしてきますっ!」ダッ

ことり「が、頑張ってね!」



20: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 00:52:50.01 ID:/laSziM6.net
海未「ほ、穂乃果っ!」

穂乃果「あっ、海未ちゃん。何々?またランチパックくれるの?」フリフリ

海未「違います。その……少し用がありまして」

穂乃果「用?……むっ。また穂乃果のスカートを捲ろうとしてるんじゃ!」ジトー

海未「そ、そんなセクハラもうしませんっ!」

穂乃果「本当かなぁ?」ニヤニヤ

海未「本当ですっ」

穂乃果「えへへ、冗談だよ。それで用事ってなんなの?」

海未「用事とは……こ、これですっ!」ムニョッ

穂乃果「えっ?」

海未(あっ、柔らかい)ワシワシ

穂乃果「~~~~!?///」
21: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 00:53:49.69 ID:/laSziM6.net
海未(不思議な気持ちです。思えば今までずっと傍に居たのに
こうやって自分からスキンシップをすることはなかった気がします……)ワシワシ

穂乃果「ちょ、ちょっと!///」

海未(いつも穂乃果からくるのを待ってばかり……それでは駄目に決まってます)

穂乃果「う、海未ちゃん?///」

海未(私の気持ちは少しでもあなたに届きましたか?)ワシワシ

穂乃果「も、もう!いい加減にしてよっ///」バッ

海未「っ!ほ、穂乃果?」

穂乃果「こ、こんなことを道のど真ん中でやるなんて恥ずかしいよっ!///」

海未「ご、ごめんなさい……ですが……」

穂乃果「それに海未ちゃんからなんて……///」ドキドキ

海未「穂乃果?少し顔が赤いですが大丈夫ですか?」

穂乃果「っ!ど、どうせ希ちゃんが何か言ったんだよね!よし、苦情言いに行かなきゃっ!///」ダッ

海未「い、いえ。希は関係ないのですが……。行ってしまいましたか……」




23: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 00:57:42.36 ID:/laSziM6.net
ことり(今頃絶対大失敗しちゃってるよね……?)

ことり(海未ちゃんの穂乃果ちゃんへの気持ちは本物だし
もうちょっと真面目に考えてあげなきゃダメだったかなぁ……)

ことり(次は真面目に考えてあげよう……次があればだけど……)

海未「戻りました」ガチャ

ことり「お、おかえりなさい!その……結果はどうだったの……?」

海未「うーん……何とも言えませんね……」

ことり「や、やっぱり……?」

海未「わしわしをしたところ、真っ赤になって走り去ってしまいました……」

ことり「えっ?」

海未「スカートめくりよりもマシな反応だったとは思いますが、これで落とせるかどうかは……」

ことり(それって悪くない反応なんじゃ……)

海未「もうひと押し欲しいですね……。」

ことり(海未ちゃんは気づいてないみたい……)

海未「どうにも手ごたえがないんですよね……、すごく柔らかかったのですが。
次はどうしたらいいと思いますか?」

ことり「あははっ……聞かなかったことにしておくね
じゃあ>>24とかは?」
24: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 00:59:06.06 ID:3GgvHZnt.net
園田流臀部秘孔突き
32: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 01:35:07.22 ID:/laSziM6.net
ことり「じゃあ園田流臀部秘孔突きとかは?」

海未「は、はい?」

ことり「園田流臀部秘孔突きだよ?」

海未「何ですかその園田流臀部秘孔突きって!?」

ことり「えっと確かお尻にある穴を突くことなんだけど……俗にいうカ、カン」

海未「い、言わないでいいですっ!///なぜそのようなことをしないといけないんですか……
そもそも園田流って……」

ことり「……園田家にはね、代々求婚の儀があるの」

海未「求婚の儀ですか?初めて聞きましたが……」

ことり「そしてその求婚の儀が園田流臀部秘孔突きってわけなんだよ?」

海未「……」
34: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 01:36:45.07 ID:/laSziM6.net
海未「……」

ことり「信じられないよね……、でも穂乃果ちゃんと結ばれるにはこれしかないの。信じて―――」

海未「……信じますよ」

ことり「えっ……?」

海未「ことりは、いつも私の傍に居て助けてくれました。そんなことりを信じないわけないじゃないですか」

ことり「で、でもっ!」

海未「園田流臀部秘孔突き……、いいじゃないですか。必ず成功させてみせます」

ことり「海未ちゃん!」

海未「穂乃果を連れて必ず戻ってきます。待っていてください」ダッ

ことり「待って!まってええええ!」






ことり「どどど、どうしよう!軽い冗談のつもりだったのに完全に信じちゃったみたい……」

ことり「私が園田家の求婚の儀とか知ってる訳ないのに……」

ことり「このままだと海未ちゃんは……」ブルブル

ことり「う……う……ホノカチャーン!」



37: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 01:40:12.25 ID:/laSziM6.net
穂乃果「……」テクテク

海未(いました穂乃果です!今日も可愛いお尻をふりふりして歩いていますね)

穂乃果「……♪」テクテク

海未(今からあのお尻に私の指が……いえ、これは求婚の儀です。邪な感情は捨てなくては)

海未(穂乃果……貴方と出会ってから貴方を想わなかった日はありません)

海未(貴方の何気ない一言で私は喜び、また傷つくこともありました)

海未(ですが、そんな日々はもう終わりです)

海未(これからは穂乃果と二人で一緒の道を歩んでいきたい、そう思うんです)

海未(私の想い、全てをこの指に集中させます)

海未(行きますっ!)ダッ
38: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 01:41:39.03 ID:/laSziM6.net
海未「穂乃果ぁぁぁぁ!」ダッダッダッ

穂乃果「んっ?」

海未「園田流臀部秘孔突き!」ブシュッ

穂乃果「!?!??!?!?!?!?!?!?」

海未「届けええええええええええええっ!」グリグリグリグリ

穂乃果「ぎにゃああああああああああああ!」

海未(まだですっ!私の想いは……私の穂乃果への気持ちはこんなものではありません!)

海未「貫けえぇぇえええええええええええ!!!」グリグリグリグリグリグリグリグリ

穂乃果「うぐぅぅぅぅぅうぅっ!?」

海未「届きました……か?」

穂乃果「……」バタンッ



40: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 01:46:08.19 ID:/laSziM6.net
ガチャッ

海未「……」ズタボロボロ

ことり「お、おかえりなさぁい!」ビクビク

海未「絶交されました」

ことり「あは、あはははっ……」

海未「携帯も着拒されてラインもブロックされました」

ことり「そ、そんな日もあるんじゃない……かなっ?」

海未「私の顔も見たくないと言われました」

ことり「相当お怒りだね……、で、でも穂乃果ちゃんならきっと許してくれるかも……」

海未「私が穂乃果と結ばれることは二度とないでしょうけどね」

ことり「あ!私ちょっと用事思いついちゃったから出るねっ」スタ

海未「……」ガシッ

ことり「う、海未ちゃん……?」ビクビク

海未「……」ギリギリ

ことり「私用事が……」

海未「……」ミシミシ

ことり「い、痛いよ……」

海未「コノウラミハラサデオクベキカ」

ことり「いやあああああああああっ!ごめんなさああああああああい!」

その後、南ことりをみたものはいなかった……
45: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 02:10:29.95 ID:/laSziM6.net
海未『園田流臀部秘孔突き!』



穂乃果『ずっと、ずっと好きだったのに!海未ちゃんなんて嫌い嫌い!大っ嫌い!』



海未『コノウラミハラサデオクベキカ』

――――
―――
――


海未「すぅ……すぅ……はっ!」

海未「どうやら眠っていたみたいですね……何か変な夢を見ていた気が……」

海未「よく思い出せませんがとてもひどい夢だった気が……」

海未「っと、いけない今日はことりに穂乃果のことを相談しようと思っていたんでした」

海未「ことりならどうすれば穂乃果に私に想いが届くのかきっと教えてくれるは……っ!」ビリッ

海未「う……あ、頭が……割れ……」ビリビリ

スカートめくり わしわし 園田流臀部秘孔突き

海未「何かが頭の中にはいって……くっ……」ズキズキ



48: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 02:12:03.68 ID:/laSziM6.net
海未「よ、ようやく収まりました……」

海未「……なぜでしょうか、ことりには相談しないほうがいい気がしてきました」

海未「誰かに教えてもらった道を歩いて穂乃果と付き合えても後悔する、そんな気がするんです……」

海未「そう……ですよね。本当に穂乃果が好きなら
自分でちゃんと考えて、想いを伝えないと駄目ですよね」

海未「そうと決まれば私なりに穂乃果にアタックしてみますか……」

海未「とりあえず>>49でもして様子を見ますか」
49: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 02:12:36.61 ID:AbcXpPKK.net
壁ドン
57: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 02:49:39.01 ID:/laSziM6.net
海未「そうですね、壁ドンなんていいんじゃないでしょうか……」

海未「この前に見た雑誌で、女の子がときめくシチュエーションと紹介されていましたし」

海未「いくら鈍感な穂乃果と言えどあれをされれば!」

海未「今なら穂乃果は生徒会室に居るはずです」ダッ



58: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 02:50:10.88 ID:/laSziM6.net
ガチャッ

穂乃果「むぐっ?」モグモグ

海未「穂乃果……んっ?」

穂乃果「んぐっ……ゴックン……よーし!今日も仕事頑張らなきゃ!」アセアセ

海未「穂乃果もしかしてまた……」ジトー

穂乃果「べ、別にお菓子なんて食べたりしてないよ!?仕事してたし!」

海未「その机の上にある袋はなんですが?」

穂乃果「ひいっ!これは……」ビクビク

海未「これはなんですか?」ゴゴゴッ

穂乃果「うー……う……逃げるっ!」ダッ

海未「あっ!待ちなさい!」

穂乃果「やだっ!待ったらお説教するもん!」

海未「逃げてもします!」

穂乃果「捕まらなきゃいいだけだもん!」

海未「くっ……絶対に捕まえますっ!」



59: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 02:51:36.66 ID:/laSziM6.net
穂乃果「はぁ……はぁ……もうだめ……」

海未「ふぅ、ようやく捕まえられました」ハァハァ

穂乃果「はぁ……はぁ……海未ちゃん体力ありすぎ……」

海未「トレーニングの期間が違いますからね」

穂乃果「さすがだねっ、じゃあ食後の運動もできたし戻ってお仕事しないとねっ!」

海未「逃がしませんよっ!」グイッ

穂乃果「うう……覚えてた……」

海未「当然ですっ!」

海未(……ちょうどいいことに穂乃果は壁際……やるなら今ですね)

穂乃果「ちょっとお菓子食べてただけじゃん……良いじゃん少しくらいさ……」

ドンッ!

穂乃果「!?」ビクッ

海未「駄目です!貴方は本当にいつもいつも……」
60: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 02:52:22.33 ID:/laSziM6.net
穂乃果「う、海未ちゃん……?なんか近い……///」

海未「いい機会だから言わせてもらいます!穂乃果はいつもいつもですね―――」

海未(こ、これ想像以上に近いし恥ずかしいです……///)

穂乃果「あぅ……///」

海未(穂乃果の顔がこんなにも近くに……)ドキドキ

海未(……ですが、なんだか緊張しすぎて逆に冷静になってきましたね)ジトー

海未(こうしてみるといつもは気になりませんが、やはり穂乃果の方が少し小柄なんですね)ジーッ

穂乃果「う、海未ちゃんど、どうしたの?黙っちゃったけど……」

海未(それにやっぱり穂乃果はいい匂いがしますね、落ち着きます)スンスン

穂乃果「どうしたの?なんだか恥ずかしいよ……///」

海未「いえ、何だか穂乃果の匂いは落ち着くなと思いまして」

穂乃果「っ……!//もうっ!仕事戻らないとことりちゃんに怒られちゃうよっ///」カァァッ
61: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 02:54:42.49 ID:/laSziM6.net
穂乃果「っ……!//もうっ!仕事戻らないとことりちゃんに怒られちゃうよっ///」カァァッ

海未「確かにそうですね……では最後に私の目を見てください」

穂乃果「海未ちゃんの目……?」ジーッ

海未(やはり見つめられると恥ずかしい……ですがここで頑張って穂乃果と落とさなければ!)

海未「穂乃果、私の目をきちんと見て反省してますと言ってください。それで解放しますから」

穂乃果「わ、わかったよぉ……。その……反省してます……」

海未「本当ですか?」ジー

穂乃果「ぅ……本当だから……そんな近くで見ないで///」ドキドキ

海未「近いって……いつもは自分から抱き着いたりするじゃないですか……」

穂乃果「それとこれとは別なの!///」

海未「なんだか理不尽な気がしますね」

穂乃果「いいからっ!」

海未「わ、わかりました」パッ

穂乃果「ふっ……///」ドキドキ

海未「あの、顔が真っ赤ですが大丈夫ですか……?」

穂乃果「こ、これは……そう!走ったからだから!他に理由なんてないから!」

海未「そうですか……?」



穂乃果「まったく……海未ちゃんの癖に不意打ちだなんて」ボソッ



63: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 02:55:53.06 ID:/laSziM6.net
海未「壁ドン……これは意外な反応でした」

海未「穂乃果のことですから動じないと思っていたのですが……」

海未「もしかして何だかんだで穂乃果も私のことを……!?」

海未「い、いえ!まだ断定するには早いですっ」

海未「>>64をしてもう少し探りをいれて見ますか」
64: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 02:56:38.82 ID:m5KfypsG.net
カラオケに連れ出してラブソングを歌う
67: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 03:11:25.38 ID:/laSziM6.net
海未「そうですね……カラオケに誘ってラブソングを歌ってみるなんてどうでしょうか?」

海未「カラオケなら誘いやすいですし、密室で二人きりでラブソング……探りを入れるには完璧です!」

海未「ら、ラブソングが少し恥ずかしいですが……ここは我慢ですね……」

海未「そ、それにもしかしたら穂乃果もラブソングで返してくれるかも……」

海未「そうと決まれば早速決行ですっ!」



68: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 03:12:25.91 ID:/laSziM6.net
~カラオケ屋~

穂乃果「えへへ、カラオケなんて久しぶりだな~♪」

海未「最近は練習で歌うので、あまりカラオケには行きませんでしたね」

穂乃果「だねっ、ところで海未ちゃんがカラオケに誘ってくるなんて珍しいね!
どうかしたの?

海未「い、いえ!たまたまそういう気分だっただけです!」

穂乃果「だったらみんなも誘った方が……」

海未「だ、ダメです!穂乃果と二人きりじゃないと!」

穂乃果「んっ、なんで?」
69: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 03:13:58.64 ID:/laSziM6.net
海未「その……歌いにくいというか……、とにかく穂乃果と二人きりが良いんです!」

穂乃果「へっ?」

海未(ら、ラブソングなんてただでさえ恥ずかしいのに、人前で歌えるわけないじゃないですかっ!)

穂乃果「穂乃果と二人きりが……えへへ!そっか!うんうん、そっかそっか!」

穂乃果「よしっ!今日はいっぱい歌っちゃうぞ♪」

海未「そ、そうですね。私も頑張ります……」

穂乃果「ファイトだよっ!」ルンルン

海未(なんだか穂乃果の機嫌がすごくよくなった気が……?)

穂乃果「それで海未ちゃんは何を歌うの?」

海未「私ですか?私は>>70です」(ラブソング限定)
70: 名無しで叶える物語(大酒)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 03:14:38.15 ID:BzTZj8AA.net
ラブマージナル
73: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 03:33:18.96 ID:/laSziM6.net
海未「まずはラブマージナルでも歌ってみようと思います」

穂乃果「えっ?私たちの曲?」

海未「前から歌ってみたかったんですよね。この歌詞大好きなんですよ」

穂乃果「なんだか照れちゃうね!///」

海未(切なさが詰まってて……、今の私の気持ちにとてもマッチしてます)

~~~~♪

穂乃果「あっ!はじまるね。海未ちゃんのラブマージナル、どんな感じになるのか楽しみだなっ」

海未「頑張って歌いますね」

海未(そして、この想いを貴方に届けます!)
74: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 03:34:47.66 ID:/laSziM6.net
海未「青く透明な私になりたい 友達のままであなたの前で~♪」

穂乃果「わぁー!やっぱり海未ちゃんの歌声綺麗!」

海未「側にいるからつらくなる 優しすぎるのと」

穂乃果(あれ?なんだろう……ぴりぴりする……)

海未「最初であったあの日がいまも消えない~♪」

穂乃果(海未ちゃんの歌い方のせいかな?すごく胸が……)

海未「大好き」ジーッ

穂乃果「っ……!///」ゾクゾク





海未「どうでしたか?自分なりに精一杯歌ったのですが……」

穂乃果「えっ……う、うん!とっても良かったよ!」ドキドキ

海未「本当ですかっ!?」パァァッ

穂乃果「聞いてる穂乃果の方がもうぐちゃぐちゃになっちゃって!
あー!もううまく言えないけどとっても良かったのっ!」

海未「そうですか……安心しました」

穂乃果(な、なんかわかんないけどこのままじゃ駄目だ!穂乃果も歌わないとっ!)

>>75(曲名なんでもOK)
75: 名無しで叶える物語(WiMAX)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 03:35:22.25 ID:ZO7FpNpZ.net
すのはれ
81: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 04:45:19.91 ID:/laSziM6.net
~~~~♪

海未「これは……Snow halationですか?」

穂乃果(この曲が今の穂乃果にぴったりなきがする……なんでだろう
自分でもわからないや)エヘヘ

穂乃果「不思議だねいまの気持ち空から降ってきたみたい♪」

海未(スノハレってラブソングですよね……)

穂乃果「届けて 切なさには~♪」

海未(もしかして穂乃果に私の気持ちが届いたのでしょうか)ドキドキ

穂乃果「想いが重なるまで待てずに 悔しいけど好きって純情」

海未(きっとそうに決まっています!ようやく穂乃果に私の気持ちが……あぁ……)
82: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 04:46:08.29 ID:/laSziM6.net
穂乃果「ふぅ……気持ちよかった!次は何歌おうかな?」

海未「ほ、穂乃果!少し気になったのですが、スノハレを歌った理由とかあったりしますか?」

穂乃果「理由?」

海未「はい、最初は激しい曲で来ると思ったので……少し意外でして」ドキドキ

穂乃果「えーっと確かソノハレを歌おうとした理由は……」

海未「理由は……?」ゴクリ

穂乃果「……なんだっけ?」

海未「はい?」

穂乃果「海未ちゃんの言う通りスノハレを歌おうとしたのには理由があったんだけど……
歌ってたら気持ちよくなって忘れちゃった!」
83: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 04:46:39.15 ID:/laSziM6.net
穂乃果「きっと大したことじゃなかったのかも!」

海未「いえ、なんでもないです……」ガックリ

穂乃果「そう?それより海未ちゃんは次はどうするの?」

海未「……次はこれです」

スキスキプワプワ~~~~♪

穂乃果「こ、これって……今日の海未ちゃん攻めるね……」

海未「ヤケです」ニッコリ

穂乃果「や、ヤケ?」

海未「とにかく!とことん付き合ってもらいますからね」

穂乃果「わ、わかってるよ!海未ちゃんは穂乃果と二人きりじゃないとダメなんだもんね」フフンッ



86: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 04:52:14.60 ID:/laSziM6.net
海未「ふぅ、カラオケもたまに行くといいものですね」

海未「ですがラブソングは恥ずかしかったです……」

海未「それにぷわぷわーおはやりすぎでしたよね……早く忘れることにしましょう……」

海未「で、でもカラオケの後から穂乃果との仲が縮まった気がします!」

海未「この調子でいつか穂乃果と……」

海未「そのためにも次は>>87でもしてみますか」
87: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 04:52:54.15 ID:AUBWyu/4.net
マジレスするとぷわぷわはカラオケに入っていない
88: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 04:53:14.52 ID:AUBWyu/4.net
すまん下で
91: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 04:59:33.19 ID:nQnDqx/H.net
密室で二人きり
93: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 05:44:58.31 ID:/laSziM6.net
海未「そういえばカラオケの時、スノハレのことをソノハレって言ってた気が……」

海未「言い間違えでしょうか?いえ、これにはきっと何か理由が……?」

海未「ソノ……ソノ……ソノダ……私のことですか?」

海未「そしてハレはそのまんまハレーションつまり……」

海未「ソノダハレーションですかっ!?」

海未「もしや穂乃果は私に何かを伝えようと……」

海未「……って、そんなわけないですよね。どうせただの聞き間違いです」

海未「それよりカラオケでは穂乃果と急接近することができました」

海未「もっと親密になるため……次は密室です!」

海未「外部からの干渉がない密室で穂乃果と二人で過ごす、とても素敵ですね……」

海未「早速チャレンジですね」クイッ



94: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 05:45:24.97 ID:/laSziM6.net
~生徒会室~
ガララッ
穂乃果「うぅ……今日も生徒会のお仕事頑張らないとね……」

海未「今日はことりもいないんです、二人で頑張りましょうね」ガチャッ

穂乃果「んっ?ガチャッって?」

海未「あっ……きょ、今日は鍵を閉めて作業をしてみようかなと!」アセアセ

穂乃果「鍵を閉めるの?なんでまた?」

海未「み、密室がですね!そのですね!」アセアセ

穂乃果「う~ん?まあいっか!」

海未「ほっ……」

穂乃果「よしじゃあ作業頑張ろうかっ!」

海未「はい!」



95: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 05:46:05.10 ID:/laSziM6.net
穂乃果「……」モクモク

海未「……」チラッ

穂乃果「……」モクモク

海未「……」チラッ

穂乃果「……」モクモク

海未「……あの」

穂乃果「うん?どうしたの?」

海未「今日は何か違った感じがしませんかっ?」

穂乃果「えっ?違った感じ……?」

海未「はい、些細なことでもいいんですが!」ドキドキ

海未(密室に二人きり!これなら穂乃果もドキドキしてくれるはずですっ)

穂乃果「うーん……ことりちゃんがいないくらいかなぁ?」

海未「ほ、他にはないですかっ?胸がドキドキしたりとか」

穂乃果「特にないかな……?」

海未「そ、そうですか……」シュン

穂乃果「?」
96: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 05:47:37.19 ID:/laSziM6.net
~数時間後~

穂乃果「よし作業おしまいっ!」

海未「そ、そうですね……」

海未(何事もなく終わってしまいました……)

穂乃果「じゃあ帰ろうかっ!……あっ、鍵かけてたんだっけ」ガチャッ

海未「……」シュン

穂乃果「?どうしたの海未ちゃん?元気ないけど……」

海未「いえ、なんでもないです……なんでも……」

穂乃果「う~ん……、ねえ帰りにクレープでも食べに行こうよ!」

海未「クレープですか?」

穂乃果「うん!元気を出すためにはクレープが一番だよっ。いいでしょ?」

海未「別にいいですが……」

穂乃果「やった!じゃあ決定ねっ。早くいこう!」グイッ

海未「ほ、穂乃果っ!引っ張らないでください///」

穂乃果「食べたいクレープあったんだ!食べさせっこしようよ!」

海未「わ、わかりましたからっ///」




97: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 05:48:36.25 ID:/laSziM6.net
海未「冷静に考えてみれば内側から鍵をかけて密室を作っても、あまり意味がありませんでしたね……」

海未「むしろ普段とは何も変わらず私一人がそわそわしただけ……」

海未「い、いえ!その後のクレープデートは密室効果なんです!……多分」

海未「あの時の穂乃果と食べさせあうクレープの甘さ、この世の物とは思えませんでした」

海未「密室の方は次はもっと不可抗力で閉じ込められないと駄目ですね……」

海未「とりあえずまた距離を縮めるために>>98しますか……」
98: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 05:51:36.69 ID:txt7IV5K.net
プリクラ
100: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 06:34:05.55 ID:/laSziM6.net
海未「そうですね……二人でプリクラとか撮ってみたいですね」

海未「大人数で撮ることはありますが、穂乃果と二人きりはなかったはずです」

海未「やはり二人でプリクラは仲良しの象徴みたいな感じがしますしね」

海未「撮った後は携帯に張り付けたり、さりげなく周りの人に見せてしまったり……
色々なことに使えそうですね」

海未「勇気を出して穂乃果を誘ってみましょう!」




101: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 06:34:30.23 ID:/laSziM6.net
~ゲームセンター~

穂乃果「わー!今っていろんな筺体があるんだねっ!」

海未(うぅ……頑張って誘ってみたものの……いざ撮るとなると緊張しますね……)

穂乃果「あっ!これなんて良さそうだね。……んっ?」

海未(これからあの狭い筺体の中で穂乃果とプリクラを……)

穂乃果「コスプレの貸し出しもしてるみたいだよっ」

海未(プリクラを取るだけなのになぜこんなに緊張するのでしょうか……
もっと恥ずかしいこともしてきたはずなのですが)

穂乃果「これなんてどうかな!ウェディングドレス♪結婚するみたいだね」

海未「だ、ダメです!結婚はまだ早いですっ!……えっ?」

穂乃果「び、びっくりしたぁ……コスプレ衣装のことだよ?」
102: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 06:34:51.29 ID:/laSziM6.net
海未「す、すみませんっ!少しぼーっとしていました……」

穂乃果「……もしかして穂乃果が結婚する勘違いして焦っちゃったりして!」

海未(うっ……!)ドキッ

穂乃果「なんてね、冗談だよ!そんなことで焦るわけないよね」

海未(それと近いことで焦っていたんですが……)

穂乃果「……それに大丈夫だよ、穂乃果は海未ちゃんを置いて結婚したりなんてしないから」

海未「それって……」

穂乃果「じゃあプリクラ撮ろうか!いこっ!」グイッ

海未「あっ、穂乃果ぁ!」

―――
――
103: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 06:35:17.48 ID:/laSziM6.net
穂乃果「ふぇー、フレームとかいろいろあるんだね。何がいい?」

海未「わ、私はどれでも大丈夫です!穂乃果の好きな物でっ」

穂乃果「そう?うーん……じゃあこれっ!」

海未「大きなハートのフレームですかっ!?///」

穂乃果「うん!可愛いでしょ?このハートの中に二人で入るように撮ろうね!」

海未「この中に二人ってかなり密着する必要が……」

穂乃果「当たり前だよっ、プリクラってそういうものだし。ほらほらくっついて!」ギューッ

海未「ほ、穂乃果!距離がっ!///」

穂乃果「だってそうしないと収まらないし……」モギューッ

海未「ですがっ!」

穂乃果「この前は穂乃果が言っても離してくれなかったくせに……ほら、撮るからね!」ギューッ

海未「う……あ……///」

穂乃果「チーズっ!」

パシャッ



104: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 06:35:38.14 ID:/laSziM6.net
穂乃果「あとは適当にデコレーションしてっと」ピコピコ

海未「うぅ……恥ずかしかったです……」

穂乃果「こんな感じかな……完成っ!」シュタッ

海未「で、できたんですか……?」

穂乃果「うん!見て見てすっごく面白いよっ」

海未(これが……私と穂乃果の初プリクラ……)

海未「うんっ……?」

穂乃果「海未ちゃんったら、顔真っ赤で目をつぶってるんだもん」ウププ

海未「っ!誰のせいですかっ!誰の!」
105: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 06:36:06.92 ID:/laSziM6.net
穂乃果「し、知らないよ!穂乃果の好きなフレームにしていいって言ったのは海未ちゃんだもんっ」

海未「確かにそうですが……しかしこれはですねっ!」

穂乃果「それにこれも中々いいんじゃないかな?ほら、何だか付き合いたてのカップルみたいだし!」

海未「か、かっぷる……?///」

穂乃果「あくまで例えだけどね!―――海未ちゃん?」

海未「かっぷる……かっぷる……」ボソボソ

穂乃果「……海未ちゃん?」

海未「初プリクラですし仕方がないですよね、うん。そうですこうなるんです!」

穂乃果「とりあえず満足してくれたみたいだしいいけど……」

海未「プリクラはまた撮りに行けばいいんですもんね」

海未「それよりもカップル、カップル、カップル……」ボソボソ

穂乃果「な、なんか怖いからそっとしておこう……」
106: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 06:37:14.88 ID:/laSziM6.net
~~~~~

海未「プリクラ……とれました……」ウットリ

海未「こうしてみると確かに付き合いたてのカップルみたいですね……」ウットリ

海未「穂乃果と私が……カップル……」ウットリ

海未「私と穂乃果が……カップル」ウットリ

海未「なんと甘美な響きなんでしょうか……」

海未「穂乃果とカップル……トキメキが止まりませんね……」

海未「早く本当に穂乃果と恋人同士になれるように頑張らなくては……」

海未「次は>>107とかやってみましょうか」
107: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 06:37:19.13 ID:lNCx96cE.net
あら^~
109: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 06:38:36.90 ID:eWG9543n.net
チラ見する
123: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 22:34:32.73 ID:nKbqsvMK.net
海未「そういえばこの前読んだ雑誌に、チラ見とは脈ありのサインだって書いてありましたね」

海未「次は穂乃果にチラ見してアピールしてみましょうか……」

海未「歌ったり壁ドンしたりよりも全然ハードルは低いですし」

海未「穂乃果の方も私を意識してくれたりするかもしれませんし……」

海未「そのまま二人の仲も急接近してしたりするかもしれませんし……!」

海未「我ながらチラ見とは名案なのでは……?早速してみましょう!」



124: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 22:35:22.56 ID:nKbqsvMK.net
穂乃果「~~~♪」

海未「……」チラッ

穂乃果「んっ?」

海未「……」プイッ

穂乃果「……?」キョトン

海未「……」チラッ

穂乃果「っ!」スッ

海未「……」プイッ

穂乃果「!?」

海未「……」チラッ

穂乃果「っ!」バッ

海未「……」プイッ

穂乃果「うぐぐ……」

海未「……」フフン

海未(どうですか、私のチラ見は!捉えることすらできないでしょうっ)

海未(ずっと一緒だったんですよ?穂乃果が振り向く時のクセや筋肉の動きはしっかり把握しています)

海未(見られてるのに確証が持てない、このじれったさの中果たしてどう出ますか……!)
125: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 22:36:15.52 ID:nKbqsvMK.net
穂乃果「……」ジトー

海未「んっ?どうしたんですか?」

穂乃果「……さっきから穂乃果のことチラ見してない?」ジーッ

海未「べ、別にみてません!何を言ってるんですかまったく……」

穂乃果「むぅ、だってところどころで海未ちゃんの視線を感じるんだもん!」

海未「証拠は何かあるんですか?」

穂乃果「それは……ないけどさ……」

海未「なら気のせいですよ。まったく穂乃果ときたらすぐ人を疑うんですから」

穂乃果「絶対気のせいじゃないのに……」

海未「そんなに私が穂乃果を見てるというなら、一度くらい視線が交差してもおかしくないですよ?」
126: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 22:36:46.87 ID:nKbqsvMK.net
穂乃果「でも絶対見られてるんだけど……、そうだっ!」

海未「ん?」

穂乃果「……」ジーッ

海未「ど、どうしたんですか?」

穂乃果「……」ジーッ

海未「あの、そんなにこっちを見て一体何が……」

穂乃果「……」ジーッ

海未「ほ、穂乃果?」

穂乃果「……」ジーッ

海未「ほ、穂乃果!いい加減にしてくださいっ!///」

穂乃果「……ふふっ、これが穂乃果流の対策だよ!なずけてガン見戦法だよっ!」

海未「ガ、ガン見戦法……!?」
127: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 22:39:30.92 ID:nKbqsvMK.net
穂乃果「ずっと海未ちゃんの方を向いてれば、隠れてチラ見なんてできないもんね」

海未「まさかそんな作戦で私のチラ見がやぶられるとは……」

穂乃果「あっ!チラ見って今言ったよね!?やっぱりしてたんだね!」

海未「あっ……」

穂乃果「まったく嘘までついて……、なんでチラ見なんてしてたの?ま、まさか寝癖のこってた!?」

海未「ち、違います。そういうわけではないんですが……」

穂乃果「えー?じゃあなんで急にチラ見?」

海未「な、内緒です!」

海未「こ、こればかりはまだ言えません!内緒ですっ!」ダッ

穂乃果「内緒って……あっ!急に走り出さないで!海未ちゃーん!」



128: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 22:40:31.79 ID:nKbqsvMK.net




海未「ふう、危なく穂乃果のペースで尋問されてしまうところでした……」

海未「チラ見作戦は……あまり成功とはいえませんでしたね」

海未「穂乃果との距離はだいぶ近づいてると思うのですが……いやはや恋愛とは難しいものですね」

海未「めげずに次は>>129をしましょうか」
129: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 22:41:38.05 ID:Fz5t1A5B.net
告白
134: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:23:13.40 ID:z/m6/Iwu.net
海未「そうですね……告白……してみましょうか」

海未「っ……!駄目です。まだ早いに決まってます……」

海未「確かに以前よりもさらに仲が深まった感じはしますが……告白はまだっ!」

海未「ですが……穂乃果は色々な人に好かれます……μ'sを始めてからは特に……」

海未「このままのんびりしていたら、穂乃果を誰かに取られてしまうのではないでしょうか……」

海未「私以外の誰かに、穂乃果を……」

海未「ダメですっ!そんなの……絶対にダメです!」

海未「なら、私がしなくてはいけないことは一つだけですね……」



135: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:30:58.52 ID:z/m6/Iwu.net
~次の日・校舎裏~

海未(今日、これから私は穂乃果に告白します)

海未(どうなるかなんてわかりません、もしかしたら今までの関係ではいられなくなるかもしれません)

海未(ですが……何もしないまま穂乃果を取られるのは嫌だから
……私は自分のできることをしようと思います)

海未「ふふっ、案外緊張しないものなんですね、逆にしすぎて感情が麻痺してしまったんでしょうか……んっ?」

テクテクテク

穂乃果「お待たせ海未ちゃん!」

海未「……穂乃果、すみません。わざわざこんなところまで」
136: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:32:28.00 ID:z/m6/Iwu.net
穂乃果「うんっ、急にメールで呼び出されてびっくりしたよ!
こんなところに呼び出してどうしたの?」

海未「いえ、少しシチュエーションを大切にしてみようかと思いまして」

穂乃果「しちゅえーしょん?」

海未「ふふっ、穂乃果に言ってもわかりませんよね」

穂乃果「う、うん?」

海未「すみません、やはり少し緊張しているみたいです」

穂乃果「緊張?用事っていったい……」

海未「でも、当然ですよね。だってずっと好きだった人に想いを告げるんですから」

穂乃果「……えっ?」

海未「……好きです、友達としてではありません。
一人の女性として穂乃果のことが好きです」
138: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:35:27.39 ID:z/m6/Iwu.net
穂乃果「え……え?あ……え?」

海未「戸惑うのも当然ですよね、幼馴染に急にこんなことを言われたら……
ですが、言わせてください」

海未「十年前……いえ、出会った時からずっと、あなたのことが好きでした」

穂乃果「……」

海未「この想いはずっと胸に秘めておくつもりでした……ですが
スクールアイドルをし、輝いていく穂乃果を見るうちに思ってしまったんです」

海未「穂乃果を誰にも渡したくないと……」
139: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:36:04.35 ID:z/m6/Iwu.net
海未「そしてどうにかして穂乃果を落とそうと、色々行動を起こすようになりました」

海未「一緒にカラオケに行ったり……プリクラを取ったり、積極的になってみたり……
ふふっ、これでも一生懸命頑張ったんですよ?」

穂乃果「あ……」

海未「そんなことをしてるうちに穂乃果落とすどころか、逆にもっともっと穂乃果のことが好きになってしまいました……」

海未「もう……我慢できないんです。穂乃果……私と、お付き合いしてくださいっ!」

穂乃果「う……」

海未(ようやく、伝えられました……、10年間想いつづけてたことをようやく……)

海未(穂乃果は……?)チラッ
140: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:37:57.76 ID:z/m6/Iwu.net
穂乃果「……」ポロポロ

海未「ほ、穂乃果……?」

穂乃果「うぐっ……ぐっす……」ポロポロ

海未(ああ……おしまいです……)

穂乃果「ふぐぅ……ひっく……」ポロポロ

海未(泣くほどショックだったんですよね……)

海未「すみません、ただ手遅れになる前に伝えておきたかったんです……」

穂乃果「うぁ……ちが……ぐっす……」ポロポロ

海未「……都合のいい話かもしれませんが、これからも友達でいさせてくださ「ち、違うっ!」

海未「えっ……」

穂乃果「違うの、ぐっす……こ、これは嫌だとか、そういうのじゃなくて……」ゴシゴシ

海未「あの、いったい……?」
141: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:38:38.76 ID:z/m6/Iwu.net
穂乃果「嬉しくて涙が止まらないのっ!」

海未「ほの……か……?」

穂乃果「穂乃果も、ずっと海未ちゃんのことが好きで……大好きで……」

穂乃果「でも伝える勇気なんてなくて……ずっと夢だけ見てて……」

穂乃果「だから急に告白されて、夢じゃないかなって心配で驚いて……
それで……それで……」ポロポロ

海未「穂乃果……、大丈夫ですよ」

穂乃果「海未ちゃん……?」
143: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:39:17.92 ID:z/m6/Iwu.net
海未「夢なんかじゃありませんよ、だってほらこうやって抱きしめると」ギューッ

穂乃果「あっ……」

海未「しっかりと穂乃果の温かさが感じられます」

穂乃果「う、うん……。穂乃果も感じるよ、海未ちゃんの温かさ……
ずっと傍に居てくれれて、ずっと大好きだった暖かさ……」ギューッ

海未「告白の答え、聞かせてもらってもいいですか……?」

穂乃果「うん……海未ちゃん」

海未「は、はい……」ドキドキ

穂乃果「大好きっ」ちゅっ
145: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:40:05.96 ID:z/m6/Iwu.net
~~~~~

海未『園田流臀部秘孔突き!』



穂乃果『ずっと、ずっと好きだったのに!海未ちゃんなんて嫌い嫌い!大っ嫌い!』



海未『コノウラミハラサデオクベキカ』



海未『穂乃果……私と、お付き合いしてくださいっ!』



穂乃果『嬉しくて涙が止まらないのっ!』



海未『告白の答え、聞かせてもらってもいいですか……?』



穂乃果『大好き』ちゅっ

――――
―――
――


海未「すぅ……すぅ……はっ!」

海未「どうやら眠っていたみたいですね……何か変な夢を見ていた気が……」

海未「よく思い出せませんがとてもひどい夢といい夢だった気が……」

海未「っと、いけない今日は―――
152: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:43:01.34 ID:z/m6/Iwu.net
ガララッ

穂乃果「海未ちゃんおそーい!」

海未「うっ……ほ、穂乃果……!」

穂乃果「待ち合わせ場所にいつまでも来ないから迎えに来ちゃったよっ!」プンプン

海未「す、すみません……。どうやら日頃の疲れがですね」アタフタ

穂乃果「うぅ……今日はせっかくのデートなのに……寝坊なんて……」

海未「ほ、本当にすみません……」

穂乃果「いつもは寝坊なんてしないのに……、はっ!もしや本当は穂乃果のことが嫌いなんじゃ……」ガーン

海未「ち、違います!穂乃果のことが大好きですっ!」

穂乃果「……本当に?」

海未「本当ですっ」
154: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:45:32.99 ID:z/m6/Iwu.net
穂乃果「登山よりも?」

海未「もちろんです」

穂乃果「ほむまんよりも?」

海未「大好きです」

穂乃果「世界で一番?」

海未「だいす「違うよね?」

海未「っ……!」

穂乃果「その上だよっ!ほら、世界で一番?」

海未「う……あ、愛しています……///」

穂乃果「海未ちゃああああんっ!」モギューッ

海未「ほ、穂乃果っ///」

穂乃果「穂乃果もね!世界で一番海未ちゃんが大好きっ!愛してるよーっ!」

海未「ぐ、苦しいです……ほ、ほのかぁ……」
157: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:48:46.94 ID:z/m6/Iwu.net
海未(あの後、私は穂乃果と付き合うことになりました)

海未(後日、ことりに報告に行ったときに、何で相談してくれなかったの!と問い詰められました
もし穂乃果との関係で悩んだら次は相談しましょう……)

海未(体感以上に長い道のりだった気もしますが、無事に私は穂乃果と結ばれることができました)

海未(今は苦労して得たこの幸せを精一杯味わいたいと思います)

穂乃果「もう海未ちゃんっ、ブツブツ言ってないで早くデート行こうよっ」

海未「あっ、そうでしたね……」

穂乃果「今日は遅れた分いっぱいサービスしてもらわなきゃっ!えへへ、クレープとかいいかな?」

海未「……」

穂乃果「んっ?どうしたの?」

海未「穂乃果」

穂乃果「? あっ!言い訳なら聞かないからねっ」

海未「違いますよ、穂乃果」

穂乃果「うん?」

海未「大好きですよ」

穂乃果「っ~~~///」

おわり
162: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2014/12/26(金) 00:50:01.29 ID:z/m6/Iwu.net
いいタイミングで告白がきたのでおしまい。
久しぶりなんでことりちゃんの口調ちょっと忘れてました、ごめんなさい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「>>2をして穂乃果と結ばれます!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。