真姫「穂乃果を」海未「手にするのは」絵里「私よ!!」

シェアする

ソルゲ組-アイキャッチ2
1: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:08:45.95 ID:gHkKKZJ2O
絵里「……………」

海未「……………」

真姫「……………」

絵里「なんでふたりがいるのかしら…?」

海未「それはこちらのセリフです」

真姫「まったくよ、意味わかんない」

真姫「ふたりとも何よ、穂乃果と私の邪魔!」

絵里「何言ってるのかしら…真姫、貴方こそ私の穂乃果にちょっかい出さないでくれるかしら?」

海未「絵里…私の穂乃果とはどういうことでしょう?」

海未「穂乃果と一番仲が良いのは私です」

真姫「海未は幼馴染みだから仲が良いだけでしょ?」

絵里「そうよ、幼馴染みなんだから穂乃果の恋愛を応援してあげなさい」

海未「ふふっ、応援はしてあげますよ、……もちろん渡しませんが」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448374125

元スレ: 真姫「穂乃果を」海未「手にするのは」絵里「私よ!!」

スポンサーリンク
2: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:09:58.93 ID:gHkKKZJ2O
絵里「渡してもらわなくて結構よ」

絵里「そもそも穂乃果は私のことが好きなのだから」

海未「……何を根拠に言ってるんでしょう?」

真姫「そうよっ、適当言わないで!」

絵里「ふふっ、それじゃあひとつ教えてあげるわ」

絵里「そう、この間の練習の時――――」
3: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:11:27.75 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「あれ?忘れちゃった?」ガサゴソ

絵里「あら、穂乃果どうしたの?」

穂乃果「あ、絵里ちゃん…実は飲み物忘れてきたみたいで…」

絵里「そうだったの…私のでよかったらあげましょうか?」

穂乃果「えっ、いいの?」

絵里「ええ、もちろんよ」

絵里「はい、どうぞ」

穂乃果「わーっ!絵里ちゃんありがとー」

穂乃果「じゃあ少しもらうね!」ゴクッ

穂乃果「はぁ~、生き返る~」

絵里「ふふ、よかったわ」
4: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:12:38.47 ID:gHkKKZJ2O
絵里「あ、そういえば」スッ

穂乃果「?」

絵里「間接キスになっちゃったわね♪」ボソ

穂乃果「~~っ///」

穂乃果「そ、そうだね///」

絵里「いやじゃなかったかしら?」

穂乃果「全然いやじゃないよ!むしろうれし――あ…///」

絵里「ふふっ、喜んでもらって嬉しいわ」

絵里「どうせなら…直接してあげましょうか?」

穂乃果「~~~~~っ///」
5: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:13:55.65 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「えっえっと…そんな///」

絵里「ほらみんな見てないから大丈夫よ」グイ

穂乃果「あっ…///」

絵里「穂乃果……」

穂乃果「~~~っ///」

穂乃果「ほ、ほら!もう休憩時間おわりだよ!」サッ

穂乃果「みんな~練習頑張るよー!」

タッタッタッタッ

絵里「もう…穂乃果ったら…」

絵里「かわいいわね、うふふっ♪」
6: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:15:02.49 ID:gHkKKZJ2O
絵里「ってことがあったのよ」

海未「……だからあのとき穂乃果の様子が途中から変だったのですね…」

絵里「そのあともチラチラ私を見てきたり、自分の唇を指でなぞったりしてて可愛かったわ」ウットリ

真姫「何よ、その程度で好きなんて…まだまだね」

絵里「あら…じゃあ真姫はなにかあるのかしら?」

真姫「ふっふ~♪当たり前でしょ?」

真姫「この間部室に忘れ物した時――――」
7: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:16:11.91 ID:gHkKKZJ2O
真姫(あら?部室のドアが少し開いてる)

真姫(誰かいるのかしら?)ノゾク

穂乃果「う~ん…誰もいないし…」

真姫(穂乃果?なにしてるのかしら?)

穂乃果「す…少しだけなら///」

穂乃果「すーっ…」

穂乃果「はぅ~///良い匂い…」

穂乃果「真姫ちゃん…良い匂いだよぉ~」クンクン

真姫(うふふ♪良いもの見ちゃった♥)
8: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:18:03.01 ID:gHkKKZJ2O
ガチャ

穂乃果「!」ビクッ!

穂乃果「まっ真姫ちゃん!?」

真姫「穂乃果?どうしたのよ、忘れ物?」

穂乃果「うっうん!ちょっと忘れ物しちゃって、真姫ちゃんは?」

真姫「私も忘れ物しちゃって…」

真姫「その穂乃果が持ってるタオルなんだけど」
11: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:20:05.23 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「ああっ!そ、その!これはっ違くて―――」アワアワ

真姫「何が違うのかしら?さっきまで匂い嗅いでたのに♪」

穂乃果「み…見てたの?////」

真姫「ええ♪」

真姫「それでどうだった?私のに・お・い♥」

穂乃果「ぅぅ~~~っ////」

真姫「ねぇ~、感想っ♪教えてくれてもいいでしょ?」

穂乃果「す……すごく……良い匂いでした……////」

真姫「ふふっ、それは良かったわ♪」
12: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:21:44.55 ID:gHkKKZJ2O
真姫「でも嗅ぎたいなら言ってくれれば良いのに」

穂乃果「えっ…?」

真姫「こうやって」グイ

真姫「直接嗅がせてあげるわよ♥」ギュー!

穂乃果「んんーーーっ/////」ジタバタ

真姫「ひゃん♥」

真姫「も~そんな動かないで、くすぐったいわよ♪」

穂乃果「んーーっ、んーーっ///ぷはっ」

穂乃果「まっ///まままま真姫ちゃん!?/////」

真姫「うふふ♪どうかしら、満足した?」

穂乃果「……ふぁぃ///ありがとぅ…ごじゃいます…///」

真姫「ふふふっ、嗅ぎたければ言いなさい?」

真姫「いつでも嗅がせて、あ・げ・る♥」

穂乃果「~~~~っ///////」

真姫「んふっ♥」
13: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:22:36.71 ID:gHkKKZJ2O
真姫「どう?穂乃果が好きなのは私よ」

絵里「最近やけにふたりのスキンシップが多いと思ったら…そういうことだったのね」

海未「穂乃果は匂いフェチなところがありますから…」

海未「ただ真姫の匂いが良いのであって、別に好きというわけではないのでは?」

真姫「どうとでも言いなさい、負け犬の遠吠えにしか聞こえないわ」フフン

海未「ではその遠吠えとやらしっかりと聞いていなさい」

海未「私と穂乃果の話も教えてあげましょう」
14: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:23:31.33 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「ねえねえ海未ちゃん!」

海未「……………」ペラ

穂乃果「海未ちゃんってばー!」

海未「………なんですか?読書中です」ペラ

穂乃果「そんなこと言わないで構ってよーっ、海未ちゃ~ん」

海未「……………」ペラ

穂乃果「むぅ~…、海未ちゃん?」ノゾキコム

海未「…………はぁ」パタン
15: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:24:27.99 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「あっ♪やっと構って――」

海未「穂乃果」グイ

穂乃果「えっ?」

海未「少しうるさいですよ、穂乃果」

海未「そんなに喋るなら………その口、私の唇で塞ぎますよ?」

穂乃果「え、ええ~っ///うっ海未ちゃんっ?///」

海未「はぁ……まだ喋りますか……そんなにキスしてほしいのですか?」

穂乃果「はぅぅ///ち、違っ――――」

海未「………………仕方ありません」

海未「それでは塞いでしまいましょう」アゴクイ
16: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:25:29.41 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「ほ…本気でするの!?///」

海未「ふふっ」スー

穂乃果「う、海未ちゃっ――」ギュットジ

ちゅっ♥

穂乃果「…………えっ……おでこ…?」

海未「なんですか、冗談に決まっているでしょう?」

穂乃果「あっ…そ、そうだよね///」

海未「ええ、本気にしてしまいましたか?」

穂乃果「ぁぅ~~っ////」

海未「ふふっ、良い子にしてたらいずれしてあげましょう」

海未「だから静かにしていてくださいね」

穂乃果「///」コクコク

海未「ふふっ」
17: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:26:08.77 ID:gHkKKZJ2O
海未「わかりましたか?穂乃果が好きなのは私です」

海未「そもそも一緒にいる時間が違います」

絵里「……時間だけが全てじゃないわ」

真姫「そうよ!そもそもそんな一緒に居たのに、今まで何もなかったじゃないっ」

海未「そ、それは…」

絵里「あんなかわいい子が側に居たのに、今まで何も出来なかったヘタレは…黙っていなさい」

海未「くっ…」

絵里「やっぱり穂乃果の相手は年上が良いと思うの」

真姫「なにいって――――」

絵里「年上の私ならしっかりリードしてあげられるわ」

絵里「この間もそうだった――――」
18: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:27:50.41 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「絵里ちゃん!ごめんね、お待たせ!」

絵里「大丈夫よ、私も今来たところだから」

絵里「それにしても…穂乃果、今日は一段と可愛いわね、ハラショーよ♪」

穂乃果「本当?」

絵里「ええ、勿論よ」

絵里「周りに人が居なかったらおもわずキスしてしまうところだったわ♪」

穂乃果「あ…ありがと…///」
19: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:28:36.50 ID:gHkKKZJ2O
絵里「それじゃあ行きましょうか」スッ

穂乃果「?」

絵里「お手をどうぞ、お姫さま♪」

穂乃果「は…はい…///」ギュ

絵里「ふふっ♪」グイッ

穂乃果「わわわっ!」ダキッ

絵里「じゃあこのまま腕を組んで行きましょうか」

絵里「離れないようにしっかり掴まってなさいね♪」ウインク

穂乃果「////」コクコク
20: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:29:40.34 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「ごちそうさまでした」

絵里「ケーキ、悪くなかったでしょう?」

穂乃果「うん!おいしかったよ♪」

穂乃果「でも…本当に奢ってもらって良かったのかな?」

穂乃果「なんかわるい気が……」

絵里「いいのよ、今日楽しかったからそのお礼」

穂乃果「でも……」

絵里「う~ん、そうねぇ…」
21: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:30:27.39 ID:gHkKKZJ2O
絵里「それじゃあ…こうしましょう」

絵里「穂乃果が私にキスするの、それでチャラってことでいいわよ」

穂乃果「えっ、穂乃果が…?」

絵里「ふふっ、ほっぺでいいわよ、どう?出来るかしら?」

穂乃果「……………」スッ

ちゅ♥

穂乃果「こっ…これでいい……かな?////」

絵里「……ふふ、ありがとう、穂乃果」ナデナデ

穂乃果「ぁぅ~~~っ////」
22: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:31:17.83 ID:gHkKKZJ2O
絵里「穂乃果のことは私に任せなさい、しっかりとリードして幸せにするわ」

海未「任せられるわけないでしょう!?」

真姫「リードして歩いてれば?穂乃果は私が貰っていくから」

真姫「気付いたらうしろに誰もいなくてひとりぼっちね」

真姫「うふふ、可哀想に♪」

絵里「……よくしゃべるわね、真姫」

絵里「穂乃果が振り向いてくれなくて…必死なのかしら?ふふっ」

真姫「――っ、そんなことないわよ!」

真姫「私と穂乃果の間に入る余地がないってこと…教えてあげるわ」
23: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:32:37.30 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「真姫ちゃん!遅れちゃってごめんねっ」

真姫「もうっ…遅いわよ」

穂乃果「あはは…ごめんね」

真姫「…まあいいわ、それじゃあ行きましょうか」ギュッ

穂乃果「えっ…真姫ちゃん?」

真姫「ひとり寂しく私を待たせたんだから、腕を組むくらいいいでしょ?」

穂乃果「う、うん!もちろんだよ///」
24: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:33:11.95 ID:gHkKKZJ2O
真姫「ふふふっ、ほ~のか♪」ギュー

穂乃果「まっ…真姫ちゃん///みんな見てるよぉ~////」

真姫「いいじゃない、別に」

真姫「それとも穂乃果は…私と腕組むの嫌なの?」

穂乃果「そっそんなことないよ!でもぉ~」

真姫「じゃあ問題ないわね、今日はずっとこのままねっ♪」ギュッ

穂乃果「はぅ…///」

真姫「ふふ、遅れてきたのがわるいのよ♪」
25: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:34:27.81 ID:gHkKKZJ2O
真姫「クレープ美味しいわね」

穂乃果「うん♪」

真姫「あら?穂乃果、くちもとにクリームついてるわよ」

穂乃果「え…?」

真姫「んふっ♥」ペロッ

穂乃果「ひゃっ///」

穂乃果「なっ///なにして――」

真姫「なによ~、取ってあげただけじゃない♪」

穂乃果「こんな人が多い所じゃ…恥ずかしいよ~////」

真姫「人が居なければいいのかしら?ふふっ♪」

穂乃果「そういう…わけじゃ…///」

真姫「それなら次のデートは人が少ない所にしましょうか」

真姫「ねっ、穂乃果♥」

穂乃果「う…うん///」
26: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:35:35.30 ID:gHkKKZJ2O
真姫「次のデートも楽しみだわ♪私達を邪魔する人なんて…もう居ないでしょう?」

絵里「穂乃果は優しいわね、真姫に付き合ってあげるなんて…」

海未「全くですね、でもこれじゃあ穂乃果が可哀想です」

海未「真姫は穂乃果を解放してあげるべきですね」

真姫「なっ…何言ってるのよ!」

海未「本当の事でしょう?」

海未「だいたいふたりとも穂乃果へのアプローチが露骨すぎます」

海未「もっと穂乃果の事を…考えてあげてください」

絵里「………海未は違うとでも言うの?」

海未「当たり前です」

海未「これ以上穂乃果に迷惑がかかっては可哀想です」

海未「私が特別に教えてあげましょう、なので参考にしてくださいね」

海未「この間穂乃果が私の家に来たとき――」
27: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:37:11.71 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「このミニシュークリームおいしいね」

海未「そうですね、おいしいです」

穂乃果「フフッ海未ちゃんのも~らい♪」

海未「ああっ、こらっ穂乃果!」

穂乃果「はふっ」

穂乃果「もう食べちゃったもんね~」

穂乃果「って、ありゃ、指にクリームついちゃった」

海未「……………」グイ

穂乃果「えっ?」

海未「………」パクッ

穂乃果「ふぇっ!?////」
28: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:38:04.06 ID:gHkKKZJ2O
海未「れろ……ちゅ……ちゅぱ♥」

穂乃果「ひゃう///うっ海未ちゃん!?」

海未「ちゅる…れろ…」

穂乃果「~~~っ////」

海未「ちゅ…ちゅ……はぁ♥」

海未「ふふっ、美味しかったですよ」

穂乃果「ぅぅ///海未ちゃん!何するの!」

海未「私のシュークリームだったのですから、指についたクリームも私のです」

穂乃果「そ…そうかもしれないけど……だからって…///」

海未「いやならもう取ってはいけませんよ」
29: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:38:54.83 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「……………」ジー

海未「なんですか?舐められるのが…癖になってしまいましたか?」

穂乃果「っ///」

穂乃果「ち…違うよ///」

海未「………穂乃果は破廉恥ですね」

穂乃果「ちっ違うってばーーっ///」

海未「はいはい、わかりましたよ」

穂乃果「むぅ~~///」
30: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:39:51.63 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「それじゃあ帰るね」

海未「はい、気をつけて帰ってください」

穂乃果「うん、ありがと」

海未「あ、そうでした」スッ

穂乃果「?」

海未「ちゅ♥」

海未「また…来てくださいね」

海未「おいしいお菓子とか用意しておきますから…」

穂乃果「………」ホッペサスサス

穂乃果「~~~~~っ////」

穂乃果「う、うん!また来るね!」

穂乃果「それじゃ、またね!」

海未「ふふっ、ええまた明日」
31: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:40:48.61 ID:gHkKKZJ2O
海未「仲が良いなら穂乃果から寄ってきてくれるでしょう?」

海未「それに反応するのなら穂乃果の迷惑にならないでしょう」

海未「まあ…仲が良ければの話ですが、ふふ」

真姫「………幼馴染みだから来てくれるだけよ」

海未「そう思っていればいいのでは?ふふ」

絵里「仲が良いのは認めましょう……でもそれ以上の関係になるのは…私よ」

真姫「違うわね、恋人になるのはわ・た・し」

海未「私がこのまま穂乃果を射止めるに決まっています」

絵里「……………」

真姫「……………」

海未「……………」

まきうみえり「ふんっ!」
32: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:42:17.81 ID:gHkKKZJ2O
絵里「そもそもなんでふたりは今日ここにいるのかしら?」

真姫「それはこっちのセリフよ、今日は穂乃果とふたりきりのはずだったのに…」

海未「ふたりきりだったはずなのは私です!穂乃果と約束したのですから」

絵里「私だって穂乃果と約束したわよ」

まきうみえり「…………………」

絵里「どういう?」ジー

真姫「ことなのかしら?」ジー

海未「穂乃果?」ジー

穂乃果「あう…」
33: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:43:27.72 ID:gHkKKZJ2O
絵里「それにさっきから静かだけど…どうしたの?」

穂乃果「だ…だって///」

穂乃果「みんなして穂乃果の話して…」

穂乃果「恥ずかしくて……死にそうだったよ…///」

真姫「ああ…、だからさっきから顔真っ赤にして震えてたのね」

海未「ふふっ♪穂乃果、とても可愛かったですよ」

絵里「それは同意するわ、本当に穂乃果は可愛いわね♪」
34: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:44:12.64 ID:gHkKKZJ2O
真姫「ほんと可愛いわ♪抱き締めてもいいかしら?」

海未「ダメに決まっているでしょう!」

絵里「私の穂乃果に許可なく触れらいでくれるかしら」

真姫「だからいつからエリーのものになったのよ!」

穂乃果「みっ、みんな落ち着いて!……お願いだから…」

海未「……まあ、穂乃果が言うのなら…」

絵里「そうね…」

真姫「……ふんっ」プイッ

穂乃果「はぁ……」
35: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:45:26.87 ID:gHkKKZJ2O
海未「それでなんでこうなったのでしょう?」

海未「私と約束したはずでしょう、穂乃果?」

真姫「私と約束したわよね、穂乃果?」

絵里「私と約束したでしょう、穂乃果?」

穂乃果「ええっと…その……ごめんなさい…」

絵里「なぜ謝るのかしら?」

穂乃果「……3人と約束しました…」

真姫「なんでそんなことしたのよ…」

穂乃果「だっ…だって――――」
36: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:46:12.34 ID:gHkKKZJ2O
絵里「あ、穂乃果ちょっといいかしら?」

ドン!

穂乃果「ふぇ!?///」

絵里「ねえ…穂乃果、お願いがあるのだけれど」

穂乃果「ななな///なに…かな?///」

絵里「今度の日曜日…穂乃果の家に行きたいわ」

穂乃果「え…で…でも」

スッ

絵里「穂乃果とふたりで…ゆっくり過ごしたいのよ」ボソッ

穂乃果「はぅっ///」

絵里「ダメかしら?」

穂乃果「~~~っ///だめじゃ…ないです…///」

絵里「ふふっよかったわ♪」
37: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:47:25.17 ID:gHkKKZJ2O
真姫「ほ~のか♪」

穂乃果「真姫ちゃん?」

真姫「ねえ穂乃果、今度の日曜日穂乃果の家に行ってもいいかしら?」

穂乃果「え…今度の日曜日?」

穂乃果「えっと…その日は――」

ドン!

真姫「ねえ…いいでしょう?」スリッ

穂乃果「ひゃう///」

穂乃果「ちょっ、真姫ちゃん近っ―///」

真姫「穂乃果と一緒に居たいのよ…」オデココツン

真姫「おねがい♥」

穂乃果「わ…わかり…ました////」

真姫「ふふっ、ありがと♪」

真姫「ちゅ♥」

真姫「それじゃあ楽しみにしてるわね♪」クルッ

トコトコトコ

穂乃果「………」オデコサスサス

穂乃果「////」プシュー
38: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:48:45.30 ID:gHkKKZJ2O
海未「穂乃果、丁度よかったです」

穂乃果「あっ!海未ちゃん、どうし――」

ドンッ

穂乃果「あぅ///」

海未「穂乃果、日曜日穂乃果の家に行ってもいいですか?」

穂乃果「そ…その日は…///」メソラシ

海未「なぜ目をそらすのですか?」

ドン

海未「私を見てください」

穂乃果「ひゃ…ひゃい…////」

海未「ふふっ、いい子ですね」

海未「穂乃果…」

海未「あなたと一緒に過ごしたいのです」

海未「ダメで…しょうか?」

穂乃果「そんなこと…ない…けど///」

海未「本当ですか!」パァ

海未「よかったです」ギュー

穂乃果「~~~~~っ////」
39: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:49:57.55 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「こんなことされたら断れないよっ////」

穂乃果「ぅぅ~~~っ///」

まきうみえり「……………………」

真姫「それなら最初に約束した人は誰なの?」

穂乃果「…………………」

穂乃果「3人ともまた喧嘩するから言わないっ」プイッ

絵里(穂乃果可愛いわ♥)

真姫(穂乃果可愛いわね♥)

海未(穂乃果可愛いです♥)
40: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:51:18.83 ID:gHkKKZJ2O
海未「まあ…こうなったのは仕方ないとして…」

海未「今回はいい機会です」

絵里「そうね、穂乃果」

真姫「私達の中で誰が一番好きなの?」

穂乃果「え、えっと…みんな――」

真姫「みんな好きとかは無しよ?」

穂乃果「うう…」

絵里「…………」ジー

真姫「…………」ジー

海未「…………」ジー
41: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:54:41.05 ID:gHkKKZJ2O
穂乃果「……………そ…」

まきうみえり「そ?」

穂乃果「そんなの答えられないよーーっ!」ダッ

穂乃果「うわーーんっ」

ダダダダダダダッ

まきうみえり「………………」
42: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/24(火) 23:56:09.15 ID:gHkKKZJ2O
真姫「はぁ…」

海未「逃げてしまいましたか…」

絵里「まあ答えられないとは思っていたけど…」

真姫「まあいいわ…穂乃果は私が貰うわ、あなたたちには負けないんだから!」

海未「穂乃果は私のものです、あなた達にチャンスなんてありません!」

絵里「穂乃果の心を奪うのは私よ、あなた達なんて…敵じゃないわ!」


まきうみえり「穂乃果を手にするのは私よ(です)!!」







おわり
43: ◆ngWd7Nh2mI 2015/11/25(水) 00:00:09.32 ID:brKF2x1dO
読んでくれた方ありがとうございました!

なにが書きたかったかというと、ヘタレじゃないソルゲ組とあわあわしてる穂乃果ちゃんを書きたかったんです。

それでは失礼しま~す。どもでした~

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「穂乃果を」海未「手にするのは」絵里「私よ!!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「穂乃果を」海未「手にするのは」絵里「私よ!!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。