海未「好きな人と両想いになる方法…」

シェアする

海未-アイキャッチ16
1: saga 2015/11/23(月) 21:22:24.94 ID:dBvNMme00
うみりんがくっつく話です

海未ちゃんはポンコツです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448281344

元スレ: 海未「好きな人と両想いになる方法…」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:24:06.45 ID:dBvNMme00
ガチャッ
海未「こんにち…あれ、まだ誰もいないんですね」

海未「ん?こんなところに雑誌が…」

海未「また穂乃果ですね、ちゃんと片付けないと…」

海未「って、これは…!」キョロキョロ

海未「好きな人と両想いになる方法…」//

海未「だ、駄目です、人のものを覗き見しては…!」

海未「…」チラチラ

海未「こ、これはきっとご自由にお読みくださいってことですよね、そうですよね!」パッ

海未「」パラパラ

海未(これをあの子に試せば…)ドキドキ

凛「こんにちはー!あれ、海未ちゃん早いね!」

海未「ひゃあ!」サッ

凛「?海未ちゃんどうしたの?」

海未「…な、なんでもないです!」//

海未(思わず雑誌を後ろに隠してしまいました…)

海未(凛に見つかってしまっては困りますし…今日のところはお借りしましょうか)

凛「穂乃果ちゃん達は?」

海未「へ?あ、ああ、えっと穂乃果はこの前のテストの補習中で、ことりは衣装作りのため視察に行ってるところなんです」

凛「そうなんだ」

海未「ええ」

凛「…」チラッ

海未「…」ソワソワ

凛「ねえ、海未ちゃん」

海未「は、はい!なんでしょう!」

凛「なんか隠してないかにゃ?」

海未「べ、別に隠してなんかないですよ?!」ソワソワ

凛「怪しいにゃー」ジトッ

海未(うっ…意外と目ざとい…)

海未(…こうなったらこうするしかありません!)

海未「あっ!あんなところにラーメンが!」

凛「どこ?!」

海未「」サッ

凛「あー!やっぱりなんか隠したにゃーー!」

海未「気のせいですー!」ダッ

凛「待つにゃー!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:27:09.95 ID:dBvNMme00
海未「…はあ、はあ、もう凛は追いかけてこないですかね…」

海未「それにしてもそんなに気になったのでしょうか…」

海未「でも凛にもバレなかったことですし、早速読んでみましょうか」パラパラ

海未「その1、スキンシップを大胆にとる…」

海未「さ、最初から破廉恥すぎでは…?!」

海未「大胆なスキンシップって…」//

海未「…」じっ

海未「…否、ここで試してみないなんて武士の名が恥じます!」

海未「恥を捨てるのです…!」

次の日
凛「〜♪」

海未(おや、ちょうどいいところに凛が歩いてます)

海未(鼻歌でしょうか…可愛いです)

海未(…さあ行きますよ、海未…!)

海未「りーん!」ぎゅっ

凛「にゃ?!へ?!う、海未ちゃん?!」//

海未「お、おはようございます♪」

凛「お、おはよ…」//

凛(こ、こんな積極的な海未ちゃん初めてだからどう反応していいかわかんないにゃ…海未ちゃん、熱でもあるのかにゃ…ていうか、夢?夢にゃ?!)ドキドキ

凛「…ね、ねえ海未ちゃん、熱でもあるにゃ?」//

海未「ないですよ!私はただ抱きつきたかったから抱きついただけです!」

海未(やっぱり凛に変だと思われてます…!)

凛(ずっとこのままだとドキドキが海未ちゃんにも聞こえそうだにゃ…)

凛(海未ちゃんはただ友達として抱きついてるだけなのに意識してるなんてバレたら絶対引かれるにゃ…!)

凛(もうダメ…!)

凛「…あ、あの、海未ちゃん…そろそろ離してくれないかにゃ…」//

海未「え?あっ、す、すみません…!」アワアワ

凛「いや、全然大丈夫にゃ!?」アワアワ

海未「…あ、あの、嫌じゃ、なかったですか?」//

凛「も!もちろんにゃ!」

海未「」ホッ

海未(凛も嫌じゃなかったみたいですし、ちょっと距離も縮まった気がします…)

海未(あの雑誌は…使えるかもしれませんね)

海未(そういえば大胆なスキンシップってハグでよかったんでしょうか…)
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:28:17.50 ID:dBvNMme00

海未「よし、次です!」パラパラ

海未「その2は…目があったら3秒間見つめる!」

海未「ふふっこれなら破廉恥ではないですし楽勝ですね!」ワクワク

海未「早速明日試してみましょう」

海未「さあ練習始めますよ!」

絵里「まずはストレッチから始めるわよ」

海未(…凛は花陽と組んでますね)

海未(あ!今目が合いました!)

海未(…いーち、にーい、さ)

ことり「ンミチャン?どこ見てるの?」

海未「ど、どこも見てません!」//

ことり「ダメだよ、凛ちゃんばっかり見てたら。練習に集中だよっ」ボソッ

海未「」//カァア

凛(海未ちゃん顔赤いにゃ…ことりちゃんと、内緒のお話…?)モヤモヤ


絵里「じゃあちょっと休憩にしましょう」

8人「はーい」

海未(凛を見つめるチャンス到来ですね!)

海未(えーっと凛は…)

海未(…いました!)

海未()じぃー

海未(あっ目が合いました!いーち、にーい、さ)

穂乃果「海未ちゃん見て見て〜新しいステップ考えたの〜」

海未「」ピキッ

穂乃果「どう?いいかな?…ってあれ?怒ってる?」

海未「……いいんじゃないですか」

穂乃果「うわーん、海未ちゃんが適当に返事するよーことりちゃーん!」ウルウル

ことり「あはは…」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:32:47.41 ID:dBvNMme00
海未「はあ…いくら試してもなかなか3秒間も目を合わせられません…」

海未「やっぱり練習中は無謀でしたね…」

海未「…気を取り直して次の行きましょうか」

海未「えーっと?その3、好きなあの子を食事に誘ってみよう」

海未「い、いきなりハードル上がりすぎじゃないですか?!」

海未「凛と食事…」ドキドキ

海未「ラーメンなら来てくれそうですかね…」

海未「よし、明日誘ってみましょう」

次の日
海未(わ…緊張してきました…)

海未(そういえば皆で集まることは多々ありましたが二人で、なんて初めてですね)

海未(…どのタイミングで誘えばいいのでしょう)

海未(やっぱり練習後?それとも前?)ウーン

穂乃果「海未ちゃん大丈夫?何か悩み事?」

海未「へ?!い、いや、なんでもないです…」

ことり「海未ちゃんは今恋のお悩みがあるんだもんね〜」ニヤニヤ

海未「ことりぃ!」//

穂乃果「鯉?」キョトン

海未「ほんとになんでもないです…」

ことり「ふふっ」ニヤニヤ

海未「ニヤニヤしないでください!も、もう、練習始めますよ!」//

海未(練習前は完全にタイミングを失ってしまいました…)シュン

海未(となると練習後しかないですね)

海未(どんな感じで誘えばいいのでしょうか…)

海未(やっぱり自然な感じ…って自然な感じってなんですか!難しすぎます…!)ムム

絵里「ねえ、海未。少し休憩にしない?」

海未「へ?あ、ああ、そうですね。少し疲れてきましたし…」

海未「じゃあ少し早いですが休憩にしましょう!」

海未(…)ハァ

海未(なぜ絵里は休憩を…?)

海未(やっぱり私の集中力が欠けていたのを見抜いていたのでしょうか…)

絵里「海未、さっきから集中できてないわよ。何か悩み事?」

海未「…ええ。あることで悩んでまして…」

絵里「それって、凛のこと?」ボソッ

海未「な、な、な!」//口パクパク

絵里「やっぱりね。だって海未ったら凛のことばっかり見てるんだもの」ふふっ

海未「」カァア

絵里「まあ頑張ってね、私、応援するから!でも、だからと言って練習にはちゃんと集中しなきゃダメよ?」

海未「す、すみません…」

絵里「…あと一つアドバイス」

海未「?」

絵里「言いたいことがあるならさっさと言っちゃった方が得よ?ほら、凛だっていつまでフリーか分からないじゃない?」

海未「…そ、そうですね!」

絵里(まあ凛ならその心配はないだろうけどね)クスッ
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:34:29.98 ID:dBvNMme00
練習後
海未(絵里もああ言ってたんですから、はっきり言わないと…)

海未(でも…断られたらどうしましょう…)

海未(いや、今更そんなこと考えても遅いです!…それに凛を先に取られるなんて絶対嫌です!)

海未「あ、あの、凛」

凛「は、はいにゃ!」

海未「凛、このあと時間ありますか?」

凛「へ?う、うん!」

海未「あの、よければ一緒にラーメンに行きませんか?」

凛(こ、これはデートのお誘いってことかにゃ?)ドキドキ

凛(いや、もしかしたら今日凛が海未ちゃんのことばっか考えててぼーっとしてたことを怒ってるのかも…!)

凛(ど、どうしよう!美味しくラーメンを食べれる自信がないにゃ…!)

海未「凛?どうかしたのですか?」

凛「ひぃ?!なんでもないよ!さあラーメン食べに行くにゃ!」

海未(なんだか凛の様子がおかしい気がしますが行く気満々のようですね、嬉しいです)ホッ

凛(海未ちゃんすごいいい笑顔…あの笑顔の裏に絶対何かあるんだにゃ…)ビクビク

海未「では早速ラーメン屋さんに…」

海未(はっ、そういえば凛を誘うことに集中しすぎてこの辺りのラーメン屋さんについて調べるのを忘れていました…)

海未(どうしましょう…凛に格好がつきません…)

海未(でもせっかく誘ったのに後日というのも嫌です)

海未(ここは凛に聞くしかないですかね…)ウーン

凛(海未ちゃんが唸っている?!)

凛(どうしよう怖いにゃああ…!)ビクビク

海未「凛、私から誘っておいて申し訳ないのですが…」

凛「はいいいっ!」ビシッ

海未「…凛のお勧めのラーメン屋さんを教えていただけませんか?」

凛「へ?」

海未「すみません、凛をエスコートするつもりが調べるのを忘れていて…!」

凛「エ、エスコート?!」//

海未「はっ!今のは忘れてください!」

海未(私ったら何を口走ってるんでしょう…)//

凛(凛てっきり海未ちゃんに怒られるのかもって思ってたけどそんなことはなかったんだね)

凛(嬉しいけどちょっと罪悪感にゃ)

海未「あの、凛、お願いできますか?」

凛「もちろんにゃ!今日は凛がエスコートするにゃ!」ぎゅっ

海未(手…)//カァア

海未「ありがとうございます!」ぎゅっ

凛「その代わり…次は海未ちゃんがエスコートするにゃー!」

海未「は、はい!」


海未(それにしても凛いつまで私の手を握ってるつもりなんでしょうか…)ドキドキ

海未(ふふっ年下にエスコートされる、なんて今まででは考えられなかったことですけど、凛にされるなら悪くないですね)

海未(誘ってみて本当によかったです)
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:35:50.94 ID:dBvNMme00
凛「ここにゃー」

海未「おおっ」

海未(見た目は質素で綺麗とは言えないお店ですが、うん、味には期待できそうですね!)

凛「こんにちは〜」ガラガラ

海未「こ、こんにちは」

店主「へいらっしゃい!」

凛「ここのラーメンはねー今まで食べた中で一番美味しいラーメン屋さんなんだにゃ!」ニコニコ

海未(ラーメンについて楽しそうに話す凛、可愛いです)クスッ

凛「ここのお店はチャーシューが絶品なの!」

海未「それは期待できそうですね!」クスクス

店主「お待ち遠さまー」

凛「やったー♪いただきます!」

海未「いただきます」

凛「わ〜やっぱり美味しいにゃ〜」ツルツル

海未「わ、これは…すごく美味しいです!」ツルツル

凛「でしょでしょー?気に入ってもらえたみたいで嬉しいにゃ!」

海未「今度は皆も連れてきたいですね」

凛「そうだね〜…でも」

凛「…たまには海未ちゃんと2人でこうやってラーメン食べたいにゃ」//

海未「!」

海未(うっ…卑怯です…)

凛「ダメかにゃ?」ウルウル

海未「いいに決まってるじゃないですか」

凛「えへへっ」ニコッ
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:37:08.60 ID:dBvNMme00
海未「その3は上手く行ったみたいですね」ふふっ

海未「次のデートの約束もしてしまいましたし」

海未「それに…凛との距離がまたちょっと縮まった気がします」ふふっ

海未「さて次は…その4、間接キスで相手を惑わしてみよう…」

海未「?!」//

海未「これは流石に破廉恥すぎます…飛ばしましょうか…」

海未「…いや、でも…」チラッ

海未「うぅ…いけません!」//

ことり「わっ!」

海未「きゃあ?!」

ことり「へへー驚いた?…あれ、海未ちゃん何読んでるの?」

海未「な、なんでもないです…!見ないでください!」//

ことり「へぇ〜好きな人と両想いになる方法、ねぇ」にやにや

海未「ことりぃ!」

ことり「その4、間接キスで相手を惑わす…海未ちゃんこれは試したの?」

海未「た、試してなどいません!破廉恥です!」//

ことり「そうかなぁ、あーんとかなら普通じゃないかなあ」

海未「そ、そんなの恥ずかしいです…」

ことり「変に意識するよりしてみたらいいんじゃないかな?」

海未「そういうものですか…」

ことり「そういうものだよ♪」

ことり「それに、今度は海未ちゃんからエスコートするんじゃなかったっけ?」ニヤッ

海未「どうしてそれを…!」

ことり「へへっ♪」

ことり「じゃあ、海未ちゃん頑張ってね!」

海未「あ、ちょ!待ちなさいことり!!」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:38:36.98 ID:dBvNMme00
海未「全くことりは…見てたなんて酷いです…」

海未(今度は私がエスコート…)

海未(クレープ屋さんにでも誘ってみますかね…)

海未(あら?あそこにいるのは…)

凛「あ、海未ちゃん!」

海未「凛!」

凛「どうしたの?」

海未「色々あってことりを追いかけていたらこんなところに…」

凛(またことりちゃんにゃ…)

海未「凛はどうしたのですか?」

凛「凛は今から帰るところにゃ」

海未「花陽はどうしたのですか?」

凛「かよちんは今飼育委員の集まりに行ってるにゃ」

海未「そうなんですね」

海未(…ちょうどいいところに誘えと言わんばかりのベストなタイミングがきてしまいました…)

海未(大丈夫です、この間約束したじゃないですか!)

海未「あの、凛、この後暇ですか?」

凛「うん!暇にゃ!」

海未「よかったらクレープ食べに行きませんか?」

凛「行く!行くにゃ!」

凛(また誘われちゃったにゃ!どうしよう、すごく嬉しいにゃ…!)

海未「では行きましょう」ぎゅっ

凛「う、うん!」

凛(わあ海未ちゃんから手握ってくれたにゃ…!)ドキドキ

凛(なんか海未ちゃんと手繋いでると…)

凛「えへへ、なんか落ち着くにゃ」

凛「あ」

凛(わあ声に出ちゃってたにゃーー)//

海未「ふふっ、私も今そう思ってたところです」

海未(凛も同じ気持ちだったなんて、嬉しいです)

海未(私の好きっていう気持ちも凛と同じだったらいいのに…ってちょっと欲張りかもしれませんね)
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:39:15.02 ID:dBvNMme00
海未「着きました!」

凛「わー美味しそうにゃ!」

海未「凛はどれにしますか?」

凛「凛はーえっと、これ!」

海未「ストロベリー生クリームですか、美味しそうです」

凛「海未ちゃんは?」

海未「じゃあ私は抹茶にします」

凛「それも美味しそうにゃ〜!」

海未「すみません、これとこれください」

店員「はい、900円になります」

店員「ありがとうございましたー」

海未(クレープ2つって少々値が張るんですね…)

海未「凛、どうぞ」

凛「美味しそうにゃ!いただきまーす♪」

海未「私もいただきましょうか」

海未(この先どうやってあーんに持ち込めばいいのでしょうか…)

海未(あーんしませんか?あーんしたいです?食べあいっこしませんか?…)

海未(うーん、分かんないです!!)

凛「海未ちゃん食べないの?凛が食べちゃうにゃ」パクッ

海未「あぁ!勝手に食べないでください!お返しです!」パクッ

凛「あー!海未ちゃんの方がちょっといっぱい食べたにゃ!ずるい!」パクッ

海未「そんなことないですよ!」パクッ

海未(あれ?結果的にあーんしてません?これ)

海未(わぁーん!これだとムードも何もありません!)

海未(全然意識されてないじゃないですか…)しゅん

凛「はぁ〜美味しかった!結果的に食べたのほとんど抹茶だったにゃ」

海未「凛がいけないんですよ?!美味しかったですけど!」

海未(まあ楽しかったし、これはこれで良しとしますか)

凛(あれ、これってもしかして間接キスにゃ?)

凛(にゃーーーーー!海未ちゃんとの初間接キスをこんな形で終えるなんて…)

凛(うわーん…)シクシク

凛(次はちゃんと、あーんってしたいにゃ…
)

海未「じゃあ今日はここで」

凛「うん、バイバイにゃ!」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:39:54.93 ID:dBvNMme00
凛(最近海未ちゃんと過ごす時間が増えて嬉しいにゃー)テクテク

凛(ん?なんか踏んだような…)

凛(これは、雑誌にゃ?誰が道に落としたにゃ)拾い

凛(にゃぁあ?!好きな人と両想いになる方法?!)

凛(ちょっと、ちょっとだけ…)パラパラ

凛(その1、大胆なスキンシップをとる…)

凛(その2、目があったら3秒間見つめる…)

凛(なんだ、もうやったことばっかにゃ)

凛(その3、好きなあの子を食事に誘ってみよう)

凛(あれ、なんか付箋が…)

凛("11/19 達成"?)

凛(凛たちがラーメンを食べに行った日にゃ…!それにこの字は、海未ちゃんの字…)

凛(…いや、きっと何かの間違いにゃ…)フルフル

凛(だって、女の子同士だし…仮に女の子が好きだとしてもきっと海未ちゃんはことりちゃんみたいに可愛くて女の子っぽい子が好きなはずだにゃ…)

凛(…もし、本当に海未ちゃんの好きな人が凛だったら…)

凛(って、いや、ないない、何考えてるんだにゃ!)

凛(こんな雑誌見たから変に期待しちゃうんだにゃ…)

凛(虚しい想像はやめて早く帰ろう…)
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:40:43.66 ID:dBvNMme00
海未「あれ、凛?」

凛「う、海未ちゃん?!」

海未「まだ帰っていなかったんですか?…ってその雑誌…」

凛「へ?!あっ!」サッ

海未「…見たのですか?」

凛「み、みみ見てないにゃ!」

海未「…はあ、よかったです…」

凛「…これ海未ちゃんのなの?」

海未「え…はっ!ち、違います…!なんでもないです忘れてください!」//

凛「…海未ちゃん…」

海未「ち、違うんです!本当に!ただ私は部室で拾っただけで…!」

凛「…やっぱり海未ちゃんはことりちゃんが好きなの?」

海未「へ?何故ことり?」キョトン

凛「だ、だって…!いつもことりちゃんと内緒のお話してるし…ことりちゃん、女の子っぽくて可愛いし…」

海未「誤解です!ことりのことが、ということは断じてありません!」

凛「で、でもその雑誌…」

海未「…凛なんです…」//

凛「へ?」

海未「だから、私が好きなのは凛なんです!ことりとは、ただ、その、相談をしていただけで…!」//

凛「ぇえええ?!」//

凛(うそ、本当に?!夢じゃない?!なんで凛?!)グルグル

凛「うわあああん」ポロポロ

海未「ええ?!何故泣くのですか?!」オロオロ

凛「だ、だってぇ…凛ずっとずっと前から海未ちゃんのことが好きだったんだもん…っひぐっ」ポロポロ

海未「本当…ですか?」

凛「」コクッ

海未「凛…!」ぎゅっ

凛「ぅ…あったかい…」ぎゅっ

海未(何故でしょう…凛がなんだかとても幼い子のように見えます…)ふふっ

海未(…こんな雑誌に頼ろうとしたのが馬鹿みたいですね)


海未「凛、大好きです」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:41:47.64 ID:dBvNMme00
書きだめしてたのを載せました。

稚拙な文章で申し訳ないです

コメント等あればお願いします

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
海未「好きな人と両想いになる方法…」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「好きな人と両想いになる方法…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。