希「穂乃果ちゃんのおしっこがジュースになる薬を作った」

シェアする

希-アイキャッチ14
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 21:53:09.27 ID:JTz8WZIM.net
希「食べた果物によって出る味が変わるで」


真姫「希のセンター曲作るわ」


海未「言い値で買います」


ことり「私のお母さん、いい大学の理事長と知り合いなんだよね……」


絵里「好きよ、希、愛してる」


希「ちょうど4個あるから、一人1個な?」


ほのキチ四天王「やったぜ」

元スレ: 希「穂乃果ちゃんのおしっこがジュースになる薬を作った」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 21:56:53.63 ID:JTz8WZIM.net
海未「とは言ったものの、どうやって飲ませましょうか……」


穂乃果「あ、おーい!海未ちゃーん!」


海未「穂乃果、ちょうどいいところに来ました」


穂乃果「どうしたの?海未ちゃん。それにその缶ジュースみたいなのは……?」


海未「ああ、コレですか。穂乃果にあげますよ」


穂乃果「くれるの?やったー!ありがと、海未ちゃん!」ゴクゴク


海未「……」ニヤリ
4: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:00:55.22 ID:JTz8WZIM.net
穂乃果「!」ブルッ


海未「どうしたのですか、穂乃果?」


穂乃果「え!?あ、いや、あはは…さっきお昼のデザートのみかんいっぱい食べたからちょっとお手洗いに…」


海未「そうですか、ではこちらに来てください」ガシ


穂乃果「海未ちゃん?そっちはお手洗いとは方向が逆……」モジモジ


海未「いえ、こちらであってますよ…フフフ」


穂乃果「う、海未ちゃん……?」
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:04:36.29 ID:JTz8WZIM.net
~生徒会室~


穂乃果「うぅ…なんで生徒会室に…?」モジモジ


海未「さぁ、穂乃果のおしっこを飲ませてください!」


穂乃果「な、なななな何言ってんの海未ちゃん!?」


海未「飲ませてくれないとココから出しませんよ」


穂乃果「じょ、冗談…だよね…?」モジモジ


海未「私は冗談は言いませんよ…?」


穂乃果「(目が…本気だ…!)」モジモジ
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:08:06.71 ID:JTz8WZIM.net
穂乃果「い、いやだよ!海未ちゃんに飲ませるぐらいなら漏らすよ!」モジモジ


海未「なっ!?だ、ダメです!せめてこのコップにしてください!」


穂乃果「普通にトイレさせてよ!」モジモジ


海未「それはいけません!私の口か、コップか、選んでください!」


穂乃果「海未ちゃんお願い…正気に戻って…」モジモジ


海未「私はもとより正気です!」


穂乃果「正気な人はおしっこなんて飲みたがらないよ!」モジモジ
9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:12:23.33 ID:JTz8WZIM.net
穂乃果「うぁ…ヤバ…」モジモジモジモジ


海未「もう限界でしょう…?大人しく私の口か、コップか、選んでください…」


穂乃果「うぅ……コ、コップ貸して…」モジモジモジモジモジモジ


海未「えぇ、どうぞ」


穂乃果「み、見ないでね…?//////」


海未「はい、後ろを見ています」クルリ


穂乃果「はぁ…恥ずかしくて死にそうだよ…//////」


海未「(成し遂げたぜ)」
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:18:21.62 ID:JTz8WZIM.net
穂乃果「んん……//////」チョロ


チョロチョロチョロ


海未「(あぁ…今まさに、後ろでは穂乃果が顔を赤くしながらおしっこをしている)」


海未「(しかもそれを飲める、と…)」


チョロチョロチョロ


海未「(まさに天国…この生徒会室は今、桃源郷と化しています…)」


チョロ…チョロ…


海未「…終りましたか?」
16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:22:00.89 ID:JTz8WZIM.net
穂乃果「…海未ちゃん、紙ある?//////」


海未「えぇ、どうぞ」


穂乃果「ありがと…」フキフキ


海未「ご協力ありがとうございます、穂乃果」


穂乃果「そ、その…本当に飲むの…?これ//////」


海未「ええ、そのつもりですよ?」


穂乃果「海未ちゃんがそこまで変態だったなんて……」


海未「では早速…いただきます」グビリ


穂乃果「うわぁ……」
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:26:05.28 ID:JTz8WZIM.net
海未「(こ、コレは!!!)」


海未「(口に含んだ瞬間、口の中いっぱいに広がる塩気とほのかな苦味!)」


海未「(ほんのりとした温かみがその塩気を強めている!)」


海未「(そして喉を通った後に感じる独特なアンモニア臭!)」


海未「(こ、これが…!コレが…!)」


海未「ただのおしっこじゃないですかぁぁぁぁぁ!!!!!!!」


穂乃果「あたりまえだよ!」
21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:28:49.61 ID:JTz8WZIM.net
希「あ、そういえば言うの忘れとったなぁ」


希「飲ませてから5分以内じゃないと効果が切れる、って」


希「まぁ缶の説明文にも書いてあるし大丈夫やろ」


希「さてと、今度はどんな薬を作ろっかなぁ…」
23: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:33:34.91 ID:JTz8WZIM.net
海未「まぁコレはコレでいただきますけど」ゴクゴクゴク


穂乃果「えぇ…」


海未「ケプ…ご馳走様でした。おかわりお願いします」


穂乃果「無いよ!あったとしても出さないよ!」


海未「そうですか…」シュン


穂乃果「なんで落ち込んでるの…」


海未「まぁ今日は穂乃果のおしっこが飲めただけで良しとしましょう!」


穂乃果「穂乃果は良くないよ…」


海未「それでは、ごきげんよう!」


穂乃果「はぁ…教室戻ろう…」



ことり「………」
24: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:41:00.33 ID:JTz8WZIM.net
~数日後~


穂乃果「はぁ…この間はひどい目にあった…」


ことり「穂乃果ちゃーん!」


穂乃果「あ、ことりちゃん!」


ことり「穂乃果ちゃんやっと見つけたよー」


穂乃果「どうしたのことりちゃん?」


ことり「うん、穂乃果ちゃんにこれ上げようと思って!」


穂乃果「あ、これ?海未ちゃんもくれたけど人気あるのかなぁ?」


ことり「私は結構おいしいと思ったよ?」


穂乃果「ふーん、あんまり喉乾いてないけどもらっとくね、ありがと、ことりちゃん!」
26: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:45:32.03 ID:JTz8WZIM.net
~お昼休み~


穂乃果「フンフフ~ン♪今日のおっかずはなぁ~にっかなぁ~!」ゴソゴソ


穂乃果「あれ…」ゴソゴソ


穂乃果「…ない」


穂乃果「お弁当忘れた……」グスン


ことり「穂乃果ちゃん…私の分けてあげようか…?」


穂乃果「……いいの?」


ことり「うん!その代わり…お願いがあるんだけど…」


穂乃果「…お願い?」
29: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 22:53:13.25 ID:JTz8WZIM.net
~同刻 屋上~


穂乃果「別にお願いじゃなくて普通に言ってくれればいいのに」


ことり「ふふっ、今日はお天気もいいから、どうしても屋上で食べたくって!」カチャリ


穂乃果「うん!お日様が気持ちいいよー!」


ことり「さ、穂乃果ちゃん、食べよ?」


穂乃果「わーい!ことりちゃんがいなかった午後は地獄だったよー…飲み物もさっきことりちゃんからもらったものだし」


ことり「ううん、気にしないで!…はいコレ、穂乃果ちゃんの分ね!」


穂乃果「やったー!……って、これは」


ことり「うん!いちごだよ!」
30: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:00:22.57 ID:JTz8WZIM.net
ことり「最近いちごダイエットって流行ってるんだよ!」


穂乃果「あ、あはは…ことりちゃんは別にダイエット必要ないんじゃ?」


ことり「うん!それは穂乃果ちゃんだけ、特別なんだよ?」


穂乃果「私だけ…って本当だ、ことりちゃんのサンドイッチおいしそう…」


ことり「ごめんね…でも、穂乃果ちゃんのためを思って持ってきたの!」


穂乃果「う、うん!ありがとう、ことりちゃん!(まぁ忘れた私が悪いんだし、文句は言ってられないよね…)」


ことり「どういたしまして!さ、飲んで食べて!」


穂乃果「いっただっきまーす!」グビグビモグモグ


ことり「………」
31: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:03:56.74 ID:JTz8WZIM.net
穂乃果「ふぅ…ごちそうさま」


ことり「おそまつさまでした!」


穂乃果「ふぁ…食べたら眠くなっちゃった…」


ことり「ふふっ…お昼休みはまだあるし、チャイム鳴ったら起こすよ?」


穂乃果「うん…じゃあ、お願い…ね、ことり…ちゃ…Zzz」


ことり「……」


ことり「……さて、と」
36: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:08:37.63 ID:JTz8WZIM.net
ことり「よっこいしょ…っと」


ことり「うん、腰の位置バッチリ!」


ことり「うーん、直飲みもいいけど、ここはお上品にコップで飲もうかな?」


ことり「ふふっ、ホノカチャンの寝顔可愛い♪」


穂乃果「Zzz……」


ことり「ずっと寝顔見ていたいけど、時間も無いしパパっとすませちゃおっと」


ことり「えーっと、本によると…利尿のツボは…ここを…こうして…」
37: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:14:39.59 ID:JTz8WZIM.net
穂乃果「ぅん……//////」チョロ


ことり「あ!でた!」


穂乃果「んん…//////」チョロチョロチョロ


ことり「ん~♪匂いまでいちごになるんだぁ!」クンカクンカ


穂乃果「……//////」チョロ


ことり「これが、ホノカチャンのいちごジュース…」


ことり「すごい真っ赤…血尿してるみたい…」


ことり「あ、冷めないうちに飲まなきゃ、いただきます!」
39: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:20:10.25 ID:JTz8WZIM.net
ことり「(んん~♪ホノカチャンのいちごジュース…暖かくて、ほんのり甘くて…)」グビグビ


ことり「(ほんのり…甘く…ない!?)」


ことり「(塩気と…本当にかすかだけど、鉄の味…)」


ことり「(まぁコレはコレでいつもと違う味が楽しめていいけど)」


ことり「ほ、穂乃果ちゃん…本当に血尿だったんだ…」


穂乃果「Zzz……」
41: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:23:11.27 ID:JTz8WZIM.net
希「あー、使用者の膀胱にすっごい負担かかることも言い忘れとったなぁ」


希「連続しようは控えるべきやし、4人に渡したのは間違いやったかなぁ…」


希「まぁいっか、なんとかなるやろ」


希「うーん…それよりもいいアイディアが浮かばん……」
43: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:26:01.94 ID:JTz8WZIM.net
穂乃果「んぁ…」


ことり「あ、穂乃果ちゃんやっと起きた!」


穂乃果「今何時…?」


ことり「もうちょっとで午後の授業始まっちゃうよ!早く教室もどらなきゃ!」


穂乃果「うわわ!ほんとだ、急ごうことりちゃん!」ダダダダダ


ことり「あ、穂乃果ちゃんまってー!」
46: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:32:33.98 ID:JTz8WZIM.net
~数週間後~


穂乃果「まさかこの歳で血尿になるとは…治ったからいいけどさ…」


真姫「ヴェェ…血尿?」


穂乃果「ま、真姫ちゃん!?いつからそこに!?」


真姫「さっきからいたけど…それよりも穂乃果、血尿ってほんと?」


穂乃果「う、うん…すぐ治ったけど…」


真姫「出ないから治ったって訳じゃないかもしれないわよ?そうね…ウチで見てもらったら?」


穂乃果「う、うん…そうする」


真姫「それなら明日、病院で待ってるわね」
48: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:39:03.21 ID:JTz8WZIM.net
~次の日 西木野病院泌尿器科~


真姫「あ、来たわね」


穂乃果「うん、今日はお願いね」


真姫「私の友達って事で特別に見てもらうんだけど、ちょっとりんごでも食べて待ってて」


穂乃果「わかった」シャクシャク


~数分後~


真姫「お待たせ、はいこれ」


穂乃果「なにこれ?」


真姫「ああ、検尿カップと利尿剤よ。まずはその尿を見てみないとだめでしょ?」


穂乃果「あ、そっか。じゃあ行ってくる!」
50: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:43:31.54 ID:JTz8WZIM.net
真姫「(あの薬、ウチの研究チームに持っていって成分を調べたけど…)」


真姫「(膀胱に負担がかかるのよね…)」


真姫「(だからその部分をちょちょいとイジって膀胱に負担がかからないようにしたわ)」


真姫「(しかも素人が作った薬ですもの、複製だって容易…)」


真姫「(ふふふ…通院を促せば毎日穂乃果のおしっこ飲み放題…)」


真姫「(我ながら完璧な作戦ね…)」
51: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:47:19.55 ID:JTz8WZIM.net
穂乃果「もってきたよー」


真姫「ご苦労様。渡しに行ってくるわね」


穂乃果「……飲んだりしないよね?」


真姫「は、ハァ!?ナニソレ!イミワカンナ!」


穂乃果「あはは、だよねぇ!じゃあお願いね!」


真姫「えぇ…(ばれたのかと思ったわ…)」


穂乃果「………」
56: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:51:46.67 ID:JTz8WZIM.net
真姫「す、すごい!本当にりんごジュースになってるわ!」


真姫「しかもこの感じ…穂乃果のおしっこの感じがそのまま残ってる!」


真姫「穂乃果の本物のおしっこもいいけど、あっちはちょっとクセが強くて毎日は飲めないのよね…」


真姫「でもこれなら毎日飲めるわ…」


真姫「希には感謝しなくちゃね」


真姫「あ、でも検査用の尿はどうしましょう」


真姫「…私のでいっか」チョロチョロチョロ


真姫「これで良しと」
59: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 23:56:22.61 ID:JTz8WZIM.net
真姫「結果、出たわよ」


穂乃果「ど、どうだった…?」


真姫「そうね、ちょっと通院が必要だって」


穂乃果「そ、そんな…」


真姫「気を落とさないで…症状は軽いからすぐ治るって言ってたわ」


穂乃果「うん…がんばるよ…」


真姫「ええ、私も精一杯サポートするわ」


穂乃果「ありがとう…真姫ちゃん…」


真姫「ベ、ベツニ…//////」
61: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:00:55.38 ID:cnTgrWdj.net
真姫「それじゃあお大事に」


穂乃果「うん…あ、そうだ真姫ちゃん」


真姫「何かしら?」


穂乃果「私のおしっこ、おいしかった?」


真姫「ええ、りんごジュースになったお陰で飲みやすいし、それでいて穂乃果のおしっこ感も残ってる最高のいっぴ……あ」


穂乃果「真姫ちゃん……」


真姫「これはな、ちゃうねん」
64: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:05:43.33 ID:cnTgrWdj.net
穂乃果「違くないでしょ…穂乃果に通院促して毎日飲むんでしょ…」


真姫「…な、なぜそれを?」


穂乃果「だって…普通に口に出してたし、聞こえてたし」


真姫「なん…だと…?」


穂乃果「うぅ…海未ちゃんも、真姫ちゃんも…こんな変態だったなんて…」


真姫「ヴェェ…」


穂乃果「で、私の本当の結果は?」


真姫「出せるわけ無いでしょ!りんごジュースの尿なんて!」
67: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:09:13.35 ID:cnTgrWdj.net
穂乃果「なんで穂乃果のおしっこがりんごジュースになるの!」


真姫「そ、それは…」


穂乃果「はっ!あの利尿剤…!まさか!」


真姫「……」


穂乃果「真姫ちゃん、それはいくらなんでも最低だよ…」


真姫「ふふふ…」


穂乃果「何がおかしいの!」


真姫「穂乃果…あなたは多分、一つ思い違いをしているわ」
68: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:13:03.26 ID:cnTgrWdj.net
穂乃果「思い違い…?」


真姫「確かにそうよ、あの利尿剤は食べた果物によっておしっこがその果物のジュースになる薬よ」


穂乃果「なんでそんなの作ってんの…」


真姫「でもね、これを作ったのは私ではないわ」


穂乃果「…え?」


真姫「これは本当よ、すこし膀胱への負担を減らすように改良はしたけど、大本を作ったのは私じゃないわ」


穂乃果「い、一体誰が!」
69: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:15:28.00 ID:cnTgrWdj.net
真姫「ふふ…私が言うと思う?」


穂乃果「……ねぇ、真姫ちゃん?」


真姫「あら、何かしら?」


穂乃果「穂乃果、ここに通院するよ」


真姫「これ作ったの希よ」


穂乃果「希ちゃん…なんで…」
71: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:25:37.04 ID:cnTgrWdj.net
~次の日~


穂乃果「希ちゃん!」


希「おや、どしたん、穂乃果ちゃん?」


穂乃果「どうしてあんな薬作ったの!?」


希「あれま、意外とバレるの早かったなぁ」


穂乃果「わ、悪びれる様子もなくあっさりと…!」


希「あの薬を作った理由…それはな…?」


穂乃果「それは…!」


絵里「穂乃果ー!これ飲んで欲しいんだけど!」
73: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:32:05.36 ID:cnTgrWdj.net
穂乃果「絵里ちゃん……」


絵里「あら、希と話してたのね。ごめんなさい、割り込んじゃって」


希「別にええんよ、ちょうどその薬のことで話してたし」


絵里「あら、そうなの?それなら話は早いわね、はいこのぶどう食べて、コレ飲んで、おしっこ飲ませて!」


穂乃果「いやだよ!」
74: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:37:47.14 ID:cnTgrWdj.net
絵里「えー」


穂乃果「えー、じゃないよ!なんで飲んでもらえると思ってるの!?」


絵里「でも海未や真姫のは飲んだのでしょ?」


穂乃果「それは…飲んだけど」


絵里「それなら私のも飲んでよ!私だけ不公平よ!」


穂乃果「私はすごい理不尽だよ!」


希「まぁまぁ二人とも落ち着いて」


穂乃果「落ち着いてられないよ!」


絵里「そうよ!飲んでもらうまで、私はあきらめないわ!」
77: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:42:43.39 ID:cnTgrWdj.net
穂乃果「うぅ…変態怖いよぉ…」


希「まぁでも、穂乃果ちゃんもいけないんやで?」


穂乃果「なんで!?私何をしたの!?」


希「だって、めっちゃ可愛いし」


絵里「スキンシップだって激しいし」


希「時折、勘違いしそうな言動するし」


絵里「正直私達は常に辛抱たまらん状態だったのよ?」


穂乃果「だからってみんな行動が変態すぎるよ…」
80: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:48:22.62 ID:cnTgrWdj.net
穂乃果「……はぁ、もういいよ」


絵里「え!飲んでくれるの!?」


穂乃果「もうコレっきりだからね!希ちゃんも、もうへんな薬作らないでね!」


希「はいはい、穂乃果ちゃんに言われたらやめるしかないなぁ」


穂乃果「ほら、絵里ちゃん。ぶどうと薬ちょうだい」


絵里「わかったわ、はい」


穂乃果「ありがと…あむ」モゴモゴ
81: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:52:49.84 ID:cnTgrWdj.net
穂乃果「……」グビ


絵里「まさか本人公認で飲めるとは思ってなかったわ!」ドキドキ


希「よかったなぁ、絵里ち」


穂乃果「」テクテクテク


希「ん?どしたん、穂乃果ちゃん?」


穂乃果「………」ジー


希「そ、そんなに見つめられると照れるやん…//////」
82: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 00:55:59.38 ID:cnTgrWdj.net
穂乃果「」チュウ


希「!!!??!?!?!?」チュゥ


絵里「」


穂乃果「ん…んー…んっ…//////」


希「んぁ…む…んん…っん…//////」ゴクン


穂乃果「ふぅ…//////」


希「な、何を…ぁう!?//////」モジモジ
85: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 01:00:06.23 ID:cnTgrWdj.net
穂乃果「はい、コップ!コレにだしてね」ニコニコ


希「や、やられた…ぅあっ!//////」モジモジモジモジ


穂乃果「ほらほら、早くしないと漏らしちゃうよ?」ニコニコ


希「や、やぁ…//////」モジモジモジモジモジ


穂乃果「へぇー、穂乃果にはしといて自分は嫌だって言うんだー」ニコニコ


希「あ、あぅ…それは…んん…//////」モジモジモジモジモジモジモジ


穂乃果「ほーら、早く早く!」トントン


希「ぁう!せ、背中…叩かない、でぇ…///////」モジモジモジモジモジモジ
86: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 01:04:42.89 ID:cnTgrWdj.net
穂乃果「…もうしない?」トントン


希「し、しない!しませんからぁ!//////」


穂乃果「本当に?嘘じゃない?」トントン


希「本当!本当にしない!しません!だ、だから…//////」


穂乃果「わかった、行っていいよ!」ドン!


希「あ…//////」チョロ


希「ああぁぁ……//////」チョロチョロチョロチョロ


穂乃果「おぉーほんとにぶどうジュースだ…」
87: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 01:08:56.81 ID:cnTgrWdj.net
穂乃果「さてと…もうこんなことはしないでね?希ちゃん」


希「…はい//////」


穂乃果「うん!じゃあちょっとまっててね、タオルとジャージ持ってくるから!」


希「お、おねがい…//////」


希「……//////」


希「クセになりそうや……//////」


絵里「」
91: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2014/12/29(月) 01:18:48.10 ID:cnTgrWdj.net
~数週間後~


穂乃果「あれからは特に何も起きてない」


穂乃果「あ、変わったことが一つあったっけ」


希「……//////」モジモジ


穂乃果「希ちゃんが何かに目覚めました」


希「あ、あの…穂乃果ちゃん…トイレ…//////」


穂乃果「ダーメ、まだ余裕あるよね?」


希「ぁう…はい…//////」


穂乃果「まぁ、それだけです…」


穂乃果「はは…」



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「穂乃果ちゃんのおしっこがジュースになる薬を作った」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。