ツバサ「あ…」ペタン

シェアする

ツバサ-アイキャッチ4
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:33:01.11 ID:CmPA9SyU0
あんじゅ「ツバサどうしたの?急にへたり込んで」

ツバサ「え、えっと…ちょっとバテちゃって…」

英玲奈「まだ着替えてすらいないじゃないか」

あんじゅ「夏バテ…にしては遅すぎるわよね」

ツバサ「そ、その…」

英玲奈「歯切れが悪いな、本当にどうしたんだ」

あんじゅ「体調でも悪いの?肩貸してあげよっかツバ…」


ツバサ「うぅ…」ジワ


あんじゅ「ちょ、ちょっと泣いてるの!?相当悪いってこと!?」

英玲奈「…ツバサ、なにがあった?」

ツバサ「…笑わない?」

あんじゅ「笑えないわよっ、早く救急車を…!」

英玲奈「落ち着けあんじゅ。笑わないと約束するから言ってみろ」

ツバサ「…あのね」


ツバサ「お漏らししちゃった…」グス


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448731980

元スレ: ツバサ「あ…」ペタン

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:35:09.99 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「」

あんじゅ「」



ツバサ「いい年して情けないわよね…」グス



あんじゅ「………はっ!い、いやいやそんなことないわよ!ちょっとビックリしたけど」

英玲奈「まあその、なんだ…人生1回くらいそういう事もあるだろう、気にするな」

ツバサ「…1回じゃないの」

英玲奈「うん?」

ツバサ「最近よく…お漏らししちゃうのよ…」グスグス

あんじゅ「あ、あー…とにかく泣き止んで、ね?」

英玲奈「そ、そうだな。私達も後片付けするから」

英玲奈「…ん?」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:36:33.80 ID:CmPA9SyU0
あんじゅ「なによ英玲奈、こんな時に」

英玲奈「いや…お漏らしした割にはその、水溜りが出来てないな」

あんじゅ「あ、言われてみればそうね」

ツバサ「ちょっと出ちゃうだけなの、パンツが湿っちゃう程度」

英玲奈「それは軽い尿漏れというやつか?」

あんじゅ「なぁんだ、それくらいよくあることよ!」

ツバサ「よくあることなの?」

あんじゅ「ナプキン使いなさいよ、というかなんで気付かないわけ?」

英玲奈「激しい運動をする女性は尿漏れを起こしやすい、ツバサは正にそういうことだろう?」

ツバサ「で、でも運動してるとき以外もよくするし…というかそっちの方が多いし…」

あんじゅ「…?例えばどういう時よ」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:37:37.23 ID:CmPA9SyU0
ツバサ「特に動いたりはしないの、ただ…」

ツバサ「穂乃果さんの顔を思い浮かべるといっつもお漏らししちゃうのよ」



英玲奈「」

あんじゅ「」



ツバサ「なんでなのかしら、本人に聞く訳にもいかないし…」



あんじゅ「」チラッ

英玲奈「」コクッ
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:38:27.59 ID:CmPA9SyU0
ツバサ「うぅ、考えたらまた…A-RISEのリーダーがお漏らし魔なんてイメージが…」

あんじゅ「ふんっ」ガシッ

ツバサ「えっ、ちょっとなんで羽交い絞めするのよあんじゅ!?」

英玲奈「…」サワ

ツバサ「きゃっ、な、何てとこ触ってるのよ!汚いわよ!?」

英玲奈「すまんすまん、虫がスカートの中に入っていくのが見えてな。もう大丈夫だ」

ツバサ「そうなの?だからってなんで羽交い絞め…」

英玲奈「ふむ…」スリスリコネコネ

ツバサ「ちょっと聞いてる?」

あんじゅ「ど、どう、英玲奈?」

英玲奈「ちょっとこっちこいあんじゅ」

ツバサ「もうっ、二人しておふざけなんてやめてよね!」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:39:39.14 ID:CmPA9SyU0
あんじゅ「で?どうなのよ、ただの尿漏れよね、そうなんでしょ?」

英玲奈「…」

あんじゅ「う、ウソよね?ウソよね?」

英玲奈「…粘ついてた」

あんじゅ「あぁああああああ…」ガクッ

英玲奈「これは間違いなく…その、そういうことだろう」

あんじゅ「ちょっと確かめさせて!…ふへ」ペロッ

英玲奈「指を舐めるな馬鹿者!」グイッ

あんじゅ「ということは…ツバサは穂乃果さんのこと…!」

英玲奈「まあ、そうだろうな。まさか好きな人を思うだけでそこまでとは驚きだが」

あんじゅ「なんでなのよツバサぁ…」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:40:48.95 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「だが問題はそこじゃない」

あんじゅ「何がよ!大問題じゃない!!」

英玲奈「わからないか?ツバサ自身はこれがお漏らしだと思ってるということだ」

あんじゅ「…!」

英玲奈「つまり意味が分かっていない、これが性的興奮から来る現象だなどと微塵も自覚してはいないんだ。もしかしたら恋心すら…」

あんじゅ「そ、そんなことってありえるの?」

英玲奈「あいつは生粋の箱入りお嬢様だったらしいからな、そういった知識を持ち合わせていなかったのだろう」

あんじゅ「いやだからって自分の身体のことよ?」

英玲奈「あいつはアイドルのこと以外極端に関心が薄いのは知っているだろう?」

あんじゅ「そこは考えなさいよって言いたいとこだけど、そうか…それなら…」

英玲奈「ああ、良い機会だ。我々が真実を教えてあげなければな」

あんじゅ「そうね……うふふ」

英玲奈「…?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:41:31.31 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「ツバサ、ちょっといいか」

ツバサ「あ、戻ってきた。なによ、早く着替えたいんだけど」

英玲奈「お前のお漏らしな、それはち…」

あんじゅ「うらぁ!!」バッチーン

英玲奈「へぶっ!!…なにするんだ貴様ぁ!!」

あんじゅ「そんなはっきり言うやつがあるかこのエロ奈!」

英玲奈「はっきり言わないと分からないだろツバサには!」

ツバサ「え、なに、どうしちゃったの二人共…」オロオロ
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:42:48.86 ID:CmPA9SyU0
あんじゅ(あんたねぇ、考えてもみなさいよ)ヒソヒソ

英玲奈(何がだ)ヒソヒソ

あんじゅ(穂乃果さんの顔を思い浮かべるだけでビショビショになるのよ?そこにいきなり真実をぶち込んだらどうなるかわかる?)

英玲奈(人のこと言えない卑猥さだぞお前…どうなるって?)

あんじゅ(濡れるイコール興奮イコールエッチな気分イコール自慰!!結構な頻度で濡らしてるってことはそりゃもうアホみたいにしまくって日常生活に支障が出るに決まってるわ!)

英玲奈(まるで経験があるような言い方だな)

あんじゅ「…」

あんじゅ「…ということでツバサ」

英玲奈「おい」

あんじゅ「それって正確にはお漏らしじゃあないのよ」

ツバサ「じゃあなんだっていうのよ」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:44:17.17 ID:CmPA9SyU0
あんじゅ「んふっ、とりあえずパンツ換えましょっか。いい加減気持ち悪いでしょ?」

ツバサ「…そうね、じゃあ換えてくる」スタスタ

あんじゅ「そうしましょそうしましょ♪…ふへ」スタスタ

英玲奈「まて」ガシッ

あんじゅ「ふへ!?な、なによ」

英玲奈「何故お前も付いていく」

あんじゅ「な、何故って当たり前でしょ?換えるついでに教えるのよ、一石二鳥でしょ?」

英玲奈「意味がわからないが」

あんじゅ「ここで下半身を晒すわけにはいかないじゃない、いくらなんでもツバサがかわいそうだわ」

英玲奈「晒す必要はどこにもない、さっさと換えたあと口頭なり参考書なりでじっくり学習させればいい」

あんじゅ「い、いや、こういうのは実際に見て触って学んだほうが手っ取り早いのよ。よく言うじゃない、教科書に書いてあることだけじゃわから…」

英玲奈「ウソだな」

あんじゅ「なななななんの事かしらぁっ」クルクルクルクル
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:45:22.27 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「…前々からお前のツバサを見る目は怪しかった、友情を超えた何かを宿した目だ」

あんじゅ「そりゃああれよ、ツバサって強引で危なっかしいから?わが子を見守る母親みたいな?慈愛に満ちた目っていうか?」

英玲奈「今のお前は満員電車で今にも痴漢を起こしそうな中年親父みたいな目だ。正直気持ち悪い」

あんじゅ「いくらなんでも酷いわよ!そんなわけないでしょばかばかしい!!」

英玲奈「ふんっ」スッ サワ

あんじゅ「きゃっ、ちょっと!?」

英玲奈「うおっ、何だこれビチョビチョじゃないか」ネトォ

あんじゅ「く…」

英玲奈「相当興奮しているようだな、それも性的に」

あんじゅ「く…くぅぅ…」

英玲奈「お前、この機に乗じてツバサを自分のモノにするつもりだな」

あんじゅ「…」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:47:05.87 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「性知識の乏しいツバサに無い事無い事吹き込んで…上手い事洗脳する気だろう」

英玲奈「お前は無駄に口が上手いからな、精神的に参ってる今のツバサなら可能だと踏んで…」

あんじゅ「…文句あんの?」

英玲奈「は?」

あんじゅ「しょうがないでしょ!!あんな純粋無垢なツバサを見て興奮しないはずないじゃない!!文句あんの!!??」

英玲奈「開き直ったなこいつ…」

あんじゅ「離しなさい!」グイグイ

英玲奈「行かせはしない」ガッシリ
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:48:13.86 ID:CmPA9SyU0
あんじゅ「早くしないとツバサのビショ濡れ生…」

ツバサ「私がどうかした?」

あんじゅ「あぁあああちくしょうちくしょうぉあああああ!!!!」ガンガンガンガン

ツバサ「ひっ…な、なんで床に頭打ち付けてるの?」

英玲奈「気にするな、ちょっと太陽にお辞儀してるだけだ」

ツバサ「そ、そう…あんじゅってそういう宗派なのね…」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:49:21.35 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「ところで、だ。ツバサ、例のお漏らしなのだが…」

あんじゅ「」ピタッ

ツバサ「あ、止まった」

あんじゅ「…いいわぁ、英玲奈教えてあげなさい」ニッコリ

英玲奈(なんだこいつ…まあいい)

英玲奈「それは別にオシッコを漏らしてるわけじゃないんだ」

ツバサ「確かにオシッコに比べて妙にネトネトしてると思ってたけど…」

英玲奈「ああ、それは所謂膣分泌液と呼ばれるものだろう」

ツバサ「下り物とは違うわけ?」

英玲奈「少し違う、主に…」

ツバサ「…英玲奈?」

あんじゅ「」ニヤニヤ
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:50:31.61 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「おもに…」


英玲奈(う…なんか真面目に説明しようと思うと恥ずかしくなってきた)

英玲奈(なんて言えばいいんだ…?それは穂乃果さんが好き過ぎて出てくる体液なんだ、か?)

英玲奈(何故好きだと出てくるのって言われたら…?)

英玲奈(性的興奮…え、エッチしたくて、とか…?)

英玲奈(エッチってなにと言われたらどうしよう…あぁぁ…)


英玲奈「///」ブシュー

ツバサ「顔真っ赤だけどどうしたのよ?」

あんじゅ「ふ…英玲奈も所詮ウブな素人なんだから無理しちゃダメじゃない」

英玲奈「な、なんだとっ」



あんじゅ「ツバサ、実は私もお漏らししてるのよ」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:51:29.71 ID:CmPA9SyU0
ツバサ「ええっ、ウソぉ!?」

英玲奈「何を言い出すんだ!」

あんじゅ「シロートは黙ってて…ほんとよ?ほら」ピラッ

ツバサ「うわ、ビショビショじゃない。あんじゅもだったのね」

あんじゅ「私もね、ツバサのこと考えるだけでこんなになっちゃうの」

ツバサ「私のこと?…それって私と同じ現象!」

あんじゅ「うふふ、そうね。これが意味するところ…もうわかったかしらぁ?///」ハァハァ

英玲奈(うぅ、止めたいところだが、そうすると私に説明義務が…参考書持ってくる余裕もないし…///)
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:53:03.53 ID:CmPA9SyU0
ツバサ「あんじゅ…そんなに息を荒げて…」

ツバサ「…」

ツバサ「なるほどね、全てに合点がいったわ」

英玲奈「…!」

あんじゅ(そうよぉ、これだけ包み隠さず晒してあげてるんだから、もう私のキモチに気付いたわよね)

あんじゅ(あとはツバサが穂乃果さんをそんな汚らわしい欲望の眼差しで見てたんだと懇々と説明してあげれば…)

あんじゅ(自己嫌悪に陥るか、あるいはどうすればいいかわからないと戸惑うはず…)

あんじゅ(どちらにしろ、上手い事言いくるめて処理のお手伝いが出来るってワケ♪)

あんじゅ(あはっ、完っ全にフルハウス!)


ツバサ「つまりこのお漏らしの正体、その真実は…」







ツバサ「恐怖…ってことね」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:54:19.48 ID:CmPA9SyU0
あんじゅ「………は?」

英玲奈(あ、流れ変わった)


ツバサ「恐怖のあまりお漏らし…なるほどよく聞く話よね」

あんじゅ「い、いやいやそうじゃ…むぐっ!?」

英玲奈「まあまあ黙って聞こうじゃないかあんじゅ」ググッ

ツバサ「確かにあんじゅはよく私に向かって鬼だの怖いだの言ってたし」

あんじゅ「むぐぐ~っ!!(それはほんのジョークじゃない!こわ~い♪とか鬼グンソー♪みたいな!!)」

英玲奈(意外と真面目に受け取ってたんだな、確かに練習中はスパルタ全開だし)
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:55:41.60 ID:CmPA9SyU0
ツバサ「つまり私は無意識に恐怖を抱いていた…私達に迫らんと勢いを増すμ’sに…」

ツバサ「私と同じか、それ以上のカリスマを持つ穂乃果さんに…」

ツバサ「ふふ…分かってしまえば尚の事情けないわよね」

ツバサ「この綺羅ツバサが、他者に恐れをなして思わずお漏らしなんて…!」


あんじゅ「むぐっむ~!!(ダメよダメよ!このパターンはヤバイ!!)」

英玲奈(私も何となく展開が読めるが…あんじゅに好き放題されるよりマシだろう)
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:56:49.89 ID:CmPA9SyU0
ツバサ「このままじゃA-RISE…いいえ、綺羅ツバサの名折れ!」

ツバサ「だから私、乗り越えてくる」

ツバサ「この恐怖を克服するために…穂乃果さんと直接対決してくる!!」

英玲奈「…行くのか、ツバサ」

あんじゅ「むおーっ!!(何ノッてんのよ英玲奈!!)

ツバサ「ええ。チームとしての実力は互角、なら個人として圧倒的実力差を見せ付ければ…」

ツバサ「取り戻せるわ、自信…威光…そして」

ツバサ「お漏らししない自分を!!」キリッ

あんじゅ(やだ…果てしなくかっこ悪い台詞なのにカッコいい…)キュン


英玲奈「わかった、後のことは任せて行ってくるがいい」

ツバサ「ありがと。きっと打ち勝ってみせるから!!」ダダッ
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:58:11.02 ID:CmPA9SyU0
あんじゅ「…も、もがーっ!(ま、待ってツバサぁ!?)」

英玲奈「大人しくしろ!行かせてやるんだ!」

あんじゅ「むぉ…(そ、そんな…)」


英玲奈(後で穂乃果さんに事情を連絡しておこう、向こうも恐らくツバサを気に入ってるはずだし…)

英玲奈(きっと丸く収まるだろう、願わくばそのままお互いの気持ちが通じ合えば…)

英玲奈(ふふ、ガラにも無く私がキューピット役を演じるとは…まあたまには悪くな…)



がちゃ


トレーナー「練習始める、わ…よ…?」



英玲奈「あ」

あんじゅ「もが…もが…(ツバサ…ツバサ…)」ポロポロ
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:59:02.98 ID:CmPA9SyU0
トレーナー「あ、あなたたち…なにしてるの…?」

トレーナー「というか統堂さん…あなたなにするつもりだったわけ…?」

英玲奈「い、いや、これには事情が…」パッ

あんじゅ「あぁ…(ツバサが)いっちゃう…」

トレーナー「…!?あ、ああ、あなた…ど、どんな破廉恥な事を強要してたの!?優木さんにスカート捲らせて…!!」

英玲奈(え!?なんでずっと捲ってたんだこいつ!!)
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:00:11.52 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「いや違うんです、さっきツバサが…」

トレーナー「そういえば廊下でかすかに聞こえたわ。大人しくイけとかなんとか…」

英玲奈「微妙に違います!!大人しくしろ、行かせてやるんだと…」

トレーナー「やっぱりそうじゃない!!ムリヤリイかせてやるだなんて…とんだ勘違い強姦魔ね!!!」

英玲奈「いや、ちょ…」

トレーナー「今すぐ指導室に来なさい統堂ぁっ!!!」

英玲奈(な…なぜ…)シロメ


あんじゅ「…あ、でも寝取られみたいでちょっと興奮」ジュン
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:02:10.35 ID:CmPA9SyU0
~~~


公園



ツバサ「――というわけで勝負よ、穂乃果さん!」

穂乃果「…」

ツバサ「この恐怖を克服出来なければ、A-RISEに未来はないの」

穂乃果「…」

ツバサ「ふふ、でもこんな恥ずべきことを包み隠さず話せるのも、あなたの人徳あってのことなのかもね」

穂乃果「…」

ツバサ「だからこそ正々堂々と対決したいのよ。何でもいいわ、ダンスゲームでもカラオケでも…」






穂乃果「そっかぁ」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:03:57.12 ID:CmPA9SyU0
ツバサ「あなたの好きな…って、あんまり驚かないのね」

穂乃果「いや驚きましたよ」

ツバサ「そ、そう?なら勝負の方も受けてくれるのかしら?」

穂乃果「いいですけど」

ツバサ「ならあなたの得意なジャンルでいいわよ、そちらの土俵で勝ってこそ自信が…」

穂乃果「でもこのままじゃフェアじゃないですよね」

ツバサ「…?そりゃそうかもだけど、でも私は一向に構わないわ」

穂乃果「そうじゃなくて」





穂乃果「ツバサさん、今もお漏らししてますよね?」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:04:44.62 ID:CmPA9SyU0
ツバサ「…!!」

ツバサ「…よくわかったわね、その通りよ」

穂乃果「その状態じゃ何やっても集中出来ないんじゃ?」

ツバサ「…そうかもしれない、でもしょうがないじゃない。だって目の前に穂乃果さんがいるんですもの」

穂乃果「想像してた時よりもお漏らしが酷い…ってことですよね」

ツバサ「まったくその通り…自分がイヤになるわ。対峙するだけでこんなに恐怖を覚えるだなんて…」

穂乃果「…」








穂乃果「…」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:05:43.84 ID:CmPA9SyU0
穂乃果「だったらツバサさん」






穂乃果「そんなにパンツが気になるなら…」






穂乃果「濡れても構わない状態で、勝負しませんか?」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:08:27.66 ID:CmPA9SyU0
ツバサ「…どういうこと?」

穂乃果「家、お風呂場広いんですよ」ガシッ

ツバサ「そ、そうなの…って穂乃果さん?」

穂乃果「まずはお互いさっぱりしてからがいいですよね」グイグイ

ツバサ「あ、ありがたいけど…で、でもすぐまたお漏らししちゃうし…」

穂乃果「大丈夫大丈夫、両親は懇談会、雪穂はお泊まりなんで」グイグイ

ツバサ「え?え?」








穂乃果「今日、家に私一人なの」

穂乃果「じっくり勝負できるね、ツバサさん」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:09:35.29 ID:CmPA9SyU0
~~~



翌日


英玲奈「危うく停学を食らうところだった…」

あんじゅ「良かったわね、誤解が解けて」

英玲奈「お前のせいだろうが!!」

あんじゅ「だってぇ、あの時は必死だったんだもーん」

英玲奈「くっ…殴りたい…」

あんじゅ「まあまあ、もう昨日のような無様なマネはしないわよ」

英玲奈「…そういえば今日は妙に落ち着いてるな、ツバサが帰ってこなかったというのに」

あんじゅ「…私ね、これでもツバサの大親友なのよ」

あんじゅ「純粋なあの子を汚い欲望にまみれさせるなんて、しちゃいけないわよね」

あんじゅ「ツバサの幸せのためにも」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:10:23.50 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「…そうか、一晩たってようやく目が覚めたようだな」

あんじゅ「ええ」

英玲奈「…」

あんじゅ「…」


あんじゅ「…ふへ」


英玲奈「おい」

あんじゅ「ふへ!?な、なによ」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:11:20.78 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「今度は何を企んでいる」

あんじゅ「企んでなんかないわよ」

英玲奈「昨日みたいな性犯罪者の目になってたぞ」

あんじゅ「昨日より酷くないそれ!?」

あんじゅ「…まあほら、ね?」

英玲奈「なんだ」

あんじゅ「性知識0より覚えたての方が恥じらいが見れていいじゃない?」ジュルリ

英玲奈(こいつ想像以上に変態だな)
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:12:40.49 ID:CmPA9SyU0
がちゃ



ツバサ「ただいま」

英玲奈「おお、帰ったかツバサ」

あんじゅ「昨日はごめんねツバサ、変な事になっちゃって」

ツバサ「なんかしてたっけ?」

あんじゅ「覚えてない…だと…!」

英玲奈「まああんじゅのことは眼中に無かったということだろう」

あんじゅ「今日はやたら棘々しいわね英玲奈…」

英玲奈「気付いたか変態」

あんじゅ「ちょっ…まあいいわ。それよりツバサ、お漏らしの件は…」

ツバサ「大丈夫よ、昨日穂乃果さんに教えてもらったから」

英玲奈「そうか、それはなによりだ」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:13:35.63 ID:CmPA9SyU0
ツバサ「私ももう少し色んなことに興味を持たなきゃいけないわね、反省だわ」

あんじゅ「そ、それよりツバサ、もうお漏らし…もとい、濡れたりしないのかしら?」ハァハァ

英玲奈(必死すぎだろ…)

ツバサ「そうね、もう想像するだけで濡れることはないわよ」

あんじゅ「そ、そうなの…」ショボン

英玲奈(何を期待してたんだこの変態)
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:16:03.87 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「まあ自覚出来たならコントロールもしやすいだろう、それにお互い想いも通じ合ったみたいだしな」

ツバサ「あら、もう知ってたのね」

英玲奈「わかるさ、その憑き物が落ちたような顔を見ればな」

あんじゅ「良かったわねツバサ(悔しい、でも…)」モジモジ

英玲奈(こいつの性癖もなんとかしなければな…)

ツバサ「ありがとう、その通りよ。まあそれに…」






ツバサ「一晩中あんなことされちゃったら、もう想像だけじゃ濡れないわ」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:18:47.51 ID:CmPA9SyU0
英玲奈「……………うん?」

あんじゅ「……………はい?」





ツバサ「玄関、お風呂、居間、廊下、階段、お部屋…ああ、妹さんの部屋の前でもね」


ツバサ「ありとあらゆるところで、寝食を忘れてずっと『勝負』されちゃったの」


ツバサ「あれを味わったらもう…ね/////」キャッ





英玲奈「」

あんじゅ「」ジュンジュワー
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 03:19:30.43 ID:CmPA9SyU0
おわり

前回の焼き直しですまんな

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
ツバサ「あ…」ペタン
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ツバサ「あ…」ペタン』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。