真姫「ぷわ…ぷわーお…」穂乃果「これは間違いない!」

シェアする

ほのまき-アイキャッチ2
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:31:02.35 ID:u1e6wzG80
穂乃果「これはprintempsの名曲になるっ」


真姫「ぷわぷわーお…これまず私が歌って皆に聞かせるのよね」


穂乃果「うん!真姫ちゃん…良い作曲お願いします!」


タタタタッ


真姫「ヴェエェ!?穂乃果っ!」


バタンッ


真姫「…」


君に飛んでけ好き好きぷわぷわぁ…
printempsらしいけど…私が?


真姫「…//」


恥ずかしいわ…!!
でも…頼まれたんじゃ、やるしかないわね


真姫「早速取り掛かろう…」


こういうのは早めにやればいいのよ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448929861

元スレ: 真姫「ぷわ…ぷわーお…」穂乃果「これは間違いない!」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:31:39.24 ID:u1e6wzG80







数日後



真姫「くっ…」


メロディーがこない!!こないわ…
真姫ちゃんは天才だからぽんぽん出てくるはずなのに…


真姫「おかしいわね…」


ぷわぷわーおだから…ぷわぷわよね
ぷわぷわ~


真姫「ぷわぷわ~」


海未「何やってるんですか?」


真姫「きゃあぁあっ!?う、海未!?」


海未「は、はい…ずっといたんですが、悩んでいたみたいなので…」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:32:27.93 ID:u1e6wzG80
真姫「…実はこれを穂乃果に作曲して欲しいって言われたのよ」


パサッ


海未「わーおわーお夢ならば…ねねねわーおわーお覚めないで…穂乃果らしい作詞ですね」


真姫「正直言って曲が全然浮かばないのよ…」


海未「…それでしたら、printempsの練習を見に行ったらどうですか?」


真姫「見に行く?」


海未「見学しに行ったらいいと思います。」


真姫「…ありがとう。そうしてみるわ!早速行ってくる!」


タタタタッ


バタンッ
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:33:15.43 ID:u1e6wzG80







ガララッ


穂乃果「あれ?真姫ちゃんどうしたの?」


真姫「実はあれから作曲に行き詰まっちゃったのよ」


花陽「あれ?穂乃果ちゃん新曲の歌詞書いたの?」


穂乃果「うん!」


ことり「ことりたちにも見せて~!」


穂乃果「えへへ…完成まで秘密だよ!これはprintempsの名曲になるんだから!!」


花陽「おぉぉ…!楽しみだねっ」


ことり「そうだねぇ…!」


真姫「とりあえず、練習見学させてもらうわね」


穂乃果「うん!全然いいよ!それじゃ、ダンスの続きからやろっか」


ことぱな「うんっ」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:33:51.33 ID:u1e6wzG80
ぷわぷわーお…
歌詞を見る限り楽しそうな歌よね
メロディーも明るく…ぷわぷわする感じ


穂乃果「とんとんとん…ってうわぁぁっ!?」ドスンッ


ことり「穂乃果ちゃあぁ~ん!大丈夫?」


花陽「どこか擦りむいてない?」


穂乃果「うん!二人共ありがとうっ」


よく聞いてみると…
3人の声ってなんて言うんだろう
…ぐにゃぐにゃ?


いや…もしかして

目瞑って聞いてみましょ
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:34:25.08 ID:u1e6wzG80





「ここ足絡まりそうになるから気をつけないと!」


「ことりもここ得意じゃないんだ!だから一緒に頑張ろ?」


「私もキレがない!って感じがするよ」


「よーし!それじゃ、頑張るぞー!」


「「「おー!」」」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:34:55.29 ID:u1e6wzG80
真姫「っくはぁ!?」


私は…私は!
何でこんな事に今まで気付かなかったの!?


穂乃果「どうしたの?」


真姫「な、ななななんでもない…私帰る!」


穂乃果「真姫ちゃん!?」


ダダダッ


あの3人が集まると脳をトロかせる程の威力があるわ
…私が実体験したんだもの
あれ以上あそこにいたら…


恐ろしい…!
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:36:44.91 ID:u1e6wzG80
海未「?」


真姫「海未も体験したんでしょ?」


海未「…どうでしょう」


真姫「分かってるんだから!…同じprintemps信者としてアドバイスしてほしいの。だから…」


海未「アドバイス?でも私、作曲は…」


真姫「貴方なら分かるでしょ?printempsに合う1つ1つのメロディー」


海未「…わかりました。今日真姫の家に行きますね」


真姫「よかった…楽しみに待ってるわ。」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:37:16.93 ID:u1e6wzG80
ガララッ


にこ「帰るわよ!」


凛「いっくにゃー!」


花陽「凛ちゃん速いよぉ…!」


絵里「音楽室涼しいわ…」


希「せやね…!」


穂乃果「海未ちゃん達帰ろー!」


ことり「鞄持ってきたよっ」


海未「ありがとうございます。」


真姫「ありがと…じゃ、帰りましょ」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:37:44.51 ID:u1e6wzG80





___________________________
_______________________
__________________
______________
__________
________
_____
___
__




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:38:20.40 ID:u1e6wzG80
ジャンジャジャーン


海未「何かが、何かが違うんです…」


真姫「私もそう思うわ…足りないのよ」


ジャンジャンジャン
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:38:50.00 ID:u1e6wzG80





___________________________
_______________________
__________________
______________
__________
________
_____
___
__





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:39:24.63 ID:u1e6wzG80
真姫「穂乃果!できたわよ」


穂乃果「本当!?」


真姫「海未にも手伝ってもらったのよ。」


穂乃果「それじゃprintempsの皆呼ぶからちょっと待ってて!」


真姫「えぇ」


ガチャッ


バタンッ
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:40:04.05 ID:u1e6wzG80




コンコンッ


真姫「どうぞ」


ガチャッ


真姫「…海未」


海未「完成できましたね…」


真姫「えぇ…海未がいなかったら完成しなかったわよ」


海未「真姫がいなかったらこんなに良い曲はできませんでした」


まきうみ「…ぷっ」


海未「どっちもどっちですね…!」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:40:56.80 ID:u1e6wzG80
真姫「そうね!…でもこの曲にはまだ足りないものがあるわ」


海未「…」


真姫「あの3人のぷわぷわ力…それが足りない。この曲はあの3人のためにある。あの3人が歌って初めてこの曲は完成するのよ…!」


海未「ふふっ…分かっていますね、真姫」


ガチャッ


穂乃果「真姫ちゃーん!あ、海未ちゃん!」


海未「私も聞かせてもらっていいですか?」


花陽「えへへ、楽しみだね…!皆で聞くなんて」


ことり「そうだねぇ!」


真姫「それじゃ、いくわよ…!」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:41:28.52 ID:u1e6wzG80
作曲が終わる頃には恥ずかしさなど微塵もなかった
これがprintempsの名曲になる確信
そして快感が体中を巡り巡っていた


真姫「わーおわーお!夢ならばねねねわーおわーお!覚めないで君をずっとずっと好きなんだぁ~!不思議だよいつから?わーおわーお!夢ならばねねねわーおわーお!覚めないで君をずっとずっと好きなんだぁ~!不思議だよなんでだ?」


花陽「ぴゃあぁあああぁ!?(コ゛レ゛ヲ゛ウ゛タ゛ウ゛ノ゛ォ!?)」


ことり「」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:41:59.37 ID:u1e6wzG80





ジャンジャンジャンジャーン…


真姫「ふぅ…」


穂乃果「えへへ…どうかな2人共!」


花陽「歌うよ…私は!」


ことり「そうだねぇ…何か聞いてたら気持ちよくなってきちゃったもんねぇ」


穂乃果「よし…頑張っていこう!」


「「「おー!」」」


うみまき「」プワワワーン
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:42:49.59 ID:u1e6wzG80




その後ぷわぷわーおは脳トロ曲として名曲となった

入手困難な曲としても有名となり、またぷわぷわーおを手に入れようと金持ちが集よったおかげでprintempsは幸せになった

いつまでも永遠に、printemps。



おしまい
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 09:43:33.43 ID:u1e6wzG80
ぷ わ ぷ わ


読んでくれた方ありがとうございました!

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「ぷわ…ぷわーお…」穂乃果「これは間違いない!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「ぷわ…ぷわーお…」穂乃果「これは間違いない!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。