真姫「満月の誘惑」【SS】

シェアする

真姫-アイキャッチ5
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 02:04:19.18 ID:gRqhdGDbO
今宵は満月。闇夜にぱっと、明るく輝く満月の日

毎年この満月を見るとふと、あの日を思い出してしまう

あの日の私は……私たちはどうかしてたんだと思う

むしろどうかしていなかったら困る

そう、あれは十年前、今日みたいな満月が夜空に浮かんでいた………

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447002259

元スレ: 真姫「満月の誘惑」【SS】

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 02:11:39.50 ID:gRqhdGDbO
μ'sのみんなが寝静まる中、私はベランダで一人月を眺めていた

「………はぁ」

ため息一つ。何に対して吐いたわけでもない、ただのため息

理由をあげるとするなら、そこで呑気に寝転がっている穂乃果みたいに寝られないことに……かな

でもそんなのはただの言い訳で、本当は…

「………?…真姫?」

寂しかったのかもしれない
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 02:23:40.16 ID:gRqhdGDbO
中では珍しく寝言やいびきが聞こえず、外では五月蝿い虫達もなりを潜めている

そんな中一人、無音の暗闇の中でこの世の終わりとか自分の死とかを考えると眠れなくなっちゃうことってあるじゃない

私はμ'sの事。μ'sが終わったらどうなっちゃうんだろうって

いてもたってもいられず、こうしてベランダに逃げ込んだわけ

べ、別に泣いてなんかないけど!欠伸とかで目に涙が溜まっただけ!

「海未?」

そろそろ眠れるかなと思っていた矢先、海未が少しふらふらとした足取りで私の元に近づいてきた

あ、言い忘れたけど、今は海未の家でお泊り会の最中

穂乃果とことりに押し切られ、なんだかんだあって結局他のメンバーも泊まることに

加えて、人の家だと眠れなくなる事もよくあるわよね

閑話休題
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 02:31:52.95 ID:gRqhdGDbO
「まだ起きていたのですか?」

「えぇ…ちょっと夜風に当たりたくて、ね」

もちろんこんな子供じみたこと、海未に言えるわけがない

他のみんなにはもっての外。馬鹿にされるのが目に見えるもの

「海未は?もしかして起こしちゃったかしら」

「……いえ、私も、そんな感じです」

海未にしては言い淀んだ言い方。多分眠気と相まって思考が回らなかったんだろう

「そう………じゃあ私もう寝るわ」

海未とほんの少しだけ話して安心した私はベッドに戻ろうとした

でも戻れなかった

「あっ真姫」

「ん?何よ」

「…もう少しお話しませんか」

月明かりに照らされ、にこりと微笑む海未に止められて
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 02:42:29.55 ID:gRqhdGDbO
「その、嫌でなければ、ですが……」

「……別にいいわよ。なんだか目が覚めちゃったし」

「ふふっありがとうございます。私も目が覚めてしまいました」

この時不覚にも、増してくすくすと笑う海未にどきりとしてしまった

……恐らく雰囲気のせいだ

煌めく満月。ひっそりと沈んでいる夜。微笑む美少女と二人きり

男なら間違いなくイチコロね

だから私は悪くない。悪いのは海未と満月のせいだ

それからは他愛もない話が何事も無く行われていった

時々光る唇や微かに動く首筋に目がいってしまうが、それはただ海未が客観的に見て上位に位置する美しい女性なだけであって普通な事

……そう、思ってたのに
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/09(月) 02:52:56.31 ID:gRqhdGDbO
「月が、綺麗ですね」

「なっ…」

いきなり何を……

「あ、あぁすみません。今のはそう言う意味ではなくてですね」

海未が素早く否定する

「……何なのよもう。びっくりさせないでよ」

ちょっとどきっとしちゃったじゃない

「でも以外ね。海未もその言葉の意味を知ってたなんて」

「私からすれば真姫がそっちの意味で解釈してしまう事に驚きです」

ぐっ……言い返せない……

でも仕方ないじゃない。雰囲気のせいよ雰囲気のせい

でももう一つ驚いたのは………

「やけに冷静ね。いつもなら『破廉恥ですっ』って騒いでる癖に」

ちょっと反抗の意味を込めて言い返す

周りが寝ているから配慮した。なんて素っ気ない言葉が帰ってくると思いきや

「確かに。それは私も不思議です。どうしてこうも冷静でいられるのでしょうか」

逆に問いかけられてしまった
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:35:44.50 ID:ViFHQHTwO
「……知らないわよ、そんなの」

それこそ逆に知っていたら可笑しい

海未自身がわからない事が私にわかるわけないじゃない

海未は口元に手を当て、クスクスと笑った

「それもそうですね」

そのさりげない動作にすら絵になってしまうほど綺麗で、再び胸の内が大きく鳴った

本当に、何なのよ……

一瞬の静寂の後、海未に対する呆れ混じりにくぁっと欠伸が漏れた

思ったよりも時間は早く流れていたみたい

海未とのお喋りはここまで。さっさと寝てしまおう

何よりこの雰囲気と今の海未から逃げ出したかった

私と海未の周りに訪れた、不思議で浮ついた雰囲気なんて一度布団に潜ってしまえば消えてなくなるはず

「じゃあ、もう寝るから」

素っ気ない返事を残し眠気に駆られ、体を布団の方に傾けた

でも彼女は私を眠らせてくれなかった

それどころか

「真姫」

右腕を掴まれたと同時に、体ごとベランダへと引っ張られる

「ふふふ……」

気づいた時には、私と海未の間には空気の入る隙間すらなくなっていた
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 21:59:18.70 ID:ViFHQHTwO
「ち、近っ…!」

混乱していた割に、私は比較的落ち着いていた

それは皆が寝静まっていたおかげか、あるいは雰囲気のせいか

何度思い返しても未だ解らずじまい

「ちょっと海未。これは何のつもり」

強引に扱われたため、当然溜まっていた眠気は吹っ飛び

ほんのちょっと顔が熱くなりながら警戒と軽蔑の意を込めた視線を送る

「可愛いですね。好きですよ、その顔」

しかし海未は動じていない。というか全く話を聞いていない

普段の海未からは考えられない言動の数々

やっぱりおかしい。絶対におかしい

防衛本能が働き力づくで距離をとろうとしても、私の運動神経のなさは折り紙つき

アイドル活動外でも鍛えている海未にはなす術もない

頭も冷静になり、段々と怒りが何をされるかわからない恐怖へと変わっていく

手首を両方捕まれ、体は密着、なのに海未はただ私の顔をじっと見つめるだけ

毎日笑いあってた友達が恐怖の対象になるなんて、思ってもみなかった

「や……やめ…て…っ……」

やっとの思いで吐き出した声も震え、頬の辺りに水滴も感じる

それが海未の加虐心を刺激したのか、あろうことか

「んっ………」

半開きで震えている私の唇に優しく、自分の唇を重ねた
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 22:27:26.72 ID:ViFHQHTwO
「んんぅ!?」

もう何がなんだかわからない。頭の中がぐちゃぐちゃになる

理解できるのは、本人の意思に反し、にゅるりと口内に忍び込んでくる柔らかい感触のみ

その後はなされるがまま。抵抗する気を失った私の頭と腰を逃げられないよう抱きしめ、口の中へと侵食を始めた

「っはぁ……ん、ちゅる……」

歯茎、頬の奥、舌の裏、次々と侵されていく

次第に嫌悪感は薄れてゆき、膨らんでいく快楽に身を委ねてしまった

「…ん、ふあっ……ちゅっ………」

どうして海未が手馴れているのか、どうして私はキスをしているのか

どうでも良かった。考えたところで頭が回るはずがない

ただ潤んだ瞳に映る海未の姿が綺麗で、とても綺麗で、見とれていて

「…っぁ…!………っはぁ……はぁ……」

海未が離れた瞬間、朦朧とした意識は闇の中へと消えていった
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 23:24:43.68 ID:ViFHQHTwO
……これがあの日の思い出、いや、悪夢ね

満月を見る度思い出してしまう。憂鬱

幸い、誰にも目撃はされなかった

まぁ見られたとしてもこんな事、誰にも言えないし夢だということにしてしまえるんだけど

本当に夢であって欲しかった

夢ならば海未に会うたび多少意識してしまうだけで済んだのに

翌朝、私は何事も無かったかのように自分の布団で寝ていた

しばらくぼーっとして、あぁあれは夢だったんだと半ば自分に言い聞かせるようにした

海未も普段と変わらない態度で接していたしね

でもあのときの事は今でも鮮明に覚えていて、定期的に思い出すってことは夢じゃなかったんだと我に返るにはそう遠くなかった

そして今日は十年目の満月。流石にこの歳になれば耐性もできるわね

十七、八の頃の私なんか………

「っ……あぁもう!!」

耐性なんか出来ていなかった

こんな日はいつも通り、やけ酒をして知らぬ間に寝てしまおう
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 01:41:01.69 ID:3Z2qAbs+O
「んっ………はぁ…」

これで三缶目。いつもよりも数段早いペースで空にしている

明日も仕事があるっていうのに、何してるんだろ私………

お酒には強い方だけど、それでも飲みすぎてしまえば朝が辛いのは変わらない

歩いて通える範囲で良かったわ……

「……………」

火照る顔を上に向け瞼が半開きなまま、無駄に白く光る蛍光灯を見つめる

テレビはただ付けているだけ、おつまみもなくなった。テーブルにあるのは余ったお酒とプラスチックの袋

頭から拭えきれないあの日の記憶と海未の事

思い出そうとしているわけじゃないのに、どうしても消えない

「んっ……」

自然と左手がブラウスの中へ

下着の上から優しく包み込み、力を入れた

「…はっ………ぁん……」

左手の動きに合わせ、段々と火照りも体全体に広がってゆく

疎かになっていた右手は、疼く下半身へと指を伸ばす

「んぁぁっ…!」

体がびくっと跳ねる

はしたないと解っていつつも止められない

暑さを鎮めるためにいくら身をよじっても、溢れてくる欲望と熱は抑えきれない

惰性的に体をまさぐっても快感が快感を呼び、果てるまで動き続ける

そして両手はその熱と欲望で湿った下着の中へ

ぬちゃ。くちゅ。艶かしい水の音が部屋に響き、私を高揚させる

「ん、んっ!っくぅ…あぁっっ!」

指の動きが早くなる。体に溜まっている切なさが増していく

「いっ………くぅっ……」

快感に身を委ねる体制に入った。その時

ぴんぽーん

と、体から漏れでる音とは全く異なる、機械的な音が玄関から鳴った
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 01:54:05.71 ID:3Z2qAbs+O
「っ!!」

すんでのところで指を止める

もう少し遅ければ、人前に出られない状態になっていただろう

ぴんぽーん

再びインターホンが鳴る

私は素早く手を洗い、服装を整え、ついでに香水を数回吹きかけ玄関へ向かった

誰よ、こんな時間に……

決して寸止めされたから苛立っている訳では無い

単純に、こんな夜中に訪ねてくる不届き者に対して怒っているだけだ

ドア越しに顔を除く間もなく強く扉を開け放つ

この時、眠気か苛立ちで確認動作を怠ってしまったのが運の尽き

「あ………」

「こんばんは、真姫」

最悪の来客を出迎えてしまった
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/25(水) 03:29:14.69 ID:3Z2qAbs+O
「……何しに来たの」

平然とお酒を飲んでいる海未を睨みつける

まぁ私が買ったやつじゃないからいいんだけど

「ふぅ……あ、いえ特に用事はありませんが、真姫をコンビニで見かけまして…」

「見かけて?」

会話を中断し、再びお酒を煽る

ていうか飲みすぎでしょ……人のこと言えないけど……

「……お酒を持っていたのも見えたので、お供させてもらおうと思い、来ました」

「来ましたって……誰も頼んでないわよ。明日仕事あるし帰って」

友人に対する態度じゃないけど、本心からこの人には帰って欲しかった

まだあれが済んでないし……

「いいじゃないですか。一人寂しく飲んでいたのでしょう?」

「……別に」

あぁ嫌になる

ただお酒を飲んでいるだけなのに

この人は何でも絵になってしまう

ただそれに見とれてしまう私が

本当に嫌になる

海未は顎に手をつき、首を傾けて言った

「それにしても……可愛くなりましたね、真姫」

背筋がぞくりと、凍ったような感覚を覚えた
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/28(土) 13:42:52.83 ID:2EH3EiFfO
「なっ………何それ、意味わかんない」

動揺、顔に出てないわよね

海未に乗せられてはいけない。私の賢い頭がそう危険信号を出している

大丈夫…さっきより熱が冷めてきたから大丈夫…

「大人の女性に向かって可愛いはおかしいんじゃない?普通綺麗とか大人っぽいって言うものよ」

「……えぇ、真姫は前よりも綺麗に、大人らしくなりました。ですがそれ以上に…」

ふっと息を吐くと、海未がこっちににじり寄ってきた

まるで蛇みたいに。じゃあ私は睨まれた蛙かしら

ってそんな余裕じゃない

「ちょ、ちょっと…!」

気づけば海未の顔が目の前に迫っていた

相変わらず綺麗で、整っていて、でも妖しく微笑を浮かべていて

あの時と思い出させるような

「可愛いですね。真姫」

あぁ……もう駄目かもしれない……
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/29(日) 02:46:55.49 ID:WD9XfCRYO
「そ、そういえば海未って恋人とかいないの!?」

「………こ、恋人?」

あまりにも唐突だったからなのか、海未は驚いて仰け反った

それもそのはず、なにしろ私が一番驚いたから

発言しようとしてたわけでも、言葉を選んでいたわけでもない

私の防衛本能が働き、その本能に従った結果だから

でもこれで一命(?)はとりとめたわ………

隙を見てすかさず言葉を紡いでいく

「そ、恋人。海未の事だから年上の人にリードされてるか、同じ歳の人と初々しくしてるんでしょ?」

ここであえて年下を外すところがポイント。一瞬の油断もしてはならない

蛇に睨まれた蛙ではなく窮鼠猫を噛んでやるんだから…!

「……ふむ、思い当たる方は今のところいませんね」

当然の様に言い放つ海未

そりゃあんな事する人がノーマルな恋愛をするとは微塵も思っていなかったけど

「そうなの!?てっきり家の事とかあって婚約者とか許嫁くらいはいると思ったのに!」

この調子でまくし立ててしまえば有耶無耶になるはず

だが現実はそう上手く事が運ぶ筈もなく

「真姫は………真姫はいるのですか?恋人」

その言葉には妙な圧迫感があった
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/03(木) 02:27:51.12 ID:4ZWlRhC2O
「うぇ……私?」

「はい。家柄上結婚などの話になると真姫も関係ないとは言いきれないでしょう?」

「そ、そんなの…!」

いるわけがない。と言いかけて、ある案が頭に浮かんだ

昔からの友人に嘘をつくのは気が引けるが、今はそんなことを言っている余裕はない

「……い、いるに決まってるじゃない。それも婚約者」

「……………」

海未にあった謎の勢いが止まった

「まぁ別の言い方したら許嫁ね。もう病院に就いた時から決まってたのよ」

ここぞとばかりに虚言と虚言を重ね、必死に身を守る

本当のところ、いい人見つけてこいとは言われてるけど婚約者とか許嫁は真っ赤な嘘

自慢じゃないけど恋人すらできたことない。自慢じゃないけど

でもこの窮地を逃れるために、仕方の無いこと

さすがの海未も面食らった顔をしている。助かったと同時に、自身の貞操が危なかったんだと再確認

兎にも角にもこれで海未は諦めて……

「では証拠を見せてください」

「………えっ」

くれるはずもなく
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/03(木) 02:42:12.20 ID:4ZWlRhC2O
「婚約者でしたら写真くらいならあるのでしょう?見せてください」

なおも食い下がる海未。あの、私と貴女って女よね?同性よね?

何が貴女をそこまで駆り立ててるの

何故婚約者がいる体である私は可憐な女性に迫られてるの

「あ、貴女に見せる筋合いないじゃない。それに写真は実家の方にあるし……」

「では会わせてください。単純に興味があります」

「か、彼は忙しいのよ!私だって何ヶ月も顔合わせてないし!」

「そんな真姫をぞんざいに扱うような人と結婚するおつもりですか?」

段々と海未の目が暗く、薄くなっていく

さっきとはうってかわり、まるで軽蔑するような、呆れるような眼差し

「……まさか、私に嘘をついているなんてことはありませんよね…?」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/03(木) 02:53:21.59 ID:4ZWlRhC2O
海未の放つ威圧感がより一層増す

相反して私の心と体は縮こまってゆく

「っ……嘘なんて、ついてない……」

これが私の発言できる精一杯の回答だった

「………わかりました」

そう言うと海未はすぐさま体を引き、はぁっとため息をつくと俯いた

もしかして、諦めてくれた…?

「……ふふ、ふふふ…」

震えながら不敵に笑い始める

「う、海未?」

「やはり、あの時と同様、最初からこうしておくべきでした」

一瞬の出来事。気づいた時には両腕を掴まれ、押し倒されていた
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/03(木) 03:10:26.00 ID:4ZWlRhC2O
「きゃっ!なっなんのつもり…っんぅ!」

そしてすぐさま唇を奪われた

襲った勢いのまま貪るように、舌は私の中へと入っていき容赦なく犯してゆく

「…っふっ…!……ちゅる…ん、ぅ……」

「ん!んんー!や、んっ…!……っは…」

長く、長く、息が続かなくなるまで一方的な陵辱は続けられる

「ぷぁっ…!……は…っ……はぁ………」

「はぁー………どうでしたか?久しぶりのキスは?」

どうと言われても私にはただ流されるまま、口の中をかき混ぜられた感覚しか残ってない

ロマンチックの欠片もない、海未らしからぬ野蛮で知性の欠けた行いだ

「……最、低っ」

口を袖で拭いながら、溜め込んでいた怒りを相手にぶつける

「やっぱり……嘘だったんですね」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/03(木) 03:22:48.02 ID:4ZWlRhC2O
「な、何が……」

自分から質問しておいて、聞いていたのか聞いていなかったのか

果たして、海未は自分の中で導き出した結論をまた一方的に投げつける

「婚約者がいるなんて、嘘だったんですね」

まさか、今のキスでそんな事がわかるわけない

「ふふっ驚きましたか?味。あの時と全く変わってないですね」

キスの味って……漫画じゃあるまいし……

私のファーストキスは貴女に軽々奪われ、味なんて確認する暇さえ与えられなかったわけだけど

「……ただの錯覚に過ぎないわ。それとも味覚障害でも持ってるのかしら」

「はぁ、別にそんなものは持っていませんが」

我ながら機転の利いた悪態をついたと思ったら真面目に受け流されてしまった

まだ私が嘘をついたという確証は得られてない

次の打開策は………

「では、体に聞いてみましょうか」

「え、ちょっ………あっ…!」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/03(木) 03:50:38.65 ID:4ZWlRhC2O
「そ、そこはダメ!!」

「………ふふっ」

体が少し冷めたとはいえ、恥部に触れられる恐れから大袈裟な拒否反応を示してしまった

「どうしましたか?私はただ体に触れようとしただけなのに、そんな驚かなくとも……」

あの顔、絶対わかってて言ってる顔だ

「み、身の危険を感じたからよ。今の海未何するかわからないし」

「だから体に触れると言ったでしょう。少し言い方は違いますが」

「違いすぎるわよっ!」

言葉で焦らされ、つい苛立ってしまう

「ほら、手を退けてください」

「い、嫌っ…!やめてっ……やだぁ……」

追い詰められなおも抵抗するが、力関係はあの頃と変わり無いようだ

「……あの時、キスをして正解でした。これ程までに育ってくれましたからね」

「え……」

「あぁ…真姫……可愛いですよ……真姫……」

彼女の表情は恍惚の笑みへと変わっていき

「体、声、全て。特に私の加虐心をそそるその表情………本当に、可愛くなりました」

海未の姿は、苦労して捕った獲物をじっくり楽しむような獣の姿を彷彿とさせた

「ひっ……!」

「…愛してますよ真姫。虐めたいほどに……」

満月の夜は、終わらない
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/03(木) 03:54:30.11 ID:4ZWlRhC2O
これで終わりです

終盤駆け足でしたがラストは個人的に満足
あの後どうなったのかはご想像におまかせします
ラブライブ板にてまたうみまき書こうと思っているので、よろしければそちらもよろしくお願いします

ありがとうございました

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「満月の誘惑」【SS】
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「満月の誘惑」【SS】』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。