希「ウチのテクニックどう?」

シェアする

希-アイキャッチ1
1: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:02:45.60 ID:vF+EZR8h0
――――生徒会室――――


絵里「ふぅ………」


希「エリちお疲れやね」


絵里「こう、事務作業ばっかりだと肩がね」


絵里「んー………」モミモミ


希「………あ、そうや」


絵里「どうしたの希?」



※下ネタありの為注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398916965

元スレ: 希「ウチのテクニックどう?」

スポンサーリンク
2: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:05:11.79 ID:vF+EZR8h0
希「確かこの辺に………」ゴソゴソ


希「あったあった」


希「エリち見て見て。じゃーん!」


絵里「マッサージ器?どうしてここに?」


希「ウチもようわからんけどな、この前見つけてな」


希「最近よく使ってるけど、結構イケるよ?」

3: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:05:53.75 ID:vF+EZR8h0
絵里「やだわ、おばさんみたい」


希「まあまあ、騙されたと思って。絶対気持ちええって」


絵里「そうねぇ………そこまでいうなら」


希「それじゃエリちこっち座って」


希「どれどれ、それでは………」ピタッ


ヴーン


絵里「ひゃ!?」ビクッ


4: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:07:07.97 ID:vF+EZR8h0
希「あ、ごめん。強かった?」


絵里「い、いえ。ちょっと驚いただけよ。続けて」


希「う、うん」


ヴーン


絵里「これは………んっ……結構……」フルフル


絵里「気持ち……いい……はぁっ……!」


絵里「なんだか……変な声が……んっ……ふぅっ……」


希(うわー、エリちエロいなあ。うわー///)

5: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:08:02.04 ID:vF+EZR8h0
――――――――――――――――


ことり「海未ちゃんに頼まれて、絵里ちゃんと希ちゃん呼びに来たけど」


ことり「生徒会室にいる……よね?」


ことり「あ、中から声聞こえる。絵里ちゃ――――」


ヴーン


絵里『気持ち……いい……はぁっ……!』


絵里『なんだか……変な声が……んっ……ふぅっ……』

6: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:09:27.41 ID:vF+EZR8h0
ことり(………えっ!?ええっ!?)


ことり(こ、こっからだとよく見えないけど……!)


ことり(ここここれって、もしかしてお楽しみ中!?)カアァ


ことり(生徒会室だよ!?学校だよ!?)


ことり(き、きっと何かの間違いじゃ……!)チラッ


希『どう?ウチのテクニックは?』


絵里『ん……くっ……いい、わよ…………ああんっ!』


希『エリちごめん。もっと優しくするな?』

7: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:10:21.68 ID:vF+EZR8h0
ことり(こ、これは完全にやっちゃってるー!)


ことり(ど、どど、どうしよう……!)


海未「あ、ことり。絵里達はいましたか?」


ことり「う、海未ちゃん!?」


ことり(このままじゃ、絵里ちゃん達の危険が危ない!)ダッ


ことり「海未ちゃんこっち来ちゃだめぇ―!」グイ


海未「え?ちょ、ちょっとなんなんですか!」


ことり「いいからぁ!いいからぁ!」グイグイ

8: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:11:41.04 ID:vF+EZR8h0
―――――――― 一か月後 ――――――――


希「凛ちゃんと花陽ちゃんは用事あるって帰ったし」


希「エリちは歯医者に行ってるし」


希「にこっちと真姫ちゃんが引率してるから、逃げだしたりはせんと思うけど…」


希「暇なのはウチだけか………」


希「んー………そうや、新生徒会長にちょっかい出してこよ」

10: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:13:21.33 ID:vF+EZR8h0
―――――――――生徒会室―――――――――


ガチャ


希「穂乃果ちゃんら頑張ってるかねー?」


希「って、あら。ことりちゃんだけなん?」


ことり「あ、希ちゃん。ジュース買いに行ったっきり穂乃果ちゃんが戻ってこなくて」


ことり「さっき、海未ちゃんが探しに行ったの」


希「あはー……。さっそく生徒会長に振り回されとるね」


ことり「あはは……」

11: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:14:38.77 ID:vF+EZR8h0
希「あ、そうや。ことりちゃんにいいものをあげよう」


ことり「いいもの……?」


希「確かここに………」ゴソゴソ


希「あったあった」


希「ことりちゃん見て見て。じゃーん!」


ことり「!?」

12: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:15:44.93 ID:vF+EZR8h0
ことり「そ、そそそそれって……!?」


希「ことりちゃん、穂乃果ちゃんのせいで(疲れが)溜まってると思ってな」


ことり「え、ええっ!?」


ことり「た、確かに、穂乃果ちゃんのせいで(性欲が)溜まってるけど……!」


ことり「でも、ここで……!?」カアァ


希「ど、どうしたん、そんなに慌てて……?」

13: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:17:59.43 ID:vF+EZR8h0
ことり「う、ううん!なんでもないの、なんでも!」フルフル


希「んー………ならええけど」


ことり「…………」


ことり「……………希ちゃん、それ絵里ちゃんに使ってた…やつ、だよね?」


希「ん?エリちから聞いたん?」


ことり「えっ!?あ、ああ、うん!そうなの!」


ことり(な、なに言ってるのー!?まるで絵里ちゃんとそんな話してたみたいじゃない!)

14: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:19:22.04 ID:vF+EZR8h0
希「ウチ、これのテクニックすごいんよ?」


希「エリちにやってあげてるんやけどな、いっつも気持ちいいって喜んでるんよ」


ことり「へ、へぇー……!」


ことり(や、やめてぇー!なんで希ちゃんそんな恥ずかしい事嬉しそうに話してるの!?)


希「せや、ことりちゃんにもしてあげるよ」


ことり「!?」

15: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:20:39.29 ID:vF+EZR8h0
ことり「こ、こここことりにっ!?」


希「うん、気持ちええからさ。ほら、こっちおいで」


ことり「こ、ここ、ことりはいいよ!?け、今朝もしたし……!」


ことり(なんでカミングアウトしちゃったの!?ことりのバカァ!)

16: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:21:56.67 ID:vF+EZR8h0
希「そうなん?」


希「あー……だったら、ウチのテクニックお披露目できんなぁ」


希「こう、(服の)中に入れてな」


ことり「な、中に!?」


ことり「中って、(絵里ちゃんの)中なの!?」


希「え、うん。そうやけど」


ことり「もっと(絵里ちゃんを)大切にしてあげてよ!(絵里ちゃんが)壊れちゃうよ!」


希「ええっ!?(マッサージ器って)そんなにデリケートなん!?」

17: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:23:44.70 ID:vF+EZR8h0
ことり「デリケートに決まってるよ!常識です!」


希「ご、ごめんな。今度から気を付けるよ……」


希(ことりちゃんがここまで怒ってるなんて………)


希(ウチ、そんな乱暴に扱ってたんかな)


希(それとも、ことりちゃん家電愛好家とかなんかな?)

18: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:24:32.86 ID:vF+EZR8h0
希「んー……でも」


希「最近ずっと(服の)中でやってたからなぁ」


希「刺激弱くて、満足できんかもやんなぁ」


ことり「!?」


ことり「そ、それって絵里ちゃんの事……?」


希「んー?エリちもやけど、ウチも毎日してるよ?」

19: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:26:08.47 ID:vF+EZR8h0
ことり「ぶふぉ!?」ゴン


ことり(か、過激過ぎるよぉ……!)


希「ど、どうしたん!?いきなり机に顔ぶつけて!」


ことり「な、なんでもないよ!」


希「顔も赤いし、熱でもあるん?」


希「どれどれ……」オデコピタッ

20: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:28:06.54 ID:vF+EZR8h0
ことり「はわわ………!」カアァ


ことり(希ちゃん、『それ』!『それ』が近いよ……!)


ことり(なんかもう希ちゃん直視できないよ……!)


希「んー……すこし熱っぽいなぁ」


希「ちょっと待っててな。確かお薬がどこかに……」コト


希「えーっと………」ガサゴソ

21: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:29:47.92 ID:vF+EZR8h0
ことり「………」


ことり(こ、これが絵里ちゃんや希ちゃんの中に……!)


ことり(ごくりっ……)


希「んー………確かここやったはずなんやけどなぁ」ガサゴソ


ことり「………」カチッ


ヴーン


ことり「………!///」

22: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:31:23.11 ID:vF+EZR8h0
希「うーん………おかしいなぁ」


希「ことりちゃん、保健室に……って、やっぱり興味あるんやない?」


ことり「えっ!?あ、その………」


ことり「………本当に気持ちいいの?」モジモジ


希「え?うん、エリちのおりがみつきやで」

23: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:32:24.64 ID:vF+EZR8h0
ことり「その………ことりも穂乃果ちゃんにしてあげたいな、って」


ことり「穂乃果ちゃん泣いて喜ぶんじゃないかな……?」


ことり(泣きじゃくる穂乃果ちゃんを快楽責めしたい……!)


希「ことりちゃん……」


希(ことりちゃんがそこまで穂乃果ちゃんの事を想っているなんて……!)


希「うん、わかったよ。ウチがテクニック伝授してあげるよ」

24: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:33:12.68 ID:vF+EZR8h0
希「でもその前に保健室行こか?」


ことり「だ、大丈夫。ことり体温が高いんだ」


希「そうなん?初耳やけど……」


希「まぁ、大丈夫ならいいけど。……それじゃあ、こっち座ってな」


ことり「うん」

26: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:34:30.33 ID:vF+EZR8h0
希「行くよー?」

ことり「………う、うん」コクン

希「スイッチオーン」カチッ

ヴーン

希「うりうり~。どうー?」
27: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:35:35.03 ID:vF+EZR8h0
ことり「んっ………最初は、肩からなんだね///」


希「え?肩から………?」


ことり「んっ………///」


希(聞き……間違えたんかな?)


希(なんか今日、ことりちゃんと話が合ってないような)


希(それはそうと、ことりちゃんもなんかエロいなぁ)

28: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:36:05.32 ID:vF+EZR8h0
希(色っぽい声出すし……)











希(ん…………?)

29: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:37:20.08 ID:vF+EZR8h0
希(なんか………違和感)


希(なんやろ……)


ことり「ねぇ………希ちゃん?」


希「んー、何?ことりちゃん」


ことり「いつまで焦らすの……?そろそろ、大事なところにも来てよ///」

30: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:38:02.72 ID:vF+EZR8h0
希(なっ……!?)


希(え、ええっ!?)


希「だ、大事なとこって……!?」


ことり「ことりの………ね?」

31: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:39:46.71 ID:vF+EZR8h0
希(も、もしかして………)


希(ことりちゃんなんか勘違いしてるん!?)


希(なんでそんな勘違いしたんよ……!)


希(あれ?それだったら………)


希(ウチめっちゃ変態アピールしてたみたいになってるやん!?)

32: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:40:21.09 ID:vF+EZR8h0
希(てか、これどうしたらええん!?)


希(なんか、このマッサージ器がすごくいらやしい物に見えてきたよ!)


希(あかん、変な汗出てきた)


ヴーン


希(も、もうこれ持てない……!)

33: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:41:53.01 ID:vF+EZR8h0
希「こっ、ことりちゃんっ!?」


希「これっ!ウチもう無理やから!?」ポイ


ことり「………希ちゃん?」


希「そそそそうやった!ウチ用事思い出してんな!?」


希「そ、それじゃあまた明日な!?」


ことり「希ちゃん!」ガシッ

34: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:43:04.90 ID:vF+EZR8h0
希「こ、ことり………ちゃん…?」


ことり「ことりをこんなにして………さよならなんて酷いよ…!?」


希「ちがっ…ごかい――――――」


ことり「ことり……もう、爆発しそう…!」ヌギヌギ


希「お、おもむろに脱ぎ始めないで――――」


ことり「最後まで…!最後までして……!」グイグイ


希「ちょ、ちょっとそんな引っ張らんといて――――」グラッ


バターン

35: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:43:32.13 ID:vF+EZR8h0
希「あいたた………」


希「ことりちゃん大丈夫……?」


ことり「ふぇー…………」


希「気絶してる………」


希「と、とにかく助かったよ」


ヴヴヴ

36: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:44:46.01 ID:vF+EZR8h0
希「ん?なんかことりちゃんから振動が……?」


希「って、マッサージ器が下敷きになってたんやね」


希「はぁ……、どうしてこんなことに―――――」





ガラッ


海未「ことり、穂乃果は帰ってきましたか?」

37: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:45:16.52 ID:vF+EZR8h0
海未「…………って、希」


希「あ、海未ちゃん」


海未「これはいったいどういうつもりなんですか?」ニッコリ


希「どういうって……何がなん?」


海未「…………ことりを襲っていることです!」キッ

38: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:46:32.39 ID:vF+EZR8h0
希「へっ………?」


海未「ことりが寝ている事をいいことに…!」


希「ま、待って!誤解なんよ!」


海未「何が誤解ですか!ことりを押し倒して汗だくで……!」


海未「しかも服を脱がしておいて……!」

39: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:47:41.70 ID:vF+EZR8h0
希「ち、ちがっ……!」


海未「それに手に持っているのって……!」


ヴーン


希「こ、これマッサージ器やん!?そんな怪しいものじゃないよ!?」


海未「………そうですか」スタスタ

40: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:48:21.87 ID:vF+EZR8h0
海未「………」ガチャ


希「な、なんでロッカーに竹刀が……?」


海未「穂乃果を指導する為に用意したものですが」


海未「まさか先に希を指導する事になるとは……!」


スタスタ

41: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:49:19.94 ID:vF+EZR8h0
希「あの………園田…さん?」


海未「怪しいか怪しくないかは私が決めることです」


海未「覚悟してください……!」スッ


希「ひぃっ…!?」


希「ご、ごめんなさ~い!」ダッ


海未「待ちなさい!希!」ダッ


希「うぇ~ん!ウチ何も悪いことしてないのにぃ~!」





おしまい
43: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 13:54:22.62 ID:vF+EZR8h0
最後まで読んでいただきありがとうございました。
のぞことと予告していましたが、希とことりが仲良くなるとは言ってない(言い訳)


本当は、ことりがのんたんを襲う胸糞展開で書いていたのですが、
これだとのんたんが可哀想だったので修正しました。

もし需要があるなら夕方くらいにでも、そっちも書きますが……



前回言っていた、にこまきですが、アニメ最新話でにこの家族設定に変更があったので
書けなくなりました。書きにくくなりました。
56: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:26:02.79 ID:vF+EZR8h0
おまけ


絵里「や、やっぱり無理!行かないわ!」ガシッ


にこ「いつまで校門の扉にしがみついてるのよ!」グイグイ


絵里「お願いにこ!放してぇ!」


にこ「ぐ、ぬぬ………!」グイー


真姫「はぁ……、高校生にもなって歯医者が怖いってどういう事よ」

57: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:26:44.99 ID:vF+EZR8h0
にこ「だいたいもう予約してるんでしょ!?」


絵里「予約はキャンセルするわ!それで全部解決よ!」


にこ「ぜんぜん解決してなーい!」


穂乃果「おろ?絵里ちゃん達だ」


真姫「穂乃果、今日は生徒会じゃなかったの?」

58: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:27:38.74 ID:vF+EZR8h0
穂乃果「うぐっ………!?」


真姫「…………逃げ出したのね」


絵里「ほ、穂乃果ぁ、助けて!」ダッ


にこ「あ、こら!」


絵里「にこ達が私を虐めるのよ!」ギュ


穂乃果「わわっ!?ど、どうしたの!?」


真姫「実は………」

59: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:28:51.16 ID:vF+EZR8h0
穂乃果「ふむふむ……なるほど」


穂乃果「これは絵里ちゃんが悪い」


絵里「ほ、ほのかぁ…………」ウルウル


にこ「ほら、はやく観念して行くわよ。………って、次は穂乃果にしがみついて!」


絵里「ん~………」フルフル


真姫「もう、面倒事はにこちゃんだけでいいのに………」ボソッ

60: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:29:51.35 ID:vF+EZR8h0
穂乃果「ほら、絵里ちゃん。一緒行こう?」


真姫「生徒会はいいの?」


穂乃果「……………………穂乃果と一緒にいったらご褒美あげるから」


にこ「あ、これ逃げるつもりね」


絵里「ご褒美………?」

61: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:30:30.59 ID:vF+EZR8h0
穂乃果「これだよ」チュー


にこまき「!?」


にこ「えっ!?ちょ、なにしてるのよ!」


穂乃果「ぷは、………完治したらもーっとしてあげるから、ねっ?」


絵里「……………うん。頑張る」


真姫「な、なんか知らないけど解決しちゃったわね」




おまけおわり
62: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:32:48.57 ID:vF+EZR8h0
にこの家族設定うんぬんについてのコメントありがとうございます。

ゴミ箱からサルベージして続きかきますので、できましたら投稿しますね。
短いと思いますので期待しておかないでください。


それと、一応需要あるみたいなので、ことりがのんたん襲う方書きますね。
63: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:35:01.63 ID:vF+EZR8h0
>>33
からの分岐


希「こ、ことり………ちゃん…?」


ことり「ことりをこんなにして………さよならなんて酷いよ…!?」


希「ちがっ…ごかい――――――」


ことり「ことり……もう、爆発しそう…!」ヌギヌギ


希「お、おもむろに脱ぎ始めないで――――」


ことり「最後まで…!最後までして……!」グイグイ


希「ちょ、ちょっとそんな押さんといて――――」グラッ


バターン


※途中から地の文あり
※胸糞注意の可能性あり
64: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:36:05.57 ID:vF+EZR8h0
希「いたた………」


ことり「ハァー……!ハァー……!」


希「こ、ことりちゃん……?その、どいて……もらえんかな?」


ことり「もう……ね。だめ………なの…!」フルフル


ことり「抑えきれ……ないよ…!」


希「ことりちゃ……むぐっ!?」


希「ん~!ん~!」モゴモゴ


ことり「………………………」

65: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:36:41.94 ID:vF+EZR8h0
ことり「穂乃果ちゃん……あのね」ポー


希(穂乃果ちゃん?幻覚でも見てるん!?)


ことり「いいこと聞いたの」


ことり「これでね、希ちゃんがね、気持ちいいって……」


希(違う!勘違いなんよ!)フルフル


ことり「もう……暴れないで」


ことり「いくよ…?穂乃果ちゃん………」


希「んー!ん~!?」


カチッ

66: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:38:02.70 ID:vF+EZR8h0
―――――――――――――――――――


まったく穂乃果はどこにいったのでしょうか




ヒデコに聞けば、食堂に行ったと言われ


食堂にいたフミコに聞けば、音楽室に行ったと言われ


音楽室に行く途中にミカから、校門で見かけたと言われ





学校中を探しましたが、結局みつかりません

67: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:40:44.83 ID:vF+EZR8h0
もういいです



明日、穂乃果に会ったら指導が必要ですね


教育的指導です




反省文では反省しないでしょうから



やはり、この前持ってきた竹刀を使うべきでしょうか






そのような事を考えていると、気が付けば生徒会室の前までついていました

68: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:41:31.41 ID:vF+EZR8h0
穂乃果を見つけられず、生徒会の仕事をことり一人に任せきり




なんて情けないのでしょうか



己の不甲斐なさに、ため息をついていると




「どう!?穂乃果ちゃんどうなの!?気持ちいいよね!?」



ことりの声が聞こえました

69: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:42:58.91 ID:vF+EZR8h0
気持ちいい?


いったい何を話しているのでしょうか



見当もつきませんが、一刻も早く生徒会の仕事に戻らなければ








中の様子を確認しておけば




後悔せずに済んだのかもしれません

70: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:43:50.09 ID:vF+EZR8h0
ガラッ


海未「ことり、穂乃果、お待たせしま――――」





ことり「ねぇ穂乃果ちゃん気持ちいいよね!?」


希「ふーっ!ふーーっ!?」





穂乃果はおらず


希の上にことりが馬乗りになっていて



ことりの左手が希の口を押えています

71: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:46:08.93 ID:vF+EZR8h0
事態を把握できませんが



ことりは希の事を穂乃果と呼んでおり



そして右手には




そ、その………



振動している『あれ』を希のきょ、局部に………

72: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:46:41.57 ID:vF+EZR8h0
希は大粒の涙を流しながら必死に抵抗していますが



ことりはそれを許しません





これはいったいどういうことなのか




考えるより先に体の力が抜けて、その場でへたり込んでしまいました

73: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:47:21.73 ID:vF+EZR8h0









私のことりが








74: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:48:16.26 ID:vF+EZR8h0
私のことりがこのような事するはずがありません




私のことりは純白で



ことり「穂乃果ちゃん、希ちゃんから聞いたんだけどね!」



穢れを知らない純粋無垢な天使で

75: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:48:53.60 ID:vF+EZR8h0






ことり「これを中に入れると気持ちいいんだって!」



そうですこれは夢なのですね




私はまだお布団で寝ているんです




はやく目を覚まさないといけないですね

76: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:49:38.98 ID:vF+EZR8h0
実のところ、1限目の古文の小テストでニアミスをしてしまいまして



ことり「絵里ちゃんが喜んでたみたいだから絶対穂乃果ちゃんも気に入るよ!」



そこをやり直せるのは少し嬉しく思います





もし、穂乃果がこの夢と同じように生徒会室を抜け出すような事になれば




私もついていきましょう



まったく穂乃果のお守りも大変です

77: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:50:33.70 ID:vF+EZR8h0
希「ふーっ!?ふーーっ!!」


ことり「さぁ、いくよ…………」




そうですね



この騒音もきっと目覚まし時計の音なんですね




さぁ早く目覚めましょう




こんな悪夢から――――――――――




ガクリッ




本当におしまい
78: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 17:54:43.92 ID:vF+EZR8h0
もう一度ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
心が荒みました。
今晩もう一作品投稿します。
84: ◆UFNnDwMYPk 2014/05/01(木) 20:59:01.24 ID:vF+EZR8h0
>>83
ああああああああ
ミスです。
ケアレスミスですね。
申し訳ありませんでした。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
希「ウチのテクニックどう?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「ウチのテクニックどう?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。