穂乃果「すれ違っても分からないくらい大人になってみたい!」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ27
1: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:04:56.79 ID:oNdSJ7mp0
穂乃果「の!」

ことり「う、うん」

花陽「何でまた?」

穂乃果「いやー大人な女性ってカッコいいなーって思って!」

穂乃果「電車で漫画読むんじゃなくてタブレットで哲学書読んだり、ランチの場所に詳しかったり!」

ことり「確かにカッコいいかも」

花陽「急になれるかなぁ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449410694

元スレ: 穂乃果「すれ違っても分からないくらい大人になってみたい!」

スポンサーリンク
2: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:06:04.87 ID:oNdSJ7mp0
穂乃果「手近なところから変えていけばいいと思うんだ」

ことり「例えば?」

穂乃果「ことりちゃんはね~、そのふわふわした喋り方をやめてみよう!」

ことり「ええ~っ!?」

穂乃果「もっとキリッとした感じ、ない?」

ことり「ない?って言われてもこれがいつものことりなんだけど~…」

穂乃果「そうだ、絵里ちゃんの真似のやつ!あれでいいよ!!」

ことり「またやるの~!?は、恥ずかしいよ~…」

穂乃果「絵里ちゃん自身がもう大人っぽいからね、参考になるよきっと」
3: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:07:54.80 ID:oNdSJ7mp0
穂乃果「花陽ちゃんはね、その困り眉を逆にしてみよう!」

花陽「ええっ!?」

穂乃果「逆さになると『私、何でもできますから!任せてくださいよ!』みたいな感じでいいと思うの!」

花陽「そんな自信家じゃないよ!」

穂乃果「何事も形から形から~。強気な花陽ちゃん見たいでしょ?」

ことり「ちょ、ちょっと見たいかも…」

花陽「そんなぁ、ことりちゃん…」

穂乃果「で、あと私をどうするか」

ことぱな「決められちゃった!?」
4: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:08:21.08 ID:oNdSJ7mp0
穂乃果「うーん」

ことり「穂乃果ちゃんはやっぱり落ち着きのある行動じゃないかな?」

穂乃果「落ち着きないみたいじゃん!」

花陽「えっ」

穂乃果「え、落ち着きないかな?」

ことり「あはは……」

穂乃果「…分かった、おとなしくしてみる」ショボン

花陽「あと思い切ってサイドテールもやめちゃいましょう!」

穂乃果「ええーっ!?これほどいちゃうの!?」
5: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:08:48.86 ID:oNdSJ7mp0
ことり「社会人の人でサイドテールって見たことないもんね」

穂乃果「それじゃあことりちゃんもだよ?姿かたちもホントに絵里ちゃんスタイルね!」

ことり「なんと!?」

穂乃果「花陽ちゃんはシャキンとしてるんだよ?肩で風を切る、みたいな自信を出すの」

花陽「で、できないと思うなぁ…」

穂乃果「よーし、ちょっとこれで明日一日過ごしてみよう!わくわくするねっ」
6: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:09:18.88 ID:oNdSJ7mp0
~翌日~

ピンポーン

海未「はい」ガラガラ

ことり「おはよう海未?」

穂乃果「いつまでものんびりしていないで、学校に行こう?」

海未「…」

ピシャン
7: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:09:51.63 ID:oNdSJ7mp0
海未「…」

ガラガラ

海未「…どちら様で?」

ことり「もう、寝ぼすけさんなの?南ことりよ?」

穂乃果「高坂穂乃果だよ」

海未「…そうでしたか。あはは……。ちょっと待ってくださいね、支度します…」ピシャン

穂乃果「…海未ちゃんすっごい驚いてた!」ニヘヘ

ことり「おどかすのが目的じゃあないけどね…」アハハ…
8: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:10:34.51 ID:oNdSJ7mp0
ガラガラ

海未「おお、お待たせしました、い、行きましょうか?」シドロモドロ

ことり「ええ」

穂乃果「そうだね……っと、海未ちゃん」

海未「は、はい!?」

穂乃果「Yシャツのボタン掛け違えてるよ」

海未「あ、あはは、本当ですね…」ゴソゴソ

海未(まさか穂乃果に抜けを指摘されるとは…)

海未(今朝は明らかに異常です!)
9: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:11:01.40 ID:oNdSJ7mp0
海未「…あの?ことりはなぜ絵里の真似を?」

ことり「ピイッ! …と、特に意味はないのよ?」

海未「そうですか……。それと穂乃果、髪型が」

穂乃果「たまにはいいでしょう?落ち着いた感じも」

海未「ま、まあそうですね…。しかし遅刻どころか私の家に迎えに来るとは思いもしませんでした」

穂乃果「いつまでも遅刻ばかりする私じゃないんだよ」フッ

海未「」ゾッ
10: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:12:07.01 ID:oNdSJ7mp0
海未「しゅ、宿題は片付いていますか?苦手な数学で出されていましたが」

穂乃果「時間はかかったけど終わってるよ?全部自分の力になるからちゃんとやらなきゃね」フッ

海未「」ゾゾッ

海未「ことりぃ……穂乃果に何者かが乗りうつって…」

ことり「そんなことあるわけないでしょ?成長したのよ、穂乃果なりに」

海未「あああ…」

穂乃果「それより今度の土曜日出かけない?」

ことり「いいわね」

穂乃果「私は現代アート展か中世ヨーロッパ展を見に行きたいのだけど」
11: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:12:38.16 ID:oNdSJ7mp0
穂乃果「パスタいいね。ゴルゴンゾーラかアヒージョか」

ことり「もう、アヒージョはパスタじゃないわよ?」

穂乃果「えっそうなの!?………なんだ?あはは…」

海未「あわあわ…」

………

……

12: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:13:07.23 ID:oNdSJ7mp0
凛「かーよーちんっ!おはよーにゃ!」

花陽「うん、おはよう」キリッ

真姫「…? 何か雰囲気違わない?」

花陽「そうかな?」キリッ

凛「何というかー、やる気に満ちてる?」

花陽「自分に自信が出てきた証拠かな?」キリッ

真姫「目がギラギラしてる…」
13: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:13:45.79 ID:oNdSJ7mp0
花陽「今までの私はいないの。これからはみんなに頼られる私になるのさ」キリッ

凛「…テレビの見すぎ?」

花陽「自分で考えたことさ」キリッ

真姫「…」

真姫「花陽おはよう!!!!!」

花陽「ぴゃあああ!!??」

花陽「あっ」クチオサエル
14: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:14:16.06 ID:oNdSJ7mp0
真姫「…」ズイッ

花陽「ま、真姫ちゃん?どうしたのかな」

真姫「何でこんなことしてるのか、教えてよ?」カベニオイツメル

花陽「あ、あう///」

凛「あ、いつもの垂れ目かよちんだ」

………

……

15: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:14:44.62 ID:oNdSJ7mp0
花陽「はぁ~。真姫ちゃんには敵わないです…」

ことり「分かる人には分かっちゃうのかな?」

穂乃果「ちなみに海未ちゃんは事情話すまであたふたしてたね」

ことり「『大人っぽいというか戸惑いの方が強すぎて何とも言えません』って言われちゃった…」

穂乃果「穂乃果なんか、『明日槍でも降ってくるんじゃないかと天気予報を見てしまいました』だよ~。失礼だよね!」

花陽「あ、あはは…」
16: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:15:31.38 ID:oNdSJ7mp0
穂乃果「だから次穂乃果が海未ちゃん起こしに行けたらパン奢ってよね!って約束したんだ!」

ことり「穂乃果ちゃん、そういう約束取り付けるところが…」

穂乃果「…はっ」

穂乃果「……は、花陽ちゃんはどうだったの評価は?」

花陽「うーんとね、凛ちゃんは『こっちのかよちんも好きにゃ!』って」

ことり「さすがだね~」
17: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/06(日) 23:16:26.52 ID:oNdSJ7mp0
花陽「真姫ちゃんはさっきのがあって、『慣れないことするくらいならあなたの長所を活かしなさいよ』って言われちゃった」

穂乃果「うーん、確かに花陽ちゃんには前線でバリバリやってもらうよりも優しくみんなをフォローしてくれる方が安心かも。あ、向いてないってことじゃないよ?」

花陽「うん、ありがと。でも私もそう思うなぁ…」アハハ

ことり「花陽ちゃんは癒し担当だから♪」

花陽「えへへ」
36: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/10(木) 00:26:13.37 ID:XlKushXV0
穂乃果「社会経験を増やせばいいのかも!?」

ことり「え」

穂乃果「まだ学生だからさ、働くって感じじゃないでしょ?その差が大きいと思うんだ」

花陽「でも2人はアルバイトしてるよ?」

ことり「あ、確かに」

穂乃果「うちのはお手伝いだからなあ~」

花陽「接客は?」
37: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/10(木) 00:27:09.25 ID:XlKushXV0
穂乃果「する!…ということはそこそこに経験があるってこと?ことりちゃんほどじゃないと思うけど」

ことり「ことりこそ、そんなに威張れるほどのことはしてないよ?」

穂乃果「いやいやカリスマメイドだからねぇ」

花陽「バイトの時に気を付けてたこととかある?」

ことり「ええ~……。幸せな気持ちで帰ってくれたらいいな!って思ってやってたかな」

穂乃果「私は『早く終わらせてテレビ見たいな~』って思ってやってるよ」

花陽「やる気が…」
38: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/10(木) 00:28:01.22 ID:XlKushXV0
穂乃果「この差だ!相手のために頑張るぞ!っていう気持ちだ!」

ことり「そうかなあ…?」

穂乃果「ちょっとやってみようよ!私お客さんやるから、2人は店員さんね」

花陽「こ、コントみたいだけど」

ことり「何屋さん?」

穂乃果「高級ブティックの店員さん。デパートの2Fにありそうな感じ」

ことり「わ、む、難しいね」ウーン

穂乃果「ああいうところの人って大人に見えるから!よし、やってみようっ」
39: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/10(木) 00:28:33.58 ID:XlKushXV0
ガチャ

ことり「いらっしゃいませー」

花陽(せ、世界に入ってくの早いね…)

花陽「い、いらっしゃいませ」

穂乃果「今日はね、買いに来たんじゃないのよ?この間買ったコート、破れていたから替えて欲しいの」

花陽(マダム…?)

ことり「申し訳ありませんでした、すぐ取り返させていただきますー」

穂乃果「こんな商品並べて置くなんて一体どういうことなのかしら?」

花陽「う、本当にすみませんでした…」ペコリ
40: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/10(木) 00:29:56.49 ID:XlKushXV0
穂乃果「もっといいものにしてもらう、ぐらいじゃないと納得できないわね!」

花陽「そ、それはちょっと」

穂乃果「何、できないっていうの!?」

花陽「ぴゃっ!」

ことり「お客様お待たせしました、全く同じものをご用意させていただきました」

穂乃果「あなたでいいわ!迷惑かけたんだから、何かあってもいいんじゃないの!?」

ことり「すみませんがお客様、社の規定で商品の交換は同じものでしかできないこととなっているんです」

ことり「ですのでこれでご了承いただきたいのです…」←お願いっ!の顔
41: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/10(木) 00:30:23.11 ID:XlKushXV0
穂乃果「う、わ、分かりました」

ことり「ありがとうございますっ!」

穂乃果「つ、次はちゃんとしてよね」スタスタ

ことり「またのご来店お待ちしております!」ペコリ

花陽「あ、ありがとうございましたっ」ペコリ

ガチャ バタン
42: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/10(木) 00:31:14.13 ID:XlKushXV0
ーーーー

穂乃果「…ことりちゃんのお願い(大人モード)、使えるね」

花陽「クレームがあった時もおんなじ感じでやってたの?」

ことり「ううーん、ことりが自分で受けたことはないからよく分からないんだけど、さっきは、ちゃんと謝らなきゃ!って思ってやったよ?」

穂乃果「こっちも何か許してあげなきゃ!ってなっちゃった…。すごいねことりちゃん」

ことり「えへへ、そうかなぁ?」

花陽「もしもことりちゃんのお願いでみんながきいてくれれば…。大変なことになりますね!」

ことり「えっ」
43: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/10(木) 00:34:59.74 ID:XlKushXV0
穂乃果「お客さんに始まり、先輩上司社長……、気づけば総理もお願いきいてくれちゃうかも?」

花陽「そんなに偉くなられたらさすがに分からないかもしれませんっ…」ヒシッ

穂乃果「あんまりお願いしすぎないでね、ことりちゃん!!!今のままでいてね!!」ヒシッ

ことり「そ、そんなこと絶対ならないから~!」



凛「何だか楽しそうにゃ~。ごっこ遊び?」

真姫「…部室で何してんのよ。ていうか大人になりたかったんじゃないの?」

44: ◆aVYBxFKZ76 2015/12/10(木) 00:36:12.00 ID:XlKushXV0
予想だにしない反応がたくさんいただけました。うれしい限りです…。
お読みいただきありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「すれ違っても分からないくらい大人になってみたい!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。