亜里沙「うみニーなう♪」ポロン

シェアする

亜里沙-アイキャッチ4
1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 14:54:03.62 ID:fYpmBNIi.net
園田海未さんにブロックされました。

元スレ: 亜里沙「うみニーなう♪」ポロン

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 14:56:06.45 ID:fYpmBNIi.net
亜里沙「お姉ちゃん、ちょっと相談があるんだけど…」

絵里「どうしたの?」

亜里沙「ツイッターで海未さんにうみニー画像を送って以来、全く口をきいてくれなくなったの」

絵里「当然の結果ね」

亜里沙「目も合わせてくれないんだよ!?見事なまでにガン無視!いくらなんでも酷いよ!」

絵里「10:0であなたに非があると思うわ」

亜里沙「これじゃ蔑むような目で『最低です!』と一発叩かれた方がよっぽどマシだよ!」ゾクゾク

絵里「…」
6: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 14:57:44.87 ID:fYpmBNIi.net
亜里沙「とにかく!海未さんに嫌われたままじゃ生きていけないよ」

絵里「だから私に仲裁をしてほしいってことかしら?」

亜里沙「さっすがお姉ちゃん!話がわかるぅー」

絵里「残念だけどもう手遅れね」

亜里沙「そんな…」

絵里「自分を慕うあどけない少女が性欲の権化と知って、海未は相当ショックを受けていたわ」

亜里沙「…」

絵里「まぁ妹の頼みだし、謝罪の場くらいは用意してあげる。結果はどうであれケジメはつけるべきだから」

亜里沙「ありがとうお姉ちゃん…」
8: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 15:00:43.26 ID:fYpmBNIi.net
―翌日―

海未「絵里、話とは一体なんですか?」

絵里「ごめんなさいね急に。ちょっと会わせたい子がいて」

亜里沙「お、お久しぶりです海未さん」

海未「っ…!すみませんが練習があるので失礼します」

絵里「待って海未!確かにこの子は取り返しのつかないことをしたわ」

絵里「許せないのも当然かもしれない…だけどせめて謝罪くらいはさせてほしいの…!」

海未「謝るくらいなら最初からやらなければいいじゃないですか」

海未「それに、姉を伴わなきゃ謝罪一つできないなんて情けないと思わないのですか?」

亜里沙「!」

海未「本気で謝る気があるなら明日、一人で私の家に来なさい。それでは、失礼します」

絵里「う、海未!ちょっと…!」

亜里沙「…」
13: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 15:07:20.89 ID:fYpmBNIi.net
―更に翌日―

亜里沙「じゃあ行ってくるねお姉ちゃん」

絵里「待って亜里沙。これを持っていきなさい」

亜里沙「これは?」

絵里「穂むらのおまんじゅうよ。日本では謝罪に菓子折りは欠かせないわ」

亜里沙「ありがとうお姉ちゃん…」
20: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 15:23:30.13 ID:fYpmBNIi.net
―園田邸―

ピンポーン

海未『…はい』

亜里沙「あ、あの!亜里沙です!絢瀬亜里沙です!今日は海未さんに謝罪したく参上仕りましたッ!」

海未『入ってください、どうぞ』


亜里沙「おじゃまします」

海未「本当に一人で来たのですか?」

亜里沙「はい。あ、コレつまらないものですが」

海未「ほむ饅ですか…なるほど。今お茶を淹れますので私の部屋で待っていてください」
23: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 15:28:09.13 ID:fYpmBNIi.net
海未「お待たせしました」

亜里沙「あ、あの!海未さんっ!この度はご迷惑をお掛けして誠に申し訳ありませんでしたッ!!」

海未「頭をあげて下さい亜里沙」

亜里沙「でもっ…!海未さんは私が送った画像でショックを受けたって聞いて…」

海未「私は別に画像のことで怒っているわけではありませんよ」

亜里沙「へっ?!」
28: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 15:30:15.39 ID:fYpmBNIi.net
海未「私は不特定多数の人が閲覧できる環境で、亜里沙があんな画像を送ったことに対して怒っているのです」

亜里沙「そうだったんですか」

海未「自分の痴情はみだりに人に見せるものではありません。それに…」

亜里沙「それに?」

海未「そんなに見せたいのであれば私一人に見せてくれればいいじゃないですか」

亜里沙「えっ」
36: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 15:33:36.15 ID:fYpmBNIi.net
海未「幸い今日は私の家族が帰って来ないので、気兼ねする必要もありません」

海未「私はここで見ているので思う存分うみニーとやらを見せてください」

海未「勿論できますよね?それが誠意ある対応というものでしょう」

亜里沙「…わ、わかりました。海未さんがそう言うのなら」ヌギ

海未「ふふっ 聞きわけの良い子は好きですよ」

亜里沙「海未さん…///」
40: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 15:36:17.58 ID:fYpmBNIi.net
亜里沙(どうしてこんなことに…)

亜里沙(わたし…海未さんの目の前で…)

海未「手が止まっていますよ亜里沙」

亜里沙「はっ…んっ」

海未「こうして私に見られたかったのでしょう?」

亜里沙「ひゃい…///」

海未「あああっ!! もう我慢できません」ガバッ

亜里沙「!?」
44: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 15:39:18.15 ID:fYpmBNIi.net
亜里沙「う…海未さん?!」

海未「やはり写真で見るのと生で見るのとでは違いますねぇ」

海未「この臨場感」ジロリ

亜里沙「…///」

海未「匂い」クンクン

亜里沙「ぃゃ…」

海未「音」クチュクチュ

亜里沙「やめて海未さんっ…んっ!///」

海未「味」ペロッ

亜里沙「ひゃあっ…ダメ!」

海未「そして感触」プニプニ

海未「やはり女体は五感で楽しんでこそですね」

亜里沙「ぅぅ…」
46: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 15:47:53.28 ID:fYpmBNIi.net
絵里「そこまでよ!」

バァァァン

海未「!?」

亜里沙「お姉…ちゃん?」

絵里「やはりこうなったわね」

希「実は最近海未ちゃんファンの子達の間で妙な噂があると生徒会にタレ込みがあったんよ」

海未「希…これは少々厄介ですね」

絵里「相手の罪悪感につけ込み、手篭めにしてしまう卑劣な手口…」

絵里「ファンの子は騙せてもこのIQ1300のエリーチカはごまかせないわ!」
51: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 15:52:57.36 ID:fYpmBNIi.net
海未「フッ」

海未「フハハハ!それがどうしたというのですか?彼女は自分の意思で股を開いたのですよ?」

絵里「これを見てもまだそんなことが言えるかしら?」

海未「盗聴器…!」

絵里「ええ、仕込んでおいたの。亜里沙に渡したほむ饅の箱にね!」

海未「味な真似を…」
55: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 15:56:33.47 ID:fYpmBNIi.net
絵里「さぁ観念しなさい海未。出来れば手荒なことはしたくないわ」

希「いくら海未ちゃんかてウチら二人の囲みは突破できへんやろ?」

海未「なめないでください。たかが二人で私を止めることなど…」

バッ ガシッ ググッ

海未「何!?」

絵里「サンボって知ってる?」
59: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 16:07:40.17 ID:fYpmBNIi.net
海未(身動きが取れない…!)

絵里「どうやら私の方が上手なようね」

希「今日は誰も帰ってこないんやろ?時間はたっぷりあるなあ」

海未「ヒェッ…」

絵里「抵抗するならしてごらん」

海未「だ、誰か!ダレカタスケテェーー!!!」
63: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 18:26:20.95 ID:fYpmBNIi.net
絵里「じゃ、そろそろ帰るわね」

希「せやな、ごっそーさん」

海未「ぁ…あっ…」ビクンビクン

絵里「亜里沙も帰るわよ」

亜里沙「…お姉ちゃん、先に行ってて。海未さんと話したいことがあるの」

絵里「ダメよ。認められないわ」

希「まぁまぁ。今の海未ちゃんに亜里沙ちゃんを襲う力はもう無い。2人だけにしてあげよ」

絵里「でも…」

希「亜里沙ちゃん、5分経っても出て来なかったら突入するけどええか?」

亜里沙「充分です」

希「ほな、いこかエリチ」
64: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー)@\(^o^)/ 2015/01/11(日) 18:28:49.47 ID:fYpmBNIi.net
亜里沙「海未さん」

海未「ぁ…亜里沙?ひぃっ!やめて…近づかないでください!」

亜里沙「大丈夫。心配しないで」

海未「ごめんなさいごめんなさい…わっ私は…亜里沙に酷いことを」

亜里沙「そんなことないです。ただ、ちょっとびっくりしただけです」

亜里沙「それに元はと言えば私が悪いんですから」

海未「許してくれるんですか…?」

亜里沙「はい。その代わり、これからは私だけを見てくださいね海未さん」

海未「亜里沙…///」

亜里沙(堕ちたな)ニヤリ


END
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『亜里沙「うみニーなう♪」ポロン』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。