凛「ぎにゃぁぁあ!?人が武器になったにゃぁあ!?」ソウル「は、はあ?何言ってんだお前」

シェアする

凛-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 22:06:51.21 ID:xoGRskrF0.net
※ソウルイーター×ラブライブ!をやりたかっただけです。ソウルイーター未読の方には?な事が多々あるので、気を付けて下さい(どうしろと)


凛「というか、ここどこ?!あなた誰?!」

ソウル「落ち着けよ……俺はソウル=イーター。で、ここは死神武器職人専門学校だ」

凛「う、なんにゃそれ……意味わかんないにゃ……」

ソウル「はあ……あんた、どっから来たんだ?」

凛「わかんない……気づいたらここに……」

ソウル「んだそりゃ……」

マカ「……ソウル?どうしたの?」

ソウル「ああ、マカ。いやな、この子が……」

凛「ど、どうも……」

カクカクシカジカ

マカ「へえ、そんな事が……」

凛(なんだろう……真姫ちゃんを思い出した……)

元スレ: 凛「ぎにゃぁぁあ!?人が武器になったにゃぁあ!?」ソウル「は、はあ?何言ってんだお前」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 22:15:49.80 ID:xoGRskrF0.net
マカ「……そういえば、この前、ブラック★スターがふらふらとやってきたエクスカリバーをぶん投げた時……」

マカ「また空間割れてたよね?」

凛(エクスカリバー?ブラック☆スター?なにそれ漫画?)

ソウル「……別空間から飛ばされてきたって事か?」

マカ「それがあるかもね。みたところ、この辺の生まれじゃ無さそうだし」

凛「り、凛は日本生まれだにゃ……」

ソウル(なんかブレアを思い出すな……)

ソウル「……でもよマカ。そうだとしたら、この子、なんで」

ソウル「なんで『武器』なんだ?」

マカ「え?いやまあ、椿ちゃんも日本人だし、おかしくはないかなって」

ソウル「ああ……」

凛「……さっきから何を……?」

ソウル「気づいてないのか?」
6: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 22:22:57.16 ID:xoGRskrF0.net
ソウル「自分の腕見てみろよ」

凛「は……?」

チャリッ

凛「………………」

マカ「……なんだっけ、これ。日本刀?」

ソウル「椿も日本刀になれるし、やっぱ日本人だからか?」

凛「………………」

ソウル「? おいどうした」

凛「」バターン

マカ「え、ちょっと!大丈夫!?」

凛(ど、どういうこと…………り、凛の右腕が……)

ガクッ

ソウル「き、気絶しやがった……」

マカ「と、とりあえず、保健室に!」
10: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 22:35:33.18 ID:xoGRskrF0.net
ナイグス「……日本人か、そして武器の自覚がない。面白い奴が来たんだね」

マカ「ナイグス先生、この子、どうにも自分がどうしてここにいるのかわかんないみたいなんです」

ナイグス「……記憶喪失の一種か?いやでも、違うか……本当にこの子は、別空間からやってきたってのが、正しいんじゃないか?」

ナイグス「……私にはわからんな。そうだ、しばらくこの子はうちの女子寮で過ごさせよう」

ナイグス「彼女には申し訳ないが、無知を装った他国のスパイ、とも考えられるからな」

マカ「……わかりました。じゃ、女子寮のみんなに伝えてきます」

~~~

凛「う、う~ん……」

パティ「お、目ぇ覚めた?」

凛「う、ん……?誰……?」

パティ「パティだよーん!よろしくぅ!」

リズ「お前は誰が相手でもそのテンションだな……」

リズ「私はパティの姉の、エリザベス・トンプソン。リズって呼んでくれ」

凛「は、はあ……」

リズ「なんか、別空間からの人間なんだって?すげー話もあるもんだなぁ」

凛「そ、そうですかね……」

リズ「ああ。なにしろ二人目となっちゃあ面白みも増してくるってもんだ」

凛「……?二人目?」

リズ「ああ、実は、あんた……えっーと、名前は?」

凛「……凛です。星空凛」

リズ「はいはい。で、凛が倒れて寝ちまってる時に、また1人現れてな。しかも今度は『職人』の素質がある」

パティ「なんか長髪できれーな髪で青っぽい髪の女の子だったよねー」

リズ「なんて名前だったかな……」
11: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 22:41:10.06 ID:xoGRskrF0.net
※では男キャラは極力排除します※

リズ「海未とか言ったっけ」

凛「!! 海未ちゃん!?」

リズ「うお、どうした急に」

凛「つ、連れてって、海未ちゃんのところに!」

リズ「あ、ああ、わかったわかったから、落ち着け落ち着け」

~~~

凛「――海未ちゃん!」

海未「凛! 凛もここにいたんですか!」

凛「うううう海未ちゃんんんんん!!」ガシッ

海未「うわ、ととっ、凛?」

凛「うわあああああ良かったぁ!海未ちゃんがいてくれてえええ!!」

リズ「……?知り合いだったのか?」

海未「え、ええ。まあ」

キム「なにしてんのー……ってどしたのこの子。なんでないてるの?」

パティ「感動の再開ってとこだろ」
16: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 22:51:16.40 ID:xoGRskrF0.net
凛「――人間が武器になって、魂を食べる……?」

マリー「そう。それが武器。そしてその武器を制御して扱って戦うのが、職人よ」

海未「……」

マリー「凛ちゃんには、武器としての素質があって、『日本刀』になれる。海未ちゃんは、戦うための職人としての素質がある」

凛「だから凛の右腕が剣に……」

マリー「慣れない間は無意識になっちゃうかもしれないわね」
20: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 22:58:40.16 ID:xoGRskrF0.net
凛「魂を食べるってどういうこと……?」

マリー「うーん、そうねぇ……」

マリー「ちょっとまってて」

~~~

マリー「はい、これが魂よ」

凛「うわ、なんかもにゅもにゅしてる……」

凛「……こ、これ食べられるんですか?」

マリー「ええ。食べてみてもいいわよ」

海未「魂を食べる……?」

凛「い、いただきます……」アーン

凛「んっ、んっく……」ゴクンッ

凛「…………」

海未「ど、どうですか?」

凛「なんだろう、特に味はないんだけど……」

凛「喉越しがやばい。最高」

マリー「初めて魂を食べた子は、みんなそう言うわ。癖になるって」

凛「へえ……」

マリー「……さて、じゃ、二人とも。この学校の案内でもしましょう。しばらくは、ここにいることでしょうし」
21: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 23:10:54.43 ID:xoGRskrF0.net
マリー「じゃ、まず……」

ゴゴゴゴゴ……

マリー「ん?」

ドッゴォォォンンッ!

凛「う、うわっ!?」

海未「凛っ!」ガシッ

凛「あ、ありがと海未ちゃん……」

マリー「……これは」

~~~

ゴフェル「死武専……」

ゴフェル「ノア様の敵だ……絶対に許さないからなぁ……」

ゴフェル「ノア様ァァアァアアアア!!!」コォォオオオ

ボンッッ!!

ドゴォォッン!

ゴフェル「特にマカ=アルバーン!出てこい!貴様をぶち殺さないと気が済まない!!」

マリー「……まずいわね、なんてタイミングの悪い……ついさっきスパルトイは全員出て行ってしまったっていう時に……!」

ヒーロ「やや、やめるんだ、おい、おまえ!」

ゴフェル「うせていろ」ドッゴォォォンンッ!

ギャーー!

海未「な、なんなんですか、あの人……」

凛「空飛んでる……」

ゴフェル「……ッ!」

ゴフェル「あの女……まさか」

海未「……え」

ゴフェル「――くそがぁぁぁ!!なんでこんに多いんだよォ!エグリゴリがぁあ!!」

ゴフェル「死ね!!弾翅!!」ドヒュッ!!


海未「――え」

凛「!!」
23: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 23:20:35.95 ID:xoGRskrF0.net
ギィィッン!!

ゴフェル「……なに?」

海未「え……」

凛「……」ハアハア……

凛「……な、なれた」チャキン

海未「凛……」

海未「……凛、全身、完全に日本刀になれますか?」

マリー「!?あ、あなたまさか戦う気!?」

海未「……」

凛「ぬ、ぬう、ううんっ!」シュバッ

チャキン

海未「……軽い?」

マリー「……波長が最初からあっている?」

マリー(そんな……波長の合わせ方すら、知らない筈なのに……)

ゴフェル「たった一撃、まぐれで防いだだけで、いい気になるなよ!!」

ゴフェル「弾翅!!」ドヒュッ!!

ギギギ、キィンッ!!

ゴフェル「……な、に?」

海未「……」

海未(……私の、体じゃないみたいです、このかんかく。早い!反応が!)

凛『海未ちゃんすごいにゃー!?』
25: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 23:26:14.60 ID:xoGRskrF0.net
マリー「……嘘でしょ?」

マリー「あんなの、センスがあるどころじゃないわ……」

マリー「天才ってレベルじゃないの……」

海未「今度はこっちからです!」

ドンッ!

ゴフェル(!?なに、はやい!?)

海未「ふっ!」

ゴフェル「ちっ!」ギンッ!!

海未「はあっ!!」シュッ!

ゴフェル「くっ……!」ザシュッ

凛『す、すごいにゃ海未ちゃん!かっこい!』


マリー「すごいのは凛ちゃんもよ……」

マリー「職人に対する負担をほぼ皆無と言えるほど無くして、その上波長を体に送って運動神経を抜群に引き出して、強化している……」

マリー「下手すれば私以上のものね……」
28: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 23:35:03.64 ID:xoGRskrF0.net
ゴフェル「くそが!調子に乗るんじゃあ、ないぞ!!」

ゴフェル「ノア様あァァアァアアアア!!!」コォォオオオ

凛『さっきのでっかいのがくるよ!』

海未「ならば、さらに大きいものではね返すまで!」

凛『で、できるかな?!』

海未「大丈夫です、できます! いまなら、きっと」

凛『……うん!いくにゃ!』

ゴッ!!

マリー「……!あれも、無意識なの……?あれは紛れもない……」

マリー「魂の共鳴……!」

キュイイィィンンッ

凛『……光の弓みたいなのが、浮かび上がって』

海未「凛、あなたを矢にします」

凛『……あ。掛け声がもうわかっちゃったにゃ』

海未「それならちょうどいいでしょう!いきますよ!」

ゴフェル「ノア……様ァァアァアアアア
!!!」ボンッッ!!



海未/凛「ラブアローシュートっ!!!」キュンッ!
29: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 23:42:02.07 ID:xoGRskrF0.net
ドンッッ!!

ゴフェル「……!?なんだと!ノア様大好き砲が……押し負けて、て、ぐ、あ、があァァアァアアアア!??」

っ、ドッゴォォォンン

海未「やりました!」

凛『かったー!』

マリー「……」

マリー「なんて子たちなの……」

~~~

凛「……」zzzzz

凛「ふあ、……?」

凛「あれ、ここ……部室……」

凛「……なーんだ、夢だったのかぁ」

海未「……ふあ……」

凛「あれ、海未ちゃんも寝てたの?」

海未「…あれ、夢……」

凛「……!もしかして、海未ちゃん、凛が武器になっちゃう夢みた?」

海未「え、ええ。そうなんですよ。びっくりしました……って、もしかして凛も?」

凛「うん。同じ夢見てたのかぁ……ははっ、偶然だね」

海未「……そうですね。あれ、夢だったんですね」

凛「……ま、そりゃそうだよね、人が武器になんて」

海未「それもそうですね」

凛「でもちょっと面白かったね」
30: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 23:45:07.96 ID:xoGRskrF0.net
海未「ええ、本当に……」

キャッキャッ、アハハ……

~~~

マリー「天才ってのは、いるものなのね……」

シュタイン「ん?なにが?」

マリー「ううん。こっちの話」

シュタイン「ああ、そう」

マリー(……また会えたら、その時は、手合わせしてあげよっと)


~~~

海未「さっ、屋上に行きましょう。みんなが待ってます!」

凛「おー!」


おわり
31: 名無しで叶える物語(あら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69b1-o2Dm) 2015/12/15(火) 23:50:50.85 ID:xoGRskrF0.net
※いやぁ、早めに終わらせすぎました。ホントはもっと長くするつもりでしたけど埋め立てが怖くて。
あとラブアローシュートさえ出来たら満足でした。次は普通のSS書くつもりです。
前々スレでやった入れ替わりものをやるつもりですので、見かけたから見てやってください。泣いて喜びます。それではノシ※
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「ぎにゃぁぁあ!?人が武器になったにゃぁあ!?」ソウル「は、はあ?何言ってんだお前」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。