【ラブライブ】ほのかんさつ日記

シェアする

海未-アイキャッチ29
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 20:55:33.45 ID:0+2XfmeyO
ほのキチ要素あり
穂乃果の出番はほとんどなし

大丈夫な方はぜひお付き合いください。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1447502133

元スレ: 【ラブライブ】ほのかんさつ日記

スポンサーリンク
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:06:28.97 ID:0+2XfmeyO
――――――



??「」ジーッ



――――――
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:08:28.99 ID:0+2XfmeyO
―― 部室 ――



――ガチャッ――


海未「こんにちは……って、まだ誰も来ていませんでしたか」

海未「穂乃果は店番を任されたと言っていましたし、ことりも飼育当番で遅れるとは言っていましたが、他の6人もまだ来ていないとは珍しいこともあるものですね」

海未「…………」

海未「仕方ありません。先に着替えて、屋上で待っていましょう!」

―― ガチャッ ――

海未「……って、おや?」

海未「これは、なんでしょうか?」



『かんさつ日記』



海未「『かんさつ日記』? こんなものロッカーに閉まった覚えはないんですが……」ウーム

海未「とりあえず、置いておきましょうか」

海未「…………」チラッ

海未「…………」ソワソワ

海未「す、少しだけ……」ソーッ

海未「…………」ペラッ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:17:03.82 ID:0+2XfmeyO
――――――


『○月○日(月)』

『今日も朝から元気そうです』

『走って私のところに来たかと思ったら、いきなり抱きついてきて……まったく恥ずかしすぎます!』

『本当に忙しない子で、困ってしまいますね。少しは落ち着いてほしいものですが』

『……けれど、そんなところも可愛くて大好きなのですけど』


――――――
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:23:28.79 ID:0+2XfmeyO

海未「……ふむ、どうやらタイトルの通り、なにかの観察日記のようですね」

海未「……犬、でしょうか?」

海未「…………」

海未「朝、今朝をあげに庭に顔を出す飼い主と、それを見て走って駆け寄ってくる犬」

海未「ふふっ、なんだか微笑ましいですね」

海未「この日記からも、恥ずかしがりながらもその子のことが大好きな飼い主が容易に想像できます」フフッ

海未「まぁ、なぜこれが私のロッカーにあったのか疑問ではありますが……」

海未「…………」キョロキョロ

海未「……もう少しだけ……」ペラッ
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:27:41.05 ID:0+2XfmeyO
――――――


『○月○日(火)』

『今日も彼女は元気そうです』

『ただ昨日は夜更かしでもしたのか、少しだけ元気がない様子』

『心配です……』

『なにか栄養のあるものを食べてもらった方がいいのでしょうか?』

『とりあえず、昼にパンを買ってあげました』

『ありがとう』

『そう言って喜んでくれました』

『ふふっ、その笑顔が見れただけで私は幸せです』


――――
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:31:10.50 ID:0+2XfmeyO

海未「……彼女? ええと、飼い犬は女の子なんですね」

海未「それにしても……パン、ですか」

海未「栄養があるとはいえませんけど……まぁ、いいでしょう」

海未「それにしても、犬もパンで喜ぶんですね」

海未「……ふふっ、穂乃果と変わらないじゃないですか」

海未「まぁ、確かに穂乃果は犬みたいなところがありますが」クスクス

海未「さて続きを……」ペラッ
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:35:49.04 ID:0+2XfmeyO
――――――


『○月○日(水)』

『今日、彼女は体調を崩していました』

『まったく! あんなに体調管理には気をつけて、と言っておいたでしょう!』

『…………彼女にはそう言いましたが、正直心配で心配でたまりません』

『夜、彼女に卵酒を作ってあげましたが……』

『早く治してほしいです』


――――――
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:39:29.91 ID:0+2XfmeyO

海未「…………卵酒?」

海未「加熱した卵ならば犬が食べても大丈夫だと聞いたことはありますが、卵酒、ですか?」

海未「ええと……これはもしかして、犬の観察日記ではないのでしょうか?」

海未「…………」

海未「続きを読んでみましょうか」ペラッ
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:44:10.80 ID:0+2XfmeyO
――――――


『○月○日(木)』

『昨日、卵酒を差し入れた甲斐があったようで、無事元気になりました』

『今日も朝から抱きついてきました』

『止めてください!』

『……なんて言ってはいましたが、やはり彼女は、こうでなくては!』

『太陽のような笑顔』

『それこそ彼女のトレードマークですからね』

『うんうん、それでこそ――』



『――高坂穂乃果です!』



――――――
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:47:16.43 ID:0+2XfmeyO

海未「っ!?」ガタッ

海未「高坂穂乃果って、えっ!?」

海未「こ、これ……穂乃果のことですよね?」

海未「……あっ、そういえば確かに、この日、穂乃果は体調崩していました」

海未「というか、卵酒を差し入れたの私ですよっ!?」

海未「…………」

海未「えっ、じゃあ、これを書いたのは……」ゴクリッ

海未「……って、まだこの日の日記に続きがありますね」ペラッ
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:54:44.38 ID:0+2XfmeyO
――――


『体調を崩していた穂乃果には悪いですが、これは思わぬ収穫ですね』

『昨日の夜、私の作った卵酒を飲んだ穂乃果は
、きっと体がポカポカだったはずです』

『つまり、その分寝汗もかいていたはず……』

『しかし、今日の朝も寝坊して遅れた穂乃果のことです。シーツはきっとそのままのはずでしょう』



『そう。穂乃果の汗をたっぷりと染み込んだシーツがまだそこにあるはずなのですよ』



『……ふふっ、今日は必ず穂乃果の家に行って回収しなくては』

『…………』

『さて、そろそろ穂乃果がお風呂に入って部屋に誰もいない頃でしょうか』

『…………』

『行ってまいります』


――――――
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 21:59:48.78 ID:0+2XfmeyO

海未「」シロメ

海未「」シロメ

海未「」シロメ

海未「はっ!? い、いけませんっ、気を失っていました……」

海未「…………」チラッ

海未「っ」ゾクッ

海未「い、いったいなんなんですか、これはっ!!」バンッ

海未「こ、これではまるで……」



海未「私がこの日記を書いていてっ!」

海未「しかも、穂乃果狂いの変態みたいではないですかっ!!」バンバンッ



―― ガチャッ ――


凛「授業つっかれたにゃぁぁ!!!」

海未「ひぃっ!?!?」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 22:06:51.11 ID:0+2XfmeyO

海未「り、りりり、りっ、りんっ!?」カクシカクシ

凛「あ、海未ちゃん!」

海未「お、おそかったでしゅね!」

凛「でしゅ?」

海未「ですねっ!」

凛「あぁ、うん……なんか、補習で」シュン

海未「……あぁ」

凛「って、海未ちゃんだけ?」

海未「は、はいっ」

凛「……? 海未ちゃん?」

海未「なんですか?」ニコリ

凛「……なんか変じゃないかにゃ?」

海未「っ、へ、へんっ? ど、どこがですかっ!?」バンッ

凛「ひっ!?」ビクッ

海未「あ、すみませんっ! こ、怖がらせるつもりではっ!?」アセアセ

凛「ん?」

海未「えっ?」

凛「…………ねぇ、海未ちゃん?」

海未「え、あっ、なんでしょう?」



凛「そのノートなに?」ユビサシ



海未「」シロメ
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 22:14:09.15 ID:0+2XfmeyO

海未「」シロメ

凛「う、海未ちゃん?」ユサユサ

海未「はっ!? あ、いえっ! このノートはっ!!」カクシカクシ

凛「あっ! もしかして、作詞のノートかにゃ?」

海未「えっ?」

海未「…………」


海未「そ、そうですっ! その通りですよっ! 凛の言う通りですっ!」バーンッ


凛「へぇ~! それが……って、あれ?」

海未「えっ?」

凛「なんか、ノートの表紙に……」

海未「っ!?」カクシカクシ

凛「…………」ジーッ

海未「…………」

凛「ねぇ、海未ちゃん!」

海未「……な、なんでしょうか?」

凛「凛には、『かんさつ日記』って書いてあったように見えたんだけど……」

海未「……き、気のせいでは?」

凛「…………」ジーッ



海未「くっ!?」ダッ



凛「あっ!? 逃げたにゃっ!?」



――――――
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 22:28:27.61 ID:0+2XfmeyO
――――――



絵里「ふぅ、少し遅くなっちゃったわね」

希「しょうがないんやない? 他の生徒会の子は皆用事あったみたいやし」

絵里「まぁ、そうね。でも、タイミング悪すぎないかしら? そんなときに限って急ぎの用件が入るなんて……」

希「んー? 日頃の行いのせい?」

絵里「……希には言われたくないわね」ジトッ

希「えーっ、傷つくなぁ」

絵里「……ふふっ、冗談よ」

希「うん、分かってる」クスッ



希「っと、部室にとーちゃーくっ!」

絵里「……なんか、騒がしいわね?」

希「ん? 言われてみれば、そうやねぇ?」

絵里「ちょっと? 練習いかないで何を騒いで――」



――ガチャッ――



海未「あ、あのっ――」


にこぱなりん「っ!?」ビクッ

にこ「それ以上近づくと、にこにーアタックをお見舞いするわよっ!!」アシガクガク

真姫「イミワカンナイ」

ことり「真姫ちゃ~ん! 戻ってきてぇぇ!」ユサユサ

花陽「ピャッ!?」ビクッ

凛「……か、かよちんは凛が守るからねっ!」ダキッ



海未「私じゃありませんっ!! 信じてくださいっ!!!」



絵里「えっと、なにこれ」

希「……いや、ウチに聞かれても……」



――――――
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 22:41:46.61 ID:0+2XfmeyO
――――――



絵里「えー、それで話をまとめると」

絵里「海未が書いた穂乃果の観察日記を見て、みんな海未のことを怖がっていた、と?」



海未「私がかいたんじゃないですっ!!」グスッ

希「あー、よしよし」ナデナデ

海未「のぞみぃぃぃっ!!!」ギューッ

絵里「……で、そっちは…… 」


にこ「……の、希、危ないわよっ! 海未は本物よっ!!」ガクガク

凛「ぷぷっ、にこちゃん、膝が笑ってるにゃ」ププー

にこ「あーん?」ギロッ

凛「ひゅーひゅー」

花陽「凛ちゃん、口笛吹けてないよぉ……」


絵里「まぁ、ここはいつものこととして……」

にこ「ぬぁんでよっ!!」バンッ

絵里「えっと、真姫は……」

真姫「イミワカンナイ」

絵里「ことり……なにがあったの?」

ことり「……えっとぉ」

絵里「なに?」

ことり「えっと……ぴゅあぴゅあな真姫ちゃんには……そのぉ……」モジモジ

絵里「?」

ことり「刺激が強すぎたみたいで……///」

絵里「???」

真姫「イミワカンナイ」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 22:49:18.68 ID:0+2XfmeyO

絵里「……希」

希「ん? はいはーい!」



希「希パワー、たーっぷり注入!」

希「はーい! ぷしゅっ!!」ベシンッ



真姫「イミワカっ――っ、痛いわよっ!!」

ことり「あっ、帰ってきた」


花陽「イタダキマシター」ボソッ

凛「え、かよちん、なに?」

花陽「ううん、なんでもないよぉ」


真姫「……って、希?」

希「おはよーさん、真姫ちゃん」

真姫「私は……一体……」

ことり「え、えっとね……」


海未「あ、ま、真姫……」

真姫「っ!? 海未っ!?」ビクッ

海未「……」シュン

真姫「え、あっ……ごめん……」

海未「……い、いえ」ズーン


絵里「…………」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 23:01:45.42 ID:0+2XfmeyO

絵里「…………」

希「……えりち?」

絵里「…………ねぇ、希?」

希「ん? なに?」

絵里「この状況、あまりよくないわよね」

希「うん、そうやね。その『かんさつ日記』とやらの内容はわからんけど、このままじゃ……」

絵里「…………それはカードのお告げ?」

希「ううん」

絵里「…………そう」


海未「わ、私は違いますっ! 私は無実ですっ!」

にこ「言うだけならなんとでも言えるわよっ!」

凛「そーにゃ! そーにゃ!」>ω</

海未「くっ!?」

にこ「証拠を出しなさいよ、証拠を!」

凛「そーにゃ! そーにゃ!」>ω</


絵里「…………」

絵里「凛は楽しんでないかしら?」

希「あとでワシワシしとくなー」

絵里「よろしくね」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 23:15:56.81 ID:0+2XfmeyO

真姫「……ねぇ、絵里」

絵里「ん、なに?」

真姫「……海未が本当に『アレ』を書いたのかしら」

絵里「さぁ、まだ読んでもいないから分からないけど……」

真姫「そう……」ウムツキ

絵里「…………」

真姫「ねぇ、絵里」

真姫「私、海未を信じたい」

真姫「私がμ's を止めるかもしれないって言った時、涙を流してまで、パパを説得してくれた海未が――」



真姫「――変態じゃないって信じたいのっ!!」



絵里「っ、そう……」

ことり「ねぇ、絵里ちゃん。ことりからもお願い……。海未ちゃんを助けてあげて?」

絵里「…………」

希「……えりち」

絵里「…………はぁぁ」

真姫「絵里?」

絵里「もうっ、仕方ないわね」ニコッ

絵里「確かに、μ's のメンバーが変態なんてありえないもの。きっとなにかあるんだわ……」

真姫「絵里っ!」

ことり「絵里ちゃんっ!」

希「えりち、この騒動、どうにかできるん?」



絵里「えぇ、任せて。私がこの騒動の真実を暴いてみせる!」

絵里「私を賢い可愛いエリーチカと呼んだ――」

絵里「――おばあ様の名にかけてっ!!」ババンッ



――――――
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/14(土) 23:16:40.32 ID:0+2XfmeyO
――――――



??「」ジーッ

??「」ニヤッ



――――――
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 15:28:05.96 ID:8ExTwy1WO
――――――



絵里「さて、さっそく調査を始めようと思うのだけれど」チラッ

希「えりち?」

絵里「……読んだだけで、真姫が壊れ、にこが怯える代物……」ブルッ

にこまき「「べつに壊れて(怯えて)ないわよっ!!」」

にこまき「「…………」」

にこ(あんたは壊れてたでしょうがっ!)
真姫(にこちゃんは怯えてたデショッ!)

にこ「……なに?」

真姫「べつに?」


絵里「すぅ、はぁ……」

絵里「…………覚悟を決めましょうか」

希「……ウチも見るよ」

絵里「……希。うん、ありがとう」


絵里「開くわよ」ペラッ

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 15:49:24.85 ID:8ExTwy1WO
――――――


『○月○日(金)』

『昨日は無事、ほのシーツを回収することができました』

『案の定、穂乃果はシーツをまだ替えていなかったようで……』

『…………ふぅ』

『まぁ、そのせいで寝不足ですが……』

『それにしても、今日の穂乃果はいつもに増して元気です』

『朝もスキップなんてして、上機嫌そうでした』

『ふふっ、穂乃果が楽しそうだと私まで元気になります』

『元気ではない穂乃果なんて、考えたくもありませんし』

『……しかし、ひとつ問題が』

『それは、スキップとスカートの相性が悪いということです』

『……そう。そうです!』


『そのおかげ……もとい、せいで、穂乃果の聖域を守る聖なる衣が見えてしまっていたのですっ!』


『スキップをする度にチラチラと見えるそれっ! まさに絶景ッ!!』

『白でしたッ!!』

『純・白っ! でしたッ!!』



『…………ふぅ』

『いけないいけない。興奮して文字が乱雑になってしまいましたね』

『とにかく、ああいったことは控えてもらわなければ……私の身が持ちません』

『…………』

『ではなく、穂乃果ももう年頃なのですから、羞恥心を持ってもらわなくてはいけません』

『…………』

『……羞恥心を持った穂乃果』

『ふむ、今夜はこれで決まりですね』


――――――
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 15:57:00.35 ID:8ExTwy1WO

絵里「…………」

希「こ、これは……」ゾクッ

絵里「……エリチカおうちかえる」

希「え、えりち!? 心を強く持って!」


海未「絵里! 希!」

のぞえり「「っ!?」」ビクッ

海未「どうですかっ! これを書いたのが、私ではない証拠見つかりましたかっ!?」バンッ

絵里「ひっ!?」ビクッ

海未「えっ? え、絵里?」

絵里「……ご、ごめんなさいっ」

海未「まさか、絵里までっ!?」

絵里「……の、希」

希「…………海未ちゃん」

海未「な、なんでしょう?」


希「自首しよう」ポンッ


海未「ここには敵しかいないんですかぁぁぁっ」ビェェェン
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 16:09:59.80 ID:8ExTwy1WO

ことり「希ちゃん! そんなこと言ったらダメだよぉ!」

希「あっ、つい……」

海未「ことりぃぃぃ……」モギュゥゥ

ことり「よしよーし、大丈夫だよぉ、ことりは味方だよぉ」ナデナデ

海未「ことり、ことりぃ」スリスリ


絵里「えっと……ご、ごめんね、海未」

希「ごめんな、海未ちゃん?」

海未「うぅぅぅ……」グスグス

ことり「うふふっ、マケミちゃん……」ボソッ

花陽「こ、ことりちゃん?」

ことり「ナンデモナイヨ?」

真姫「…………」ジッ

凛「でも、二人の反応も仕方ないと思うにゃー」

にこ「まぁ、この内容を見たらねぇ……」ペラッ
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 16:16:22.27 ID:8ExTwy1WO
――――――


『○月○日(土)』

『今日も穂乃果は可愛いです』

『いつもの制服もいいですが、やはり練習着も悪くありませんね』

『むしろとてもいいです』

『なにがって、透けるところですね』

『練習終わり、汗を吸ったほの練習着に透ける下着。たまりません』

『もちろん、熟成されたほの練習着の味も格別です』

『ですが、視覚に訴えかけてくるそれは、やはりクるものがありますね』

『…………』

『……今日辺り、また拝借しましょうか』


――――――
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 16:25:31.62 ID:8ExTwy1WO

にこ「……うっ」ゾクッ

花陽「に、にこちゃん、大丈夫?」アタフタ

にこ「えぇ……どうにかね。まったく、これを書いた奴の気が知れないわ」チラッ

海未「だ、だから、私ではありませんっ!」

花陽「で、でも……海未ちゃんの言う通り、これを書いたのが海未ちゃんだとは限らないと思うな」

ことり「花陽ちゃんの言う通りですっ」

にこ「そう? 文体とか口調とか見てると、にこにはこれが海未の書いたもので間違いないように思うんだけど?」

海未「た、確かに、この日記のなかで、私が実際にしたこともありますけど……」

凛「えっ!? 海未ちゃん、穂乃果ちゃんのシーツ回収したの?」

海未「それではありませんっ!! 卵酒のことですっ!」

凛「あー、そっちかぁ」シュン

希(……やっぱり、凛ちゃんこの状況を楽しんでるなぁ)
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 16:42:14.56 ID:8ExTwy1WO

凛「」ビクンビクン

希「ふぅ」ツヤツヤ


真姫「……ねぇ、海未?」

海未「えっ、は、はい、なんでしょう?」

真姫「今まで読んだ分の日記の内容で、海未がしていないことってある?」

海未「こ、この、は……破廉恥なこと全部ですっ!!」

真姫「…………そう」

にこ「ま、正直に言うわけないわよね」

海未「正直に言ってます!」バンッ

花陽「お、落ち着いて、海未ちゃん」アセアセ

真姫「…………」

ことり「真姫ちゃん?」

真姫「ねぇ、にこちゃん?」

にこ「ん? なによ?」


真姫「…………もし、この日記の中で海未がしていないことがあって」

真姫「それを私たちの誰かが証明できれば……」


真姫「海未は無実よね?」


希「っ! なるほど!」

花陽「えっと……?」

真姫「海未が知り得ない出来事やできるわけないことが、この『かんさつ日記』に書いてあったら?」

真姫「その証明を、例えば、にこちゃんが出来たなら?」

にこ「…………」


真姫「この『かんさつ日記』の持ち主は、海未ではない証明になるでしょ?」


にこ「…………ま、そうね」

真姫「……なら、読みましょう」

花陽「えっ!? 真姫ちゃん、それはっ!」

希「危険や! さっき、真姫ちゃんはこれを読んで壊れてたやん!?」

真姫「構わないわっ! 私が壊れても!」



真姫「それで、海未を助けることができるならっ!!」ババンッ



海未「ま、真姫……」キュン

ことり「…………」

真姫「さぁ、早く始めるわよっ!」ペラッ



絵里(……あれ? 名探偵エリーチカの事件簿は……?)



――――――
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 20:29:35.32 ID:8ExTwy1WO
――――――


『○月○日(日)』

『今日は穂乃果と勉強会をしました』

『……あぁ、ことりも一緒ですね』

『勉強会といっても、私が穂乃果に勉強を教えていただけですが』

『海未ちゃーん、もう無理だよぉ』

『そう言う穂乃果がとても可愛らしい1日でした』

『……しかし、危なかったです』

『穂乃果とことりがいない隙に、新しい下着のチェックと昨日拝借した練習着を返そうとしたときのことですが……』

『はぁぁぁ』

『お饅頭を持ってきた雪穂が入ってくるとは思いませんでした』

『寿命が縮むかと思いましたよ、まったく』

『穂乃果とことりが帰ってきたことで、どうにか誤魔化しましたが……』

『そのせいで、下着2枚しか厳選できなかったではありませんかっ!』

『可愛らしいフリルつきのピンクのものと水玉模様のもの』

『(写真貼付)』

『はぁ、今日の夜は粛々と行いますか』


――――――
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 20:43:58.76 ID:8ExTwy1WO

真姫「イミワカンナイ」

花陽「真姫ちゃん! しっかりしてぇぇ」ユサユサ

真姫「はっ!?」

花陽「よ、よかったぁ」ホッ

ことり「大丈夫? 真姫ちゃん?」

真姫「え、えぇ……って、なによこれっ!? 写真貼り付けてあるんだけどっ!?」

絵里「……これが穂乃果の……」ゴクリ

希「えりち?」

絵里「はっ、いやいや、なんでもないわっ!!」ブンブン

凛「へー、可愛いのはいてるんだねー、穂乃果ちゃん」ジーッ

花陽「り、凛ちゃん!? じろじろ見たらダメだよぉ///」チラッ



真姫「……それで、海未。この日は本当に勉強会やったの?」

海未「え、えぇ。ですよね、ことり?」

ことり「あ、うん。えっと、たしか穂乃果ちゃんがテストがあぶないーって言ってて……」

海未「それで、いつものように私とことりに泣きついてきたんです」

真姫「なるほどね……」

希「ふむ、勉強会は確かにあったんやね」

海未「はい」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 20:50:15.31 ID:8ExTwy1WO

ことり「うーん……」

真姫「どうかした、ことり?」

ことり「え、えっと……」チラッ

海未「?」

希「ことりちゃん、なにか気になることがあるなら言った方がええよ」

ことり「あ、うん……」

ことり「……この日記のとおり、たしかに穂乃果ちゃんとことりは一旦部屋から出たんだ」

ことり「それで、少しして帰ってきたら、雪穂ちゃんがいたの」

希「海未ちゃん、そうなん?」

海未「え、えぇ。そうですが、それが一体?」

にこ「…………それで?」

ことり「う、うん」チラッ


ことり「な、なんだかね? 雪穂ちゃんの様子がおかしかった気がするんだ……」


海未「えっ!?」

真姫「…………」

絵里「えぇと……なにがおかしかったのかしら?」

ことり「なにって……うーん、うまく言葉にできないんだけど……」

にこ「……海未の不審な行動を見て、怖がってるんじゃないの?」ボソッ

海未「なっ!? そんなことありませんよっ!」

希「にこっち!」

にこ「……ごめん、なんでもないわよ」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 20:57:18.81 ID:8ExTwy1WO

花陽「え、えっと、これだけじゃまだわかんないね……」

凛「海未ちゃんの容疑がさらに高まったにゃ」

希「……凛ちゃん、ちょっと」ワキワキ

凛「にゃにゃっ!? な、なななんでもないよっ!?」ブンブン


ことり「ご、ごめんね、海未ちゃん……。ことり、余計なこと言っちゃったかな……」シュン

海未「だ、大丈夫ですよっ! 正直に言ってくれた方がその分私の容疑も早く晴れますから! きっと!」

ことり「海未ちゃん……うんっ」

真姫「…………」

絵里「真姫?」

真姫「え、あっ、なに?」

絵里「次、読むんでしょう?」

真姫「…………えぇ」ペラッ
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 21:05:23.34 ID:8ExTwy1WO
――――――


『○月□日(月)』

『週明けでも穂乃果は可愛いです』

『本日の下着はフリルつきのダークブルー』

『ふむ。あれはつい一週間前に拝借したものですね』

『中々に肌触りがよかったのを覚えています』

『しかし、穂乃果にダークブルーですか……』

『今さらですが、珍しいですね。基本的に暖色系が多いのですが……』

『少なくとも、穂乃果の趣味ではない気がします』

『ふむ……』

『まぁ、ダークとはいえ青ですからね。青は私のイメージカラーですから、許しましょう』

『ただ、少し調べてみる必要がありそうです』

『もし、誰かの影響ならば……』


――――――
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 21:11:37.05 ID:8ExTwy1WO
――――――


『○月□日(火)』

『昨日のことが気になり、朝も昼も放課後も穂乃果とずっと一緒にいました』

『今日の穂乃果はなんだか変でした』

『少し気だるそうというか……』

『朝もパンが喉を通らないようでした。どこかいつもの元気がないようです』

『下着の色は暖色系には戻っていましたが、なぜか濃いめの色でした』

『やはりおかしい』

『一体、穂乃果になにが……?』


――――――
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 21:28:56.19 ID:8ExTwy1WO

真姫「…………」

希「……週が変わったね」

絵里「それに、なんだか毛色が変わったわね」

にこ「相変わらず気色は悪いけどね」

花陽「……あはは」


凛「んー? でも、気になるねー」

海未「えぇと、この週は……あ」

希「?」

にこ「穂乃果の調子が悪かったんだっけ?」

ことり「うん……。なんだか顔色よくなかったかも……」

絵里「あっ、もしかして、放課後の練習にあまり参加してなかった週?」

海未「あ、そうですそうです」

花陽「あのときは、なんだか辛そうだったねぇ」

ことり「うん……」

海未「……っ」アセアセ

希「ん? 海未ちゃん?」

海未「うぇっ!? なんですかっ!?」

希「いや、なんだか挙動不審やったから……どうかした?」

海未「いえ……気にしないでください」

希「……そう?」

海未「は、はい……」ウツムキ


海未(……だ、大丈夫です。別にやましいことをしたわけではないですし……)

海未(それに、あのことは穂乃果と私しか知らないはずっ!!)

海未(…………)

海未(絶対大丈夫ですっ!)


海未「…………」

真姫「……次いきましょうか」

凛「うんうん! 早くめくるにゃー!」ノシッ

真姫「ちょっ!? ノシカカラナイデっ!!」ペラッ
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 21:39:53.88 ID:8ExTwy1WO
――――――


『○月□日(水)』

『夜のことです』

『穂乃果の様子が気になった私は、穂乃果の家に行きました』

『お義母様に話をすると、すぐ通してくれました』

『急いで、穂乃果の部屋へ』


『穂乃果の名前を呼んで、ドアを開けると、穂乃果はベッドの上に横になっていました』

『私に気づいたようで、穂乃果は私の名前を呼びました。その表情はどこか蠱惑的で……』

『いつもの穂乃果にはない色気さえ感じました』

『それを見て』



『今こそ穂乃果の山頂へアタックですっ!!』

『山頂に私の証を刻み付けてあげますよぉぉぉ!!!』



『そう思いましたが、そこはぐっと我慢する私』

『息を整えてから、どうしたのですか、と彼女に訊ねました』

『私の問いに、穂乃果はその表情のまま、こう答えます』



「……今日ね、女の子の日、なのっ///」




『excellentッ!!!』
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 21:45:26.99 ID:8ExTwy1WO

『なるほど。それならば納得です』

『下着は暖色系も寒色系も色の濃いものでした。それは万が一、血がついてしまっても目立ちにくいだろうと考えてのことだったのですね!』

『朝も飛び付いてこなかったり、一日中だるそうだったりしたのも、それが原因だったと!』

『穂乃果曰く、今回は少し重めらしく、今も私が来たというのに毛布に包まっていました』


――――――
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 21:58:41.14 ID:8ExTwy1WO

ことり「……」

凛「……」

花陽「……」

絵里「……」

希「……」

にこ「……海未、これはないわ」ポンッ

海未「だ、だから、私ではないと言っているでしょうっ!?」バンッ

絵里「海未?」

海未「な、なんですか、絵里」

絵里「貴女が穂乃果のこと、大好きなのは十分分かったわ。でも、流石にここまで書くのはやり過ぎよ」

凛「でりかしーが足りないと思うにゃ」

花陽「え、えっと……」

海未「くっ!? だから、私ではないと……」


海未(しかし、あのことは書かれていないようですね……)

海未(当然ですっ! あれは私と穂乃果しか知らないはずですから)

海未(……………………ん、あれ?)

海未(けれど、この日記には会話の内容まで書いてありましたよね?)

海未(私と穂乃果しか知り得ないことが)

海未(…………)

海未(と、いうことはっ!?)サーッ


真姫「……ねぇ、まだ続きがあるみたいなんだけど……」

海未「っ!? や、やめてくださいっ!!」バッ

にこ「凛っ!」

凛「了解にゃ >ω</」ガシッ

海未「くっ!? 離してくださいっ!!」ジタバタ

にこ「ふふんっ! ついにバキャクを現したわねっ!」

凛「バキャク?」

希「おぉ!? にこっちが難しい言葉を使ってる!?」

にこ「うっさいわねっ!!」


にこ「とにかく、真姫ちゃん!」

真姫「……なに?」

にこ「早く続きとやらを読みなさい!」

真姫「……言われなくても読むわよ」ペラッ
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 22:03:58.50 ID:8ExTwy1WO
――――――


『ふふっ、そうですね』

『ここまではあくまでも『かんさつ日記』です。穂乃果の様子と私の考察を書き留めたに過ぎません』

『ですから、ここからは少し形式を変えましょう。このままでは、私の独白になってしまいますからね』

『まぁ、本来の日記ならば、それでいいでしょう』

『けれどっ!』

『それでは、私が体験したあの素晴らしい出来事が上手く残せませんっ!! それは由々しき問題ですっ!!』

『…………ふふふっ』

『さぁ、ここからは台本形式でいきますよぉぉぉぉ!!!』

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 22:12:19.81 ID:8ExTwy1WO
――――――


穂乃果「う、うみちゃ~ん」

海未「どうしました?」

穂乃果「っ、うぅぅぅ……」

海未「えっ、穂乃果?」

穂乃果「いたいよぉ……」

海未「あっ……あの、大丈夫ですか……?」

穂乃果「…………うぅぅ」

海未「ほ、穂乃果?」

穂乃果「だいじょぶじゃないよ……。いつもよりすごくお腹いたいし……」

海未「く、くすりは……」

穂乃果「のんだよっ」

海未「えっと、ではっ、カイロを持ってきます!」

穂乃果「……もうあるもん」

海未「……えぇと、では、体を温める飲み物を……」

穂乃果「お腹いたくて、それどころじゃないよぉ……」

海未「っ、穂乃果……」

穂乃果「うみちゃん、うぅぅぅ」

海未「…………っ!!」


――――――
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 22:16:46.59 ID:8ExTwy1WO

『ここまでの私はなにもできませんでした』

『替われるものなら替わりたい』

『穂乃果の痛みなら、それすら愛おしいですから』

『穂乃果のプリンセスの日の痛みを私が替わりに受け入れる』

『あぁ、なんて素晴らしい響きでしょうっ!』

『まるで、私と穂乃果が一体になったような……』

『けれど、そんなこと出来るわけもありません』

『そこで私は考えました』

『穂乃果への愛を隠している手前、ギリギリの手段でしょう』

『しかし、私は――』
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 22:24:42.65 ID:8ExTwy1WO
――――――


海未「……穂乃果、失礼しますね」

穂乃果「ふぇっ!?」

海未「よいしょっ、と……」

穂乃果「え、えぇっ!? なんで、ベッドに入ってくるのっ!?」

海未「……穂乃果を温めなくてはと思ったので――」


―― ギュッ ――


穂乃果「う、うみちゃんっ!?」

海未「…………」

穂乃果「あ、うぅぅぅ///」

海未「…………」


―― ナデナデ ――


穂乃果「ひゃうっ/// うみちゃんっ!?」

海未「ここが痛いんですよね?」

穂乃果「あっ……えっと、うんっ///」

海未「…………」

穂乃果「…………///」

海未「…………」

穂乃果「きゅうに……抱きつかないでよぉ……」

海未「…………ふふっ、その言葉、そのままいつもの穂乃果にお返しします」

穂乃果「っ、もうっ///」

海未「…………」

穂乃果「…………」

海未「ねぇ、穂乃果?」

穂乃果「な、なに、うみちゃん?」

海未「少しは楽になりましたか?」

穂乃果「……ううん。だから……もうちょっとだけつづけてほしいな///」

海未「……ふふっ、はい」


――――――
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 22:31:05.34 ID:8ExTwy1WO

『穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果――』

『――っと、いけません!』

『思い返しながら、文章を書いていたら、いつの間にかトリップしていましたね』

『私としたことが……精進が足りません』

『……ふぅ』

『それにしても、こう……あの時の穂乃果の可愛いこと可愛いこと……』

『いつもの穂乃果の香りと、それに少しだけ混じった鉄臭い血の匂い』

『…………ふぅ』

『私の理性が勝ってよかったですね、穂乃果』

『私の本能がスプラッシュしていたら、今ごろ血まみれで穂乃果とベッドの上ですよ』

『ちょっとした本能寺の変ですよ』

『………………ふぅ』


『……とにかく、今日は本当に貴重な体験ができました』

『今晩はこの体験で励むとして……』

『明日の朝の穂乃果の羞恥に染まる表情もまた楽しみでなりませんね、ふふっ』


――――――
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 22:38:01.39 ID:8ExTwy1WO


海未「」シロメ



絵里「ハラショー」ブルブル

希「こ、これはさすがのウチでも、うん……」

凛「これは本気でヤバイにゃ……」ブルブル

にこ「モノホンね……」ガクガク

花陽「ダ、ダレカタスケテェ……」

ことり「海未ちゃん……」


真姫「っ、海未っ」ガシッ


海未「はっ!? 私はいったい……」

真姫「ねぇ、海未っ!」

海未「真姫……?」

真姫「……これ、本当のことなの?」

海未「……っ、それは……」ウツムキ

真姫「海未っ」

海未「…………っ」



海未「……………………はい」コクリ



真姫「っ!?」
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 22:44:27.12 ID:8ExTwy1WO

海未「た、確かに、こんなことがあったのは事実ですっ!」

海未「あの日、穂乃果の様子が気になって……穂乃果の家に行きました」

海未「それで、穂乃果から重いんだということを伝えられて」

海未「…………っ」

海未「辛そうな穂乃果を見ていたら、体が勝手に動いていたんです」

海未「で、ですがっ! それはあくまでも、穂乃果に少しでもよくなってほしくてっ!!」

海未「こんなっ…… 訳のわからない、破廉恥なことを考えながらやった訳じゃありませんっ!!」


「「…………」」


海未「……っ、本当なんですっ」グスッ

海未「しんじてくださいっ……」



真姫「…………うん。分かったわ」


58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 22:56:39.43 ID:8ExTwy1WO

海未「……ま、き?」グスッ

真姫「うん。もういいわ、海未」ギュッ

ことり「あっ……」

海未「…………っ、まきぃぃぃ」ギュッ

真姫「…………」ナデナデ

海未「うぅぅぅ……」ギュゥゥゥ

真姫「……ねぇ」



真姫「みんなも分かった?」



花陽「う、うんっ!」

絵里「……そう、ね」

ことり「ことりは最初から海未ちゃんの味方だもんっ!」

凛「海未ちゃんの涙を見るまで信じてなかった自分をぶっ飛ばしてやりたいにゃ!」

にこ「…………」

希「さて、にこっち?」

にこ「はぁぁ、分かってる、分かってるわよ!」

にこ「海未!」

海未「っ 、ぐすっ、なんですかぁ」


にこ「ごめんっ! にこが間違ってたわっ!!」ゴツンッ



海未「に、にこっ!?」

にこ「こんな……謝って許されることじゃないかもしれないけど……」

海未「っ、そ、そんな……顔をあげてくださいっ!」グスッ

にこ「でもっ!!」

海未「…………にこ」

にこ「…………」

海未「……私をっ、助けてくれますか?」

にこ「…………」



にこ「――しっかたないわねぇ!!」ニヤッ



海未「っ、ありがとうございますっ」ゴシゴシ
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 23:13:18.40 ID:8ExTwy1WO

にこ「さて、それじゃ、ちゃっちゃと見つけましょっ!」

真姫「……そうね」

凛「? 見つけるって?」

にこ「察しが悪いわね。決まってるでしょ!」



にこ「真犯人よっ!」



花陽「っ!? し、真犯人っ!?」

絵里「まぁ、そうね。海未が犯人でないなら、この『かんさつ日記』を書いた人間が他にいるはずよ」

凛「あっ!そっか!」

ことり「……でも、なんでこんな穂乃果ちゃんの『かんさつ日記』なんて……」

希「それは、きっと……海未ちゃんに汚名を着せるためやろうね」

花陽「で、でもなんのために……?」

真姫「……さぁ? そんなの知るわけないけど……」

にこ「それは真犯人を見つけてみれば分かるでしょ!」

真姫「そ、にこちゃんの言う通り。こんな手の込んだものを作ったんだもの。少なくとも真犯人はこの騒動をどこかで聞いているはずよ」

花陽「え、えっ!?」

ことり「それって……」ゴクリ

希「まぁ、盗聴器を仕掛けるとか方法はいくらでもあるね」

凛「と、盗聴器!?」

絵里「あくまで、可能性の話よ。それに……」チラッ

真姫「えぇ、そうね。もしかしたら、真犯人は、今この場で、この騒動を見ている可能性だってあるんだから」

海未「っ!? そ、それは、つまりっ!?」

希「真姫ちゃん」

真姫「……えぇ、それも可能性の話。だけど、ないとは言えないわ」

絵里「えぇ……そうね」

真姫「だから、この会話も聞いているであろう真犯人に、ひとつ言っておくわ」



真姫「海未をここまで追いつめたあなたを許さないからっ!!」

真姫「絶対、見つけ出してあげるわっ!」

真姫「覚悟しときなさいっ!!」



――――――
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 23:14:23.90 ID:8ExTwy1WO
――――――



??「……」ジーッ

??「っ」ギリッ



――――――
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 19:49:31.30 ID:H79uzVn3O
――――――



真姫「さて、真犯人を特定していきましょ」

希「そうやね」

花陽「海未ちゃんに罪を着せようなんて許せませんっ!」フンスッ

凛「おぉ!? かよちんが燃えてるにゃ……」

ことり「……うん」

海未「みんな……ありがとうございます」

にこ「でも、真犯人とは言うけど……。海未の口調を知っていれば、こんなの誰でも書けるんじゃないの?」

にこ「海未に疑いがかかるように、適当に文を作っとけばいいんでしょ?」

絵里「……いえ、そうとも限らないわよ」ペラッ

にこ「絵里?」

真姫「……そうね。絵里の言う通りよ。これは誰にでもかけるようなものじゃない」

凛「たしかに難しい言葉も多いもんね!」

真姫「……はぁぁ、そういうことじゃないわ、凛」

凛「???」

真姫「ねぇ、海未」

海未「ええと、なんでしょうか?」

真姫「海未はさっきこの日記の内容はすべて本当のことだって言ってたわよね」

海未「は、はい……。心理描写はともかく、出来事だけを見れば、確かに全て起こったことです」チラッ

ことり「3人での勉強会だってほんとのことだし」コクリ

花陽「……そっか! 海未ちゃんの行動を知ってる人じゃないと書けないよね!」

真姫「そ。だけど、それだけでは、誰でも書けるわけではない証明にはならないわ」

花陽「え? えっと?」

凛「うぅぅぅ、凛、頭こんがらがってきたにゃ……」

絵里「……盗聴器がここや穂乃果の家に仕掛けられていれば、大体の行動については書くことができるわよね?」

花陽「え、えっと?」チラリ

ことり「うん……。聴いてることから状況を予想すればいいんだよね?」

花陽「な、なるほど……」

絵里「そうね」

にこ「それなら、やっぱり誰にでもかけるわけでしょ? だからこそ、あのヤバめな話をそのまま台本形式で書いたわけだし」

絵里「えぇ。あとは穂乃果への異常な感情を持つ海未を演じながら書けばいいわけだから」

海未「……っ」ギリッ

ことり「海未ちゃん……」ギュッ

にこ「……じゃあ――」

真姫「えぇ。けれど――」



真姫「――視覚は別よ」


74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 20:18:59.27 ID:H79uzVn3O

凛「シカク?」

花陽「凛ちゃん、たぶんそれ、違うよぉ」ボソッ


海未「えぇと、真姫? 視覚とは……?」

真姫「……ねぇ、○月□日(月)のことみんなは覚えてる?」

凛「え? うーん?」

花陽「なにかあったかなぁ?」

ことり「特になにもなかったと思うけど……」

にこ「いつも通り練習して……」


真姫「そう。それよ」


ことうみにこりんぱな「「え?」」

希「……いつも通りの練習……なるほどなぁ」

絵里「希も分かったみたいね」

希「そやね」コクリ


海未「えぇと……」

凛「どういうこと?」クビカシゲ

希「なぁ、凛ちゃん、海未ちゃん? 放課後の練習をするときどうする?」

凛「?」

海未「……えぇと、部室に来て、練習着に着替えて――はっ!!」

希「海未ちゃんは気づいたみたいやね? みんなはどう?」

にこ「……そういうことね」

花陽「わ、わたしも、一応……」

ことり「ことりも」

希「ということは、あとは凛ちゃんだけかな?」

凛「うーんうーん?」ウムム
75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 20:22:12.63 ID:H79uzVn3O
にこ「まだ分からないの?」

凛「うむむぅ……」

絵里「凛? 練習着に着替えるときまずどうする?」

凛「? えーっと……制服を脱いで……」

絵里「そう。制服を脱ぐわよね? その前に練習着を中に着るでしょ?」

凛「う、うん」

絵里「それはなんで?」

凛「なんでって……えっと、下着が見えないように……///」

絵里「そうね」

凛「……うん」

希「それじゃあ、凛ちゃんはその日、みんながどんな下着つけてたか分かる?」

凛「えっ、えーっ/// そ、そんなのわかるわけな――あっ!」

真姫「……気づいたみたいね」

凛「う、うん……///」


真姫「確かに普通なら、人の下着なんて見る機会はない」

真姫「けれど、この日、穂乃果はボーッとしていた」

真姫「この日記と、海未の話から、穂乃果はアレが重くてってことなんだろうけど……」

真姫「そのせいで、穂乃果はこの日、着替えのときに、下着を晒してしまった」


にこ「なにやってんのよ、って言った覚えがあるわ……」

花陽「あ、あれは、わたしも覚えてます/// 」

ことり「穂乃果ちゃん、たまにそんなことするけど、あの日は珍しかったから……」

希「そやね。なにが珍しいって、色が穂乃果ちゃんらしくなかった」

絵里「えぇ。だからこそ、覚えていた」

海未「……穂乃果の下着。その色は――」



真姫「えぇ」コクリ

真姫「……ダーク、ブルー」


77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:11:47.91 ID:kLhJMvpwO

にこ「なるほどね。それで、『視覚は別』と」

真姫「そういうことね」

にこ「……まったく! 勿体つけないで、もっと分かりやすく話しなさいよ」

真姫「私は分かりやすく話したつもりだけど?」

にこ「……なに? 真姫ちゃんは、にこがアホだって言いたいわけ?」ギロッ

真姫「さあ? にこちゃんがそう思うならそうなんじゃない?」

凛「ブフッ!」

にこ「……凛?」ニッコリ

凛「っ!?」

にこ「希!」

希「りょーかいやん♪」ワキワキ

凛「っ!?!?」



「にゃぁぁぁぁぁ!?!?」
78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:22:55.05 ID:kLhJMvpwO

にこ「さて、それでだけど……って、ことり?」

ことり「…………」

海未「ことり、どうしたんです? 怖い顔をしていますよ……」

ことり「ね、真姫ちゃん」

真姫「……なにかしら?」

ことり「この『かんさつ日記』がだれでもかけるものじゃないっていうのはわかったよ」

真姫「えぇ」

ことり「……じゃあ、だよ?」


ことり「『それ』を知ってるのって、わたしたち以外にいるの、かな?」


うみにこぱな「「!?」」

希「……ことりちゃん、それは……」

絵里「希」

希「……えりち」

絵里「聡い貴女のことだもの。心のどこかで分かっていたんでしょう?」

希「…………」ウツムキ

絵里「…………ことり」

ことり「うん……ねぇ、真姫ちゃん」

真姫「……なに?」



ことり「真犯人は……μ'sの中にいるんだよね」



真姫「…………」コクリ

希「…………」

絵里「そう、ね。それが誰かはまだ――」


ことり「――真姫ちゃんだよね?」


真姫「えっ……こ、ことり?」

花陽「こ、ことりちゃん!?」

凛「」ビクビク

海未「ことり? 一体何を言ってるんですか!?」

ことり「海未ちゃん、安心して? ことりが海未ちゃんを守ってあげるから♪」ヤンヤン



ことり「海未ちゃんに罪を着せようとした犯人」

ことり「真犯人『ほのキチ』さん」

ことり「それは……真姫ちゃんだよね?」ニコッ



――――――
79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:37:01.88 ID:kLhJMvpwO
―― 一方その頃、高坂穂乃果は ――



穂乃果「雪穂っ!!!」バンッ


雪穂「っ!? ちょっ!? いきなり入ってこないでよっ! ビックリするじゃん!」

穂乃果「あ、ごめん……」シュン

雪穂「まぁ……いいけど。それで? どうしたの?」

穂乃果「お願いっ! 店番変わって!」

雪穂「えーっ!! 今日はお姉ちゃんの番でしょ!」

穂乃果「お願いっ! このとーり! ちょっと用事を思い出して……」

雪穂「…………」ジトー

穂乃果「どうかお願いしますっ!」

雪穂「………………はぁぁ、仕方ないなぁ」

穂乃果「っ!!」パァァ

雪穂「今日だけだからね?」

穂乃果「んーっ!!! 雪穂、ありがとぉぉ! 大好きぃ♪」モギュゥゥ

雪穂「ちょっ、苦しいよっ」

穂乃果「スリスリスリスリぃぃぃ」モギュモギュ

雪穂「あーっ! もう! うっとおしい!」ベシッ

穂乃果「あっ……」

雪穂「……もうっ! ほら、なんか用事あったんでしょ?」

穂乃果「そ、そうだった! 行ってくるねぇ!」ダッ

雪穂「いってらっしゃーい」フリフリ



――――――
85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:23:46.60 ID:kLhJMvpwO
――――――


海未「……真姫が、犯人?」

ことり「うん、そうだよ♪」

真姫「ちょ、ちょっと待ちなさいよっ!」

ことり「…………」

絵里「そうよ。ことり」

ことり「……なに?」

絵里「確かに、真犯人は私たちの中にいる可能性が高いわ。けれど、それが誰かは分からないはずよ?」

真姫「そ、そうよっ! それに、こんなもの書いて、私になんの得があるわけっ!? 海未に罪を着せてなんの意味があるのよ!」

ことり「…………」

花陽「ことりちゃん……」

希「えっと、きっとことりちゃんは混乱してるんよ。だから、一旦落ち着いて」

ことり「……ことり、知ってるんだよ」

真姫「え?」



ことり「真姫ちゃん、海未ちゃんのこと……好きなんだよね?」



真姫「!?!?!?」

海未「え?」キョトン
86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:40:07.54 ID:kLhJMvpwO

真姫「な、ななな、なにをっ///」

絵里「ちょ、ちょっと、ことりっ!」

希「はい、海未ちゃんは耳ふさいどこうなぁ」フサギ

海未「えっ!? い、いきなりなんですか、希? さっきのことりの発言は……」

希「あーあーあー、聞こえないー」


ことり「真姫ちゃん、よく海未ちゃんのこと見てるもんね」

真姫「なっ、ちがっ///」

ことり「それに他のみんなに比べて、海未ちゃんのことはなんだか特別信頼してるみたいだし……」

真姫「そ、それはっ、作詞担当だから……」ゴニョゴニョ

ことり「けど、にぶい海未ちゃんはそれに全然気づいてくれない」

真姫「うっ……」

ことり「だから、今回の事件を考えたんでしょ?」

ことり「海未ちゃんに罪を着せて、それを真姫ちゃんが助ける」

ことり「そうすれば、きっと海未ちゃんは振り向いてくれる。そう思ったんだよね?」

真姫「ち、ちが――」

ことり「絶対そう……そうに決まってるもん。悪いのは、犯人は真姫ちゃんだもん……」ヤンヤン

真姫「っ! だ、黙って聞いてればっ///」バンッ

ことり「っ」ビクッ

真姫「そんなの、ことりの妄想よっ! 第一証拠がないじゃない!」

ことり「っ、それは……」

真姫「それにっ――」



真姫「そ、そっちだって、海未のこと好きでしょっ!!」ビシッ



ことり「チュンっ!?」


凛「そっちだって、ってことは、真姫ちゃん、海未ちゃんのこと好きなの認めてるにゃー」ププッ

花陽「り、凛ちゃん、空気読んでぇぇ」アセアセ
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 21:51:23.37 ID:kLhJMvpwO

真姫「私だって知ってるわよ!」

真姫「ことりが海未を見るときの視線が、私と同じ類のものだってこともっ!」

ことり「うぅぅ///」

真姫「海未の弓道の練習をこっそり見に行ってたことも!」

ことり「え……あぅ」

真姫「穂乃果と海未が一緒にいるときに、寂しそうな顔してることだって!」

ことり「あ、うぅぅ……///」

真姫「この間も、練習中に海未を見すぎて、怒られてたじゃないっ!」

ことり「そ、それは……///」

凛「それは真姫ちゃんもしてたにゃー」

真姫「ぐっ/// う、うるさいわねっ!」

真姫「とにかく! もしことりの言うようなことが動機だって言うなら、ことりだってそれが当てはまるわっ!!」

真姫「むしろ、穂乃果と海未の仲を壊す目的もあるから、私よりずっと――」



にこ「はい、そこまでよ」ベシッ



真姫「うぐっ!?」

ことり「いたっ!?」
88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:10:09.34 ID:kLhJMvpwO

真姫「にこちゃんっ、なにするのよっ!」

にこ「はぁぁ、冷静になりなさいって言ってるのよ」

絵里「にこの言う通りね」

真姫「……絵里」ジトッ

絵里「ことりも。少し落ち着きなさい」

ことり「あ、うん……」シュン


にこ「…………はぁ」

にこ「真犯人を探すのはいいけど、感情的になりすぎよ」

にこ「本当に海未を嵌めようとした犯人を探したいなら、もっと冷静になりなさい」

にこ「犯人探しは、あくまで海未の無実を証明するためなんでしょ? 罪のなすりつけをしてたら見つかるものも見つからないわ」ハァァ

にこ「……わかった?」

真姫「…………っ」プイッ

ことり「……うん」シュン
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:15:28.94 ID:kLhJMvpwO

絵里「まぁまぁ、にこ」

にこ「……絵里」

絵里「ことりも真姫も、少し余裕がなくなってただけだから」

にこ「……はぁぁ、分かってるわよ」

絵里「うん。それに、二人も」

絵里「二人の大好きな海未のことだから、ヒートアップするのは分かるけど、ね?」

ことまき「「っ///」」

絵里「それに……ほら」ユビサシ

ことまき「「えっ?」」



希「凛二等兵! まだか、まだなのかっ!!」

凛「もう少しですにゃ、希隊長!」グルグル

海未「モガモガっ!!」ジタバタ

希「えぇい! 暴れるな! 凛二等兵! 早くこの猛獣を捕らえるのだ!」

凛「にゃー!」>ω< /



絵里「愛しの海未が囚われてるわよ?」

ことまき「「…………」」



真姫「何してるのよっ!!」
ことり「なにしてるのっ!?」



ウミヲハナシナサイ!
テキシュウヤ! リンチャン!
マカセルニャ!!
コトリモタタカイマス!
モガモガ!?!?



にこ「……なにこれ」

花陽「あ、お茶どうぞ、にこちゃん」スッ

にこ「んー、あんがと」

絵里「あ、私にもくれる?」

花陽「はい、絵里ちゃん♪」

絵里「ありがとう、花陽」ナデナデ

花陽「えへへ♪」

にこ「……ふぅ、平和ね」



――――――
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 22:25:37.12 ID:kLhJMvpwO
―― 一方その頃、高坂穂乃果は ――



穂乃果「ほっ、ほっ」

??「あら? 穂乃果さん?」

穂乃果「あれ? って、ツバサさんっ!」



ツバサ「こんにちは、穂乃果さん」ニコッ



穂乃果「こんにちはっ!」

ツバサ「相変わらず、可愛らしいわね」

穂乃果「えっ!? あ、ありがとうございます///」テレテレ

ツバサ「それに、少し汗で透けた練習着がとてもそそるわ♪」

穂乃果「?? ありがとうございます??」

ツバサ「それで? そんなに急いでどうしたのかしら?」

穂乃果「あっ、えっと、店番してたんですけど、学校に用事があるの忘れてて!」

ツバサ「そう。気をつけてね」ニコリ

穂乃果「はいっ! ありがとうございます! それじゃあ!」ダッ



ツバサ「…………」

ツバサ「……フフッ、相変わらずね、穂乃果さん」

ツバサ「慌ただしいというかなんというか……やっぱりそれが魅力なのかしらね」

ツバサ「……さて」ポチポチ



ツバサ「…………フリル付きの白、ね」ニヤリ



――――――
101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 21:50:21.32 ID:2a37p17IO
――――――



真姫「…………」モギュ

ことり「…………」モギュ

海未「…………絵里、助けてください」

絵里「えぇと……ごめんなさい」

海未「うぅぅぅ……」


にこ「はぁぁ、なんかもうどうでもよくなってきたわ……」

凛「凛もにゃ」

希「まぁ、確かに犯人探しをする雰囲気でもなくなった気はするなぁ」

絵里「…………じゃあ――」



ことり「それはダメですっ!」バンッ
真姫「それはダメっ!」バンッ



海未「っ」ビクッ

真姫「海未を陥れようとしたやつよ? そんなの許せないわ」モギュ

ことり「真姫ちゃんの言うとおりだよ! この事件は絶対ことりが解いて、海未ちゃんを助けてみせます!」モギュ

真姫「は? 私が解くに決まってるデショ!」モギュ

ことり「むむっ、真姫ちゃんには負けないもん!」モギュ

真姫「ふんっ!」モギュ

海未「くるしいです……」


にこ「はぁぁぁぁ」

希「これは……犯人を見つけるしかないみたいやね」

絵里「そうね。二人ともなんだかんだで頑固だし……」

にこ「……ほんとにね」



花陽「…………」ペラッ

102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 22:00:45.20 ID:2a37p17IO

花陽「…………」ペラッ

凛「かよちん? どうかした?」

花陽「あ、うん。なにか手がかりがないかなって……」

絵里「読み返してたのね?」

花陽「うん」コクッ

にこ「…………よく、それを読む気になるわね」ジトッ

花陽「えっと、花陽にはこれくらいしかできないから、あはは」

にこ「いや、それを読み返そうとできるだけ、あんたはすごいわよ……」ブルッ

凛「うんうん! かよちん、すごいにゃー!」

花陽「……えへへ///」

絵里「それで、なにか手がかりは見つかりそう?」

花陽「…………あ、えっと」

希「ん? もしかして、気になることでもあったん?」

花陽「う、うん。うまく言葉にはできないんだけど……」

絵里「大丈夫よ。どの部分が気になるのかしら?」

花陽「えっとね……」ペラッ

希「結構最後のほうやね。ということは、最近のこと?」

花陽「うん。……あ、ここ!」ペラッ


にこ「……読みたくないわね」

凛「いいから、にこちゃんも読むにゃ!」グイッ

にこ「ちょっ!? わかった、わかったわよっ」


花陽「えっと……」
103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 22:29:44.88 ID:2a37p17IO
――――――


『□月○日(金)』

『今日の穂乃果の下着はフリル付きの白』

『最近はフリル付きがお気に入りなのでしょうか? 昨日はフリル多めのピンクでしたし』

『ともかく、可愛らしい穂乃果にぴったりです』


『さて、そういえば、今日の穂乃果は少し香りが違いましたね。シャンプーを変えたようです』

『前のものも悪くはなかったのですが……』

『しかし、こちらのものも悪くはありません。むしろ、香りが押さえめで、穂乃果本来のフレーバーを楽しめますね』

『そのせいもあって、朝からほのフレグランスが鼻孔をくすぐってきました』

『なんとか衝動を押さえましたが……』

『…………ふぅ』


『あ、そうですそうです。これも書いておく必要がありますね。帰りにお泊まり会の約束をしたことです』

『明日、土日と、穂乃果の家で、穂乃果と二人きり』

『…………ふひひ』


『お泊まり来てよ!』


『もちろん行きますぅぅぅぅ!!!』

『そう叫びたい衝動を押さえるのが大変でした』

『太陽のような眩しい笑顔で言われたら、ねぇ? 私の心も燃え上がりましたとも、えぇ』

『もちろん二つ返事で承諾しました。明日からの3日間が楽しみです!』

『これで私も穂乃果と同じ香りになるのですか』

『穂乃果に染められる……。それはそれでありですねぇ』


『……さて、明日からの3日間のために今日は寝ましょうか。ふふふっ』


――――――
104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 22:42:38.03 ID:2a37p17IO

にこ「ほんと、見るんじゃなかったわ……」ハァァ

希「変態行為がナチュラルになってきたなぁ」

絵里「……それで? どこが気になってるの?」

花陽「あ、うん。ここだけじゃないんだけど……」

凛「? ここだけじゃないって?」

花陽「うん……。この日の続き、金曜日のお泊まりの日記なんだけど」ペラッ
105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 23:03:33.97 ID:2a37p17IO
――――――


『□月○日(金)』

『夜ですよ、夜!』

『お泊まりですよ!』


『一旦家に戻り、そこから穂乃果の家へ』

『何度経験しても慣れるものではありません。むしろ、今回はどんなお宝に巡り会えるのか、回数を重ねる毎にワクワクしてしまうんです』

『さて、家を出て数分後、高まる鼓動を押さえて、将来我が家になるであろう玄関をくぐりました』



「おかえりなさい、海未ちゃん♪」



『ふぉぉぉぉぉぉッ!!!』

『こ・れ・で・す・よっ!!!』

『不意打ちです、不意打ちです! 嗚呼、ずるいずるいですね、これは』

『なんでしょうね、このシチュエーションは……』

『まるで、新婚夫婦ッ!!』

『…………ふひひふひひひひひ』


『……おっと、私としたことが、取り乱しましたね』

『とにかくそんな衝撃があり、私の心と理性は崩壊寸前でした』

『そんななかで、一緒に夕飯をいただき、お風呂に入り、そして、今、一緒の布団で寝ようと誘われました』

『理性を保っていられているのが奇跡です。これが僕たちの奇跡ですよ、まったくもう』


『……まぁ、落ち着きましょう』

『夜は長く、まだ時間も多くあります』

『まだ焦る必要はないのです。ゆっくりゆっくりと堕としていくとしましょう』


『本日は、オレンジでした』


――――――
106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 23:14:26.63 ID:2a37p17IO
――――――


『□月○日(日):水色』

『あぁ、なんということでしょうっ!』

『金土日と3日間あったのです!』

『3日間あれば、心臓の数からほくろの数まで、穂乃果のあらゆることを知れたはずっ!』

『あ、穂乃果のほくろの数は知っていましたね』

『ではなくっ! 時間があったにもかかわらずですッ!』


『結局、手を出せずに終わってしまいました……』


『いえ、分かっています。穂乃果は太陽。それを汚すことなど誰にもできません』

『しかしっ!』

『私なら、私ならばできると! そう思っていましたっ!!』

『…………』

『それがどうでしょう?』

『下着を五セットほど拝借するしかできないこの体たらく』

『……まったく、自分に失望してしまいますね』

『……はぁ』


『…………仕方がありません』

『穂乃果の残り香と、私の髪で香る穂乃果と同じシャンプーの香り』

『そして、目に焼きつけた穂乃果の笑顔で、情けない自分を慰めることにしましょう』

『では、おやすみなさい』


――――――
107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 23:28:01.42 ID:2a37p17IO

にこ「もういやにこぉぉ……」ガクブル

希「よしよーし」ナデナデ

凛「日付の横の色はなんだろう?」

絵里「…………」

凛「? ねぇねぇ、かよちん、この色なんだろうね?」

花陽「え、えぇっ///」

凛「もしかして、かよちん、これがなんの色か知ってるのかにゃ?」

花陽「シ、シラナイヨォォォ///」



真姫「……それにしても、ほんと、ひどいわね」ヒョイッ

花陽「あっ、真姫ちゃん……」

真姫「これのせいで、海未のイメージがドンドン穂乃果狂いの変態になってくわ」

凛「海未ちゃんのそーだつせんは終わったの?」

真姫「…………」メソラシ

ことり「勝ちました!」エッヘン

海未「…………」ゲッソリ

絵里「……う、海未?」

海未「は、はぁ、なんでしょう……」ゲッソリ

絵里「い、いえ……リ○D飲む?」

海未「はい……いただけるなら……」


真姫「ま、まぁ? 最終的には、私のものになるんだもの! 今くらい……」

凛「凛、知ってるよ。こういうの、負け犬のとーぼえって言うんだよね」

真姫「りーんーっ!!」ツネリ

凛「い、いひゃいひゃー! まひひゃんっ!」ジタバタ
108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 23:39:50.47 ID:2a37p17IO

海未「そ、それで、花陽……なにか分かったのですか?」ゲッソリ

花陽「あ、うん。花陽が気になったのは、今読んだところなんだ」

海未「えぇと……お泊まり会のところですか?」

花陽「う、うん」

絵里「海未? これは本当にあったこと?」

海未「あ、はい。確かに最近、穂乃果の家には泊まりに行きました」

ことり「えぇ! ずるいよ、海未ちゃんっ」モギュ

海未「す、すみません。ですが、ことりもその日、用事があると言っていたでしょう?」

ことり「あっ、そうでした……」シュン

絵里「……そう。やはり事実は正確なのね。この『かんさつ日記』は」

海未「そのようですね。……それで、花陽」

花陽「あ、うん。えっと、花陽が気になったのは、ここ」ユビサシ



『□月○日(日):水色』



凛「あ、やっぱりかよちんもこの色が気になったんだ!」

海未「あ、凛は解放されたのですね」

凛「うん! 痛かったにゃー」サスサス

真姫「ふんっ! 余計なこと言うからよ!」プイッ

ことり「♪」モギュ

海未「……はぁ」

絵里「……花陽? 確かに、この日から色の表記が加わったみたいだけど……」

真姫「……これって、あれよね?」

絵里「…………」コクン

凛「???」

花陽「あ、えっと! そっちじゃなくて……」

絵里「え?」

真姫「……じゃあ?」

花陽「…………うん。花陽はね――」



花陽「なんで、土曜日のページがないのかなって、思ったの」


125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/04(金) 20:58:47.33 ID:phdkQ/HuO

絵里「土曜日のページがない?」

花陽「う、うん」コクコク

海未「えぇと……」チラッ

真姫「……うん、確かにその通りね」ペラッ

凛「あ、ほんとにゃ! こことここの間、日記が抜けてる!」

真姫「……これは、確かに……」

花陽「変、だよね?」

真姫「えぇ」コクリ

凛「?」

ことり「…………」モギュ

海未「…………?」


真姫「この犯人、几帳面なのかほぼ毎日日記を書いてるわ。特に書くことがなくても、海未の印象を操作しようと、下着の色と穂乃果狂いの様子くらいは書いてる」

真姫「そんな犯人が、このお泊まり会なんていう絶好のシチュエーションを記さないなんてあり得ないでしょ?」

凛「なるほどにゃ……それで、かよちんも気になったの?」

花陽「う、うん……。ここだけ途切れてるのもおかしいなって」

絵里「うん。花陽や真姫の言う通りね。忘れていた、と言えばそれまででしょうけど……」

真姫「あれだけ海未の異常性を表そうとしていた犯人がここだけ忘れるなんて、やっぱり変。なにか意図があると思うのが自然よ」

絵里「えぇ」コクリ
126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/04(金) 21:28:05.73 ID:phdkQ/HuO

ことり「…………」

海未「…………」

凛「うーん?」

花陽「凛ちゃん? どうかした?」

凛「うん。土曜日のページがないのが変だってことは分かったよ? でも、そんなの後から適当に書けばいいんじゃないかにゃ?」

花陽「そ、それは……」

真姫「確かに、凛の言う通りだわ」

凛「だよね!」

真姫「けれど、犯人はそれをしなかった。それにはきっと理由があるのよ」

海未「……日記を書かなかった理由ですか……」

真姫「えぇ。ただ、正確には『書けなかった』理由なんでしょうけど」

花陽「書けなかった理由?」

真姫「そ。考えられることはいくつかあるけど……」


真姫「一つは、犯人が日記を書ける状態じゃなかった」

真姫「例えば、その日、犯人にとって大事な用事があって、日記を書く暇がなかったとかね」

花陽「あ、そっか。 それなら、土曜日はかけないね」

絵里「でも、それは日記がその日のうちに書かれてる前提があってこそでしょう?」

海未「……確かに、そうですね。手書きなら後日書いても誤魔化すことはできると思います」

真姫「そうね、内容さえ知っていれば後からいくらでも書けばいいもの」

花陽「それじゃあ……?」

絵里「犯人は恐らく後日書くってこともできなかった……そういうことね?」

真姫「そういうこと」コクリ

凛「どういうこと?」

真姫「はぁ、察しが悪いわね」

真姫「いい? お泊まり会の内容さえ知っていれば、書くことができた。けれど、そうできなかったってことは……」



真姫「犯人はきっと、土曜日のお泊まり会の内容を知ることができなかったのよ」


131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:26:41.81 ID:IFO7KvB9O

花陽「内容を知らなかった?」

真姫「えぇ。絵里も同じ意見でしょ?」

絵里「そうでしょうね。日記を書かなかったんじゃなく、書けなかった」

海未「ま、待ってください。それはおかしくないですか?」

凛「? なにがおかしいの? 海未ちゃん?」

海未「犯人は、その……」チラッ

ことり「穂乃果ちゃんの『あの日』のこと?」

海未「…………はいっ/// そ、そのときのことすら知っていたんですよね?」

絵里「そうね。だから、まず間違いなく穂乃果の部屋か私物に盗聴器が仕掛けられてるでしょうね」

海未「で、では、今回の内容だって知っているはずではないですか? お泊まり会は穂乃果の家でしたわけですし……」

真姫「ま、その通りよ。だから、最初にもうひとつ言ったでしょう?」

真姫「書ける状態じゃなかったって」

海未「……あっ! そういうことですか」

真姫「えぇ」コクリ

ことり「…………」

凛「? どういうこと?」クビカシゲ

絵里「つまり犯人は、日記を書ける状態、というよりも、盗聴器で拾った内容を聞く暇がなかったんでしょうね」

絵里「恐らくだけど、盗聴器といっても、所詮は高校生が扱えるもの。その音を聞くだけなら、イヤホンで十分聞ける程度のものでしょうね」

絵里「それでさえ聞くことができないとなると……」

真姫「病気や大切な用事。身内の不幸。考えられる要因としてはそのくらいかしら」

絵里「まぁ、そうでしょうね」

凛「おぉ、なるほどにゃ!」ポンッ

花陽「えっと……」チラッ

真姫「……凛、本当に分かってる?」ジトッ

凛「むむっ! 失敬な! つまり、こういうことでしょ!」


凛「μ's でその土曜日にアリバイのない人が犯人!」バンッ


海未「……凛」ハァ

凛「え? 凛、変なこと言った?」

真姫「逆よ、逆!」

真姫「アリバイがなかったら、盗聴し放題でしょ!?」

絵里「逆に、アリバイがあるということは、盗聴をすることができなかった証明になるのよ。もちろん可能性があるってだけの話だけれど」

凛「………………にゃぁ」プシュー

海未「り、凛っ!?」

花陽「あわわ、凛ちゃんっ!?」

凛「イミワカンナイニャ」バタン
132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 00:49:10.12 ID:IFO7KvB9O

真姫「さ、犯人探しを続けましょうか」モギュ

海未「……えぇと?」

花陽「あ、えっと……凛ちゃんは考えすぎて倒れちゃったけどね」チラッ

海未「ことりが介抱してくれていますから、きっと大丈夫ですよ」

真姫「…………」モギュ

花陽「う、うん。そうだね」チラッ

希「そんな二人に代わって! ウチと!」

にこ「にこが復帰するにこッ♪」ニコニコニー

真姫「……役に立つかは考えものね。希はともかく」

にこ「ぬぅぁんですってぇ!?」

海未「ま、真姫!」

絵里「ま、まぁまぁ、にこ?」

希「いやぁ、復帰早々真姫ちゃんも絶好調やね? あ、ことりちゃんがいなくなって、安心したとか?」ニシシ

真姫「え、あっ、べ、べつにっ///」モギュ

海未「???」



真姫「っ、と、とにかくよっ! アリバイがある人、正直に名乗りでなさい!」



希「と言われてもなぁ……」

にこ「はぁ、やれやれね。疑われると分かってて、言うやつがいると――」


花陽「えっと、花陽は凛ちゃんと一緒にいたよ?」


にこ「…………」

希「にこっち、ドンマイやん?」

にこ「うっさい……」


絵里「花陽、いいの? 可能性とは言え、疑われることになるかもしれないのよ?」

花陽「うん。けど、花陽にやましいことはないし、なら、正直に言った方が助けになるのかなって」

海未「……花陽はいい子ですね」ナデナデ

絵里「ふふっ、そうね」

花陽「えへへ、くすぐったいよぉ」

真姫「…………」

希「面白くなさそうな顔しとるね」ボソッ

真姫「っ! べつにっ! ほら、進めるわよ!」
133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:01:50.21 ID:IFO7KvB9O

真姫「とりあえず、花陽、あとは凛にもアリバイあり、と。他にはいる?」

にこ「にこはなしね。普通に家にいたわ」

希「ウチもやね。そもそもウチが犯人だったら、お泊まり会なんておもしろそうなネタ、どんなことがあっても書くし?」ニシシ

真姫「二人はなし、ね。もちろん嘘をついてる可能性はあるけど……」

絵里「真姫。それを疑ったらキリがないわ」

真姫「……そうね。一先ず信じましょ。じゃあ、絵里は?」

絵里「私? えぇと、そうね……。土曜日は、亜里沙の勉強を見ていたわ。それに、雪穂ちゃんも泊まりに来ていたみたいだから、二人に教えたこともあったわね」

真姫「なるほどね。じゃあ、絵里もアリバイあり。……それで、海未は穂乃果と勉強会だったわよね?」

海未「はい、そうです。なので、アリバイがあると言えばあるのですが……」

真姫「ううん。海未はシロよ。ただの確認だから、気にしないで。海未のことは信じてるもの」モギュ

海未「……ありがとうございます」


にこ「扱いが違いすぎるんだけど?」

希「まぁ、仕方ないやん?」
134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 01:45:26.25 ID:IFO7KvB9O

真姫「それじゃあ、あとは……」



ことり「ことりと真姫ちゃん、だけだね♪」



真姫「っ、ことり?」

花陽「あ、ことりちゃん、ありがとう」

ことり「ううん。あ、でも、凛ちゃん、花陽ちゃんに来てほしいって……」

花陽「っ! う、うん! いってくるね!」

ことり「いってらっしゃい♪」

真姫「…………」

ことり「アリバイ、だよね?」

真姫「えぇ。でも、ことりの方は分かってるわ。用事があったんでしょ? 穂乃果と海未のお泊まり会の話で、海未が口にしたの覚えてるわよね?」

海未「あっ、その……」

ことり「いいの、海未ちゃん。本当のことだから」

海未「ことり……」

ことり「……うん。その日は用事があったよ。親戚の人の結婚式だったから、1日中外に出てました」



ことり「だから、イヤホンで『音楽』を聞く暇はなかったかな」ニコッ



海未「こ、ことり?」

ことり「…………」

希「ことりちゃん……」

ことり「…………」

にこ「……ことり、あんたなの?」

ことり「…………」

絵里「……ことり、答えて」

ことり「…………」

真姫「はぁぁぁ、やっぱり。最初からおかしいと思ってたのよね」

ことり「……真姫ちゃん」

真姫「いきなり、私が犯人だって言い出したり、必要以上に海未にベタベタしたりして」

真姫「まるで、私を煽るようにしてた」

真姫「ねぇ、ことり?」

ことり「…………」

真姫「やっぱり……」

ことり「……うん、そうだよ。ことりが犯――」



真姫「貴女、犯人じゃないわね?」



ことり「えっ?」
135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:03:32.49 ID:IFO7KvB9O

ことり「ちがっ、ことりが犯人だもんっ!」

真姫「まず、それがおかしいのよ。普通、犯人が証拠を挙げられてもないのに自首するわけないでしょ?」

真姫「自分から意味深な発言とか疑われる態度をとっていたこと自体が、犯人の思考とはかけ離れてるわ」

ことり「あ、うぅぅ……」

希「まぁ、そうやね」

にこ「じゃあ、なんでことりは犯人が自分だって言ったのよ?」

絵里「…………もしかして?」

真姫「そ。そのもしかして、でしょうね」



真姫「ことりは真犯人を知っている」

真姫「そして、その真犯人を庇おうとしている」



ことり「っ!」

希「だから、真姫ちゃんに無理矢理罪を着せようとしたり、犯人でもないのに自首しようとしたりしたんやね?」

絵里「真犯人から私たちの目を逸らさせるために」

真姫「そういうことよ」

にこ「ちょ、ちょっと待ちなさいよ! なんでことりが真犯人を庇うわけ!?」

真姫「っ、それはっ!」

にこ「それは?」

真姫「…………」ウツムキ

ことり「…………」ウツムキ

絵里「…………それは、きっと」

真姫「絵里っ!」キッ

絵里「ごめんなさい、真姫。でも、これはハッキリさせないといけないことよ」

真姫「っ、ならっ、私が……言うからっ!」

ことり「真姫ちゃん……」


真姫「ことりが真犯人を庇ったのは、その人のことが好きだったからよ」

真姫「そうよね?」



真姫「この騒動の真犯人」

真姫「『ほのキチ』……いいえ――」




真姫「――園田海未っ!!!」




海未「……はい?」キョトン



――――――
136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/06(日) 02:20:28.09 ID:IFO7KvB9O
―― 一方その頃、高坂穂乃果は ――



穂乃果「うぅぅぅ……」ゲッソリ

穂乃果「ま、まさか、宿題の出し忘れで捕まるなんて……」

穂乃果「でも! 気合でどうにかしたよっ! よし! 張り切って部室へ――」


―― ピロリロリン ――


穂乃果「ん? あれ? 雪穂から?」


――――――

『お姉ちゃん?』

『お母さんカンカンだったよ?』

『お母さんの怒り、押さえるの大変だったんだから!』

『今度、ケーキ奢りね!』

――――――


穂乃果「うぅぅぅ……帰ったら、お母さんにも怒られるのか……」

穂乃果「こうは書いてるけど、お母さんのマグマみたいに燃える怒りを抑えることなんて誰にもできないよ……」ブルブル

穂乃果「は、はぁぁぁ」



花陽「あ、あれ? 穂乃果ちゃん?」

穂乃果「え? あ! 花陽ちゃん! どうしたの? 練習は?」

花陽「えっ、あ、うん。ちょっと凛ちゃんが熱出しちゃって……」

穂乃果「ええっ!? 大丈夫なのっ!?」

花陽「う、うん。ちょっと頭を使いすぎちゃっただけみたいだから、あはは……。それより、穂乃果ちゃん、お店番で帰ったんじゃなかったの?」

穂乃果「えへへ、ちょっと忘れ物しちゃって!」

花陽「忘れ物?」

穂乃果「うん! 予備の制服を部室に忘れてたんだ」

花陽「予備?」

穂乃果「ほら、穂乃果って雨でも飛び出してく人だから! 濡れてもいいように、予備の制服を用意してるんだ!」エッヘン

花陽「そ、それって、自慢できることじゃ……」

穂乃果「あ、あれ?」

穂乃果「そ、それに海未ちゃんに渡さないといけないものもあったから! じゃあね、花陽ちゃん!」


花陽「あっ! ……行っちゃった。えっと……今、部室行って、大丈夫かな?」



――――――
148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 22:21:44.96 ID:P69XJkabO
――――――


にこ「海未が、犯人……」ゴクリ

真姫「……えぇ、残念だけど」

ことり「…………」ウツムキ

海未「ちょ、ちょっと待ってください! 私は犯人ではないということで、皆納得したではないですかっ!!」

真姫「えぇ、そうね」

海未「ならっ!」

真姫「けれど、それは……」ウツムキ

絵里「……海未がそんなことをしない人だ。真姫がそれを前提に考えてたからよ」

海未「そんなっ、私はしていませんっ!! 」

絵里「私も本当だったら信じたいわ」

海未「絵里!」



絵里「――けれど、貴女が犯人だとすれば辻褄が合うのよ」



海未「なっ!?」

絵里「そうよね? 真姫?」

真姫「…………」コクリ

真姫「それに……海未が犯人じゃないって思ったのは私の願望よ。海未が犯人じゃないっていう証拠は……ないわ」

ことり「…………」

希「……海未ちゃん」

海未「~~っ」バンッ

にこ「っ!?」ビクッ

海未「な、ならば、私が犯人だと言うことを証明してくださいよっ!」

真姫「…………」

海未「証明できないでしょうっ!?」



真姫「……いいわ」

真姫「海未、貴女が真犯人『ほのキチ』だってこと、ここで証明するから」

149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 22:50:27.11 ID:P69XJkabO

真姫「まず、内容に関してだけど、海未が犯人だとすれば、この内容はすべて書くことができるわよね?」

希「……ふむ、そうやね」ペラッ

海未「…………」

希「朝の穂乃果ちゃんとの登校の様子。昼や勉強会でのことは、海未ちゃんが犯人なら書けて当然やし」

真姫「えぇ。例の『あの日』のことだって、実際に体験してるんだから、鮮明に書けるわよね」

海未「待ってくださいっ! それは盗聴器が仕掛けられているという話になったんでしょうっ!」

真姫「……もちろんその可能性もあるわ。けれど、それだけじゃ説明できないことがあるのよ」

海未「説明できないこと? それは――」



真姫「穂乃果の下着の色よ」



にこ「下着の……?」

真姫「えぇ。この『かんさつ日記』には、穂乃果の下着の色がほぼ毎日書かれていたわ」

絵里「普通、ほぼ毎日書くことは不可能よね」

真姫「えぇ。考えてみれば、μ's のメンバーだからって、穂乃果の下着を見ることが出来るわけじゃないわ」

希「穂乃果ちゃんがボーッとしていたあの時はともかく、ね」

海未「なら、私だって同じ――」

ことり「……ねぇ、海未ちゃん」



ことり「海未ちゃん、毎朝、穂乃果ちゃんのこと起こしに言ってるよね……」



海未「こ、ことりっ!?」

ことり「ことりも、たまにそれに着いていくけど、海未ちゃんはほとんど毎日行ってたよね?」

海未「っ!? そ、それは……」アセアセ

絵里「なるほどね。それがことりが海未が犯人じゃないかって思った理由なのね」

ことり「……うん。日記を読み進めたら……こんなに毎日穂乃果ちゃんの下着の色を書けてるのはおかしいなって……」

希「そこで、思い至ったわけやね?」

ことり「……」コクリ

海未「くっ……それは、ただ単に穂乃果を起こしてっ!」

ことり「遅れるからって、穂乃果ちゃんを着替え中も急かしてたもん」

海未「うっ、あっ……」

ことり「穂乃果ちゃんの下着の色、見てたよね?」

海未「…………くっ」
150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 23:07:06.41 ID:P69XJkabO

真姫「…………」

希「海未ちゃん……」

海未「……た、確かに、私は穂乃果の下着の色を知ることができました! では、この『土曜日』のことはどう説明するのですかっ!」

海未「私はこの日――」

絵里「穂乃果とお泊まりだったのよね?」

海未「……そうですが」


絵里「アリバイあり、ね」


海未「っ!? た、確かにそうですが……」

真姫「……この日、流石に書くことは出来ないわね。穂乃果と一緒だったなら尚更」

にこ「じゃ、じゃあ、やっぱり海未がこの日記を書いた……」

海未「…………で、ですが、私が犯人なら、この日記は後日書くことだってできたはずでしょう!? 私はお泊まり会のことをすべて知っているのですからっ!!」

真姫「えぇ、そうね。それに関しては、お手上げよ。なんで書かなかったかはわからないわ」

海未「ほらっ! なら――」



真姫「ただ、お泊まり会の始まり、金曜日。これだって、おかしいのよ」


151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 23:23:08.98 ID:P69XJkabO
にこ「ん? 土曜じゃなくて金曜日?」

真姫「えぇ。……見て、ここよ」ペラッ

希「……えっと、穂乃果ちゃんが海未ちゃんを迎え入れるところやね?」

絵里「それに、一緒に夕飯やお風呂っていうところね」

真姫「そう、そこよ。土曜日のことに気をとられて、さっきは詳しく見なかったけど、夕食のときやお風呂での会話も少し書かれてるわよね」

海未「……これがなんですか?」

真姫「ねぇ、海未? 夕飯はどこで食べたの?」

海未「? どこって……普通に穂乃果の家の居間ですが?」

にこ「え?」

希「ありゃ?」

海未「……はい?」

絵里「……海未」

海未「え、えぇと、なんですか?」

絵里「居間って、一階のテレビのある部屋よね」

海未「はい、そうですが……」

絵里「……海未。私たちね」



絵里「その部屋に入ったことないのよ」



海未「はい?」
152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 23:36:05.91 ID:P69XJkabO

絵里「穂乃果の家にいくと、いつも穂乃果の部屋だからね」

海未「えっ?」

希「まぁ、そうやねぇ。ウチも穂乃果ちゃんの部屋以外行ったことないわぁ」

にこ「……にこもそうね」

真姫「もちろん、私もよ」

海未「……っ!?」

ことり「……あの部屋に入ったことあるの、幼なじみのことりと海未ちゃんだけ、みたい。おばさんも掃除はしてるけど、あんまりキレイじゃないからって言ってたよ……」

海未「それじゃあ……」



真姫「……あの部屋に入ったことのない私たちじゃあ、盗聴器を仕掛けることはできないのよ」



海未「……っ」

真姫「投げ込むことは出来るかもしれないけど……」チラッ

ことり「……うん。あの部屋はよく使うから毎日掃除するって、おばさんが……」

絵里「盗聴器を投げ込んだところで、掃除機に吸い込まれて終わり、ね」

真姫「……」コクリ

希「よく考えれば、玄関やお風呂での会話を書くことができるのも変やね」

にこ「……玄関はまだしも、にこたちは穂乃果の家のお風呂なんてどこにあるのかすら分からないわね」

真姫「家捜しでもすれば別だろうけれど」

海未「…………」
153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 23:46:19.41 ID:P69XJkabO

海未「……真姫の言いたいことはわかりました」

にこ「……じゃあ、やっぱり海未がっ!?」

海未「ですがっ!!」バンッ

にこ「っ」ビクッ


海未「それは私に可能というだけであって、証拠にはなりませんっ!!」

海未「なにより、私にこんなおかしな文章が書けるわけないでしょうっ!?」

海未「こんなっ! 穂乃果に狂ったように、そ、その……よ、欲情してるようなっ///」


真姫「…………」

絵里「…………」

にこ「……」ビクビク

希「……」ナデナデ

ことり「……でも、ことりは書けると思うよ」

海未「えっ? こ、ことり?」

ことり「だって、海未ちゃん、穂乃果ちゃんのこと好きなんでしょ?」

海未「え、はっ!? そ、そんなことっ///」

ことり「っ!! ことり、見ちゃったもんっ!」

絵里「……ことり? 見たって、いったいなにを?」

ことり「…………海未ちゃんが、海未ちゃんが――」



ことり「保健室で、穂乃果ちゃんを押し倒してるところっ!!!」



海未「!?!?!?」
154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 00:00:41.29 ID:ZXTNN9JPO

ことり「あれはたしか、体育の授業のときでした」

ことり「バスケをやってたんだけど、途中で穂乃果ちゃんが足をくじいちゃったんです。それで、海未ちゃんが保健室に付き添いで行ったんだ」

希「あれ? でも、ことりちゃんのクラスの保健委員って……」

ことり「うん。ことりも、保健委員だからことりが行くよって言ったんだけど……」


『何人も抜けてしまっては、授業が成り立たなくなってしまいますよ』

『それに、ことり一人では穂乃果を連れていくのは大変でしょう?』

『こういうときのために、日頃から鍛えているのです。ここは私に任せてください』


ことり「って、海未ちゃんは穂乃果ちゃんを保健室に連れてったの」

真姫「……かっこいいわね」ボソッ

ことり「うん。ことりも、さすが、海未ちゃんだなぁ、って思って、その時は海未ちゃんに全部お任せしたんだけど……」

絵里「心配になったわけね?」

ことり「やっぱり穂乃果ちゃんが心配になって。それに帰ってくるのも遅かったし……」

ことり「だから、保健室に様子を見に行ったの。そうしたら――」
155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 00:09:02.59 ID:ZXTNN9JPO
―― 回想 ――



ことり「……遅いから見に来たけど、穂乃果ちゃん、大丈夫かなぁ」

ことり「もしかしたら、海未ちゃん、穂乃果ちゃんのことを怒ってたり……」

ことり「しっかりと準備体操しないからこうなるのですっ!」

ことり「……なんて、ふふっ♪ かんたんに想像できちゃいます♪」


『――――さい』

『――――――て、うごけ――』

『――――いたっ――』


ことり「あ、穂乃果ちゃんと海未ちゃんの声? えっと……」ノゾキ

ことり「っ!?!?!?」ガタッ


『――――――だよ///』

『ほのかこそ――――――///』


ことり「…………っ」ガクッ

ことり「う、うそ……。海未ちゃん、穂乃果をベッドに押し倒して――」

ことり「あ、あぁぁぁ……」



――――――
156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 00:22:19.89 ID:ZXTNN9JPO

ことり「――そんな、かんじでした」

海未「あ、あれは事故でっ!!」アセアセ

ことり「でも、チャイムが鳴るまでその態勢だったよっ」

海未「くっ、それはっ///」

絵里「…………海未」

にこ「これで、はっきりしたわね……」

海未「に、にこっ!? そんな目で見ないでくださいっ!」バンッ

にこ「ひっ!?」ビクッ

海未「怯えないでくださいっ!!」

絵里「海未、そろそろ自白した方がいいと思うわ。その方が罪は軽くなるわよ」

海未「なっ!?」

絵里「ほら、盗った穂乃果の下着はどこ?」

海未「え、絵里っ!?」

真姫「…………」

希「…………」



希(そろそろ助け船を出した方がよさそうやね)

希(推理が白熱してるところで悪いけど、物的証拠が揚がってるわけじゃあないしなぁ)

希(そもそも、あんなに分かりやすくて、考えが顔にもよく現れる海未ちゃんが、演技をし通せるとも思えんし)

希(まず、海未ちゃんは犯人やないやろね)

希(迷宮入りにはなってまうけど、このままズルズル行くよりはいいやろね)

希(……よし!)


希「ちょっと待ち――
157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 00:22:56.74 ID:ZXTNN9JPO
――――――




穂乃果「間に合ったぁぁぁぁ!!!」バーンッ




――――――
158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 00:36:10.20 ID:ZXTNN9JPO

えりまきうみことのぞ「「穂乃果(ちゃん)!?」」

穂乃果「うん! ……って、あれ? どうかしたの? もうとっくに練習始まってる時間なのに? なんでみんな制服なの?」

希「え、あー、それはやね……」アセアセ

絵里「な、なんでもないのよ」アセアセ

にこ「それより、あ、あんた帰ったんじゃ……」アセアセ

穂乃果「あ! ちょっと忘れ物!」

穂乃果「それに、なんでもないわけないよ! ……って、あーっ!!!」

ことり「ど、どうしたの? 穂乃果ちゃん?」アセアセ

穂乃果「それ! 海未ちゃんが持ってるやつ!」ユビサシ

海未「……あっ」



穂乃果「そのノート、この間、海未ちゃんが穂乃果の家に忘れてったやつだよね!」



海未「!?!?!?!?」


絵里「これは…………もう、確定ね」

にこ「や、やっぱり、『それ』書いたのあんただったのね」ガクガク

海未「ちがっ、ちがいますぅっ!!」

ことり「海未ちゃん……」グスッ

真姫「……海未」ウツムキ

海未「ことり! 真姫! 私じゃないんですっ! 違いますっ!」

真姫「……私の推理間違ってたら、なんて思ってたのにね。……ふふっ、当たっちゃったのね」ウツロ

ことり「ことりのかんちがいじゃなかったよぉぉ……」グスグス

穂乃果「海未ちゃんのロッカーに入れておいたけど、分かったんだね! いやぁ、よかったよかった」ニコニコ

海未「」シロメ
159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 00:48:23.28 ID:ZXTNN9JPO

希「……あー、えー、えぇと、穂乃果ちゃん?」

穂乃果「? なに? 希ちゃん?」

希「あのノート、ほんとに海未ちゃんのものなん?」

穂乃果「そうだよ? この間、海未ちゃんに勉強見てもらったとき、海未ちゃん帰った後に、穂乃果の部屋にあったやつだから!」

希「えっと、それはほんとにあのノート?」ユビサシ

穂乃果「うん。表紙の『かんさつ日記』って字も同じだし!」

希「…………」

穂乃果「それに、海未ちゃんのロッカーに入れたの穂乃果だし、間違いないよ!」

穂乃果「……まぁ、海未ちゃんに直接言うの忘れちゃったんだけどね」アハハ

希「……そ、そかぁ」


穂乃果「あ! あとねぇ……」ゴソゴソ

希「えっと、穂乃果ちゃん?」

穂乃果「……あった! はい、海未ちゃん!」スッ

海未「……えぇと、これは……?」

穂乃果「これも忘れてたじゃん! もーっ! 海未ちゃんも意外と抜けてるよね」プププ

海未「…………はて?」



真姫「……ふんっ!」バッ



海未「あっ!? なにするんですっ!! 勝手にとらないでください!」

真姫「こうなりゃ自棄よ! ことり!」ウガー

ことり「うん!」ビリビリ



『ピンクのフリル付き』



真姫「」シロメ

ことり「」シロメ

海未「な、なんですか、これはっ/// いったい誰のっ!?」キョロキョロ



穂乃果「…………///」カァァァ



海未「」シロメ

絵里「……ハラショー」

にこ「にこぉ……」

希「これは、うん。もう駄目やね」
160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 00:56:02.00 ID:ZXTNN9JPO

海未「……はっ!」

海未「こうなったらっ!」ダッ


―― ガシッ ――



ことり「……ねぇ、海未ちゃん」

海未「ひっ!?」ビクッ

ことり「…………どこにいくの?」

海未「違うんですっ! 私ではないんですっ!!」

ことり「ね、海未ちゃん♪ 」



ことり「ちょっとことりに付き合って♪」ニコニコ



海未「」シロメ

ことり「希ちゃん、絵里ちゃん」

希「え、な、なに?」

ことり「ちょっと、ことりを手伝ってほしいんだけど……」ニコニコ

絵里「え、えぇ、分かったわ」


ことり「ありがとう♪ じゃあ、一緒にいこうね、海未ちゃん♪」

海未「待ってください、私じゃないんですぅぅぅぅぅぅ」ズルズル



真姫「…………」

にこ「にこぉ……」

穂乃果「??? えっと? 真姫ちゃーん!」

真姫「え? あ、あぁ……ごめん、どうかした?」

穂乃果「えっと、もしかして、穂乃果、なにかまずいこと言っちゃった?」

真姫「…………ううん。気にすることないわ、うん」

穂乃果「そう?」

真姫「えぇ……」
161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 01:10:11.02 ID:ZXTNN9JPO

穂乃果「って、そうだっ! 早く帰らないとっ!」

真姫「あ、そういえば店番じゃなかったの?」

穂乃果「あー、えっと、そうだったんだけど……忘れ物をちょっと……」

真姫「忘れ物? あのノートのことだけじゃなくて?」

穂乃果「うん。えっと、予備の制服をロッカーにしまってたんだけど……」

真姫「予備の制服って……。まだ練習着とかならわかるけど……」

穂乃果「穂乃果って雨でも外に飛び出すような人だからね……」

真姫「あぁ、納得」

穂乃果「……よし、あった」

真姫「でも、なんで持って帰るのよ? 別に汚れたり濡れたりしてるわけじゃないんでしょ?」

穂乃果「うん。でも、そろそろクリーニング出した方がいいんじゃないって、昨日雪穂に言われてさー」

真姫「で、今日持って帰るのを忘れた、ってわけね?」

穂乃果「あはは……」

真姫「……呆れるわね」ハァ

穂乃果「う、うん。雪穂にも呆れられたよぉ……。それに……ほら」

真姫「雪穂ちゃんから? ……あぁ、なるほどね」

穂乃果「さっき届いたんだけどね……。お母さんもカンカンだって……」

真姫「まぁ、そりゃあ店番いきなり放り出して来たわけだし……」



真姫「……………………ん?」



穂乃果「? 真姫ちゃん?」

真姫「…………」ジーッ

穂乃果「えっと、真姫ちゃーん、おーい?」

真姫「…………」ジーッ

穂乃果「……真姫ちゃーん!」


真姫「…………ごめん、穂乃果。私、海未たちのところ行ってくるわ」ダッ


穂乃果「あっ……行っちゃった……」

にこ「…………」

穂乃果「……えっと?」

にこ「…………」

穂乃果「にこちゃん、一緒に帰ろっか」

にこ「にこぉ」コクン



――――――
162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 01:12:17.78 ID:ZXTNN9JPO
――――――



??「…………」スッ

??「終わった」

??「これで、もう海未ちゃんは……」

??「……………………」

??「やり遂げたよ、最後まで」



――――――
169: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 21:19:36.47 ID:TWGYnd68O
更新します。
170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 21:35:56.92 ID:TWGYnd68O
――――――



??「……はぁ」ゴロン

??「…………」

??「……これで、よかったのかな……」ボソッ

??「でも……こうするしか……」

??「っ、いけないいけない。早く『アレ』回収しなきゃ――」



『こんばんは』



??「…………え? この声って……」



『あら、いらっしゃい。お饅頭?』

『はい。それと、穂乃果にも用事がありまして』

『あら、そうなの? じゃあ、ほら、上がって上がって』

『はい。お邪魔しますね』



??「っ!? な、なんで? 海未ちゃんはことりちゃんにこってりしぼられてるはずじゃっ!?」



『あ、海未ちゃん! 遅いよぉ!』

『そう言われても、着替えてくる必要もありましたから……』

『とにかく、ほら! 早く穂乃果の部屋いこ!』

『あ、はい。そうですね。では、お邪魔します』



??「…………」

171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 21:49:54.44 ID:TWGYnd68O

「ところで、なんであんなものを持ってきたのですか?」

「あんなもの?」

「『かんさつ日記』ですよ……。あれのせいで大変な目にあったんですから」

「……え? もしかして、あれ海未ちゃんのやつじゃなかったの!?」

「はぁ、そうですよ。あんなもの書くわけないでしょう……」ハァ



??「…………」



「まぁ、そうだよね。だって、穂乃果たちは――――。っと、到着!」ガチャッ

「お邪魔します」

「何回目のお邪魔します?」ププ

「……癖ですから、放っておいてください」

「ふふっ、海未ちゃんは可愛いなぁ」

「ちょっ!? 撫でないでくださいっ」



??(……いつものこといつものこと)

??(まったく。仲良くて……嫌だなぁ)

??(いやいやいやいや。友達のスキンシップだし別に――)



「かわいくてかわいくて……ふふふっ」

「えぇと……穂乃果?」

「――ほのかオオカミが食べちゃうぞぉぉぉぉ♪」ガバッ

「きゃっ!?」ドサッ



??「…………」

??「………………え、は?」



「えへへぇ、海未ちゃぁぁん♪」

「んっ/// こらっ、穂乃果っ!」

「……ダメ?」

「……………………ずるいですぅ」

「ふふふっ、かわいいなぁ」

「や、やめてくださいっ/// そんなっ、まだ夜でもないのにっ……」

「よいではないか♪ よいではないか♪」

「ちょっと!? 穂乃果っ/// 服を脱がせたらっ!?」



??「!?!?」

??「っ」ダッ

172: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:10:59.31 ID:TWGYnd68O

おかしい。
おかしい。
おかしいおかしいおかしいおかしいおかしいっ!!
こんなの絶対あり得ないっ!!



私は、ずっと近くにいた。
だから、なんでも知ってる。

好きなものや嫌いなこと。
趣味とか特技。
家での様子。
朝御飯やお弁当の中身、夕食のメニュー。
休日どこに出掛けてたとか夜何をしてるかとか。
それに、毎日の下着の色も。
変な話だけど、『あの日』の周期だって一応知ってる。

意識しなくても分かってしまう。
知ろうとしなくても分かってしまう。



だから、海未ちゃんとのことも、ただの仲のいい幼馴染みだって分かってた。

朝迎えに来て、学校では一緒で、夜もたまに一緒にいる。
それだけの関係だってことは分かってた。


もちろん、それに、少し嫉妬してる自分がいることも……。


だから、わざわざあんなノートを作ってまで、海未ちゃんを嵌めようとしたわけだし。
あんなヤバめの『かんさつ日記』を書いて、海未ちゃんを遠ざけたかった。

ちょっとだけでも、海未ちゃんから距離を置いてくれたら……。
もしかしたら、もっと私のことを見てくれるかもしれない。
そう、思ってた。



……なのにっ!?

まさか?
あり得ないよね、そんなの?
……あり得ないあり得ないっ!!
私、そんなの知らないよっ!!
知りたくないっ!
もう誰かのものだなんてっ!!


…………。


だから、そこで、そんなことしようとしないでよ。
嫌でも私に聞こえちゃうんだから。
だから――
173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:11:55.46 ID:TWGYnd68O
――――――




「やめてっ! お姉ちゃんっ!!!」




――――――
174: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:30:38.08 ID:TWGYnd68O

穂乃果「はえ?」

「えっ? あ、あれ?」キョロキョロ

真姫「やっぱり来たわね」

ことり「…………あっ」

「……え? な、なんで真姫さんが? そ、それに、ことりちゃんも?」

真姫「ちょっと野暮用があったのよ。海未を嵌めようとした真犯人を、逆に罠に嵌めておびき出すって用がね」

「……っ」

海未「……待っていましたよ」

「…………海未ちゃん」

海未「信じたくはありませんでしたが……」ウツムキ

「…………」

海未「……穂乃果、少し席をはずしてもらえますか?」

穂乃果「えーっ!! ここ、穂乃果の部屋なんだけど……」

真姫「……ことり、お願い」

ことり「ほ、ほのかちゃん。ね? 行こう? ことりが作ってきたケーキが下に冷やしてあるんだ♪」

穂乃果「よし! 行こう!」グイッ

ことり「わわわっ!? ま、まってよぉ」



「…………」

真姫「…………」

海未「さて、これでいいですね」

「…………これでいい? なに言ってるの?」

海未「もう終わりにしましょう。もうすべて分かっています、から……」

「わかってるって……なにが?」

真姫「はぁぁ、往生際が悪いわよっ!」

海未「真姫……」

真姫「もう全部分かってるのよ!」

真姫「あの『かんさつ日記』を書き、海未にその罪を着せようとした犯人」

真姫「それが貴女だということがっ!!」




真姫「高坂雪穂っ!!」ビシッ




雪穂「…………っ」ビクッ



――――――
175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 22:42:46.86 ID:TWGYnd68O

雪穂「犯人? なんですか、それ?」

真姫「……説明は省くわ。どうせ知ってるわけだし、わざわざ話すのは時間の無駄よ」

雪穂「いったいなんの――」

真姫「それに、ここまでの経緯は知ってるでしょ? 聞いてたはずだものね」ゴソゴソ



真姫「部室に置いてあった穂乃果の予備の制服。それに着いてたこの盗聴器で」



雪穂「それはっ……」タジロギ

海未「雪穂……」

雪穂「ち、ちがうよっ!」

真姫「物的証拠よ?」

雪穂「…………」キッ

真姫「はぁぁ、いいわ。ひとつひとつ説明していきましょ」
176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 23:02:50.32 ID:TWGYnd68O

真姫「まず、あの『日記』が海未の部室のロッカーに入っていたこと」

真姫「それは本人も言っていたけれど、穂乃果が入れたということで間違いないわ」


真姫「ただ問題は、なぜ穂乃果はそれを海未のものだと思ったのか」


真姫「穂乃果は海未との勉強会後に、穂乃果の部屋にあったから、と言っていたわね」

真姫「ただそんなのは、どうにでもなるわ」

真姫「穂乃果が部屋を出た隙に置いておけばいい話だもの。単純な穂乃果なら勘違いして、海未に返しに行くはずよ」

真姫「さらに、えぇと……海未が渡された穂乃果の下着も、海未の忘れ物だとさりげなく言えば、穂乃果はきっと信じるでしょうね」

真姫「それで、海未を犯人にしたてあげる詰めは完成ね」

雪穂「…………」
177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 23:21:30.94 ID:TWGYnd68O
真姫「もちろん、これだけじゃ犯人だとは言えないわ」

真姫「だから、問題はこの『日記』の中身」ゴソッ

海未「も、もってきたんですね」

真姫「一番の証拠品よ? 持ってこない訳がないでしょ?」

海未「そ、そうですが……。正直もう見たくないというかなんというか……」

真姫「……まぁ、海未は見なくてもいいわ。雪穂ちゃんには見てもらわなきゃだけど」チラッ

雪穂「っ」

真姫「……さ、続けるわよ」



真姫「この『日記』の内容で、犯人に繋がる鍵は4つ」



真姫「1つ目は、視覚情報をどこから手に入れたか」

真姫「特に、毎日毎日、犯人は丁寧に、穂乃果の下着の色を書いていたわ」

真姫「普通、そんなことは不可能よね。盗撮でもすれば別でしょうけど」

真姫「ただ海未の筆跡を真似してまで策を練る犯人がそんな杜撰なことをするとは思えない。それに、当てずっぽうで書くほど適当だとも思えない」

真姫「なら、犯人はどうやって穂乃果の下着の色を知ったのかしら?」

雪穂「…………」

真姫「……例えばだけど」

真姫「穂乃果と生活を共にしていたら、きっとその日の下着の色なんて簡単に知ることができるでしょうね。穂乃果って、脱衣所の洗濯物なんて大して気にしてなさそうだもの」

雪穂「…………」ピクッ

真姫「……ただの想像に過ぎないけど」



真姫「とにかく、犯人は視覚情報を簡単にかつノーリスクで手に入れることができた人物である」


178: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 23:44:08.85 ID:TWGYnd68O
真姫「2つ目は、抜けている土曜日よ」

真姫「海未」

海未「? なんですか?」

真姫「最近、穂乃果の家でお泊まり会をしたのはいつ?」

海未「あっ……えぇと」チラッ

雪穂「…………」

真姫「海未」

海未「…………□月○日、です」

真姫「……ねぇ、雪穂ちゃん」

雪穂「な、なんですか……?」

真姫「□月○日、土曜日。最近のことだけど、この日付に覚えはある?」

雪穂「□月○日……土曜日……。その日は……」



真姫「絵里、というか、亜里沙ちゃんの家でお泊まり会だったわよね?」



雪穂「えっ……な、なんで知って……?」

海未「……絵里が、話していたんです。その日は亜里沙の勉強を見ていて、雪穂も泊まりに来ていたと」

雪穂「あっ……」

真姫「そういうことよ。それで、その日なんだけどね」


真姫「『日記』が書かれていなかったのよ」


真姫「何もない日でも、海未の印象を操作するためになにかしら書いていた几帳面な犯人がね」

真姫「これっておかしいわよね? 穂乃果と海未のお泊まり会なんて、海未の印象を強化するのにうってつけなイベントそうそうないわ。その日に何も書かれていないの」

真姫「だから、私たちは仮説を立てたわ」

真姫「恐らくその日、犯人は穂乃果たちのお泊まり会を『聴く』ことが出来なかった」

真姫「それがなにかは分からないけど」

雪穂「…………っ」ウツムキ

海未「…………」チラッ

海未「真姫、も、もうこのくらいで……」

真姫「…………いいえ。まだ続けるわよ」

海未「真姫っ!」
179: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 00:10:35.71 ID:ExWeMeaSO
真姫「3つ目は、偏って書かれている内容よ」

真姫「この『日記』、エピソードが妙に偏ってるわ」

真姫「朝や夜、それから、休日のことはとても多く書かれている」

真姫「次点で、授業や部活……ううん、部室でのこと」

真姫「これはあまり詳しくは書かれてないわね。ここまでは、まぁいいわ」

真姫「ただ1つおかしなことがあるの。それは練習中のことが一切書かれてないこと」


真姫「これ、なんでかしら?」


雪穂「……………………」ウツムキ

真姫「…………」ジッ

海未「真姫っ! もう――」

真姫「まず、犯人がμ'sメンバーだったら、そんな変な偏り方はしないわ。よくも悪くも練習中の穂乃果って目立つわけだし」

海未「……っ、真姫……」

真姫「…………」

真姫「なんで練習中のことは、まったく書かれていないのか」

真姫「…………これはすぐに答えが出たわ。まぁ、その答えがこの盗聴器なんだけど」スッ

真姫「これは、穂乃果の予備の制服に付いていたものよ。たぶん、いつも穂乃果が着ているものにも付いているんでしょうね」

真姫「だから、制服を着ている朝や授業中、それに予備の制服が置いてある部室のことは書くことができる」

真姫「だけど、練習は別。屋上で、しかも練習着でやってるわけだから、書けるわけがないわ」

真姫「もちろん、学校が同じなら書けるわけだけどね」

雪穂「……っ」

真姫「…………ねぇ、雪穂ちゃん」

雪穂「なん、ですか……」

真姫「穂乃果がバスケで軽く怪我したこと知ってた?」

雪穂「…………それはっ」

真姫「知らないわよね。穂乃果はきっと心配させたくなくて隠すでしょうし」

雪穂「あ、うっ……」

真姫「これが3つ目よ」


真姫「犯人は、μ'sではない」

真姫「けれど、盗聴器を予備の制服にまで付けることができる人物で」

真姫「夜や休日に、穂乃果と海未の様子と会話を事細かに見て聞くことができる人物」
180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 00:24:58.30 ID:ExWeMeaSO
真姫「そして、4つ目は――」




海未「真姫っ!!!」




真姫「っ!? う、海未?」ビクッ

海未「もう十分ですっ!」

真姫「っ、で、でもっ!!」

海未「……これ以上はもういいです」

真姫「海未の気は済んでも……私はまだっ!!」キッ

雪穂「っ、ひっ!?」ビクッ

海未「……真姫」



海未「…………これ以上やると、私は貴女を嫌いにならないといけなくなります」



真姫「…………うっ」

海未「………………」

真姫「っ、はぁぁぁぁ! もうっ! イミワカンナイっ!」プイッ

海未「分かっていただいて、ありがとうございます、真姫」

真姫「分かってないわよっ! もう知らないっ!」

―― ガチャッ ――



海未「…………さて」

雪穂「……」ウツムキ

海未「………………」

雪穂「………………うみ、ちゃん」

海未「なんでしょうか?」

雪穂「………………」

海未「………………」




雪穂「……ごめんなさいっ」グスッ

海未「はい」ニコッ


181: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 00:41:34.99 ID:ExWeMeaSO

海未「って、認めてしまうんですね。まだ証拠は全部出揃ってないですけれど」フフッ

雪穂「…………海未ちゃんが、止めてくれたから……」

海未「……そうですか」

雪穂「…………っ」

雪穂「……ごめんなさいっ……」グスッ

海未「……こちらもすみませんでした。真姫も悪気はなかったんです」ナデナデ

雪穂「うう、ん……私がぜんぶっ、わるかったから………っ」ポロポロ

海未「あ、あぁ!? 泣かないでくださいっ!」アセアセ

雪穂「……ごめんっ、ごめんねっ、うみちゃんっ……」

海未「……なぜこんなことを?」

雪穂「…………それっ、はっ……」グスッ

海未「…………」ナデナデ

雪穂「…………っ」ゴシゴシ

海未「……穂乃果が離れてしまうようで寂しかった、んですか?」

雪穂「……」コクッ

海未「…………」ナデナデ



雪穂「……μ's が始まってから、おねえちゃん、ずっとそっちばっかりで……」グスッ

雪穂「遠くにいっちゃった感じがしてたの……」

雪穂「でも、うみちゃんとはあいかわらず仲良くて……むしろ、もっとなかよくなってる気がして……」ゴシゴシ

雪穂「わたしも、ずっと、おねえちゃんといっしょにいたのに。妹なのに……」

雪穂「なんで、海未ちゃんとばっかり仲良くしてるのって……そうおもったら……」ウツムキ
182: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 00:55:55.01 ID:ExWeMeaSO

海未「…………そう、ですか」

雪穂「…………ごめんな――」



海未「謝るのは、終わりにしましょう?」ニコッ



雪穂「えっ……?」

海未「雪穂はもう十分反省しましたよ。だから、もうこれでおしまいです」

雪穂「で、でも、怒ってないの? 私は海未ちゃんのことを……」

海未「……それは、私の分も真姫が怒ってくれましたから」フフッ

海未「すごい迫力だったでしょう?」

雪穂「え? あ、えっと……ふふっ……っ、あっ」アセアセ

海未「……ふふっ、というわけで、もういいのです」ニコリ

雪穂「……う、うん」



海未「…………さて、雪穂」

雪穂「え、あ、なに? 海未ちゃん?」

海未「私たちも行きましょうか」

雪穂「え? ど、どこに?」

海未「ことりが作ったケーキを食べに、ですよ。今頃、穂乃果が食べるだけ食べて寝ている頃でしょうから」フフッ

雪穂「…………」キョトン



雪穂「ふふふっ、うんっ!」



―― ガチャッ ――




「あ、雪穂」

「え? なに、海未ちゃん?」

「穂乃果は――」



「――貴女が思っているよりずっと、貴女のことが大好きみたいですよ」



――――――
183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 01:08:49.37 ID:ExWeMeaSO
――――――


『□月▲日(金)』

『今日もユキちゃんはかわいい!』

『抱きつかれて照れちゃってる顔とか』

『ちゃんと抵抗しないでぎゅってされたままなところとか』

『えへへぇ、さすがユキちゃん♪ 理想の妹だね!』

『でも、少し不安もあるんだ……』

『それは――』


『最近、ユキちゃん、ちょっとお洒落な下着をはいてるってこと』


『今まではシンプルなやつとか、お揃いのフリルつきとかだったのに』

『いきなり黒だよっ!? あと赤だよっ!?』

『彼氏とかできた訳じゃないよねっ!? そんなわけないよねっ!?』

『あぁぁぁ!!! もうっ! 不安だ不安だ不安だぁぁぁ!!!』

『……………………』

『よし! うん! これはあれだね!』

『かわいいかわいいユキちゃんに、変な虫がつかないように、お姉ちゃんが守ってあげないと♪』

『大切な妹に手を出すなんて許さないよ。絶対に許さないからね』



『えへへ♪』

『だぁぁいすきだよぉ、ユキちゃん・』



――――――




穂乃果のかんさつ日記

『ユキちゃんの成長記録』




―――――― fin ――――――
185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 01:18:31.28 ID:ExWeMeaSO
以上で
『ほのかんさつ日記』完結になります。

レスをくださった方
読んでくださった方
稚拙な文章・表現にお付き合いいただき、ありがとうございました。

以下、過去作です。
よろしければどうぞ。
【ラブライブ】絵里「恋愛が苦手な貴女」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437987070/
【ラブライブ】にこ「海未のお姉ちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444644429/

μ's 活動終了の件もあり悩んだのですが
まだ書き続けることにしました。
見てくださる方がいればぜひ付き合ってやってください。

恐らく次回作は百合ものか
メンバーがテニヌもどきをする話になりそうです。
では、また。

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
【ラブライブ】ほのかんさつ日記
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【ラブライブ】ほのかんさつ日記』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。