にこ「私のダイナマイトボディをあなたにあげるわ」

シェアする

にこ-アイキャッチ16
1: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:01:40.11 ID:lS143Bi6.net
凛「にこちゃん、現実から目を逸らしちゃダメだよ!」

(キャラ崩壊注意)

元スレ: にこ「私のダイナマイトボディをあなたにあげるわ」

スポンサーリンク
2: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:02:22.01 ID:lS143Bi6.net
にこ「…今から話すことは、私と凛だけの秘密よ?」

にこ「実は私、胸に爆弾を抱えてるの」

凛「へーそうなんだ。自爆テロでもするつもり?」

にこ「これは比喩でもなんでもないわ…事実なの」

にこ「私の心臓には爆弾が付けられてるの」

にこ「もし爆発したら周りにも被害が及ぶわ」

凛「ふーん…で、どうしてその話を凛にするの?」

にこ「…凛に私の命を預かって欲しいのよ」

凛「にこちゃんの…?」
3: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:02:42.00 ID:lS143Bi6.net
にこ「私が持ってるこのボタンを押せば、私の爆弾が起動するそうよ」

にこ「凛にこのボタンを預けるわ」

凛「なんで凛に!?にこちゃんの命なんて預かれないよ!」

にこ「凛。私はあなたのことを信じてるわ」

にこ「だからこのボタンを託すの。頼むわよ」

凛「そんにゃー…」
4: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:03:32.06 ID:lS143Bi6.net
凛(このボタンどうしよう…)

凛(うっかり押しちゃったら、凛が殺したみたいになっちゃうよ~)

凛(慎重に扱わないとね…)

花陽「凛ちゃん~!」

凛「うひゃぁ!?」

花陽「ええ!?驚かせちゃった…?」

凛「そんなことないよ!それで、何かご用ですか!?」

花陽「新しくカカオ屋さんができたから凛ちゃんと一緒に行こうかなって思ったんだ!どうかな?」

凛「うんいいよ!練習終わったら行こう!」
5: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:04:08.82 ID:lS143Bi6.net
花陽「チョコチョコマカロン~♪」

凛(あ~、かよちんはほんとにかわいいなー)

花陽「マカマカ~…あ、凛ちゃん!今日私の家に泊まりにきなよ!」

凛「え、いいの!?」

花陽「勿論!凛ちゃんならいつでも歓迎だよ!」

凛「じゃあお邪魔しようかな…?」
6: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:05:23.69 ID:lS143Bi6.net
翌日

凛(昨日は楽しかったな~!)

凛(かよちんの寝顔も撮影できたし!)ウシシ

真姫「凛」

凛(今日もお泊まりできないかな~)

真姫「凛!なにシカトしてるのよ!」

凛「真姫ちゃん!どうしたの?」

真姫「どうしたの?じゃないわよ!ちょっと来なさい!」
8: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:06:01.57 ID:lS143Bi6.net
真姫「はい」

凛「はい?」

真姫「マヌケな返事してるんじゃないわよ!私の代わりに教室の掃除しなさい!」

凛「なんで凛が?真姫ちゃんの仕事でしょ!」

真姫「私が掃除なんて汚いことするわけないでしょ。そんなのはあんたにお似合いよ」

凛(こいつ、人間のクズだ!これからは喋らないようにしよっと)

凛「あー誰かさんに押し付けられた掃除面倒だなー!」

真姫「口じゃなくて手を動かしなさい!」

凛「…」チッ
9: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:06:43.30 ID:lS143Bi6.net
凛「はー…疲れたにゃー」

花陽「あれ、凛ちゃん?どうして掃除なんてしてるの?」

凛「かよちん!実は……、まあ色々あって」

花陽「そうなんだ。あ、凛ちゃん!今日も私の家に泊まりにきなよ!」

凛「行く行く!楽しみだにゃ~」

花陽「うふふ、凛ちゃんはかわいいね」

凛「そ、そうかにゃ…?」

花陽「うんうん」

凛「えへへ~♪」
10: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:07:13.72 ID:lS143Bi6.net
翌日

凛「昨日は興奮しすぎて眠れなかったにゃ…」

凛「かよちんのパンツ…グヘヘ」

凛「今日もかよちんの家に行きたいな~♪」

ドンッ

凛「いてて、おい!どこ見て歩いてるにゃ!!」

真姫「あぁ?」

凛「」ビクッ
11: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:07:40.56 ID:lS143Bi6.net
真姫「自分からぶつかっておいて、
詫びの一つもないとは一体どういうつもりかしら」

凛「ご、ごめん…」

真姫「あー、今ので骨折れたかも」

凛「え」

真姫「治療費、もちろん出してくれるわよね~?」

凛「な、そんなので、骨が折れるなんて…」

真姫「折れたって言ってるでしょ!」

凛「うっ…」
12: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:08:09.38 ID:lS143Bi6.net
真姫「鞄貸しなさい」

凛「え!?ちょっと待って…」

真姫「なに?まさか私に逆らうつもり?」

凛「いや、その…」

真姫「なにか、見られちゃ困る物でも入ってるのかしら」

凛「!?」ビクッ

真姫「ふふふ、私も鬼じゃないわよ。
金目の物だけ取ったら返してあげるわ」

凛「…」

凛(よ、よかったぁ…!あの中にはかよちんのパンツが入ってるから…)
13: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:08:36.12 ID:lS143Bi6.net
教室

真姫「みんな、聞きなさい!星空凛は変態なのよ!」

「え、なになに~」「凛ちゃんがどうかしたの?」

凛「な…!」

真姫「これはあいつの携帯なんだけど、
この写真を見てちょうだい」

「これ、花陽ちゃんの写真だ」「ドアップw」「寝顔の…盗撮?」

凛(あいつ!約束と違うにゃ!!)
14: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:09:15.93 ID:lS143Bi6.net
にこ「凛、どうかした?」

凛「あ、え?………にこ、ちゃん…」

にこ「?」

真姫「これも見なさい!下着よ!
しかもこれ、小泉の刺繍が入ってるわ!」

「あの下着、花陽ちゃんの?」「刺繍わろたw」「パンツを鞄に入れてるとか…」

真姫「これは小泉さんの下着よ!
凛が盗んだ、ね?」

凛「っ!」
16: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:09:58.33 ID:lS143Bi6.net
真姫「あいつは、下着泥棒の常習犯…」

真姫「そして、幼馴染の下着を毎日おかずにしてたのよ!」

一同「!?」

花陽「凛ちゃん…嘘だよね…?」

凛「…」

真姫「ケダモノ。早く山にかえりなさいよ、猫」

凛「…」

真姫「何か言いなさいよ。それとも言語野が
機能してないのかしら?」

凛「っ!!」
17: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:10:41.66 ID:lS143Bi6.net
真姫「はぁ…飽きてきたわ。
にこちゃん、行きましょう」

にこ「う、うん…」

凛「…」

花陽「あの、凛ちゃん…」

凛「凛、行ってくるよ」

花陽「う、うん…」



殺さなきゃ

凛「…」

あいつを

真姫「にこちゃんは今日もかわいいわね~」

殺さなきゃ 殺さなきゃ



凛(にこちゃんごめんね。でも悪いのは
私じゃないんだよ)

凛(あいつの所為だ)

凛(あいつの所為、あいつの所為、あいつの所為、あいつの所為、あいつの所為………)


凛(あいつの所為だ!!!)

起爆ボタン「ポチッ」
18: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:11:16.85 ID:lS143Bi6.net
凛「や、やった…」



ピーピーピー

凛「………あれ?」

にこ「10時35分、実験終了。ちゃんと書いといてね」

真姫「分かってるわよ」

凛「…なんで?…なんで死んでないの!?」

にこ「私に爆弾が付けられてるっていうのは嘘よ」

真姫「被験者の感情を煽って、いつボタンを押すかを調べる為の実験に協力してもらったのよ」

凛「………は?」

にこ「あなたの記録は2日。今までの被験者の中で
1番早く押したのよ」

真姫「やはり思春期というのは気を早まらせるものね」

凛「……なに、それ…」

にこ「じゃあ次のところへ行きましょう」

真姫「ええ」

凛「………」












凛「あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛!゛!゛!゛」
20: ◆Svzt9Rjz1A (やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 23:11:51.77 ID:lS143Bi6.net
アナウンサー「今日夕方、東京の伝統校、音ノ木坂学院内で、
生徒が学校関係者二人を殺害する事件がありました」

アナウンサー「殺されたのは、事務員の矢澤にこさんと、
西木野真姫さんです」

アナウンサー「調べによると、逮捕された学生は、
『私は悪くない』と主張し続け…」




終わり

凛ちゃんごめんね

夏だから世にも奇妙ネタ増やしてく
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「私のダイナマイトボディをあなたにあげるわ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。