雪穂「お姉ちゃんとクリスマス」

シェアする

ほのゆき-アイキャッチ3
1: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 02:51:17.00 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
ほのゆきSS

書き溜めアリ。

ドバってから寝る!

元スレ: 雪穂「お姉ちゃんとクリスマス」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 02:52:16.61 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
穂乃果「雪穂~、今日空いてる?」

雪穂「空いてるけど・・・・・・なに?」

穂乃果「よかったら、穂乃果と一緒に買い物に行かない?」

雪穂「お姉ちゃんと?いきなりどうしたの?」

穂乃果「いや~それがさ。お母さんたち、急な発注で手が離せないみたいで、その・・・・・・クリスマス・・・・・・」

雪穂「……ああ、なるほどね。うん、いいよ」

穂乃果「ほんと!?じゃあ、準備してくるから待ってて!」ドタドタ

雪穂「あっ、お姉ちゃん・・・・・・もー、落ち着きがないんだから」クスッ

雪穂「私も準備しないといけないのに」
3: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 02:53:09.48 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
穂乃果「それじゃ、しゅっぱーつ!」オー

雪穂「うーさっむ!なんでそんなに元気なの?」

穂乃果「当たり前じゃん!雪穂とお買い物なんて久しぶりだもん!」

雪穂「そんな・・・・・・言ってくれればいつでも付き合うのに」

穂乃果「ほんと!?じゃあ、また今度一緒に行こうね」ギュッ

雪穂「う、うん///」カァァ

穂乃果「あれ?雪穂、手袋してないの?」

雪穂「あ、忘れちゃってた。ちょっと待ってて。すぐに取って来るから」

穂乃果「う~ん・・・・・・それ!」ギュウウ

雪穂「お、お姉ちゃん!?手、放してくれないと取りにいけないんだけど」

穂乃果「取りに行かなくてもいいよ。そのかわり、穂乃果がずっと握っててあげる!」ニコッ

雪穂「な、なんで!?は、恥ずかしいからいいよ!///」アセアセ

穂乃果「いいからいいから。ほら、行くよー!」ダッ

雪穂「わわっと・・・・・・もう、仕方ないんだから」クスッ
4: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 02:53:47.78 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
雪穂「ところで、何買うの?」

穂乃果「えっと、お母さんから頼まれた物を書いた紙が・・・・・・あった!はい」スッ

雪穂「えっと、なになに~・・・・・・『高坂先輩へ』・・・・・・へっ?」

穂乃果「う”ぇ!?う、嘘っ!?なんでそんなところに!?」バッ

雪穂「お、お姉ちゃん、もしかして・・・・・・」

穂乃果「ごめん雪穂!本物はこっちだから!」

雪穂「う、うん……」

穂乃果「ほ、ほんとにごめんね?」
5: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 02:54:25.53 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
雪穂「・・・・・・いいよ、気にしてないから」ツン

穂乃果「ゆ、雪穂~?」

雪穂「ほら、早く買い物終わらしちゃお?」スタスタ

穂乃果「あ、雪穂!待ってー!」タタッ

雪穂(後輩からの手紙だった・・・・・・)

雪穂(仕方ないよね。お姉ちゃん、人気だもん・・・・・・)

雪穂(内容までは見れなかったけど、多分・・・・・・あれは)

雪穂「……はぁ」
6: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 02:55:14.41 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
穂乃果「お肉も、お野菜も、うん!これで大丈夫だね!あとは・・・・・・ケーキ!」

穂乃果「雪穂ー!何のケーキが食べたい?」

雪穂「……」

穂乃果「ゆきほー?」ズイッ

雪穂「お、お姉ちゃん!?どうしたの?」アセアセ

穂乃果「雪穂、何だか元気ない?」

雪穂「そんなこと・・・・・・ないけど」

穂乃果「そう?ねえ、雪穂!何のケーキが食べたい?」
7: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 02:55:54.57 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
雪穂「う~ん、何でもいいかなぁ。お姉ちゃんが選んでいいよ?」

穂乃果「ええ!?折角のケーキだよ!雪穂が選びなよ!」

雪穂「わ、分かった。ありがとう・・・・・・」

穂乃果「うん!それじゃ、ケーキ屋さんまで行こっ?」スッ

雪穂「なに?その手」

穂乃果「行くとき言ったじゃん!手、繋ぐ約束でしょ?」ニコッ

雪穂「べ、別に約束はしてないよ・・・・・・」

穂乃果「いいからいいから!」ギュッ

雪穂「ちょっー・・・・・・」
8: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 02:56:42.59 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
 『高坂先輩へ』


雪穂「―っ!」バッ

穂乃果「いたっ!ゆ、雪穂?」ビクッ

雪穂「ご、ごめん!大丈夫?」

穂乃果「あはは、ごめんね。穂乃果、無理やりすぎちゃったね」シュン

雪穂「あっ・・・・・・」

雪穂(違うよ。そんな顔させたいわけじゃないのに・・・・・・)

穂乃果「ほら、穂乃果の手袋貸してあげる。これならいいでしょ?」スッ

雪穂「でも、お姉ちゃん・・・・・・」

穂乃果「大丈夫!ほら、行くよっ」スタスタ

雪穂「うん……ごめん」

雪穂「私の・・・・・・大馬鹿」ボソッ
9: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 02:57:40.11 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
穂乃果「買い物終了!いやー、晩御飯が楽しみだねー!」

穂乃果「ご馳走の後はケーキ!ああ~幸せ~」ウキウキ

穂乃果「雪穂の選んだチョコレートケーキ、すごく美味しそうだよね!」

雪穂「うん……」

穂乃果「雪穂・・・・・・やっぱり元気ないね」

雪穂「そ、そんなこと」

穂乃果「ねえ、雪穂。お姉ちゃんに、話せない?」

穂乃果「雪穂が抱えてる悩み事、お姉ちゃんに話せない?」

雪穂「別に悩み事なんて・・・・・・」

穂乃果「もう・・・・・・お姉ちゃんだから分かるんだよ?いつもと違うってことぐらい」

雪穂「だから本当に悩みなんて・・・・・・」

―ギュッ
10: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 02:58:31.18 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
雪穂「むぅ!?」ドキッ

穂乃果「あのね、雪穂。こんなお姉ちゃんだから、頼りにならないかもしれないけど、これだけは忘れないで」

穂乃果「穂乃果は、雪穂のお姉ちゃんだから、いつでも雪穂の力になるからね」

雪穂「お姉ちゃん・・・・・・」

穂乃果「だから雪穂も遠慮なんてしないで。雪穂のお姉ちゃんは穂乃果だけなんだから」

雪穂「……うん」

雪穂「……ごめんなさい」グスッ

穂乃果「いいんだよ。暫くこうしていてあげるから」

雪穂「お姉ちゃん・・・・・・うん、ありがとう・・・・・・」グスッ
11: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 02:59:29.31 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
――
――――


穂乃果「どう?落ち着いた?」

雪穂「も、もう少し・・・・・・ん?」

オ、オイ・・・・・・

アア、アレハマチガイネエ・・・・・・

アレハ、サンタサンカラ・・・・・・

オレタチヘノ・・・・・・

クリスマスプレゼントダー!!

イエェェェェーース!! Wooooow!!

雪穂(わっ!いつの間にか私達、注目の的じゃん!!)アセアセ

雪穂「お、お姉ちゃん!もういいよ!」バッ

穂乃果「ふえ?そうなの?」

雪穂「だ、大丈夫!それより、早く帰ろっ!」ギュッ

穂乃果「雪穂・・・・・・そうだね!」ニコッ
12: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 03:00:31.82 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
雪穂「はぁはぁ・・・・・・ここまで来ればいいかな?」クルッ

雪穂「ふぅ、大丈夫みたい!」

穂乃果「ユキちゃん、元気になったみたいだね」ニコッ

雪穂「うん!・・・・・・って、今なんて?」

穂乃果「元気になったみたいだね!」

雪穂「違う!その前!」

穂乃果「ユキちゃん?」

雪穂「ゆ、ユキちゃん!?そ、それって私のこと?」アセアセ

穂乃果「そうだよ!ユキちゃん!どう?この呼び方!」ニコッ

雪穂「どうって・・・・・・ユキちゃん・・・・・・ユキちゃん・・・・・・へへっ///」ニヘラ

穂乃果「気に入ってくれたみたいだね!」
13: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 03:01:24.56 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
雪穂「ま、まあ、ね///」ニヤニヤ

穂乃果「ユキちゃんって呼んでいいのは穂乃果だけだからね!」

雪穂「え?どうして?」

穂乃果「えへへ、なーいしょ!」

雪穂「えーなんでー!?」

穂乃果「いいから!ほら、帰るよ、ユキちゃん!」

雪穂「あ、うん……」

雪穂「お、お姉ちゃん!!」スッスッ

穂乃果「うわっと!どうしたの?それに、手袋・・・・・・」

雪穂「あ、あのね・・・・・・///」スッ
14: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 03:02:36.49 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
雪穂「手袋じゃ、いまいち温かくないな~・・・・・・なんて///」チラッ


穂乃果「ユキちゃん・・・・・・!」ギュッ

穂乃果「これであったかいね!」ニコッ

雪穂(お姉ちゃん、手が冷たい)

雪穂(そりゃそうだよね、ずっと手袋貸してくれてたんだし)

雪穂「えへへ///」ギュッ

雪穂「ありがとね、穂乃果お姉ちゃん」ニコッ
15: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 03:03:52.07 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
ほのゆき「「ただいまー!!」」ガララ

ほのママ「あら、おかえり!」

穂乃果「あれ、お母さん。発注の方は大丈夫なの?」

ほのママ「ええ、ついさっき電話が入って、当初の予定より少し減らしてくれたのよ」

ほのママ「だから、時間に余裕が持ててね」

穂乃果「それじゃあ、今日はみんなで祝えるね!やったねユキちゃん!」ニコッ

雪穂「うん!」ニコッ

ほのママ「・・・・・・ほほ~う」ニヤニヤ

ほのママ「って、あら?あんた達、荷物はどこよ?」
16: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 03:04:34.42 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
穂乃果「荷物?・・・・・・あっ!」

雪穂「げっ!も、もしかして・・・・・・」

ほのゆき「「あの時に!!」」カオミアワセー

ほのママ「どうするのよ!?買った物忘れてくるとか前代未聞だわ!」

穂乃果「ご、ごめんなさい!」ペコッ

雪穂「わ、わざとじゃないんですー」ペコッ

ほのママ「もー、本当にあんた達は・・・・・・」ヤレヤレ

ほのママ「まあいいわ。こっちももうひと頑張りしないといけないし、その間にまた二人で買ってきてちょうだい?」

ほのママ「お金は出してあげるから」
17: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 03:05:24.16 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
穂乃果「お、お母さん」ウルウル

雪穂「あ、ありがたき幸せ~」

ほのママ「ほら、これで」チャリン

ほのママ「陽が落ちるのも早いし、なるべく早めに帰りなさいね」

穂乃果「うん!行こっか、ユキちゃん!」ギュッ

雪穂「うん!お姉ちゃん!」ギュッ

ほのゆき「「行ってきまーす!!」」

ほのママ「気を付けてね」

ほのゆき「「はーい!!」」ピシャッ

ほのママ「……全く」ヤレヤレ


ほのママ「本当に、仲の良過ぎる姉妹だわ」クスッ


一旦おしまい。
18: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 03:06:15.80 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
おまけ

―ただいま入った情報によりますと・・・・・・

雪穂(あーあ、今日のテレビは面白くないな~。クリスマスだっていうのに・・・・・・)

穂乃果「はい、ユキちゃん。ケーキだよ」コトッ

雪穂「あっ。ありがとう、お姉ちゃん」

穂乃果「それじゃ、食べよっか」

雪穂「そうだね」

ほのゆき「「いただきまーす!!」」

穂乃果「わあ!すっごく美味しいね!」モグモグ

雪穂「お姉ちゃん、食べながらしゃべるのは行儀悪いよ」

穂乃果「分かってるよ~。でも、美味しいでしょ?」

雪穂「それは・・・・・・まあ、ね」
19: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 03:07:34.56 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
穂乃果「だよね!ユキちゃん、今日はありがとう」

雪穂「別にお礼なんて。行くときも言ったけど、買い物くらいいつでも付き合うから」

穂乃果「うん!絶対にまた行こうね!」ニコッ

雪穂「はいはい。・・・・・・ところで、お姉ちゃんさぁ」

穂乃果「どうしたの?」

雪穂「あ、あの、て・・・・・・手紙って・・・・・・」チラッ

穂乃果「ああ・・・・・・あの時はごめんね。まさか、あそこに入ってるとは思わなくて」エヘヘ

雪穂「いや、それはいいんだけどさ・・・・・・」

雪穂「あの手紙って・・・・・・やっぱり・・・・・・」

穂乃果「ファンの子からもらった手紙だよ」

雪穂「やっぱり、そうなんだ・・・・・・」シュン

穂乃果「いやー、びっくりしたよー!まさか穂乃果が渡されるとは思ってなくてさ~」

雪穂「それで、返事はどうするの?」
20: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 03:08:35.20 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
穂乃果「え?返事?」キョトン

雪穂「とぼけないで!返事、書くんだよね!?」

穂乃果「いや、もう書いて渡したよ?」

雪穂「そんな!?な、なんて返事したの!?」クワッ

穂乃果「普通に『応援ありがとうございます。これからも頑張ります』って書いたけど?」

雪穂「……へ?」

穂乃果「ああいうの貰えると嬉しいよね!もっと頑張ろうってなっちゃう!」

雪穂「え、なに?まさか、私の勘違い!?それって好きとかそういうんじゃないの!?」

穂乃果「好き?確かにμ’sが好きとは書いてたよ?」

雪穂「それだけ!?」

穂乃果「うん、それだけ。μ’sのファンの子からの応援レターだよ」
21: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 03:09:44.15 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
雪穂「あ、はははは~。な、な~んだ!そっか、私の勘違いか~!」テレテレ

穂乃果「なんだか、今日のユキちゃんは面白いね」ニコニコ

雪穂「もう!誰のせいだと思ってるの!」

雪穂「あんな、紛らわしいもの・・・・・・本気で焦っちゃったよ」ボソッ

穂乃果「ユキちゃん・・・・・・」クスッ

穂乃果「ユキちゃん、今日は一緒に寝よっか」ニコッ

雪穂「ええ!?」

穂乃果「ね?いいでしょ?」

雪穂「え、ええっと・・・・・・」チラッ

穂乃果「えへへ~」ニコニコ
22: 名無しで叶える物語(みかん)@\(^o^)/ (中止 aab2-p5zD) 2015/12/24(木) 03:13:53.64 ID:Z5YFZuJM0EVE.net
雪穂「も、もうっ!今日は特別だからね!!///」プイッ

穂乃果「ありがとう!ユキちゃん大好き!」ギュッ

雪穂「く、くっつかないでよ~!!」アセアセ

雪穂(でも・・・・・・)クスッ


雪穂「私も、お姉ちゃんが大好きだよ」




―続いてのニュースです。今日の昼過ぎ、秋葉原の路上に奇妙な人たちがいると警察に通報がありました。

警察が駆け付けたところ、数人の男性がその場に置いてあったケーキや野菜などを拝んでおり、

職務質問をしたところ、『サンタクロースは聖なる夜に美しい百合をプレゼントなさった』等と

意味の分からない発言を繰り返していたということです。

警察はこれら数人の精神鑑定をするべく・・・・・・



本当のおわり!
ほのゆきもかなりいいよね!
お姉ちゃ~ん!ってさー!

読んでくれてありがとう!

またなんか時間あれば書きます(`・ω・´) 多分
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『雪穂「お姉ちゃんとクリスマス」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。