まき「……………ハァ」

シェアする

真姫-アイキャッチ33
1: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:45:12.39 ID:ZMDDKxAt0.net
・真姫ちゃんのサンタさん問題に対する自分なりの妄想
・SS2作目です。拙いです。

元スレ: まき「……………ハァ」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:46:11.85 ID:ZMDDKxAt0.net
まき「……はぁ」

ぱな「真姫ちゃん、ため息なんてついてどうしちゃったの?最近なんだか元気がないよ…?」

まき「べ、別に何でもないわよ。気にしないで」

りん「真姫ちゃん嘘はよくないにゃー。凛気付いてるよ、ここのところ様子が変だって」

まき「ヴェェェ…ほんとに、大したことじゃないのよ?ただ…」

ぱな「ただ?」

まき「……今年は、山の別荘の煙突を掃除できてないなって」
4: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:46:36.89 ID:ZMDDKxAt0.net
りんぱな「!!?」ビクゥ

まき「最終予選に向けての曲作りとか、練習とか、期末考査とか、色々重なってるから仕方ないんだけど…。この時期にまだサンタさんをお迎えする準備ができてないなんて…」

ぱな「えっと…去年まではどうしてたの…?クリスマスって、まだ冬休み前だよね?」

まき「え?普通に土日に煙突掃除と飾り付けを済ませて、24日は別荘で寝て普通に始発の新幹線で登校したわよ?」

りん「なんというスタイリッシュ登校にゃ…」

まき「サンタさんが来てくれるんだからそれぐらい当然じゃない」

りんぱな「」

まき「なのに今年はまだ何もできてないし、やる時間もない…。それに朝練だってあるから当日も向こうに泊まるわけにもいかないわ」

まき「………ハァ」

ぱな「えっと…そんな事情なら一日くらい練習休んでも、大丈夫なんじゃないかな?」

まき「ダメよ!ズル休みするような悪い子はサンタさんに嫌われちゃうわ!」

りんぱな「」

りん(真姫ちゃんはこういうところ真面目にゃー)
5: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:48:08.06 ID:ZMDDKxAt0.net
昼休み・3年生教室

ぱな「…ってことがあったんだけど」

えり「成る程。それで真姫は最近元気がなかったのね」

にこ「wwwwwサンタさんwwwwwwwあのwwww真姫がwwwwwwww」

のぞ「真姫ちゃんはほんと面倒くさい子やなぁ」

えり「ちょっと、二人とも失礼よ」

えり「……とにかく、何とかしましょう。最終予選の曲作りに悪影響が出ても困るわ」

りん「真姫ちゃん、練習中も明らかに集中できてないにゃ」

えり「幸い、真姫はチョロ…純粋だから、何か作戦を立ててみるわ」

りん(今チョロいって言ったにゃ)

ぱな(今チョロいって言ったよね)

にこ(今チョロいって言ったにこ)

のぞ(えりちにチョロいって言われるなんてマッキーも大概やんな)
6: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:48:37.79 ID:ZMDDKxAt0.net
放課後・穂乃果の部屋

ぱな「…ってことになってるんだよ」

うみ「そうですか…そのようなことになっていたのですね」ホムマンmgmg

ほの「私たちも協力しようよ!真姫ちゃんの人生の一大イベントだよ!」

こと「もちろんわたしは大丈夫だよ♪」

りん「わかるにゃー」マンガprpr

うみ「取り敢えず、真姫以外のメンバーで作戦会議が必要ですね」ホムマンmgmg

りん「その通りだにゃー」マンガprpr

こと「なんだかワクワクしちゃうね…♪」

ほの「よぉーし、みんなで真姫ちゃんに最高のクリスマスをプレゼントしちゃおう!」
7: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:50:10.69 ID:ZMDDKxAt0.net
LINEグループ「サンタ会議」

エリー:-----大まかな作戦は以上よ。何か質問はある?

凛:スタンプ

凛:スタンプ

凛:スタンプ

園田海未:凛、ログが流れてしまいます。

ほ:それで大丈夫じゃないかな。相手はまきちゃんだし。

にこにー:この小バカにする感じ

はなよ:細かいところはアドリブというか、その場の流れで乗り切る感じかな?

ラッキィ東條:ウチに任せとき

ラッキィ東條:昨年度世界サンタクロース選手権ベスト8入賞のプライドにかけて、絶対成功させたる!

にこにー:アンタ何やってんのよ…

エリー:希、ハラショーよ

ことり♪:じゃあわたしも、お母さんに頼んでみるね。

ほ:みんな、ファイトだよ!
8: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:50:36.16 ID:ZMDDKxAt0.net
みなみけ

こと「ねぇお母さん、ちょっといいかな?」

親鳥「ん、どうしたの?ことり」

こと「あのね。実は真姫ちゃんのことで…」

こと「………」カクカクシカジカ

親鳥「そう。そういうことなら、私から頼んでみるわね」ピッポッパ

親鳥「……もしもし。ええ、私よ。久しぶり。こんな時間にごめんなさいね?実はね、ちょっとお願いが」

親鳥「……というワケなの。…ふふっ、お互い大変ね。……ありがとう、娘にも伝えておくわ。ええ、今度ゆっくりお茶でも。……じゃあ、おやすみなさい」

親鳥「ふふ、西木野さんのご両親も全面的に協力して下さるそうよ」

こと「お母さんありがとう…♪真姫ちゃんのお母さんと仲いいんだね?」

親鳥「ええ、昔色々とね」

こと(気になるなぁ…)
9: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:51:54.54 ID:ZMDDKxAt0.net
練習後・ファストフード店

まき「一体どうしたのよ?改まって話しなんて」

まき(それにしても珍しい組み合わせね…)

のぞ「それがな、真姫ちゃん」

うみ「最終予選で使う曲の歌詞なのですが」

まき「みんなで言葉を出し合って作ったやつね」

うみ「ええ、みんな本当に素晴らしい言葉を紡いでくれました…」

のぞ「みんなで協力して一つの詩にまとめて」

うみ「最終調整が私に任されていますが……」

うみ「最後の最後で、いまひとつ出来に満足しきれないのです」

まき「そうなの?案は見せてもらったけど、私はいい詩だと思ったわ」

のぞ「それはそうなんやけど、最終予選で悔いを残さないためにも、納得いくまで頑張りたいんやって」

うみ「そこで。山頂アタックをかけようと思うのですが」

まき「ヴェエエエ!?何それ意味分かんない」

うみ「私は思うのです。山を制覇したという達成感が、創作の源になると」

のぞ「ユメノトビラを考えたあの山なら、何かいいアイデアが浮かんでくるかもって思ったんやって」

うみ「とは言え、今は冬。冬山登山は生半可な装備では危険です」

のぞ「それで、真姫ちゃんちのあの別荘をベースキャンプに使わせてくれんかなぁって」

うみ「図々しいことを言っているとは分かっています…。しかし、もう真姫しか頼る人がいないのです」

まき「……まぁ、話は分かったわ」

まき「そういうことなら、お母さんに聞いてみるわね」

うみ「ありがとうございます!」
10: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:52:17.26 ID:ZMDDKxAt0.net
土曜日・某県別荘地

のぞ「いやー、やっぱり持つべきものはデキた後輩やなぁ」

うみ「本当に感謝しています。すみません、無理を聞かせてしまって」

まき「べ、別にこれくらい何でもないわよ」

まき「それより平気なの?山の上のほうは真っ白じゃない…」

うみ「確かに冬の山には危険が伴います。でも、大丈夫」

のぞ「そう」

のぞうみ「モンベルならね」

まき「ダイレクトマーケティングはお控えください」


うみ「さて。私たちは予定通りこれよりアタックをかけます」

まき「気をつけて行きなさいよね」

のぞ「待ってる間真姫ちゃんは自由にしとってええから。自分の家のようにくつろいどき」

まき「正真正銘自分の家よ…まぁ、私は曲作りの詰めをしながら待ってるわ」
11: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:53:31.71 ID:ZMDDKxAt0.net
まき「………」ピアノポロポロ

まき「…………」チラ

まき「……」スコアカキカキ

まき「………」チラチラ

まき「集中できない…」

まき「海未の詩の雰囲気に合うように編曲しなくちゃいけないのに」暖炉チラチラ

まき「……というか、よく考えたら今日の登山で歌詞が変わることだってあるのよね」

まき「………だったら今作業するのは非効率じゃないかしら」

まき「……なら、別に暖炉掃除をしてても問題はないはずよね!」
12: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:53:50.33 ID:ZMDDKxAt0.net
同日・都内某所

ほの「今頃真姫ちゃんは暖炉掃除してて、海未ちゃんと希ちゃんは登山してるころかな?」

こと「作戦がうまくいってたらね」

えり「希と海未を信じて、私たちは私たちの仕事をしましょう」

ぱな「そうだね。真姫ちゃんは何をプレゼントしたら喜んでくれるかなぁ…」

りん「本物のサンタさんからのプレゼントってことになってるんだから、下手な物は選べないにゃぁ」

にこ「そもそも真姫に欲しい物とかあるの?お金には不自由してないでしょあの子」

ほの「うーん、中々難しい問題だね…」

えり「時間もあまりないわ。とりあえず各自で探してみて、これはって思うものを見つけたら報告しましょう」
14: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:54:58.68 ID:ZMDDKxAt0.net
別荘地

うみ「ただいま戻りました!」

まき「おかえり。どうだった?」

のぞ「やっぱり山はスピリチュアルやなー、海未ちゃんのやる気がすごいんよ」

うみ「ふふ、これなら満足のいく詩が書けそうです」

のぞ(方便やったはずやのに海未ちゃんも真面目やんなぁ…)

のぞ「ところで真姫ちゃん顔に煤ついとるよ?どうしたん?」ニヤニヤ

まき「な、何でもないわよ!」
15: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:55:39.87 ID:ZMDDKxAt0.net
LINEグループ

東ジョルノ:こっちはうまくいったよ

東ジョルノ:そっちはどうなん?

凛:スタンプ

エリー:こちらも大丈夫。

エリー:穂乃果とことりがいいものを見つけてくれたわ。

ほ:(画像)

ほ:かわいいでしょ!

ことり♪:私も衣装のことで少し悩んでたから…これならイメージにぴったりだし、ちょうどいいかなって

東ジョルノ:ええやん

東ジョルノ:今、海未ちゃんがものすごい勢いで作詞してる(笑)

東ジョルノ:そして真姫ちゃんも軽やかに作曲してる(笑)

にこにー:まきちゃんチョロいww

凛:スタンプ
16: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:56:06.92 ID:ZMDDKxAt0.net
数日後

えり「みんな、よく頑張ったわね。だいぶ完成度があがってきたわ」

ほの「えへへ~、曲も詩もすっごく素敵だからやる気出ちゃった」

ぱな「だよねだよね、衣装も今から楽しみだよ」

こと「うふふ、お楽しみに…♪」

にこ「この曲でA-riseに勝って全国に…!」

のぞ「がんばろな、にこっち」

えり「それで、これからの練習のことを海未とも話したのだけど」

うみ「もう本番まで日がありません。これからは軽めの練習にして体を休めましょう」

えり「朝練も止めて、放課後練習も激しい動きは控えるようにするわ」

うみ「だからと言って弛まないように。自己管理も鍛錬のうちですよ、分かりましたね穂乃果」

ほの「うぅ、何で私にだけ…」
18: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:56:31.09 ID:ZMDDKxAt0.net
帰り道

りん「真姫ちゃん真姫ちゃん、これでクリスマスは山の別荘に行けるんじゃないかにゃ?」

ぱな「期末考査も無事終わったし、ライブの準備も順調だし」

りん「それにしても学年主席なんてすごすぎるにゃ。さっすが真姫ちゃん!」

ぱな「きっとサンタさんから素敵なプレゼントが貰えるよ…!」

まき「…………そうね」

りんぱな「……?」

りんぱな「真姫ちゃん…?」

まき「…………」

まき(どうしてかしら)

まき(今年はみんなと一緒にクリスマスを過ごしたいなんて思ってる…この私が)
19: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:57:01.75 ID:ZMDDKxAt0.net
次の日

まき「みんな、ちょっといい?」

ほの「んー、真姫ちゃんどうしたのっ?」

まき「ここに偶然、新幹線のタダ券が9枚あるわ」

にこ「ナニソレイミワカンナイ」

うみ「偶然とは…」

えり「新幹線のタダ券とは…」

まき「とにかくっ!」

まき「イブの夜にウチの別荘でちょっとしたパーティをするからみんな来なさいよね!」

まき「25日は始発で登校よ!」

ほのことうみりんぱなのぞにこえり「お、おう」
20: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:57:40.47 ID:ZMDDKxAt0.net
クリスマスイブ

えり「大広間で練習もできたし」

のぞ「にこっちの料理も美味しかったし」

ほの「ことりちゃんのケーキも最高だし!」

りん「最高のクリスマスだにゃー!」

うみ「ええ、みんなでクリスマスというのも悪くないですね」

まき「……何だか今年は、このメンバーで過ごしたい気分だったのよね」

ぱな「真姫ちゃん…♪」

にこ「でも、明日は朝早いんだから今日はさっさと寝ないと」

りん「えーー、もっと遊ぼうよー!」

うみ「いけませんよ凛。そのようなことでは穂乃果のようになってしまいます」

ほの「海未ちゃんひどいー!」

まき「もう、騒がしくしない。ほら、電気消すわよ」スイッチポチリ

えり「えっちょっとっ!待ってっ!」

にこ「絵里ったら暗いのが怖いのー?w」ププー
21: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:58:39.75 ID:ZMDDKxAt0.net
12月25日早朝

まき「ことり!起きてことり!」バタバタ

こと「………?」

こと「……まきちゃん…?」ネムネム

まき「次のステージ!この帽子被って踊りたいんだけどいいかしら!?」
22: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:58:56.77 ID:ZMDDKxAt0.net
新幹線車内

ほのことうみりんぱなのぞにこえり「………」スヤスヤ

まき「……ふふっ♪」

まき「みんな、ありがとね」
23: 名無しで叶える物語(四国地方)@\(^o^)/ (ワッチョイ b7b7-w9VM) 2015/12/23(水) 23:59:43.69 ID:ZMDDKxAt0.net
おしまい。
くぅ~疲w

>>1に書き忘れましたけど
・時系列的にはスノハレの原型が出来上がりつつある頃です
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『まき「……………ハァ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。