真姫「海未、歌詞を作る時どうしてる?」 海未「……言わなきゃダメですか?」

シェアする

うみまき-アイキャッチ1
1: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 04:15:50.82 ID:tCtIDiwb0
ラブライブSS

さくっと

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400181340

元スレ: 真姫「海未、歌詞を作る時どうしてる?」 海未「……言わなきゃダメですか?」

スポンサーリンク
2: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 04:18:37.41 ID:tCtIDiwb0
真姫「愛してるバンザーイ♪」

真姫「ここでよかった~♪」

真姫「ふんふ~ん」ジャンジャン

海未「真姫、要件というのは何でしょうか?」

真姫「あのさ、海未」

真姫「海未は……歌詞作る時どうしてる?」

海未「……言わなきゃダメですか?」

真姫「興味本位で聞きたいなって」
4: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 04:25:05.08 ID:tCtIDiwb0
海未「あまり明かしたくはないのですが……」

真姫「……海未の作詞、素直で素敵だなって毎回思うのよね」

海未「……」

真姫「私は愛してるばんざーいくらいしか作ったこと無くてさ」

真姫「……恥ずかしいけど、作詞は苦手なのよ」

海未「そんなことないです!」

海未「真姫の曲はとても素晴らしい!」

海未「アイデアの湧く曲を作れる真姫のほうが凄いです!」

真姫「海未……」

真姫「作詞の方法は?」

海未「う、この流れで聞くんですか……わかりました」
5: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 04:28:18.70 ID:tCtIDiwb0
海未「実体験です」

真姫「……え?」

海未「実体験です!」

真姫「え、ホントに……?」

海未「だからあんまり話したくなかったんですよ……」

真姫「えぇ……? じゃ、じゃあ友情ノーチェンジは!?」

海未「あぁ……アレですか……」

7: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 04:34:38.82 ID:tCtIDiwb0
海未「物心がついた時に、穂乃果を好きになりました」

真姫「素敵じゃない」

海未「小学生になった頃から、ことりも好きだと気づきました」

真姫「……うん?」

海未「気づけば二人とも好きになりました」

真姫「悪いことじゃないと思うけど?」

海未「……恋愛の情でもですか?」

真姫「」

海未「穂乃果とことりは今も一緒に居ます」

真姫「……」

海未「私はチャンスを逃しました……」ハァ

真姫「あ、ごめんなさい……」
8: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 04:39:32.31 ID:tCtIDiwb0
真姫「ほ、ほら! もっと違う曲もあるでしょ?」

海未「……例えばどんな曲ですか?」

真姫(明るそうな曲……)

海未「どうせ私は……」

真姫「ラブノベルスなんてどう!?」

海未「あの曲は確かに……愉快でしたね」

真姫「そうでしょう!」

海未「あれは確か……」
9: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 04:45:11.49 ID:tCtIDiwb0
海未「朝ご飯はやっぱり納豆ご飯ですね」モグモグ

海未「このネバネバ感がいいんですよ」ネバー

海未「もっとネバネバさせましょう……」カンカンカン

海未「いい引きですね……ふふふ……」ツルッ

海未「あ……」ネバァ

海未「バッグに納豆が……拭かないと……」

海未「臭いが取れない……諦めないで頑張らないと……ハッ」

海未「みたいなことに……」

真姫「」

真姫「あ、うん……ドンマイ……」

海未「ハァ……私の作詞は綺麗ですか……アハハ」

真姫(ま、まだよ! 次の曲……次の曲!)

真姫「>>10なんてどう!?」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/16(金) 04:46:11.81 ID:mrXenkZG0
ぷわぷわーお
11: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 04:56:52.69 ID:tCtIDiwb0
真姫「ぷわぷわーおなんてどう!?」

海未「あれは……夢でした」

海未「両手に花でした……穂乃果とことりが両隣にいてくれたんです」

海未ほ「海未ちゃん大好きー!」

海未「うふふ、私もですよ」

海未こ「あー穂乃果ちゃんずるい~ことりも好きだよ!」

海未「私は二人とも好きですから」

海未「という感じでした」

真姫「……理想の夢じゃない」

海未「はい、醒めないで欲しかったです」

真姫「あの歌、お酒でも飲んで作ったのかと思ったわ」

海未「幸せな夢の反動がひどくてですね」

海未「起きたら二人が隣から消えた感じがして死にたくなりました……」

真姫(なんか現実味のあるものあったかしら……)

真姫「ほ、ほら、>>12の曲は?」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/16(金) 05:01:40.13 ID:QMwciaCv0
ソルジャーゲーム
13: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 05:23:54.02 ID:tCtIDiwb0
真姫「soldier gameなんてどう?」

海未「えぇ、あれは私の心情を語っています」

海未「先にも言いましたが、穂乃果とことりはつきあっています」

真姫「えぇ」

海未「ちょっと格好つけてミステリアスを気取っていたんです……」

海未「思わせぶりのセリフ、駆け引き……」

海未「あの二人には全く通用しませんでした……」

真姫(かわいそう)
14: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 05:29:51.23 ID:tCtIDiwb0
海未「分かりますか! 真姫!」ガシッx

真姫「ヴェェエ!?」

海未「私だって勇気を振り絞ったんですよ!」

海未「満月の秋の日、私は穂乃果に……月が綺麗ですねと囁きました!」

海未「穂乃果の返答は……お餅美味しいね……ですよ!」

真姫「それは……お気の毒に……」

海未「なりふりを構うべきじゃなかったんです……!」

真姫(穂乃果に取る作戦じゃないっていうのは禁句かしら)
15: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 05:35:56.45 ID:tCtIDiwb0
真姫「それはどうでもいいとして」

海未「どうでも良くはありません!」

真姫「まぁ、置いといて」

真姫「海未は闇とか、ちょっとなんていうのかしら」

海未「厨二病ですか?」

真姫「そう、それ! じゃなくてそういう言い回し多いわね」

海未「憧れみたいなものですよ」
17: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 05:42:37.91 ID:tCtIDiwb0
海未「多分誰しもが持っているはずです」

海未「学校にテロリストが入ってきて颯爽と助けたり」

海未「ダークヒーローを気取ってみたり……」

真姫「私はないけど……」

海未「真姫は綺麗ですからね」

真姫「えっ」

海未「あっ」

海未「と、とにかく見て欲しい一面っていうのは有るはずなんです」

海未「真姫ならば、好きな人に素直になりたいとか」

真姫「わからないでもないわね」

海未「好きな人が居るんですか!?」

真姫「どうしてそうなるよのよ!」
18: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 05:47:27.36 ID:tCtIDiwb0
海未「そのようにして生まれた歌詞が……」

真姫「LOVELESS WORLD?」

海未「そうですね」

海未「あの歌詞はいい出来栄えでした」

海未「自身を燃やしながらも慕った相手に寄り添い尽くす」

海未「これが大和撫子かと思います」

真姫「……私は反対だけどね」

海未「え?」
19: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 05:51:18.75 ID:tCtIDiwb0
真姫「だって灰になっちゃうんでしょ?」

真姫「そこまで好きになってしまったならどうして最後まで一緒に居ないの?」

真姫「身勝手すぎるし、自己犠牲が過ぎると思うわ」

海未「真姫……」

真姫「どんなに汚くても生きるべきだと思うわ」

海未「意外でした。真姫なら綺麗に死ぬかと……」

真姫「……それが恋とかだと思う……ヨクワカンナイケド」

海未「……そうですね、応援ばかりしていて少し見失っていたかもしれません」
20: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 06:00:13.55 ID:tCtIDiwb0
真姫「Love marginalは……聞く必要はないわね」

海未「えぇ、偽らざる本音です」

真姫「そう」

海未「惚気が少し……辛い時も有りますよ、私にも……」

真姫「……別に私しか居ないし、泣いてもいいわよ?」

海未「後輩の前では泣きませんよ……」

真姫「先輩禁止じゃなかったの?」

海未「後輩は禁止じゃないので」

真姫「ふふ、良く言うわね」
21: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 06:06:06.27 ID:tCtIDiwb0
海未「でも、やっぱり……」

真姫「?」

海未「せっかくの申し出ですし、泣いちゃってもいいですか?」

真姫「……勝手にすればいいじゃない?」

海未「はい……では」ダキッ

真姫「ヴェェエエエエェ!?」

海未「えへっ、ちょっと……抱きしめたかっただけです」

真姫「ずるいんじゃない? そういうの」

海未「塾で習いました」

真姫「あの二人ね……」ハァ
22: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 06:19:30.96 ID:tCtIDiwb0
真姫「他に習ったことは?」

海未「ええと……ここからキス……してくれませんか?」

海未「って上目遣いで言ってみるとのことでした」

真姫「それで相手をその気にさせて……冗談ってごまかすの?」

海未「よくわかってますね……それがミソだと言っていました」

海未「…………」

真姫「…………どうかした?」

海未「真姫、キスしませんか?」

真姫「本心ならいいわよ」
23: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 06:30:34.08 ID:tCtIDiwb0
海未「本心……とは?」

真姫「そうね、そんなに軽く見られたくないし……」

真姫「本気で――それこそ身を焦がすように愛してくれるなら」

真姫「私とキス出来る権利を上げるわ」

海未「じゃあキス……しましょう!」

真姫「……」ジー

海未「……なんて、じょうだ――――」チュッ

真姫「ふふっ」

海未「な、な、なななっ///」

真姫「やっぱりへたれね、海未は」

真姫「さて、黒の騎士様は私を捕まえられるかしら?」

海未「…………」

海未「捕まえて抱きしめてみせますよ」

真姫「……本気で待ってるからね」

海未「はい……!」

FIN
24: ◆S54RkZf7aI 2014/05/16(金) 06:31:57.30 ID:tCtIDiwb0
お疲れ様でした!それではまた次回お会いしましょう。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「海未、歌詞を作る時どうしてる?」 海未「……言わなきゃダメですか?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。