μ'sの>>2と>>3のキャラがどうでもいいことを話すSS

シェアする

のぞにこ-アイキャッチ5
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/26(土) 23:05:28.96 ID:ZqpXXDRt0.net
飽きたら終わります

元スレ: μ'sの>>2と>>3のキャラがどうでもいいことを話すSS

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイ d6e1-83HX) 2015/12/26(土) 23:07:03.17 ID:cf2h2shQ0.net
3: 名無しで叶える物語(なっとう)@\(^o^)/ (ワッチョイW bd75-1kJ5) 2015/12/26(土) 23:07:25.93 ID:N8nBjFzt0.net
にこ
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/26(土) 23:14:12.62 ID:ZqpXXDRt0.net
希「ただいまー。あっ、にこっちおるやん」

にこ「おかえりー。ここ部室だけどね」

希「じゃあね~」

にこ「ちょっ、ちょっと待ちなさいよ。練習あるでしょうが!」

希「いや、にこっちと二人ぼっちはちょっと気まずいし」

にこ「なんでよ……あんた昨日死ぬほどイジってきたじゃない……」

希「あれは皆がいたから。にこっちと二人だと何をしゃべっていいやら」

にこ「やめなさい……冗談でも困惑するから、そういうこと言うのやめなさい」

希「ふふっ」
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/26(土) 23:21:14.77 ID:ZqpXXDRt0.net
希「実は、ウチがにこっちのことが好き過ぎて、二人はきまずいという……ウワサ」

にこ「いや、知らないけど……そんな純情さは、アンタから微塵も感じないし」

希「まぁね……ウチは経験豊富な女やからね」

にこ「それこそ聞いたことないわね……そうなの?」

希「ん……うん」

にこ「アンタが言い出したんでしょうが。何よ、この不毛な会話」

希「中身ゼロやね」

にこ「中身のある会話して欲しいんだけど」

希「スイカの美味しい季節やね……」

にこ「いや、中身ってそういう意味じゃないから……昨日クリスマスだし」
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/26(土) 23:27:28.55 ID:ZqpXXDRt0.net
希「クリスマスといえば! にこっちは昨日何してたん?」

にこ「いや、昨日は一緒にμ'sでパーティーしてたじゃないの。何なの!? にこは眼中にないの!?」

希「ないなぁ……」

にこ「あれ!! 眼中にあれ!!!」

希「そういえば……にこっちって、お腹空いてる? まぁ、空いてるよね」

にこ「話切り返してくるわね……まだ話終わってないんだけど」

にこ「っていうか、何で空いてるって決めつけてるのよ……勝手に腹ペコキャラに仕立てあげないの」
9: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/26(土) 23:31:54.64 ID:ZqpXXDRt0.net
希「では……今は空いていなから、このドーナツはいらないと」

にこ「……別に空いてないとは言ってない」

希「つまり欲しいん?」

にこ「……欲しい」

希「ください、ね?」

にこ「……ください」

希「ふひっひ、この食いしん坊にこっちにお恵みを~……はい」

にこ「ふひひ、この食いしん坊にこっちにお恵みを~!」

希「ふひっひ!!」

にこ「ふひっひ、この食いしん坊にこっちにお恵みを~!」

希「よし」

にこ「覚えときなさいよ……」
10: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/26(土) 23:38:53.90 ID:ZqpXXDRt0.net
にこ「はぁ……それにしても皆来ないわね」

希「来るわけないやん。今日、練習休みなんやから」

にこ「えっ、ちょっまっ」

希「えっ、まっちょ」

にこ「まっちょは言ってない。絶対言ってない。って、今日休みなの!?」

希「うん」

にこ「はぁ~!? いつ決まったのそれ!」

希「昨日決まったやん。にこっち聞いてなかったんやね。連絡も行ってるし」

にこ「……ほんとだ……」

希「さっきにこっちがアホ面で学校行ってたから、付いてきたら案の定忘れとったみたいやね」

にこ「アホ面言うな。あぁ、だから巫女服着てんのね」
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/26(土) 23:47:59.46 ID:ZqpXXDRt0.net
希「掃除しとったからね」

にこ「最初希が部室に入ってきたの見た時、何やってんのよ恥ずかしいって思ったわ」

希「ウチもツッコミ待ちだったんよ?」

にこ「ちょっと泳がせとこうって思ったのよ。何かするかなぁって」

希「ふぅん……ツッコミ無かったから、練習関係無く学校に来たのかと思った」

希「家に居づらいのかと思った」

にこ「やめなさい! にこの家を勝手にアレ……変な感じにしないの! 結構愛溢れてるから!!」

希「アレって……まぁ、そうやね。にこっちはママのこと大好きやもんね」

希「マザコンやもんね」

にこ「やめなさい!!」
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/26(土) 23:56:32.86 ID:ZqpXXDRt0.net
にこ「仲が良いって言いなさいよ! 何でちょっとアホみたいに言うのよ!」

希「アホみたいには言ってないけど……にこっちはお母さんに甘えてるイメージがあるんよ」

希「一緒にお風呂入ってそう……ママのおっぱいにしゃぶりついてそう」

にこ「お風呂はまぁ……って、しゃぶりついてないわよ!」

希「お風呂は入ってるんやね……」

にこ「お風呂は良いでしょおぉ!? 誰にも迷惑かけてないじゃない!」

希「はぁ、心配やぁ……にこっちがちゃんと親離れできるか心配やぁ」
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/27(日) 00:01:55.74 ID:6JLG9KPu0.net
にこ「甘えてるのは今だけだから大丈夫……」

にこ「……っはぁ~、疲れた。ぞみと話してたら、どっと疲れるわ」

希「ぞのって誰?」

にこ「ちょっとかんだだけでしょ……ぞのとは言ってないし」

希「びっくりした……いきなりウチを前園呼ばわりし始めたのかと思った」

にこ「何よ前園呼ばわりって。前園全然悪くないでしょ。前園に謝りなさいよ」

希「うん、明日……」

にこ「何で明日……何でちょっと時間置いたのよ」
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/27(日) 00:07:27.41 ID:6JLG9KPu0.net
にこ「もう帰ろうかな……ここにいても何も収穫が無い気がする」

にこ「喉乾いた……」

希「しょうがないなぁ……リッチなウチが何か飲み物を買ってきてあげよう」

にこ「別にいいわよ」

希「買ってくるから、にこっちはここで待っててね~」

にこ「行っちゃった……はぁ、何で希はあんなにテンションが高いのよ」

にこ「何買ってくるかな……ミルクティーが良いなぁ」





にこ「……ああっ! 希、絶対おしるこ買ってくる気がする!!」
15: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/27(日) 00:11:40.62 ID:6JLG9KPu0.net
にこ「微妙に今飲みたくない! 今そんな気分じゃないのに!」

にこ「急いで止めなきゃ……」タッタッタ




にこ「あっ、見つけた! 希いいいいい!!」

希「うん? にこっち待ちきれなかったん? はい、おしるこ」

にこ「あああああ、おしるこ買ってるううう!! 今にこはおしるこの気分じゃないのにいいいい!!」

希「そうなん? ウチのと替える?」

にこ「えっ、そんなシステムあるの? 替えて替えて!」

希「はいっ、あさりの味噌汁」

にこ「ぬわぁぁっ!」
16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/27(日) 00:18:18.56 ID:6JLG9KPu0.net
にこ「もっと重いのがきちゃった! おしるこより今の気分じゃないのがきちゃった!!」

希「そんな否定されるとは……あっ、でも自販機で当たり出たみたい」

にこ「へっ……うっそ!? これもう一本もらえるんじゃない!?」

希「おぉ……さすがウチやね。ラッキーガールやん♪ にこっちどれが良いん?」

にこ「いいの? じゃあ……えっとね……」

希「はい時間切れぶぶーっ!」ポチッ

にこ「ぬわあああぁ!?」

希「はいっ、にこっち」

にこ「ぐわあああぁ、この寒い中オロナミンC!! クソ寒い中、ビンのヤツ!!!」
17: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/27(日) 00:24:46.81 ID:6JLG9KPu0.net
にこ「おしるこあっつい……かといって、オロナミンC冷たい!」

希「にぎやかやねぇ……」

にこ「誰のせいよ、誰の」

希「あっ、でもこうやって熱いものを左手に持って、右手に冷たいものを持ってると……真ん中のにこっちはちょうど良い温度に」

にこ「あっ、たしかに目を閉じて温度を感じてみると……」

にこ「なるかぁ!!!」

希「そうやね」

にこ「そうやね!!!」
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/27(日) 00:34:45.34 ID:6JLG9KPu0.net
にこ「分かりきってることを、一旦にこにやらせてみる……まさに鬼畜の」

希「そんなことより、にこっち帰るん?」

にこ「まだ喋ってる! まだ喋ってるのよ!」

希「あ~~~~~~~」

にこ「聞きなさい!!」

にこ「はぁ……まぁ、帰るわよ。ここにいたら誰かさんに振り回されるし」

希「えりち……」

にこ「なんでよ……絶対あんたじゃない」

希「にこっち……」

にこ「何で自分に振り回されんのよ。悲しいピエロか」

希「ウチ……」

にこ「そうよ!!!!」
20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/27(日) 00:39:41.65 ID:6JLG9KPu0.net
にこ「その顔やめなさい……その信じられない、みたいな顔やめなさい」

希「ウチはこの顔がニュートラルやから」

にこ「嘘でしょ。その顔見たことないわよ」

希「それは、いつもウチが頑張ってこの顔にならないように努力してるから」

希「その苦労も知らんくせに!!」

にこ「何でにこが怒られんのよ! 情緒不安定か」

希「ほら見て……油断するとニュートラルの顔になるから……ほら」

にこ「そんなのアンタのさじ加減でしょうが」

にこ「しかも、さっきのニュートラルの顔と違う!!!!」

希「ふふっ」

にこ「笑ってんじゃないわよ!!!!!!」
21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ (ワッチョイ 83c3-R1/g) 2015/12/27(日) 00:50:43.36 ID:6JLG9KPu0.net
にこ「よし、帰るわよ。このやりとり飽きたから」

希「は~い」

にこ「ったく……ここにいたら騒がしくて死ぬわ」

希「死ぬなんて軽々しく言うんやない!!」

にこ「あっつい!!! 味噌汁がほっぺたにジュウって! あっつい!!」

希「そんな熱くないやん……リアクション盛った?」

にこ「……やめなさい」

おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『μ'sの>>2と>>3のキャラがどうでもいいことを話すSS』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。