【SS】にこテロリストが学校を占拠したわ!

シェアする

にこ-アイキャッチ29
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 16:51:44.74 ID:DoukRAqa.net
~部室~

花陽「テ、テロリストォ?」

真姫「なに言ってるのよ、ここは日本よ?」

絵里「革命運動かしら?」

凛「ちょっと古くないかにゃー?」

海未「(ついにプランSS9を発動する時が…いや、タスク03と同時進行でも…)」

穂乃果「海未ちゃん…?」

※ タイトルは『にこテロリスト~』ではなく『にこ「テロリスト~」』が正しいとの事です(管理人)

元スレ: 【SS】にこテロリストが学校を占拠したわ!

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:01:22.76 ID:DoukRAqa.net
にこ「まったく、嘘に決まってるでしょ」

ことり「さすがにそんな嘘誰も信じないよ~」

にこ「でもね」

凛「にゃ?」

にこ「いま恥ずかしがらずに妄想を巡らせた人は、中二病の素質がある人よ」

真姫「え?」

にこ「いま『バカバカしい』と思った人、中二病の素質が無いに等しいわね」
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:03:53.87 ID:DoukRAqa.net
希「ちょっとにこっち、どうしたん?」

真姫「そんな素質があったところでなんになるって言うのよ」

にこ「海未っ!」

海未「はっ、はい!」

にこ「今にこのウソ話を聞いてなにを考えていたか、正直に答えなさい」

海未「ええっとその、きたるべき戦闘に備えてシュミレーションを…って(ハッ‼」

絵里「喋っちゃうのね…」

ことり「海未ちゃん、そっちの方向にも痛かったんだぁ」

穂乃果「(ことりちゃん、相変わらず言うときは言うなぁ)」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:06:38.61 ID:DoukRAqa.net
にこ「やっぱり…海未、あんたもこっち側の人間だったのね」

にこ「というわけで今日は予定を変更して!!(バンッ!」ホワイトボードクルッ

穂乃果「『第1回!もし学校にテロリストが攻めてきたらどうするか討論会in音ノ木坂』?」

真姫「じゃ、私は帰るわね」

海未「す、すこしお手洗いの方に…」

にこ「待ちなさいってば!(ガシ」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:08:37.61 ID:DoukRAqa.net
にこ「最近は毎日遅くまで練習しててみんな疲れ気味だし、たまにはこういうのもいいんじゃないかなーって、部長のにこは思うのです、はい」

希「ええんとちゃう?面白そうやん!」

絵里「私も別に構わないけど…内容がねぇ」

海未「それなら問題ありません!中学生という多感な時期を過ぎた今だからこそ!腹を割って厨二妄想を披露できるというものです!」

穂乃果「(もう開き直った…)」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:10:17.41 ID:DoukRAqa.net
にこ「その通りよ!少し中学生をバカにした姿勢で話し合えば、恥ずかしくもなんともないわ」

真姫「いわゆる高二病ってやつね(髪クルー」

凛「(真姫ちゃんはあんまり人のこと言えないにゃ)」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:11:54.61 ID:DoukRAqa.net
~~~~~~~~~

海未「それでは早速本題に」

真姫「結局私も参加させられるのね…まぁいいけど」

にこ「まずはやっぱりテロを起こす理由付けよねぇ」

花陽「そこもこだわるんだ…」

海未「私はいつも『学校の地下に軍需工場』の路線でいくのですが、にこは?」

にこ「うーん押しが弱いわねぇ、にこは『隣のマンションが敵対組織のアジト』って感じね」
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:15:11.92 ID:DoukRAqa.net
穂乃果「つ、ついていけない」

凛「なんかリアル感に欠けるにゃー」

希「こういうのはどうやろ?『政府関係者の娘が通学してる』とか」

海未にこ「!?」

絵里「ハラショー…」

海未「希、あなたは最高です」

にこ「穂乃果!ホワイトボードにメモよ!」

穂乃果「なんで私が…」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:17:40.81 ID:DoukRAqa.net
にこ「理由はこんなもんね、となると次は」

真姫「テロリストからの要求デショ」

にこ「そうね、この場合は…」

絵里「『娘さんの命と引き換えに法改正を~』とかじゃないかしら?」

海未「おお!良いんじゃないでしょうか!」

にこ「良いわね、みんなが一歩ずつクルセイダーに近づいている気がするわ!」

花陽「(クルセイダー…十字軍?)」

凛「(授業で聞いたカッコいい横文字をなんとなく使う、一番カッコ悪いパターンにゃ!)」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:20:50.18 ID:DoukRAqa.net
海未「理由と要求が決まったところで、次はわれわれの番ですね」

穂乃果「穂乃果達の番?」

にこ「そ、にこ達がどういうシチュエーションにいるかを決めるの」

海未「こういう場合は、妄想をする人の想い人と二人きりだったりもするのですが…」

ことり「ここは女子校だし、それはないかぁ(私はハノケチャンと…)」

凛「(凛はかよちんと…)」

花陽「(わたしはおにぎりと…)」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:28:43.12 ID:DoukRAqa.net
穂乃果「それなら、この9人で一緒にいた方が心強いかな!」

絵里「場所はやっぱり、いつも私たちが練習してる屋上かしら」

希「いや、甘いでエリチ」

絵里「へっ?」

海未「希の言う通りです。絵里、あなたは立てこもり事件のテレビ中継を見たことがありますか?」

絵里「ええまぁ…あんまり見たいものでもないけれど」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:30:18.16 ID:DoukRAqa.net
にこ「当たり前だけど、立てこもり事件の犯人は凶器を持って脅しをかける。だから報道カメラは近づけない、そんな時使われるのが…」

ことり「ヘリコプター?」

海未「そうです、そのヘリコプターからの空撮カメラに万が一私たちが映ってしまえば…」

穂乃果「テロリストが穂乃果達に気付いちゃう!」

にこ「そういうこと。逃げ場を無くした小娘9人は尻尾を振ってにげるしk「だったら」

花陽「そのヘリコプターに救助してもらえばいいんじゃないかな?」

凛「そうにゃそうにゃ!流石かよちん賢いにゃ~」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:45:53.38 ID:DoukRAqa.net
にこ「あんた…それ本気で言ってるの…?」

花陽「ひっ!」

にこ「もしにこが逃げ出したりしたら、残された『アイツ』との約束はどうなるの!?それに『アレ』が奴の手に渡ってしまえば…」

真姫「サイドストーリーまで用意してあるのね…」

凛「本にして売ればいいにゃ」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 17:47:52.28 ID:DoukRAqa.net
絵里「じゃあ私たちの居場所は部室が望ましいってことかしら」

にこ「まぁそうなるわね」

花陽「じゃあ、練習前のミーティング中にテロリストが学校を占拠して…」

海未「待ってください、こういうのはどうでしょう?」

海未「授業中に立てこもり事件発生、犯人グループは人質をとる。生徒には避難指示が出るも、μ'sメンバーはそれを無視し部室に集まる」

穂乃果「おお!秘密組織っぽくてカッコいい!」

にこ「中々やるわね…さすが海未よ」
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 18:56:40.72 ID:DoukRAqa.net
真姫「でも校舎内はテロリストが占拠してるんでしょ?そう簡単には動けないわ」

海未「そこでこれを使います(ゴソゴソ」

ことり「これは?」

絵里「校舎の見取り図?なんでこんなもの持ち歩いて…」

海未「あらかじめこの地図をみんなで見て、作戦ブリーフィングをしておくのです」

花陽「これで近道を探しておくってことだね!」

凛「凛はかよちんと一緒に逃げるにゃ!」
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 18:58:00.38 ID:DoukRAqa.net
希「うーん、たしかに良い案ではあるんやけどな」

海未「なにか問題でも?」

希「テロリストって言っても相手はプロ集団や、占拠する建物の構造くらいは頭に叩き込んでるんとちがう?」

穂乃果「うっ…相手にもお見通しってわけか」

凛「じゃあ凛たち、見つかり次第…」
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 19:15:43.69 ID:DoukRAqa.net
にこ「まったくしょうがないわね~!こういう時のために、にこもちゃんと用意してあるわ(ゴソゴソ」

絵里「にこもなにか飛び道具が?って…」

真姫「ワイシャツと」

穂乃果「安全ピン…?」

花陽「これがあれば、無事に部室までたどり着けるの?」

にこ「にこの算段では、ね。このワイシャツを羽織って…真姫!」

真姫「なに?」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 19:21:20.97 ID:DoukRAqa.net
にこ「この安全ピンで、にこの胸を刺しなさい」

真姫「ヴェエ⁉」

絵里「ちょっとにこ、別にそこまでしなくても」

にこ「いーからいーから!プスッと!」

真姫「ホントに大丈夫なの?」

にこ「大丈夫よ!いざという時はあんたも使うかも知れないんだから」

希「余分な脂肪がないぶん痛そうやなぁにこっちは」

にこ「余計なお世話よ!(プスッ ジワァ」
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 19:34:35.75 ID:DoukRAqa.net
真姫「ほら!やっぱり血が出て…ってあれ?」

ことり「血が…どんどん流れて…」

凛「ちょっと刺しすぎじゃないかにゃー?」

花陽「手当てしなきゃ!」

にこ「大丈夫よ、痛くないから」

真姫「へっ?」

にこ「ほら、血糊よ血糊。これをビニール袋に入れて胸ポケットに忍ばせておくの」

穂乃果「涙ぐましい努力を…」
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 19:42:25.94 ID:DoukRAqa.net
絵里「でもそれ、どういう時に使うのよ?」

にこ「んもぉ察しが悪いわねー、こうやって床に横になってると…」

穂乃果「おお!にこちゃんが撃たれて倒れてる!」

希「『テロリストや!死んだふりせぇ!』ってことやな」

凛「(そのネタ聞いたの、久しぶりぶりブロッコリーだにゃ)」
29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 19:54:40.31 ID:DoukRAqa.net
海未「とすると、移動の問題は解決ですね」

ことり「でもね海未ちゃん、相手の武器が銃じゃなかったらどうするの?」

にこ「テロリストの武器はライフルって相場が決まってるのよ!と◯るシリーズの御◯妹が持ってるやつね」

真姫「(武器についての知識は浅いのね)」

花陽「そっかぁ、でも旧劇エ○ァの戦略自衛隊みたいに、死体でも構わず撃ち続けられたりしたら…」

にこ「そこはなんとかなるの!なんせこれは妄想なんだから」

絵里「(ここまできてそれを言っちゃうんだ)」
30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 20:33:08.42 ID:DoukRAqa.net
真姫「それで?部室に集まるところまではいいけど、その後どうするの?」

凛「凛たち武器なんか持ってないにゃ」

海未「そうですね…まず遺書を書きましょう、それから防弾チョッキを着て…」

絵里「ちょ、ちょっと待って。私たち討ち死するの?」

海未「しませんよ、安心してください。遺書を書くのも演出の1つです。」

凛「(不謹慎すぎるにゃ)」

海未「それと柔道空手拳法等の基本的な格闘技を身につけている設定なので」

穂乃果「プロフィールの設定は結構雑なんだね…」
31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 21:26:48.62 ID:DoukRAqa.net
海未「ちなみに学年1の秀才でスポーツ万能、異性からも同性からも好感度バッチリ…の設定です」

ことり「別にそこまでしなくても…」

花陽「でも、この方がなんか盛り上がるよね!」

にこ「ふふっ、あんたたちなにもわかってないわね」

海未「なっ…ではにこのプロフィールはどのようなものなのですか?」
32: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 21:40:37.77 ID:DoukRAqa.net
にこ「にこはというとね…勉強はいつも赤点スレスレ低空飛行、異性どころか同性ともめったに口を利かず、教室ではだいだいボーッと空を眺めてるの」

にこ「スポーツは全くできなくて、所属クラブは小さな同好会、そこでも無気力にボーッと毎日を過ごしてる。でも6歳の頃に起こったある事件をきっかけに「はーいストップ!」

希「設定っていうか、途中まではにこっちそのものやん」

にこ「う、うるさいわね!自分に重ね合わせて妄想をより先鋭化させるのも大切なことなのよ!」
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 21:41:49.00 ID:DoukRAqa.net
絵里「それで?設定については各々あるにしても、一体どうやってテロリストと渡り合うのよ」

海未「それならご安心下さい!まずは部室の前の廊下にピアノ線を張ります」

真姫「ここは随分シンプルなのね」

穂乃果「それでテロリストからライフルを奪うんだね!」

にこ「ダメね」

海未「ダメですね」

穂乃果「えー、なんでー?」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 21:57:20.69 ID:DoukRAqa.net
海未「考えてもみて下さい、私たちがライフルを奪ったところで勝負あり、つまりはお終いですよ?」

にこ「いまいち盛り上がらないわね」

花陽「(それはそれでいいと思うけど)」

海未「そこで、あくまでライフルは敵の手中にあると仮定しましょう」

絵里「『誤作動で動かなかった』とでもしておけばいいわね」

にこ「絵里、ずいぶん要領を得てきたじゃない。まぁ校舎の見回りなんかさせられてる時点で組織の中では下っ端なわけだし、説明はつくわね」
36: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 22:14:17.32 ID:DoukRAqa.net
真姫「でもやっぱり、『敵の武器を奪って攻勢』って、カッコいいじゃない?」

ことり「確かに…捨てがたいシチュエーションだよね」

希「じゃあこういうのは?ライフルは奪えんかったけど、腰に提げたサバイバルナイフに手が届いた!とか」

海未「いい!すごくいいですそれ!」

ことり「海未ちゃん、生き生きしてるね」

穂乃果「すでに取っ組み合いになってる前提の話だったんだ…」
37: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 22:25:29.89 ID:DoukRAqa.net
花陽「じゃあそのあとはナイフで間を取りつつ…」

絵里「それは危ないんじゃないかしら」

にこ「絵里の言う通りよ、それこそ敵はライフルを標準装備してるの、長い廊下の真ん中に立ってたりしたら…」

希「いい的になるだけやね」

真姫「じゃあどうすれば…」

凛「部室に引きずり込んでタコ殴りにしてやるにゃ!」

海未「引きずり込むのは構いませんが…手を下さずに捕虜にしてはどうでしょう」

穂乃果「仲間の数や居場所を吐かせるってやつだね!」

絵里「攻◯機動隊みたくなってきたわね」
38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 22:35:41.86 ID:DoukRAqa.net
にこ「仲間の情報を警察に連絡したところで、いよいよクライマックスよ」

ことり「け、警察?」

にこ「そうよ?なにかおかしい?」

穂乃果「いやー、てっきりにこちゃん達だけで解決するものだとばかり」

海未「私たちは普段は一介の女子高生として通っているんですよ?あくまでできるのは警察のアシストくらいです」

真姫「ここまで派手に妄想してたのに、最後はやけに謙虚ね」
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 22:49:03.40 ID:DoukRAqa.net
海未「あえて警察を使うのにもちゃんとした意味があるんですよ」

にこ「その通り。見事警察の犯人逮捕に協力した女子高生としてにこたちはきっと注目を浴びるわ」

希「警察から表彰されたり、学校中の注目の的になったり…」

花陽「でもそんなことしたら、今度はにこちゃんが命を狙われちゃうよ?」

にこ「それはまた別の話よ、ホワイトボードを見てごらんなさい」

花陽「『第1回』…って、またやるノォ⁉」
40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 22:53:45.34 ID:DoukRAqa.net
絵里「まぁつまらなくはなかったけど、かなり突っ込みどころだらけだったわよ?」

にこ「開催時期は未定よ、でも今回の対テロリストのシミュレーションはバッチリよ!」

海未「というわけで、今から校舎内で実際に動いていきたいと思います(ワクワク」
42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 22:56:36.40 ID:DoukRAqa.net
ことり「海未ちゃん、楽しそう…」

穂乃果「こればっかりは1人の時はなかなか出来ないからね~」

凛「なんか楽しそうだにゃ!」

花陽「でもちょっと恥ずかしいかな…」

希「人目を気にしてたら命は守られへんで?」

絵里「全く…あまりはしゃぎすぎないようにね」(ガチャッ

真姫「あっ…先生」

先生「お前たちまだ残ってたのか、下校時刻まで5分ないぞー、しっかり戸締まりして出ていけよ!」
43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 23:06:23.67 ID:DoukRAqa.net
~夜、穂乃果の家~

雪穂「ただいま~ってあれ、お姉ちゃんまた制服のまま寝てる」

雪穂「ん?(ガサッ」

雪穂「音ノ木坂楽器店?なんだろ(ガサガサ」

雪穂「ピアノ線……?何に使うんだろ…」





おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【SS】にこテロリストが学校を占拠したわ!』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。