にこ「みんなで飯テロするわよ!」

シェアする

にこ-アイキャッチ23
1: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-any8) 2015/11/24(火) 21:56:18.38 ID:Vs+VWJ/tH.net
*部室*





絵里「飯テロ…?」

にこ「そう!これはμ'sの宣伝のためにも早急にやるべき事よ!」

真姫「イミワカンナイ」

海未「宣伝が必要、というのはわかりますが…」

穂乃果「花陽ちゃん、飯テロってなにー?」ランチパックムシャー

花陽「えっと、飯テロっていうのは、主にt○itterなどのSNSに、美味しそうな食べ物の画像を上げたりすることを言うんだ。
   普段なら微笑ましいだけで済むんだけど、それが深夜になると、すごく凶悪になっちゃって…」

凛「それで、かよちんは夜食におにぎりいーっぱい食べたくなるんだよねー」

花陽「り、凛ちゃん…!」

海未「花陽…?」ゴゴゴゴ

花陽「ピャー!?」

希「それで、なんで飯テロがμ'sの宣伝になるん?」

にこ「…あんたたち、ちゃんとSNS使ってんの?」

元スレ: にこ「みんなで飯テロするわよ!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-any8) 2015/11/24(火) 21:56:50.48 ID:Vs+VWJ/tH.net
穂乃果「え?…えーっと」

ことり「ほとんど使ってない、かなぁ…」

にこ「それよ!!」ガタンッ

穂乃果「ヒィッ」

にこ「この情報化社会において、SNSはもはや若者の必需品と言っても過言ではないわ!
   企業だってそこに目をつけて、広告はSNSをメインにしている所だってあるのよ!
   スクールアイドルだって同じ!PVやステージ以外での顔…普通の女子高生としての顔を見せることが大きな武器に成りうるんだから!
   だから全員にそれぞれt○itterのアカウント作って渡したでしょ!」

にこ「なのに!9人もいて、まともに使ってるのが私だけってどういうことよ!!」バァン



シーーーン



絵里「だって…何を書いたらいいのか分からないんだもの」

海未「私も、みだりに私生活を晒すのは、ちょっと抵抗が…」

希「ウチも、μ'sのこと以外となると、お手伝いのことくらいしかないもんなぁ」

にこ「はぁ…そんな事だろうと思ったわ」

ことり「だから、その話題作りのために飯テロをしようってこと?」

にこ「そういうことよ。メンバーがそれぞれ一品ずつ、その腕を振るった料理を出し、それを飯テロに使うの」
3: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-any8) 2015/11/24(火) 22:01:14.50 ID:Vs+VWJ/tH.net
穂乃果「いいね!やってみようよそれ!」

凛「凛もやりたいにゃー!」

真姫「でも、深夜でしょ?飯テロできるくらい重い食事ってどうなのよ」カミノケクルクル

海未「それは私も思います。ライブも控えているのに」

花陽「私も、ちょっと怖いなぁ…」チラッ

海未「?」

にこ「それなら問題ないわ。あくまでも目的は飯テロだから、写真は昼間に撮って、深夜にアップすればいいだけよ」

絵里「そうね…今週の土曜日は練習もお休みだし、そういう変わった息抜きもいいんじゃないかしら」

希「ウチはさんせーい。ところで、場所はどうするん?」

穂乃果「それなら大丈夫だよ!…真姫ちゃん!」

真姫「ゔぇえ!?」

穂乃果「飯テロできそうな場所、貸して!」

7人「「「「「「「なるほど!」」」」」」」

真姫「なんでこっち見るのよ!!」
5: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-any8) 2015/11/24(火) 22:10:57.37 ID:Vs+VWJ/tH.net
*まきりんぱなの帰り道*






花陽「うぅ…海未ちゃん、怖かったよぉ…」

真姫「今回は許してくれたんでしょ?」

花陽「うん…ダイエットが必要なほど、変化はないみたいだからって」

凛「でも、さっき飯テロ画像見せてもらったけど、夜中にあんなの見たら誰だって何か食べたくなるにゃ」

凛「今度は凛たちが飯テロするんだよね!楽しみにゃ~♪」

花陽「そうだね。真姫ちゃんのお料理、初めて食べるかも♪」

真姫「わ、私のに期待しないでよ…美味しいのなら、にこちゃんが作ってくれるじゃない」

凛「えー?凛は真姫ちゃんの料理が食べたいの!」ダキッ

真姫「ちょっ、いきなりクッツカナイデ!」

凛「それから海未ちゃんでしょ、絵里ちゃんのロシアの料理、あっ、希ちゃんも一人暮らしだし、上手そうだよね!」

花陽「ご飯、いっぱい炊かないと…!」

真姫「…でも凛、あなた大丈夫?」

凛「?なにが?」

真姫「その日の料理、凛も作るのよ?」

凛「……………………」






凛(みんなの料理を食べることしか考えてなかったにゃああぁぁぁぁぁああ!!!)
6: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-any8) 2015/11/24(火) 22:27:50.73 ID:Vs+VWJ/tH.net
*穂乃果のお部屋*





穂乃果「ことりちゃんは何を作るの?」

ことり「えへへ。秘密だよぉ♪」

海未「ダメですよ穂乃果。メニューは全員 当日まで言わないと決めたでしょう」ホムマンモグモグ

穂乃果「そうだけどさー。ことりちゃんのお菓子以外の料理って、意外と食べたことないじゃん。だから気になっちゃうの!」

ことり「出てくるまでわからないのも、楽しみの一つだと思うけど…」

穂乃果「うぬぬ…これがジレンマ…」

海未「私も何か考えないといけませんが…皆の苦手なものは極力避けた方がいいですよね」

ことり「お魚に、梅干し、にんにく…」

穂乃果「あ!ピーマンは絶対ダメだからね!」

海未「子供ですか…」

穂乃果「穂乃果はどうしよっかなー。みんなが何を作るかわからないから、被らなそうなのにしないと…」グヌヌ

ことり「そうだよねぇ…」



海未(最初は反対しましたけど…やるとなると、やっぱり楽しみですね)フフッ
7: 携帯からになりましたが1です(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-KeWB) 2015/11/24(火) 22:55:37.83 ID:pxojzJvO0.net
絵里「これとこれと…あとはお鍋があればいいわね。真姫から借りましょう」

亜里沙「お姉ちゃん、なにしてるの?」

絵里「今日、真姫の家で料理大会するのよ。みんなで一品ずつ作って、それをネットに公開するんだって」

亜里沙「ハラショー!いいなぁ…」

絵里「…亜里沙も来る?」

亜里沙「え…でも、大丈夫かな」

絵里「ふふっ。亜里沙なら、みんな大歓迎よ。一応、真姫にも確認してみるわね」ナデナデ
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 00:09:07.76 ID:jC0OwgtT0.net
*当日、西木野さんち*




にこ「全員揃ったみたいね」

穂乃果「はーい!」

花陽「ご飯はばっちり、全員分炊いてるよ!」

真姫「花陽はてっきり、完璧な炊き方のご飯を出すのかと思ってたけど…他にも作るのね」

花陽「うん。ご飯は部室でも炊いてるし、せっかくだから違うものを出そうと思って」

雪穂(部室に炊飯器あるんだ…)

亜里沙「あ、雪穂!」ガチャ

雪穂「!亜里沙も来てたんだ」

亜里沙「えへへ。お姉ちゃんが連れて来てくれたの…雪穂も来たかったんだ」

雪穂「ちっ、違うよ!お姉ちゃんがポカやらないか心配で見に来ただけ!」

穂乃果「?雪穂~呼んだ~?」

雪穂「呼んでない!!」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 00:26:46.12 ID:jC0OwgtT0.net
にこ「ルールを説明するわ」

にこ「基本的には、一人ずつ料理を作り、振る舞うだけよ。料理と料理の間の時間は、自由。休みの日だしね」

にこ「順番は、この箱に入れたクジで決めるわ。このクジを作ったのは私だけど、中の紙には名前しか書いてないから、誰がなにを作るかは私も知らない」

真姫「もしも1人では手のかかりすぎる料理なら、アシスタントとしてうちのお手伝いさんの和木さんに来てもらってるから、手伝ってもらって」

和木さん「よろしくお願いしますね、皆さん」ペコリ

にこ「妹ズはクジを用意してないから…姉妹で料理して頂戴」

雪穂「え゛っ」

亜里沙「はーい!」

にこ「クジを引くのは、その時料理を出した人。最初は私が引くわね…じゃあ、早速いくわよ!」

希「いやー、ドキドキするなぁ」

海未「最初じゃありませんように…」

凛「……………」ガタガタガタガタガタ

ことり(凛ちゃん…)

凛(凛はない凛はない凛はない凛はない凛はない凛はない凛はない…)

凛(みんながお腹いっぱいになって、もういいやってなる頃まで名前出ないで…出ないで……!!)ガタガタガタガタ



ガサガサガサ......バッ!!

にこ「出たわ!最初の調理者は…>>13よ!!




>>13が作るメニューは >>15
13: 名無しで叶える物語(WiMAX)@\(^o^)/ (ワイモマー MM19-i6Ga) 2015/11/25(水) 00:38:31.33 ID:VKq6HnwtM.net
希ちゃん
15: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa05-JUgr) 2015/11/25(水) 00:58:02.29 ID:84CwQ6Fja.net
親子丼
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 01:13:44.56 ID:jC0OwgtT0.net
にこ「最初の調理者は…希よ!」

希「お、早速ウチかぁ」

凛(ホッ...)

花陽(よかったね凛ちゃん…)

穂乃果「希ちゃんの料理かぁ!お袋の味に期待だねっ!」ワキワキ

希「誰がお袋やてー?」ガシッ

穂乃果「ヒイッ」

雪穂「あーあ」

希「花陽ちゃーん、炊飯器のご飯、使ってもいい?」ワシワシワシワシワシワシワシワシワシ

穂乃果「いやああああああああああああ」

花陽「う、うん」

真姫「人の家でなにしてんのよ」

希「ありがとー。ほな真姫ちゃん、厨房借りるねー」

穂乃果「」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 01:24:21.89 ID:jC0OwgtT0.net
*西木野さんちの厨房*






希「うわっ、大っきいなぁ…ホテルの厨房みたいやん」

希「こんな大っきい場所で料理できるのなんて、最初で最後かもしれんなぁ。よし、気合入れてやろっ♪」エプロンファサ-




希「まずは玉ねぎやね。火が通りやすいように、薄くスライスしてっと」トントントントン

希「一緒に三つ葉も刻んでしまおか」

希「次は鶏肉!ホントなら鶏もも肉を使うんやけど、ウチが今回使うんは胸肉やね」

希「胸肉は火を通すとパサパサするから好きじゃないって人も多いけど、それはやり方次第でどうにでもなるからねー」

希「昨日の晩から、お酒とすりおろした生姜で、ジップロックに入れて漬けといた胸肉」

希「たったこれだけでびっくりするくらい柔らかくなるんやから、料理ってほんまにスピリチュアルやね」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 01:31:52.36 ID:jC0OwgtT0.net
希「さて、その胸肉を一口大に切って」トントン

希「ここで東條!いや登場!一人暮らしの和食の味方、めんつゆ!」ド-ン

希「これさえあれば大抵の和食はできるよね」トクトクトク

希「めんつゆを軽く沸騰させてと」チッチッチッチッチッボッ

希「その間に卵溶いとかないとね」チャッチャッチャッ
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 01:37:05.76 ID:jC0OwgtT0.net
希「沸いためんつゆに玉ねぎと鶏肉入れるで」

希「…うんうん、いい香り。あとはお肉に火が通ったら卵を回し入れて、ちょっと蒸らすだけやん」

希「ちゃちゃっと盛り付けてしまおか。花陽ちゃんのご飯は…まあ心配いらないよね」




希「…よし、できたで!」
21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 01:46:06.15 ID:jC0OwgtT0.net
人いないかな






希「みんな、できたよー!のんたん特製親子丼やん!」


http://imgur.com/bflu2ZZ.jpg
1448369778-21


亜里沙「ハラショー…!!」

花陽「わぁ…すっごく綺麗…!白身の半熟具合が白米の白さに丁度よくマッチして、お茶碗全体がキラキラ輝いてるよぉ…!」

ことり「希ちゃん、すごぉい…!」

希「ふっふーん。伊達に一人暮らししてないからね。さ、冷めちゃわないうちに食べよか」

絵里「ええ。もうお腹が空いて仕方ないわ」

亜里沙「お姉ちゃん、朝ごはんも抜いてたもんね」

絵里「ちょ、ちょっと亜里沙…//」

ことり「ふふっ。それだけ楽しみだったんだよねぇ」

穂乃果「それじゃあ皆さん!せーのっ」

みんな「いただきまーす!」
24: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 02:23:37.05 ID:jC0OwgtT0.net
凛「!なにこれ、すっごい美味しいにゃ!」

海未「本当ですね…!口の中で卵の柔らかさと共に広がる出汁の風味。濃すぎない味付けと、鶏肉を噛むと同時に溢れる生姜の香りもまた飽きを感じさせない要素になっています。
この生姜は恐らく胸肉を柔らかく仕上げるために使った物でしょうが、鶏肉の下味としても働いていて、家庭料理ならではの味わいを醸し出していますね」

ことり「海未ちゃん、食レポの人みたい…」

真姫「でも、本当に美味しいわ、これ…。高級感はないんだけど、素朴であったかい味わい…」ホッコリ

にこ「…最初からすごいのぶつけて来たわね…」グヌヌ

希「…いやぁ、こんなに褒めてもらえるとは思わなかったわ。みんな、ありがと」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 02:33:08.58 ID:jC0OwgtT0.net
みんな「ごちそうさまでした!」

希「はい、お粗末様でした」

希「他のみんなの料理もあるから、ほんのちょっとずつだったけど、ごめんな?…じゃあにこっち、次のクジ引いてもいいかな?」

にこ「ええ。やって頂戴」

希「よーし、ほないくよー!」ガサガサ....

ことり「わくわく」

絵里「ドキドキ」

凛「」ガクガク



....バッ!!


希「次のシェフは……>>27や!」




>>27の料理→>>30
27: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプッ Sda8-EtL+) 2015/11/25(水) 02:40:54.66 ID:yRhL9bEbd.net
んじゃことりちゃん
30: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sda8-SwvK) 2015/11/25(水) 04:05:19.67 ID:eHp5Zp1jd.net
ホワイトソースたっぷりマカロニグラタン
31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 09:05:34.54 ID:jC0OwgtT0.net
希「次のシェフは……ことりちゃんや!」

ことり「はーい♪」

花陽「ことりちゃん、よくお菓子作ってきてくれるけど…お菓子じゃないお料理って、もしかして初めてかな?」

ことり「えへへ、そうかもねぇ。」

にこ「料理上手なのがわかってるからね。期待してるわ」

ことり「そうでもないよ~。それじゃみんな、ちょっと待っててね♪」パタパタ

穂乃果「頑張ってねーことりちゃん!」
32: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-any8) 2015/11/25(水) 13:00:13.95 ID:F2BMfMXNH.net
*再び厨房*


ことり「希ちゃんの親子丼、おいしかったなぁ…。あれの後に作るのはちょっとプレッシャー感じちゃうけど」

ことり「私は私なりのお料理をすればいいよね」

ことり「ことりクッキング、スタートですっ♪」





ことり「まずはホワイトソースから作っちゃおうかな」

ことり「お鍋でバターを溶かして」ジュワァァァ

ことり「そこに強力粉!弱火で、ダマになっちゃわないように気を付けてかき混ぜましょう♪」プクプクプク

ことり「ぷくぷくしてきたら…牛乳をちょっぴりずつ入れます」トクトク

ことり「全体がまとまるように、5回くらいにわけて入れるといいんだよね」グツグツ

-5分後-

ことり「はいっ、ホワイトソースは出来上がりです♪」
35: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-any8) 2015/11/25(水) 13:16:24.90 ID:F2BMfMXNH.net
おいおいまだ2人目なんだぜ




ことり「次に具材を整えます」

ことり「ホワイトソースの横で茹でておいたマカロニは…」パクッ

ことり「うん、いい感じ♪」

ことり「じゃあ、次はエビさんとマッシュルームだね。マッシュルームは薄くスライスします」トントントン

ことり「フライパンにもバターを溶かして、エビさんとマッシュルームを炒めます」ジュワァァ

ことり「エビさんにほんのり色がついてきたら、これ!白ワインです」ジャーン

ことり「香りをつけて、もーっと炒めます…んー、大人の香り♡」ジュワアアアン

ことり「水分がなくなるまで煮詰めたら、マカロニと生クリームも入れちゃいましょう」ジュワァ

ことり「すこーしとろみがついてきたら、さっきのホワイトソースも入れますよ」グツグツグツ

ことり「そこに塩コショウ、粉チーズを少し振って味を調えます」ペロリ

ことり「またまたいい感じです♪」
36: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-any8) 2015/11/25(水) 13:23:40.41 ID:F2BMfMXNH.net
ことり「あとは器に盛って、上にまた粉チーズを振っちゃいます♪」ファサー

ことり「最後にオーブンできつね色になるまで焼き上げて…」

ことり「あ、その間に洗い物片づけちゃお」

-15分後-

ピーーッピーーッピーーッピーーッ

「…できた!」
37: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-any8) 2015/11/25(水) 13:31:23.93 ID:F2BMfMXNH.net
ことり「みんなお待たせ~♪ことりのホワイトソースたっぷりマカロニグラタンです♡」

http://imgur.com/WSGR6gW.jpg
1448369778-37

雪穂「わ、すごい…!」

絵里「またまた美味しそうね…!上にかかったチーズの膜が、その下の美味しさに期待を持たせてくれて…」

ことり「えへへ…♪小ぶりなココット皿だったからちょっと難しかったけど、自信作だよ」

穂乃果「それではまたまた…」

みんな「いただきます!」

ことり「はい、召し上がれ♡」
38: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-any8) 2015/11/25(水) 13:38:38.57 ID:F2BMfMXNH.net
希「ん~!出来立てアツアツなのがまた堪らんね!」ハフハフ

海未「ええ。中のマカロニも固すぎず、柔らかすぎず。とても美味しい固さにおさまっています」

にこ「何よりもこのチーズの膜を破いた時の湯気と香りがいいわね。
   エビも炒めた時に美味しさが逃げてないし、プリップリでまるでにこみたいにこ♪」

希「あ、ウチこの器の縁の少しコゲた部分大好きなんよ」

にこ「無視すんじゃないわよ!!」
39: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-any8) 2015/11/25(水) 13:44:56.44 ID:F2BMfMXNH.net
みんな「ごちそうさまでしたー!」

ことり「お粗末様でした♪」フフッ

真姫「2人ともすごいわね…こんな美味しい料理、なかなか味わえないわよ」

凛「おぉ、珍しく真姫ちゃんがベタ褒めしてるにゃ…!」

真姫「べ、別に…//」カミノケクルクル

ことり「えへへ。ありがとう、真姫ちゃん」

真姫「…//」プイッ

穂乃果「よーし、どんどん次いこうよ!」

ことり「うん!じゃあクジ引くね~」ガサガサガサ………バッ!!


ことり「次のシェフは…>>42ちゃんです!」





>>42が作るメニュー→>>45
42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW fbc3-Ctvz) 2015/11/25(水) 13:47:27.77 ID:973YIpZZ0.net
凛ちゃん
45: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp8d-1Uzl) 2015/11/25(水) 13:59:50.88 ID:70d085HIp.net
ソーミンチャンプルー
46: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 15:43:08.31 ID:jC0OwgtT0.net
ことり「次のシェフは…り、凛ちゃんです!」

凛「に゛ゃあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!??」ガタタ-ン

花陽「り、凛ちゃん…!落ち着いて…!」

絵里「凛、あなたもしかして…」

凛「い、いいの…作ることを忘れてた凛が悪いんだもん…なんとか、頑張ってみるから…」ゼェハァ  

凛「和木さん…お手伝い、お願いしますにゃ…」

和木さん「はい、喜んで」ニコッ

真姫「凛…無理するんじゃないわよ」
51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 19:44:04.70 ID:jC0OwgtT0.net
まさか初ssで支援もらえるとは…ありがとうございます


*またまた厨房*





凛「わ、和木さん…凛、みんなに料理出すの怖いんですけど…」アワワワ...

和木さん「あらあら。大丈夫ですよ、私も精一杯お手伝いします」ウフフ

凛「だ、だって!凛、料理はホントのホントに下手くそで!今まで凛の手料理でお腹壊さなかった人はいないんだよ!」

凛「ホントは今日だって、カップラーメンにしようか本気で考えたけど…さすがにそれはマズいかなって…」

和木さん「星空さん」

凛「は、はいっ」

和木さん「お料理っていうのはね、少しくらい適当でも、案外なんとかなっちゃう物なのよ。星空さんはきっと、丁寧にやろうとしすぎて、空回りしちゃってるんだと思うわ」

和木さん「今日は私がちゃぁんと見ててあげますから、皆さんのために、一緒に頑張りましょ?」ニコッ

凛「う、うん…」
52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 19:56:03.04 ID:jC0OwgtT0.net
和木さんの性格モデルは生前のうちのばっちゃです




和木さん「ところで…星空さんは何を作る予定だったのかしら?」

凛「え、えっと…ソーメンチャンプルーって言うんですけど、知ってますか?」

和木さん「まあ!私大好きなのよ、ソーメンチャンプルー!真姫さんが昔、御家族で沖縄旅行へ行かれた時に、写真で教えてくれたのよ」ウフフ

凛「へぇ…!真姫ちゃんも素麺食べるんだ…!」

和木さん「ええ。チャンプルーはほとんどしませんけど、たまに茹でた時は必ずトマトを乗せるように言われますよ」

凛「真姫ちゃんらしいにゃ」

和木さん「ともあれ、ソーメンチャンプルーなら私でもばっちり教えられます。早速、始めましょうか」ルンルン

凛「あ…よ、よろしくお願いします!」
53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 20:20:58.11 ID:jC0OwgtT0.net
和木さん「素麺はさっと茹でて終わりなので、先に具材から整えてしまいましょう」

和木さん「まずはサバを焼きます。火加減を見ながら、焦げないように注意してね」

凛「え?あ…」

凛「あの、和木さんごめんなさい!実は凛、お魚が苦手で…」

和木さん「ふふっ、大丈夫ですよ。お魚が苦手なんじゃなくて、お魚の小骨が苦手なんでしょう?取り除いてあるものですから、心配いりません」

凛「えっ…なんで知ってるんですか?」

和木さん「真姫さんが教えてくれました。真姫さん、家にいると、貴女方の話ばかりしているんですよ」

凛「…!」

和木さん「特に、凛ちゃんと花陽ちゃん。お二人のお話になると、特に楽しそうで。いつもニコニコしながら話をして下さいます。…そのおかげで、私もお友達に会っているみたいで、今だって初対面という気がしないんですよ」ウフフ

凛「…真姫ちゃんが…」

和木さん「意外でしょう?中学生だった去年までと比べても、今の方がずーっと楽しそうなの。…貴女方のお陰ですね」ニコ 

凛「…………」

凛「…よぉーし!そんな真姫ちゃんのためにも、凛頑張っちゃうにゃー!!」>ω</

和木さん「そうそう、その意気ですよ」ニコニコ
54: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 21:01:29.44 ID:jC0OwgtT0.net
和木さん「サバを焼いている間に、お湯を沸かしておきましょう」

凛「はーい」チッチッチッボッ

和木さん「じゃあ、次はこの紫蘇を刻んでくださいね」

凛「えっと…こ、これくらいですか?」サクッ

和木さん「えっと、もう少し小さくてもいいわね。…もう少し…そう、そのくらいがいいわ。本当ならニラとにんにくも入れたいんだけど、女の子は臭いが気になるでしょうし、今回は入れずにシンプルに行きましょ」

凛「…和木さん、お魚焼けたよ!これくらいでいいかな?」ジュウゥゥ

和木さん「あらあら、お上手じゃない。これだけでも美味しそうですね」

凛「えっへへ~」ドヤァ

和木さん「それじゃ、そのサバをお皿に移して、菜箸でほぐしていきます。熱いから、気をつけてね」

凛「…んー、お箸だと、ほぐすのも結構難しいにゃ。身が飛んじゃうよ」

和木さん「凛ちゃん、それにはコツがあるのよ?このサバはもう取ってあるけど、背骨の向きに沿って、お箸を入れていくの」ヨコカラテヲソエル

和木さん「ほら、簡単に上下に分かれたでしょ?あとは、背骨に沿って入れた線に垂直になるようにお箸を入れれば…」

凛「わぁ…!すごい、簡単にほぐれちゃった!これ、骨を取るのも簡単になるよね!」

和木さん「そうねぇ。これを覚えたら、凛ちゃんのお魚嫌いも直るかもしれないわね」ニコニコ
56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 22:01:43.68 ID:jC0OwgtT0.net
>>55
凛ちゃんと魚を絡ませたかっただけなんや







和木さん「身がほぐれたら、フライパンに入れてお醤油とお酒で味付けしてね」

凛「えっと…このくらい?」チョロロロン

和木さん「んー、もうちょっと多くてもいいわね。…そう、そのくらい。あとは軽く炒めて、サバの味付けはおしまいね」

和木さん「そろそろ素麺も茹でましょうか」

凛「ソーメンチャンプルーのときは、さっと茹でるだけでいいんだよね?」

和木さん「そうそう。30秒も茹でたら十分よ。すぐにザルに上げて、ごま油を回し掛けてね」

凛「…よし!そろそろできるね!」

和木さん「もうちょっとよ、頑張りましょ」フフッ

和木さん「さっきのサバのフライパンに、素麺と刻んだ紫蘇、桜海老を入れてね」

凛「量はどれくらい?」

和木さん「お好みでいいわ。彩りを添えたいなら、少し多めでも大丈夫」

凛「えっと…じゃあ、このくらい!」サクラエビファサ-

和木さん「じゃあ、最後にザーッと炒めてね。全体に桜海老と紫蘇が回るくらいまで」

凛「うん!」ジャァァァァァァ





凛「……できた!できたよ!」

和木さん「あらあら。美味しそうに出来たわね。凄いじゃない、凛ちゃん」ナデナデ

凛「えへへ~♪和木さんのお陰だにゃ!」ゴロニャ-ン


和木さん「さ、みんなに持っていってあげましょ。私は、ここの片付けをしておきます」

凛「え…でも」

和木さん「今日はみんなと遊びに来たんでしょう?凛ちゃんはちゃんと頑張ったんだから、もうみんなのところに戻ってあげなさいな」ニコッ

凛「…わかった!じゃあ、これ持って行ってくるね!」

凛「和木さん、ありがとにゃー!」ダキッ

和木さん「あらあら♪」ヨシヨシ
58: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 22:56:02.03 ID:jC0OwgtT0.net
凛「みんなー、できたよ!凛のソーメンチャンプルーにゃ!」タタタタ

http://imgur.com/X3vlOhQ.jpg
1448369778-58

真姫「あら、美味しそうじゃない!苦手って言ってたのに」

花陽「凛ちゃん、すごいね…頑張ったんだね!」

凛「ふふーん。和木さんのお陰だにゃ♪」ニコニコ

海未「今までとはまた違った趣向の料理ですね。チャンプルーと言うくらいですから、沖縄の料理でしょうか?」

穂乃果「紫蘇の香りがまた爽やかでいいねー!」

凛「よーし、それじゃーみんなで!」

「いただきますっ!」
59: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 23:01:28.65 ID:jC0OwgtT0.net
絵里「んー、ごま油と紫蘇の香りがすっきりしてて、するっと入ってくるわね!」チュルチュル

ことり「しっかりした味付けだけどしつこくなくて、いくらでも食べられちゃいそう…♪」

真姫「本場だとサバの代わりにスパムが入ったりするけど、これはこれでまた違った味わいで美味しいわね」

海未「凛、もう料理が苦手とは言えませんね」

凛「頑張ったもんねー!」ドヤッ

凛「…和木さんにも持って行ってあげなきゃ」ヨソイ
60: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 23:08:54.20 ID:jC0OwgtT0.net
「ごちそうさまでしたー!」

花陽「すっごく美味しかったよ、凛ちゃん!」

凛「~♪」ルンルン

絵里「でも、不思議とお腹いっぱいにならないものね」

希「量は少なめだし、時間も少し空いてるからねー。そろそろ腹ごなしはしたいとこだけど」

海未「それでは、次の待ち時間は少し庭に出ませんか?昨日の練習の最後にやったステップの復習も兼ねて」

ことり「そうだねぇ。私もそうしたいな」

にこ「次のシェフには悪いけど、そうさせてもらいましょ。…じゃあ凛、クジお願い」

凛「まっかせるにゃー!」ガサガサガ.......ンバッ





凛「次の料理長は…>>63にゃ!」






>>63の料理→>>67
63: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ (ワッチョイW 69d2-1Uzl) 2015/11/25(水) 23:14:12.46 ID:hFIdql+O0.net
穂乃果
67: 名無しで叶える物語(dion軍)@\(^o^)/ (ワッチョイW 414e-Qatl) 2015/11/26(木) 00:12:39.48 ID:ov1uh2W50.net
サンドイッチ
75: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-JJIl) 2015/11/26(木) 18:50:56.36 ID:ihoPw3Z9H.net
凛「次の料理長は…穂乃果ちゃんにゃ!」

穂乃果「おっ!きたきた!」

亜里沙「あ、じゃあ雪穂も一緒だね」

雪穂「…あ、そっか」

絵里「穂乃果には料理をしてもらうとして…私たちは練習してましょうか」

真姫「少し運動するにはちょうどいいお腹の具合ね」

海未「では穂乃果、私たちは庭で待ってますね」

穂乃果「おっけー!雪穂、行こう!」ダダダ

雪穂「ちょっとお姉ちゃん!人の家で走らないで!」

穂乃果「…あ、凛ちゃん、そっちはお願いね!」

凛「リードはまかせるにゃー!」


亜里沙「海未さん、練習、見学してもいいですか?」

海未「ええ、もちろんですよ」ニコッ

亜里沙「ハラショー!」ピョンピョン
76: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-JJIl) 2015/11/26(木) 18:58:08.61 ID:ihoPw3Z9H.net
*西木野さんちのお庭*




凛「まーきちゃーーん!」ガバッ

真姫「ゔぇえ!?」

凛「まきちゃんまきちゃーん♪」スリスリ

真姫「ナニスンノヨ!」

花陽「どうしたの?凛ちゃん」

凛「凛も真姫ちゃんがだーいすきなの!」モッギュー

花陽「?」

真姫「////」




希「おー、いい画が撮れますなぁ」ビデオカメラジー

真姫「トラナイデ!!」

絵里「ほらほら、練習始めるわよ」パンパン
82: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/27(金) 17:13:19.79 ID:FJVkPwO30.net
*また厨房*




雪穂「ところでお姉ちゃん、何作るの?」

穂乃果「サンドイッチだよ!」

雪穂「え?そんな簡単なものでよかったの?」

穂乃果「うん。みんな本格的なものを作るような気がしたから、これくらいシンプルな方が被らなくていいかなって」

雪穂「ふぅん…意外と考えてたんだね」

穂乃果「むっ、それじゃ普段何も考えてないみたいじゃん!」

雪穂「その通りでしょ」

穂乃果「」
83: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/27(金) 17:30:59.45 ID:FJVkPwO30.net
穂乃果「…いいもん!穂乃果1人でやるから!雪穂はみんなのとこ行ってなよ!」ブス-

雪穂「あー、ごめんごめん。ほら、チョコあげるから許して」ゴソゴソ

穂乃果「…ありがと」モグモグ

雪穂(ちょろい)





雪穂「それで、何から手伝えばいいの?」

穂乃果「んー、とりあえず食パンの耳を全部落として、4等分しといて!」

雪穂「ん、わかった」トンットンッ

穂乃果「確かに単純なメニューだけど、バリエーションの多さならサンドイッチは天下一品だよね」

穂乃果「今回は一口サイズで、色んな種類のサンドイッチを作るよ!」
84: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/27(金) 17:53:17.70 ID:FJVkPwO30.net
穂乃果「まずは卵を茹でようか」チッチッチッチッボッ

穂乃果「たまに沸騰してから卵をお鍋に入れたり、蒸らさないですぐ割っちゃう人がいるけど、それだと完熟にならないんだよね。最悪、温泉卵と半熟卵の中間みたいな、食べにくい卵になっちゃうよ」

穂乃果「雪穂ー、パン終わったらレタスとハムと、あとミニトマトも切っといてー!」

雪穂「はーい」

穂乃果「えーっと、次はジャガイモを蒸かそっかな」

穂乃果「ジャガイモの皮をむいて」シャリシャリ

穂乃果「半分に切って、濡らしたキッチンペーパーとラップで包むよ」クルクル

穂乃果「あとはこれを電子レンジであっためるだけ!この方がガス代も時間もかからないし、簡単だよ!」ジ---

穂乃果「その間に、明太子ほぐしとこ」ゴソゴソ

穂乃果「中身をボールに移して、マヨネーズを少しかける」ニュルル-ン

雪穂「お姉ちゃん、終わったよー」

穂乃果「ん、ありがと!そろそろゆで卵がいいとこだと思うから、氷水につけといて!」

雪穂「わかったー」

穂乃果「で、氷水につけてる間に、生クリームも泡立てといてくれる?」

雪穂「8分立てでいい?」

穂乃果「うん、それくらい!お願いねー」チ--ン

穂乃果「お、芋もできた!」

雪穂(お姉ちゃん、料理となるとほんとに手際いいなぁ。さすがうちのお父さん仕込み)









ほのパパ「…………」

ほのパパ「」ヘクシッ

ほのパパ「…………?」
85: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/27(金) 18:21:58.83 ID:FJVkPwO30.net
穂乃果「蒸かした芋を、明太子のボールに入れるよ」

穂乃果「…あっつ!」ブンブン

穂乃果「…お、マッシャーもあるんだ!さすが真姫ちゃんち」ゴソゴソ

穂乃果「普段はフォークで潰してるけど、マッシャーあるならこっちの方が楽でいいね。芋を潰して、明太子、マヨネーズと混ぜちゃおう」マッシュマッシュ

穂乃果「よーし、だいたいいいかな」カンカン

雪穂「生クリームできたよー」

穂乃果「うん、ありがと!じゃあ最後に、フルーツ切るの手伝って!」


穂乃果「今日はイチゴとバナナ、それからキウイだよ!」

雪穂「これも薄めにした方がいいよね?」

穂乃果「そうだね。パンが小さいし」

雪穂「フルーツサンドってさ、有名な割に案外見かけないよね。パン屋さんとかにもあんまりないし」トントントントン

穂乃果「そうだよねー。生ものだし、他のパンと違って冷蔵しなきゃいけないからじゃない?」トントントントン

雪穂「あー、言われてみればそうかも」サクッサクッ

雪穂「…よし、いいかな」

穂乃果「あ、ゆで卵忘れてた」
86: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/27(金) 18:35:23.87 ID:FJVkPwO30.net
穂乃果「雪穂、なんでゆで卵は剥く前に氷水につけるか知ってる?」フフン

雪穂「…熱いのもそうだけど、冷やすことで身と殻の間に空気の層を作って、剥きやすくするためでしょ。それくらい知ってるよ」コンコンパキッ

穂乃果「…」ショボ-ン

穂乃果「あ、ねえ確かそっちにアレあったよね。取って」

雪穂「…アレってなに?」

穂乃果「え?えっと…ほら、アレだよアレ!シャコーンってするやつ!」

雪穂「それじゃわかんないって」

穂乃果「えぇ?コレだってコレ!卵切るやつ!」ジェスチャ-

雪穂「…エッグスライサーね。初めからそう言ってよ…はい」

穂乃果「ん、ありがと」
87: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/27(金) 18:43:24.53 ID:FJVkPwO30.net
穂乃果「よーし、あとは挟むだけだよ!」

穂乃果「レタスとハム、卵で1つ、明太ポテトで1つ、あとはフルーツサンドね」

雪穂「あれ?トマトとチーズは?」

穂乃果「あ、それはちょっと焼かないと!挟む前にそっちやろうか」

穂乃果「まあ、パンにトマトとチーズ乗せて、もう一枚のパンはその横に置いてトースターにかけるだけだけどね。焼けたら、別にしてたパンで挟んでおしまい」

雪穂「じゃあ挟んでくよ?」

穂乃果「うん」







穂乃果「でーきたっ!」
88: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/27(金) 18:52:18.02 ID:FJVkPwO30.net
雪穂「…ねえお姉ちゃん。ところで、このパンの耳はどうするの?」

穂乃果「え?あっ」

穂乃果「考えてなかったや」テヘッ

雪穂「使わないなら、私がもらってもいい?」

穂乃果「いいけど…どうするの?」

雪穂「簡単にアレンジするだけだよ」



雪穂「まずは少しだけ、フライパンにバターを溶かして」ジュワァァァ

雪穂「そこにパンの耳を入れるよ」ドバッ

雪穂「バターと馴染ませたら砂糖を振りかけて、あとは少し固くなるくらいまで炒るだけ。やりすぎると砂糖が焦げて苦くなっちゃうから、注意してね」ジャァァァァ

雪穂「…はい、なんちゃってラスクの出来上がり」

穂乃果「おぉー!」パチパチパチパチ

穂乃果「どれどれ、さっそく一口」ヒョイカリッ

雪穂「あっ」

穂乃果「!おいひぃ~…!さっすが穂乃果の自慢の妹、雪穂!」グッ

雪穂「べ、別にっ…これくらい誰でもできるよ//」プイッ
90: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/27(金) 19:34:56.29 ID:FJVkPwO30.net
*西木野ガーデン*





穂乃果「おっまたせー!高坂式サンドイッチ盛り合わせだよっ!」

雪穂「お待たせしましたー」



http://imgur.com/2sdm1Ck.jpg
1448369778-90-1

http://imgur.com/RjW9pRD.jpg
1448369778-90-2

http://imgur.com/NlBhj9G.jpg
1448369778-90-3

http://imgur.com/pM36K0O.jpg
1448369778-90-4

http://imgur.com/z5a8geU.jpg
1448369778-90-5


えりあり「ハラショー‼︎」

ことり「わぁ~♪お庭で食べるには最高だね!」

海未「彩り豊かで、しかも具材がそれぞれ異なる趣向で作られています。まず視覚で頂く、という意味では、これまでのどの料理よりもすごいですね」

花陽「実は、レジャーシート持ってきてたんだ。みんなでこの上で食べようよ♪」

にこ「いいわね、早速広げましょ。こっち端持つわよ」レジャ-シ-トバサ-

希「…よーし。じゃ、頂こか!」

みんな「いただきまーす!」
100: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/28(土) 14:03:05.22 ID:wvvhpHGR0.net
にこ「んー、やっぱり外で食べるサンドイッチはいいわね」

真姫「そうね。天気もいいし…ちょっとしたピクニックにでも来た気分。にこちゃん、トマトのやつ取って」

絵里「このポテトと明太子のサンドイッチ、すごく美味しいわね!おいもの味わいと明太子の刺激で、とってもマイルドな甘辛さ…にこでも食べられるんじゃないかしら」

にこ「えー、ほんとに?明太子っていうから、ちょっと警戒してたんだけど…」パクッ

穂乃果「たぶん大丈夫だよ!そんなに辛くはなってないはずだから」

にこ「…あ、美味しい!これなら全然食べられるわ…私もこころ達連れて来れば良かった。あの子たちなら喜びそうだわ」

ことり「こっちのハムとレタスと卵のも、スタンダードで美味しいよ♪」モグモグ

花陽「そうだねぇ…♪シャキシャキしたレタスと卵、程よいハムの塩気が絶妙だよぉ…」ハムハム

雪穂「…よかったね、お姉ちゃん」

穂乃果「うん!大成功だよ!」
101: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/28(土) 14:04:42.69 ID:wvvhpHGR0.net
希「ゥンまああ~いっ!!
こっこれはああ~~~っ この味わあぁ~っ!!」

みんな「!?」

凛「サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだにゃ!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!」

希「『ハーモニー』っつーんですかあ~」

凛「『味の調和』っつーんですかあ~っ」

希「たとえるならサイモンとガーファンクルのデュエット!」

凛「ウッチャンに対するナンチャン!」

希「高森朝雄の原作に対するちばてつやの『あしたのジョー』!」

のぞりん「「…つうーっ感じっスよお~っ!!」」

海未「………あなたたち」

希「あ」

凛「ごっ…ごめんなさい海未ちゃん!トマトとチーズの組み合わせが美味しかったからつい…!!」アワワワ

海未「まったく…どうしてあなたたちは…‼︎」ドドドドドドドド









海未「ジョジョラーだったなんて…なぜもっと早く教えてくれなかったのですかッ!!」ズアッ

絵里「まって」
102: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/28(土) 14:05:36.50 ID:wvvhpHGR0.net
にこ「リリホワはほっときましょ」

真姫「そうね。凛と希だけならまだしも、海未まで暴走したら手に負えないし」

ことり「…海未ちゃん、すごく活き活きしてるね」

花陽「あ、穂乃果ちゃん、こっちのフルーツサンドも食べてもいいかな?」

穂乃果「あ、うん!どんどん食べてよ!」

穂乃果「あとこっちのラスクはね、雪穂が作ったんだよ!」

絵里「へぇ…!パン屋さんで耳だけで売られてたりするけど、こういう使い道があるのね」フムフム

にこ「雪穂ちゃんも上手なのね。これ、ちょうどいい固さで砂糖を焦がさないようにするのって、結構難しいじゃない」カリカリ

雪穂「ありがとうございます。つい最近学校の調理実習で作ったから、コツを覚えてたんですよ」







海未「……!私は一体何を…」

穂乃果「あ、海未ちゃんおかえり」
103: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/28(土) 14:06:13.57 ID:wvvhpHGR0.net
花陽「ふあぁ…フルーツサンドも、甘々で美味しいです…♡」オ-イシ-

ことり「一口サイズのケーキを食べてるみたいで、サンドイッチなのにデザート感覚だね♪」オ-イシイネッ

絵里「フルーツサンドは昭和の初め頃、本当にケーキの代用のように食べられていたそうよ。発祥は実は日本だから…亜里沙は初めて食べるのかしら?」

亜里沙「うん。ごはんとしてのサンドイッチしか食べたことなかったから…とってもハラショーです!」モムモム

海未「…あら?亜里沙、口元にクリームついてますよ」ヒョイッ

亜里沙「!!?////」
104: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/28(土) 14:06:29.59 ID:wvvhpHGR0.net
みんな「ごちそうさまでした!」

雪穂「お粗末さまでした」

希「いやぁ、美味しいものばっかり続いて、幸せやんなぁ」ホワホワ-ン

凛「お天気もいいし、いっぱい遊んだから…」ポカポカ

花陽「なんだか、眠くなってきちゃったね…」フアァ...

海未「ダメですよ…食べてすぐ寝るなんて、体に良くありません…」

ことり「でも、海未ちゃんもちょっと眠そうだよぉ…?」エヘヘ

絵里「………」コテン

希「あら、えりち、もう寝ちゃったやん。じゃあウチもちょっとだけ…」コロン

真姫「…まったく、みんなだらしないんだから…」ウトウト

にこ「真姫ちゃんだって、人のこと言えないじゃない…」

穂乃果「えへへ…じゃ、もうみんなでお昼寝しちゃおっか…」














和木さん「…あらあら♪」クスクス
105: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-V2Tz) 2015/11/28(土) 14:31:58.25 ID:wvvhpHGR0.net
絵里「ん…」

絵里「あら…みんなで寝ちゃってたのね」クスクス

絵里「…海未のほっぺ、柔らかそう…。触りたいけど、やめといたほうがいいわね」

穂乃果「んぅ…?…あ、絵里ちゃん、おはよー…」コシコシ

絵里「おはよ、穂乃果」

穂乃果「今何時…?」

穂乃果「…4時20分?けっこう寝てたね」

絵里「そうね。これ以上ここで寝てると、体が冷えちゃうから…そろそろ起こしましょうか」

絵里「…海未以外」

穂乃果「そ、そうだね…あ、じゃあ今のうちにクジだけ引いちゃうね」ガサガサ.....パラリ




穂乃果「あ、次は……>>108ちゃんだね」



>>108の作る料理→>>112
108: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW fbc3-6Sw4) 2015/11/28(土) 14:40:23.01 ID:U9QT6WP80.net
まき
112: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa05-6Sw4) 2015/11/28(土) 15:05:43.09 ID:/V3A940Ya.net
トマトすき焼き
117: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ニククエW 8dc3-V2Tz) 2015/11/29(日) 19:20:47.52 ID:WPijw/au0NIKU.net
絵里「みんな起きたわね」

凛「にゃ~…」ゴンロゴンロ

希「えー…もうちょっとー…」ゴンロゴンロ

絵里「もう…日も暮れてきたんだから、それ以上寝てると風邪ひいちゃうわよ」

真姫「…うー…」クシャクシャ

ことり「真姫ちゃんも眠そうだねぇ」

真姫「…低血圧だから」

にこ「次は真姫よ。シャキっとしなさいよね」

真姫「……わかった…顔洗ってからやる…」フラフラ



花陽「朝も弱いのかなぁ」
118: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ニククエW 8dc3-V2Tz) 2015/11/29(日) 19:41:34.36 ID:WPijw/au0NIKU.net
*厨房再び*







真姫「さて、と…チャチャっと終わらせなきゃ」シャキッ

真姫「…でも、トマトすき焼きってちょっと重いわよね…寝起きっていうのもそうだし、時間もちょっと半端だし」

真姫「…やっぱり少しゆっくり準備することにするわ」






真姫「まず…野菜から切らないと」

真姫「じゃがいも、玉ねぎ、エリンギ」

真姫「エリンギの状態は…良好ね。綺麗な白で弾力もあって、傘もちゃんと内側に丸まってる」フニフニ

真姫「容器の内側に水滴もついてなかったし、まだしっかり水分を含んでる証拠ね。味の落ちもまだないはずだわ」

真姫「ちゃんと火が通るように、薄めに切る」トントントントン

真姫「じゃがいもは当然、メイクイーンよ。鍋物なのに男爵とか、煮くずれする種類を選ぶ人はいないでしょうね」シャリシャリシャリ

真姫「じゃがいもの芽に含まれる毒はソラニンって言って、摂取すると嘔吐、腹痛、頭痛、眩暈などの症状が出るわ」トントントン

真姫「ソラニンの大人の致死量は、だいたいじゃがいも1kg分くらい。でも、子供だとたった1個分にまで減るから、調理するときは芽の取り忘れに要注意よ」トントン

真姫「特に家庭菜園とかで作られたものは、土から顔を出していたり傷がついて、そこからより多くのソラニンやチャコニンが生成されやすいわ。子供のいる家庭は本当に気をつけないと」トントントントン
123: パソコンからだったりスマホからだったり申し訳ない…(プーアル茶)@\(^o^)/ (ニククエ 0He8-JJIl) 2015/11/29(日) 22:32:53.40 ID:qFtnH1FuHNIKU.net
真姫「玉ねぎは野菜の中でも特に糖質が多いわ。加えて、一緒に含まれるビタミンB1はアリチアミンと呼ばれる形となることで、糖質を素早くエネルギーに変換することができる」ペリペリ

真姫「B1をアリチアミンに変換するのは硫化アリル。これは血栓やコレステロールの代謝を促進して、高血圧や糖尿病、動脈硬化や脳梗塞などの予防に大きく役立つわ」ザクッ

真姫「…まあ、そういった効果を得たいなら、生食の必要があるけど。加熱する場合は、切ってから1時間くらい放置すれば、生食の時と同じ効果が得られる」

真姫「…目が痛い」ゴシゴシ

真姫「最近流行ってる、酢たまねぎ。血液をサラサラにする効果があるとか色々言われてたけど、科学的な根拠はあまりないみたいね」ザクッザクッ

真姫「体に良い調理法や食材、食べ方とかっていうのは今までも出てきては消えてきたものだから、今に始まったことじゃないけど」トントン

真姫「…こんなところかしら」
124: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (ニククエ 0He8-JJIl) 2015/11/29(日) 22:35:37.61 ID:qFtnH1FuHNIKU.net
真姫「…まだ時間あるわね」

真姫「せっかくだし、割りしたも自分で作ろうかしら」ゴソゴソ

真姫「とは言っても、砂糖、お酒、醤油を同じ分量合わせるだけだけど」トクトクトク

真姫「あとは…お肉ね」

真姫「今回用意したのは、神戸牛のA-5等級よ」ズドォォォォォォォン



http://i.imgur.com/RZwlYxp.jpg
1448369778-124



真姫「ママにお肉頼んだらこれ買ってきたけど、いくらしたのよ…」
125: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (ニククエ 0He8-JJIl) 2015/11/29(日) 22:40:35.06 ID:qFtnH1FuHNIKU.net
真姫「最後に、トマトと長ネギを切って…」トントンザクザク

真姫「…よし、これで準備はおしまいね」

真姫「……………」

真姫「」ヒョイパクッ

真姫「トマトおいし」
127: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (ニククエ 0He8-JJIl) 2015/11/29(日) 23:08:24.25 ID:qFtnH1FuHNIKU.net
*リビング*





真姫「お待たせ。トマトすき焼き、作ってみたわ」

穂乃果「おぉ~!この場で調理するんだね!」

にこ「鍋ものはできたてが一番おいしいものね」

ことり「トマトのすき焼きかぁ。どんな味なのかなっ」

真姫「みんなで大きなものをつつくの、やってみたかったのよ」フフッ
128: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (ニククエ 0He8-JJIl) 2015/11/29(日) 23:10:48.20 ID:qFtnH1FuHNIKU.net
真姫「まずは牛脂を溶かして、そこでお肉を焼くわ」ジュゥゥゥゥゥゥゥ

にこ「ちょっと…何よこのお肉…」

凛「こんなにきれいなお肉、見たことないにゃ…」キラキラ

真姫「神戸牛のA-5等級よ」

みんな「!!?」
129: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (ニククエ 0He8-JJIl) 2015/11/29(日) 23:14:13.15 ID:qFtnH1FuHNIKU.net
真姫「お肉の色が変わってきたら、割したを入れて味をつける」

真姫「お肉を片側に寄せて、そこに玉ねぎ、じゃがいも、エリンギを入れて、15分くらい煮込むわ。途中でひっくり返して、味をなじませるのも忘れないで」グツグツグツグツ

真姫「最後にトマトを入れて、柔らかくなるまで煮込んだら、ねぎを散らして…」

真姫「はい、出来上がりよ」ドジャアアアアアン


http://i.imgur.com/erK9h8s.jpg
1448369778-129
140: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-JJIl) 2015/11/30(月) 22:49:47.64 ID:rcFzPuq6H.net
全部ちょっとずつ作ってる設定です





穂乃果「わぁ…!すき焼きに赤が入ってるって、色鮮やかですっごく新鮮な感じだね!」

海未「はい。それにこういった鍋物は、このような出来上がりを待つ時間もまた良いものです。こうして出来上がりに蓋を開けた時の湯気と香りも、また堪りません…」

花陽「私、みんなのご飯よそってくるね…!」ソワソワ

凛「あ、かよちん手伝うにゃ!」トテテテテ




希「よし、ごはんもみんなも揃ったし、せーのっ」

みんな「いただきますー!」
141: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-JJIl) 2015/11/30(月) 23:02:20.87 ID:rcFzPuq6H.net
ことり「ほぇ~…♪甘辛いすき焼きの味に、トマトの甘酸っぱさがすごくあってる…」

希「ホントやなぁ。すき焼きの重さを、あっさりしたトマトの風味が消してくれて、お腹にも優しい感じやね」

雪穂「意外な組み合わせだったけど、思ってたよりずっと美味しいです」

亜里沙「ハラショー…」

真姫「そう。トマトってどうしても洋食のイメージが強いけど、結構和食にも合うのよ。これ以外にも色んな組み合わせがあるから、みんなも是非探してみて」カミノケクルクル

にこ「…」

海未「?にこ、どうしたのですか?」

にこ「いっ、いや!なんでもない!!」




にこ(…残念だけど、やっぱり妹たち連れてこなくて正解だったわね…こんないいお肉の味覚えらえちゃったら…)シュン

真姫「…?」
142: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He8-JJIl) 2015/11/30(月) 23:08:05.81 ID:rcFzPuq6H.net
みんな「ごちそうさまでした!」

真姫「はい、どうも」

にこ「…さて、あと残ってるのは…絢瀬姉妹、花陽、海未、私ね」

穂乃果「ここから後半戦だね!夜ご飯にぴったりの時間になってきたし、気合いれていこう!」

真姫「何の気合よ」

希「じゃ、真姫ちゃんクジお願いねー」

絵里「次のお料理までの間も、さっきの練習の確認をしておきましょう。真姫、屋内でも少し動けそうな場所ってあるかしら」

真姫「ええ、奥のほうにあるわよ。ただ、少し片づけが必要かもしれないから、ちょっとだけ待たせるわ」ガサガサ…ペラッ


真姫「次の担当は…>>146ね」



>>146の料理 → >>150
145: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ (ワッチョイW 5bcb-V2Tz) 2015/11/30(月) 23:18:13.38 ID:rndxySyy0.net
絵里
150: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa05-YSQb) 2015/11/30(月) 23:43:19.39 ID:1DCjOH/+a.net
トマト風味のボルシチ
158: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-Igq9) 2015/12/03(木) 01:29:46.10 ID:yLR1GwYB0.net
真姫「次の担当は…エリーね」

絵里「あら?練習の言い出しっぺなのに、当たっちゃったわね」クスッ

海未「心配いりませんよ、絵里。こちらは凛と私で取りまとめておきますから」

絵里「ふふっ、心配なんてしてないわよ…行きましょ、亜里沙」

亜里沙「はーい」

雪穂「亜里沙ー、がんばってね」

亜里沙「うん!」トテテテ
159: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-Igq9) 2015/12/03(木) 09:30:49.93 ID:yLR1GwYB0.net
すまん寝落ちてた


*厨房*








絵里「さて、早速だけど始めましょうか」エプロンファサッ

絵里「亜里沙、今日持ってきた食材はこれだけど…なにを作るかわかるかしら?」ズラ-

亜里沙「えっと…ボルシチだよね?」

絵里「ふふっ、正解。トマトを使うっていう所で真姫と被っちゃったけど…そこは気にしないでおきましょう」

亜里沙「亜里沙もお手伝いするよ!」









絵里「まず亜里沙、ビーツの皮を剥いて切っておいてくれるかしら?」

亜里沙「はい!」シャリシャリ

絵里「私はその間に、豚肉を切っておくわね。一口程度のサイズで、角切りにします」トンットンッ

絵里「切ったらお鍋にオリーブオイルを敷いて、火を入れていくわ」ジュワアアアアア

絵里「豚肉の色が変わってきたら、水を足して沸騰させる」トクトクトクトクトク

絵里「お肉を煮込んでるから、当然灰汁が出るわ。灰汁っていうのは雑味の集まりだけど、こまめに取ってしまうと他の旨味成分まで一緒に掬い取っちゃうの。だから、沢山出てきた所で効率よく、まとめて取るのが美味しく作るコツよ」

絵里「……………」チャプッチャプッ

絵里「灰汁取りしてると、どうしても黙っちゃうわよね」
160: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-Igq9) 2015/12/03(木) 10:18:07.89 ID:yLR1GwYB0.net
亜里沙「お姉ちゃん、他のお野菜も切っていい?」

絵里「ええ。お願いね」

亜里沙「まずは人参を切ります。人参は固くて、千切りは面倒だよね」

亜里沙「でも、火が通りにくいお野菜だから、面倒でも丁寧にやりましょう」ザクッザクッ

亜里沙「そんな時は、まっすぐじゃなくて、最初に斜めに切ってあげるといいの!」ズラ-

亜里沙「それを横に広げるように置いて切ってあげると、小さめだけど簡単に千切りができます」ジャ-ン

亜里沙「キャベツの千切りも、玉のまま切ってはいけません!使う分の葉を取って…」ベリベリ

亜里沙「何枚か重ねて、それを千切りにしていくと楽ちんですよ」ザクッザクッ

亜里沙「あとはジャガイモと、トマトも角切りにするね」トントントン
161: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-Igq9) 2015/12/03(木) 11:08:50.51 ID:yLR1GwYB0.net
亜里沙「お姉ちゃん、できたよ!」

絵里「あら、ありがとう。じゃあ、煮込んでいきましょうか」

絵里「さっき作った豚肉のブイヨンに、まずはビーツを加えて」トポトポトポ

絵里「…そういえば亜里沙、ビーツを切るとき、手袋は使った?」

亜里沙「あっ…」

絵里「もう…手に色が付いちゃうじゃない。早く洗っておいで」

亜里沙「えへへ、ごめんなさい」

絵里「さて、ビーツを入れたら弱中火で煮込んで…」グツグツ

絵里「その間に玉ねぎもみじん切りにしましょ」ペリペリ
162: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-Igq9) 2015/12/03(木) 11:41:01.82 ID:yLR1GwYB0.net
亜里沙「そろそろ人参とじゃがいもも入れるね?」

絵里「ええ…お願い」グス...

亜里沙「お姉ちゃん?…泣いてるの?」

絵里「…玉ねぎが…」ゴシゴシ



絵里「えっと、今度はフライパンにオリーブオイルね」チッチッチッチッボッ

絵里「玉ねぎを色づくまで炒めるわ」ジャアアアアアア

絵里「できたら…亜里沙、あれ、ある?」

亜里沙「うん、あるよ。…はい、自家製トマトペースト!」ジャ-ン

絵里「ありがとう。この間トマトを沢山頂いたけど、2人じゃ消費しきれなくて。保存用に作っておいたけど、こんな形で役立つなんてね」フフッ

亜里沙「これは、どうやって作ったんだっけ?」

絵里「簡単よ。トマトをオリーブオイルと一緒に煮込んで、裏ごししたらまた少し煮詰めただけ。これがあると料理の幅がぐっと広がるから、覚えておくといいわよ」
163: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-Igq9) 2015/12/03(木) 11:47:08.87 ID:yLR1GwYB0.net
絵里「亜里沙、キャベツとカットトマトは入れておいてくれた?」ジュウウウ

亜里沙「ばっちりだよ!」ニコッ

絵里「ハラショー!じゃあ、もう少しで終わりね」

絵里「玉ねぎにトマトペースト、お水を入れてよく混ぜながら火を通す」グツグツグツグツ

絵里「…よし。あとはこれをお鍋に移して」トロトロリ-ン

絵里「塩と黒胡椒で味を調えて、15分煮込めば完成よ」フゥ

絵里「さて、その間に片付けを…あら?」ショッキピカピカリ-ン

亜里沙「~♪」

絵里「…ふふ、ありがとう。えらいわね、亜里沙」ナデナデ

亜里沙「ハラショー♪」
164: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-Igq9) 2015/12/03(木) 12:06:18.27 ID:yLR1GwYB0.net
絵里「みんな、お待たせ。トマト風味のボルシチよ」



http://imgur.com/MvkxJqr.jpg
1448369778-164



凛「こ、これがぼるちし…!初めて食べるにゃ~!」キラキラ

真姫「ボルシチ、ね」

花陽「私も、見るのは初めて…すごく真っ赤だけど、辛くないのかな?」

亜里沙「ふふっ、赤いのはビーツっていうお野菜と、トマトの色ですよ。辛くないので大丈夫!」

絵里「それから、食べる前にこのサワークリームをかけてね。量はお好みでいいけど、かけるのとかけないのとでは、美味しさが段違いよ」


*


穂乃果「それでは、絵里ちゃん亜里沙ちゃんのボルシチ!」

みんな「いただきまーす!」
167: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-Igq9) 2015/12/03(木) 12:42:54.72 ID:yLR1GwYB0.net
希「んー!お肉の旨味がスープにしっかり出てる!トマトの甘酸っぱさも相まってめっちゃ美味しいやん!」ホワ-

にこ「想像してたより、あっさりしてるのね」

絵里「ええ、基本的に素材は野菜だからね。お肉の旨味をしっかりスープに出させることが、美味しくする最大の秘訣よ」ドヤチカッ

ことり「サワークリームを添えると、すごく爽やかな味わいになるねぇ…♪」
 
海未「そうですね。それに、前に食べた時よりも…」

絵里「!」

穂乃果「あれ?海未ちゃん、ボルシチ食べたことあるの?」

海未「あっ…え、ええ…実は、以前も一度、絵里に…」

穂乃果「…どこで?」ニヤニヤ

海未「…え、絵里の、家です…」

ことり「あれぇ?それってもしかして…♪」キャ-

海未「や、やめて下さい!///」

絵里「…ふふっ//」
168: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-Igq9) 2015/12/03(木) 12:55:53.22 ID:yLR1GwYB0.net
「ごちそうさまでしたー!」

絵里「ふふっ、お粗末さま」

亜里沙「♪」ペコリ

雪穂「おいしかったよ、亜里沙」

亜里沙「亜里沙は手伝っただけだよ」

にこ「さ、あんまり遅くなってもいけないし、ちゃっちゃと行くわよ」

にこ「あとは私、海未、花陽よ。はい、クジ引いて」

絵里「任せて」ゴソゴソゴソ....ピラリ



 
絵里「…次は>>172ね。期待してるわよ♪」





>>172の料理 → >>176
172: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sda8-BOL+) 2015/12/03(木) 15:18:15.84 ID:CxGgeh41d.net
かよちん
176: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa05-xyWv) 2015/12/03(木) 17:14:11.14 ID:9B98tDffa.net
おにぎり
187: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JPW 0Hd4-PMkI) 2015/12/05(土) 19:06:44.70 ID:uOLlQs+JH.net
絵里「…次は花陽ね。期待してるわよ♪」

花陽「わ、私?」

にこ「なによ、残り少ないんだから驚くほどのことじゃないでしょ?」

花陽「そ、そうだけどぉ…」

凛「だーいじょーぶ。凛でもできたんだもん、かよちんならばっちりにゃ!」モギュッ

花陽「う、うん…わかった、行ってくるね」トテトテ

希「がんばってなー」フリフリ
189: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0Hb1-Mnkx) 2015/12/05(土) 21:11:43.89 ID:p+2RvNXmH.net
すまん訂正




*厨房にて*






花陽「みんなすごいなぁ…あんなに美味しそうなお料理、作れる気がしないよ…」

花陽「…で、でも!私だって、白米に対する情熱は、μ'sの中でも誰にも負けません!」

花陽「日本人の白米魂、見せつけますっ!」ググッ









花陽「おにぎりは素材が命…!まずは美味しいお米を炊くところからです!」

花陽「今日使うお米は、魚沼産コシヒカリのプレミアム米、その名も【はなよ】!」ド--ン

花陽「2015年12月11日までに予約すると、オリジナルボックスや焼印入り木製しゃもじ、ポストカードなどの特典もついてきますよ♪」

花陽「お米を研ぐ時、炊飯器の内釜の中で、手のひら全体を使って押すようにすることが多いと思うけど…それは大きな間違い!そうすると、お米が割れちゃって、ツヤも風味もなくなっちゃいます」

花陽「なので、私はザルとボールを使います」サラサラサラ...

花陽「お米は最初の水を一番吸います。ザルを使えば、水を入れてさっとかき混ぜた後、すぐに水から上げることができますよ」ザバッ

花陽「そうすれば、風味を損なうことなくご飯が炊けます」

花陽「洗米の次は、お米研ぎ。お米を強く押すのではなく、手で握っては離す、握っては離す。これを全体的に満遍なく、一回だけやれば十分なんです」ギュッギュッ

花陽「あとは3、4回、研がずに軽くすすいであげればおしまいです!」

花陽「ザルに上げて水を切って、ラップを張って10分くらい寝かせてあげましょう」ビリッ

花陽「タイマーをセットして…20分以上放置すると、乾きすぎてお米が割れやすくなっちゃうので要注意、です!」ピッピッ
190: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0Hb1-Mnkx) 2015/12/05(土) 21:19:46.86 ID:p+2RvNXmH.net
ピピピピッ ピピピピッ

花陽「寝かせ終わったら、ここで初めて内釜に移しますよ」サラサラサラ

花陽「ここでお米を水に浸けます。もちろん水道水でも問題はないけど…オススメは硬度30度前後の軟水です!」

花陽「お米が美味しく炊ける水の硬度は、最大で60度だそうです。水道水だとちょっとギリギリの硬度なので、軟水を使えばふっくらと炊きあがるんですよ♪」トプトプトプトプ

花陽「水に浸ける時間は、夏場なら30分、冬場なら1時間くらいです。お米に水分をしっかりと含ませるのが、ふっくらツヤのあるご飯を炊くコツです!」

花陽「おにぎりを作るとき、大事なのが水の量です!握るとき、柔らかすぎるご飯だと、ボロボロと崩れてしまいやすいです」

花陽「なので、おにぎり用のご飯を炊くときは、水を普段より1割くらい少なめに量ってくださいね」
191: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0Hb1-Mnkx) 2015/12/05(土) 22:15:09.86 ID:p+2RvNXmH.net
*広い部屋*








花陽「ただいま~」ガチャッ

凛「あれ、かよちん?もう終わったの?」

花陽「ううん、今は待ち時間なの。40分くらい間があるから、その間だけでも、みんなといたいなって…」

穂乃果(お米か)

海未(お米ですね)

希(お米やろなぁ)

にこ「なによ、可愛いこと言ってくれるじゃない」

花陽「えへへ…//」

絵里「それじゃ、少しだけど全員で合わせられるわね。花陽、2番のBメロからだけど、入れる?」

花陽「はいっ!」

海未「では、さっそくいきますよ!」
196: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 7c15-PMkI) 2015/12/07(月) 02:30:16.83 ID:QywRrTSP0.net
*厨房*




花陽「ふぅ…ちょっと疲れちゃったな」

花陽「でもでも!お米のためなら、私はいくらでも頑張れるのです!」キリッ

花陽「…時間なので、まずは炊飯器のボタンを」ポチッ




花陽「ここからは具材をつくっていきましょう」

花陽「まずは定番、鮭です!」デデン!

花陽「やっぱり切り身から作るのが一番だよね」チッチッチッボッ

花陽「鮭を焼いてる間に…用意するのはこの方!」

花陽「タコさんです」ニョロ-ン

花陽「ご飯とたこわさびの相性は抜群…それが、おにぎりの中に姿を隠してしまうと…はわわ、一体どうなっちゃうのでしょうか…!!」キラキラ

花陽「まずはタコさんを小さく切って…」プツップツッ

花陽「お酒、みりん、わさび、刻みわさび、柚子胡椒少々」チョロチョロパッパッ

花陽「これを和えれば完成です!本当はここから3日ぐらい味を馴染ませると完璧なんだけど…今日はそうもいかないので、このままあっさりと味わいます!」
198: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0Hb1-Mnkx) 2015/12/07(月) 20:46:05.13 ID:z2gmBayKH.net
花陽「そろそろ鮭も焼けたかな?」ガラッ

花陽「わあぁ…いい焼き色です…!」ジュワァァ

花陽「鮭はお箸でほぐして、半分ずつお皿に分けます」チマチマ

花陽「片方はそのまま包むとして…もう半分は、まず大葉で包んで、それをおにぎりに入れちゃいます!」

花陽「鮭の塩加減と、大葉のさっぱりした風味と香りがマッチして、とっても美味しいんですよ♪」




花陽「お次は、たらこ!」デ-ン

花陽「たこわさび、鮭、たらこ…他にも、エビ、昆布にイクラ、そして海苔。おにぎりというのは、どうしてこうも海産物との相性がいいんでしょう…?」

花陽「今回は焼きたらこにするね」

花陽「アルミホイルにたらこを乗せて、そこにお酒を少し振りかけます」チョコン

花陽「あとはアルミホイルでふんわり包んで、トースターで2,3分蒸し焼きにします」ジジ--

花陽「焼き目をつけたいときはアルミホイルを剥がして、もう1分くらい焼くといいけど、今回はおにぎりだから必要ないかな…?」
205: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JPW 0Hd4-PMkI) 2015/12/09(水) 11:04:02.37 ID:jrhUpe4aH.net
花陽「お次はまたまた定番!ツナマヨです」ツナカ-ン

花陽「定番ではあるけど、実はこれが結構難しいんだよね」

花陽「まずはツナ缶を開けて、中の油は捨てちゃいましょう」パカン

花陽「油を捨てたツナを、今度は布巾の上に乗せて、残った油を全部搾り取ってあげます…っ」ギュウウ 

花陽「ちょっともったいない気もするけど…こうしないと、油でご飯がポロポロになっちゃうから、しょうがないよね」

花陽「お料理に犠牲はつきものなのです」

花陽「絞れたら、マヨネーズを加えて和えます」ニュルル

花陽「そして、ここで隠し味。わさびです!」デデン

花陽「ピリッとしたお味が、ツナマヨのまろやかさをさらに引き立ててくれるんですよ♪」マゼマゼ

花陽「風味をつけるだけなので、量はほんの少しで十分」

花陽「…はい、ツナマヨの出来上がりです!」
210: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He0-GXA9) 2015/12/11(金) 22:10:01.75 ID:/+7ukeqdH.net
花陽「今回はあまり奇抜なものはなしにします。ご飯はシンプルイズベストなのです!」




花陽「次はフライパンに鰹節、砂糖、お醤油、お酒、みりんを入れて、中火にかけます」チッチッチッチッボッ




花陽「そのまま、水分が抜けるまで炒めますよ。ただし、ふんわりとした食感に仕上げるために、あまり水分を飛ばしすぎないように注意です!」ジュウウウ




花陽「最後に白ごまを振って…はい、あっという間におかかの出来上がりです!」キラリ-ン




花陽「…あ、やっぱり海産物」










花陽「最後はこちら!ベーコンです!」ドドン




花陽「作り方はまたまたシンプル、ベーコンを軽く炒めて…」ジュウウ




花陽「焼きあがったら、握るときにチーズと合わせましょう!これで具材はおしまいです」
211: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He0-GXA9) 2015/12/11(金) 22:11:48.37 ID:/+7ukeqdH.net
花陽「ふぅ…具材が仕上がったところで…」チラッ

花陽「…えへへ…あとどのくらいかなぁ…」

花陽「ご飯が炊けるまでの、この期待感!A-RISEのステージ開演を今か今かと待つあの感覚に似て、本当にたまりません…」ワクワク

花陽「まだかなぁ…」

花陽「…………………………」













ピ-------ッ













花陽「!!」ダダッ

花陽「…」パカッ



モワアアァァァン



花陽「ふあぁ…///」ウットリ

花陽「この釜の蓋を開けた時の、優しい湯気と甘い香り…///これです!これが最高なんです!」

花陽「思わず釜の中に飛び込んで、ご飯の一部になっちゃいたいくらい」

花陽「…何言ってるんだろう私」

花陽「…さて、ここで焦ってはご飯に失礼なのです!まずはしゃもじで、ご飯を混ぜます。釜の底のご飯をひっくり返すイメージ」マゼマゼ

花陽「こうして余分な水分を飛ばして、べちゃべちゃなご飯になることを防ぎます。そしてここから、更に10分蒸らせばばっちりです!」
212: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He0-GXA9) 2015/12/11(金) 22:13:38.12 ID:/+7ukeqdH.net
10分後

花陽「そろそろいいかな?」

花陽「どんなに美味しくご飯や具材を作っても、美味しいおにぎりにできなければ失敗です」

花陽「ご飯の世界はシビアなのです…!」

花陽「まずはご飯をバットにとって、少し冷ましましょう。人肌くらいになれば大丈夫です」

花陽「うちわで扇いであげると、冷めるのも早いし、余分な水分を飛ばすこともできますよ」パタパタ

花陽「ほどよく冷めたら、いよいよ握っていきます」

花陽「ボールにお水を取っておいて…」ジャ-

花陽「手につける水は、片手の指先に取って、手のひらに伸ばす程度で十分です。あんまり多いと、ご飯がまとまらないし、ベタベタになっちゃいます」

花陽「さぁ、いよいよご飯をこの手にお迎えします…!」ワクワク

花陽「おにぎり1つあたりのご飯の量は、だいたい100gくらいです。お茶碗の小盛りくらいですね」ヨソイ

花陽「…はあぁ…ご飯さん、あなたはどうしてご飯なの…」キラキラ

花陽「これからあなたが具材を、具材があなたを引き立ててくれるの…理想的な関係だね…」

花陽「さて、それでは手に水を伸ばして…塩もつけましょう」チョイチョイ

花陽「塩は2本の指先につくくらいで大丈夫です!少し広げたご飯の真ん中に、具材を乗せて…」

花陽「おにぎりは『握る』とは言うけど、実際にはぎゅっと握らなくてもいいんです。手をおにぎりの形にして、三回くらい転がしてあげて…」コロコロ

花陽「ひっくり返して、もう一度」コロコロ

花陽「…出来上がりです!」パァァ

花陽「絵里ちゃんが食べられないので、今日は海苔は後巻きにしましょう。それに、私は海苔は断然パリパリ派です」

花陽「他のおにぎりさんも急いで握っちゃいましょう」イソイソ
213: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (プレステPW 6515-CUYL) 2015/12/12(土) 13:48:04.60 ID:8cKmEQl401212.net
*広い部屋*





花陽「おにぎりできたよぉ~!」トテテテ

http://imgur.com/ZTnXORF.jpg
1448369778-213-1
http://imgur.com/tyZSxkk.jpg
1448369778-213-2


真姫(予想どおりね…)

にこ「わ、随分綺麗な形してるわね」

海未「本当ですね。料理は味が勝負とは言いますけど、こうして見た目から丁寧さを感じさせる料理は、もっと素敵です」

絵里「あら、海苔もわざわざ別巻にしてくれたの?」

花陽「絵里ちゃんだけ食べられないのは嫌だったから…それに、海苔はパリパリ派の人もしっとり派の人もいるかなって」

花陽「それとね、付け合せのお漬物は、おばあちゃまが自分で漬けたのを分けてくれたの。すっごくご飯に合うんだぁ…」

穂乃果「よーし!それじゃ、みんなよく動いたことだし、食べよっか!」

みんな「いただきまーす!」
214: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (プレステPW 6515-CUYL) 2015/12/12(土) 13:50:34.62 ID:8cKmEQl401212.net
ことり「あ、このおにぎり、鮭と一緒に入ってるのは…大葉かなぁ?」

雪穂「ほんとだ!鮭と一緒に大葉の風味が出てきて、すごく美味しい…」

凛「凛はツナマヨだったよー!なんか、いつものツナマヨよりまろやかな気がする!」

希「お、たこわさ入りのおにぎりなんて珍しいやん」

にこ「こっちは焼きたらこね。当たり前かもしれないけど、やっぱりご飯に合うものはおにぎりにしても美味しいのね」

海未「ふふっ。作ってもらったおにぎりは、何が入っているかわからないのも楽しみの一つですね」

穂乃果「!ってことは、この中のどれか1つに激辛わさび入りのおにぎりが…!?」

海未「それはただのロシアンルーレットです」

花陽「い、入れてないよぉ…」
215: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (プレステPW 6515-CUYL) 2015/12/12(土) 13:52:01.64 ID:8cKmEQl401212.net
にこ「そういえば、絵里はなんで海苔が苦手なのよ?」

絵里「実は、今まであまり食べる機会もなかったのよ。おばあさまが食べられないから、たまに家族揃って日本食をする時も、いつも置いてなかったし…食わず嫌い、なのかもしれないわね」

真姫「食わず嫌いだとしても、無理して食べない方がいいかもしれないわよ」

絵里「?どうして?」

真姫「こういう味付けをしていない海苔を消化できるのは、日本人くらいなのよ。日本人は1000年以上前から海藻を食べ続けているから、その過程で海苔も消化できるバクテリアを獲得した、と言われているわ」

真姫「エリーはロシアの血が強く出てるみたいだから、食べてもちゃんと消化できない可能性が高いと思う」

にこ「へぇ…」

絵里「そうなの…じゃあ、おばあさまは海苔が嫌いだったんじゃなくて、本当に『食べられなかった』のね」

真姫「海苔だけじゃないわ。食文化の違いだけど、タコだってロシアじゃ殆ど食べないって聞いてる…こっちは、馴染みがないだけかも知れないけどね」

真姫「…亜里沙ちゃんは海苔もタコも平気で食べてるけど」

亜里沙「?」モムモム
216: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (プレステPW 6515-CUYL) 2015/12/12(土) 13:54:58.22 ID:8cKmEQl401212.net
みんな「ごちそうさまでした!」

花陽「えへへ、お粗末さまでした♪」

ことり「みんなで同じものを食べるのもいいけど、サンドイッチやおにぎりみたいに、色んな種類があるのも楽しいねぇ」

穂乃果「雪穂ぉ~お茶ぁ~」ゴンロゴンロ

雪穂「ちょっと、やめてよ人の家でまで…」

海未「牛になりますよ…」

にこ「…さて、じゃああとは海未と私だけね。花陽、クジお願い」

花陽「はい!じゃあ引くね…」ゴソゴソ......パラリ







花陽「えっと、次は>>220ちゃんです!」



>>220の料理 → >>224
220: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ (プレステPW 6ed9-1UaV) 2015/12/12(土) 14:31:54.30 ID:Oqnn9a8501212.net
海未
223: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (プレステP Sa87-1UaV) 2015/12/12(土) 15:23:44.32 ID:dDE4cZ5Sa1212.net
満漢全席
224: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (プレステPW 6515-rNX3) 2015/12/12(土) 15:25:07.07 ID:YV+eiMWn01212.net
うえ
230: 名無しさん@そうだ選挙に行こう(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0He0-GXA9) 2015/12/14(月) 11:46:58.82 ID:w+EGzyeVH.net
花陽「えっと、次は海未ちゃんです!」

にこ「じゃあ、最後は私ね」

希「主催が最後かぁ。部長の貫録やね、にこっち」

亜里沙「海未さんのお料理…とっても楽しみです!」

雪穂「海未ちゃんの料理、何度か食べたことあるけど、すごく美味しいんだよ」

ことり「頑張ってね、海未ちゃん♪」

海未「はい!…少し時間がかかるかもしれませんが、待っていてくださいね」

海未「真姫、和木さんにもお手伝いしてもらっていいですか?」

真姫「いいわよ。控室にいると思うから、内線入れておくわね」

海未「ありがとうございます。では、行ってきますね」
238: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 6215-aRbs) 2015/12/18(金) 15:44:14.75 ID:qyQmcdlp0.net
*厨房*



和木さん「こんばんは、貴女が園田さんね?」

海未「はい。今夜は遅くにすみません」

和木さん「いいのよ、気にしなくて。…真姫さんの大事なお友達ですものね」ウフフ

海未「ええ…皆が、皆にとって大切な人です」フフッ

海未「あまり遅くなっても申し訳ありません。早速ですが、お手伝い頂いても良いでしょうか?」

和木「はい、喜んで」ニコ

海未「ありがとうございます。一つあたりの量は少ないのですが、品目が多いもので…」

海未「簡単ではありますが、今日は小さな満漢全席を作ります!」



海未「満漢全席とは、3、400年前の中国に於いて供された宮廷料理で、満民族、漢民族の食文化の集大成とされています。あらゆる珍味、高級食材を用い、贅を尽くした料理とされ、2、3日かけて100を超えるメニューを食べていたそうですね」

海未「今回は選ぶ食材もある程度日本の食文化に合わせましたし、何より量も少なめ。なので、正確には満漢全席とは異なりますが、便宜上そう呼ぶことにします」

海未「では、早速始めましょう!」
240: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0Hdb-t7L0) 2015/12/19(土) 17:45:45.76 ID:85Y+USjxH.net
海未「まず最初は、『梅花北鹿絲』…鹿肉の香り炒めを作ります」

海未「梅花鹿とはタイワンジカの亜種の一種で、袋角…生えたばかりの角を漢方薬とするために乱獲され、野生絶滅してしまったそうですね」

海未「日本で手に入れるのは至難の業。なので、今回はエゾシカ肉を使います」

和木さん「あらあら、珍しいものを持ってるのねぇ」

海未「父の知り合いに北海道でハンターをやっている方がいて、その方からの頂き物なんです。来るべき冬に備えて栄養を蓄えた今時期のお肉はしっかりと脂がのって、絶品の一言です!」

和木さん「そうそう。それにこの時期はジビエ独特のお肉のくさみも少なくて、美味しい上に食べやすいのよねぇ」

和木さん「ちょっとクセが強いから好き嫌いは分かれるけれど、好きな人は本当に好きになるわね。私も大好きなの、鹿肉」ウフフ

海未「東京にいると、鹿肉を食べる機会はあまり多くはありません。皆も初めてだと思いますから、苦手ではないか、少し不安ですが…」

和木さん「大丈夫。美味しく作れれば、なにも問題ありませんよ」フフッ

海未「ええ、そうですね。食材にも、皆にも、感謝の心を込めて作ります」ニコ
243: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 6215-aRbs) 2015/12/20(日) 19:24:12.43 ID:loLxjUf70.net
海未「まず、鹿肉を細切りにして頂けますか?薄すぎない程度に」

和木さん「はい。…これくらいでいいのかしら?」サクッ

海未「そうですね、それくらいが丁度いいです」

海未「私は野菜を刻みます。タケノコ、人参、セロリ、ピーマンは細切りに」トトトトトトト
 
海未「生姜は微塵切りにします」トントントントン

和木さん「お肉は切れましたよ。…これをどうすればいいのかしら?」

海未「ありがとうございます。まずは水、重曹、卵、醤油、塩、砂糖、チキンパウダー、片栗粉の順に混ぜて、漬けだれを作ってください。その漬けだれに鹿肉、油を少量加えて、下味を付けます」

和木さん「あらあら、すごく凝ってるのねぇ」ウフフ

海未「私は、チキンパウダー、砂糖、油、マギーシーズニングソース(タイの醤油のような調味料)、塩、水溶き片栗粉、スープを混ぜ合わせて…」チャッチャッ

海未「…出来ました。味付けはこのタレで行います」
244: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 6215-aRbs) 2015/12/21(月) 15:46:56.62 ID:HyIRXm/30.net
海未「和木さん、鹿肉はあとは私がやります。…杏仁豆腐に取り掛かって頂けませんか?材料はこちらにあります」

和木さん「はい、わかりましたよ…杏仁霜から作るなんて、本格的ねぇ。じゃ、早速」




和木さん「お鍋に杏仁霜と砂糖を入れて…」サラサラ

和木さん「ダマにならないように、お水は少しずつ入れて混ぜましょ」マゼマゼ

和木さん「混ざったら弱火にかけて、トロトロの半透明になるまで混ぜて」チッチッチッチッチッボッ

和木さん「その前に、さっとゼラチンだけふやかしちゃいましょ」チョロチョロ

和木さん「粉っぽい杏仁豆腐にならないようにするには、根気よく混ぜる。これが一番ね」

和木さん「しっかり火が通ったら、さっきのゼラチンも加えて、火を止める」カチッ

和木さん「あとは牛乳、生クリームを加えて混ぜて、型に注いで冷やすだけね」トクトクトクトク
245: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0Hdb-t7L0) 2015/12/21(月) 22:59:01.55 ID:mrqenHSAH.net
海未「私は鹿肉を仕上げます!」

海未「まずはタケノコです。中華鍋で軽く炒めて、余分な水分を飛ばしましょう」ジャアアアアァァァァ

海未「タケノコを一旦鍋から下して、熱いままの鍋に油を注ぎ、170℃になるまで熱します」トプトプトプトプ

海未「油が温まったら、先ほどの鹿肉を入れ、手早くほぐす!火を通しすぎないように注意です。同様にセロリ、人参も油通しします」ジュワァァァァ

海未「3つはすぐに取り出して、残った油はもったいないので、ピーマンの油通しにも使いましょう。ボールに入れたピーマンにこの油をかけ、すぐに油切りします」ジュワァ

海未「さて、もう一息ですね…中華料理はスピードが命。すぐに仕上げてしまいましょう」

海未「鍋に、今度は生姜を入れて炒めます。香りが出るまでですね」ジャアアァァァ

海未「…ん、いい香りです」

海未「そしてタケノコ、ピーマン、セロリ、人参、そして鹿肉を加え、2番目に作った調味料を注いで一気に炒め合わせます!」ジャァァァァァァァッ



海未「できました!最後に少しだけごま油を回しかけ、固い葉脈を切り取ったレモンの葉を散らせば…」パラパラ

海未「梅花北鹿絲の完成です!」ジャーン

海未「…正確には蝦夷鹿鹿絲、でしょうか?」
252: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (中止W 6b23-1kJ5) 2015/12/24(木) 23:31:40.97 ID:rGArWEsy0EVE.net
海未「続いて、ふかひれのスープです!これは知っている人も多いでしょう」

和木さん「杏仁豆腐、冷やすまではちょうど仕上がりましたよ」フフ

海未「ありがとうございます。予定通りですね」

和木さん「どうしましょ?1から作るのなら…海未さんが具材を調える間に、私がスープを作っておくのが一番効率がいいと思うのだけれど」

海未「…成程、それもそうですね。では、それでお願いします」

和木さん「はい、たしかに」ニコ




海未「ではまず、具材を切っておきます。水で戻したふかひれ、豚肉、タケノコ、椎茸です」ドドン

海未「まずは豚肉です。20分ほどたれに漬け込んで下味をつけますので、最初に切ってしまいましょう。細切りですね」トントン

海未「次に、ボールにお酒、醤油、生姜の絞り汁を混ぜて…これが漬けだれになります。ここに豚肉を少しの間漬け込んでおきましょう」チャプ-ン

海未「生姜とにんにく、白ネギは微塵切りにします。…これくらいの量なら、ことりでも気にならないでしょう」

海未「中華鍋に油を熱して…そこでにんにく、生姜と白ネギを炒めて、香油を作ります」ジュワアアアア

海未「…思ったより早く終わりましたね。和木さんがスープを作ってくれている間に、他二つの下拵えでもしましょう」
253: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (中止W 6b23-1kJ5) 2015/12/24(木) 23:32:13.08 ID:rGArWEsy0EVE.net
和木さん「さてさて…ふかひれのスープなんて、いつぶりかしらね」

和木さん「まずはお水、そこに鶏ガラスープの素、お酒、お醤油、塩、胡椒を入れて、少しだけ加熱して馴染ませます」チッチッチッチッチッボッ

和木さん「煮立たせるのは具材と一緒なのが一番だから、今は入れたものが混ざりきるところまでしかやらないわ」クルクル

和木さん「その間に、水溶き片栗粉は作っておきましょ」

和木さん「…あら?もう具材の調理は終わってるのね。本当、手際のいい娘ですこと」ウフフ

和木さん「海未さん、宜しければ、スープの方の残りは私がやりましょうか?その間、残りの2品に取り掛かってはどう」

海未「…え?ですが、それだとスープはほとんど和木さんにやらせてしまうことになります。本来なら私がやらなければならないのに、それでは…」

和木さん「いいのいいの、気にしないで」

和木さん「中華料理はスピードが命、でしょう?」ニコ

海未「…わかりました。すみませんが、お願いします」ペコ

和木さん(基本的に1人で何でもやろうとしちゃうのね。…そういうところ、真姫さんにそっくり)
254: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (中止W 6b23-1kJ5) 2015/12/25(金) 00:03:29.20 ID:Mt1YCftT0XMAS.net
和木さん「さてと…続きね」

和木さん「あとはもうそんなに難しくないわね。ふかひれ、タケノコ、椎茸、豚肉を、さっき海未さんが作った香油。これと一緒に炒めて…」ジュワアアアアア

和木さん「さっきのスープに入れて煮込むだけ」チッチッチッチッボッ

和木さん「最後に、水溶き片栗粉でとろみをつけて…」グツグツ

和木さん「はい、出来上がりね」ウフフ
255: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (中止W 6b23-1kJ5) 2015/12/25(金) 00:03:59.88 ID:Mt1YCftT0XMAS.net
海未「…では、スープは和木さんに任せるとして…次の品に取り掛かりましょう」

海未「アワビの照り焼きを作ります!」

海未「まずは大根を輪切り、人参を千切り、タマネギを薄切りにしましょう。干し椎茸も使いますが、さっきふかひれスープを作るときに多めに戻しておいたので、それを用います」ザクッザクッ

海未「アワビは、肝と口を包丁で切り落としておきましょう」チマチマ

海未「出来たら、鍋に水を張って…」ジャ-

海未「そこへ大根、アワビを入れて、柔らかくなるまで茹でます」チッチッチッボッ

海未「待っている間に、やれることはやっておきましょう。別の鍋に出し汁、醤油、酒、砂糖、味醂を入れて沸かします」ボッ

海未「…アワビと大根は柔らかくなったようですね。根菜ですから、竹串を中心に刺してみて、スッと通るようになればバッチリです」グサ-

海未「こちらの鍋にも出し汁、醤油、酒、砂糖を加えて煮込み、大根とアワビに下味をつけましょう」グツグツグツ

海未「調味料の鍋も沸いたようですね。では火を止め、そこへ鰹節を足し、鰹節が沈むまで待ちます…」カチッファサッ

海未「…今です!」バッ

海未「ボールにザルを重ね、そこにさらにキッチンペーパーを敷きます。これを使って濾していきましょう」ザパ-
256: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (中止W 6b23-1kJ5) 2015/12/25(金) 00:05:03.55 ID:Mt1YCftT0XMAS.net
海未「さて、いよいよ終盤です。先ほどの大根とアワビを取り出して、フライパンで焼き目をつけましょう」ジュゥゥゥゥ

海未「それが出来たら濾した調味料を合わせ、煮詰めながら焼く照り焼きにします」ジュワァァァァ

海未「汁気が減ったらアワビを切り、盛り付けて完成です!外した殻の上に乗せると、より高級感を演出できますね」ドジャアァ-ン
257: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (中止W 6b23-1kJ5) 2015/12/25(金) 00:05:32.57 ID:Mt1YCftT0XMAS.net
和木さん「さて、スープも出来ましたし、お次で最後にかしら…」

海未「…和木さん。片付けの方をお願いします」

海未「残りは、全て私にやらせて下さい」

和木さん「…良いのですか?」

海未「はい。最後に作るのは、私が最も得意とする料理…」







海未「本格的な炒飯を作ります!」
258: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (中止W 6b23-1kJ5) 2015/12/25(金) 00:06:02.63 ID:Mt1YCftT0XMAS.net
※チャーハンのレシピはこちらのSSから簡略化して引用させて頂きました。もし見ててくれたらありがとうございます。この通り作ったら本当に美味しく作れましたので皆様も是非↓

http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1441611546/l50?v=pc

※ 当サイト内記事へのリンクです(管理人)

海未「本格的な炒飯をつくります!」





海未「まず用意するものがこちらです。常温の溶き卵、ラード、塩胡椒、醤油、焼豚、ネギ、解凍したご飯。これだけです」

海未「まずは中華鍋を空焼きし、白い煙が立ったところでサラダ油を敷きます」トプトプトプ

海未「これは中華鍋に油の膜を作り、ご飯や具材がくっつくのを防ぐためです。なので、この油はすぐに捨てて下さいね」

海未「油を捨てたら、次にラードを溶かします。…溶けたら、すぐに溶き卵、その後すぐにご飯を入れます」ジュワアア

海未「解凍したご飯のダマを潰すように、卵とご飯を混ぜ合わせていきましょう」

海未「ある程度混ざったら、残りの刻んだネギ、焼豚を入れて、塩胡椒を振ります。多めで構いません」シャッシャッ

海未「ここでまた軽く炒めたら、鍋を伝せながら醤油を少量垂らします」ジュワアアアアアアア
  
海未「あとはまた軽く炒めて…これで完成です!」



和木さん(本当に、手際のいいこと。一緒にここで働きたいくらいだわ)ウフフ

和木さん「杏仁豆腐、盛っておきましたよ」

海未「ありがとうございます…本当に助かりました」ニコ
259: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (中止W 6b23-1kJ5) 2015/12/25(金) 00:06:28.88 ID:Mt1YCftT0XMAS.net
海未「皆、お待たせしました。園田流 満漢全席です!」ドドドン

http://imgur.com/Mrlbz8t.jpg ※イメージ
1448369778-259-1

http://imgur.com/PQKSgnn.jpg
1448369778-259-2

http://imgur.com/45QZENR.jpg
1448369778-259-3

http://imgur.com/qrngOdR.jpg
1448369778-259-4

http://imgur.com/Rde9rEk.jpg
1448369778-259-5

http://imgur.com/XK6aORI.jpg
1448369778-259-6


ほのりんにこ「」アゼン

えりあり「ハラショー…!」

ことり「すごぉい…5種類も一気に作っちゃったのに、全部本格的で…」

花陽「海未ちゃん、気合入るとすごいもんね…合宿の時の練習メニューみたいに…」

希「こんな立派な料理、出来立て美味しいうちに食べないと損やんな?というわけでみんな、せーの…」

みんな「いただきまーす!」
263: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (中止W 6b23-1kJ5) 2015/12/25(金) 11:07:22.72 ID:Mt1YCftT0XMAS.net
穂乃果「んー!おいしー!」

花陽「鹿肉って、初めて食べたけど…今までのどんなお肉とも違う感じで、すっごく美味しいね!」
264: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (中止W 6b23-1kJ5) 2015/12/25(金) 11:18:37.88 ID:Mt1YCftT0XMAS.net
途中送信したすまん



にこ「スープも、野菜とふかひれがたっぷり入ってて、味にも深みがあっていいわね。毎日食べられたら、美容にも良くて最高なんだけど」ウットリ

真姫「鮑も美味しいわよ。刺身とかにはない、煮込み独特の柔らかさで食べやすいし、和風の味付けがまた合ってて…」

雪穂「やっぱり海未ちゃんの炒飯はいいね。何回か作ってもらったけど、海未ちゃんのが一番好き」

凛「いつものラーメン屋さんのより美味しいにゃー!」モグモグ

絵里「んー…杏仁豆腐もさっぱりしてて美味しいわ!甘辛めの味付けが多かったメニューの後に、このすっきりした甘み…」
265: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ (中止W 6b23-1kJ5) 2015/12/25(金) 11:23:42.58 ID:Mt1YCftT0XMAS.net
海未「…ところで穂乃果?その皿に残ったものは何でしょうか」

穂乃果「」ギクッ

穂乃果「あ、あれー?おかしいなぁ!とっても美味しかったから、ピーマンも一緒に食べたのに!穂乃果のお皿だけちょっと多かったのかなー!」アセアセ

雪穂「…」ハァ

海未「もう…野菜の好き嫌いはいけないと、昔から言っているではありませんか!」

穂乃果「ほ、他の野菜はちゃんと食べたもん!」

海未「そういう問題ではありません!色々な食材を使うことで栄養のバランスを取るのに、その一部だけを残してしまっては何にも…」



絵里「ふふっ。今日も平和ね」
267: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (JP 0Hd6-BJ3V) 2015/12/26(土) 08:08:55.80 ID:Wq/JBu0XH.net
みんな「ごちそうさまでした!」

海未「お粗末様でした」フフ

花陽「ふぅ、さすがにお腹いっぱいになってきたねぇ」

にこ「ちょっと、まだにこのが残ってるわよ」

凛「にこちゃんのお料理はもうみんなの折り紙つきだもんねー」

にこ「当然よ、任せなさい。じゃ、ちょっと行ってくるわね」タタタ





にこっちの料理→>>270

できれば単品でオナシャス 海未ちゃんみたいなセットもの難しすぎるww
270: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ (アウアウ Sa7d-+J4R) 2015/12/26(土) 09:31:17.31 ID:bxqzjeDfa.net
イタリアンピッツァ
273: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 5f15-1kJ5) 2015/12/26(土) 22:52:51.42 ID:P22p6rnz0.net
*厨房*



にこ「さてと…案外遅い時間になっちゃったわね」


にこ「ささっと済ませちゃいましょ。あんまり遅くなっても、真姫の家に迷惑だし」


にこ「宇宙No. 1アイドルにこにーの腕前、しっかり見ていくといいにこっ☆」
274: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 5f15-1kJ5) 2015/12/27(日) 00:00:14.74 ID:lZ1wngSy0.net
にこ「ピザ作りに於いて、一番重要なのが生地作りよ。具材も勿論大事だけど、それ以上に生地が美味しく焼けるか。それがモノを言うわ」


にこ「しっかりと焼ける生地なら、たいていの具材はマッチして美味しくなるわ。だから今日も、生地作りりを重点において進めていくわね」




にこ「まずは40℃以下のぬるま湯に、ドライイースト、砂糖、オリーブオイルを入れる」チャプチャプ


にこ「別のボールに薄力粉、強力粉、塩を量り入れて…さっきのお湯を加えて、一気に練る!」ジャプン


にこ「…」ネリネリネリネリネリ


にこ「この練りの段階が、一番重要よ。時間をかけすぎるとベタベタした生地になりがちだから、手早く、かつしっかりと練ること」ネリネリネリネリ


にこ「手につかなくなるまでまとまったら、台に打ち粉をして…」サラサラ


にこ「叩きつけて、また練るっ!」バァン!


にこ「また叩きつけて、また練るッ!」バァン!


にこ「…ふう。生地の滑らかさが均等になったら、そこで終わりよ」キジツヤツヤ


にこ「ボールにオリーブオイルを塗って、生地を入れる。その上にもまた少しオリーブオイルを塗ってから、ふわっとラップをかけるわ」ヌリヌリ


にこ「このまま30分から1時間寝かせて、発酵させれば、生地は完成よ!」デデン
281: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 5f15-1kJ5) 2015/12/27(日) 22:56:30.10 ID:lZ1wngSy0.net
にこ「…さてと、生地が発酵したら、今度は伸ばしていくわ」


にこ「伸ばす前に用意するものがあるわね。ステンレスプレート、釜で焼くなら必需品よ」デデン


にこ「あらかじめプレートの表面にオリーブオイルを軽く塗っておくわ。そうすると生地がくっつかずに、スッと釜に入れられるの」ヌリヌリ


にこ「生地は、さっきと同様に打ち粉をした台の上で、麺棒で伸ばしていく」ノバシノバシ


にこ「綺麗なまん丸にするにはどうするか、って聞かれたことがあるけど…まあ、慣れろとしか言えないわね」ノバシノバシ


にこ「縁を少し膨らませたいなら、最後まで伸ばすのではなく、途中で真ん中からスプーンもしくはフォークで押しつぶす方法に変えればいいわ」ノバシノバシ


にこ「…できた。多少薄くても、焼けば膨らむから問題ないわよ」
285: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/12/29(火) 05:41:58.84 ID:uXmmbHvg.net
にこ「あとはトッピングをして、焼いたら完成よ」


にこ「使うのはトマトペースト、モッッァレラチーズ、バジル。これだけよ。本場志向のを作るなら、これくらいシンプルでいいわ」


にこ「このトマトペースト…たぶん、さっき絵里も使ってたわよね。作り方、教えた甲斐があったってものよ」


にこ「ピザ生地にこのトマトペーストを塗っておいて、その上にバジルを散らす」ヌリヌリパラパラ


にこ「勘違いされがちだけど、バジルはチーズの下にするの。そうしないと、焼いた時にバジルが焦げるわ」チ-ズパラパラ


にこ「チーズはたっぷりね。多いほど美味しいわ。多すぎは良くないけど」
287: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 01:40:17.64 ID:q3ny2g2i.net
にこ「いよいよね…焼いていくわ」ゴクリ


にこ「生地を寝かせてる間に、石釜にはもう火を入れておいたわ」パチパチ


にこ「温度は少なくとも350℃、理想は450℃の高温。…どうやら温度調節は上手くいったみたいね」


にこ「そこにピザ生地をそのまま投入!早めに炉床に下ろさないと、プレートにピザ生地がくっつくから気をつけるのよ」スッ


にこ「あっつ!!」
288: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 01:40:45.04 ID:q3ny2g2i.net
にこ「焼いている間は一度たりとも目を離してはダメよ」ダメヨダメヨ


にこ「15秒くらいでチーズが溶け出すわ。そこから、保存用に軽く焼いておいた生地なら1分。今回みたいに完全に生の場合は、焼き加減を見ながら2分から3分焼けばちょうどいいわ。高温でさっと焼き上げるのがコツよ」


にこ「焼けたら、入れたときと同じように、ステンレスプレートでピザを掬って…」ツカマエチャ-ウ


にこ「皿に乗せかえれば完成よ!」デデン
289: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 01:41:34.16 ID:q3ny2g2i.net
にこ「みんな、待たせたわね。本場イタリア風ピッツァよ!」


http://imgur.com/fldqBTK.jpg デデドン!
1448369778-289


希「おぉ、海外旅番組とかでよく見かけるやつやん!」


絵里「希なら旅番組じゃなくても、本場で本物を見たことがありそうだけどね」フフ


穂乃果「シンプルだけど、すっごい美味しそうだね!」


海未「本場のものは、これくらいシンプルなのが普通だそうですね。ただ、それだけに使った素材やピザ生地の出来が素直に味に出るわけですから、作り手の腕が厳しく問われる料理でもあります」


花陽「は、早く食べちゃいましょう…!アツアツが一番美味しそうです…!」キラキラ


絵里「それもそうね。それじゃ、みんな…」


みんな「いただきまーす!」
290: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 01:42:19.40 ID:q3ny2g2i.net
花陽「わわ、伸びます伸びます…!」ビロ-ン


http://imgur.com/qrH1z34.jpg
※具材違うけど許して
1448369778-290


真姫「ん、美味しい。トマトの酸味も生きてるし、チーズのまろやかさも、それを殺さない存在感があって…」


凛「さっすがにこちゃんにゃー!」モムモム


絵里「んー!生地も焼きムラがなくて、もちもちしてるわ!」


ことり「花陽ちゃんのほっぺたみたいだねぇ」プニプニ


花陽「や、やめてよぉ…」アウアウ


にこ「ふふん、伊達に毎日料理してないわよ」ドヤァ


希「それにしても、石窯使いこなせるのは凄いことやと思うけどなぁ」
293: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 08:28:36.05 ID:q3ny2g2i.net
みんな「ごちそうさまでしたー!」


にこ「お粗末様」


穂乃果「いやー、食べた食べた!」グデ-ン


凛「満足満足~」ゴロ-ン


雪穂「お姉ちゃん、だからやめなって」


にこ「さて…結構いい時間ね。みんな、準備は出来てる?」


凛「準備?なんの?」


にこ「なんの、って…飯テロよ。準備って言っても、撮った写真をT○itterに上げるだけだから、大した準備じゃないでしょ?」


ことり「あっ」


7人「………」


にこ「え?」
294: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 08:29:52.43 ID:q3ny2g2i.net
にこ「ま、まさか…真姫?」


真姫「」カミノケクルクル


にこ「…希は?」


希「…ごめん」


にこ「凛?花陽??」


りんぱな「」


にこ「ほ、穂乃果!海未、ことり!?」


海未「す、すみません…」


ほのこと「…」アハハ


にこ「嘘でしょ…」


にこ「え、絵里!絵里は!?」


絵里「………」メソラシ


にこ「」


にこ「……………今日何しに来たのよアンタたちいいいいいいいいいい!!!」




この日の深夜、にこは1人で飯テロを行い多くのμ'sファンの怒りを買い垢は大炎上した。
それにより一部のファンにはμ's、というかにこが飯テロ系アイドルとして認知されることになったとか、なってないとか。




おわれ
295: 名無しで叶える物語(もこりん)@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 08:36:30.00 ID:q3ny2g2i.net
くぅ疲

一応ここで終わりです。
後半かなりさっくりとしか書けなかったのと、ゆきありの存在忘れかけてたのが反省点
拙い文章力でしたがお付き合い頂きありがとうございました

※ 以下おまけ画像(管理人)

62: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/25(水) 23:11:13.40 ID:jC0OwgtT0.net
明日も休日出勤なので今日はここまで。
今日もありがとうございました!



ちなみに今日の私の晩飯はこちら。給料日でタチが安かったのでタチ汁と白米
http://imgur.com/O8NoImA.jpg
1448369778-62
169: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp8d-Igq9) 2015/12/03(木) 13:27:05.95 ID:ZoTYJUV9p.net
ここでオレがお試しで作ったボルシチを見てくれ

http://i.imgur.com/SCKE0rc.jpg
1448369778-169
185: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 9d15-PMkI) 2015/12/05(土) 00:40:21.40 ID:F7kDssZW0.net
待ってくれてる皆さんありがとう。詫びと言ってはなんですが昨日と今日の晩飯で飯テロしておきますね

http://imgur.com/ZJ3ShOM.jpg
1448369778-185
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「みんなで飯テロするわよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。