花陽「えっ?花陽の……お兄ちゃん?」

シェアする

花陽-アイキャッチ1
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 18:51:39.95 ID:kTUC1zyTo
―とある昼休み―




凛「かっ、かよちんっ…!」

花陽「ど、どうしたの凛ちゃん?」

真姫「それはこっちのセリフよ…どうしたのよ、それ」

花陽「真姫ちゃんまでっ!?は、花陽何かおかしな事してる…?」

凛「なにか悩み事でもあるの!?凛に相談出来ない事!?」

花陽「え、えっと…凛ちゃん?」

凛「だって…だってかよちん…かよちんがっ…!」















凛「お昼にパンを持って来るなんておかしいにゃー!!」

凛「しかも2個」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400320289

元スレ: 花陽「えっ?花陽の……お兄ちゃん?」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 18:57:59.36 ID:kTUC1zyTo
花陽「ち、違うの!今日は家にいっぱいパンが余ってたから…」

真姫「何があったのよ。お米と間違えてイースト菌でも箱買いしちゃったの?」

花陽「違うよ!?花陽そこまでおっちょこちょいじゃないよ!?」

凛「かよちん大丈夫!?凛のおにぎりと交換してあげるよ!?」

花陽「ちょ、ちょっと二人とも落ち着いてぇ!」






花陽「すぅ……はぁー」








花陽「…これはね、お兄ちゃんが作ったパンなんだよ」

凛「おにい…」

真姫「ちゃん」




まきりん「「……」」

まきりん「「お兄ちゃん!?」」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 19:10:30.53 ID:kTUC1zyTo
真姫「花陽、お兄さんなんていたの?」

花陽「うん…すこし歳が離れてるけど」

花陽「って、あれ…?凛ちゃんはお兄ちゃんに会ったこと、あるよね?」

凛「いやーすっかりかよちんに兄妹がいる事忘れてたにゃー」

真姫「あ、あなたねぇ…」

花陽「ふふっ。そうだよね、だって凛ちゃんは小さい時に一回会っただけだもんね」

凛「でもお兄ちゃんなんてかよちんの家行った時に全然会わないよ?」

花陽「そ、そうだね、今はちょっと会えないかな…」

真姫「…ちょっと興味あるわ」

真姫「花陽、そのお兄さんの話聞かせてよ」

凛「凛も聞きたい!」

花陽「え、えぇ…は、恥ずかしいよ…」

真姫「どうしてよ?兄妹の話なんて恥ずかしがることないじゃない」

凛「真姫ちゃんはお母さんの話全然したがらないよねー」

真姫「そ、それとこれは別よ!」

凛「でも、かよちんのお兄ちゃんって、すっごく面白い人だったの覚えてるにゃー」

花陽「えへへ…そうかな?」














花陽「花陽のお兄ちゃんは…いい加減で、大雑把で」

花陽「花陽はずっと……いじられてたかなぁ」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 19:35:52.73 ID:kTUC1zyTo
…花陽の家は、朝は自分が好きなものを選んで食べてたの。
私は勿論白いご飯で、小さい時から大きなお茶碗で…あ、あぅ…花陽この時から食いしん坊だったよ…




で、お兄ちゃんはいつもパン。
朝はパンを食べないと力が出ないっていつも言ってたよ。



お兄ちゃん、家にパンがないときは走ってコンビニまでパンを買いに行ってたの。
…お母さんに遅刻するよって、いっつも叱られてたっけ?ふふふ…




花陽とお兄ちゃんは、好きな食べ物も好きなことも全然一緒じゃなくて、本当に兄妹なのかなって…いつも近所のおばさんに言われてたなぁ
でも、お兄ちゃんは花陽の事をからかったり、花陽が描いた絵に落書きして笑ってたり、泣いた花陽を見たお母さんから叱られてたり…



気付いたら、いつも花陽と一緒に居たの。
どんな時も、ずっと…
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 19:46:04.46 ID:kTUC1zyTo
…そういえば、こんな事もあったよ。





花陽「おにいちゃん?なに…?」

花陽「え…?いい物くれるの?」

花陽「やったぁ…なにかなぁ…」




花陽「…え?目を閉じて、お口を開けるの?」

花陽「うん…あーん」





ガボッ。




花陽「!?」

花陽「むー!んぐー!」




…お兄ちゃんが、すっごく美味しいものをあげるよって言ったから、花陽は口を大きく開けて待ってたの。


そしたらお兄ちゃん、花陽の口がいっぱいいっぱいになるくらい大きなパンを咥えさせたの。
花陽が変な顔するって分かっててこんな事したんだよ?酷いよね…




花陽「…ん、ごっくん」

花陽「お、おにいちゃんひどいよぉ…」ウルウル

花陽「お、美味しかったけど…はなよ死んじゃう所だったよぉ…」グス





…お兄ちゃんは、ケラケラって笑ってました。
花陽に食べさせた、チョココロネを食べながら。
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 20:02:51.35 ID:kTUC1zyTo
凛ちゃんも知ってると思うけど。花陽はずっとアイドルに憧れてて…家でテレビの前で踊ってたりしてたの。


花陽「ふんふふんふふーん♪」

花陽「あ、おにいちゃん」

花陽「えへへ…お母さんにはなよのダンス褒められたんだよぉ」

花陽「えっ?ここで踊るの…?で、でも…恥ずかしいよ…」




花陽「えっ?踊ってくれたらはなよの好きなものくれるの…?」

花陽「わぁ…う、うん!はなよ、頑張りますっ!」





~♪




花陽「えへへ…どうだった?」

花陽「…えっ?このままじゃ小学校の劇の脇役にもなれない…?」

花陽「そ、そんなぁ…!ど、どうすればいいのぉ…?」ウルウル

花陽「えっ?一発で上手くなるおまじない?」

花陽「…うんっ!はなよやりたいっ…!」 アーン




ガボッ。




花陽「!?」

花陽「んぐー!!」

花陽「モグモグ…ゴックン…ふえぇぇぇん…おかあさぁぁん…っ!」 タッタッタ






…花陽に嘘をついて泣かせたお兄ちゃんは、お母さんにすっごく怒られてました。
一週間パン禁止って言われたら、何度も何度も土下座して謝ってたよ。


その時のパンは、クロワッサンでした。
サクサクで、中はもっちりとしてたっけ…
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 20:27:35.44 ID:kTUC1zyTo
それからお兄ちゃんは、事あるごとに花陽にパンを食べさせようとしてました。
花陽がおにぎり好きなの知ってて海苔を全部食べちゃったり、花陽の机にいつの間にかパンがちょこん、って置いてあったり…

あ、花陽がパンを食べないとお兄ちゃん死んじゃうって脅した事もあったっけ…


とにかく、お兄ちゃんと一緒にいるときはパンを食べてる時が多かったです。



でも、そんなある日…。









花陽「…ッグ…ヒック…グスッ…」


…花陽が凛ちゃんとケンカしちゃって、その日の夜はずっとベランダで泣いてたの。
大好きなご飯も喉に通らなくて、ずっとずっと座って俯いてました。



…そしたらね、お兄ちゃんが花陽の様子を見に来てくれたの。



花陽「ヒグッ…お、おにいちゃん…」

花陽「はなよっ…もうっ…りんちゃんと…遊べなく、なっちゃったぁ…ぁ」 ポロポロ

花陽「いやだよぉ…!りん、ちゃん…!あっ…あぁっ…!」 ポロポロ




…その時、お兄ちゃんは何も言わないで、




         

          ポンッ







花陽「…ぁ…あぅ…?」



花陽の手に、小さなおにぎりを置いてくれました。
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 20:36:27.84 ID:kTUC1zyTo
花陽「…お、お兄ちゃん?」


そのおにぎりは、形がとっても歪で、海苔も所々破けてて…
今考えると、どうやったらあんな変な形のおにぎりが作れるんだろうって思うくらい、へんてこりんなおにぎりでした。




花陽「…これ、はなよにくれるの?」



お兄ちゃんは何も言わないで、ずっと外の空を眺めてました。
あの時のお兄ちゃんは、花陽が見たどのお兄ちゃんの顔よりも、ずっと真剣で、ちょっと怖かったかな…?





花陽「……」パクッ

花陽「…しょっぱい」

花陽「……でも、おいしい」




お兄ちゃんは、何も言わないで空を眺めてました。
一番好きな、焼きそばパンを食べながら…。
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 20:59:58.54 ID:kTUC1zyTo
…花陽が中学生になると、お兄ちゃんのやり方も変わってきました。
もう花陽が騙される様な子じゃないってのが分かってたんだと思います…。



花陽「お兄ちゃん、何してるの…?」

花陽「えっ?単語の読み方が分からないの…で、でもこれ中学一年生でも読めるよぉ…?」

花陽「う、うん…いいけど」



花陽「あ、apple…」

花陽「えっ…?もっと声出してくれないと分からない…?」

花陽「ん、んんっ…あ、あっぽぉ…」

花陽「も、もっと長く?はうぅ…」

花陽「あ、あっぽおもごっ!?」 





ガポッ。




花陽「んー!んぐー!」

花陽「んぐんぐ…っぷはっ…!」

花陽「も、もうっ!お兄ちゃん…」

花陽「えっ?口につけたものは全部食べなさい…?」

花陽「こ、こんなに食べたら晩ご飯入らないよぉ…!」

花陽「うぅ…誰かたすけてぇ…!」 




…この時のパンは、フランスパンでした。
結局花陽は全部食べることが出来ず、泣いてたところをお母さんに見られてお兄ちゃんは一ヶ月パン禁止になりました…。




シクシクとうつ伏せになって悲しんでるお兄ちゃんの机には、色んな国の言語の教科書がかありました。
…お兄ちゃん、勉強嫌いなのにどうしてこんなに本がいっぱいあるんだろう?

その時の花陽には全然分かりませんでした。
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 21:18:10.92 ID:kTUC1zyTo
…花陽が受験生になると、お兄ちゃんと一緒にいることも少なくなったの。
花陽は音ノ木坂に向けて、お兄ちゃんは大学受験で忙しくて…


それでも、お互いに夜遅くまで勉強してたから、お兄ちゃんはよく夜食を持ってきてくれました。



花陽「あっ…おにぎり」

花陽「…ふふふ。お兄ちゃん、相変わらずおにぎり握るの下手っぴだね」

花陽「えっ?味は花陽より美味しく出来てる筈…?」

花陽「むぅ…お兄ちゃんにごはんで負ける花陽じゃないもん」

花陽「えっ?食べてみないと分からない…?」

花陽「そ、そこまで言うなら…いただきます。」





パクッ。





花陽「!?」

花陽「お、おにいひゃ…ん、ゴックン」

花陽「こ、これぇ…おにぎりの中にパンが入ってるよぉ…!」

花陽「わ、笑ってる…もうっ!お兄ちゃん…」





…えっと、基本的に花陽とお兄ちゃんの関わり方は小さい時から全然変わらなかったの。
この時はびっくりしたと言うか、花陽も少し諦めてたかな…



…その時のお兄ちゃんは、おにぎりを食べていました。
珍しい日もあるんだなぁって、その時は思ってたよ。
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 21:34:47.07 ID:kTUC1zyTo
…そして三月。


花陽は音ノ木坂に入学が決まってて、その日はお兄ちゃんの合格発表の日でした。




結果はなんと、合格でした…。
家族みんながビックリしてて、お兄ちゃん、すっごく不満そうな顔してたっけ…ふふっ




でもこの時、花陽はまだお兄ちゃんの通う大学を知らなかったの。
お兄ちゃんの事だから、友達と一緒に家の近くの大学に行くんじゃないかなって、そんなイメージがあったから。



花陽「…あれ?」



お兄ちゃんの机には、食べかけのパンと、合格証明書が散らばってました。
だらしないなぁって思いながら、少しだけ片付けてあげようって思ってお兄ちゃんの机を見ると…








花陽「……えっ」








…合格証明書は、フランス語で書かれていました。
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 21:47:48.39 ID:kTUC1zyTo
花陽はすぐにお兄ちゃんに問いただしたの…。


どうしてお兄ちゃんの合格証明書がフランス語で書かれてるのか、

どうして住所がフランスになってるのか、



どうして、花陽に何も言ってくれなかったの…って。





お兄ちゃんは色々答えてくれました。

ヨーロッパに行って色んな国のパンを研究したい、フランスに行けばいろんな国のパンの勉強が出来るからって。

でも、花陽は全然納得出来なくて…ずっとお兄ちゃんに向かって何かを叫んでいたと思います。




その時の花陽は…泣いてました。




その日は、晩ご飯を食べないでずっとお兄ちゃんの部屋に篭っていました。
いつの間にか色々な物が少なくなっていた、お兄ちゃんの部屋で…
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 22:11:45.11 ID:kTUC1zyTo
花陽「……」



その日の夜。…お兄ちゃんは、自分の部屋…わたしのいる所に来ました。
電気も点けずにずっと俯いてたから…お兄ちゃんの顔は見えなかったかな。





お兄ちゃんは、花陽の為におにぎりを握って持ってきてくれたの…。
花陽が受け取らないと、お兄ちゃんはお皿を横に置いて、花陽の隣に座りました。




花陽「……」



…それからお兄ちゃんは、色んな事を話し始めて、花陽はずっとそれを聞いてました。


昔、花陽にパンを咥えさせて泣かせたこと、

花陽がアイドルになりたいって言ったこと、


…そして、いつの日からパンの勉強がしたいって思ったのかって事を。






花陽「…そう、なんだ」



花陽が凛ちゃんと喧嘩して泣いたあの日…
お兄ちゃんは自分の作ったパンで花陽が笑う所が見たいって思ったんだって。
おかしいよね?花陽が好きなのは、白いごはんなのに…
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 22:19:46.50 ID:kTUC1zyTo
花陽「…お兄ちゃん」

花陽「今…パン、持ってる…?」






花陽「…やっぱり」

花陽「うん。…それ、食べたいな」





花陽がそう言うと、お兄ちゃんは嫌々ながら花陽にパンを渡してくれたの。
お兄ちゃんには、花陽の為に握ってくれたおにぎりを渡してあげました…。




花陽「…はむ」

花陽「……」モグモグ

花陽「…ゴックン」




花陽「…うん、美味しいよ」

花陽「でも、やっぱり花陽は、ごはんの方が好きかな」

花陽「えへへ…」


…その日食べたパンは、パンケーキでした。
マーガリンとはちみつが両方入ってて、とっても美味しかったです。
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 22:31:05.02 ID:kTUC1zyTo
…お兄ちゃんが日本から旅立つ日。



家族で最後のお別れ会をして、花陽とお兄ちゃんは空港行きの電車に乗りました。
電車の中で私達は何も喋らずに、ずっと花陽は外の景色を見てたと思う…。







空港に着いたら、お兄ちゃんの付き添い人が待っていました。
お兄ちゃんは片言でフランス語をその人と話した後、飛行機の手続きをしにロビーに行ってました。


花陽はその間…何をしていたのか、覚えてません。
ただずっと空港を行き来する人達を眺めていたのかな







出発ゲートにお兄ちゃんがやってきました。
小さなバックを一つ持ってやって来るお兄ちゃんは、花陽の知ってるお兄ちゃんだけど…


花陽の目には、とってもとっても、大きく映ってたと思います。
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 22:39:51.59 ID:kTUC1zyTo
花陽「……」


お兄ちゃんは花陽と向かい合うと、暫くじっと花陽の事を見ていました。




花陽「…お兄ちゃん」


花陽が精一杯声を出そうとして、お別れの言葉を言おうとすると、




花陽「えっ?…後ろに売店の店員さんが転んでおにぎりがいっぱい散らばってる!?」

花陽「た、大変です!すぐに拾ってあげないと…って、あれ…」

花陽「お、お兄ちゃん、おにぎりなんて何処にも…」





ガボッ。





花陽「!?」

花陽「んぐー!んむむっ!?」



花陽の口には、パンが咥えさせられていました。
今まで食べたどのパンよりも、味がしなかったと思います。



花陽「ほ、ほにいひゃ…」






ポンッ






…お兄ちゃんが、私の頭に手を乗せると。       
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 22:41:21.00 ID:kTUC1zyTo






「…元気でな」













―そう言って、お兄ちゃんは飛行機の中に消えて行きました。
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 22:48:09.78 ID:kTUC1zyTo
…外に出ると、お兄ちゃんが乗っている飛行機が見えました。
それはどんどん小さくなって…最後には、雲に隠れて見えなくなったのです。





花陽「……」 モグモグ


花陽「……ごっくん」







お兄ちゃんが私に食べさせたのは、小さなコッペパンでした。
パンの味しかしなくて、口の中でパンがふやけてグズグズになってて…






花陽「…ごちそうさま、でした」








…とってもとっても、しょっぱかったです。
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 22:57:50.98 ID:kTUC1zyTo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



真姫「……」

凛「……」

花陽「…え、えっと、これで終わり…かな?」

真姫「う、うん…何だか凄いストーリーで…ちょっとびっくりした」

凛「凛、こんな話全然知らなかった…」

花陽「あはは…誰にも言ってなかったから」

真姫「てことは、このパンって…」

花陽「うん、お兄ちゃんがあっちから送ってくれたの」

凛「ええーっ!フランスからパンを送ってきたのー!?」

花陽「花陽も最初はびっくりしちゃって、悪くならないように直送便で送ってきてくれたの」

真姫「…ねぇ、ちょっと食べてもいい?」

花陽「うんっ。いいよ」

凛「あっ!真姫ちゃんずるいにゃー!凛も凛もー!」

花陽「はい、凛ちゃんの分」

真姫「…ハム」

凛「あむっ」










真姫「…美味しい」

凛「まるで作りたてみたいだにゃー!」

花陽「ふふっ…」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 23:02:15.50 ID:kTUC1zyTo
ティロリン


花陽「…あっ」

真姫「メール?」

花陽「うん…あ、お兄ちゃんからだ…」

凛「噂をすればだねー」

花陽「内容は…あぁ、やっぱり…」

真姫「ん?」

花陽「えっとね、お兄ちゃん…あっちに行ってからずっと花陽にパンの写真を送ってくるの」

凛「パンの?どうして?」

花陽「多分、花陽への嫌がらせ…」 ハァ…

花陽「もう…花陽がごはん好きなの知ってて送ってくるんだもん」

凛「面白いお兄ちゃんだにゃー」
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 23:08:52.09 ID:kTUC1zyTo
花陽「でもでも!花陽も負けずにいっつも白いご飯を美味そうな角度で撮って送ってるの!」

真姫「なにそれ、花陽おもしろすぎ…」 プッ

凛「似たもの兄妹なんだねー」

花陽「や、やめてよ凛ちゃーん…」






凛「…あっ!そうだっ!」

真姫「えっ?」

凛「ねぇねぇかよちん、さっきのメールにも写真送るつもりなの?」

花陽「えっ?う、うん…家に帰ったら返そうかなって」

凛「じゃあ…」
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/17(土) 23:13:42.01 ID:kTUC1zyTo
凛「真姫ちゃんもうちょっとこっちに寄って!」

真姫「ちょ、ちょっと!どこ触ってるのよ!?」

花陽「じゃあ、いくよ?3、2、1…」






パシャ









…お兄ちゃん。

花陽は相変わらず、白いご飯が大好きです。


でも、お兄ちゃんが送ってくれたパンを食べると…




凛「あっはははっ!真姫ちゃん変な顔だにゃー!」

真姫「う、うるさい!凛が変なところ触ったせいなんだからー!」

花陽「…ふふふっ」








―私達は、こんなにも笑顔になりました。



~おわり~
34: ◆J56L221nBM 2014/05/17(土) 23:15:21.23 ID:kTUC1zyTo
たまにはこんなのも、いいんじゃね?


じゃあの

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
花陽「えっ?花陽の……お兄ちゃん?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「えっ?花陽の……お兄ちゃん?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。