真姫「まき+りんぱな…?」

シェアする

真姫-アイキャッチ33
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 23:31:19.68 ID:nv4Kpy280
凛「でねでね、そのときかよちんがね――」

真姫「まったく花陽ったら……」

凛「しかもかよちんったら――あっ!」ダッ

真姫「凛?」

凛「かっよちーーんっ! おはよーにゃーっ!」ギュッ

花陽「わっ、凛ちゃんてばいきなり飛びついてきちゃあぶないよぉ~? ……えへへ、おはよう凛ちゃん」

花陽「あ、真姫ちゃんもおはよー。今日もいい天気だね」

真姫「………………」

真姫「え? お、おはよう、花陽」

りんぱな「?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400682679

元スレ: 真姫「まき+りんぱな…?」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/21(水) 23:32:29.63 ID:nv4Kpy280

真姫「……というわけよ」

にこ「いやいや、いきなりそんなこと言われても……まあいいたいことはなんとなくわかるような気はするけど……なんでそれをわざわざ私に?」

真姫「だってこんなこと相談する相手ってにこちゃんぐらいしかいないし……」

真姫「μ'sの中で友達少ないの私とにこちゃんぐらいだし……」ボソッ

にこ「相談、乗ってあげないわよ?」

真姫「う、うそうそ! 冗談よ! にこちゃんが一番頼れる先輩だからに決まってるじゃない!」

にこ「……まあいいわ、相談ぐらい普通に聞いてあげるわよまったく」

真姫「あ、ありがと……」

にこ「んで、つまり真姫ちゃんは……花陽みたいに凛にハグしてもらいたいと」

真姫「違うわよ!」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/21(水) 23:35:45.31 ID:nv4Kpy280
にこ「え? 凛ちゃんにぎゅーってされてる花陽ちゃんに嫉妬してるんじゃなかったの?」

真姫「嫉妬なんてするわけないでしょ! ただ私は、その、凛と花陽と……その」

にこ「凛と花陽と?」

真姫「その……もうちょっと、仲良くしたいっていうか」

にこ「はあ?」

真姫「ま、まあだから、そういう意味では、凛におはようついでにハグされるような関係っていうのも、別に間違ってないっていうか?」カミノケクルクル

にこ「……いやあんた、もう既にあの二人と仲良いでしょ」

真姫「みんなにはそう言われると思ったから相談相手ににこちゃんを選んだのに……」

にこ「友達少ない繋がりで?」

真姫「そう」

にこ「怒るわよ?」

真姫「う゛ぇええ……」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/21(水) 23:36:26.01 ID:nv4Kpy280

にこ「ふざけるのはここまでにしておいて、そろそろ真面目に聞くわよ」

にこ「一年生三人組は端から見たら結構仲良さそうにしてるけど、あんたからすると違うっていうわけ?」

真姫「違うっていうか……ほとんど私の問題なのよ。二人は全然悪くないの」

にこ「ふむ」

真姫「要するに……不安、なの」

にこ「不安?」

真姫「そう。ほら、凛と花陽って幼馴染みで、昔から普通の友達以上に仲がいいじゃない?」

にこ「そうね、公衆の面前で抱き合うし、お風呂まで一緒に入ってるみたいだし……」

真姫「それに比べて私は高校に入ってからでしょ? なんていうか……なんて言えばいいのかしら」

にこ「仲間外れみたい?」

真姫「そう! それ!」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/21(水) 23:38:10.62 ID:nv4Kpy280

真姫「さっきにこちゃんは一年生三人組って言ったけど、最近思うの」

真姫「昔からすっごく仲のいい凛と花陽と、それなりに仲のいい私の三人組……って」

にこ「考えすぎじゃない?――って言いたいところだけど。うん、真姫ちゃんが私に相談した理由が今わかったわ」

にこ「私もね、考えなくもないわよ、希と絵里が生徒会の仕事してるときとか」

真姫「やっぱり……あ、ごめんなさい、別ににこちゃんが二人と仲悪そうに見えるとかそういうわけじゃ」

にこ「わかってるわよ、こんなの考えるだけ無駄なの。希も絵里も、それに凛と花陽だって十分私や真姫ちゃんのこと想ってくれてるはずよ?」

真姫「うん……でも」

にこ「心配になっちゃうかー」

真姫「そうなの。私だって二人のことが大好きだし、二人が私のこと……きっと、大好きでいてくれるって、信じたい」

にこ「ま、気になっちゃうのは仕方ないよね、真姫ちゃんヘタレだし」

真姫「へ、ヘタレってなによヘタレって!」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/21(水) 23:41:15.09 ID:nv4Kpy280

にこ「つまりあれよね、真姫ちゃんが全然そんなこと気にならないくらい二人と仲良しさんになれば解決するってことでしょ?」

真姫「そんな簡単に……」

にこ「簡単よ簡単。凛がやってるみたいに花陽に抱きついてくればいいのよ」

真姫「う゛ぇええ……そんなこと……」

にこ「できないの?」

真姫「うっ……」

にこ「できないんだぁ~? 私だって希ともっぎゅーすることぐらいあるわよー?」

真姫(あれはワシワシされてるだけじゃ……)

真姫「……仕方ないわね、ハグすればいいんでしょ、それぐらい今時の女子高生なら誰だってしてるもの、余裕よ余裕」

にこ「よーしじゃあ張り切っていくにこー!」

真姫「まったくもう……」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/21(水) 23:51:29.00 ID:nv4Kpy280

花陽「あっ、真姫ちゃん。お昼休みどこいってたの?」

真姫「え、ええと……お、お手洗いに行ってただけよ。気にしないで」

花陽「そう? ならいいんだけど……そろそろ授業始まっちゃうから準備しなきゃ」

真姫「そっ、そんなことより花陽!」

花陽「うん?」

真姫「……そ、その」ジー

真姫(抱きつくっていったって……ど、どのタイミングで?)

真姫(やっぱり凛みたいに挨拶と同時に飛び込むべきだったのかしら、こう身構えられちゃうとやりずらいっていうか……)
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/21(水) 23:58:30.46 ID:nv4Kpy280
花陽「真姫ちゃん……? ど、どうしたの?」

真姫(凛……そうよ凛みたいに勢いで軽くいけばいいのよ、凛みたいに、花陽の真っ正面から……あの胸に……胸ぇ!?)ヴェエエ

花陽「ま、真姫ちゃん?」

真姫(花陽の胸……結構大きいけど……正面から抱きついたらふかふかで……って違うわよ! 友達のことそんな目で見るわけないじゃない!)

花陽「あのぉ、ちょっと目つきが怖いっていうか……大丈夫?」

真姫(友達のこと、そんな目で……友達……よね?)

真姫「っあ、その」

凛「二人ともなにしてるにゃー?」

真姫「っ!!」ビクゥ
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:02:28.40 ID:3YK0kzxD0

花陽「あ、凛ちゃん」

真姫(あわわ……凛まで来ちゃった……これって凛にも抱きつくべき?)オロオロ

凛「……? 真姫ちゃ……」

凛「えーと……なにしてるのかよちーん?」

真姫(あ……)

真姫(私に話しかけるより先に花陽の方に……)

真姫(……そっか、そうよね)
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:06:43.38 ID:3YK0kzxD0

花陽「んとね、真姫ちゃんと……あれ? 真姫ちゃん?」

真姫「ちょっと……トイレ」

花陽「えっ? さっき行ったんじゃ……ってあれぇ!? 授業始まっちゃうよぉ!」

凛「真姫ちゃん便秘かにゃー?」

花陽「り、凛ちゃんっ! そういうのはあんまり大声で……あぁ、真姫ちゃーん……」

真姫「ごめん……」トボトボ

凛「……ねぇかよちん」コソコソ

花陽「うん……」コソコソ

真姫(私に聞かれないようにコソコソ話してる……)

真姫(なんだか、昔を思い出すわね)
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:11:17.79 ID:3YK0kzxD0

にこ「で、なんで私があんたと一緒に授業サボって部室に籠もってなきゃいけないわけ?」

真姫「だって……」

にこ「だってじゃないわよ! せっかくこのにこにーがアドバイスしてあげたのにどうして状況が悪化してんのよ!?」

真姫「ごめんなさい……」

にこ「ごめんなさいじゃ――あーもう、とりあえず落ち着きなさい」

真姫「………………」

にこ「で、今度はなにがあったの?」

真姫「……私、嫌われたかも」

にこ「はぁあ!?」

真姫「昔と同じなの。今まで普通に友達してたのに、だんだん私とだけ話さなくなっていくの。どんどん私から遠ざかっていくの」

真姫「にこちゃんの言うとおり、私ヘタレなの。言いたいこともなにも言えずに逃げてきちゃった……」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:17:49.40 ID:3YK0kzxD0

にこ「昔って……それ、中学の頃の話?」

真姫「……小学校から、ずっと」

にこ「あのねぇ、今更そんな昔のトラウマみたいなもん掘り出してきてどうすんのよ?」

真姫「私根に持つタイプだから……いつも一緒よ」

真姫「最初は普通にできてるつもりなのに、家が病院のお嬢様だって知られたらすぐに距離を取られて、私も怖くなってもう近づかなくなっちゃうの」

にこ「あんたがヘタレなのはわかったわよ。で、花陽に抱きついちゃう作戦が失敗したのはわかったけど、それでなにか言われたの?」

真姫「ううん……ただ」

にこ「ただ?」

真姫「二人でコソコソ話してた……私が教室から出て行こうとするとき……」

真姫「あれが、私の悪口なんじゃないかって考えると……」

にこ「そんなこと……」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:22:34.65 ID:3YK0kzxD0

真姫「そもそも私、あの二人とは……ううん、μ'sのみんなとは根本的に合わないのよね」

にこ「話が飛びすぎな気もするけど……まあ気が済むまで続けなさい」

真姫「みんなは明るくて、前向きで、可愛くて。でも私は後ろ向きで、みんなみたいに気楽になれないし、アイドルなんて向いてないのよ」

真姫「そもそも音ノ木だって私からしたらなんの思い入れもないし、元々入りたかったのだってお嬢様学校だし、廃校問題も別にどうだってよかった」

真姫「μ'sに入るきっかけも、作曲要因として穂乃果に捕まえられたからだし……」

真姫「合宿で別荘とか提供したりはしてるけど……でも、それ以外に私が求められてることってなに?」

真姫「作曲できるのだって習い事でピアノをやってたから。別荘だって家がお金持ちだから。私自身は、なにもしてない――」

にこ「ふーん」ケータイポチポチ

真姫「って人が深刻な話してんのにケータイいじくらないで!」

にこ「真姫ちゃん話長すぎてにこ飽きちゃったー」

真姫「」
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:25:33.25 ID:3YK0kzxD0

真姫「……にこちゃんも、やっぱり私のこと嫌い――」

にこ「」デコピン

真姫「痛っ!」

にこ「そうやってうじうじしてると本気で嫌いになるわよ?」

真姫「ぁ……」グス

にこ「あーもー。にこは真姫ちゃんの味方だから。そんな顔しないの」

真姫「ぅ、うん……」

にこ「そんじゃ、授業出よっか」

真姫「う゛ぇええ……今から戻るの?」

にこ「真姫ちゃんがサボりなんてみんな心配しちゃうでしょ。……私だって三年のこの時期にサボりなんてしたら絵里や希になんて言われるか……」ガクガク

真姫「……わかったわよ」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:28:58.01 ID:3YK0kzxD0

真姫(とはいったものの……)

真姫(視線がちょっと痛い……サボりなんて慣れないことはするもんじゃないわね)

凛「」チラッ

花陽「」チラッ

真姫(凛も花陽もチラ見ばっかりで目を合わせてくれないし……二人してケータイいじってる? あ、メールで陰口とか……あぁだめだめ、そんなことあるわけないって)

真姫(……早く授業終わらないかな)ハァ
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:33:10.63 ID:3YK0kzxD0

真姫「で、今度はにこちゃんが呼び出すのね……放課後の練習はいいの?」

にこ「今日は生徒会の仕事があるから二年生と絵里、希は遅れるってメール回ってきたでしょ」

真姫「えっ!? ――あ、ほんとだ」

にこ「それぐらい気付きなさいよね……ったく」

真姫(生徒会組が遅れるとなると残ってるのは私とにこちゃんと……凛と花陽)

真姫「真姫ちゃん、おうち帰る――っ!」

にこ「こらこら」ガシッ

真姫「な、なにすんのよ離してーっ!」

にこ「それはこっちの台詞よ、なにも帰ることはないでしょ」

真姫「だって……気まずいし」

にこ「……きっと二人も大して気にしてないわよ、あの二人がそんなちょっとしたことで真姫ちゃんを嫌いになると思う?」
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:37:05.08 ID:3YK0kzxD0

真姫「そりゃ……凛も花陽も優しいから、私のこと見捨てたりはしないだろうけど……」

にこ「それは優しいからだけじゃないと思うわよ?」

真姫「え?」

にこ「その先は自分で考えなさい」

にこ「私が言っても意味ないのかもしれないけど……」

にこ「あんた、最初に会ったころより全然変わってるじゃない」

真姫「な、なによいきなり……」

にこ「練習だって真面目にやってるし、穂乃果や凛のバカなノリにもついていってるし、普通にμ'sの中に溶け込めてる」

にこ「私たちと出会う前の真姫ちゃんは後ろ向きで臆病なヘタレだったかもしれないけど……」

にこ「今の真姫ちゃんは、その頃とはもう違うんじゃないの?」

真姫「……言ってる意味がよくわからないわ」

にこ「真姫ちゃんも私も、みんなも、成長したってことよ」

にこ「そんじゃ部室へ行くわよー!」

真姫「え、ちょ、待って心の準備が――!」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:40:45.84 ID:3YK0kzxD0

にこ「さ、ほらほら真姫ちゃん開けて」

真姫「私が先に入るの? にこちゃんがいってよ……」

にこ「ここは真姫ちゃんがいかないとダメなのーほらっ」

真姫「ぅー……わかったわよ」ガチャ




凛「まっきちゃーーーんっ!」ギュー

真姫「う゛ぇええ!?」

花陽「ま、真姫ちゃんっ!」モギュッ

真姫「え゛、ちょっ、ぇえ!? あの、え?」

凛「真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃーんっ!」ホッペスリスリ

真姫「り、凛っ? わ、や、やめっ」

花陽「ま、真姫ちゃん真姫ちゃん……っ」ホッペスリスリ

真姫「花陽まで――あっ……はぅ……///」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:43:55.34 ID:3YK0kzxD0

花陽「……えと、ごめんね真姫ちゃん、やりすぎちゃったかも……」

真姫「な、なんだったの今の……?」グッタリ

凛「凛たちで考えた真姫ちゃんを元気づけよう大作戦にゃ!」

真姫「むしろ元気なくなった気がするんだけど……」

花陽「えぇ!? にこちゃんがあれでいいって……」

にこ「いや私も両側からほっぺたすりすりまでは言ってないわよ……」

凛「真姫ちゃんのほっぺすべすべで気持ちよかったにゃー」

真姫「……とりあえず、説明してもらいましょうか?」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:48:20.41 ID:3YK0kzxD0

にこ「……つまりね、昼休みに真姫ちゃんが部室に逃げ込んできたとき、同時に花陽からメールがきたの」

真姫「あぁ、あのときの……」

にこ「真姫ちゃんが元気ないんだけどどうしちゃったのかなー、っていう内容のね」

花陽「うん……真姫ちゃん今朝からあんまり元気なかったし、なにかあったのかなって」

にこ「ま、そこでこのにこにーが手を打って、このサプライズを用意したってわけ」

にこ「っていっても私は真姫ちゃんを部室に連れてくるだけの仕事だったけどね」

真姫「……まあ、こんな頭悪そうなサプライズはあんたたちぐらいしかやらないわよね」

凛「頭悪いとは失礼にゃ! ちゃんと凛たちだって真姫ちゃんの求めてるものを考えたんだよ!」

真姫「私の求めてるもの?」

凛「今朝凛がかよちんにぎゅーってしてるとき、真姫ちゃんが物欲しそうに見てるの知ってたもん!」

真姫「ぅえっ!? そ、それは……」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:52:31.61 ID:3YK0kzxD0

凛「凛だって真姫ちゃんといーっぱい仲良くしたいなって、思ってたんだ」

花陽「私も……だって真姫ちゃんは高校で初めてできた……親友、だから」

真姫「凛……花陽……」

にこ「ほらね、なんの心配もいらなかったでしょ?」

真姫「うん……ほんと、よかった」グス

凛「あれ~? 真姫ちゃん泣いちゃってるにゃ?」

真姫「うっ、うるさいわね!」ゴシゴシ

真姫「ごめん……二人とも。あとにこちゃんも。こんな私のために……」

花陽「いいんだよ真姫ちゃん。親友のためならなんだってするよ」ニコッ

真姫「ありがと……」

真姫(昔の私だったら……こんなに素直に感謝できたかな)

真姫(……素直に、か)
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 00:56:46.33 ID:3YK0kzxD0

真姫「あの、お願いがあるんだけど……いい」モジモジ

凛「にゃ?」

真姫「さっきの、もう一回……///」

凛「! まっかせるにゃー!」

真姫「ええとね、凛は後ろから……」

凛「こう?」モッギュー

真姫「それで花陽はこう……」ムニュッ

花陽「あ、あの、真姫ちゃんそれ、胸が……」

真姫「……だめ?」

花陽「――ど、どうぞっ!」モギュッ

にこ「真姫ちゃんがサンドイッチに……ところでにこはー?」

真姫「あそっか……じゃあ手、握って?」

花陽「真姫ちゃんそこで喋られるとくすぐった――///」

にこ「はーいじゃあ余り物のにこは真姫ちゃんの手を握りまーす」ギュー

にこ「で、どう? 仲良し一年生と偉大なるにこにーにもぎゅっとされた感想は?」

真姫「ん……あったかい」

花陽「えへへ……真姫ちゃん幸せそう」

凛「にゃー♪」


真姫(……みんなと出会えてよかった……本当に)


おわり
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/22(木) 01:02:59.43 ID:3YK0kzxD0
短くて申し訳ありませんがこれで完結です。SS初投稿で緊張しました。
低品質な上に軽いスレタイ詐欺でしたが、ここまで読んでくれた方、またレスくれた方、ありがとうございました。
もうしばらくしたらHTML化依頼してこようと思います。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「まき+りんぱな…?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「まき+りんぱな…?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。