海未「ことり! これは違うんです!」 ことり「……何が違うの?」

シェアする

ことり-アイキャッチ29
1: ◆S54RkZf7aI 2014/05/22(木) 10:52:08.87 ID:XdOIEivx0
ラブライブSS

※ちょいどろ注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400723527

元スレ: 海未「ことり! これは違うんです!」 ことり「……何が違うの?」

スポンサーリンク
2: ◆S54RkZf7aI 2014/05/22(木) 10:54:09.44 ID:XdOIEivx0
海未(私は今日告白します)

海未(……出来れば結ばれたいものです)

海未(穂乃果もきっとわかってくれるはずです)

海未(私がことりと付き合っても……)

海未(勇気を下さい……)
3: ◆S54RkZf7aI 2014/05/22(木) 11:03:11.21 ID:XdOIEivx0
思えば――いつからことりにこういった感情を抱くようになったんでしょう。

何気ない仕草や、ちょっと気の利いているところとか。

屈託のない笑顔とか。

あまり意識はしていなかったのですが、知らず知らずのうちに……目を奪われていたんでしょう。


いつまでも3人でこの関係を続けたいと思いながら、ことりを独占したいというのは……虫が良すぎますか?

4: ◆S54RkZf7aI 2014/05/22(木) 11:09:59.22 ID:XdOIEivx0
ことり「海未ちゃぁん……お願ぁい……」キラキラ

海未「ずるいですよ、ことり……」


この時もきっとことりが可愛かったから断れなかったんです。

あの視線を……自分だけのものにしたいという気持ちが日に日に強くなっていきました。

積み重なっていく想いにもう……嘘はつきたくないです。

目を背けたくはないのです。

今日は、ことりと二人っきりで……遊ぶ約束をしました。
6: ◆S54RkZf7aI 2014/05/22(木) 11:21:53.42 ID:XdOIEivx0
海未「あくまで自然に……自然に……」スーハースーハー

ことり「海未ちゃんどうしたの?」

海未「はいぃ!? こ、ことりでしたか。驚かさないでください……」

ことり「う、海未ちゃん驚き過ぎだよぉ?」クスクス

海未(恥ずかしい……)

海未(……ことりの家の前で深呼吸してたらこうなりますよね……)

海未「あ、買い物帰りですか?」

ことり「新しい衣装の素材買ってきたんだっ♪」

海未「私が持ちますよ、ことり」

ことり「海未ちゃんありがとーっ♪」
7: ◆S54RkZf7aI 2014/05/22(木) 11:29:42.82 ID:XdOIEivx0
海未「ぬいぐるみばっかりですね……可愛い」

海未「やはりこういった可愛らしい物がことりを引き立たせているのでしょうか」

海未「もちろんことりが可愛いのは当たり前ですが」

ガチャ

ことり「海未ちゃんありがとね、はいっ麦茶」コトッ

海未「あ、ありがとうございます」

ことり「なんか、二人で遊ぶのも久しぶりだね」スワリ

海未(こ、ことりが……隣に……)

海未「そうですね、最近はμ’sの活動も忙しかったですし、穂乃果も居ましたから」

ことり「えへへ、海未ちゃんを独占できて嬉しいかなーなんて」チラッ

海未(これは……ひょっとして……)ドキドキ
8: ◆S54RkZf7aI 2014/05/22(木) 11:36:37.87 ID:XdOIEivx0
海未「あ、あのですね!」

ことり「あ、そうだ海未ちゃん、衣装のアイデアなんだけど~」

海未「へっ?」

ことり「次の衣装も考えなくちゃいけないし、海未ちゃん歌詞にイメージあるかなって」

海未「なるほど、歌詞から衣装を……」

ことり「衣装から歌詞っていう逆パターンもあるからちょっと話しておきたくって」

海未「そうですね……私は――」

海未(今は……そういう雰囲気ではないですね)
9: ◆S54RkZf7aI 2014/05/22(木) 11:50:16.34 ID:XdOIEivx0
――4時間後――

海未(……あぁ、もう日が暮れて……)

海未(結局今日も言えないんでしょうか……)

ことり「~~♪」

海未(この笑顔を曇らせたくはないです……でも……)

ことり「ねぇ、海未ちゃん聞いてる?」

海未「あっ、はいっ! ……ことり聞いてほしいことがあるんですが……」

ことり「衣装のこと? 改善点とかあったかな?」

海未「そうではなくですね……」

海未(頑張れ……一度きりの勇気を……)グッ

海未「ことり、私は……園田海未は南ことりのことが好きです……」

海未「宜しければ付き合っていただけないでしょうか……!」

ことり「………………………………ごめん」

しばしの沈黙の後に聞こえた言葉は謝罪――――

海未(終わった……)
10: ◆S54RkZf7aI 2014/05/22(木) 11:56:53.87 ID:XdOIEivx0
ことり「ごめんね……海未ちゃん」

海未「い、いえ。仕方ないですよ……はは」

ことり「海未ちゃんのことが嫌いなわけじゃなくて……」

聞きたくないです。


ことり「私は……穂乃果ちゃんのことが好きなの……」

海未「ほ、穂乃果は元気で可愛らしいですからね……!」

目を背けていたのは私でした。


ことり「だから……その返事は……ごめんなさい……」

海未「……穂乃果なら私も納得ができます……」

出来るわけがない。


海未「はは、変な雰囲気になってしまいましたね」

海未「それでは私は帰ります……おじゃま……しました……」

さよならです。ことり。きっぱり諦めます……。

時間を下さい。立ち直る時間を。
12: ◆S54RkZf7aI 2014/05/22(木) 12:02:35.23 ID:XdOIEivx0
本当にちょっとだけ……後ろから追いかけてきてくれるんじゃないかなと期待していました。

そんな些細な希望なんて、持たなければよかったんです。

海未「そうですか……そんなに穂乃果がいいですか……」トボトボ

海未(一人でパーティーでも……)テクテク

海未(自棄食いでもしましょうか……)スタスタ

穂乃果「海未ちゃん? あ、海未ちゃんだ! 新作のお饅頭作ったからおいでよ!」

海未(一番会いたくない相手に……)

お饅頭パーティーでも……いいですね……

海未「お邪魔します……」

穂乃果「んー? 海未ちゃんちょっと元気ないよー?」

海未「はは、気のせいですよ……」
13: ◆S54RkZf7aI 2014/05/22(木) 12:10:45.65 ID:XdOIEivx0
海未「穂乃果、今日は和菓子沢山買っていくので……」

穂乃果「毎度ありー! 珍しいね海未ちゃん」

海未「……食べたい時くらいありますので……」

穂乃果「ほえ~そんなものか~」

穂乃果「新しいお饅頭作るの疲れたから~ちょっと横になるね!」バフン

穂乃果「穂乃果が起きたら感想教えてね!」

海未「はいおやすみなさい」モグモグ

海未(全く無防備ですね……)

穂乃果「スヤー」

海未(こういうところが好かれるのですかね……)ギリッ

海未(穂乃果がいるからことりが……)スクッ

海未(ふふ……今なら簡単な事じゃないですか……ここで穂乃果を……)スー
26: ◆S54RkZf7aI 2014/05/23(金) 11:02:09.00 ID:iWD+/haK0
海未「……出来るわけ…………ないじゃないですか……」パフン

海未「穂乃果も唯一無二の親友なのですよ……?」

海未「これが嫉妬ですか……醜いですね……」ポロポロ

海未(置き手紙をして帰りましょう……)

穂乃果「海未ちゃん?」

海未「」ビクッ

海未「は、はい! なんでしょうか……?」

穂乃果「海未ちゃんは……女の子同士が恋愛するって変だと思う?」

海未「えっ……」
29: ◆S54RkZf7aI 2014/05/23(金) 11:08:06.68 ID:iWD+/haK0
穂乃果「あはは、やっぱり変……かな?」

海未「いえ、私はそうは思いません」

海未「女の子が好きになってしまうのは……」

海未「たまたま好きになった人が女の子というだけでしょう?」

海未「純粋な気持ちに嘘はないです……だから変じゃないですよ穂乃果」

穂乃果「そっか……ありがと海未ちゃん」

海未「私は……今日は帰りますね……」スクッ

穂乃果「……海未ちゃん、行かないで」クイッ

海未「穂乃果……?」
30: ◆S54RkZf7aI 2014/05/23(金) 11:13:59.17 ID:iWD+/haK0
穂乃果「あ、あのさ……海未ちゃん」

海未(上目遣い……可愛いですね……はぁ……)

穂乃果「……海未ちゃんは好きな人……いる?」

海未「……います。もっともフラれてしまいましたが」ハハハ……

穂乃果「じゃ、じゃあ今は付き合ってる人とかいないって……ことだよね?」

海未「えぇ、ふふおかしな穂乃果ですね……」ナデナデ

海未(ことりと結ばれるのが穂乃果にとって幸せでしょう……悲しいことですが)

海未(ことりの恋を……私は応援するだけですから……)
31: ◆S54RkZf7aI 2014/05/23(金) 11:22:04.31 ID:iWD+/haK0
穂乃果「……海未ちゃん。穂乃果と付き合って下さい!」

穂乃果「お願いします……」

海未「え…………あ…………?」

穂乃果「ちょっとつけこむようで……フェアじゃないかもしれないけど……」

穂乃果「穂乃果は海未ちゃんが好き……なんです…………」フルフル

海未「そ、そんな……どうして……どうして……?」

穂乃果「穂乃果はずっと見てきたんだよ……」

穂乃果「いつもいつも守ってくれて……凛々しい海未ちゃんを」

穂乃果「穂乃果だって……すごい仲良くしてることりちゃんと海未ちゃんを見てて……」

穂乃果「嫉妬していたの……」

穂乃果「ずるいのはわかってるけど……でも……海未ちゃんのことが大好きだから……」ギュッ

海未「あっ…………ほの、か……」プルプル
32: ◆S54RkZf7aI 2014/05/23(金) 11:30:13.58 ID:iWD+/haK0
どうすればいいのだろう。

ここで穂乃果を抱きしめれば……穂乃果は……

でもそうしたら……ことりは……?

好きな人を聞いておいて……私が穂乃果と……?

裏切ってしまうのか……ことりを…………?

でも、この穂乃果の好意を……無碍にしてしまうのか……?

大切な親友を……でも……ことり…………
33: ◆S54RkZf7aI 2014/05/23(金) 11:57:25.88 ID:iWD+/haK0
海未「穂乃果……大変気持ちは有難いんですが……」

海未「やっぱり……想い人の事を忘れて……」

海未「貴女と付き合ってしまうのは……その……申し訳なく……」

穂乃果「……………………」

海未「だから……その……」

穂乃果「海未ちゃん……海未ちゃん……」ドンッ

海未「っ!? ……ベッドに押し倒して何をするつもりですか……?」

穂乃果「………………」スタスタ パチッ

海未「電気を……消す理由は……!?」
34: ◆S54RkZf7aI 2014/05/23(金) 12:13:57.51 ID:iWD+/haK0
穂乃果「は……はは……」

海未「穂乃果……?」

穂乃果「ははははははははははっ」

海未「ど、どうかしたのですか!?」

穂乃果「いや~海未ちゃんっ! 穂乃果の演技に騙されたねっ!」

海未「なっ……!?」

穂乃果「真っ赤になっちゃって海未ちゃんかわいいなぁ~」プニプニ

海未「……そうですか、では帰ります」

穂乃果「ぁ……っ……」

待って海未ちゃんと……聞こえました……

海未「穂乃果の言うことは大抵の事なら聞けますから……」ポン

穂乃果「だ、だったら――――」

海未「え――――?」

恋人ごっこをして欲しい?
47: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 12:46:17.72 ID:znnihRC40
――次の日――

海未「今日から穂乃果と……恋人ごっこですか……」

海未「本気なんです……よね……」

――――――――――――

穂乃果「海未ちゃんと……その恋人ごっこをすれば」

穂乃果「ほら、これなら『ごっこ』だから……」

穂乃果「海未ちゃんが好きな人と結ばれたら」

穂乃果「穂乃果は……諦めれるからさ……」

穂乃果「……だから…………おねがいっ…………しま……す」グスッ

――――――――――――

海未「見ていられなくて承諾してしまいました……が」

海未「私も弱いですね……そして」

海未「ことりと顔を合わせるのが辛いです……」ハァ
48: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 12:56:05.22 ID:znnihRC40
ピンポーン

海未「こんなに朝早くから……」

海未「はい、園田ですが」ガチャ

穂乃果「うっみちゃ~ん! 学校一緒に行こっ!」キラキラ

海未「」

海未「穂乃果……ですよね?」

穂乃果「? そうだよ? さ、行こう行こう!」

海未「穂乃果が私より早く……雨が降りますかね?」

穂乃果「もう~海未ちゃんひど~い!」

穂乃果「そ、その海未ちゃんと一緒に……」

穂乃果「手をつないで学校に行きたかったから……」エヘヘ

海未「しょうがないですね……全く……」スッ

穂乃果「うんっ! 海未ちゃんだーいすきっ!」ギュッ
49: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 13:48:58.63 ID:znnihRC40
海未「こら穂乃果、くっつきすぎです!」

穂乃果「えーっ! いいでしょー? 朝だし人少ないし!」ギュッ

海未「確かに人が少ないですが……恥ずかしいです!」

穂乃果「む~このために早起きしたのに~」ムスリ

海未「う……わかりましたから……ふくれないでください」スッ

穂乃果「だから海未ちゃんは大好きだー!」ギュッ

海未「先が思いやられる……」

穂乃果「なにか言った?」ニッコニコ

海未「なんでもないですよ」



ことり「…………」
50: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 13:56:59.73 ID:znnihRC40
――――学校――――

海未(どうにも穂乃果に振り回されっぱなしでした……)

穂乃果「スピー」

海未(……穂乃果は寝ていますし……)

海未(二人だけの朝練でもいいんですが……)

海未(ことりと……いえ、ことりは知らないでしょうし誤魔化せば……)

海未「……はぁ」

ことり「おはよう、海未ちゃん」ニコニコ

海未「あ、おはようございます。ことり」

ことり「あれ、今日は穂乃果ちゃんと二人で登校したの?」

海未「い、いえ、私がここに来たら穂乃果が……」

ことり「ふぅん、じゃあ朝早く出て手を繋いだりなんてしてないんだよね?」

海未「な!? 何故そのことを……」

ことり「海未ちゃんは……ことりに嘘ついたんだ……?」
51: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 14:04:13.92 ID:znnihRC40
海未「……教室で話すことではないので……来てくださいことり」



ことり「で、海未ちゃん。何か用?」

海未「待って下さい! 嘘をついたのは謝りますが……その……」

ことり「……」

海未「と、とりあえず! 今日の練習を見て下さい!」

海未「そうすれば、私がことりのことを援護しているのがわかりますよ!」

ことり「その言葉は……信じていいのかな?」

海未「私が一番好きなのはことりです! ……それだけは信じて下さい……」

ことり「そうだよねっ♪ 海未ちゃんが裏切るわけ……ないもんね?」

海未「…………」

ことり「練習楽しみにしてるねっ♪」

海未「はい……」

海未(これでいいんでしょうか……わからなくなってきました……)
54: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 14:14:15.32 ID:znnihRC40
――――昼休み――――

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん! ご飯食べよっか!」

ことり「うんっ!」

海未「あ、私は……ちょっと……」

穂乃果「え~行こうよ海未ちゃん~海未ちゃん行かないなら穂乃果もここで食べるー!」

ことり「海未ちゃんも行こ?」

海未「わ、わかりました。行きましょう!」

穂乃果「……」



海未「珍しいですね、穂乃果がランチパックではないとは……」

穂乃果「ふっふ~ん! 今日は穂乃果特製のお弁当です!」ジャーン

ことり「穂乃果ちゃんすごい!」

穂乃果「じゃあ海未ちゃんあ~ん♪」

海未「えぇっ!? その、あの、えっと」

穂乃果「海未ちゃん食べてくれないの……?」

海未「わ、わかりました……」パクッ

穂乃果「美味しい?」

海未「とても美味しいです……!」

ことり「ことりも食べたいなっ♪」

穂乃果「はいっ、ことりちゃんもあ~ん」

ことり「あ~んっ」パクッ

海未(胃がキリキリします……)
55: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 14:26:41.64 ID:znnihRC40
――――放課後――――

海未(とりあえず……ことりと穂乃果をくっつけましょう……)

海未(ちょっと寂しい気もしますが……ことりの幸せを最優先に願うなら)

海未(正しい判断だと思います。多分)


穂乃果「それでさそれでさ、絵里ちゃん」

絵里「んー穂乃果が言うならそうしましょうか」


ことり「ほっ」グイッ

凛「やっぱりことりちゃんは柔らかいにゃー」

真姫「凄いわねことり」


にこ「昨日のA-RISE見た!?」

花陽「見ました! キレが他のチームとは……」

希「君たち、私達もそれに並ぶくらい頑張るんやよー?」

にこ「わかってるわよ!」
56: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 14:35:32.37 ID:znnihRC40
海未「さて、柔軟も終わったところですし!」パンパン

海未「今日のダンスはユニットごとに分けてやっていきましょう!」

海未(これなら穂乃果とことりは一緒になりますから……)

絵里「あ、海未。そのことなんだけど」

海未「どうしましたか、絵里」

絵里「今日は二人ずつやってもらって、私が見ていくことにするわ」

海未「な、何故急に?」

絵里「A-RISEのダンスの質はスクールアイドルの中で群を抜いているわ」

絵里「正直ダンスの技術は負けてない自信が私にはある」

絵里「でも、それだけじゃ観客は魅了できないから、個人個人のレベルアップが重要になると提案されたのよ」

海未「……誰にですか?」

絵里「穂乃果によ。あの子もいろいろ考えているみたいで、私もそれに賛同したわ」

海未(ペアなら……ことりと穂乃果が組む可能性も……)

絵里「海未は穂乃果とペアを組んでね?」

海未(あ……)
58: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 14:42:42.32 ID:znnihRC40
絵里「ことりは真姫と! 凛はにこ! 希は花陽と!」


にこ「ふふ、私がしっかり指導するわ!」

凛「ステップのキレは……」

にこ「あ~もう雑にやらないの!」

凛「いたたたっ! にこちゃん痛いにゃ!」


希「お手柔らかにな~花陽ちゃん」

花陽「希ちゃんと組むなんて久々かな?」

希「花陽ちゃんは可愛いからもっと大きく踊って表情を見せて行こうな~?」

花陽「は、はいっ! 頑張ります!」
59: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 14:47:25.28 ID:znnihRC40
穂乃果「さ、海未ちゃん! 私達も頑張ろ!」

海未(練習ですからね練習)チラッ

ことり(ニッコリ)

海未「ほ、穂乃果! ステップの基礎から行きますよ!」

穂乃果「この足位置ってこれでいいかな?」

海未「いえ、それだと安定性に欠けますね」

海未「軸足の位置を下げますね」グイグイ

穂乃果「わわっ」ドサァ

海未「ほ、穂乃果?」

穂乃果「えへへ、ごめんね海未ちゃん」

海未「早く立ち上がって下さい、ちょっと覆いかぶさるのは……」ヒソヒソ

穂乃果「ちょっとバランスがね……」スクッ

海未「全く……」

絵里「穂乃果は重心の移動がね?」

穂乃果「絵里ちゃんありがとっ! 海未ちゃん支えてもらってもいい?」

海未「わかりました。絵里、これでいいですか?」ギュ

絵里「えぇ、その感覚を忘れないで穂乃果!」

穂乃果「うんっ!」
60: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 15:56:26.13 ID:znnihRC40
ことり「はい、真姫ちゃん」

真姫「ちょっとことり、気になるのはわかるけど集中してよね」

ことり「ん? 何が?」

真姫「その顔、怖いわよ?」

ことり「真姫ちゃんはさ、……ううんなんでもない」

真姫「変なことり」

真姫「気になるなら後で聞きに行けば?」

ことり「真姫ちゃん、ありがと」
61: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 16:04:51.44 ID:znnihRC40
――――練習後――――

ことり「海未ちゃん、ちょっといいかな?」

海未「はい……」



ことり「……なにあれ、当てつけかな?」

海未「それは違います! ことりだって見ていたでしょう!」

ことり「その割には密着してたりしてたんじゃない?」

海未「そ、それは穂乃果が……」

ことり「穂乃果ちゃんを言い訳に使うの?」

海未「しかし……!」

ことり「海未ちゃんなら協力してくれるって思ってたんだけど……」

ことり「私が間違ってたみたいだね」

海未「ち、ちがっ……」

ことり「うん、ことり今日は帰るね」

海未「あ……」

ことり「海未ちゃんは世界で二番目に好きだったけど……」

ことり「大っ嫌い……さよなら……」タタッ

海未「ああっ……違うのに……ことり……」


???「」スッ
62: ◆S54RkZf7aI 2014/05/25(日) 16:13:18.47 ID:znnihRC40
穂乃果「海未ちゃん大丈夫?」

海未「あぁ……穂乃果……」ポロポロ

穂乃果「……海未ちゃん、ことりちゃんのこと好きだったんだ……」

穂乃果「私、ちょっと気づいてたんだ……」

穂乃果「いっつも三人で遊んでる時さ、海未ちゃんがことりちゃんのこと見ていたの……」

穂乃果「嫉妬もしてたけどさ、でも二人が幸せになるならって思ってたんだ……」

海未「穂乃果……」

穂乃果「ね、海未ちゃん正式に付き合わない? 『ごっこ』なんかじゃなくて」

海未「それは……」

穂乃果「私はさ……海未ちゃんのことが……」

穂乃果「世界で一番好きだから」
82: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 06:26:07.69 ID:lao0QoXw0
世界で一番好き。

その言葉は私の心に沁み込みました。

穂乃果のこと私は世界で二番目に好きでした。

ことりが一番です。でも。もうことりは嫌いと言いました。

穂乃果の優しさを……拒めません。

拒む理由もなくなってしまいました……
83: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 06:30:23.30 ID:lao0QoXw0
穂乃果「海未ちゃん、今日は一緒に寝ようね」

海未「はい……」

穂乃果「ずっと二人で向かい合って寝たかったんだ!」

海未「はい……」

穂乃果「う~み~ちゃん?」

海未「はい……」

穂乃果「穂乃果がこんなに近くにいるのに……」

穂乃果「どうして……どうして……こんなにつまらなさそうなの……!」ギリリッ

海未「はい……」

穂乃果「そっか、ことりちゃんだね」

海未「あ……穂乃果!?」

穂乃果「心配しないで海未ちゃん。穂乃果が守ってあげるから」ニコッ

海未「わ、私は穂乃果と一緒で楽しいですよ!」

穂乃果「ううん、無理なんてしなくていいから。海未ちゃん」

穂乃果「海未ちゃんの居場所は私が作ってあげるから」ニコニコ
84: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 06:36:25.57 ID:lao0QoXw0
穂乃果「ホントはせっかく海未ちゃんと一緒だからさ」

穂乃果「ちゅーとかしたかったんだけど」

穂乃果「海未ちゃんが乗り気じゃないこと、私はしたくないから」

穂乃果「だって、海未ちゃんが一番大切だもん」

海未「ありがとう……ございます」

穂乃果「今でもことりちゃんのことを一番に想ってるのは知ってるよ?」

穂乃果「だからさ、穂乃果が一番になるように頑張るから」

穂乃果「……どんなことをしても」

海未「穂乃果、ありがとうございます……今は甘えさせていただきます……」ギュッ

穂乃果「海未ちゃん……! 穂乃果を頼ってくれてすっごくうれしいんだっ!」ギュッ

穂乃果「うふふ……」

穂乃果(……そのうち、穂乃果だけの海未ちゃんになってね……)

穂乃果(そのためには……)
86: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 06:49:25.35 ID:lao0QoXw0
――――ことり家――――

ことり「ふんふ~んっ♪」

ことり「穂乃果ちゃんのお弁当美味しかったなぁ~」

ことり「あんな美味しいものが食べられるなんて」

ことり「しあわせ~♪」

ことり「……」

ことり「ふふ……」

ことり「ことりと穂乃果ちゃんの間を邪魔する人はいらないんだよ……」

ことり「なんで海未ちゃんが付き合ってるのさ……」

ことり「なんで! しれっと! 隣にいるのさ!」ガシャーン

ことり「はぁはぁ……」

ことり「本気で信じてたのになぁ……海未ちゃん」

ことり「本気で……信じて……たのにっ……」

ことり「ふふ、あはは、ははははははははははっ」

ことり「あははははははははははははははは」

ことり「……穂乃果ちゃん待っててね」

ことり「二人の世界。一緒につくろうねっ♪」
87: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 06:56:40.53 ID:lao0QoXw0
――――次の日――――

海未(冷静に考えれば……ことりが怒るのは当然です)

海未(しかし……穂乃果が告白してくれたのも事実です)

海未(……もう円滑に三人で……というのは無理でしょうか……)

穂乃果「海未ちゃん好きぃ~」スピー

海未「最初に踏み出したのは私じゃないですか……虫が良い……」

海未(私が、ことりと付き合いたいと考えなければ……っ)

穂乃果「海未ちゃんおはよ♪」

海未「お、おはようございます!」ビクッ

穂乃果「また、ことりちゃんのこと考えてたでしょー」ジトー

海未「そ、それはですね!」

穂乃果「今は穂乃果が恋人なんだから、妬いちゃうよ~?」

海未「堂々と公言されるのは……///」

穂乃果「あ、照れた! 海未ちゃんかっわいい~」ニヒヒ
88: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 07:25:38.31 ID:lao0QoXw0
穂乃果「さ、学校に行こう!」

海未「早いですが……あ、今日も……ですか?」

穂乃果「今日は恋人つなぎが……だめ?」

海未「えぇ、穂乃果がそう望むなら……」

ピンポーン

穂乃果「こんな朝早くに……?」

海未「誰でしょうか……?」

ガチャ

ことり「おはよ、穂乃果ちゃん、海未ちゃん」

海未「ことり……!?」

穂乃果「……おはよ、ことりちゃんどうしたの?」

ことり「久しぶりに三人で学校に……ね♪」
93: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 13:03:41.45 ID:lao0QoXw0
ことり「あれあれ? 私がここに来るのはそんなに変だったかな……?」

ことり「二人で、がいいなら私は一人で行くけど……」

海未「それは、無いので安心して下さいことり」

穂乃果「……うんっ、ことりちゃん、一緒に行こっ」

ことり「穂乃果ちゃんっ、海未ちゃん。ありがとうっ♪」



海未「ところでことり……どうして私の腕に……」

穂乃果「あー! ことりちゃんずるーい! 私も海未ちゃんの腕欲しい~!」

ことり「片方あるから組んでもらえばいいんじゃないかなっ♪」

海未(こ、ことりと……穂乃果の胸が……腕に……)
94: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 13:09:04.76 ID:lao0QoXw0
海未「……あの、穂乃果?」

穂乃果「? どうしたの海未ちゃん」

海未「その……引っ張る力が……」

穂乃果「そんなに強いかな?」グイグイッ

海未「あからさまに……いつっ」

ことり「やだなぁ、海未ちゃん。海未ちゃんはことりとも一緒なんだよー?」グイグイッ

海未「ま、待ってください! 二人して私を引っ張らないで下さい!」

穂乃果「……ことりちゃんが離せばいいんじゃないかな?」

ことり「……そうだね、穂乃果ちゃんが言うなら離すかな♪」

海未「ふぅ……」

海未(……なんでしょう。違和感が……)

ことり(……やっぱり、ダメだね。うん)
95: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 13:16:02.80 ID:lao0QoXw0
ことり「……穂乃果ちゃん」

穂乃果「……何、ことりちゃん」

ことり「ちょっと……いい?」

穂乃果「うん」

ことり「海未ちゃんにさ、昨日酷いこと言っちゃったんだ……」

穂乃果「……そう……」

ことり「だから……謝りたくて……」

穂乃果「……!?」

ことり「このままギクシャクしたくないから……お願い、穂乃果ちゃんっ」

穂乃果「……うん。ちゃんと海未ちゃんに謝るなら、いいよ」

ことり「…………ありがとう。穂乃果ちゃん」
96: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 13:24:00.96 ID:lao0QoXw0
海未「二人で何をヒソヒソ話しているんですか?」

ことり「ううん、なんでもないよ。ね、穂乃果ちゃん」

穂乃果「う、うん。なんでもないよ」

穂乃果(仲直り……? うん……仲直り……)

ことり「あ、海未ちゃん……今日ことりの家に来てくれる?」

海未「あ……しかし穂乃果が」

穂乃果「うん、海未ちゃん行ってあげて」ニコッ

海未「わかりました。それでは……お邪魔させていただきます」

ことり「わぁいっ♪ ゆっくり……お話したかったから……」
97: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 13:31:55.86 ID:lao0QoXw0
海未(……とても嬉しいお誘いですが……)

穂乃果「海未ちゃん。気をつけてね」ヒソッ

海未「何がですか?」

穂乃果「ううん、穂乃果の勝手な勘違いなら……大丈夫だから」

海未「わかりました」

ことり「ふんふ~ん♪」

海未「上機嫌ですねことり」

ことり「うんっ♪ 今日が……授業終わるのが待ち遠しくて!」

海未「」ブルッ

海未(若干……悪寒が……?)
98: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 13:41:34.44 ID:lao0QoXw0
――――ことり家――――

ことり「海未ちゃん、待ってたよ!」

海未「ことり……これは?」

ことり「ごめんね……穂乃果ちゃんに言って二人きりで話を……したかったの……」

海未「そ、それは……」

ことり「スイーツと……紅茶。用意して食べながらお話……したかったんだ……」

海未「話というのは……」

ことり「うん……昨日、あんな酷いこと言ってごめんなさいっ」

海未「……そもそもあれは私が……悪かっただけで……」

ことり「ううん、ことりは海未ちゃんのこと何も考えてなかった!」

ことり「海未ちゃんがどんなに頑張ったかも知らないで……」

ことり「海未ちゃんがどれだけ大きい存在かって……」

ことり「だからごめんなさいっ!」

海未「……私も謝らなくてはいけませんね……すいませんでしたことり」
99: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 13:47:09.12 ID:lao0QoXw0
海未「ことりと穂乃果を一緒にしようとしたのに……」

海未「空回りばっかりで……挙句の果てに……」

海未「二人とも好きになってしまうなんて……私はっ……」

海未「でも、私はやっぱりことりの幸せを願います……」

海未「……最後にいいですか?」

ことり「なんでもいいよ?」

海未「チーズケーキ……あーんで食べさせてもらってもいいですか?」

ことり「………………いいよ」

ことり「あ~ん」

海未「あーんっ」

海未「流石ですね……手作りとても美味しいです」

ことり「紅茶も……ちょっと手を加えたんだっ♪」

海未「そうですか…………ことり」

ことり「どうしたの、海未ちゃん」

海未「……大好きですよ」ゴクリ

ガシャーン

海未「…………」バタリ
100: ◆S54RkZf7aI 2014/05/26(月) 13:49:53.91 ID:lao0QoXw0
ことり「そうことりは海未ちゃんを軽視していたの」

ことり「どれだけ穂乃果ちゃんに色目を使っていたか」

ことり「どれだけ穂乃果ちゃんにとって大きな存在だったか……」

ことり「と~っても頑張ってるの知ってるんだから♪」

海未「」

ことり「あはっ、後は、穂乃果ちゃんだけだね」

ことり「……楽しみ」

ことり「あはははははははははははははははははっ」

ことり「準備、いっぱいしないとねっ♪」
115: ◆S54RkZf7aI 2014/05/27(火) 11:30:17.74 ID:D4kETPvQ0
――――――――

海未「…………ん」

ことり「あ、起きた? 海未ちゃん」

海未「えぇ……チーズケーキとても美味しかったですよ」ギシッ

ことり「ふぅん……縛られてるのにそんなに悠長なんだ」

海未「……半分くらいは本望ですので」

ことり「ベッドの上で両手両足固定されてるのに……ずいぶん余裕なんだね」

海未「……」

ことり「恥ずかしくないの? ひん剥かれちゃってるのに」

海未「ことりにされるなら……いいと思っていますので……」

ことり「あははっ、海未ちゃんって実は……変態さん?」

海未「私は……ことりのことが……」

ことり「ねぇ、海未ちゃん……」ギシッ

ことり「ちょっと黙って」パシィン

海未「いたっ……」

ことり「太もも……引き締まってるんだね……手形もくっきり……」パシィン

海未「ひぐっ…………鍛えてますから……」
117: ◆S54RkZf7aI 2014/05/27(火) 11:47:15.16 ID:D4kETPvQ0
ことり「そうやって!」パシン

ことり「穂乃果ちゃんとも!」バシン

ことり「穂乃果ちゃんとも……!」バシィン

海未「……っ……ことり、勘違いしているようですが……私は……」

ことり「うるさい!」

ことり「胸だってこんなに小さいのに……」グリグリ

海未「あぁっ……//」

ことり「なに、こんな状態なのに欲情してるの?」グリグリグリ

海未「こと……りっ……そこはっ……ぁっ」

ことり「……海未ちゃん、本当に……」

ことり「こんなことされて悦ぶ人だったんだね!」パシィーン

海未「あああぁっ……ち、違います……」

ことり「……そんなに感じちゃってるのに?」

海未「こ、ことりだからです……」

ことり「そういうのは……やめてよねっ!」バシン

海未「~~~~~っ」ジュン
118: ◆S54RkZf7aI 2014/05/27(火) 12:04:09.75 ID:D4kETPvQ0
ことり「……叩かれて感じちゃう人には……どうしようかなぁ」ツツー

海未「…………くっ……」

ことり「ことりの指、そんなに気持ちいいの?」スー

海未「……」

ことり「言って、海未ちゃん」スリスリ

海未「こ……ことりが……触ってくれるのが……んああっ」

ことり「聞く必要もなかったかな」クチュクチュ

ことり「こんなに濡れてるんだもんね」

ことり「指、なめて。海未ちゃん」

海未「そ、それは……」

ことり「……ことりの指、海未ちゃんので汚くなっちゃったから。なめて?」

海未「は……はい……」チュパ

ことり「んっ……ほんとになめるんだ……」
119: ◆S54RkZf7aI 2014/05/27(火) 12:18:59.75 ID:D4kETPvQ0
海未「ことりの……ゆび……」チュッ

ことり「……」

海未「ハムッ……おいひ……細くて……あまい……」アムッチュッ

ことり「……ねぇ、海未ちゃん」

海未「はぁ……んっ……なんですか……?」

ことり「これからさ、協力してくれないかな、ことりに」

海未「ことりの言うことなら……」

ことり「穂乃果ちゃん、絶対に来るから……その時」

ことり「一緒に……しよ?」

海未「…………」

海未「ことり、寂しくないですか?」

ことり「わかってくれると思ったんだけど……」

ことり「全部おあずけね、海未ちゃん」ギシッ

ことり「下で用意しなきゃ」

ガチャ

海未「ことり…………」
120: ◆S54RkZf7aI 2014/05/27(火) 12:25:09.42 ID:D4kETPvQ0
ことり「スイーツも用意してっ♪」

ことり「色々混ぜ込んでっ♪」

ことり「……喜んでくれるかな、穂乃果ちゃん」

海未『ことり、寂しくないですか?』

ことり「うるさい……私には……」

ことり「海未ちゃんは私には……関係……」

ピンポーン

ことり「!」

ことり『はい、南です』

穂乃果『海未ちゃんいる?』

ことり『うん、いるよ』

穂乃果『上がってもいい?』

ことり『どうぞ』

ガチャリ

穂乃果「……お邪魔します」

ことり「こんばんは。穂乃果ちゃんっ♪」
126: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 11:38:37.86 ID:tEWijp7S0
ことり「さ、上がって穂乃果ちゃん」

ことり「穂乃果ちゃんの好きなものもいっぱい用意したからっ♪」

穂乃果「いらない……海未ちゃんを返してもらってもいい?」

ことり「……穂乃果ちゃんは海未ちゃんのこと好き?」

穂乃果「うん。大好き」

ことり「ことりのことは?」

穂乃果「……好きだよ」

ことり「大好きじゃ……ないんだね」

穂乃果「ごめんね、一番は海未ちゃんだから」

ことり「ことりの一番は穂乃果ちゃんなのに?」

穂乃果「うん。ありがとう。でもごめんね」

穂乃果「返してもらってもいいかな……」

ことり「そっか……ことりは二番か……」

ことり「ねぇ、穂乃果ちゃん」

ことり「海未ちゃんがいなくなったら一番になれるかな?」
127: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 11:47:33.81 ID:tEWijp7S0
穂乃果「ことりちゃん。冗談じゃなく穂乃果怒るよ」キッ

ことり「冗談?」

穂乃果「海未ちゃんがいなくなるなんて考えられない」

ことり「あ、ごめんね穂乃果ちゃん」

穂乃果「謝らなくていいから、早く……」

ことり「海未ちゃん、もういないよ?」

穂乃果「え?」

ことり「聞こえなかったかな?」

ことり「海未ちゃんは、もうどこにもいないよ?」

穂乃果「嘘……だ……っ」
129: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 11:56:34.50 ID:tEWijp7S0
穂乃果「嘘だ! そんなの嘘だ!」ガッ

ことり「そんなに怖い顔で来ないで?」

穂乃果「いいから海未ちゃんを返せぇっ!」ドンッ

ことり「いたっ……ひどいなぁ穂乃果ちゃん……」

ことり「ことりはこんなに愛しているのに……」

穂乃果「ことりちゃん……嘘だよね……?」ポロポロ

ことり「……」スッ

穂乃果「正直に言ってよ……嘘って……」

ことり「うん」

穂乃果「――――えっ」

ことり「嘘だから」バチィ

穂乃果「あがっ……」ドサッ

ことり「海未ちゃんにそんなことはしないよ、穂乃果ちゃん」

ことり「だから……」

ことり「お や す み」
131: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 12:16:38.31 ID:tEWijp7S0
――――――――――――

穂乃果「もがっ……」

ことり「猿轡してたらしゃべりにくいかな?」

ことり「でも舌を噛み切られたりしたら困るし……」

ことり「……穂乃果ちゃん、海未ちゃんは生きてるからね?」

穂乃果「……」パァ

ことり「……でも穂乃果ちゃん次第かな」

穂乃果「……」

ことり「まず外すね」

穂乃果「げほっ……ごほっ……それで……」

ことり「お願いがあるんだけどいいかな?」

穂乃果(……両足しか縛らないなんてどういうこと……?)

ことり「穂乃果ちゃん。服、邪魔だから脱いでくれるかな?」

穂乃果「くっ……」

ことり「海未ちゃんがどうなってもいいなら、別にいいんだよ?」ニコッ
132: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 12:25:44.10 ID:tEWijp7S0
穂乃果「わかったよ……」スルスル

ことり「わぁ、穂乃果ちゃん……身体キレイだね……」

穂乃果「…………」

穂乃果「これでいい?」

ことり「うん。ことりと……キスしよ?」

穂乃果「やだ」

ことり「うん……じゃあ……あれ?」

穂乃果「やだ。初めては海未ちゃんがいいもん」

ことり「穂乃果ちゃん……?」

穂乃果「海未ちゃんが好きだから初めては海未ちゃん」

穂乃果「ことりちゃんにはあげないよ」

ことり「……海未ちゃんがどうなっても?」

穂乃果「そしたら穂乃果も一緒に行くから」

穂乃果(ことりちゃんは……きっと出来ないはず……)

ことり「強情な穂乃果ちゃんっ」

ことり「そういうところも好きだけどね」ボソ
135: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 13:25:43.06 ID:tEWijp7S0
ことり「じゃあまずは、これを塗るかなぁ」ペトペト

穂乃果「んくっ、ひんやりしてる……」

ことり「効き目が出るまでじっくり……」

ことり「時間はたっぷりあるからねっ」ネバネバ

穂乃果(なに……これ……)

ことり「可愛いいちごさんにも~」ツンツン

穂乃果「あっ…………」

穂乃果(熱い……身体が……)

ことり「ことりはじーっと見てあげるからねー?」

穂乃果(手……空いてるし……でも……)

ことり「あ、両手は後ろに~ぎゅっ!」

穂乃果「~~~~~っ」モジモジ
136: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 13:37:40.73 ID:tEWijp7S0
ことり(これでことりのことを……)

ことり(望んでくれるはずだよね?)

穂乃果「…………」ボソ

ことり「穂乃果ちゃんどうしたのかな?」

穂乃果「海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん」ハァハァ

ことり「……」

穂乃果「海未ちゃんが来てくれる。助けてくれる……」ドンドンドン

穂乃果「だから穂乃果は我慢するんだ……」ガチャスタスタ

ことり(私なんて見てないんだ……)

ことり(それならいっそのこと……もう……)

ことり「あはは、身体なんかより心が欲しかったのに……」

ことり「ちょっと欲張りさんだったかな……」

穂乃果「海未ちゃん! 海未ちゃんだ!」

ことり「……穂乃果ちゃん……幻覚まで見ちゃってるのかな……」

海未「残念ながら幻覚ではないんですよ?」ガシッ
137: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 13:43:26.71 ID:tEWijp7S0
ことり「どうして!?」

海未「……ことりが案外ゆるく縛ってくださったので」

海未「まずは簀巻きにしますね」グルグル

海未「さて……穂乃果。お待たせしました」

穂乃果「海未ちゃん……よかったぁ……」ポロポロ

海未「心配かけてすいません……その前に……」チュッ

穂乃果「んっ……」

海未「ん~~~っ……」チラッ

ことり(視線があった…………)

穂乃果「はぁ……はぁ……」ビクビクッ

海未「相当我慢していたようで……穂乃果」

穂乃果「もう、我慢できないよぉ……海未ちゃん……」

海未「力、抜いて下さいね」
138: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 13:51:17.89 ID:tEWijp7S0
海未「穂乃果も胸が大きくなりましたね」フニッ

穂乃果「もっとぉ……」

海未「弾力もあっていいですね……」グニグニ

穂乃果「海未ちゃんやらしぃよぉ……」ビクッ

海未「……あむっ」

穂乃果「うみ……ぁ……んっ……」

海未「穂乃果の固くなってますよ」

穂乃果「…………///」カァッ

海未「……指入れてもいいですか?」

穂乃果「やさしく……おねがい……」

海未「はい……」クチュリ

穂乃果「///」ビクゥ
140: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 14:05:23.93 ID:tEWijp7S0
海未「穂乃果……濡れてますね……」

穂乃果「……うぅ」

海未「ちょっと……奥まで……」グチュ

穂乃果「んああああぁっっ」ビクビク

海未「……大丈夫ですか、穂乃果」

穂乃果「ちょ、ちょっと……はぁはぁ……気持ちよすぎて……」

ことり(……)

海未「ことり、指。なめますか?」

ことり「うん……」レロッ

ことり「……穂乃果ちゃんの……んんっ」

海未「……」ゾクリ
141: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 14:08:25.16 ID:tEWijp7S0
海未「穂乃果、私の考えていることわかりますか?」

穂乃果「……うん。わかるよ」

海未「私がこうしたいって言ったら穂乃果はどうします?」

穂乃果「いいけど、海未ちゃん?」

海未「はい?」

穂乃果「一番欲張りなのは海未ちゃんだよ、きっと」

海未「……自覚しています」

穂乃果「……許してあげます」

海未「じゃあ穂乃果……」

海未「ことりをいじめましょうか」

ことり「ふぁ……んっ……ちゅっ……」ペロペロ
142: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 14:11:06.90 ID:tEWijp7S0
海未「簀巻きと解いて服を脱がしますね」ヌギヌギ

穂乃果「む~海未ちゃんが乗り気だぁ……」

ことり「あれ? 海未ちゃんの指……」

海未「穂乃果、まずはことりに……キスしてあげて下さい」チュッ

穂乃果「海未ちゃんもだよ?」チュッ

ことり「ほ、穂乃果ちゃ……んっ……海未ちゃ……んっ……」

穂乃果「甘い味がする……」

海未「ことりらしいですね」

ことり「」ポー
143: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 14:14:40.30 ID:tEWijp7S0
海未「しっかりと抑えこんで下さい穂乃果」

穂乃果「後で穂乃果もだよ、海未ちゃん」

海未「わかってますよ」

ことり「穂乃果ちゃん顔が近い……///」

海未「ことり、さっき色々された時に半分だけ本望と言いましたよね」

ことり「う、うん……」

海未「もう半分はですね」

海未「こうやって責めたかったんですよ」

ことり「……え?」

海未「あ、ことりも濡れてますね……?」

海未「指をなめて興奮しちゃったのですか? 仕方がないですね」

ことり「いや、ちがっ……///」ジタバタ

海未「では、いただきます」ジュルジュル

ことり「~~~~~~~~っっっ////」
144: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 14:24:44.89 ID:tEWijp7S0
――――――事後――――――

海未「……これでよかったんでしょうか」

穂乃果「いいんじゃないかな?」

ことり「スピー」

海未「結果として私がシたいことを優先的にやってしまって……」

穂乃果「……三人一緒でもいいと思う……時々おかしくなっちゃいそうだけど」

海未「その時は……その時になってから考えましょう」

穂乃果「珍しいね、海未ちゃんが先延ばしだなんて」

海未「両方とも好きなんだから仕方ないです……」

穂乃果「……穂乃果は海未ちゃんが好きだよ。一応ことりちゃんも」

海未「はい、ありがとうございます……」チュッ

穂乃果「言いたくないことあったらちゅーってずるいからね?」

ことり「……ジー」

海未「あ」

穂乃果「あはっ♪」

海未「ことり! これは違うんです!」

ことり「……何が違うの?」

穂乃果「え、海未ちゃん穂乃果とは遊びだったの……!?」ウルウル

海未「違いますから!」

ことり「口ではことりのこと好きって言っても本命は穂乃果ちゃんなの……?」

海未「私は両方好きです! ことりは! 穂乃果は! どうなんですか!」

「ことりも好きだよ」
「穂乃果も好きだよ」

海未「なら……」

ことり「うん……穂乃果ちゃん?」ガシッ

穂乃果「わかったよ、ことりちゃん」ガシッ

海未「……お二人は何を……?」

「「いただきまーす」」

海未「ちょっと待ってくださ……ああっ//」


FIN
145: ◆S54RkZf7aI 2014/05/28(水) 14:26:18.15 ID:tEWijp7S0
ちょっとだけどろっとしました。お疲れ様です。何か有りましたらどうぞ。

それでは、見てくださって有難うございます。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「ことり! これは違うんです!」 ことり「……何が違うの?」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。