穂乃果「にこちゃんのチョロツンデレを攻略するよ!」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ23
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 22:18:32.78 ID:v6KebB3E0
・ほのにこ

・前スレ
にこ「穂乃果の天然タラシを矯正するわ」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399902884/l50

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400591912

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

元スレ: 穂乃果「にこちゃんのチョロツンデレを攻略するよ!」

スポンサーリンク
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 22:20:21.11 ID:v6KebB3E0
「前回のラブライブ!」 デェン!

海未「穂乃果の天然無自覚タラシ能力に取り込まれ、次々と虜になっていくμ'sのメンバーたち……」

絵里「このままでは練習もままならず、ラブライブ出場の危機かと思われたわ……でもそこでにこが立ち上がった!」

ことり「にこちゃんは現状打破のためスキンシップ禁止を発令。でもそのせいで穂乃果ちゃんに嫌われたと勘違いしたみんなの雰囲気はお通夜ハニィ~(>8<)!」

真姫「動揺して部室を飛び出した穂乃果を追いかけるにこちゃん」

花陽「そして、胸の奥をさらけ出したにこちゃんを受け入れる穂乃果ちゃん」

凛「結局みんなの誤解も解け、すべては丸く収まったかに見えたんだけど……そこで穂乃果ちゃんの爆弾発言がさく裂したにゃ!」

『穂乃果とにこちゃんは、今日から正式にお付き合いすることになりました//』

希「これから、一体どうなってしまうんやろねぇ?」
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 22:21:17.02 ID:v6KebB3E0
──朝、通学路──

穂乃果「にっこちゃーんっ、おっはよー♪」ガバッ!

にこ「ひゃあっ!?ほ、穂乃果ぁ?」ビクッ

穂乃果「あはは、ビックリした?」

にこ「って、あんた何でここにいんのよ!家反対方向でしょ?」

穂乃果「うん、にこちゃんと一緒に登校したかったから……来ちゃった♪」

にこ「来ちゃったって……相変わらず無駄に行動力だけはあるわね……」

穂乃果「それにしてもにこちゃんは今日もちっちゃくて可愛いねぇ~」スリスリ

にこ「余計なお世話よ!……じゃなくて、こんなところでくっついてきたりしたら……//」


生徒A「あれ、生徒会長じゃない?」

生徒B「もう一人はμ'sの矢澤先輩だ……仲いいんだなー」ホノボノ


にこ「……//」カァァァァ

にこ「このあほのかぁ!いい加減は・な・れ・なさいよぉ!//」グイグイ

穂乃果「あーん、何でぇ~?」


海未ことり「……」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 22:24:55.20 ID:v6KebB3E0
──昼、中庭──

穂乃果「はいにこちゃん、あーん♪」

にこ「いやそれにこのお弁当なんだけど……」

穂乃果「だって私自分のランチパックはもう食べちゃったんだもん!前の休み時間に!」

にこ「生徒会長のくせに早弁してんじゃないわよ!」

穂乃果「いいからいいから!はい、あーん♪」ニコニコ

にこ「し、仕方ないわねぇ……あーん……//」モグモグ

穂乃果「えへへ、美味しい?」

にこ「ま、まあまあね……//」

穂乃果「当然だよ!何しろ、穂乃果の愛情が詰まってるからねっ♪」ドヤァ

にこ「だから、作ったのはにこなんだけど!穂乃果はあーんさせただけでしょ!」

穂乃果「ねーねー、今度は穂乃果にあーんして♪」

にこ「今度はたかる気ぃ!?」



生徒C「何あのイチャイチャっぷり」プッ

生徒D「可愛い~」クスクス…


真姫凛花陽「……」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 22:27:22.44 ID:v6KebB3E0
──放課後、3年教室──

ガララッ

穂乃果「にーこちゃーん!練習行こー!」

生徒E「あ、生徒会長じゃない。また矢澤さんを迎えに来たの?」

穂乃果「はいっ!早くにこちゃんに会いたくて走ってきました!」

生徒F「廊下走っちゃダメでしょー」クスクス

穂乃果「ご、ごめんなさい……だって授業の間はにこちゃんに会えないから、寂しくって……」シュン

生徒E・F(な、何この生き物可愛いすぎ//)

にこ「だぁぁぁぁ!あんた何余計な事言ってんのよ!//」ズドドド

穂乃果「あっにこちゃ」

にこ「分かったから練習行くわよ!」グイグイ

穂乃果「ん……ってあうあう、そんなに引っ張んないでー!」



絵里「……」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 22:38:04.09 ID:v6KebB3E0
──生徒会室──

海未「にこ、私は言ったはずです……清廉潔白な交際を心掛けるようにと!」

絵里「穂乃果の幸せのためと思って我慢していたけれど、学校中至る所でイチャイチャベタベタと……さすがにやり過ぎよにこ」

ことり「あははは……二人とも、学校中の噂になっちゃってるよぉ~?」

海未「まさか……わざと見せつけているわけではないですよねぇ?穂乃果のスキンシップが激減して、深刻なほのレスに苦しんでいる私たちに……!」ギリ

にこ「」

にこ(何でにこだけ呼び出されて正座させられてるのよぉ……)

海未「聞いているのですか、にこ!」

絵里「ちゃんと頭を上げて説明しなさい?」

にこ「う……うう……」ダラダラ

にこ「に!にっこに」

海未絵里ことり「に こ(ちゃん)?」ギロリ!

にこ(ひぃぃぃぃー!?)ビクッ!
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 22:49:39.52 ID:v6KebB3E0
にこ「だぁぁぁぁー!にこのせいじゃないわよ!穂乃果が勝手にくっついてくんのよ!」

にこ「にこは巻き込まれてるだけなの!むしろ被害者よ!」

絵里「この期に及んで穂乃果のせいにしようとするとは……ハラショーじゃないわね」

海未「そんな言い訳が通ると思っているのですか?」

ことり「まあ、でも理由は分からないでもないかな……」

海未「ことり?」

ことり「穂乃果ちゃん、にこちゃんのために、他のみんなにはスキンシップしないって決めてるみたいだから……」

海未「確かに……穂乃果はやると決めたことは何だかんだで一応やり遂げる人ですね」

絵里「他の皆にできない分、全てのスキンシップがにこに集中しているということ?」

海未「なるほど……ほのゲージが臨界突破しないためには、にこで発散するしかないということですか……」クッ

にこ(いやほのゲージって何よ)
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 22:58:03.52 ID:v6KebB3E0
にこ「とにかく、あんたたちの言いたいことは分かったわ」ハァ…

にこ「確かにところ構わず甘えんぼ攻撃してくる穂乃果は正直こっちの脳がとろけるんじゃないかってほど可愛いけど……//」エヘヘ

にこ「このままだと恋愛スキャンダルに発展しかねないわよね。アイドルにとっては致命的……百合営業でごまかすのも限界があるわ」キリッ

にこ「要するに、穂乃果がベタベタしてこようとしたら追い払えばいいんでしょ?」

絵里「何をふざけた事を言っているのにこ!」クワッ

にこ「はぇぇ!?」

ことり「にこちゃんがそんな人だとは思わなかった……」ウルッ

海未「そんな事をしたら穂乃果が泣いてしまうではないですか!絶対に許しませんよ!」

にこ「」

にこ「じゃ、じゃあ一体どうしろって言うのよぉー!?」ガーン
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 23:09:36.00 ID:v6KebB3E0
にこ「あーもう、付き合ってらんないわ!さっさと練習戻るわよ!」ザッ

海未「あっ待ちなさいにこ!まだ話は終わって……!」

フワッ……

絵里「!?」

絵里「ちょっと待って!」ガシッ

にこ「きゃう!?な、何よ肩掴んだりして?」

絵里「……」クンクン

にこ「な、何してんのよ匂い嗅がないでよ!//」

絵里「穂乃果の……」

絵里「穂乃果の匂いがする……」

海未ことり「!?」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 23:18:56.45 ID:v6KebB3E0
ことり「ほ、ホントだ~!にこちゃんから穂乃果ちゃんの残り香が……」クンクン

にこ「こ、こらことりまで!止めなさいってば!//」

海未「確かに……本来のにこの花のような甘い香りに交じって、穂乃果のフレッシュでフルーティーな香りが感じられます……!」スンスン

にこ「何でそんな詳しいのよ!?」ギョッ

ことり「なるほど。スキンシップのおかげで、匂いまで移ったんだね」゙

絵里「ねぇ、もしかして、今のにこからなら間接的にほの分を摂取できるんじゃないかしら!?」

海未「名案です絵里!早速試しましょう!」ギュウウ

にこ「のわぁ!?だ、抱き付いてこないでよ!//」

ことり「わーい、久しぶりに穂乃果ちゃんを感じる~♪」ギュウッ

海未「穂乃果本人と比べると柔らかさや匂いの濃さは劣りますけれど……」スンスン

絵里「にこの香りがブレンドされて……それにこの華奢な抱き心地が……」ギュー!

ことり「これはこれで、悪くないかも♪」

にこ「」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 23:31:09.72 ID:v6KebB3E0
にこ「やめなさいよバカぁぁぁ!何なのこの押しくらまんじゅう状態は!?//」ジタバタ

海未「大人しくしていなさいにこ」ビシッ

にこ「あ痛っ!?」

絵里「私たちにはもうこれしかほの分を補給する手段が無いのよ!」

ことり「お願いだから協力してぇ~!」

ギュウギュウ クンカクンカ ハラショー!

イヤァァァー!


──外の廊下──

穂乃果「た、た……」

穂乃果「タイヘンダ……!!」ワナワナ
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 23:34:33.19 ID:v6KebB3E0
──屋上──

バタンッ!

穂乃果「はぁ、はぁ……ぜぇ、ぜぇ……」

凛「あ、やーっと戻って来たにゃ」

真姫「絵里たちは一緒じゃないの?」

穂乃果「た……」スーハー

穂乃果「大変、大変なんですーっ!」バン!

花陽「わ、私の台詞!?トラナイデ!」

真姫「花陽も私の台詞取ってるわよ!?」

凛「穂乃果ちゃん、パクリは良くないにゃー」

希「そうやね、海外ドラマとか、要注意やね」

花陽「そ、その話題は今すごーくデリケートっぽいから、触れない方がいいんじゃないかなぁ……」ドキドキ
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 23:41:57.36 ID:v6KebB3E0
希「それで、何があったん?」

穂乃果「あのね……」

カクカクシカジカ

穂乃果「このままじゃ、海未ちゃんたちににこちゃんを取られちゃうよ!」

穂乃果「ど、どーしよ!穂乃果どうしたらいいのー!?」グルグル

花陽「あ、あり得ないと思うけど……落ち着いて穂乃果ちゃん」オロオロ

真姫「全く、何かと思ったらバカバカしい……」

凛「茶番だにゃー」グデー

穂乃果「もー!穂乃果真剣なんだよ!?みんなちゃんと聞いてよー!」ブンブン

希(やっとくっついたと思ったら、まだまだ世話の焼ける二人やねぇ)フフッ
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 23:45:30.82 ID:v6KebB3E0
希「なぁ、穂乃果ちゃん?」

希「穂乃果ちゃんは、にこっちの事が信じられない?」

穂乃果「え……そ、そんなことは……」

希「にこっちは、穂乃果ちゃんの事が大好きよ?それは、穂乃果ちゃんが一番分かってるんと違う?」ジッ

希「他の子に目移りしたりだなんて、するはずないと思うけどなぁ?」

穂乃果「うん……分かってる……分かってるよ……」

穂乃果「でも、でも!にこちゃん可愛いんだもん!」

穂乃果「背もちっちゃくて、手足も年上だなんて思えないぐらい細くて……」

穂乃果「肌も白いし、髪さらっさらだし!」

希「コケティッシュな魅力ってやつやね」

穂乃果「アイドルっぽくキメキメの時も可愛いけど、素の子供みたいなとこも可愛くて」

真姫「まあ……それは同意するわ」

穂乃果「かと思うと上級生らしく頼りになるとこもあったり、アイドル道にはすっごく真摯だし」

花陽「そう、穂乃果ちゃんの言う通りだよ!」

穂乃果「それに、とっても優しいんだよ!ちょーっと素直じゃないとこあるけど、それでも隠し切れないぐらいに」

凛「凛だって知ってるよー、そんなのバレバレにゃ」

穂乃果「ほらぁ!みんなだってにこちゃんのこと大好きなんじゃん!だから心配なの!」

希真姫花陽凛「あ……」シマッタ

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 23:49:21.09 ID:v6KebB3E0
凛「凛はもうかよちん一筋って決めたのにゃ!二匹のウサギさんを追いかけて失敗した真姫ちゃんとは違うんだもん!」

真姫「ヴェェ!?な、何の事よ!」

花陽「ふ、二人ともケンカしちゃダメ……ダレカタスケテー!」

希「まあ、気持ちは分からんでもないけどな?」

希「それに、確かににこっちは取扱いの難しいところのある子やし」

希「ここは特別に、ウチがスピリチュアルなアドバイスをしてあげるしかないかなぁ」

穂乃果「ホントに!?ありがとー希ちゃん!」
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 23:55:39.20 ID:v6KebB3E0
希「あのな、にこっちは”チョロツンデレ”なんよ」

穂乃果「チョコフォンデュ?」

真姫「いやほとんど合ってないから……」

凛「ちょろつんでれって何ー?」

花陽「説明しましょう!」スチャ

花陽「最初は意中の相手に冷たくしたりキツく当たったりしてしまうけれど、一旦心を許すと人が変ったように甘えたりイチャイチャしたりしてくる……そういうキャラクターをツンデレと言うんです」

真姫(花陽がアイドルマニアモードに入った!?)

凛(凛はこっちのかよちんも以下略にゃー)

花陽「チョロツンデレとは、その閾値がすごく低い人のことですね。ちょっとしたことで簡単にデレてしまうので、攻略が簡単なんです。むしろ攻略したくなくても攻略済になってしまったりして問題になったりします。女性キャラクターの場合、チョロインとも呼ばれるようです」

穂乃果「よ、よく分かんないけど……つまり、にこちゃんを攻略するのは簡単ってこと?」

希「正確に言えば、ポイントを押さえれば簡単、っていうことやね」

希「にこっちの場合、高いプライドがデレる邪魔をしてるわけやけど……逆にそこを上手くくすぐってあげればいいんよ」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/20(火) 23:58:39.25 ID:v6KebB3E0
穂乃果「うむむ……難しくてよく分かんないよー」

希「これは実際に見た方が早いやろね。よし、凛二等兵!同じ属性の真姫ちゃんで早速実践するのだ!」

凛「了解しました希隊長!」ビシッ!

真姫「ヴェェ!?な、何なのよいきなり!?」

凛「なーんて冗談だにゃー、真姫ちゃんはもともと優しいし可愛いんだから、ツンとかデレとか関係ないし♪」

真姫「な、何よ……そんなの、と当然でしょ//」

凛「それに、凛と真姫ちゃんはもうとっくに友達、大親友だし!」

花陽「私もだよ♪」

真姫「凛、花陽……//」ポーッ

凛「だから今日も帰りに一緒にラーメン食べにいくにゃー!ついでにおごってほしいにゃ!」

花陽「わ、私はラーメンライスを……」

真姫「べ、別にそれぐらいいいけど?//」カミノケクルクル

凛(真姫ちゃんてば相変わらずの激チョロ即堕ちだにゃー)ニヤニヤ

花陽(ライス大盛りにしちゃってもいいかな……!)ワクワク

希「──というわけや。分かった?穂乃果ちゃん」

穂乃果「す……」

穂乃果「スゴイや!!」キラキラ
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:05:32.86 ID:TH4SaKon0
穂乃果「私分かったよ!ありがとーみんな!」

希「そんなら良かったわ。にこっちの場合は真姫ちゃんよりはもうちょっと難易度高いと思うけどね」

穂乃果「つまり、穂乃果に足りなかったのは、積極性だね!」

希(ん?)

穂乃果「これからはにこちゃんがデレてくれるまで、押して押して押しまくるよ!」オー!

花陽(ちょっと違うような……)

バタンッ

海未「只今戻りました!」キラキラ

ことり「待たせちゃってごめんね」チュンチュン♪

絵里「さあ、遅れた分集中して練習するわよ!」ツヤツヤ

凛「3人ともすっごく元気になってるにゃー」

にこ「ひ、ひどい目にあったわ……」ボロッ

真姫「逆ににこちゃんはぐったりしてるし……」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:10:44.33 ID:TH4SaKon0
──翌朝、にこ自室──

「起きて、にこちゃん」

にこ(ん……)ムニャ

「起きてってばー」ユサユサ

にこ(ココロが起こしに来たのかしら……昨日はものすごく疲れたから、瞼がまだ重いわ……)

「しょ、しょうがないなぁ……このままだと遅刻しちゃうし……//」

「ここは最終手段で……」

チュッ♪

にこ「!?」ガバッ

ゴチーン!

ほのにこ「痛ったぁぁぁー!?」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:12:26.08 ID:TH4SaKon0
穂乃果「い、いきなり頭突きなんてヒドイよー!せっかくおはようのちゅーで起こしてあげたのに!」ナミダメ

にこ「へ?あ?穂乃果ぁ!?」ズキズキ

にこ(今、唇に柔らかい感触が……//)

にこ「ていうか何であんたここにいんの!?ここにこの部屋よねぇ!?」キョロキョロ

穂乃果「あ、それはねー」

ココロ「お姉さま、もう起きられました?」トントン

ココロ「μ'sのメンバーの方がお見えになりまして、感心にもグループのセンターであり宇宙一美少女アイドルでもあるお姉さまの送迎をしたいとのお申し出だったのでお部屋に上げたのですが……」

にこ「……」

にこ「あんた最近グイグイ来すぎてちょっと怖いんだけど……」ジト

穂乃果「えへへ、それほどでも//」

にこ「褒めてないわよ……」

穂乃果「そんなことより!頭突きのせいでおはようのちゅーが台無しだよ!もう一回やり直しを要求します!」グッ…

にこ「ひっ!?や、やめなさい!妹たちが見てる見てるから!」グイグイ

ココロ「まあ……これが本物の百合営業……//」ポッ

ココア「お姉ちゃんたちさっきから何してんの?朝ご飯まだー?」ヒョイ

虎太郎「……ちゅーしてたー」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:16:55.97 ID:TH4SaKon0
──台所──

トントントン ジューッ

にこ「ゴメンね、すぐご飯できるからね!」バタバタ

穂乃果(パジャマも良かったけど、エプロン姿のにこちゃんも可愛いなぁ//)デレデレ

ココロ「お姉さま、お皿並べるのお手伝いしますわ」カシャカシャ…

ココア「早くー、お腹空いたよー」チンチン

虎太郎「すいたー」チンチン

穂乃果「あっにこちゃん!穂乃果は目玉焼きは片面焼き派だからね!」チンチン

にこ「って何一緒になってご飯要求してんのようちに馴染みすぎぃ!」ガーン


──矢澤家の外──

海未「通学路を変えるだけでは飽き足らず、朝っぱらからにこの家に上がり込んだりして……」イライラ

ことり「先に行ってていいよって言われても、やっぱり気になるよねぇ」ハァ…
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:26:25.70 ID:TH4SaKon0
──昼休み、屋上──

穂乃果「今度はちゃんとお弁当作って来たよ!にこちゃんのために!」ジャン

にこ「うぇっ……穂乃果が……お弁当……?」

にこ(悪い予感しかしないんだけど)

穂乃果「あっ、ひどーい!穂乃果だって得意料理ぐらいちゃんとあるんだよ!ほらっ」パカ

にこ「わーい、美味しそうな揚げまんじゅう♪……ってコレだけぇ!?」

穂乃果「そう!穂むら名物、大好評の揚げまんじゅう!揚げたての匂いがあんまり美味しそうだからついつい途中でつまみ食いしちゃったけど……おかげでお味は保証付だよ!」

にこ「あんた第7話の反省が無いわよ!というかコレ……お弁当じゃなくてただの揚げまんじゅう6個入りセットじゃないの!」

穂乃果「にこちゃん……穂乃果が作ったおまんじゅう……食べたくないの?」ウルウルッ…

にこ「!?」

にこ(涙目で見上げる穂乃果……アイドルとしてはカロリーが心配だけど……この破壊力には逆らえないっ……)
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:28:02.04 ID:TH4SaKon0
にこ「し、仕方ないわねぇ……食べてあげるわよ//」

穂乃果「良かったぁ!甘いもの好きなにこちゃんに喜んでもらいたくて作ったんだよー!はむっ」

にこ「……ってあんたが先に食べるんかいっ」ビシッ

穂乃果「ふむむっ」フルフル

にこ「おまんじゅうくわえたままで首振ってどうしたのよ?」

穂乃果「ふむんふ」ユビサシ

にこ「ま、まさか……このまま口移しで”あーん”させるつもりなの!?//」

穂乃果「ふむふむ」コクコク

にこ「そ、そんな恥ずかしいこと……にこは……//」

穂乃果「ふむぅっ!」グイ

にこ「んむぐっ!?」

にこ(無理矢理肩掴まれておまんじゅう押し込まれた!?)

穂乃果「んむんむんむ……!」

にこ(しかも、穂乃果がすごい勢いで咀嚼しながら接近してくる!?)

チュッ

ほのにこ(キ、キスしちゃった……!?//)


真姫「……この人たち、私たちの存在忘れてない?」

凛「ゲロ甘過ぎて食欲無くしたにゃ~……」

花陽「ダ、ダレカタスケテー!」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:43:49.88 ID:TH4SaKon0
──放課後、生徒会室──

穂乃果「……」カリカリ

海未「ことり、こちらの書類を綴じておいてください」

ことり「うん」

海未「穂乃果はこちらを確認して決済印を」

穂乃果「分かったよー」ペラ……


にこ(みんなのアイドル、にこにーだよ☆)

にこ(今日の活動は、生徒会のお手伝いニコ♪)

にこ(といっても、にこにーは生徒会役員というわけじゃないニコ。だから今日のお役目は……)

にこ(生徒会長のお膝の上に座って、抱き枕の代わりになることニコ♪)

にこ(アイドルの癒しオーラでリラックスさせて、退屈な書類のお仕事もぐんぐんはかどっちゃう☆)

にこ「……ってぇ、何なのよこの状況はぁぁぁ!?」

にこ「海未とことりも何事も無かったかのように普通に進行してんじゃないわよ!」ジタバタ!
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:44:36.24 ID:TH4SaKon0
穂乃果「わぷっ!ちょっとにこちゃん、暴れないでよ~」

海未「……にこ、穂乃果が珍しく集中できているのですから、水を差さないでください」ギロリ

ことり「遊びたいなら後で遊んであげるから……ね?」メッ!

にこ「あうう……」

にこ(そ、そんなこと言ったって……)


海未「……」ベキッ!

ことり「はい海未ちゃん、代わりのボールペン」

海未「ありがとうございますことり」

にこ(海未はかれこれ10本以上ボールペンへし折ってるし……)


ことり「……」クルッ!

ギラーン!

にこ「!?」ビクッ!

ことり「……」クルッ…

にこ(ことりは時々野鳥のような眼光を放ってくるし……)


にこ(明らかにこれ後でまずい事になる展開でしょ)ゾクッ…
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:53:55.78 ID:TH4SaKon0
にこ(とにかく、ここから何とか抜け出す方法を考えないと……)

穂乃果「るんるるーん♪」カリカリ

にこ「ね、ねぇ穂乃果?ずーっとにこを乗せてて、足疲れちゃってるでしょ?だからそろそろ下りようかなーって」

穂乃果「ううん、だいじょぶだいじょぶ!にこちゃんふわふわで軽いから全然平気だよ!」

にこ(お願いだから少しは空気読みなさいよぉー!)ガガーン

穂乃果「それに……にこちゃんとくっついてると何だかすっごく安心するし、あったかいし……」

穂乃果「穂乃果すっごく幸せな気分になるんだぁ」ニコニコ

にこ「そ、そぉ……それは良かったわね……//」

穂乃果「いつもはつまんない生徒会の仕事も、すっごく楽しいよ!」

にこ「あははは……」チラリ


海未「……」ベキベキッ!

ことり「……」ギラーン!

にこ(ひぃぃぃぃ!)ガタガタ
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:54:44.16 ID:TH4SaKon0
穂乃果「どうしたのにこちゃん?あ、もしかして、にこちゃんの方が座り疲れちゃった?」

にこ(!?)

にこ(穂乃果の太腿すべすべで柔らかいから全然そんなことないけど……これは抜け出すチャンスだわ……この、キルゾーンから!)

にこ「じ、実はそうなのよ、だから」

穂乃果「じゃあ向き変えればいいよ!はい回ってー」

グイッ クルッ ストッ!

にこ「むぷっ!?」

にこ(逆に抱き付くような体勢に変えられた!?//)

穂乃果「うん、こっちの方がいい感じだね!えへへ……//」

にこ(ぐぬぬ……悔しいけどやっぱりにこよりも大きな胸の柔らかい感触が……くせになりそう……//)

穂乃果「よおし、もう一頑張り!ファイトだよっ!」ナデナデ!


海未ことり「」

様子を見に来た絵里「」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:55:54.51 ID:TH4SaKon0
──部室──

絵里「……それで?何か申し開きはあるのかしら?」ゴゴゴ…

海未「公衆の面前で唇まで……なんて破廉恥な!にこ、あなたは最低です!」ギリッ

ことり「さすがに今日はことりも、トサカに来たかも☆」ピィッ!

にこ「た……」ブルブル

にこ「大っ変、申し訳ございませんでした……!」ドゲザァ

海未「どうやら、あくまでもその身に受けないと分からないようですね……この、デスアローシュートを!」ギリギリ

にこ「Death!?技名が可愛くなくなってるわよ!?」

絵里「かしこいかわいいエリーチカの我慢ももう限界よ……!」フンヌ!

にこ「顔が可愛くなくなってる!」

ことり「そろそろおやつの時間だね♪にこちゃんのお肉をついばんじゃおうかなぁ……」

にこ「あんたは習性が可愛くなくなってる!」ガガガーン
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:57:28.19 ID:TH4SaKon0
海未「こうなっては仕方がありません……せめて少しでもほの分を回収しましょう」

ことり「そうだね、仕方ないね♪」ニコ

絵里「まずはやっぱり唇からかしら?」

海未「ええ、奪われた穂乃果の唇を奪い返します……間接的に!」

にこ「うぇぇぇぇ、またこの展開ぃ!? に、にこ用事思い出したから今日はこの辺で……!」ダダッ…

スッ

ことり「どこに行くのかなぁ?」ガシ

にこ(後ろに回り込まれた!?)

海未「逃がしませんよ、にこ」ジリッ

絵里「いい加減に観念しないとダスビダーニャするわよ」ジリジリッ

にこ「ひっ……ひぃっ……」ガクガク



バターン!

穂乃果「みんなやめーーっっ!」

希「それ以上あかんで!」

真姫「いつになっても練習に来ないから様子見に来たら、何なのよこの騒ぎは……」イミワカンナイ

凛「ことりちゃんが瞬間移動能力を身につけたにゃ!?」

花陽「に、にこちゃんをいじめたらダメです!」

ゾロゾロ

にこ「ほ、ほのか……?みんな……!」パァァ
37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 00:58:16.87 ID:TH4SaKon0
にこ「ううううう、怖かったにこ……」シクシク

穂乃果「よしよし……もう大丈夫だよー、穂乃果が守ってあげるからね!」ナデナデ


希「さすがにちょっとやり過ぎなんとちゃうん?」ジロ

海未ことり絵里「す、すみませんでした……!!」セイザ

ことり「怯えるにこちゃんが可愛くって、つい……えへへ」

海未「つい我を忘れてしまい、申し訳ありません……」シュン

絵里「エリーチカも今のはかしこくなかったわね……」

希「謝る相手は、うちと違うやろ?」

海未ことり絵里「……」
39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/21(水) 01:00:39.27 ID:TH4SaKon0
海未「にこ……」

にこ「ひっ!?」ビクッ!

穂乃果「もーっ!いくら海未ちゃんたちでも、これ以上にこちゃんをいじめるなんて許さないんだから!」トオセンボ!

真姫「ねぇ穂乃果、海未たちだけで話をさせてあげて?」

凛「心配しなくても大丈夫にゃ」

花陽「穂乃果ちゃんはこっちに……」

穂乃果「え……う、うん」




40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 01:01:37.53 ID:TH4SaKon0
ことり「ごめんね、にこちゃん」ペコリ

絵里「今のはやり過ぎだったわ……」ペコリ

海未「ごめんなさい」ペコリ

にこ「……うん、もういいわ」

にこ「あんたたちが穂乃果の事大好きなのは、よく知ってるもの」

にこ「にこに取られたみたいな気がして、辛かったんでしょ……」

にこ「私こそごめん」ペコリ
41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 01:03:16.24 ID:TH4SaKon0
海未「もういいんです、にこ」

ことり「確かに私たち、穂乃果ちゃんのことが大好きだけど……」

絵里「にこ、あなたのことだって大切で、大好きなのよ?//」

にこ「絵里……ことり、海未……」

ことり「ただ、二人が見ててあんまりもどかしいから」

絵里「つい意地悪したくなっちゃうのよね」アハハ

海未「だから一つだけ、お願いしてもいいですか?」

にこ「……お願い?」

海未「はい」

海未「穂乃果の気持ちに、ちゃんと向き合ってあげてください」

海未「穂乃果はあのように、裏表の無い人です」

海未「周りの空気を読んだりしないですから、正直恥ずかしい思いをさせられることもあるでしょうが……」

海未「ちゃんと真正面からあの子の気持ちを、受け止めてあげて欲しいんです」

ことり「それは、もう私たちにはできない役目だから」

絵里「にこにしかできない役目だから……」

にこ「……」
42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 01:04:00.48 ID:TH4SaKon0
にこ(確かに……穂乃果と付き合うことになってから、にこは……)


◇◇

「このあほのかぁ!いい加減は・な・れ・なさいよぉ!//」

「だぁぁぁぁ!あんた何余計な事言ってんのよ!//」

「ひっ!?や、やめなさい!妹たちが見てる見てるから!」

◇◇


にこ(突き放すような事ばっかりしてた……)

にこ(穂乃果が異常にベタベタしてきたのは、もしかして、不安だったから?)

にこ(幼馴染たちの方が、穂乃果の気持ちを良く分かってた……?)
43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 01:04:58.79 ID:TH4SaKon0
にこ「……ありがとう、よく分かったわ、三人とも」

海未「にこ……!」

にこ「あんたたちの想いの分も、この私が!穂乃果を受け止めてみせるわ!」

ことり「にこちゃん……!」

にこ「この宇宙ナンバーワンアイドルに任せときなさい!」ニッコニッコニー♪

絵里「にこってば……」クスクス

海未ことり絵里「よろしくお願い(ね)(します)!」
44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 01:05:30.05 ID:TH4SaKon0
──外の廊下──

穂乃果「に、にこちゃん大丈夫かな……?」ジィィ

真姫「覗きなんてみっともないわよ、μ'sの仲間が信用できないの?」

穂乃果「そ、そんなことはないけど……」アセ

希「なあ穂乃果ちゃん、にこっち攻略情報はまだ続きがあるんよ、聞きたい?」

穂乃果「え、ホントに!? 聞きたい聞きたい!」

希「うん、それはね……」

ボソボソ
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 01:09:13.19 ID:TH4SaKon0
・今日はここまで 続きはまた書くにこ

・ちょっと先だけど後半の展開の安価>>47

1.エロ展開なんて許しません!友情ノーチェンジです!

2.あくまでぴゅわぴゅわ、微エロソフト百合がいいかも♪

3.ハラショーなドエロガチレズ展開に Wonderful Rushよ☆
47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/21(水) 01:10:32.48 ID:3IdLU5tDo
1
57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 22:20:34.96 ID:fDBMuj2i0
──夜、電話──

穂乃果「それでね雪穂が、お姉ちゃんなんか穴掘って埋まっちゃえ!とか言うんだよ!?ヒドイと思わない?」プンプン

にこ「あんたそれ他の誰かと混ざってない?」

穂乃果「そしたら亜里沙ちゃんがつまんねーこと言うなって……」

にこ「ねぇ、穂乃果」

穂乃果「ん?」

にこ「今度の日曜日……どこか遊びにいかない?」

穂乃果「……」

穂乃果「──ぅえええええっ!?」

にこ「な、何よ……予定入ってるの?」

穂乃果「そ、そうじゃなくて……にこちゃんが……」

穂乃果「あのにこちゃんの方から遊びに誘ってくれるなんて……!?」

穂乃果「ま、まさか、これも夢!?」

にこ「そこまで驚くことないでしょーが!!」

にこ「……まあ、付き合うことになってから、にこも彼女らしいこと何もしてあげられてなかったし……」

にこ「たまにはいいでしょ、その……デートぐらい……しても……//」

穂乃果「デッ……!」

穂乃果(デート……にこちゃんと、デート……//)
59: 1 友情ノーチェンジルート 2014/05/23(金) 22:22:23.73 ID:fDBMuj2i0
──日曜日、駅前──

穂乃果「にっこちゃーん、お待たせーっ!」タッタ

にこ「遅いわよ!人を3分も待たせて!」クワッ

穂乃果「ええーっ!?まだ時間より前なのにぃ……」ガーン

穂乃果「そこは自分も今来たばっかりだって言ってくれるとこじゃないの?」

にこ「スーパーアイドルのプライベートタイムは貴重なのよ。もっと自覚を持って行動しなさいっての」

にこ「具体的に言うと、常ににこの5分前行動を心掛けて、にこの要求には言われるより前に察して動きなさい」フン

穂乃果「それ彼女じゃなくてマネージャーだよぅ!」ガガーン

にこ「そ・れ・よ・り!確認するけど海未やことりたちには今日の事、話してないでしょうね?」

穂乃果「う、うん……モチロンダヨ?」メソラシ

にこ「ちょっとぉぉ!ちゃんと目を見て答えなさいよ!あの幼馴染共にバレたら絶対ジャマされるじゃない!」ガクガク

穂乃果「ゆゆ揺さぶらないでぇぇー!」

穂乃果「だいじょーぶだってば、今日一緒に遊べないって言ったらすごーく怪しまれたけど、うまくごまかしといたから!」フンス

にこ「本当にぃ?」ジト

穂乃果「信用してよー!穂乃果だって……たまにはにこちゃんと二人っきりになりたいもん……//」モジモジ

にこ「……//」

にこ「わ、分かってればいいのよ……//」

にこ「じゃあ早速出発よ!」ギュ

穂乃果「う、うん!//」

穂乃果(にこちゃんから……手を握ってくれた……//)



60: 1 友情ノーチェンジルート 2014/05/23(金) 22:24:11.52 ID:fDBMuj2i0
──100メートル後方──

海未「塾の模試があるから遊びに行けないなどと、見え透いたごまかしにも程があります!」

ことり「嘘つくのが壊滅的にヘタクソな穂乃果ちゃんも可愛いけど……」アハハ

絵里「雪穂の情報のおかげで助かったわね」

ことり「あっ!手つないでる!」スチャ

海未絵里「何ですって!?」ガタッ

希「いや、あの……お三人さん?」

海未「何ですか?早くついてきてください、見失ってしまうではないですか!」

真姫「折角の休日なのに、何でわざわざ人のデートの尾行に付き合わなきゃなんないのよ……」ワケワカンナイ

凛「双眼鏡まで持ち出して本格的だにゃー」

絵里「みんな分かっているわね?二人に気づかれないように慎重に行動するのよ?」

希「あのー、確か、二人を暖かく見守るみたいな流れになったと思ってたんやけど……」

海未「それとこれとは別です!私たちには、二人が高校生らしい節度ある交際をするように見届ける義務があります!」キッ

絵里「ハラショーよ海未。それでこそ生徒会長を支える副会長だわ」

希(元副会長としては元生徒会長を止めるべきなんやろうけど……)チラ

海未絵里ことり「……」ゴォォォ

希(……ごめんなにこっち、穂乃果ちゃん。うちにはやっぱり見守ることしかできないみたいや)ガクッ…

ことり「かよちゃんも早くぅ」グイグイ

花陽「ほ、ホントにこのサングラスとマスク姿のままで行くのぉ?7人もいるからすごーく目立っちゃってるよー!」ダレカタスケテー!
61: 1 友情ノーチェンジルート 2014/05/23(金) 22:27:56.69 ID:fDBMuj2i0
──動物園入口──

穂乃果「おおっ、人が沢山並んでる~」

にこ「何してんの穂乃果、こっちよ」

穂乃果「何か意外~、にこちゃんならアイドルショップとかショッピングとかが好きかと思ってた」

にこ「ここは穴場なのよ」フフン

にこ「近いし入園料も安いから予算にも優しいし」

にこ「人は多いけど自分たちのペースで見て回れるし」

穂乃果「緻密な計算っぷり……これが女子力か……」ゴクリ

にこ「無計画の塊みたいなあんたに言われても嬉しくないわね」フン

にこ(まあここにした理由はもう一つあるんだけどね)ウシロチラリ

穂乃果「そんなことないよ!穂乃果だってその気になればスキー旅行の泊るところの手配ぐらいちゃんとできるもん!」

にこ「よく分かんないけどめちゃくちゃ嫌な予感がするから、あんたにだけは旅行の手配任せない事にするわね?」


受付のお姉さん「一般1枚で600円になりますー」

にこ「いや、二人なんですけど」

受付「小学生以下は無料ですから1枚で大丈夫ですよー。ちゃんとお姉ちゃんと手をつないで、はぐれないようにね♪」

穂乃果「ぶふぉっ!」

にこ「」

穂乃果「ぷくくっ……じゃあにこちゃーん、お姉ちゃんと一緒に行こっか♪」ニヤニヤ

にこ「うにゅぁぁぁぁ!!にこは高校生よ立派な17歳よ!子供扱いすんじゃないわよー!」ジタバタ!
63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 22:36:49.10 ID:fDBMuj2i0
絵里「全く何を騒いでいるのかしらあの二人は……これだからμ'sがお笑いグループって言われるのよ」

花陽「結局言われちゃうノ゛ォ゛!?」

希「一般7枚、ええですか?」

受付のお姉さん「は、はい……(何なのかしらこのサングラスにマスクの集団は……お笑いグループの撮影か何か?)」


海未「くっ……動物園とは!謀りましたねにこ……!」

絵里「え、どういうこと?」

海未「このマップを見てください……来園者が興味を持って動物を観察できるように、複雑で入り組んだ構造になっています」

絵里「しかも、都内の施設なのに結構広い……これでは確かに一度見失ったら見つけるのは難しいわ」

海未「それだけではありません……」


凛「わーい、お猿さんにゃー!」キャー

花陽「アルパカはいないのかなぁ……」キョロキョロ

ことり「こっちに羊さんはいるみたいだよ~♪」


海未「可愛い動物たちに惑わされて、早速脱落者が……」

絵里「Oh……スピカテリブル……」
64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 22:42:29.70 ID:fDBMuj2i0
にこ(ふふん、どうやら撒いたみたいね)ニヤリ

穂乃果「ねーにこちゃん、どっから見に行く?」

にこ「そんなの決まってんでしょ。とぉーぜん!パンダよ!」

穂乃果「あ、にこちゃんのパンダコス、すっごく可愛いもんね♪自分の衣装だから気になるって事?」

にこ「か、かわ……// ま、まあそういう事よ!」

にこ「にこが人間の中のスーパーアイドルだとしたら、パンダは動物の中のスーパーアイドル!」

にこ「いわばにこの分身と言っても過言じゃないわね!」

にこ(その人気と可愛さアピールっぷりを盗んで、より完璧なアイドルに近づいてみせるわよ……!)


──パンダ舎──

穂乃果「パンダ、お尻向けて寝てるね……」

にこ「……」

穂乃果「毛皮、あんまり白くないね……むしろ汚れて茶色くなっちゃってるね……」

にこ「……」

ボトボトボトッ!

穂乃果「あ!う●●した!」

にこ「……」

穂乃果「にこちゃんの……分身?」

にこ「」
65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/23(金) 22:51:29.51 ID:fDBMuj2i0
穂乃果「いや~、あんまりパッとしませんでしたなぁ~、にこちゃんの分身♪」

にこ「うるっさいわね!今日はちょっと……調子が悪かったのよきっと!」キイッ!

穂乃果「あ、こっちはクマスペースだって~。穂乃果としては自分の分身のクマさんも見に行きたいな♪」

にこ「そこはにことしてはあんまり納得いかないのよねー、あんたってどう見てもクマじゃなくて……」ジッ

穂乃果「?」キョトン

にこ「……お手」

穂乃果「……?」ハイ

にこ「お座り」

穂乃果「……」スタッ …ハッ!

穂乃果「ああっ、ひーどーいー!穂乃果わんこじゃないもん!」ブー!

にこ(いやアンケート取ったら10人中10人が犬っぽいって答えると思うけど……)


──クマスペース──

にこ「クマ、めちゃくちゃウロウロ行ったり来たりしてるわね……超落ち着かないわね……」

穂乃果「……」

にこ「あっ!投げられた餌取ろうとして柵に頭ぶつけたわよ!」

穂乃果「……」

にこ「落っこちた餌を柵の向こうのキツネに持っていかれたわね……」

穂乃果「……」

にこ「訂正するわ、穂乃果。あんたクマでもイケるかも」カタポム

穂乃果「ど、どーゆー意味ぃぃー!?」ウワーン!

67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/23(金) 23:01:34.95 ID:fDBMuj2i0
凛「しゃーーっ!」

ライオン「……」

花陽「り、凛ちゃん、怖いからやめようよぉ……」ブルブル

アノオネエチャンナニシテルノー? ユビサスンジャアリマセン

真姫「ちょ、恥ずかしいからライオンを威嚇シナイデ!//」



絵里「ひぃっ!暗闇から黒い何かが飛んで来たわ!吸血鬼!?」ギュウウ!

希「え、エリチってば、痛いからあんまり強くしがみつかんといて……!ただのコウモリやって!」

絵里「こっちは哺乳類なのに鱗があるわよ!?怖い!」ガタガタ

希「センザンコウやって~、面白いなぁ」


海未「見てくださいことり!キリンさんですよ!」

ことり「うんうん、首長いね~♪」

海未「ゾウさんは器用に鼻を使うのですね……あっ!バナナを食べましたよ!」

ことり「うんうん、鼻長いね~♪」

海未「こっちにはカバさんも……!」

ピンポンパンポーン

放送「そろそろ閉園時間になります、園内のお客様は……」

海未「って、ああっ!いつの間にか目的を忘れて楽しんでしまっていました!?」

海未「な、何という巧妙な罠……してやられました……!」グギギ

ことり「あ、一応覚えてはいたんだね……」アハハ


68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/23(金) 23:09:05.11 ID:fDBMuj2i0
──休憩スペース──

穂乃果「ソフトクリームおいしかったー☆」

にこ「こういうところで食べるソフトクリームってなんでだか美味しいのよね~」

穂乃果「あっという間に夕方だね~」コテン

にこ「!」

にこ(穂乃果が肩に寄りかかってきた……//)

にこ「そっそうね、閉まるのが早いのが玉にキズね……」

穂乃果「うん……あのね、穂乃果……」

穂乃果「もうちょっと、にこちゃんと一緒にいたいな……」

にこ「……//」

にこ「うん、私も……」

にこ「もっともっと、穂乃果と一緒に居たい……」
69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:11:48.95 ID:fDBMuj2i0
穂乃果「今日ね、お父さんたち温泉旅行に行ってていないの」

穂乃果「雪穂も亜里沙ちゃんのとこに遊びにいくって……」

穂乃果「だから……ね?穂乃果の家に、お泊りに来てほしいな……//」ジィッ

にこ(へぇっ!?)

にこ(そ、そそそ、それって……!)

にこ(二人っきりでお泊りってことぉ!?)

穂乃果「にこちゃん、おねがぁい……♪」スリスリ

にこ(こ、これが伝説の……)

にこ(おねがぁい攻撃……!//)ドッドッドッ…!

穂乃果「それでね、穂乃果の……」

にこ「ほ、穂乃果の、何?」ドキドキ



穂乃果「夕ご飯作ってほしいの!」ドドーン!



にこ「」

穂乃果「みんなひどいよー!揚げまんじゅうしか作れない穂乃果を置いていくなんてー!」

にこ「って、そっちかーい!!」ビシッ!
70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/23(金) 23:22:45.10 ID:fDBMuj2i0
──帰り道、ハナマルストア──

にこ「んで?何が食べたいのよ?」

穂乃果「んむむ……オムライス!あーいや待って、ハンバーグ……いやいやカレーもいいかも……!」

にこ「子供か!」

穂乃果「だってー、うちいつも和食ばっかりで洋食あんまり出ないんだもん!」

にこ「仕方ないわねぇ……」クス

穂乃果「あっ見て見て!お肉が2パックで2525円セールだって!スゴイ!」キラキラ

にこ「明らかに高すぎるんだけど!買わないわよ!?」
71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/23(金) 23:29:48.48 ID:fDBMuj2i0
──高坂家、台所──

にこ「仕方ないからオムカレーハンバーグライスにしてみたけど……こんなんでいいの?」

穂乃果「うわぁ!すっごーい!豪華ー!」キラキラ

穂乃果「ウォッカと焼酎が一緒に来たみたいだよ!」

にこ「酔っ払いか!盆と正月でしょ」

穂乃果「んもぐもぐ……おいしー!にこちゃん天才!いいお嫁さんになれるね!」

にこ「お、お嫁さんって……//」

にこ「ほ、穂乃果がそういうなら、にこはその、特別になってあげても……//」

穂乃果「美味しかったー!おかわり!」カラッ

にこ「大事なとこなんだからちゃんと聞いてなさいよぉ!!//」カァァァ

にこ「って、ほっぺにカレー付いてるわよ、全く……妹たちと変わんないわね」

穂乃果「え、どこどこ?取って~」

にこ「仕方ないわねぇ……」ハッ!

にこ(こ、ここは……定番のシチュエーション……ティッシュじゃなくて口で取ってあげるところじゃないの!?)

にこ(よ、よぉし……行くニコよ……)ノリダシ

にこ「じ、じっとしてなさい……//」ンー…

穂乃果「?」クルッ

チュッ

にこ(!?)

にこ(ななな、何でナチュラルに唇合わせて来てるのよぉ!?流れを読みなさいよ!//)


72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/23(金) 23:36:37.06 ID:fDBMuj2i0
──穂乃果自室──

にこ「お風呂借りたわよ~」ホカホカ

穂乃果「あ、お帰り……って、あははは!にこちゃんってば、穂乃果のTシャツぶかぶかだね~」ユビサシ

にこ「ぐぬぬ……このにこにーがよりによってほの字Tシャツを着るハメになるだなんて……お泊りになると分かってたら可愛いパジャマ持ってきたのにぃ!」

にこ(まあでも、穂乃果の香りに包まれてるみたいで悪くは無いけど……//)

にこ「ていうか下に穿くのが無いんだけど。早く貸してよ」

穂乃果「にこちゃんってば全然分かってない!」キッ

穂乃果「Tシャツの裾から直接太腿が見えてるのがいいんだよ!そこが色っぽいんだよ!」ジィィィーッ…

にこ「ちょ、こら、ガン見してくんじゃないわよ!//」モジモジ

穂乃果「恥ずかしがるにこちゃん可愛い……ね、ねぇちょっとめくってみてもいい?」ハァハァ

にこ「ひぃっ!?い、いいからとっとと貸しなさーい!」ポカッ!

穂乃果「いったぁぁぁー!?」
73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:38:01.85 ID:fDBMuj2i0
にこ「にこが思うに、あそこのフォーメーションはもっと……」ペラペラ

穂乃果「にこちゃーん、もうこんな時間だよー、寝ようよ~」ムニャ…

にこ「はっ!いつの間に……!」

穂乃果「アイドルに睡眠不足は禁物、でしょ?」クス

にこ「穂乃果もやっと分かってきたみたいね。そう、体調管理は基本よ」フフン

にこ「ってきゅうりパック持ってくるの忘れたわ!」ガーン

穂乃果「あー……おもちパックとかじゃダメ?」

にこ「……朝にはカッピカピになってそうね」
74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:39:42.14 ID:fDBMuj2i0
穂乃果「まあまあ、一日ぐらいきっと大丈夫だよ~、にこちゃんのお肌すべっすべだもん!」モゾモゾ

穂乃果「というわけで、どうぞお入りになってくだせぇ!」ピラ

にこ「って、そこはあんたのベッドでしょ?お客さん用の布団とか貸してよ」

穂乃果「無いよ?」

にこ「へ?」

穂乃果「海未ちゃんもことりちゃんも、お泊りの時はいつもこのベッドで一緒に寝てるよ?」

にこ「な!?」

にこ(あ、あの幼馴染共ぉぉ……!)グヌヌ

にこ「でぇい!」モゾモゾ!

穂乃果「ふぎゃっ!?ちょっとにこちゃん、こっち来すぎ……枕取らないでー!」

にこ「うるっさいわね」ギュウウ

穂乃果「あ、あう、そんなに抱きしめたら苦しいよ……//」

にこ「罰として今夜のあんたはにこの抱き枕の刑よ!」

穂乃果「うぇぇ?何の罰なのー?」
75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:41:16.34 ID:fDBMuj2i0
穂乃果「……」

にこ「……」

穂乃果(背中からにこちゃんの体温と鼓動が伝わってくる……)

穂乃果(希ちゃんのにこちゃん攻略アドバイス……)

◇◇

希「にこっちはああ見えてお姉ちゃん体質なんよ。3人も妹や弟がいるんやから、当たり前やけどね」

希「だから穂乃果ちゃんの不安に思ってることとか全部ぶちまけて、甘えてみたらええよ」

希「あの子はちゃんと応えてくれるから」

◇◇

穂乃果「にこちゃん、起きてる……?」

にこ「……うん」

穂乃果「ラブライブ、絶対優勝しようね……」

にこ「当然でしょ」

穂乃果「それで、ラブライブが終わったら……終わったら……」

穂乃果(にこちゃんは卒業しちゃう)

穂乃果(音ノ木から……穂乃果のそばから、いなくなっちゃう……)

…グスッ
76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:42:28.67 ID:fDBMuj2i0
にこ「何泣いてるのよ……」

穂乃果「だって……らってぇ……!」

にこ「あんたまさか、私が離れていくとか思ってるの?」

穂乃果「うぐっ……でも、でもぉ……」シクシク

にこ「こっち向きなさい、穂乃果」グイ

穂乃果「うう……」

にこ「仕方ないわねぇ……」ギュウ

にこ「たとえにこたちが卒業したって、μ'sはずっとみんな一緒よ」

にこ「何でか分かる?」

穂乃果「……」フルフル

にこ「あんたがいるからよ、高坂穂乃果」

にこ「あなたが手を差し伸べてくれたから……にこはここにいる」

にこ「海未もことりも花陽も凛も真姫も、絵里も希も」

にこ「あなたのそばにいるわ」

にこ「これからもずっと……ずぅっとね」

穂乃果「にこちゃん……」ウルッ
77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:44:11.08 ID:fDBMuj2i0
穂乃果「でも、もうハロウィーンも過ぎたのに、進学の話題とか全然出ないし……」

穂乃果「受験勉強してる様子も無いし……」

にこ「そっちの心配ぃ!?演出上の都合にツッコミ入れるんじゃないわよ!後4、5週待ちなさいよ!」ガガーン

にこ「表に出さないだけでちゃんと考えてるから大丈夫に決まってるわ!」タブン…

穂乃果「大人の事情って難しいんだね……」

にこ「とにかく!あんたはいつも通り、ノーテンキなリーダーやってればいいの」

(信じなさい)

(自分と、μ'sの仲間を)

(私たちが出会えた奇跡を)

(そう言って穂乃果の涙をぬぐってくれた、にこちゃんの唇があったかくて)

(柔らかくて)

(にこちゃんの胸に顔をうずめながら)

(穂乃果は、ずうっとこうしていたいなって……)
78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/23(金) 23:53:05.80 ID:fDBMuj2i0
──翌朝、高坂家玄関──

穂乃果「って、遅刻遅刻!このままじゃ遅刻だよぉぉー!」バタバタ

穂乃果「いつもは雪穂が起こしてくれるのに!何でにこちゃん起こしてくれなかったのぉ!」ウワァン

にこ「何度も起こそうとしたわよ!でもあんたが抱き付いて離れないからどーにもなんなかったのよ!」

にこ「おかげでにこも巻き添えじゃない!」ドタバタ

ガチャ

海未「遅いですよ二人とも!大方夜更かしでもしていたんでしょう」

ことり「おはよー穂乃果ちゃん、にこちゃん♪」フリフリ

穂乃果「海未ちゃんことりちゃん!?お迎えにきてくれたの?」

にこ(げっ)

海未「あなたたちは見ていて危なっかしいですからね。これからは厳しくサポートしていきますから、そのつもりでいてください」

ことり「この時間なら急いで歩けば間に合うよ~、早く行こ!」

穂乃果「わぁい、二人ともありがとー!穂乃果嬉しいよ!」ガバッ!

にこ「あっちょっと!?」

海未ことり「!?」

海未(ひ、久しぶりの……//)

ことり(穂乃果ちゃんの匂いと体温……!//)
79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:55:46.03 ID:fDBMuj2i0
にこ(ぐぬぬ……む、迎えに来てくれたお礼に、今回だけは特別ノーカンにしといてやるわ……)

にこ「まあ穂乃果が危なっかしいのは同意するけど、これからはちゃんとにこが面倒みるからあんたたちはもういらないわよ」フン

穂乃果「ちょっとにこちゃん!」メッ!

海未「ちゃんと……?」

海未「では聞きますが……これはどういうことですか、にこ?」ピラ

穂乃果「んん?アイドル研究部の……予算内訳?」

ことり「予算案作成の時に、去年度の予算を調べてたんだけど……」

海未「多額の使途不明金(※前スレ>>51)が出ているのですが……ちゃんとしている部長さんはこれについて納得のいく説明をしてくれるのですよねぇ?」ニッコリ

ことり「ちなみに、にこちゃんと同じぐらいの体格でサングラスとマスク姿の音ノ木の生徒がアイドルショップで穂乃果ちゃんグッズを買い占めていったらしいっていう目撃情報もあったりして……」アハハ…

にこ「」
80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:57:26.29 ID:fDBMuj2i0
にこ「くっ!仕方ないわねっ……ここは逃げるわよ、穂乃果!」グイッ

穂乃果「えええっ!?何で穂乃果もー!?」

ドダダダダ

海未「ああっ!また逃げた!」

にこ「今日のところはにこの負けってことにしといてあげるわ!後で覚えてなさいよー!」

穂乃果「ていうか、さすがにこの件は穂乃果も立場的に擁護できないんだけど!道連れにしないでー!」
81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/24(土) 00:00:52.06 ID:4gdh4xTl0
海未「全く!あの二人は!」

ことり「でも……仲良しなのは、いいことだよね♪」

海未「ええ、まあ……何だかんだいって、お似合いです……不本意ですが」フゥ

ことり「ことりもそう思う♪」

ことり「でもやっぱり……今の穂乃果ちゃんたちを見てると、胸がチクチクって苦しくなっちゃうんだ」

ことり「ことり、悪い子だね……穂乃果ちゃんの幸せを願ってるつもりなのに……」

海未「ことり……」

海未「分かります……だって、私も同じ気持ちですから……」

海未「でも、いいと思うんです、無理に否定しなくても」

海未「きっと、この痛みは風邪のようなものですよ」

海未「穂乃果の明るさや元気さに触れているうちに、いつの間にか治ってしまうと思います」

海未「それに、私たちは何も失ってなんていませんよ」

海未「だって、お母さんのお腹の中に居た頃からの幼馴染の関係が変わるわけじゃないんですから」

海未「ただそこに、にこが加わっただけです……そうでしょう?」ニコ

ことり「海未ちゃん……」


ことり「お母さんのお腹の中に居た頃からの幼馴染だったのはことりだけだよ?」

海未「メディア間での設定の齟齬についてはこの際どうでもいいのです!」クワッ
82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 00:03:49.61 ID:4gdh4xTl0
海未「とにかく!私たちの友情は何も変わらないということです!」

海未「早く行きますよ、ことり!私たちが遅刻しては本末転倒です」ギュッ

ことり「う、うん、海未ちゃんっ……//」カァッ

タタタッ

海未「待ちなさいにこ!不正に横領した穂乃果グッズを全て私に引き渡せばこの件は特別に目をつぶってあげます!」

ことり「えええっ!?闇取引はマズイよぉ~海未ちゃん!」ピィッ!



──友情ノーチェンジルート END──
83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 00:04:46.39 ID:4gdh4xTl0
・今日はここまで

・次は2のことりちゃんルートの予定にこ

84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 00:05:41.07 ID:4gdh4xTl0
・訂正 2のあくまでぴゅわぴゅわルートだった
94: 2 あくまでぴゅわぴゅわルート >>59から分岐 2014/05/24(土) 23:47:09.12 ID:4gdh4xTl0
──日曜日──

穂乃果「海……」

穂乃果「海……!」

穂乃果「う・み!だぁーっっ!」イエー!

にこ「いやプールなんだけど」

穂乃果「もーにこちゃんは細かいなぁ……気分の問題だよ!」

にこ「あんたがどうしてもっていうから屋内型レジャープールにやってきたけど、何でこの季節にプールなのよ?」

穂乃果「だって、沖縄じゃ台風のせいでほとんど海で遊べなかったんだもん!」

穂乃果「それに屋内だからあったかいしー、そんなに混んでないし!」

にこ「ま、確かに穴場ではあったわね」

穂乃果「それにぃ……」ジィィ

にこ「ちょ、ちょっと……じろじろ見るのやめなさいよ……//」モジモジ

穂乃果「にこちゃんの可愛い水着姿も見られるしね!」ニコ

にこ「!」

にこ「と、とぉーぜんでしょ!スーパーアイドルにこにーのプライベート水着姿を独占できるんだから、感謝しなさい//」フン

にこ「そ、それに……あんたもまあまあっていうか……ビキニ姿も健康的で可愛いっていうか……//」ユビモジモジ

にこ(夏合宿とかPV撮影とか、水着姿を見るのは初めてじゃないけど……こうやって二人っきりだと何か、意識しちゃうわね……//)

穂乃果「早く行こっ!時間がもったいないよ!」モギュッ!

にこ「!?」

にこ(抱えられた腕に、穂乃果の胸が、その……当たって……!//)ドキドキ!

95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 23:47:58.25 ID:4gdh4xTl0
──100メートル後方──

ことり「絵里ちゃん、どう?」ゴクリ

絵里「……当たっているわね」スチャ

海未「くっ!」

ことり絵里海未(穂乃果(ちゃん)と水着でスキンシップなんて……羨まし許せない!)ゴゴゴゴ

ピピーッ

監視員のお姉さん「すみませーん、プール内に双眼鏡の持ち込みは……」

花陽「さ、早速怒られちゃった……」アワアワ

真姫「まあ当然よね」ハァ

監視員のお姉さん「望遠レンズ付きの一眼レフやビデオ撮影もご遠慮を……」

希「ホンマすみません!すぐに更衣室に戻させますんで!」ペコペコ

凛「希ちゃん引率の先生みたいだにゃー」
96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 23:54:33.54 ID:4gdh4xTl0
穂乃果「よーし行っくよー!くーるくるくるくるー!」

にこ「にゃぁ!?にこを巻き込んで回転するのやめなさ……」グルグル

穂乃果「そーれ!」ジャッパーン!

にこ「ぎゃーっ!?」ドボーン

穂乃果「ぷはーっ!飛び込み気持ちいいねー!」

穂乃果「あれ?にこちゃんは?」キョロキョロ

にこ「……」ブクブク

穂乃果「って、沈んでるぅ!?」ギョッ
97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/25(日) 00:01:34.77 ID:1QZs1NKT0
穂乃果「んもー、カナヅチなら最初っからそー言ってくれればいいのにぃ、ビックリしたよー」

にこ「べっ別にカナヅチじゃないわよ!夏のプール講習で少しは泳げるようになったんだから!」

穂乃果「あっ浮き輪レンタルしてるみたいだよ?借りて来よっか!」

にこ「だから聞きなさいっての!このにこにーがカナヅチだなんて広まったらイメージダウンになりかねないでしょーが!」

穂乃果「そっか、浮き輪じゃ泳ぎの練習にならないもんね……ビート板1枚貸してくださーい!」タッタッタ

にこ「だぁから、聞きなさいってのよー!」ガーン
98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/25(日) 00:09:27.76 ID:1QZs1NKT0
バシャバシャバシャ

にこ「せっかく遊びに来たのに、結局ビート板で練習するハメになるなんて……」

穂乃果「ちゃんと泳げるよーになっとかないと、もしもの時に溺れちゃったりしたら大変じゃん!」

穂乃果(にこちゃんが溺れちゃったら……)

穂乃果(じ、人工呼吸……とか……む、胸をマッサージしたり、とか……//)

穂乃果「ウエヘヘヘ//」

にこ(……なんか良からぬことを考えてるわね)

にこ「って、教えんならちゃんとやんなさいよ!希の方がよっぽど教えるの上手かったわよ、もう」

穂乃果「希ちゃん?」

にこ「プール講習の時にね。あの子結構面倒見いいのよね……水着だと胸の迫力もすごいし……」グヌヌ

穂乃果「ふぅぅーん……」プクゥ

穂乃果「1対1で上手に教えてもらったんだぁ……穂乃果と違って優しくてスタイルのいい希ちゃんに……」ムカムカ

にこ「へ?あんた何怒って」

穂乃果「じゃあもうこんなのはいらないね!」エイ!

にこ「ちょ!ビート板取らないで!って、沈む沈」ガボガボ!
99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 00:15:54.75 ID:1QZs1NKT0
希「っくしゅん!」

希「おかしいなぁ、別に冷えたわけでもないんに……」

希「って、飛び込み板もあるんやね、本格的やなぁ。どれどれ?」

ギシギシッ……ググーッ……

希「!?」

希(うちが乗った途端に、異様に板がたわんで……!?)



凛「うわーい、足湯にゃー!」ジャボッ

凛「あれ、あんまりあったかくないにゃ……んん?何だろ、この説明?」

凛「ドクターフィッシュ……?」

ワラワラワラ……チョンチョンッ

凛「!?」

凛(お、お魚が……たくさんのお魚が集まってきたにゃぁぁぁ!?)

100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 00:26:42.79 ID:1QZs1NKT0
──プールの片隅──

希「やっぱり、うちはそういうキャラやったんや……」

希「第七話ではイジられなかったから安心しとったけど……」

希「所詮車の間を通れない程度の体型ってことなんや……」ノノジノノジ

海未「ですから、あの飛び込み板は元々たわむ仕様なんです!」

海未「車の間を通れなかったのは胸のせいです!ネットの心無い中傷に心を折られないでください!」セナカナデナデ


凛「うわぁぁぁん!お魚に凛の足が食べられちゃうにゃー!」ギニャー!

海未「それは足の老廃物とかを食べてくれるだけのかしこいかわいいお魚なんです!」

海未「怖いなら外に出ればいいだけでしょう!」ヒッパリダシ!


希凛「「海未ちゃぁぁん……!」」スガリツキ!

海未「ああもう!みんな見てますからくっつかないでください!恥ずかしいでしょう!//」

お客A「仲いい子たちねー」ホノボノ

海未「これでは穂乃果たちを監視するどころでは無いではありませんか……」ハァ
101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 00:34:54.79 ID:1QZs1NKT0
──プールサイドカフェ──

にこ「もう、折角遊びに来てるんだから機嫌直しなさいよ」

穂乃果「……」ムスーッ

にこ(2回も沈みかけたのはにこの方なのに……全く世話が焼けるわねえ)

店員のお姉さん「ご注文の品お持ちしましたー!」

にこ「あ、ほら、ジュース来たわよ!これでも飲んで機嫌直し」

店員のお姉さん「本日カップルサービスデーですので、特別サービスのラブラブカップルジュースになりまーす!」

にこ「ぶっ!?」

にこ(ま、またコレぇ!?//)

穂乃果「す、ストローが近い……//」カァァァ

にこ「真姫ちゃんと飲んだ時も思ったけど、これ顔がくっつきすぎよね……//」

穂乃果「……ふぅぅん?」プクーッ

にこ(あ)

穂乃果「真姫ちゃんじゃなくて穂乃果でゴメンねっ!」ズーズチュルルルル!

にこ「あ、こらっ!先に全部飲むんじゃないわよ!」
102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 00:43:20.47 ID:1QZs1NKT0
真姫「くしゅ!」

絵里「あら可愛いくしゃみ」クスクス

真姫「べ、別に……//」

絵里「あっ見て!ハワイアンハンバーガーですって!美味しそうよ!」

真姫「テンション高いわねエリー……」

絵里「こっちはかき氷よ!この季節に食べるなんてちょっと新鮮な感じだわ!」

絵里「ホットドッグもあるのね!ハラショー!」

真姫「どれだけ買い込むのよ!?」


お客B「わぁ、綺麗な金髪!スタイルもすごい……ハーフの子かな?」

お客C「子供みたいに両手に食べ物抱えちゃって……ギャップが可愛いかも」クスクス

絵里「真姫、次はわたあめ買いに行くわよ!」

真姫「もうエリーってば、ハシャガナイデ!//」
103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 00:51:14.98 ID:1QZs1NKT0
──ウォータースライダー ──

にこ「ちょ、ちょっとコレ、高すぎない……?」

キャァァァァー! ヒィィィィー! ジャバーン!

にこ「何かマジ悲鳴も聞こえてくるんだけど……」ガタガタ

穂乃果「ふんっ、にこちゃんの意見なんて聞かないもんねー!」グイグイ

にこ「ちょっとちょっと押さないでよ……ひぃ、水面がはるか下に……!」

穂乃果「だいじょーぶだいじょーぶ、穂乃果が抱きしめててあげるから!一緒なら平気だよ!」ギュウウ

にこ「!?」

にこ(後ろから膝に抱えられて……背中に穂乃果の胸の感触が……//)

穂乃果「あはは、にこちゃんってばすっごくドキドキしてるよ?そんなに怖いのー?」クスッ

にこ「ちっ違うわよ!別に希や絵里どころか花陽やことりにも負けてるような穂乃果の胸ぐらいで、そんな……//」

穂乃果「ふぅぅぅぅーん……」プクゥゥゥ!

にこ(……あ)

穂乃果「花陽ちゃんやことりちゃんみたいに胸が大きくなくてゴメンねっ!」

ザァァァァァ!

にこ「ひぃぃぃぃ、いきなりスタートするんじゃ……ぎゃぁぁぁぁぁー!!」

ズザザザザザー ジャッパーン!
104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 01:04:12.05 ID:1QZs1NKT0
花陽ことり「「くしゅんっっ!!」」

ことり「あ、あれ……えへへへ」

花陽「ちょっと冷えちゃったかな……?」ズズ

ことり「あっ、こっちには熱いお湯のプールもあるみたいだよ?ジャグジーみたいになってる♪」

花陽「ちょうどいいからあったまっていこっか♪」


ゴボゴボ……

ことり「あったかいねー……」

花陽「なんだかいやされるねー……」

ことり花陽「……Zzz」


お客D「あら、寄り添って寝ちゃってる子たちがいるわ」

お客E「姉妹かしらねぇ……」フフッ
105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 01:13:29.50 ID:1QZs1NKT0
──プールサイド──

穂乃果「……」ズンズンズン

にこ「ちょっと穂乃果、歩くの早いわよ、待ちなさいってば」

穂乃果(にこちゃんってば、他の子の話ばっかり……穂乃果とデートしてるのにぃ)プンプン

にこ(全く仕方ないわねぇ……これってやっぱりやきもちよね?)

にこ(穂乃果でもやきもちとか焼くんだ……何だか意外な発見かも)

にこ(でも、このままじゃダメよね……)キョロキョロ

にこ(よぉし)

にこ「ちょっと穂乃果、こっち来なさい」グイッ

穂乃果「わわ、何ー?」

にこ(μ'sの連中に見つからないようにしないと……この柱の陰なら他からは見えないわよね)

にこ(ていうかあんなに大騒ぎして尾行できてるつもりなのかしら)

穂乃果「に、にこちゃん?」
106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 01:25:42.48 ID:1QZs1NKT0
にこ「ちょっと屈みなさい」

穂乃果「え?え?」

にこ「いいから!」

穂乃果「は、ハイ!」

ギュッ 

穂乃果「!」

穂乃果(にこちゃんの手が首の後ろに回されて……)

チュッ……

穂乃果(ちょっとだけ冷えた唇が……穂乃果のに……//)

にこ「……これで、機嫌直してほしいニコ☆」キャルン♪

穂乃果「……ハイ」

穂乃果(にこちゃんのちょっと潤んだ上目づかいで見つめられたら……)

穂乃果(怒ってたことなんてどうでもよくなっちゃったよ……//)
107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 01:32:00.87 ID:1QZs1NKT0
にこ「全く、変な勘ぐりするんじゃないのよ」

にこ「にこは穂乃果だけのものなんだから」ボソ

穂乃果「あ、あう……ゴメンね、にこちゃん……//」

にこ「分かればいいのよ」クス

にこ「むくれた顔も可愛いけど、あんたにはやっぱり、笑顔が一番似合うわ」

穂乃果「うんっ!ありがとーにこちゃん//」ニコッ…

にこ「そうやって笑ってなさい」

にこ「ずっと、にこのそばで……笑顔でいて……」

穂乃果「……はいっ!」
108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 01:44:53.09 ID:1QZs1NKT0
ピンポンパンポーン

放送「そろそろ閉館時間になります。プールにお入りの方は……」

にこ「あ、もうこんな時間」

穂乃果「もう帰らなきゃだね……」

ほのにこ「……」

穂乃果「ね、ねえ、にこちゃん!今日……穂乃果の家にお泊りしない?」

にこ「お……お泊り!?//」

穂乃果「うん、詳しくは>>69を参照なんだけど」

にこ「説明を使い回しすんじゃないわよ!」ガーン

にこ「ま、まあ、いいわよ……?//」
109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 01:46:43.94 ID:1QZs1NKT0
──夜、穂乃果自室──

にこ「ちょっと穂乃果!このマンガ次の巻が見つからないんだけど!」ゴソゴソ

穂乃果「あー、どこだったっけ……雪穂が持って行っちゃったかも?」

にこ「あーもう!続きが気になるじゃない!その次読んじゃったら展開が分かっちゃうしー!」ベッドニゴロン

穂乃果(にこちゃんってば、マンガに夢中になり過ぎだよ……)ハァ

穂乃果(こんなんじゃ希ちゃんのアドバイスが実行に移せないよ……)

◇◇

希「にこっちを攻略するポイントは、”誘い受け”や!」

穂乃果「まわし受け?」

希「空手の最高峰を目指すんと違うんよ」

希「ようするに、穂乃果ちゃんが誘惑することでにこっちをオオカミさんにさせるわけやね」

穂乃果「お、オオカミさん……」ゴクリ

希「ポイントはヘタレのにこっちをどうやってその気にさせるかなんやけど」

希「いつもと違うスキンシップが効果あるんやないかな?例えば水着でとか、後は……」

◇◇

穂乃果(よぉし、こうなったら……!)
110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 01:54:52.11 ID:1QZs1NKT0
穂乃果「ね、ねえにこちゃん!今日は一日中泳いでたから筋肉痛とかになってない?」

にこ「はぁ?毎日レッスンに励んでるにこがあの程度で筋肉痛になるわけないでしょ?」

にこ「そんな事言って、まさかあんたがなってるわけじゃないわよねぇ?」ジロリ

アイドルトシテノジカクガ……ガミガミ!

穂乃果(うわーん逆効果!?でもここで負けちゃダメ……ファイトだよっ、穂乃果!)

穂乃果「と、とにかく!穂乃果がマッサージしてあげるからっ!」ドサッ

にこ「きゃっ!?急に背中に乗ってこないでよ!」

穂乃果「まあまあ、お母さんたちにも好評なんだよー、穂乃果のマッサージ♪」グニグニ

にこ「ちょっと勝手に……って……これは……」

穂乃果「お客さーん、どうですかーい?気持ちええですかーい?」モミモミ

にこ「何なのよそのキャラは……でも、なかなか悪くないわね……ていうか気持ちいい……」ホワーン

穂乃果「ちょっと強くいくよ~」グリグリ

にこ「はわわ……ほぐれるぅ……にこほぐされちゃうぅ……」

穂乃果「この辺とかも~」グニグニ

にこ「あんっ……そこいい……あ、もっと上……はぁっ……」トローン

穂乃果(に、にこちゃんが……)

穂乃果(何かエッチな感じになってきた……!)ゴクリ!

111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:09:40.24 ID:1QZs1NKT0
スッ

にこ「あんっ……え……もうやめちゃうのぉ……?」ハァハァ

穂乃果「ううん、まだだよ。次は仰向けになって、にこちゃん」

にこ「うん……」グルッ

穂乃果「じゃあお胸を……マッサージしまーす!」ワシッ

にこ「ひぃ!?ちょ、ちょっと……!」ビクッ

穂乃果「こっちはどうですかーいお客さーん」ワシワシワシ…

にこ「こ、これマッサージじゃないでしょ……!//」

穂乃果「違うよ!これはれっきとした、奉納マッサージ!」

にこ「何の邪教の神様に捧げるつもりよ……豊胸でしょ!」

穂乃果「あ、そうそうそれそれ!こうやってにこちゃんの脇腹のお肉を持ち上げてぇ、お胸の方にぃ……」サワサワ

にこ「ひゃう!く、くすぐった……!」ゾワッ

穂乃果(あれ?にこちゃん余分なお肉が無いからうまくいかないなぁ……希ちゃんで実験させてもらったときはうまくいったのに)

穂乃果「そんなら、お胸のてっぺんのとこを集中的に……」クリクリ

にこ「はうっ!?」ビクンッ
112: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:11:48.05 ID:1QZs1NKT0
穂乃果「あ、Tシャツ越しにてっぺんのとこが固くなってきたよ?」モニュモニュ

穂乃果「効果ありってことだね!」ニコッ

にこ「そ、それは違うわよぉ、あほのかぁ……//」

穂乃果「じゃあ次はTシャツをめくって直接……!」ゴクリ

にこ「ひ!い、いい加減にしなさーい!//」

ドサッ!

穂乃果「に、にこちゃん!?」

穂乃果(逆に押し倒されちゃった?//)

にこ「もうにこのマッサージは十分よ」

にこ「お礼に、今度はにこがあんたをマッサージしてあげるわ……!」ギラン!

穂乃果「へっ?」

穂乃果(に、にこちゃんがアイドルらしくない悪い表情に……!)

穂乃果(もしかしてこれがオオカミさん状態……!?)
113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:12:26.87 ID:1QZs1NKT0
にこ「あんたまだまだダイエットの余地ありね」プニプニ

穂乃果「きゃん!お腹はくすぐったいよぉ!」アハハ

にこ「胸の方は……」ワシワシ

穂乃果「はうっ……//」

にこ(くっ……年下のくせにやっぱりそれなりにあるわね……)ギリッ

にこ(こんな胸囲逆格差社会は許せないわ)

にこ(徹底的に教育してやらないと)カッ

ワシワシワシワシ!モニュモニュズチュンッ

穂乃果「に、にこちゃ……そんなにしちゃ……穂乃果……」

にこ「なーに?」モミモミ

穂乃果「穂乃果、何だか体が熱くなって、変な感じに……//」ハァハァ

にこ「効果出てきたじゃない」フフン

にこ「でもまだまだこれからよ!」ワキワキ!

穂乃果(ひぃぃぃー!?)
114: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:13:23.20 ID:1QZs1NKT0
にこ「ほら、ここのところはどう?」クリクリ

穂乃果「あんっ!そ、そこはダメだよぅ……!//」

にこ「何がダメなのかちゃんと言わないと分かんないわね……ほら、すごく固くなってきたわ」

穂乃果「あうあう……」

にこ「何でかわかる?」

穂乃果「な、何で……?」

にこ「それは」グッ

穂乃果(あ……にこちゃんが耳元に……)

にこ「あんたがいやらしい子だからよ、穂乃果」ボソ

穂乃果「……!」ゾクゾクーッ!
115: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:14:12.46 ID:1QZs1NKT0
にこ「あんたがこんないやらしい子だとは思わなかったわ」

にこ「海未たちが知ったらさぞかし幻滅して引かれるでしょうねー」クスクス

穂乃果「そ、そんなぁ……」ウルウル

にこ「何?そんなに海未たちに知られるのが嫌なの?」ギロ

穂乃果「そ、そうじゃなくてぇ……」

穂乃果「にこちゃんに幻滅されるのは嫌だよ……穂乃果がいやらしい子で、にこちゃん引いちゃったの……?」グスッ

にこ「!?」

にこ(あーもう何なのこの子!//)

にこ(いつもは天真爛漫で子供みたいなのに)

にこ(今日はいつもに増して水着でくっついてきて、ドキドキさせて……)

にこ(かと思ったらこんな表情まで……)

にこ(もうにこは、にこは……!)

チュッ…

穂乃果「んんっ……」

にこ「んはぁ……」
116: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:15:19.43 ID:1QZs1NKT0
にこ「バカな事言ってるんじゃないわよ」

にこ「あんたがいやらしくても、ダメダメでも、ボキャブラリーが壊滅的に少なくても……」

にこ「どんなあんただって、にこは大好きなんだから」

にこ「いい加減分かりなさいよ、もう……」

穂乃果「にこちゃんっ……」パァァ

にこ「でもまあ、いやらしい子にはお仕置きが必要ね」

チュッ チュッ チュッ…

穂乃果「きゃ!あう!……そ、そんな色んなとこにちゅーしちゃったらぁ……//」ビクビク

にこ「拒否権は無いのよ。あんたの全てはにこのものなんだから♪」
117: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:16:33.07 ID:1QZs1NKT0


ほのにこ「「はぁ、はぁ……」」

穂乃果「……汗だくになっちゃったね……」

にこ「そ、そうね……」

穂乃果(我に返ったら……//)

にこ(恥ずかしくてお互いの顔が見られないわよ//)

穂乃果「お、お風呂、もう1回入ろっか?」

にこ「そ、そうね……」

穂乃果「あの、一緒に……//」

にこ「そ、そうね……//」
118: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:18:32.92 ID:1QZs1NKT0
──お風呂──

穂乃果「お背中流しまーす!」

ザザー

にこ「んっ……ありがと穂乃果」

穂乃果「いえいえー♪」

穂乃果「それにしてもにこちゃんの背中……」

にこ「何?またちっちゃいとか言ったらデコピンだからね」ジロ

穂乃果「そ、そうじゃなくてぇ」

穂乃果(お肌、シミ一つなくてすべすべだし……さすがだなぁ……)

穂乃果(元々色白なのにお湯で火照った感じが……また色っぽいっていうか……)

穂乃果(それに引きかえ穂乃果は……)

穂乃果「って、あれ!?」

にこ「どうしたのよ?」クル

穂乃果「こ、これ……」ワナワナ

にこ「あ……キスマーク……」アチャー

穂乃果「と、取れないー!これじゃ練習の時に見えちゃうよ!」ゴシゴシ

穂乃果「にこちゃんのバカぁぁぁ!やりすぎだよー!!」ウワーン

にこ「……ごめんニコ☆」テヘ♪
119: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:19:22.43 ID:1QZs1NKT0
──湯船──

カポーン

穂乃果「もう消すのはあきらめたよ……」

にこ「まあ、近くで見られなきゃバレない……んじゃない?」タブン

穂乃果「全くにこちゃんてばぁ……」ギュウ スリスリ

にこ「だからごめんってば……ていうか台詞と行動が合ってないわよ」クス

穂乃果「ねえ、にこちゃん」

穂乃果「明日になったら、もうお家に帰っちゃうんだよね……」

穂乃果「ずーっとこうして一緒に暮らせたらいいのに……」

にこ「穂乃果……」
120: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:20:38.16 ID:1QZs1NKT0
にこ「あんたらしくないわね」

穂乃果「え?」

にこ「そりゃあ、まだにこ達は学生だし、すぐには無理だけど」

にこ「これから進学して、就職して……いずれは家を出るんだから」

にこ「そうしたら一緒に暮らせるのなんて、すぐじゃない」

穂乃果「……!」

にこ「にこは先に音ノ木を卒業しちゃうけど……でも、それで終わりなんかじゃない」

にこ「そこから新しい私たちが始まるの。そうでしょ?」

穂乃果「うん……うんっ!」

穂乃果「穂乃果、やるったらやる!」

穂乃果「全力でμ'sの活動頑張って」

穂乃果「卒業したら早く一人前になって、にこちゃんと同棲するっ!それで毎日イチャイチャするっ!」

にこ「そこまではっきり言うんじゃないわよ!!//」カァァァァ
121: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:21:20.72 ID:1QZs1NKT0
(ちょっぴり苦い時もあるかもしれないけど)

(本気の夢で、きっと明日をつかんでみせる)

(私たちならできるよね)

(でも今は、みんなと過ごせる今が愛しいから)

(もうちょっとだけゆっくり行かせて)

(私たちのペースで)
122: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:22:02.10 ID:1QZs1NKT0
──放課後、屋上──

海未「穂乃果!ペースが遅れていますよ!もっと周りと合わせて!」パンパン

穂乃果「は、はいぃ!」ワタワタ


凛(何か今日の穂乃果ちゃんの動きがおかしいにゃー)

凛(ぎごちないっていうか、変に胸元とかを気にしてるっていうか……)

凛(ん?)チラ

凛(たくさん赤い跡みたいのがあるにゃ!?)
123: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 02:23:10.36 ID:1QZs1NKT0
──練習後 ラーメン店──

真姫「何だか穂乃果、今日は調子悪かったみたいね」

花陽「プールで疲れちゃったのかなぁ?」モグモグ

凛「ううん、違うにゃ!凛知ってるよ!」ツルツル

凛「穂乃果ちゃん、首元とか胸の周りにたくさん虫さされみたいのがあって、それを気にしてたんだよ!」

花陽「ええっ!?」ソウダッタノ゛ォ゛!?

真姫「ぶふぉっ!?」

花陽「こんな時期なのにそんなに虫に刺されるなんて、おかしいねぇ?」

凛「確かにそうだにゃー。今からでも海未ちゃんとかに報告しておいた方がいいかにゃ?」

真姫「や、やめ、やめなさい!//」

凛「えー、何で?」

真姫「確実に大変なことになるから!!」
124: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/25(日) 02:27:20.08 ID:1QZs1NKT0
花陽「真姫ちゃん何か知ってるの?」キョトン

凛「隠すとためにならないにゃー」ジィィ

真姫「か、隠すっていうか……//」メソラシ

凛「あっ、さては女子力に関することだにゃ?凜がいくら男の子っぽいからって秘密にするなんてプンプンにゃ!」

真姫「女子力……と言えなくもないけど……//」

花陽「真姫ちゃん」

凛「真姫ちゃん」

花陽「花陽に教えて……?」ジィィ

凛「凛にも教えて!」ジィィ

真姫「……」ゴクリ!



真姫「しょ、しょうがないわね……」

真姫「今日家に泊まりなさいよ、そうしたら(直接体で)教えてあげる」

花陽「ホントに?ありがとー真姫ちゃん!」ニコニコ

凛「わーい真姫ちゃん家にお泊りだにゃー!」

真姫(こ……これでいいのよ)

真姫(この二人はピュア過ぎて将来が心配だし)

真姫(私が教えてあげるしか……そう、これはあくまで純粋な、単なる友情なんだからね!//)


──あくまでぴゅわぴゅわルート END──
134: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/25(日) 23:23:47.04 ID:1QZs1NKT0
・3のWonderful Rushルートから再開にこ

・>>59から分岐

・今更だけどエロ注意にゃ
135: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:24:24.13 ID:1QZs1NKT0
──日曜日、穂乃果自室──

穂乃果「せっかく……せっかくにこちゃんとピクニックデートの予定だったのにぃ……」

ザァァァァ… ピシャァァン!

穂乃果「何で雨なのぉー!?」ワーン!

にこ「局所ゲリラ豪雨だってー。雷注意報も出てるし、今日は外に出るのは無理ねー」スマホピッ

穂乃果「くっ……こうなったら……!」

穂乃果「雨やめー!あめやめぇぇぇ……!」ゴゴゴゴゴ

にこ「天気予報の人がかわいそうだからその技はやめときなさい」ポコ

穂乃果「あいたっ!」
136: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:25:29.64 ID:1QZs1NKT0
にこ「別に家だっていいじゃないの。あんたにこと一緒にいるのに嬉しくないの?」ジト

穂乃果「そ、そんなことはもちろん無いけど~」

にこ「だったらこれでも一緒に見て機嫌直しなさい、特別に持ってきてあげたんだから」

穂乃果「そ、それは……!」

穂乃果「伝説の伝説のアイドルの伝説、略してでんでんでん!?」

穂乃果(花陽ちゃんがどんなに頼んでも貸さなかったにこちゃんが、わざわざ持ってきてくれるなんて……)

穂乃果「これはスゴイことなのかも……」ブツブツ

にこ「何ぶつぶつ言ってんの、もう始まるわよ!」

穂乃果「って、ハッピにハチマキにタオルにサイリュームって、既にフル装備ぃぃ!?」

にこ「イエー! A-RISEサイコー!」PPPH!
137: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:26:45.00 ID:1QZs1NKT0
にこ「いい穂乃果?初期のA-RISEの振りは今のとちょっと違うのよ、ポイントは右腕の角度と顔の向きで……」

穂乃果「にこちゃんツッコミが細かすぎるよ!どんだけこのDVDヘビロテしてるの!?」ガーン


にこ「これが幻のユニット、ミュータントガールズよ!衣装のセンスが謎過ぎ!超ウケるわー」アハハハ

穂乃果「ど、どっかで見たような……」


にこ「Wooooo……Jump!ってあんたも一緒にやんなさいよ!」ピョンピョン!

穂乃果「築ウン十年の家の床をもう少しいたわってぇ!」ハラハラ



穂乃果(にこちゃんってば、本当にアイドルが好きなんだなー)

穂乃果(DVDも面白いけど、穂乃果はにこちゃんのくるくる変わる表情を見てる方がもっと楽しいかも)クス

穂乃果(でも、やっぱり穂乃果は……)

にこ「ちょっと穂乃果、聞いてるの?」

穂乃果「ふえ?ななな何でもないよ?//」

にこ「アンコール終わったわよ。次は特典映像よ!」

穂乃果「ちょ、ちょっと待って、ずっと歌って踊ってたから穂乃果喉乾いちゃって……」

穂乃果「ジュースでも持ってくるからちょっと待っててよ」

にこ「仕方ないわねぇ、早くしなさいよ?」

穂乃果「はーい!」

138: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:27:33.74 ID:1QZs1NKT0
トタトタ

穂乃果「にこちゃーん、ジュース持ってきたよー……ってアレ?」

にこ「すぅ……すぅ……」

穂乃果「にこちゃんったら、穂乃果のベッドで寝ちゃってる……歌って踊りすぎて疲れちゃったのかな?」

穂乃果「ハチマキもハッピも脱ぎ捨てたまんまだし……子供みたいだなー」アハハ

穂乃果(でも何か、足投げ出しちゃって無防備な感じが……その……ドキドキするっていうか……//)

にこ「うーん……」ゴロン

穂乃果「!?」

穂乃果(寝返り打った拍子に、胸元がちょっと……見えそうになっちゃってる!?//)ゴクリ!

穂乃果(希ちゃんのにこちゃん攻略アドバイス……)
139: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:30:03.83 ID:1QZs1NKT0
◇◇

希「うーん、これ以上アドバイス言うてもなー……もうガーッと押し倒してダーッとヤッちゃえばええんやない?」

穂乃果「ちょっ!希ちゃんアドバイスがだんだん雑になってきてるよ!?」ガガーン

希「そうは言われても3回目ともなるともうネタが無いんよ」

穂乃果「そんなぁぁ……」

絵里「そこで頼りになる応援、かしこいかわいいエリーチカの登場よ!」ババーン!

希「エリチ?」

穂乃果「あれ、絵里ちゃん確か部室の中にいたハズじゃ……」

絵里「細かいことはどうでもいいのよ!」
140: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:37:41.23 ID:1QZs1NKT0
絵里「それより穂乃果!その、にこを……はぁはぁ、……す、するのよね?いろいろ!//」wktk!

穂乃果「う、ぅ絵里ちゃん顔が近いよぉ!?」ビクッ!

希(エリチテンション上がり過ぎやな)

絵里「そんな穂乃果のために、参考資料を持って来たわ!」ドサドサッ

穂乃果「”薔薇姫”に”ワイルドリリィ"?」

希「すごい本の数やな……集めてたんか……」

絵里「これを読んで予習するのよ穂乃果!」

穂乃果「う、うわぁ……こ、この内容って……」

穂乃果(女の子同士が……女の子同士なのに、こんなエッチな事……)

穂乃果「す……スゴイや……//」ポーッ

希「──なあ、これってエリチにとっては敵に塩を送るようなもんやないの?」

絵里「いいのよ」フフッ

絵里「あの勝気なにこが天然の穂乃果に攻められて、華奢な肢体を晒してあられもない声を上げさせられる……そんなシチュエーションを想像するだけで、ピロシキ10個はイケるわ!」エヘエヘ

希「じゅ、重症やなぁ……」

141: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:39:06.38 ID:1QZs1NKT0
穂乃果(アイドルに夢中なにこちゃんを見てるのも楽しいけど)

穂乃果(やっぱり穂乃果だけのことも見てもらいたいよ)

穂乃果(希ちゃんと絵里ちゃんのアドバイス、無駄にしちゃダメだ!ヤるぞぉぉ……)グッ

穂乃果「にこちゃん……」ギシッ

穂乃果(まつ毛長ぁい……肌つやつや……唇は……食べちゃいたいぐらい、ぷるっぷるで……)

チュッ

にこ「……!?」パチッ

にこ(な、何?穂乃果にキス……されて……)

レロ…チュルンッ

にこ「んむぅっ!?」

にこ(な、何か口の中に……舌入って来たぁ!?)

穂乃果「んん……ん……」

グググ…チュバッ、ジュルッ…

にこ(頭をがっちり抱えられてて……突き放せないっ……穂乃果、力強っ……)

にこ(ていうか、口の中、穂乃果の舌が這い回って……にこの舌と絡み合って……)

にこ(頭の中、ぼうっとして……)

ジュパッ…

穂乃果「んぷぁっ……」

にこ「……ん!はぁっ…!」
142: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:40:02.94 ID:1QZs1NKT0
穂乃果「えへへ……にこちゃんって、ジュースより甘ぁい♪」ペロッ

にこ「あ、あんた、アイドルの寝こみを襲ったりとか、ルール違反もいいところ……」ハァハァ

にこ(この子がこんな顔……こんないやらしい顔するなんて……これこそ小悪魔じゃないの……)ゴクリ

穂乃果「やっと穂乃果を見てくれたね、にこちゃん♪」

にこ「……え?」

穂乃果「でもね」

穂乃果(まだまだ足りないんだよ?)

チュウッ

にこ「んんんっ!」
143: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:41:22.05 ID:1QZs1NKT0
チュパッ……レロンッ……

にこ「んんん……んふぁ……//」

穂乃果「んー♪ちゅっちゅっ……♪」

にこ(こ、これが、大人のキスってやつなの……?)

にこ(今までのと全然違う……穂乃果ってば、どこでこんなの覚えてきたのよぅ……)

にこ(逃げようとしても舌で絡めとられて……)

にこ(押し返そうとしても逆に吸われちゃって……)

にこ(流し込まれる穂乃果の唾液が甘くて……)

にこ(にこ、だんだん変になってきちゃうぅ……//)

チュパッ

穂乃果「んはぁ……次は上脱がすからね、にこちゃん」

穂乃果「ほら、ばんざいして?」

にこ「ふぁい……」コクン

グイッ ズルンッ

穂乃果「あは、ピンクのブラかわいー♪」

穂乃果「でも、外しちゃうね?もっと可愛いにこちゃんが見たいから」

プチッ パサ
144: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:43:19.42 ID:1QZs1NKT0
にこ(胸がスースーするぅ……)

にこ(ダメなのに……やめさせなきゃダメなのに……)

穂乃果「にこちゃんの小さなお胸も、とってもかわいいね」クス

にこ(穂乃果に逆らえないぃ……//)

穂乃果「あれぇ?てっぺんのところ、もうぷっくり膨らんできちゃってない?」

にこ「!?」

にこ「そ、そんなこと、な……!」

穂乃果「そんなことあるよ?」

ジィィィ……

にこ(だ、ダメ)

にこ(いやらしい目でじっくり見られてるって思ったら……)

穂乃果「あは、やっぱり」

穂乃果「穂乃果に見られて、エッチな気分になっちゃってるのがまるわかりだよ、にこちゃん♪」

にこ「あ、あううっ……//」
145: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:50:17.80 ID:1QZs1NKT0
穂乃果「このままじゃ辛そうだから、なでなでしてあげるね?」

クリュクリュ

にこ「ひゃぁっ!?」ゾクッ

穂乃果「あ、なめてあげたほうがいいのかな?」

レロ…レロ…

にこ「きゅぅぅッ……!」

穂乃果「それとも、ちゅーちゅーされるほうが気持ちいい?」

チュウウッ!

にこ「きゃんっ!そ、そんなにしちゃダメっ……!」ビクン

穂乃果「もう、暴れないの!」グイッ

にこ(ううう、脱がされたブラウスが腕に絡まって、抵抗できないぃ……//)

穂乃果「にこちゃんがいい子に大人しくするまで、穂乃果がじっくり可愛がってあげるね」

クリクリ チュパッ 

穂乃果「あ、脇に汗かいちゃってるね……れろぉ……」

ツゥーッ……

穂乃果「ん、ちょっとしょっぱいけど、おいしー♪」

にこ「ひぅぅぅっ!」ゾクゾクーッ!

146: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/25(日) 23:58:30.49 ID:1QZs1NKT0
にこ「……も、もうやめなさいよぅ……今なら許してあげるからぁ……//」ハァハァ

穂乃果「何言ってるの?」

穂乃果「許すかどうか決めるのは、穂乃果の方だよ?」クス

穂乃果「ちなみに、にこちゃんがいい子にしてくれないから、まだダーメ♪今度はこっちの方を見せてもらっちゃうからね!」

ズルル…

にこ「あっ!パンツ脱がせちゃ……やぁんっ……//」

穂乃果「あ、もしかしてこのパンツ、新品じゃない?」

にこ(う゛!)

穂乃果「穂乃果とのお家デートでわざわざ下したてのパンツ穿いてくるってことはぁ……」

穂乃果「最初から、エッチなこと期待しちゃってたんだぁ?」ニヤニヤ

にこ「ち、違うわよ!ただ、その……万が一ってこともあるかと思って……それで……」

穂乃果「でも、せっかくのパンツ、もうぐしょぐしょになって糸引いちゃってるよ?」

にこ「あううう……//」

穂乃果(後でこのパンツはもらうとして、まずは……)

ジィィィーッ

にこ(ま、また見られてる……にこの大事なとこ、じっくり見られちゃってるぅ……//」

穂乃果「にこちゃん、こっちの方もちゃんと処理してるんだぁ……さすがだねぇ」サワサワ

にこ「そ、それはぁ……夏じゃなくても水着の撮影とかもあるからぁ……」フルフル

穂乃果「あれぇ?まだ直接触ってないのに、割れ目のとこから……」

トローッ…

穂乃果「透明なお水があふれてきちゃってるよ?」

にこ「」

にこ(あああああ……//)


147: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:00:02.21 ID:4wiTI1PW0
穂乃果「にこちゃんって、もしかして……」

穂乃果「見られるだけでエッチな気持ちになっちゃう子なの?ヘンタイさんなの?」ジト

にこ「ち、ちがっ……//」カァァァァ

サワサワ モミモミ

穂乃果「ふふっ、でもにこちゃんの太もも、細くてすべすべー♪やわらかーい♪」

にこ(な、なんでこんなことにぃ……//)ゾクゾク

にこ(そりゃあ、穂乃果ともしかしたら一線超えちゃうかもって期待が無かったわけじゃないけど)

にこ(年上のにこが小悪魔っぽくリードするつもりだったのに)

にこ(このままじゃあ完全に穂乃果のペースにぃ……)

トロトローッ…

にこ(あうあう、なのに穂乃果のちょっと冷たい目で見下ろされてるだけで、お腹の奥が熱くなって……勝手に……//)

穂乃果「おっと」

レロンッ

にこ「はうっ!?」ビクッ!

穂乃果「このままじゃこぼれちゃうから、なめてあげるね?」

チュパッ…レロ…レロ…

148: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:01:24.39 ID:4wiTI1PW0
にこ「やぁぁぁ……そんなとこにちゅーしちゃ……なめちゃダメぇ……汚いわよぉ……」

穂乃果「ん、ちゅうっ……にこちゃんってば、どうしたの?スーパーアイドルの身体に汚いところなんてあるわけない、でしょ?」クス

にこ「でも、でもぉ……//」

穂乃果「それに、にこちゃんのエッチなお汁、甘くておいしいから大丈夫だよ♪」

穂乃果「でもなめてもなめてもあふれてきちゃうから、吸っちゃうね?」

ジュッズチュルルルーッ!ジュルッ!

にこ「ひゃぁぁぁぁう!?い、いやぁぁぁ……//」

にこ(穂乃果が、穂乃果が、にこのを飲んでるぅ……)

にこ(いやらしい音が響いて……こんなの恥ずかしすぎる//)

穂乃果「あ、ここの出っぱりのとこも、お胸と同じぐらい固くなってるね……じゃあこっちも♪」

サワサワ クリクリ

にこ「ひぃぃぃぃッ!?」ビクーッ!

穂乃果「ほら、暴れないの!」ググッ

にこ(太腿をがっちり押さえられた……)

穂乃果「これでもう逃げられないねー?じゃあ……」

穂乃果「可愛い出っぱりのとこもいやらしい割れ目のとこも、穂乃果のお口でたくさん可愛がってあげる♪」

にこ(あ……ああ……)

149: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:02:39.64 ID:4wiTI1PW0
レロレロ ピチャピチャ

穂乃果「最初はぴっちり閉じてたのに、だんだんほぐれてきたよ?にこちゃんのここ♪」

にこ「ああっ……んぅ……ふわぁ……」ビクビク


穂乃果「ここの皮のところ剥いてあげると気持ちいいんだってー。どう?」

チョンチョンッ グリッ!

にこ「きゃああうっっ!」ギクンッ!


穂乃果「割れ目のところがほぐれて開いてきたからぁ……今度は中に失礼しまーす」

にこ「……え?や、やめっ……!」ゾクッ

ピト…グリュリュッ

レロレロンッ グニグニ!

にこ「きゃっふぁぁぁぁぁんんっ!」ガクガクガクッ!

プシュッ!

穂乃果「あは、スゴイや……!」
150: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:03:56.04 ID:4wiTI1PW0
にこ「はぁーっ……はぁっ……」ピク…ピク…

穂乃果「にーこーちゃん」

にこ「はぁ……ふぇ……?」

穂乃果「にこちゃんってばぁ……何度もイッちゃったみたいだけど、大丈夫?」

にこ「こ、これが……大丈夫に、見え……」

穂乃果「うん、平気そうだね!」スルスル

にこ(だからぁ……聞きなさいよぉ……)

にこ「って、穂乃果……!?」

穂乃果「今度は穂乃果も一緒に気持ちよくなりたいからぁ、脱いじゃった♪」パサッ

穂乃果「ね、見て……穂乃果のここも、にこちゃんと同じだよ……ぐしょぐしょになっちゃってるの」

にこ「あ……//」

穂乃果「今度はこうしてぇ」グイッ

にこ(あ、足が交差して……)

穂乃果「こうするの」クチュッ…

にこ(にこのと穂乃果のが、き、キスしてるぅ……//)
151: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:05:00.38 ID:4wiTI1PW0
穂乃果「じゃあ動くからね?」

にこ(動くって……?)

穂乃果「にこちゃん……」

穂乃果「ふぁいと、だよ?」クスッ

ギシ…ギシッ

グチュグチュ

にこ「ひゃあっ!?」

にこ(こ、これ、穂乃果のと、こすれてっ……)

穂乃果「頑張って穂乃果と一緒にイこうね?先にイっちゃったら、またお仕置きだよ?」

ギシギシギシ

クチュクチュクチュッ!

にこ(ああっ……こすれてるとこが、ビリビリきてっ……)

にこ「こ、こんなの……無理っ……」ブルッ

にこ「くぁぁぁぁぁッ!」ビクンッ!

プシュッ!
152: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:06:46.37 ID:4wiTI1PW0
穂乃果「あれぇ?んっ……もしかして、もうイッちゃったの?」

ギシギシッ

にこ「はぁうっ……ち、違っ……」ガクガク

穂乃果「うそつく悪い子には、やっぱりお仕置きだよ?」

ズチュズチュ

穂乃果「にこちゃんの細い腰がびくびくって震えるのも、合わさってるとこからエッチなお汁が吹きだしてくるのも、全部穂乃果には分かっちゃうんだからぁ……」

クチュクチュクチュッ…!

にこ「きゃあう、は、激しいっ……わ、分かったわよぅ、ごめんなさぁい……」グス

穂乃果「何がゴメンなのか、ちゃんと言ってくれないと、んふっ、分かんないよ?」

にこ「悪い子のにこにーはぁ、穂乃果よりも先に、んぁっ、イッちゃいましたぁ……っ」

穂乃果「やっと素直になってくれて、穂乃果うれしいな」クスッ

穂乃果「じゃあ、穂乃果もそろそろだから……今度こそ一緒に、ね?」ハァハァ

ギシギシ!

にこ「ふぁぁいっ……!」

グチュグチュ!

ほのにこ「んんんんっふぁぁぁっ!」

ガクガクーッ プシャァァッ!
153: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:08:14.13 ID:4wiTI1PW0


ペロペロ… クチュクチュ…

にこ「んきゅいっ!」ブルッ!

穂乃果「んちゅぱ……にこちゃんってばまたイッたぁ……」クスクス

にこ(また太もも抱えられて……にこのを舐められて……)

にこ「ってぇ……いつまでする気なのよぉ……にこはもう、げんかいよぉっ……」ピクピク

穂乃果「穂乃果が満足するまでだよ?」キョトン

にこ「」

にこ「お、お願いだから、少しでいいから休ませてぇ……」

穂乃果「んー、どうしよっかなー」

クチュッ

にこ「ひい!」

穂乃果「じゃあ、にこちゃんがどんだけ穂乃果の事を好きか、ちゃーんと素直に言ってくれたら」

ピチャピチャ

にこ「あうっ!」

穂乃果「考えてあげへもひーひょ?」

ズチュルルルッ

にこ「やぁんっ、吸いながらしゃべんないで……!」

穂乃果「ほらほらぁ、早く言わないと、すぐにまたイッちゃうんじゃないのー?」

ペロペロ

にこ(あ、あああ……また頭の中が真っ白になっちゃうう……)

154: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:09:51.11 ID:4wiTI1PW0
穂乃果「ねえ、言って……?」

穂乃果「ちゃんと言って……?」ジッ…

にこ「に、にこを……」

穂乃果「うんうん」

クリクリ

にこ「にこを、穂乃果のぉ……」

穂乃果「穂乃果の、何かな?」

グリュッ!

にこ「んぁぁぁぁッ!にこを穂乃果の、お嫁さんにしてぇっ……!」ビクビクビクッ!

プチュッ トロトロトロ……

穂乃果「……♪」

【Mission Accomplished!】
155: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:20:59.34 ID:4wiTI1PW0
──お風呂──

穂乃果「いやー、にこちゃんってば可愛かったなー♪」

穂乃果「にこを穂乃果のお嫁さんにしてぇっ、だってぇ」アハハ

にこ「わ、笑うとこじゃないでしょ!?//」カァァァァ

にこ(結局後ろから抱っこされて身体洗われてる、ていうかセクハラされてるしぃ……)ウググ

穂乃果「ごめんごめん♪」

穂乃果「じゃあ、ふつつかものですが……」クイッ

チュッ

にこ「ん……ちゅ……」

穂乃果「ちゅぱ……その、ヨロシクオネガイシマス//」

にこ(穂乃果ってばさっきはめちゃくちゃで死ぬかと思ったけど……)

にこ(でも、幸せかも……//)ポーッ

にこ(って、あれ?)ブルッ

にこ(こ、この感じは……)サァァ
156: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:22:17.67 ID:4wiTI1PW0
にこ「じゃ、じゃあそろそろにこは上がるわねー!」

穂乃果「ええっ!?何それー!もっとお風呂でイチャイチャしようよー!」ブーブー

にこ「う゛っ……えーっとぉ、にこ、ちょーっとお花摘みに行きたいなーって……」モジモジ

穂乃果「お花ー?この家にはおまんじゅうしか無いよー?」キョトン

にこ(だから少しはボキャブラリーを増やしなさいよ!//)

にこ「そうじゃなくて、トイレに行きたいの!あんたがさっきからずっと離してくれなかったせいでしょーが!!」クワッ

穂乃果「ああ!おしっこしたいんだね?」ナルホド

にこ(はっきり言うなぁぁぁぁ!//)カァァァァ

穂乃果「分かりました、じゃあどーぞ♪」グイッ

にこ「ひゃあっ!?な、何でにこの両足広げんのよ!?//」

にこ(こ、こんな、おむつ変える赤ちゃんみたいな恰好……//)

穂乃果「このまましちゃったらいいよ!ここお風呂場だしぃ、流せばだいじょーぶ!」

にこ「だ、だいじょーぶじゃないわよぉ!あんた何言って」

穂乃果「いいから、このままするの」ボソ

にこ「!?」ゾクッ
157: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:24:04.47 ID:4wiTI1PW0
穂乃果「ほら、見て」

にこ(あ……鏡……)

穂乃果「にこちゃんがはしたなく両足広げられて、恥ずかしいところが丸見えでしょ?」

にこ「あ……うぁぁ……//」

穂乃果「このままおしっこしちゃったら、もっと恥ずかしいところが見られるね」クス

にこ「い、いやぁ……//」

穂乃果「穂乃果が見たいの」

穂乃果「にこちゃんが穂乃果に見つめられながら、はしたなくお風呂場でおしっこもらしちゃうところ……」

穂乃果「大丈夫だよ、にこちゃんは穂乃果の大事なお嫁さんだもん」

穂乃果「どんないやらしくてはしたないとこ見ても、嫌いになったりしないから……ね?」

にこ「そんなこと言ってもぉ……」ブルッ…

穂乃果「腰が震えちゃってるよ?恥ずかしがってても、もうおしっこ出ちゃいそうなんだね?」

穂乃果「全部見ててあげるから、出しちゃいなよ」

穂乃果「ほら」ミミカプッ

にこ「ひっ!」ビクッ!
158: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:25:22.35 ID:4wiTI1PW0
チョロッ…

にこ(あ……あああ……)ブルルッ

チョロロロローッ!

穂乃果「あは、すっごい勢い♪にこちゃんよっぽどガマンしてたんだね?」クスクス

ジョロロロロ…

穂乃果「にこちゃんってばやらしーなぁ、人の家のお風呂場でおしっこしちゃうなんてー」

にこ「やぁぁぁぁ……//」

穂乃果「ほら、顔隠しちゃダメだよ」

穂乃果「アイドルは笑顔!でしょ?」

穂乃果「いつもみたいに、にっこにっこにーってして?」

にこ「な、何言ってんのよそんなんできるわけ……あうあう……」

チョロチョロチョロ……

にこ(何で止まってくれないのよぅ……//)

穂乃果「いいからにっこにっこにーしなさい」

穂乃果「私のにこ」ボソ

にこ「!!??」ゾクゾクゾクーッ!

にこ「に……に……」

にこ「にっこにっこ、にーっ……!//」

パタタタタ… プルルッ…
159: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:26:49.74 ID:4wiTI1PW0
──穂乃果自室 ベッド──

穂乃果「……」

にこ(穂乃果、さっきから何も言わないけど……何考えてんのかしら)

にこ(ま、まさかまたにこにエロい事を仕掛けるつもりじゃないでしょうね!?)

にこ(もうにこは本当の本当に限界……これ以上のRushは受け止めきれないわよ……//)

穂乃果「ねぇにこちゃん!」クルッ

にこ「ひゃいっ!?」ビクーッ!

穂乃果「和菓子屋アイドルってどうかな!?」

にこ「はぁ?何の事よ?」

穂乃果「だってにこちゃんは穂乃果の家にお嫁に来るでしょ?でももしかしたら穂乃果、穂むらのお店を継がなきゃなんないかもしれないし……」

穂乃果「でもにこちゃんはアイドル辞めたくないでしょ?だったら、両立させちゃえばいいかなって!」キラキラ

にこ「……」ポカーン

穂乃果「あ、あれ、ダメだった?」アセ

にこ「ぷっ……あんたってば、本当に……」

にこ「あはははははっ!」
160: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 00:33:15.40 ID:4wiTI1PW0
(この子には、本当にかなわない)

(前はそれが悔しくて妬ましかったけど)

(今はその明るさと元気さに照らされてる自分が幸せだと思えるの)

(人を幸せにするのがアイドルの仕事なら)

(穂乃果はやっぱり、天性のアイドルなのかも)

(でも、にこだって負けてないんだからね)

(穂乃果に負けないぐらい、みんなを笑顔にしてみせる)

(あの、輝くステージで、この子と……μ'sのみんなと、一緒に!)

穂乃果「にこちゃん?何モノローグで締めにかかろうとしてるの?」ジト

にこ「へ?」

穂乃果「ちゃんと穂乃果の話を聞いてくれない子には、お仕置きが必要だね!」ワキワキ!

にこ「ひぃぃぃぃ、あんた何変なドS属性つけてんのよぉぉー!路線が違うでしょぉぉ!?」ジタバタ!
161: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 01:09:00.28 ID:4wiTI1PW0
──翌日練習前、屋上手前階段──

絵里「あれからどうなったかしらね!?うまくいったかしら!」ワクワク

希「エリチ前のめり過ぎやろ……」

希「どうなったかは本人たちに聞いてみないと分からんけど……」

希「うまく行かなくても、きっと大丈夫や」

希「誰かがつまづいたら、誰かが助ける」

希「無敵の結束、それがμ'sやってカードも告げとるよ……ふふっ」ピラ

絵里「ええ、その通りね……私たちが集まれば、どんな壁だって壊せる、倒せるもの」キリッ

「あんたたちだけに綺麗にまとめさせないわよぉ……」ヨロヨロ

希「あれにこっちやん、腰押さえてどうしたん?」ニヤニヤ

絵里「何かの運動でも頑張りすぎたのかしら?アイドルは体調管理に気を付けないと駄目よ?」ニヤニヤ

にこ「あんたたち白々しいのよ!穂乃果に一体何を吹き込んだのよぉぉ!?」

にこ「おかげでにこは、にこは……昨日死ぬ思いをしたんだからね!!」グイッ

希「ちょ、ちょっと、胸元掴まんといて……//」アセ

穂乃果「にぃーこぉーちゃんー?」ジトォォォ

にこ「ひいっ!?」ビクーッ!
162: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 01:09:44.91 ID:4wiTI1PW0
にこ「い、いつの間に後ろに……」ダラダラ

穂乃果「ふぅぅーん……希ちゃんとそんなにくっついちゃって……」

穂乃果「仲良しだねぇ?」ニッコリ

にこ「ちっ違うのよ!これはただ問い詰めようとして……!」

穂乃果「とにかく行くよ!もぉっ!」ズルズル…

にこ「ちょっちょっと、首根っこ掴んで引きずらないでー!」

穂乃果(言い訳はお仕置きの後で聞くからね)ボソ

にこ(それって聞かないってことと同じでしょぉ!?)ガガーン
163: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 01:11:36.37 ID:4wiTI1PW0
絵里「やれやれ、あの調子なら何とかうまくいってるみたいね」フフッ

希「エリチ……それでいいん?」

希「今でも穂乃果ちゃんのこと……好きなんやろ?」

絵里「それは、希も同じでしょ?」

希「!?」

絵里「あなただけがどうして穂乃果の天然タラシに侵食されなかったのか」

絵里「あなたがどうしてにこの攻略法にあれほど詳しかったのか」

絵里「あなたがどうして……そんな目で、あの二人を……にこを、見送っているのか」

絵里「私に分からないと思った?」

希「……」
164: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 01:13:31.06 ID:4wiTI1PW0
希「やれやれ……エリチには何でもお見通しなんやね……参ったわ」フフッ

絵里「どれだけ一緒に過ごしてきたと思っているの?」

ギュウッ

絵里「私が道に迷ったとき、素直になれなかったとき……」

絵里「あなたはいつも手を差し伸べてくれた」

絵里「いつもみんなを見守って、さりげなく助けてくれる、それが希のスタイルみたいになっているけれど……」

絵里「あなただって、一人の傷つきやすい女の子なのよ」

絵里「泣きたいときは……泣いたっていいんじゃないかしら」

絵里「せめて胸くらい……貸させてよ……」

希「もう……」


希「もう泣いとるよ……とっくに……」グスッ

希「ホンマにエリチは……ずるいなぁ……」

希「そんなこと言われたら、にこっちへの想いから……何か、吹っ切れそうな気がしてしまうじゃない……」
165: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 01:14:37.73 ID:4wiTI1PW0
絵里「ふふっ、やっと素直になってくれたわね」

希「もう……失恋した子同士で慰めあうなんて……何か不毛やない?」クスッ

絵里「そんなことないわよ」

絵里「ずっと一緒に居たって、秘密にしていることだってある、知らないことだってある」

絵里「でも私は、優しいあなたが大好きだから」

絵里「これからもお互いに、語り合いたいって思っているわ」

(もっと)

(もっと近くで……)

希「エリチ……//」

スッ…


ガチャンッ!

穂乃果「絵里ちゃん希ちゃん!もうみんな揃ってるよ!」

にこ「あんたたち遅いのよ!さっさとしなさいよ!」

のぞえり「!?」ビクッ!

絵里「す、すぐ行くわ!」

希「ご、ごめんな~」

ほのにこ「?」

絵里「ぷっ……」

希「あははははは……!」

ほのにこ「??」
166: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 01:18:12.06 ID:4wiTI1PW0
──屋上──

穂乃果「もうすぐいよいよ、ラブライブ最終予選だよ!」

海未「夢を叶えるべき時が来ましたね」

ことり「負けられないかも♪」

絵里「ええ、きっと私たちの勇気があれば」

凛「凛たちを導いてくれるにゃ!」

真姫「まあ……ただの思い出なんかにするわけにはいかないものね」

花陽「精一杯、力の限り頑張ります!」

希「みんなで上を向いて、やな♪」

にこ「駆け抜けるわよーっ、最後まで!」


穂乃果「よぉーーしっ、行っくよーー!!」



「μ's……!」


【Music……S・T・A・R・T!!】


──Wonderful Rush ルート END──
170: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/26(月) 01:36:18.54 ID:4wiTI1PW0
・蛇足で各学年分END追加
171: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/26(月) 01:37:22.33 ID:4wiTI1PW0
海未「見ましたかことり、今日のあの二人の様子を!」

海未「ベタベタイチャイチャ、しまいには痴話喧嘩まで……もう見ていられません!」

海未「あれほど釘を差しておいたというのに……間違いなくアレは、一線を……一線を……」ギリギリ

ことり「う、海未ちゃぁーん、落ち着いて……」

ことり「穂乃果ちゃんの幸せのために、そっと見守るって決めたじゃない」

海未「それはそうですが……」ムゥゥ

ことり「ね、海未ちゃん」モギュッ

海未「!?」

海未(こ、ことりの、穂乃果より推定2cmは胸囲で勝るバ、バストが押し付けられて……)

海未(何だか、癒されます……//)ホワァ

ことり「海未ちゃんにはことりが……ことりには海未ちゃんがいるんだよ?」

ことり「だから……慰めあおうよ……」ジィッ

海未「そ、そんな……穂乃果に失恋したからといって、ことりを代わりにするようなこと、私には……」

ことり「海未ちゃん」

ことり「おねがぁい……☆」スリスリ

海未「……!!」プツンッ

海未「ことり……ことりぃっ!」ガバーッ!

ことり「ああんっ♪」ヤンヤン♪
172: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 01:38:21.92 ID:4wiTI1PW0
チュッ……

花陽「んんっ!」ビクッ

チュッ……

凛「うひゃぁ!」ゾクッ

真姫「……ど、どう?分かった?」

花陽「ほ、ほんとに……」

凛「虫さされみたいな跡が付いてるにゃあ!」

真姫「こうやって唇を押し付けて吸引することで皮下に内出血が引き起こされ赤くなるの。口紅の跡とは別のもので……だから拭いても洗っても取れないのは当然ね、内出血が吸収されるまでは……//」カミノケクルクル

花陽(恥ずかしさを押し隠すために医学的説明を延々と続ける真姫ちゃんも可愛い♪)

凛(でも決定力不足すぎにゃ、ヘタレにゃ)

りんぱな((しょうがないなー))

凛「まーきちゃんっ!」

花陽「真姫ちゃん……♪」

ドサッ

真姫「きゃっ!?な、何するのよ二人とも!?」

凛「お礼に、真姫ちゃんにもつけてあげるにゃ、キスマーク☆」

真姫「ヴェェ!?べっ別に私はいいわよ!//」

花陽「遠慮しないで……ね?」

チュッチュッ チューッ チュパチュパ

真姫「ひっ、そんな……意味わかんな、ひゃぁぁぁぁんっ!?」ビクビク!
173: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 01:39:31.43 ID:4wiTI1PW0
希「なあ、さっきの……もっと近くでって、どれぐらい近くなん?//」

絵里「希ったら……」フフッ

希「そんなの、言わなくても分かってるでしょ?」

クイッ

チュッ…

のぞえり「んんっ……」

絵里(ハッピーエンドね……ハラショー!)

希(こんなスピリチュアルな終わりで、ええんかな……//)
174: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/26(月) 01:41:08.33 ID:4wiTI1PW0
・今度こそ終わりにこ

・レスくれたひとサンクス

・べっ別に全ルート書けって言ってくれたことには感謝してるんだからね

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「にこちゃんのチョロツンデレを攻略するよ!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「にこちゃんのチョロツンデレを攻略するよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。