穂乃果「海未ちゃんが頭を打っちゃった!」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ1
1: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:00:32.71 ID:3a0fAp9c0
アイドル研究部部室

ガチャ

絵里「遅れたわ」

海未「エリーチカぁぁぁ~~♪♪」ギュー

絵里「ひっ!」

海未「胸大きいチカぁ~~」もにゅもにゅ

絵里「ちょ、ちょっと海未!?どうしたのよ!?」

穂乃果「実はね・・・」

海未「・・・・・・」もみもみ

絵里「ちょっと揉むのやめなさい」

穂乃果「海未ちゃんが頭を打って性格が変わってしまったのです!」

絵里「ばかばかしい・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1382194832

元スレ: 穂乃果「海未ちゃんが頭を打っちゃった!」

スポンサーリンク
2: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:02:27.96 ID:3a0fAp9c0
穂乃果「でも本当なんだよ!」

絵里「あっ・・・海未にすっごいたんこぶができてるわ」サスサス

海未「なでなできもちぃですぅ・・・」

ことり「こんな海未ちゃん見た事ないよね」

ことり「まさか!これが素の海未ちゃんだったりして!」

絵里「その前に頭打って性格変わるっていう漫画みたいな展開につっこみなさいよ」

海未「漫画あんまり見た事ないからよくわかんないです~」サスサス

絵里「ちょ///そこはダメよ・・・///」

海未「ことりのほうが柔らかいような気がします~」

絵里「・・・・・・」

ことり「あ、あはは・・・」

絵里「ことりもこれやられたのね・・・」
3: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:06:11.91 ID:3a0fAp9c0
海未「閃きました!」書き書き

海未「ジャン!おっぱいランキング~!」パチパチ

1位ことり
2位花陽
3位絵里
4位穂乃果
5位凛

海未「ちなみにまだ暫定です~」

ことり「ぅぅぅぅぅ///」

花陽「に、二位・・・!」

穂乃果「穂乃果下位!?」

穂乃果「うわぁぁぁんん!どうすればランキング上がるの~!?」

凛「ビリなんてヤダ~!小さいのはしょうがないでしょ~!」

絵里「それどころじゃないでしょ」

絵里(ことりと花陽に負けた・・・大事なのは大きさだけではないのね・・・)

絵里「海未はいつからこうなの?」

穂乃果「朝から」

絵里「朝からこれに付き合ってたのね・・・」
4: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:07:05.89 ID:3a0fAp9c0
絵里「他の3人は調べないの?」

海未「だって・・・」

真姫「も、もしやったら許さないだから!」

にこ「何があっても断固としてお断りよ」

にこ(ビリになるのが怖いなんて言えない)

希「うちにやったらカウンター喰らうからな~」

ことり「真姫ちゃんの逃げっぷりには笑わせてもらっちゃった♪」

真姫「忘れて!///」

海未「真姫の触りたいですぅ・・・・」

絵里「協力しようかしら?」

海未「お願いします!」

真姫「ちょっとエリー!」
5: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:07:45.73 ID:3a0fAp9c0
真姫「いやぁぁぁぁ・・・離して!」

絵里「大丈夫よ。みんなやられてるのよ?」

真姫「そういう問題じゃないの!」

海未「いっただっきまーす!!」もみっ

真姫「きゃあああああ!!」

海未「う~ん・・・」もみもみ

海未「最下位」

真姫「喧嘩売ってるの!?」
6: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:08:43.66 ID:3a0fAp9c0
ことり「ほら真姫ちゃん、クッキーあげるから機嫌直して」

穂乃果「ほむまんもあげるから!消費期限過ぎた奴だけど・・・」

真姫「・・・何で消費期限過ぎた奴持ってきてんのよ・・・」

絵里「まぁ怒るのも無理ないわよね」

絵里「海未、しっかり真姫に謝りなさい」

海未「どうもすみませんでした!」(威嚇)

絵里「っ!」ビクッ

真姫「きぃぃぃぃぃ!!!もう許さないんだから!!」

真姫「喰らえ!真姫ちゃんパーンチ!!」

ことり「ほらほら真姫ちゃん落ち着いて」

凛「今のパンチ弱すぎだにゃ~・・・」

花陽「手を前に出しながら相手に向かって走った・・・」

希「アンパンマンみたいだったわ」
7: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:09:16.71 ID:3a0fAp9c0
海未「さて、次はにこの胸を揉みましょう」

にこ「ひっ!ちょ、ちょっと待ちなさい!」

海未「ふふふ・・・今度は逃がしませんよ!」

にこ「だ、誰か助けて!」

凛「ちょっと待っててー」

凛「・・・・・・」

にこ「助けなさいよ!」

海未「え~い!」スルッ

海未「な、なんて揉みづらいんでしょう!」

にこ「うるさ~い!///」
8: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:10:12.18 ID:3a0fAp9c0
海未「にこの胸は小さいですが触り心地はよかったです」

にこ「にこ・・・お嫁にいけない・・・」

海未「ベタなセリフは放っておきましょう」

海未「最後は・・・」チラッ

希「うちはいつでもオッケーや」

海未「希・・・その・・・手の動きは一体・・・」

希「揉み合うなら、オッケーや!」

海未「どうしましょう絵里・・・私が希をわしわししたら私までわしわしされてしまいます」

絵里「私に言われても・・・」

穂乃果「別に海未ちゃんも一緒に揉まれてもいいんじゃないかな?」

海未「さすが穂乃果です。その考えはありませんでした」

ことり「無かったの!?」

海未「では希。胸を揉み合いましょう」

希「なんや、調子狂うなぁ・・・」
9: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:10:46.69 ID:3a0fAp9c0
海未「の、希の胸は・・・あっ・・・///大きくて・・・んっ・・・///」

希「海未ちゃんは小さいけど良い素質だと思うよ」

海未「あんっ・・・///だ、弾力もあり・・・///」

絵里「・・・・・・」

絵里(エロイ・・・)
10: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:11:54.05 ID:3a0fAp9c0
海未「結果発表~!!」

1位ことり
2位花陽
3位絵里
4位穂乃果
5位希
6位にこ
7位凛
8位真姫

海未「個人的にはにこりんは小さすぎて他に圧倒されてしまったという印象ですね」

海未「ことりは2位と大差をつけての1位です。大きさ、弾力、全てにおいて他より勝っています」

海未「真姫はなんでしょう・・・もちろん良い胸だったのですが・・・」

海未「ちょっと違う感じがしました」

真姫「・・・イミワカンナイ・・・」プルプル

穂乃果「真姫ちゃん抑えて抑えて」

海未「真姫は胸のマッサージはしていますか?胸がほぐれていないという印象でした」

ことり「ことりも胸のマッサージはしてないけど・・・」
11: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:13:00.35 ID:3a0fAp9c0
海未「次は何をしましょうか・・・」

ことり「れ、練習は?」

海未「練習は毎日やってるから今日はやりません」

穂乃果「あの海未ちゃんからサボり宣言!」

海未「そうですね・・・エロトークでもしましょうか・・・」

穂乃果「あの海未ちゃんからえ、エロトーク宣言!///」

海未「皆さんは自慰のとき時間を掛けますか?それともすぐに絶頂を迎えますか?」

絵里「この際海未は無視して練習しましょうか?」

にこ「そうしましょう。もうこいつに付き合ってられないわ」

ことり「こ、ことりは・・・その・・・///」

ことり「ダメ!恥ずかしくって言えないよ・・・///」

絵里「い、言わなくていいのよことり・・・」

希(ことりちゃんってそういうことしてるんやな)
12: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:14:02.97 ID:3a0fAp9c0
絵里「ダンスの練習をしましょう」

海未「リズムは私が取ります」

絵里「で、できるの?」

海未「簡単です」

絵里「じゃ、じゃあ任せるわ」

海未「では逝きますよ皆さん!」

海未「こうやって・・・足を開いて・・・」騎乗位の形

海未「いちにっ!あんあんっ!」パンパン

絵里「はい中止中止!!」
13: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:14:45.98 ID:3a0fAp9c0
絵里「練習なんてできたもんじゃないわ・・・」

海未「っ!みんな!静かにしてください!」

穂乃果「どうしたの?」

海未「静かに歩いてください・・・」

穂乃果「?」トコトコ

・・・くちゅ・・・くちゅ・・・

海未「誰ですか濡らしてる人は!」

海未「あっ、私でした///」

にこ「こいつもうホントにダメになっちゃったのね」
14: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:15:45.44 ID:3a0fAp9c0
海未「穂乃果覚えてますか?ことりが留学する日の朝の講堂での会話」

穂乃果「うん、覚えてるよ」

海未「あの時は穂乃果はステージの上で、私はステージの下で会話していました」

海未「あの時、会話よりも穂乃果のパンツに集中していました」

穂乃果「も、もぅ!///海未ちゃんエッチ・・・」

海未「ことり、貴方はとても美しいです」

ことり「そ、そんなことないよ///」

海未「特に夏の薄着の日は最高です」

海未「あの谷間には人類の希望が詰まっています」

ことり「何言ってるの海未ちゃん///」
15: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:16:26.08 ID:3a0fAp9c0
海未「凛、私は貴方の泣き顔に興奮します」

海未「貴方が泣き虫で私はとても嬉しいです」

凛「海未ちゃん末期だにゃ」

海未「花陽、貴方は私よりも一つ歳が下です」

海未「それなのに私よりも全然胸が大きい・・・すばらしい事です」

花陽「そ、そんな・・・///」

海未「自分より年下の巨乳はくるものがあります」

花陽「だ、ダレカタスケテー・・・」
16: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:19:15.18 ID:3a0fAp9c0
海未「絵里、私は貴方のおっちょこちょいなところが好きです」

絵里「私は自分のそういう部分があまり好きではないのだけど」

海未「今度マシュマロと間違えて私の胸を揉んでも構いません」

絵里「貴方にはマシュマロと間違えるほどのものは付いているかしら?」

海未「なっ///せ、セクハラです!」

絵里「・・・よく言うわね・・・」

海未「希、私は貴方のおっぱいにしゃぶりつきたくて堪らない」

海未「母乳が出るようになったら教えてください。私は水分に困る事はなくなるでしょう」

希「牛のお乳しゃぶってればええんちゃう?」
17: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 00:20:05.39 ID:3a0fAp9c0
海未「にこ、私は貴方にはもう成長してほしくないです」

にこ「な、何でよ?」

海未「貴重なロリ枠が減ってしまいます」

にこ「にこ絶対に成長してみせる。絶対に」

海未「ラブアローシュート!バ~ン!」

海未「どうですか真姫?私の想い、受け取ってくれましたか?」

真姫「殺意しか湧かなかったわ」

海未「それはよかったです」にっこり

穂乃果「えっ?よくないよね?」

海未「さっきは失礼な事を言ってしまい申し訳ございません」

海未「貴方の胸が柔らかくなるよう、私も協力させていただきます」

真姫「なんてバカなのこの人・・・」
28: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:04:04.26 ID:3a0fAp9c0
海未「お菓子を作りましょう」

海未「ことりの家に移動です!」

ことり「急に決めるんだから・・・まぁいいけど」

ことりの家

キッチン

海未「ではことり、何を作りましょうか」

ことり「そうだな~・・・クッキーを作ろう!」

ことり「クッキーを焼いてる間にホットケーキも作っちゃおっか♪」

海未「いいですね!ではさっそく!」ガシッ

ことり「ひゃん!」

ことり「う、海未ちゃん!?何でことりのお尻掴んだの!?」

海未「生地をこねているのです!」

ことり「それ生地じゃなくてことりのお尻!」
29: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:04:53.12 ID:3a0fAp9c0
海未「ではこちらですか?」胸もみっ

ことり「もう海未ちゃん!///」

ことり「海未ちゃんはそこで大人しくしてて!」

海未「わかりました」

ことり「もぅ・・・電車の痴漢レベルだよ・・・///」

海未「なっ!?貴方痴漢された事あるんですか!?」

ことり「いや、ないけどこんな感じなんだろうなとは想像できたよ」
30: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:06:15.73 ID:3a0fAp9c0
ことり「ふんふ~ん♪」シャカシャカ

ことり「あれっ?海未ちゃんどこ行った?」

海未「ここです」真下

ことり「ひゃっ!」

海未「お約束でいちごパンツですね」

ことり「・・・顔・・・踏むよ?」

海未「ご褒美です」

ことり「早く離れて!」
31: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:07:15.78 ID:3a0fAp9c0
ことり「全くもう・・・」シャカシャカ

ことり「海未ちゃん、冷蔵庫から牛乳取って」

海未「わかりました」ガチャ バタン

海未「・・・・・・」

海未「ごくっごくっごくっごきゅ」

ことり「海未ちゃん!何で飲んじゃったの!?」

海未「はぁはぁ・・・ことり、この牛乳・・・げふっ・・・空です」

ことり「今海未ちゃん全部飲んじゃったからね」

ことり「もぉ~どうしてくれるのぉ~?」><

海未「解決策は二つ・・・げふっ・・・あります」
32: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:08:19.64 ID:3a0fAp9c0
海未「まず一つ目、これはあまりオススメできませんが・・・」

海未「私が吐けば牛乳は戻ってきます」

ことり「さすがにそこまでレベル高くないよ」

海未「そうですね・・・ちょっと酸っぱくなってしまうかもしれません」

ことり「そういうことじゃなくってね」

海未「二つ目、ことりの母乳で補います」

ことり「・・・・・・」

ことり「海未ちゃん、欲しいのは牛乳であって母乳じゃないよ」

海未「似たようなものです」

ことり「似てるけど違うよ!」

海未「スーパーにたくさん母乳あるじゃないですか」

ことり「母乳と牛乳の違いわかってる?」
33: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:09:44.85 ID:3a0fAp9c0
ことり「とにかく!早く買ってきて!」

海未「えぇ~いやです~」

ことり「何で自分が原因なのに駄々こねるの・・・」

海未「ことりの母乳なら今すぐ出せるじゃないですか~」

ことり「・・・言っておくけどことりまだ母乳でないからね」

海未「なっ!!!?!?!?!?!?」

海未「何てことですか!!?ことりのおっぱいだけで一年間の目標が達成できません!!」

ことり「そんなことしようとしてたの!?」

ことり「っていうかおっぱいでたらそれは結構問題だよ」

海未「くそっ・・・くそっ・・・!」ダン!ダン!

ことり「床叩かないで」
34: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:11:26.61 ID:3a0fAp9c0
海未「買って来ました」

ことり「ご苦労様♪海未ちゃんのせいだけど」

ことり「・・・・・・」

ことり「海未ちゃん・・・なにこれ」

海未「飲むヨーグルトです」

ことり「・・・牛乳買ってきてよ」

海未「ごめんなさい」パクパク

ことり「酢だこさん太郎食べるのやめて!」

海未「100円越してないから大丈夫です」

ことり「子供じゃないんだから・・・」

ことり「あれっ?酢だこさん太郎12個あるけど」

海未「ローソンなら一つ9円で買えるんです」

ことり「そういえばそうだったね・・・」

ことり「9円が12個って108円だよね?」

海未「・・・・・・ニコ♪」にっこり

ことり「ニコじゃないよ」
35: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:12:31.57 ID:3a0fAp9c0
ことり「クッキー焼いてっと・・・」

ことり「ホットケーキを作ります♪」

海未「何か手伝える事があれば言ってください」

ことり「海未ちゃんはそこでじっとしてて」シャカシャカ

海未「わ、わかりました・・・」

ことり「・・・・・・」シャカシャカ

海未「あぁ・・・私はダメな人間です・・・」

海未「ことりの手伝いもできず、むしろ邪魔ばかりしてしまう・・・」

海未「私は何もできない、どうしようもない人間です・・・」

海未「はぁ・・・」

ことり(こっちが溜め息したいよ・・・)
36: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:13:53.20 ID:3a0fAp9c0
ことり「じゃあ海未ちゃん、ホットケーキシロップ出して」

ことり(さすがにシロップを飲み干すような事はしないでしょ)

海未「シロップですね。わかりました」

ことり(放っとこう)クルッ ポンッ

ジュー クチュ アッ・・・ クチュクチュ

ことり「?」バッ

海未「こ、ことりぃ・・・///」クチュクチュ

ことり「何やってるの海未ちゃーん!!?///」

海未「し、シロップを・・・///」

ことり「それシロップじゃない!」

ことり「今すぐシャワー浴びてきて!」

海未「で、ですがシロップが・・・」

ことり「いいから早く!」

海未「わ、わかりました・・・」

ことり「もう・・・海未ちゃんってば・・・」

ことり(・・・濡れてきちゃった・・・///)
37: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:16:41.36 ID:3a0fAp9c0
シャワー

海未「・・・・・・」

海未「昨日は5分耐久出来ました」

海未「一昨日は4分、その前は3分」

海未「そう、私は日々1分ずつ耐久度が増しているのです」

海未「今日は6分耐久を目指し頑張りましょうか」

キュッキュッ

ジャーー!!

海未「いざっ!」ジャーー!!

海未「あうぅぅぅぅぅんんん///」

海未「こ、ことりの家のシャワー!私の家のより威力が高いです!」

海未「こ、このままじゃあ・・・!6分も耐え切れません!///」

海未「こ、このシャワー・・・回すと水の出方が変わる奴です!」カチカチ

ストレート

海未「あああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!//////」
38: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:17:43.73 ID:3a0fAp9c0
ことり「海未ちゃ~ん?ちょっとお湯強く出し過ぎてない?」

ことり「水道代とか高くなっちゃうからなるべく控えてくれる?」

海未「何を言うんですかことり!今控えさせたら最高の絶頂を迎えられません!」

ことり「・・・やめて、今すぐやめて」

海未「あああぁぁぁぁ//////」ビクビク

海未「し、修行が足りません・・・この私がたった3分で・・・///」

ことり「・・・終わったんならいいや」
39: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:18:45.86 ID:3a0fAp9c0
海未「シャワー、気持ちよかったです。性的な意味で」

ことり「最後のいらないから」

ことり「ホットケーキあと一つだから、これ運んじゃうね」

ことり「海未ちゃんは今焼いてるホットケーキ見といてくれる?」

海未「わかりました」

ことり「みんなおまたせ~」トコトコ

海未「ホットケーキを見とく、ですか・・・」

海未「・・・・・・」ジーッ

海未「ぷつぷつしています・・・乳首も拡大すればこんな感じなのでしょうか・・・」
40: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:19:44.17 ID:3a0fAp9c0
海未「そろそろ焼きあがるんじゃないでしょうか?」

海未「ことりまだですか・・・?このままでは焦げてしまいます」

海未「こ、焦げたら大変です!食べ物が無駄になってしまいます!」

海未「ど、どうしようどうしよう!ことり!」

海未「いっそ私が・・・いえ、ダメです!見ろとしか言われていません!」

海未「あ~んもうどうすれば!?」

海未「角オナをしましょう!」

海未「あっ・・・あっ・・・ステンレス、冷たいです・・・///」スリスリ

ことり「海未ちゃ~ん?そろそろ焼けたかな?」

ことり「って何やってるの海未ちゃん!?///」
41: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:20:43.84 ID:3a0fAp9c0
ことり「それっ!」クルッ ポンッ

ことり「うん♪ちょうど良い焼き色だね♪」

ことり「・・・・・・何やってるの海未ちゃん」

海未「だって、ことりが綺麗にしろと・・・」ペロペロ

ことり「・・・舐めても綺麗にならないと思うけど」

海未「私、便器ならいつも舐めて掃除していますので」

ことり「嘘でしょ!?」

ことり「あの・・・水で綺麗にして」

海未「わかりました」ジャー
42: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:21:34.49 ID:3a0fAp9c0
ことり「クッキーも焼けてホットケーキも全員分作りました!」

ことり「では皆さん食べましょうか♪」

9人「いただきまーす!」

穂乃果「ことりちゃんシロップ取って」

ことり「はいどうぞ♪」

穂乃果「ありがと~♪」

海未「真姫、シロップかけて下さい」

真姫「えっ?シロップなら今穂乃果が持ってるけど」

海未「今日は穂乃果のではなく真姫の気分なんです」

真姫「???」

ことり「無視していいよ真姫ちゃん」
43: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:22:28.26 ID:3a0fAp9c0
海未「真姫のがぁ!真姫のシロップがいいですぅ~!」

真姫「わ、わかったわよ。どうすればいいの?」

海未「本当ですか!?じゃあ早く!」

真姫「早くって言われても・・・」

海未「真姫の膣から出た濃厚愛液シロップを早く堪能したいです!」

真姫「へ、変態!///」

絵里「真姫のシロップってそういうことだったのね・・・」

ことり「だから無視していいって言ったでしょ?」
44: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:23:39.92 ID:3a0fAp9c0
絵里(いい加減どうにかしないとみんな困ってるわよね)

絵里(どうにかして海未を戻す方法を考えましょう)

絵里「海未、ちょっと頭触らせてくれる?」

海未「嫌です」

絵里「えっ・・・あの・・・」

海未「亜里沙になら触られてもいいです」

絵里「あ、亜里沙?」

海未「穂乃果、雪穂を連れてきてください」

穂乃果「なんで?」

海未「ゆきありのおっぱい格付けをします」

海未「ことり、ことりママは?」

ことり「今日は出張でいないけど」

海未「そうですか・・・ことりママのおっぱいはことりをも超える最高級なイメージなのですが・・・」

ことり「絶対に今の海未ちゃんにお母さんは会わせないからね」
45: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:25:12.48 ID:3a0fAp9c0
海未「真姫、胸を揉ませてください」

真姫「絶対に嫌」

海未「どうかこの通りです!」土下座

真姫「みんなどうしよう・・・私標的にされちゃったのかな?」ウルウル

凛「真姫ちゃん可哀想・・・」

花陽「ダレカタスケテアゲテー」

希「にこっち助けてあげれば?」

にこ「な、何でにこなのよ!」

希「だって彼女が変態に襲われるピンチやで?」

にこ「か、彼女じゃないもん」

真姫「にこちゃんたすけて~」ギュー

にこ「ま、真姫ちゃん///」

にこ(こんな弱気な真姫ちゃん初めて見た・・・)

にこ「・・・しょうがないわね~」
46: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:26:09.78 ID:3a0fAp9c0
にこ「海未、あんたの相手はこの私よ」

海未「わかりました。では今日はにこの家に泊まります」

にこ「ええっ!?泊まるの!?」

海未「はい。雪穂と亜里沙も連れて行きます」

海未「あの二人なら喜んで賛成するでしょう」

にこ「ま、待って!うちに泊まっても何もないわよ!」

海未「なるほど・・・いつでも海未色に染め上げる事が出来るという事ですね」

にこ「ちっがーう!」

海未「にことは初めて会った時から何か縁を感じるんです」

にこ「誰か助けてー!」

凛「ちょっと待っててー」

凛「・・・・・・」

にこ「あんたねぇ!」
47: ネフィリム@ことまき 2013/10/20(日) 13:28:41.11 ID:3a0fAp9c0
海未「にこの家では何をしましょうか・・・」

海未「にこに亜里沙に雪穂、ロリロリパーリーの開幕ですね」

海未「皆さんの知恵を貸してください」


やって欲しい事、レスをお願いします
61: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 20:55:22.75 ID:bEaTDSr/0
ピンポーン

にこ「はぁ・・・憂鬱だわ・・・」ガチャ

海未「雪穂、意外と大きいのですね」

雪穂「な、何の話?」

海未「おっぱいです」

亜里沙「海未さん、大きいおっぱいが好きなんですか?」

海未「大きさだけではありません。柔らかさ、弾力、形、様々な要因を全て詰めて評価します」

亜里沙「わ、私のも評価してくれますか?」

海未「良いでしょう」

にこ「あんた達・・・隣に聞こえたらどうするのよ・・・」

海未「おじゃましますにこ」

ゆきあり「おじゃましまーす」
62: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 20:56:24.02 ID:bEaTDSr/0
海未「・・・・・・」サワサワ

亜里沙「ひゃっ!う、海未さん?」

海未「ぐふふ・・・良い触り心地です」

亜里沙「そ、そこはおっぱいじゃなくてお尻ですよ~」

海未「あら、私ったらうっかり」

うみあり「あはははは」

にこ「えっ?そういう問題なの?」

雪穂(お姉ちゃんの言ったとおりだ・・・海未ちゃんがおかしい・・・)

雪穂(みんなが危険になったら助けてあげてって言われたけど・・・もう助けたほうがいいのかな?)

海未「雪穂!」

雪穂「な、何?海未ちゃん」

海未「ブボボボボ・・・」

雪穂「・・・・・・なにそれ」

海未「鮭のマネです」

雪穂(海未ちゃんってこんなに表情豊かだったのか・・・)
63: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 20:57:12.82 ID:bEaTDSr/0
にこ「さ~て何をしましょうか」

海未「にこまきについて熱く語りましょう」

にこ「おっ!さすが!腐っても海未ちゃんだね♪」

海未「にこまきと言うのはμ'sの矢澤にこと西木野真姫のカップリングの事を言います始まりはいつでしょうか1stシングル僕らのLIVE 君とのLIFEのPVで一緒に作業をしているシーンがあります発端はそこかもしれませんその頃からあの二人怪しくないかとメンバーやファンの間で噂になっていて4thシングルもぎゅっと”love”で接近中!のPVではとうとう真姫がにこにバレンタインチョコを渡すシーンがありましたあれは恐らく友チョコではなく本命チョコだと私は思っておりますラブライブ!がアニメ化し大注目される事になるとアニメでも多少にこまきシーンがあり様々な絵や書物などでにこまきが注目される事になりましたメンバーでカップリングを組むときはとりあえずビールの勢いでとりあえずにこまきとりんぱなという王道カップリングに確立しましたなぜ二人がこう注目されるのでしょうか二人ともぼっち気味や素直じゃないなど共通点があり

海未「ぜぇ・・・ぜぇ・・・」

にこ「あ、ありがとう・・・嬉しいよ・・・」

雪穂(うわぁ・・・)

亜里沙「だ、大丈夫ですか海未さん?」

海未「ありがとうございます亜里沙・・・お尻触ってもいいですか?」

亜里沙「えっ///は、恥ずかしいけどいいです///」

雪穂「ダメです!」
64: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 20:57:51.62 ID:bEaTDSr/0
海未「にこまきを熱く語りすぎて疲れました。お風呂に入ってもいいですか?」

にこ「い、いいわよ・・・」

亜里沙「私も一緒に入っていいですか?」

海未「ぐふふ・・・いいですよ、一緒に入りましょう」

亜里沙「やった!」

雪穂「・・・私も一緒に入るね」

にこ「にこは絶対にいや」
65: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 20:58:34.15 ID:bEaTDSr/0
脱衣所

亜里沙「よいしょ・・・」ヌギヌギ

海未「亜里沙!脱いではいけません!」

亜里沙「えっ?何でですか?」

海未「亜里沙も雪穂も私が脱がせます」

雪穂「何言ってるの海未ちゃん!」

海未「私の家のしきたりです」

雪穂「そんなしきたりないよ!」

亜里沙「わ、私は・・・海未さんになら///」

雪穂「亜里沙もその気になってどうするの!」
66: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 20:59:32.69 ID:bEaTDSr/0
ガラガラ

海未「雪穂!!!」

雪穂「ひっ!何!?」

海未「タオルなんか巻いてるんじゃありません!」ガシッ

雪穂「や、やめて海未ちゃん!きゃぁぁ~///」

海未「うん!そろそろ谷間ができそうな発展途上のおっぱいです!最高です!」

雪穂「へ、変態!」

亜里沙「う、海未さん・・・」

亜里沙「おっぱいが好きな海未さんも好きです!」

雪穂「どうして幻滅しないの亜里沙!」
67: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:00:45.37 ID:bEaTDSr/0
海未「亜里沙、髪を洗いましょう」

亜里沙「わかりました!」

亜里沙「えへへ、嬉しいな~・・・憧れの海未さんに髪の毛を洗ってもらえるなんて・・・」

海未「・・・・・・」ジーッ

海未「」サワサワ

亜里沙「海未さん?」

海未「まるで赤子のようなすばらしい身体です」

海未「余計な毛も生えてないようです。なんとすばらしいのでしょうか」

亜里沙「う、海未さんくすぐったいです」

海未「感度も良好です」

海未「ああ・・・まるで天国に近い場所にいるかのような気分です」

雪穂「海未ちゃん亜里沙に変な事しないでください」ジーッ

海未「雪穂、洗剤は使わなくて結構ですから私の背中を舌で綺麗に洗ってください」

雪穂「それ逆に汚れます」

海未「雪穂のなら綺麗になります」

雪穂「きもちわるい・・・」
68: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:01:22.87 ID:bEaTDSr/0
海未「あがりました」

亜里沙「ドキドキしました///」

雪穂「疲れました・・・」

海未「真姫ぃぃぃぃ!!!!なぜ貴方がここに!!???」

にこ「あんたうっさい」

真姫「べ、別にいいでしょ」

真姫(私の身代わりになったにこちゃんを放っておけない)

絵里「私もいるわ」

海未「あっ、絵里は本当にいらないです」

絵里「ぇっ・・・」シュン
69: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:02:33.36 ID:bEaTDSr/0
海未「夕飯にしましょう」

にこ「にこの手料理には期待しておきなさいよー!」

絵里「私も手伝うわ」

海未「やめてください」

絵里「えっ・・・あの・・・」

海未「亜里沙が手伝うのならいいです」

亜里沙「じ、じゃあ私が手伝います・・・」

絵里「あの海未・・・私海未に何か怒らせるような事したかしら・・・?」

海未「いえ、してません」

絵里「じゃあ何で私に冷たいの?」

海未「はぁ~」

絵里「?」

海未「温かくなかったですか?」

絵里「貴方本当におかしくなったわね」
70: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:03:31.93 ID:bEaTDSr/0
えりまきあり「・・・・・・」

海未「はぁ・・・なぜロリ成分がこんなに減ってしまったのでしょう」

にこ「料理できたわよ」

海未「よく考えてみればにこも私よりババアじゃないですか」

真姫「に、にこちゃん抑えて抑えて」どうどう

海未「仕方ありません。にこを襲いましょう」

にこ「はっ?」

海未「にこー!」ギュー

にこ「な!?何のつもりよ!」

海未「チューチューチュー!」

にこ「いやあああああああ!!!」
71: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:05:06.87 ID:bEaTDSr/0
真姫「うm」

雪穂「海未ちゃん!!」

雪穂「にこさんを襲いたければ私を倒してからだよ!」

にこ「雪穂ちゃん!」パァ~

海未「そうですか・・・ならば勝負です雪穂!」

海未「やきゅうをす~るなら~、なんちゃらかんちゃらたたたんたーん」よっ!よっ!

海未「アウト!」

海未「セーフ!」

海未「よよいのよい!」グー

雪穂「・・・・・・」

海未「雪穂出してません!反則です!雪穂反則負け!」

海未「いぇ~い脱げ脱げ~!」

雪穂「どうしたらいいんでしょうか」
72: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:06:25.49 ID:bEaTDSr/0
海未「雪穂、脱ぎたくないんですか?」

雪穂「も、もちろん嫌だよ・・・」

海未「では代わりに誰かに脱いでもらわなければなりませんね」チラッ

真姫「・・・何でこっち見るのよ・・・」

海未「来年には貴方の後輩になる人間が困っているんですよ?」

海未「後輩を助けるのが先輩の役目です」

真姫「なら貴方が脱ぎなさいよ」

海未「その手がありました」ポンッ

海未「ん・・・しょ・・・」ヌギヌギ

海未「じゃじゃーん!『ノーブラ』ンドガールズ!」

亜里沙「う、海未さん///」

真姫「あんたノーブラだったの・・・?」

海未「ノーブラでありノーパンでもあります」

にこ「最初から脱ぐところないじゃない!」

海未「いえ、二箇所ありますが・・・」

にこ「局部見えちゃダメでしょ!」
73: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:07:04.52 ID:bEaTDSr/0
海未「はぁ・・・真姫、私の悩みを聞いてください・・・」

真姫「その前に脱いだ服を着なさいよ」

海未「私、最近オナニーに飽きてしまったのです・・・」

海未「自分の手ではなく人の手で絶頂を迎えたいのですが・・・手伝ってくれませんか?」

真姫「エリー助けて」うわーん

絵里「わ、私が手伝ってあげましょうか?」

海未「お断りします!」

絵里「エリチカお家に帰る・・・」シュン
74: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:08:03.20 ID:bEaTDSr/0
海未「真姫のオナニー方法を教えてください」

真姫「どうしていつも私が標的になるのかな?」ウルウル

海未「何ですって!メスを使ってしてるんですか!?なんとレベルの高い!」

真姫「してないわよ!にこちゃんのことを想いながら手でしてるの!」

にこ「な゛っ!!?///」

真姫「あっ///」

海未「やっと真姫が自爆しました。次の標的は誰にしましょうか」

絵里「海未、私のやり方教えてあげましょうか?///」

海未「いえ、興味ないです」

絵里「」シュン

海未「ロシア人のセフレを紹介してくれるなら聞いてもいいでしょう」

絵里「何でいる前提になってるのかしら?」
75: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:08:49.40 ID:bEaTDSr/0
海未「雪穂はどうですか?穂乃果のことを考えてしてるんですか?」

雪穂「そ、そんなわけないでしょ!///」

海未「じゃあまさか私のことを考えて///」

雪穂「うっ・・・あの・・・///」

海未「あ、あれ?」

海未「ジョークのつもりだったのですが・・・まんざらでもないような反応が・・・」

雪穂「し、正直、今日の海未ちゃんには幻滅しました///」

雪穂「私は大和撫子でかっこいい海未ちゃんなら好きです///」

海未「なるほど・・・難しい事をいいますね・・・」

雪穂「頭を打ってからの海未ちゃんは嫌いです」

海未「うっ・・・」グサッ

海未「雪穂が・・・私のことが嫌いだと・・・」

雪穂「海未ちゃん・・・お願い!元に戻って!」
76: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:25:46.69 ID:bEaTDSr/0
海未「終わらない・・・パーティ・・・」

海未「エンドレスパーティ・・・」

雪穂「えっ?」

海未「雪穂・・・貴方に身を任せます・・・」

海未「エンドレズパーリィ!」ガスッ

亜里沙「う、海未さん!」

絵里「海未!大変!頭から血が出てる!」

雪穂「海未ちゃん!なんてバカな事を・・・」

海未「うぅぅぅぅんん・・・あれ?皆さん・・・」

雪穂「海未ちゃん!大丈夫!?」

海未「あれ?ここは・・・?私はいったい・・・」

絵里「頭クラクラしない?」

海未「絵里?そんなに心配そうな顔をして・・・どうしたんですか?」ナデナデ

絵里「う、海未が撫でてくれた///」

海未「い、嫌でした?」

絵里「いつものやさしい海未が帰ってきてくれた!」ギュー

海未「ち、ちょっと絵里!」
77: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:26:46.90 ID:bEaTDSr/0
雪穂「治ったんですか?海未ちゃん」

絵里「恐らくね。一安心だわ」

海未「あれ・・・わたし・・・///」

海未「ぁぁぁぁ・・・今までの私はなぜあんな事を・・・」

亜里沙「記憶はあるみたいだね」

海未「自殺します。皆さん邪魔しないでください」

絵里「だ、ダメよ海未!」

海未「放してくださいもう私は死ぬ以外人生に選択肢がないということはわかっています」

絵里「確かにそうかもしれないけど!死ぬなんてもっとダメよ!」

海未「私を殺して私を殺して」

雪穂「エンドレズパーティー・・・」

海未「許してください雪穂本当にごめんなさい死んで償いますから」

雪穂「エンドレズパーティー!始まるよ!」

海未「はっ?」

イ、イクーー! ニコチャ・・・ダメ・・・ ア、アリサ・・・
78: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:29:16.59 ID:bEaTDSr/0
1時間後

海未「おっぱいカーニバル 開幕だ」

雪穂「戻っちゃったし」


終わり
80: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:39:46.33 ID:bEaTDSr/0
小ネタ

海未「はす・・・はす・・・」

穂乃果「う、海未ちゃん・・・?何してるの・・・?///」

海未「穂乃果のお尻の臭いを嗅いでいるのですが・・・」

穂乃果「そうじゃなくて・・・なんでそんなことを?」

海未「良い匂いだからです」

穂乃果「そ、そうなの・・・?」

海未「はい。とても」

穂乃果「そ、そっか・・・」

海未「はす・・・はす・・・」

真姫「嫌がりなさいよ穂乃果」
81: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:44:51.59 ID:bEaTDSr/0
海未「私昨日パンチラを見ました」

絵里「誰の?」

海未「知らない人のです」

海未「あれはダメなパンツでした」

海未「柄はなんとアメリカの国旗!だっさい!」

海未「普段なら『眼福眼福』と思いずーっとパンツに集中するのですが・・・」

海未「あれはダメパンです。あんなもの女の子が履いちゃいけません」

海未「パンチラで興奮しなかったのは初めてです」

海未「パンチラで殺意が湧いたのは初めてです」

海未「もしもあのパンツが真っ白かピンクあたりだったら私は今頃オナネタにしていたでしょう」

海未「女の子がアメリカの国旗のパンツを履いてはいけません」

海未「皆さんわかりましたか?」
82: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:48:30.08 ID:bEaTDSr/0
海未「はぁ・・・」

ことり「海未ちゃんどうしたの?」

海未「最近流行っているあのズボンはなんなのですか?」

海未「花柄・・・茶色・・・おばあちゃんですか」

海未「間違ったファッションセンスが流行になると辛いですよね」

凛「でも海未ちゃんの私服もちょっとダサくない?」

海未「そ、そんな!」

海未「私は私が一番可愛いと思った服装をしていたのですが」

凛「でもおばあちゃんの服よりマシにゃ!」

海未「あれより『マシ』程度ですか・・・ちょっとショックです・・・」
83: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:49:04.58 ID:bEaTDSr/0
海未「真姫のパンチラが見たいです」

真姫「だれかたすけてー」
84: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:55:26.64 ID:bEaTDSr/0
穂乃果「みんな夏と冬どっちが好き?」

凛「う~ん・・・夏はプールが楽しいし冬は雪が大好きだし・・・」

花陽「どの季節もおいしいご飯食べられるし・・・」

真姫「どっちでもいい」

ことり「そうだな~・・・夏にコスプレすると暑い事もあるし・・・」

絵里「私は冬かしら。夏の暑いのは嫌になるのよね・・・」

希「うちも冬かな?おっぱいに汗溜まるのいやなんよ」

にこ「どっちでもにこの可愛さのアピールはできるわね・・・」

海未「着るエロさと着ないエロさですか・・・迷います」
85: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 21:57:32.41 ID:bEaTDSr/0
海未「私、おっぱいとお尻どっちを前面に出して活動すればオナネタにされると思いますか?」

真姫(どっちも微妙ね・・・)

にこ(オナネタにされたいの?こいつ)
86: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 22:00:40.03 ID:bEaTDSr/0
海未「私が小学生の頃、ことりのブラチラを見ました」

海未「あれはまだ私にブラは無縁だった頃です」

海未「草むしりをして屈んでいることりの服から見えるブラ・・・」

海未「至高です」

海未「というわけでことり。再現してください」

ことり「えっ・・・あのぉ・・・」
87: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 22:04:06.95 ID:bEaTDSr/0
絵里「海未、『いっぱい』の『い』を『お』に変えると?」

海未「おっぱお」

絵里「あっ、そこはおっぱいじゃないのね」
88: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 22:12:05.41 ID:bEaTDSr/0
海未「ことまきというのはμ'sの南ことりと西木野真姫のカップリングの事をいいますとてもマイナーなカップリングであり果たして支持をしているラブライバーは二桁いるかいないか程度と思われます私個人的にはとても大好きなカップリングでありいくつものことまきSSを自作し投稿してきましたですがやはりこの板では他人の書き込みも少なくまとめサイトにもなかなか取り上げられず他人の評価を受ける事が少なく困っています他人の投稿したことまき絵もことり誕生日の食べさせてくださいの奴しか知りません昔からことまき流行って欲しいといい続けていますが果たしてそれはいつになるのでしょうか誰か他にことまき好きの人はいませんか?具体的な好きな理由を言えとはいいませんただ私もことまきが好きですと言ってくれるだけで私にとってとても嬉しい報告なのです王道とまでは行きませんしことまきが一番でなくてもいいですから好きだ絵を描いてしまおうという意志の方はいませんか?私はそんな人を陰ながら応援していきましょう」
89: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 22:16:36.75 ID:bEaTDSr/0
海未「ことり。貴方にはいずれ空を飛んで欲しいと私は思っています」

ことり「わぁ~♪ことりも空飛んでみたいな~♪」

海未「下からパンチラを見る為に私は陸を駆け抜けます」

ことり「それだったら別に空飛ばなくても見てるじゃん」
90: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 22:21:01.57 ID:bEaTDSr/0
海未「真姫。クリーニングと10回言ってください」

真姫「えぇ・・・」

真姫「クリーニングクリーニング・・・クリーニング!」

海未「う~ん・・・クリトリスと言い間違えませんでしたか・・・」

真姫「言い間違える訳ないでしょ!」

海未「私昨日1回目で思わずクリトリスと言ってしまって・・・」

真姫「ありえないわ」
91: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 22:23:52.47 ID:bEaTDSr/0
海未「今日は英語の時間に外国の方が来て授業をしてくれました」

海未「その方が凄かったのです」

海未「セックスセックス連呼していました」

絵里「事実はどうなの?」

ことり「シックスを連呼していました」
92: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 22:26:58.96 ID:bEaTDSr/0
海未「はぁ・・・」

ことり「海未ちゃん何かお悩み?」

海未「なぜチブアイブなんて販売してしまったのでしょうか・・・」

ことり「あぁ~・・・海未ちゃん嫌だった?」

海未「当然です・・・あんな汚らわしいもの・・・」

ことり「でもしょうがないよ」

海未「なぜチブバイブにしなかったのでしょうか・・・」

ことり「それも十分汚らわしいよ」

海未「男性なんてどうでもいいのです!なぜ女性用のおもちゃを出さなかったのですか!」
93: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 22:36:27.67 ID:bEaTDSr/0
穂乃果「わぁ~絵里ちゃんなにこれ!?すっごーい!」

絵里「タブレットって奴ね。値は張ったけど結構便利なのよ」

穂乃果「すっごいな~・・・穂乃果にはこんなの扱えそうもないよ~」

穂乃果「絵里ちゃんってこういうの強いよね」

絵里「そうね。なんというか、こういう大人のおもちゃみたいなのは結構興味あるわ」

海未「大人のおもちゃに興味があるですって!?」

絵里「え、ええ。海未はそういうのには無縁なイメージね」

海未「何を言うんですか。私だって大人のおもちゃの一つや二つは持っています」

絵里「あら以外ね。どんな奴持ってるの?」

海未「小さいものから大きいものまで」

絵里(スマホやデスクトップPCも持ってるってことかしら?)

海未「でも最近はそれでも飽き足らず、やはり人の手を借りるのが一番だと思うようになったのです」

絵里「そうね。時と場合によっては人のほうが詳しい事もあるかもしれないけど」

海未「でも相手がなかなか同意してくれないのです」

絵里「そうなの?その人は持っていない知識に関する情報かしら?」

海未「最近は近所の野良猫に舐めさせています」

絵里「近所の野良猫は話す事もできないでしょ・・・んっ?舐めさせるって?」

海未「あの野良猫・・・あいつのせいで胸に爪痕が残ってしまいました」

絵里「海未は何の話をしているの?」

海未「動物で性欲処理をしようとする話です」

絵里「どうしてこうなったのかしら・・・」
94: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 22:41:22.53 ID:bEaTDSr/0
海未「希と一日くらい体を入れ替えてみたいです」

希「ふ~ん、どうして?」

海未「胸がでかいとオナニーが捗りそうだからです」

希「しらんがな」
95: ことまき推しな学院生 2013/10/21(月) 22:45:23.87 ID:bEaTDSr/0
海未「最後に、ことまきを改めて宣伝して終わりにします。おっぱい」

海未「レスしてくれた方、ありがとうございました。おっぱい」

海未「ちなみに名前欄はスクフェスの名前です。もしかしたら私をスクフェスで見たことある人いるかもしれませんね。おっぱい」

海未「読んでいただきありがとうございました。おっぱい」









海未「はぁ・・・なぜ私には胸がないのでしょうか・・・おっぱい」

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「海未ちゃんが頭を打っちゃった!」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「海未ちゃんが頭を打っちゃった!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。