海未「アレの日が来てしまいました…」

シェアする

海未-アイキャッチ22
1: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 07:33:10.30 ID:3fkHsFOS.net
穂乃果「うぅ…」

海未「大丈夫ですか?お薬持ってますけど飲みますか?」

穂乃果「もう飲んでる…うぅー…」

海未「飲んでいてその状況ですか…」

ことり「結構辛いなら保健室行く?大丈夫?」

穂乃果「大丈夫…」

ことり「ハノケチェン…」

海未「相変わらず穂乃果は重くて大変ですね、日頃の元気さがウソのようです」

穂乃果「穂乃果今赤ちゃんとか全然いらないのにこんな機能いらないよ…こんな痛いだけの部分切り取りたい…」

ことり「そんな事言っちゃいけません!そこは将来(ことりとの間に)産まれる赤ちゃんのふかふかベッドになるところなんだよ?万全の準備でいつも綺麗にしておかないとダメ!」

穂乃果「うぅ…そんな事言っても…痛いもん…」

海未(海未は大人しくて妙に気だるい穂乃果も好きだにゃ…//////)





穂乃果ちゃんの生理が重かったらちょっと興奮しません?

元スレ: 海未「アレの日が来てしまいました…」

スポンサーリンク
29: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 12:24:58.38 ID:AaB/4ZvZ.net
穂乃果「うぅっ…」

真姫「ほ、ほのかぁ…さっきあげたクスリ効かない?」

穂乃果「まぎちゃぁあん」グスッ

真姫「ナカナイデ…ホノカ…」ナデ…

穂乃果「クゥーン…」ポロポロ


真姫「ど、どうしたら…もう早退した方がいいんじゃ…」オロオロ



絵里「まったく…どうやら私の出番のようね」

真姫「エリー?!」

絵里「西洋医学なんかに頼ってるからそうなるのよ。おばあさまの国ロシアはユーラシア大陸を西から東まで統べるのよ…任せなさい」

真姫「くっ…」
31: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 14:58:25.61 ID:PhFj5jEX.net
絵里「穂乃果苦しい?ほら泣かないの」

穂乃果「ぅえ、絵里ちゃん…」

絵里「……」ゴソゴソ

穂乃果「絵里ちゃん…なにしてるの?」

絵里「なにってナニよ」サスサス

穂乃果「スカートめくらないでぇ…」

真姫「ちょっとエリー!嫌がってるじゃないの!」

絵里「ヤブは黙っていなさい。これは歴とした医療行為よ」

真姫「なっ…!?」


絵里「今私が押しているのは『気海』というツボ…場所はおへそのちょうど指2本分下のところね」グッグッ

穂乃果「ぁ……ぁあっ」ガクガク

真姫「パ…パン、…ッ、しっ下着に手が入ってるじゃない!///」

絵里「いやここが一番効くのよ!どう!穂乃果!?」グッグッグッグッグッグッ

穂乃果(やっ…声…でちゃう…っ)ハフッハー
37: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 15:26:55.74 ID:PhFj5jEX.net
絵里「次は背中よワイシャツ脱いで」

穂乃果「は、はい」ヌギヌギ

真姫「背中ぁ?お腹暖めた方がいいんじゃない」クルクル

絵里「子宮は人体構造上、背骨の付け根の『仙骨』に近いのよ。そんなことも知らないの?人として常識よ」ハァー

真姫「……なにをっ」ギリッ

絵里「ドクターエリーにはまだまだ及ばないよね…っと」プチッ

穂乃果「ぷち?」

絵里「私レベルになるとシャツの上からブラを外すことが出来るわ」サスサス

穂乃果「ぁ~…絵里ちゃんの手あったか~い…」はふぅ

真姫「……」


真姫「ねぇ待って。待って」ガシッ


絵里「ナニよ。今いいところなのよ」
40: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 15:32:20.12 ID:PhFj5jEX.net
真姫「さっき背骨の付け根って言ったわよね!?ということはブラ外す意味も背中さする意味もないじゃない!」

絵里「…チッ」ハンセイシテマース

真姫「ナニヨその態度」

穂乃果「ぇと、穂乃果は気持ち良かったから、その」

真姫「真面目にやんなさいよ!穂乃果が苦しんでるんだから!」バンバン!

穂乃果「ひっ」ビクッ

穂乃果「け、喧嘩はやめ」

絵里「…じゃあ真姫がやりなさいよ」

真姫「は、はぁ?!」

絵里「じゃあ真姫がやりなさいよ」
42: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 15:40:32.67 ID:PhFj5jEX.net
絵里「特別にやらせてあげるから」

真姫「い、いや私は」クルクル

絵里「患者さんが苦しんでるんですよ!患者さんは医学書には存在しないんです!現場にいるんです!」

真姫「……エリー」

チラッ

穂乃果「……」コクン

穂乃果「真姫ちゃん…穂乃果…真姫ちゃんになら…いいよ」ハァハァ

真姫「……!」


真姫「……絵里」


絵里「ドクターエリーと呼びなさい。なにかしら」

真姫「手順教えて頂戴…いや、教えて、ください」ペコッ

絵里「ふっ…特別なんだから」



パンツ脱いだ誰かはよぉ!
49: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 17:01:02.48 ID:PhFj5jEX.net
絵里「いい…?子宮を温めるなら脂肪のあるお腹より仙骨を温めること」

穂乃果(うっ…また太ったかな…真姫ちゃんに見られるの恥ずかしい…っ)カーッ

絵里「仙骨は、尾てい骨の上にあるプレート状の骨。骨盤の要でもあり、重要な神経や血管が通っている場所よ」

真姫「なるほど…勉強になるわ」

絵里「メモしてる暇があったらよく見ること!」

真姫「はっ、はいっ!」

穂乃果(…真姫ちゃんの真剣な顔…穂乃果のために…)トゥクン…


ズキッ


穂乃果「いたっ!……うっ…ううっ」ポロポロ

絵里「穂乃果っ!?」がしっ

穂乃果「ぁんっ♡」

絵里「やだ大丈夫?」もみもみ

穂乃果「ゃっ、絵里ちゃん…!む、むねっ」

絵里「息が荒い…これは人工呼吸が必」

バシッ

真姫「なにやってんのよ」
50: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 17:02:20.52 ID:PhFj5jEX.net
・・・

真姫「大体わかったわ。ここを撫でてればいいのね」

絵里「いや、あなた素人にしか見えないからこれも使いなさい」

真姫「ナニヨこの瓶」

絵里「マッサージオイルよ。薬用だし良い香りがするからリラックスするの」

真姫「な、なんかいかがわしくない?大丈夫なの?」クルクルクルクルクルクル

絵里「いかがわしい?さっきから正当な医療行為をいやらしい目で見てないかしら」

絵里「あなたもしかして変態の素質があるんじゃない?」

真姫「だ、誰がよ!」バシッ


穂乃果「ヒッ…うっううっ」もぞもぞ


真姫「穂乃果…!」

絵里「なら早くして」
51: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 17:04:35.29 ID:PhFj5jEX.net
絵里「まずオイルを手に塗る…それから両手を使って∞を描くように仙骨のまわりをマッサージする」

真姫「……」

真姫「…………」ピト

穂乃果「ひゃっ…!」ピクン

真姫「ご、ごめん、痛かった?」バッ

穂乃果「ううん…冷たかっただけ…気にしないで続けて?」ウルウル

真姫「穂乃果…」

真姫「私痛くしないから…安心して…」


絵里「ほらほら後がつかえてるからはやくする」

真姫「ねぇ、これ下着脱がさなくていいの?汚れるわよ」

絵里「脱がす派…若いわね。昔は私も」

真姫「へ、変な言い方やめて!///」

絵里「まぁ脱がさないのも味があるし…それにね、真姫、女には恥をかかせちゃダメよ」

真姫「……」イラッ
52: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 17:06:34.36 ID:PhFj5jEX.net
真姫「……」サスサス

穂乃果「はっ…あ、はぁっ」

真姫「……」グルグル

穂乃果「ん…♡」

真姫(これは医療行為)

穂乃果「…はーっ、…はーっ」ピクピク

真姫(私は宇宙。宇宙は即ち私)

穂乃果「……ッ……ぁ…♡」

絵里「真姫、ベッドの外からじゃ態勢辛いでしょう。上がりなさい」

真姫「ええ」ぼーっ

絵里「穂乃果はうつぶせになって」

穂乃果「はい…」とろん

絵里「ベッドも狭いし…仕方ないわね」

絵里「真姫は穂乃果の上下反対にまたがって…そうそう、足折り曲げて、お腹が穂乃果の背中にくっつくように…お互い顔がお尻を向くように…」

真姫「コウカシラ」

絵里「そうそう、これでマッサージを続けられるわね」
54: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 17:10:10.74 ID:PhFj5jEX.net
絵里「穂乃果、重くない?」

穂乃果「重くないよ…それに、真姫ちゃんあったかくてポカポカする…」

真姫「穂乃果…私もあったかい…」

絵里「いい子ね!がんばれ♡がんばれ♡」なでなで

真姫「……」なでりなでり

穂乃果「………んん///」


・・・

絵里「…真姫、効果が薄れてきたわ」

真姫「どうすればいい?」

絵里「布の上からがダメから…わかるわね?」

真姫「……」

真姫「勿論よ」

スッ…

ぺろり

真姫(シミ一つ無い可愛いお尻ね)サスサス

穂乃果「ま、真姫ちゃああん///」

パシャッ

真姫(∞を描くように…指の腹を使って)サスサス

穂乃果「~~~~ッ」ビクビク


絵里(もうコツを…末恐ろしい子ね…) ゴクリ
59: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 18:07:13.63 ID:PhFj5jEX.net
・・・

絵里「穂乃果…調子はどう?良くなった?」

穂乃果「う、うん!だいぶ良くなったよ…あいたっ」

真姫「穂乃果?」

穂乃果「あ、あはは…まだちょっと重いけどさっきよりは全然あいたっ」

穂乃果「……」ヒグッ

真姫「ナカナイデ…」なでなで

絵里「…仕方ない、アレの出番ね」

真姫「アレ?」

絵里「無心でやるのは構わないけれど、ともすれば作業的になりかねないわ」


絵里「『想い』を指の先に込めるの。熱い熱い『想い』を込めてこねるのよ」


真姫「は、はぁ?なにそれ」イミワカンナイ

真姫「そんなオカルト…もっとちゃんとしたやり方は他に」

絵里「甘いわ」
60: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 18:08:40.67 ID:PhFj5jEX.net
絵里「これを見なさい」

http://i.imgur.com/xH39fIe.jpg
1423261990-レス60-画像

真姫「これは…ことりと穂乃果の最終巻ジャケット写真ね」

絵里「ことりに聞いたのだけど…強い念を送りつつお腹を撫でていたそうよ」

真姫「えっ?」

絵里「穂乃果!この時何か覚えてることはある?」

穂乃果「えと…うーん、あっお腹が凄いポカポカしてた!」

真姫「ポカポカ?」

穂乃果「なんだろ…電気ストーブの前にいるような…体が火照るくらいジンジンする暖かさというか…」ムム

絵里「やはり…」

真姫「ちょっとどういうこと?説明して」

絵里「あのときことりは強烈な念を手に込めて穂乃果のお腹を撫でていたの」

絵里「具体的には…」

※ 画像はリンク切れでした(管理人)
62: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 18:33:11.09 ID:PhFj5jEX.net
孕めっ!孕めっ!穂乃果ちゃんの子宮に届けっ!この想い届いてっ!
吸い付く膣道!穂乃果ちゃんの未使用子宮っ!ことりの子種が予約っ!予約したっ!
穂乃果ちゃんは私の子を孕め 穂乃果ちゃんは私の子を孕め穂乃果ちゃんは私の子を孕め穂乃果ちゃんは私の子を孕め
穂乃果ちゃんは私の子を孕め 穂乃果ちゃんは私の子を孕め穂乃果ちゃんは私の子を孕め穂乃果ちゃんは私の子を孕め
穂乃果ちゃんは私の子を孕め 穂乃果ちゃんは私の子を孕め穂乃果ちゃんは私の子を孕め穂乃果ちゃんは私の子を孕め
穂乃果ちゃんは私の子を孕め 穂乃果ちゃんは私の子を孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め孕め
孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕 孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕
孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕 孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕
孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕 孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕孕
63: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 18:33:43.42 ID:PhFj5jEX.net
真姫「ひいっ!?」ガクガク

絵里「これほどまでに強い意志があれば熱すら産み出すのよ」

真姫「……」ゴクッ

絵里「穂乃果の生理痛を治せるのは貴女だけよ、さぁ頑張りなさい!」


真姫「……」サス…

穂乃果「ま、真姫ちゃん…」

真姫「……」サス…サスサスサス…

穂乃果「……はっ♡」アッ アッ
64: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 18:35:25.89 ID:PhFj5jEX.net
穂乃果…私の終わっていた…
終わったと思っていた音楽を見つけてくれてありがとう…サスサス

穂乃果「……」

私が素直になれない時も…
穂乃果の笑顔で安心できた…サスサスサス

穂乃果「……」ジュン

今その笑顔が…曇ってる…
穂乃果がお母さんになるための準備で…子宮が泣いている…サスサスサスサス

穂乃果「……ぁ」トロ…

泣かないで…整理券発行済の私の子宮…
抱き締めてあげる…私の子宮…サスサスサスサスサスサスサスサスサス

穂乃果「……!ひっ、ぁはあっ」トロ~

ちゅっ…♡


穂乃果「ひ、ぁぁああああっ」


あぁ…私…穂乃果の子宮に口づけしてる…♡♡
65: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 18:35:58.96 ID:PhFj5jEX.net
クーラット クーラット マケソウヨー
夏のパーッショネッ ジーンジーンアツークモーエルッ
ダンダン…リズム…カワル…

1423261990-レス65-画像
67: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 18:37:19.77 ID:PhFj5jEX.net
穂乃果「真姫ちゃん…暖かかったよ…太陽に包まれてるみたいに…」

真姫「そう…なら、…良かった…」ゼェゼエ

穂乃果「うん…っ!うん…っ!ありがとうねぇ、ありがとうねぇっ!」ギュッ

真姫「全く…年上なんだから甘えないの」ギュッ

穂乃果「真姫ちゃんだーいすきっ♡♡♡」

真姫「もうっ…」フフッ


絵里「真姫…あなたにはもう教えることは何も無いわ」グスッ

真姫「絵里…」グスッ


絵里「ところで穂乃果、汗かいたんじゃない?理事長室のお風呂入る許可貰ったから入りましょ」

絵里「生理痛には半身浴が効くのよ」ニコッ



くー疲れた
申し訳ないことをした
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「アレの日が来てしまいました…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。