真姫「作曲を教えてほしければ…わかるわね?」 亜里沙「…」

シェアする

亜里沙-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 19:37:45.31 ID:equZGhJ2.net
亜里沙「雪穂ー!おはよー!」


雪穂「亜里沙、朝から元気だね…」


亜里沙「早く学校行こう!練習しなきゃ」


…お姉ちゃん達3年生が卒業して、μ'sは6人になりました。

正確にはもうμ'sではないのですが。

とにかく、晴れて音ノ木坂の生徒になった私たちはμ'sに負けな
いくらい楽しいスクールアイドルを目指す!

そう雪穂と2人で決めてから、ことりさんに衣装作りを習ったり
海未さんに練習の進め方や歌詞を書くコツを習ったりしました。

今日は最も大事な曲作りを真姫さんに教わりにいくんだ!

元スレ: 真姫「作曲を教えてほしければ…わかるわね?」 亜里沙「…」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 19:46:07.25 ID:equZGhJ2.net
亜里沙「あの! 真姫さん!」


真姫「亜里沙ちゃん? どうしたの?」


亜里沙「あの…実は、真姫さんに曲作りを教えてほしくて」


真姫「作曲を?」


亜里沙「はい、最初はμ'sの曲を真似して練習してましたけど…」


真姫「…なるほどね」

真姫「確かに、私が作ったものでよければって思ってたけど
それじゃ今後のためにならないかもしれないし…いいわよ?」


亜里沙「本当ですか!? ありがとうございます!」


真姫(…カワイイ)
6: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 19:53:14.92 ID:equZGhJ2.net
亜里沙「私、一生懸命頑張ります!」


真姫「ただし、条件があるわ」スッ


亜里沙「えっ?」


真姫「作曲したかったら…わかるわね?」


亜里沙「…」












真姫(…ピアノよ)

亜里沙(…私の身体!?///)
12: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 19:57:45.31 ID:equZGhJ2.net
●音楽室


亜里沙(作曲のため…作曲のため…作曲のため…)


真姫「さっ、そこに座って、早くしましょ」


亜里沙「い、いきなりですか!?///」


真姫「? どうしたのよ」


亜里沙「い、いえ…その」




亜里沙「優しくしてくださいね…?///」




真姫「えっ」

真姫「あ、え、えぇ!モチロンよ!優しく教えるわ!」

真姫「この真姫ちゃんに任せなさい!」
16: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 20:00:35.93 ID:equZGhJ2.net
真姫「~♪」ポロローン

真姫「こんな感じよ、まずはゆっくりでいいから真似してみて」


亜里沙「はい…」ソッ


ターン ターン ターン♪


真姫「あっ、違うわ」ササッ

真姫「そこの指は…こう」パッ


亜里沙「あっ…そ、そこは///」


ターン♪


亜里沙「ふぁ…ファ(F)ぁぁ~///」トローン


真姫(なんで変な声だしてんのヨ)ドキドキ
21: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 20:08:01.01 ID:equZGhJ2.net
真姫「ふぅ…今日はこの辺にしときましょう」


亜里沙「はい、今日はありがとうございました!」

亜里沙「あの…」


真姫「ん?」


亜里沙「今度は、もっとたくさん教えてくださいね?///」


真姫「」


亜里沙「それじゃ、さようなら~」






真姫「なんなのかしら…」ボーッ


雪穂「あっ、真姫さんだ!」


真姫「雪穂ちゃん? こんな時間まで何してたの?」


雪穂「ことりさんに衣装についていろいろ教わっていました」
25: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 20:10:26.57 ID:equZGhJ2.net
※行数多くなってしまい申し訳ないです。


テクテク


真姫(雪穂ちゃんと一緒に帰る流れになってしまったワ)


雪穂「それで…衣装作りってすごく奥が深いなーって」


真姫「ふふっ、そうね」


雪穂「……」


真姫「? どうしたの?」


雪穂「いえ、そう思うと…ことりさんや真姫さんが集まったμ'sって
本当に奇跡なんだなって思っちゃって」


真姫「…」
27: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 20:15:37.68 ID:equZGhJ2.net
雪穂「みんなお姉ちゃんのおかげだって言うんです
実際にお姉ちゃんがみんなを引っぱってるのを見て憧れましたし
今はとても楽しいです、でも私はお姉ちゃんみたいになれるのかなって思っちゃって…」


真姫「…少し、自信がなくなっちゃった?」


雪穂「…」コクリ






…ギュッ


雪穂「え?」


真姫「大丈夫よ、雪穂ちゃんたちならμ'sに負けないくらい
立派なスクールアイドルになれるわ」


雪穂「真姫さん…」
29: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 20:18:44.52 ID:equZGhJ2.net
真姫「それに、穂乃果は穂乃果、雪穂ちゃんは雪穂ちゃん」

真姫「無理に真似をする必要なんてないじゃない」

真姫「私だって力を貸すわ、だから…お互いに頑張りましょ?」


雪穂「…はい!それで…できれば手を離していただければ…恥ずかしいので」


真姫「…///」

真姫「じゃ、じゃあ私はこっちだから!」


雪穂「はい、ありがとうございました、さようなら~」
30: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 20:21:05.90 ID:equZGhJ2.net
●絢瀬宅


亜里沙「結局、真姫さん…なにもしてこなかったなぁ」


亜里沙「…もしかして、これが焦らしプレイ!?」


亜里沙「で、でも一応手を握ってきたし…」


亜里沙「また行ったら…続きするのかな?」


亜里沙「///」


亜里沙「…寝よう」
33: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 20:27:13.65 ID:equZGhJ2.net
●再び音楽室


亜里沙「真姫先生、今日もよろしくお願いします!」


真姫「真姫先生って…まぁ、別にいいケド」


----♪-----♪-----♪------♪


真姫「なんだか亜里沙ちゃんを見てると…もっといろいろ教えたくなっちゃうわ」

真姫(こんなに真剣にやってくれてるんですもの)


亜里沙「真姫さん…///」カァァ

亜里沙(次は…胸なんですか?)


真姫「次のステージ、行きましょ?」


亜里沙「…はい///」
35: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 20:34:08.19 ID:equZGhJ2.net
----♪-----♪-----♪------♪


真姫「そうよ!もっと力を抜いて!」


亜里沙「はい!」


真姫「どんどん(音の世界に)入っていくわ!」


亜里沙「真姫さん…んっ! 少し…(指が)痛いですっ」

亜里沙「でも…(音色が)気持ちいい…」
39: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 20:42:28.96 ID:equZGhJ2.net
真姫「まだよ、もっと指を動かして、でも優しくするのよ」


亜里沙「真姫さん…私っ…もう(音の世界に)いっちゃいそう!」


真姫「いいわよ!いっぱい(音を)感じなさい!!」


亜里沙「あぁぁぁぁ…あぁ…!!」


真姫「こんなにH(アー)の音を鳴らして…好きなのね」


亜里沙「はぁ…はぁ…はい…」



----♪-----♪-----♪------♪
40: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 20:43:25.30 ID:equZGhJ2.net
●音楽室の外


穂乃果「」

穂乃果「あわわわわわわわ」

穂乃果「2人がピアノを弾きながら…え、えっちなことを!!」

穂乃果「た、大変だ…絵里ちゃんに知らせないと…!!!」


おわり
42: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 20:52:25.69 ID:equZGhJ2.net
ハーでした、すみません。
続きは考えてないです。
47: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 22:24:52.84 ID:equZGhJ2.net
ブーーー ブーーー


絵里「んん?」ピッ

絵里「もしもし穂乃果? どうしたの?」


穂乃果「えええええ絵里ちゃん!大変なんだよ!!」


絵里「何!? なにかあったの?」


穂乃果「じ、実は……」


○○○○○○○○


真姫『亜里沙ちゃん…もっと私によく見せなさい?』


亜里沙『こう……ですか?』
50: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 23:36:19.55 ID:equZGhJ2.net
真姫『そうよ…とても綺麗だわ…』


亜里沙『真姫さん、恥ずかしいです///』


…………


真姫『亜里沙ちゃん!そう!そうよ!上手だわ!!』ジャンジャカジャンジャン!


亜里沙『ツェー❤デーッ…っ!!エー!!!❤』ジャンジャンジャン


真姫『もっと激しく!!思うままに動いてみなさい!!』ボロロロロン


亜里沙『ゲーッッ!!アァァァ!❤』

亜里沙『ハァァァァァァァァァン❤❤❤』ポーーーーーーーン!!


○○○○○○○○
51: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 23:37:58.21 ID:equZGhJ2.net
穂乃果「ってなってたんだよ!!!」 ※なってません


絵里「ブーーーーーー!!!!」

絵里「」ポタポタ

絵里(亜里沙はそんな謎の声を出すのね…)


穂乃果「絵里ちゃん!?」


絵里「……穂乃果」


穂乃果「へ?」
53: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 23:50:31.82 ID:equZGhJ2.net
絵里「真姫に、私の家に来るように言っておいて頂戴」ゴゴゴゴゴ

絵里「亜里沙の純潔なる心を奪うなんて、いくら真姫でも」


絵里「認められないわぁ」キリッ


穂乃果「プッ」


絵里「穂乃果ぁ!!!」


穂乃果「うわわっごめん!じゃあね!!」ピッ


絵里「まったく…」
54: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 23:53:45.09 ID:equZGhJ2.net
----------


●放課後


真姫「いきなり穂乃果に呼び出されたかと思えば…」

真姫「今度は帰りに絵里の家に向かいなさいだなんて」


真姫(亜里沙ちゃんにピアノを教えてること…褒められたり?)


真姫「……」

真姫「とにかく行きましょう」


----------
55: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 23:54:27.24 ID:equZGhJ2.net
●絢瀬宅前

ピーンポーン

絵里「……入りなさい」


佐川「えっ、あ、宅急便でーす」


絵里「……」

絵里「……」サインカキカキ

絵里「…すみませんでした」


佐川「あ、ありがとうございました~」
58: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 00:04:35.87 ID:KeoIqDjj.net
ピーンポーン

絵里「真姫ね?」


真姫「お久しぶりね絵里、いきなり何の用?」


絵里「とりあえず上がってちょうだい」


真姫「??」


●綾瀬宅

真姫(一体なんなのかしらこの空気)


絵里「最近学校生活のほうはどう?」


真姫「まぁまぁよ、絵里たちが卒業してどうなるかと思ってたけど」

真姫「私の思い過ごしだったみたいね」
60: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 00:11:50.19 ID:KeoIqDjj.net
絵里「そう…それで? 亜里沙や雪穂ちゃんとはうまくやってる?」


真姫「えっ、えぇ…2人とも熱心に頑張ってると思うわ」


絵里「……」

絵里「最近ね、亜里沙の様子が少しおかしいの」


真姫「そ、そうなの?」


絵里「なんだか…大人になったような、そんな気がするわ」


真姫「亜里沙ちゃんも高1なんだし、当たり前なんじゃない?」


絵里(シラを切る気ね…真姫ッ!)

ガチャ タダイマー
69: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 07:27:56.24 ID:KeoIqDjj.net
絵里「!!」


真姫「?」


亜里沙「おねーちゃーん、ただいまー! 誰かいるの?」

亜里沙「おねーちゃ……あっ///」

亜里沙「///」


真姫「えっ」


絵里「ぐぬぬ」


亜里沙「私…部屋にいるね? ゆっくりしていってください真姫さん!」


絵里「もういい! 真姫、単刀直入に聞くわ!!」
70: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 07:28:48.49 ID:KeoIqDjj.net
絵里「亜里沙に…亜里沙に…うぇっちなこと…」


真姫「ハァ?」


絵里「えっちなことしたでしょおおおおおおお!?」


真姫「ヴェエエエエ!?」


絵里「穂乃果から聞いたのよ!! 音楽室であんなことやこんなことをしてたって!」

絵里「認めないっ!!認めないわぁ!! 亜里沙のピュアピュアな心を弄ぶだなんて!」


真姫「ちょちょちょ、落ち着きなさいよ絵里!!」


絵里「認めない…うっ…うぅぅ」ポロポロ


真姫「」

真姫(ヤバイヤバイヤバイなにか勘違いされている…)
71: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 07:29:57.02 ID:KeoIqDjj.net
----------

●亜里沙の部屋

亜里沙「あっ、このマンガ少しえっちな感じ…」

亜里沙「」ソッ

………

亜里沙「ダメダメ! 今は真姫さんと焦らしプレイ中!」

亜里沙「頑張らなきゃ…立派なスクールアイドルになるんだもん」

----------
85: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 09:27:06.92 ID:stnzX0XB.net
●絢瀬宅:勘違い解決

絵里「」


真姫「…ということなのよ、わかってくれた?」


絵里「……えっ?」


真姫「だから、本当に怒るべき相手は私じゃなくて」


絵里「」ゴゴゴゴ


真姫・絵里「ほのかああああああああああああああ!!」




穂乃果「へっくしっ!」
87: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 10:46:35.17 ID:stnzX0XB.net
●穂むら

ガラララ

ほのママ「あら? こんな遅くにどうしたの?」


絵里「はい、穂乃果さんと少々話したいことがございまして」


真姫「……」


ほのママ「また穂乃果がなにかしたのね? 2階にいると思うから上がっていいわよ」


真姫「ありがとうございます、遅くにすみません」


ほのママ「絵里ちゃん達ならいつでも大歓迎よっ」
91: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:10:16.42 ID:stnzX0XB.net
●穂乃果の部屋

ダッダッダッダッ

絵里・真姫「穂乃果ァ!!!」


穂乃果「うわわわわわわっ!!! な、なにいきなり!?///」ワチャワチャドゥー


絵里「穂乃果…亜里沙のピュア心はまだ汚されてなかったわ」


穂乃果「へ?」


真姫「いい加減にしなさいよねマッタクー」


絵里「いい!? あのね…」
92: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:12:01.78 ID:stnzX0XB.net
●説明終了

穂乃果「ええええええ!? そうだったのぉぉ!?」


真姫「もう…どうやったらそんな風に解釈できるのよ…」


穂乃果「あはは…ごめんねぇ真姫ちゃん」

穂乃果「でも聞いてよ! 亜里沙ちゃんの声とかすごく色っぽかったんだよ!?」

穂乃果「あんな声聞いちゃったら誰だって勘違いするよ!」


真姫「うっ…そ、それは」
93: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:14:58.72 ID:stnzX0XB.net
絵里「それはね、穂乃果」

絵里「あなたがこんなえっちな少女漫画ばかり見てるからなのよ、おわかり?」


穂乃果「うわあああああ、さっき隠したはずなのに!?」


絵里「とにかく、これからはちゃんと状況を確認してから行動することね」


穂乃果「うぅ…ごめんなさーい」


真姫「まぁ…それがいいところでもあるんだけどね…」
94: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:16:42.76 ID:stnzX0XB.net
●音楽室

亜里沙(あれから何日も経って、少しずつピアノは上達してきてるけど)

亜里沙(いまだに手を出してこない…いつまで焦らすの? 真姫さん…)


真姫「さっ、今日も頑張りましょう」

真姫「基礎は少しずつ固まってきていると思うわ、さすが絵里の妹ね」


亜里沙「……(焦らしプレイ焦らしプレイ焦らしプレイ)」ボーッ


真姫「亜里沙ちゃん?」


亜里沙「ふぇっ?///」
96: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:20:20.79 ID:stnzX0XB.net
真姫「ボーッとしてたようだけど、具合でも悪い?」

真姫(少し…厳しすぎたかしら、私ったら優しく教えるって言ったのに…)


亜里沙「……真姫さんのせいです」

亜里沙(私…もう我慢できないよ)


真姫「えっ…」ジワッ

真姫(やっぱり厳しくしすぎたんだわ、私のバカバカバカ…)


亜里沙「真姫さん…いつまで待たせるんですか?」


真姫「…?」

真姫(もしかして、もう応用にいきたいのかしら?)
98: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:25:01.50 ID:stnzX0XB.net
亜里沙「私、家に帰ってもずっとこの時のことを考えているんですよ?」


真姫(亜里沙ちゃんがそこまで思っていたなんて…ふふっ)

真姫「…わかったわ、もっとハードなことをやっていいのね?」


亜里沙「…はい、来てください」


真姫(私ったら…なにを落ち込んでいたのかしら、バカみたい)

真姫「いいわよ!! じゃあ次は実際に楽譜を…」



亜里沙「亜里沙の身体、もっといっぱい弄んでください!!!!」
103: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:31:11.63 ID:stnzX0XB.net
………


亜里沙「……」プルプル


真姫「」

真姫(どういうこと?)




亜里沙「真姫さん言いましたよね? 作曲を教える代わりに条件があるって」


真姫「はい」
105: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:32:58.19 ID:stnzX0XB.net
亜里沙「瞬間的にわかったんです、真姫さんの顔が近くなって…ドキドキして

あぁ…私が真姫さんに身体を預ければ、作曲できるようになるんだって

作曲ができるようになれば雪穂の役に立てる! なにより自分のためにもなる!

それに…真姫さんのような人に教えてもらえるなら、私の身体くらい大丈夫

それくらい覚悟できてました、でも真姫さんはいつまで経っても手を出してこないし
ピアノのほうは優しすぎるくらい丁寧に教えてくれるし…

家に帰った後も、次に大胆なことされるのかな…なんてそんなことばかり…


亜里沙「全部、真姫さんのせいですよ…」


真姫「なるほど」

真姫「あのね、亜里沙ちゃん?」

真姫(今、私、とても頭がスッキリしているのよ)
109: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:44:40.15 ID:stnzX0XB.net
●すべてのこじれ解決


亜里沙「…////」


真姫「ということよ…」


亜里沙「うわああああああああうわああああああああああ/////」


真姫「あ、あの」


亜里沙「もうしゃべらないでください!! 私お家に帰ります!!!」タタタタ


真姫「まぁ…勘違いもなくなったし、一件落着?」


この後、亜里沙は2日間学校を休んだ
110: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:46:23.83 ID:stnzX0XB.net
●おまけ:部室

チクチク

ことり「雪穂ちゃん、ことりの(刺繍捌き)見ててね?」


雪穂「はい!」ジー


ことり「そんなにマジマジと見られたらちょっと恥ずかしいかな…あはは」


雪穂「す、すみません、すごく綺麗だな~って思って…ははは」


ことり「じゃあ(針が)入っていくところ、見ててね」サッサッサッ


雪穂「うわわ、ちょっと早すぎませんか?」


ことり「あっ、ご、ごめんね? つい気持ちが入っちゃって…」
111: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:46:54.19 ID:stnzX0XB.net
ことり「でもね? 慣れたらこのくらい普通だよ? 雪穂ちゃんもちょっとずつがんばろ?」


雪穂「すごいです! さすがです!!」


ことり「自分で思ったようにできたらすごく気持ちいいよ?」


キャッキャウフフ


●部室の外

海未「」

海未「あわわわわわわわ////」

海未「た、大変です…雪穂が……雪穂がぁ!!」


おわり
112: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 19:52:57.37 ID:stnzX0XB.net
映画の最後で亜里沙ちゃんが真姫ちゃんノートを持っていたので

そこに可能性を感じて、2chもSSも初心者ですが書きました。

ファンミ福岡、とても笑いました。

ファンミ行った人はわかると思いますが
書き下ろしイラストは福岡が貰います、ありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「作曲を教えてほしければ…わかるわね?」 亜里沙「…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。