絵里「花陽の前で声が出なくなった」

シェアする

絵里-アイキャッチ4
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:05:14.33 ID:difibSxF0
えりぱな短編ss
↓も見てくれると嬉しいです

進行中
花陽「安価で絵里ちゃんに告白しますっ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453548828/

完結済み
花陽「皆の背中」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453217822/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1453640714

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

元スレ: 絵里「花陽の前で声が出なくなった」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:08:44.53 ID:OwXVCqAe0
花陽「皆の背中」の数ヵ月後の世界だと思ってください。
花陽「安価で絵里ちゃんに告白しますっ!」とは別なのでご注意を。
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:09:49.81 ID:OwXVCqAe0
春が近付いてきた、屋上にひとり、私。どうしてこんなところに一人でいるのか。それは、自分の気持ちを整理するためだった。
花陽の前でだけ、声が出ない。
意味がわからないと思ってるでしょ?
大丈夫、私も意味がわからないわ。
少し前から変だなと思うことはあったけれど、少なくとも、話せてはいたはずよ。
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:15:36.38 ID:B3n0w8RZ0
そうね、声が出なくなったのは……花陽の悩みが解決したあと、かしら?
あのときは泣いていた花陽にびっくりしたわね……。
でも、花陽の成長が見えて私も嬉しかったのよ。
そのあとからね。
花陽に話しかけられて、答えようとしたとき、声が出なかったのは。
声を出そうとしても口から出るのは空気ばかりで、すごく……怖かった。
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:16:50.93 ID:B3n0w8RZ0
そのことが怖くて、私は少しずつ花陽を避けるようになっていたわ。
情けない。かしこいかわいいエリーチカ、なんて名ばかりじゃないのよ。
最初はどうにか声を出そうとしていたけれど、ダメだった。
花陽の驚いたような、悲しいような顔が頭から離れない。
とはいっても、花陽の顔が頭から離れないのは今に始まったことではないのよ。
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:17:38.22 ID:B3n0w8RZ0
私は花陽が好き。
気付いたら目で追っていて、花陽の声を聞きたくなる。
最初はこの気持ちがよくわからなかった。花陽と話していると、胸がドキドキして、顔がカァッと熱くなる。
小さくため息をついて、桜の木を眺める。
もう桜が咲いているのね。
今年は早いみたい。
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:18:17.39 ID:B3n0w8RZ0
桜の匂いが漂う。
花陽も、桜の香り、なのよね。
私は花陽の桜の香りが大好きだった。
日に日に距離が広がって、もう今はどうなのかはわからないけれど。
なのに、花陽との距離が広がれば広がるほど、花陽への想いは増すばかりだった。
ふと、鼻腔を桜の香りが刺激した。
……花陽?
正解。花陽は私の隣に来ると、ゆっくりと腰をおろした。
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:20:02.28 ID:B3n0w8RZ0
花陽「絵里ちゃん、久しぶりだね」

少し眩しそうに目を細めてやんわりと笑う。
ああ、なんて愛らしいのだろう。
こんなにも近くにいるのに、とても遠く感じる。

花陽「桜、もう咲いてるんだね……ねぇ、絵里ちゃん」

花陽「私、シャンプー桜の香りなんだあ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:20:38.02 ID:B3n0w8RZ0
花陽「私、桜の香りが好きなんだ……絵里ちゃんは、好き?」

絵里(ええ……大好きよ。桜の香りも、花陽も)

花陽「……絵里ちゃんは、私に対して怒ってるのかな……?」

絵里(怒ってるわけないわよ……私が怒ってるのは、私に対して、だけ)
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:22:22.04 ID:B3n0w8RZ0
花陽「こんなときに言うのはずるいかもだけど……私ね、絵里ちゃんが大好き」

絵里(!……ずるいわよ、そんなの)

花陽「……? 絵里ちゃん、泣いてるの?」

絵里(……え?)

花陽「ゆっくりでいいから……お話ししよう?」

絵里(無理よ……だって、声が出ないのよ?)
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:30:51.74 ID:KBn29iAG0
花陽「大丈夫、大丈夫だよ」ギュッ

……あたたかい。柔らかくて、心地いい。
もう一度だけでも。一言だけでも。
……神様、どうか私にチャンスをください。

絵里「は……はな、よ」

みっともない。とても小さく震えた声。それでも、花陽には届いていたみたい。
目を見開いて。
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:32:19.16 ID:KBn29iAG0
花陽「あ……っ」ポロポロ

絵里「わ、たし……ごめ、んなさい……」

花陽「いいよ、もう……っ」

絵里「……わたしも、桜の香り、好き、よ」

花陽「うん……っぐす……」

絵里「それだけじゃ、ないわよ。……私、ね?」

花陽「……っ……うん」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:33:13.31 ID:KBn29iAG0
絵里「花陽のことがずっと、好き、でした」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:35:03.41 ID:KBn29iAG0
短いですが完結です。
安価に集中します。

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
絵里「花陽の前で声が出なくなった」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「花陽の前で声が出なくなった」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。