にこ「待たせたわね」凛「かーよちん!」

シェアする

にこ-アイキャッチ28
1: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:15:51.00 ID:yaEkiP5e.net
※SSです。にこりんぱなメイン

※ワシワシ描写アリ

--------------

ガララ

にこ「待たせたわねー」


凛「かーよちんっ!」モギュ

花陽「も~、凛ちゃん苦しいよ~」ベタベタ

凛「だってだってー、かよちん柔らかいんだもん♪」スリスリ

花陽「ふふっ、凛ちゃん、今日も可愛いよ。はい、卵焼き、あーん」

凛「あーーーー…ん!」パク

凛「んーー、美味しいにゃー!」キラキラ

元スレ: にこ「待たせたわね」凛「かーよちん!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:17:07.19 ID:yaEkiP5e.net
にこ「待・た・せ・た・わ・ね!」

凛「うわぁ!にこちゃん!いつからそこに!?」///

花陽「えっと…み、見て…ないよね…?」///

にこ「見てたわよ、もうバッチリと」シラー

花陽「…」///

にこ「お弁当食べてる最中に、よくそんなことできるわね」

凛「え、えーと!昼休みに凛たちを呼び出してなんの用かにゃ!?」

花陽「と、突然部室に来てって言うからなんだろう?って話してたんだ!」///
3: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:18:19.63 ID:yaEkiP5e.net
にこ「いや、特に深い用事はないんだけど、あんたたち1年生に―」

にこ「って1人足りないじゃない。どこいったの?」

凛「あー、真姫ちゃんならもうすぐ来るんじゃないかな?教室でクラスの子と話してたよ」

にこ「はぁ!?部長の呼び出しよりそっちが優先だって言うの!?」キー

凛「そんなこと言ってるから、友ゴゴゴゴゴゴゴゴッッッ
花陽「た、たしかに遅いよね!私が呼んでこようかな!」ガシッ

凛「ぷはぁ!かよちんが行くなら凛も―」

にこ「いや、アンタは残りなさい。2人でちょっとお話しするニコー」ニコッ

凛「あ、あははは…」ガクブル

花陽「じゃ、じゃあ凛ちゃん、すぐ戻ってくるから!」

凛「かよちーん…」

ガララ
4: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:19:12.44 ID:yaEkiP5e.net
バタン

にこ「」

凛「」

にこ「さて、私もお弁当食べよっと」ストン

凛「あはは…」

にこ「はぁ…もう、ほんと疲れるわ。あんたたちに限らないけど」

凛「にこちゃん、あの、なんか変なこと言って―」

にこ「謝らなくていいわよ。…なんか、こっちが悲しくなるから」

凛「そっか、あはは」
5: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:20:06.55 ID:yaEkiP5e.net
にこ「…」

凛「…」

にこ「ねぇ、凛」

凛「なーに?」

にこ「あんたと花陽って…付き合ってるの?」

凛「ええ!?」///

にこ「いや、そんなに驚かなくても…で、どうなの?」

凛「えっと…そういうふうに見える?」///
7: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:22:59.09 ID:yaEkiP5e.net
にこ「まぁ今日もやってるなー、とは思うけど」

凛「今日もヤってる!?」///

にこ「やってる!ヤってるじゃないわよ!」

凛「ああ、ビックリしたー。てっきりにこちゃん、凛がかよちんにお布団の中で―」

にこ「って、つまり?」

凛「にゃああああーーーーーーー!!!!!」///

にこ「ちょっ、うるさい!声が!」

凛「にこちゃんのバカ!変態!」///

にこ「なんでそうなるのよ!」

凛「もう!にこちゃんって意外と策士だにゃ…」

にこ「完全に自滅じゃないの」ハァ
8: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:30:20.24 ID:yaEkiP5e.net
凛「でもでも、にこちゃんだって真姫ちゃんと最近仲良くしてるの見るよ?」

凛「よくマンツーマンで教え合ったりして…何かあるんじゃないの~」ニヤニヤ

にこ「ああ、それね。なんか絵里とか希とかにも言われるんだけど―」

にこ「やっぱり可愛い後輩でしょ?しかもあの娘、アイドルなんて全然知らないじゃない?」

にこ「だからつい気にしちゃうのよね~。もちろん、先輩としてね」クドクド

凛「ふ~ん。まぁ真姫ちゃんも何も気にしてないみたいだからいいけどねー」

にこ「え、え?」

凛「うん、にこちゃんは頼りになる先輩だけど、先輩どまりの残念な人、だってー」

にこ「え…そ、ま、まぁ、別に私は…」
9: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:31:38.07 ID:yaEkiP5e.net
凛「なーーんて!うっそだよーーー!!!」

にこ「あ、アンタねーーー!!!人で遊ぶんじゃないわよ!!!」キー

凛「大丈夫!真姫ちゃん、にこちゃんの指導、嬉しいみたいだよ!」

にこ「え、ホントに?」///

凛「うん、ちゃんとありがとうって言わないと、みたいなこと言ってたよ」

にこ「ま、まぁ!このにこにーの直接指導なんだから、当たり前よね!」///

凛「ほんと単純だにゃー」

にこ「聞こえてるからね」
10: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:33:11.08 ID:yaEkiP5e.net
にこ「ところでアンタたちはいつから付き合ってるの?」

凛「えーと…付き合い始めたのはつい最近…かな?」

にこ「ふーん。まぁいいんじゃない?ひと目に気をつけてさえいれば」

凛「大丈夫!それはちゃんとしてる自信あるにゃ!」ビシッ

にこ「いやいやいや、さっきのは何よ」シラー

凛「あ、あれは…ただお弁当を食べてただけっていうか…」///

にこ「ホントに気をつけなさいよ?世の中には、変な目で見てくる人だっているんだから」チラッ
11: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:34:11.86 ID:yaEkiP5e.net
にこ「あ、花陽のお弁当そのままじゃない。フタ、閉じてあげなさい」

凛「了解!かよちんのお弁当をはうすだすとから守るにゃ!」カポ

にこ「多分もう相当汚染されてるわよ…」

にこ「ていうか花陽のお弁当、そのプラスチックの楊枝…」

凛「これ可愛いよね~、緑色で、持つとこがお花になってるんだよ!」

にこ「いや、それはいいけど、一本しかないじゃない」

凛「それが?」
12: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:37:28.52 ID:yaEkiP5e.net
にこ「あの娘もあの娘で、イチャイチャする気満々だなーって思っただけよ」

凛「なんで?」

にこ「凛と2人で食べる前提なら、2人分用意して、2本刺しておくもんでしょ?」

凛「2本挿す!?」///

にこ「う、うん…いやまぁ、しまっておくんでしょうけど、最初は」

凛「最初はしまっておく…」

にこ「う、うん?まぁ、あらかじめ1つは出しておいて―」
13: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:38:04.07 ID:yaEkiP5e.net
にこ「必要になったら、もう1つを、出して刺してあーんみたいな…」

凛「出して、挿して、アーン」///

にこ「だ、大丈夫?」

凛「そしてまた出ちゃう―」///

にこ「いや、もう出さなくていいわよ」

凛「ああああああああ…」ガクブル

にこ「ちょ、凛!どうしたのよ!」
14: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:38:32.03 ID:yaEkiP5e.net
凛「ちょっと、この間…かよちんのおうちにお泊りしたときのこと思い出したにゃ…」

にこ「な、何があったのよ…お弁当?…料理?…花陽、上手かったはずだけど?」

凛「もうクラクラだったにゃ」///

にこ「花陽の魅力に?で、どうだったの?」

凛「はい、美味しくいただかれました」///

にこ「なんで顔を赤らめるのよ…」

凛「ていうかやっぱりにこちゃんエスパーなんじゃないかにゃ!?」

にこ「はぁ!?」
15: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:39:02.51 ID:yaEkiP5e.net
凛「なんか凛ばっかり!もう!にこちゃんもさっさと真姫ちゃん落とすにゃ!」バシバシ

にこ「なんでそうなるのよ!だから何もないって言ったでしょ!」

凛「指導って名目で確実に距離を縮めようとしていたのは、どこのにこにーだったかにゃ?」

にこ「なんでそんなしっかり言うのよ!あと、にこにー言うなっ」

凛「でもにこちゃん、結構奥手なんだね」

にこ「ふん!この宇宙ナンバー1アイドル、にこにーがちょっと本気を出せば…」

にこ「真姫ちゃんはもちろん、μ'sなんて一人残らずメロメロになるんだけど~」

にこ「そんなのぉ~フェアじゃないニコ!」ニコニーモード

凛「ちょっと厳しい…」

にこ「分かってるわよ…」ハァハァ
16: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:45:43.70 ID:yaEkiP5e.net
凛「でもそんなおこちゃま体型じゃ、誘惑しようにも出来ないにゃ」

にこ「ぬわんですってー!ていうか、アンタには言われたくないんですけど!」キリキリ

凛「凛はスピードタイプだからいいの!」

にこ「何よスピードタイプって…」

にこ「いい?みんながみんな、希とか絵里みたいな、あんなのになったらダメダメなのよ!」

にこ「グループってのは、皆それぞれ持ち味があって―」

凛「71」
17: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:46:31.13 ID:yaEkiP5e.net
にこ「……アンタ…今なんて…」

凛「凛知ってるよ、にこちゃんが公式プロフィールの数値を偽っていること」

凛「まぁにこちゃんが3cm盛ったところで、誰も気づかないにゃ」アハハ

にこ「」カチン

にこ「凛…」ユラッ

凛「ど、どうしたのにこちゃん…目が、怖…」

にこ「アンタも盛ってるんじゃないの…?」
19: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:58:07.23 ID:yaEkiP5e.net
凛「り、凛は盛ってないよ!そ、そんなにこちゃんより可哀想じゃないし…」

にこ「ならば確かめるまでよ!ほらっ!その胸揉ませなさーい!」グワァ


ヒュン


にこ「あれ?」スカッ

凛「後ろだにゃ」ワシッ

にこ「ひぃ!」///


凛「凛にスピードで勝とうだなんて、71年早いにゃ」ワシワシ

にこ「ちょ!離しなさいよぉ!」///
20: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 21:59:10.86 ID:yaEkiP5e.net
凛「こ、これが74の…あ、間違えたにゃ。71のワシワシ…」ワシワシ

にこ「くっ…り、ん……」///

凛「あー、希ちゃんの言ってたとおりにゃ」ワシワシワシワシ

にこ「のぞ…っ…ハァ・・・何…よ」///

凛「わずかな柔らかさが病みつきになるって」ワシワシワシワシ

にこ「…希のっ…なに教えて…んっ…」///

凛「たしかに、わずかな柔らかさが病みつきになるにゃ!」ワシワシ

にこ「わずかなわずかな…うるさーい!」バン

凛「うわぁ!」ガタン
21: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 22:00:52.92 ID:yaEkiP5e.net
にこ「はぁ…はぁ…あんた…どこで覚えたのよこれ…」ゼェゼェ

凛「ふふーん、だてに希ちゃんと同じユニットで歌ってないにゃ!」

にこ「希…覚えときなさい…」

凛「にしてもかよちん遅いにゃーお弁当食べちゃおーっと」

にこ「待ちなさい」

凛「にゃ?」
22: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 22:03:02.50 ID:yaEkiP5e.net
にこ「凛、アンタ、散々先輩をおちょくって、ただで済むと思ってる?」

凛「え、だって!元はといえばにこちゃんが―」

にこ「私は何もしてない」

凛「…でも…そうだけど…」

にこ「流石にやり過ぎよ。そうね、そこに正座して」

凛「え?でも―」
23: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 22:09:59.40 ID:yaEkiP5e.net
にこ「早くしなさい」

凛「は、はい…」ストン

にこ「まったく…いくら先輩禁止だからって調子に乗りすぎ」テクテク

凛「にこちゃん…あの、ほんとに―」

にこ「花陽たちが戻るまで、そのまま反省してなさい」クルッ

凛「はい…」

にこ「な~んてね!」ワシッ

凛「にゃぁ!?」ビクッ
24: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 22:16:49.79 ID:yaEkiP5e.net
にこ「お返しよ!希直伝ワシワシマーックス!」ワシワシワシワシ

凛「ゃんっ…っ…にこちゃ…やめっ…にゃ…」

にこ「ふん!アンタもそんなに変わらないじゃない」ワシワシ

にこ(でもたしかに私より柔らかいかも…悔しいけど)ワシワシ

凛「にこ…んっ……ほどじゃ……」///

にこ「」カチン

にこ「わしわしわしわしぃ!」ワシワシワシワシ
29: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:42:28.32 ID:yaEkiP5e.net
凛「ひゃあああ!なんで強くなる…にゃあ‥っぅ」///

にこ「はい、矢澤先輩にごめんなさいは?」ワシワシ

凛「…胸揉む人にっ…言い…くな……にゃぁ!」///

にこ「ご・め・ん・な・さ・い・は~?」ワシワシワシワシ

凛「うっ…ご、ごめん…なっ…さい…」///

にこ(これ良いわね…なんか良いわね)
31: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:45:24.76 ID:yaEkiP5e.net
にこ「じゃあ、大銀河宇宙~?」ワシワシ

凛「…ちょ…あっ……寒…くないか…ひやあ!!」///

にこ「なんて言った?ん~?」ワシワシワシ

凛「にゃぁ!…にこ…ちゃんっ…やめっ……ぅ…っ」

凛「……ナンバー…ッン…」ビクッ

にこ「はい、よくできました」パッ

凛「にゃん!」ガタン
35: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:48:46.35 ID:yaEkiP5e.net
にこ「ワシワシで私に勝とうなんて、それこそ早いのよ」フフン

凛「さすがにこちゃん…され慣れてるだけあるにゃあ…」ハァハァ

にこ「ふふん!……ふふん?」

凛「でも…全然成長してないにゃあ~」

にこ「うっさいわね!」

凛「あ!それとも成長して―」

にこ「まーだワシワシが足りないようね!覚悟しなさーい!」
36: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:49:56.15 ID:yaEkiP5e.net
~廊下~

花陽「真姫ちゃん急いで!にこちゃん怒っちゃうよ!」

真姫「しょうがないじゃない!あのあと先生に呼び出されてたんだから!」

花陽「ずっと教室探し回っちゃった。職員室だったんだね」

真姫「にしてもにこちゃん、一体何の用なのよ」
38: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:52:18.35 ID:yaEkiP5e.net
花陽「なんか私たちに用があるみたいだよ。見せたいものでもあるのかな?」

真姫「まぁにこちゃんだし、どうせ大した用事じゃないと思うけど」

花陽「そ、そんなことないんじゃないかな」アハハ

真姫「まったく…って、部室、着いたわね」



バタン

花陽「2人ともお待たせ~」

真姫「んで、なんの用なの?」
39: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:53:03.08 ID:yaEkiP5e.net
にこ「凛ってたしか75よね?…うっ…結構違うものねぇ」モミモミ

凛「やっぱり違う?自分じゃよくわからないにゃあ…」モミモミ

にこ「やっぱりこう、膨らみ自体が違うのかしら?凛のはもっと丸みを―」


花陽「お・待・た・せ・♪」


にこりん「ニヤァァァァァァァァァァ!!!!!!」バッ
40: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:54:01.90 ID:yaEkiP5e.net
凛「かよちん!いつからそこに!?」ビクッ

にこ「えええっと…見て…ないわよね?」チラッ

花陽「見てたよ」

凛「あぁ…」ビク

花陽「バッチリと、ね」ニコッ

にこ「違うの、花陽!別に凛とどうこうってわけじゃ―」
41: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:55:55.85 ID:yaEkiP5e.net
真姫「…っ」ジワッ

凛「あっ、真姫ちゃん…」

真姫「にこちゃんのバカ!変態!!貧乳好き!!!」

バタン

ダダダダダ
42: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:57:27.49 ID:yaEkiP5e.net
にこ「えっ、ちょっと!真姫ちゃん!」

凛「今にゃ!にこちゃん!」

にこ「何がよ!?」

凛「追いかけて、抱きしめて…そして告白するにゃ!」

凛「『にこ、本当は71なのっ』って!」

にこ「なんの告白なのよ!!」
43: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:58:30.65 ID:yaEkiP5e.net
にこ「でも分かったわ!凛、ありがとう!行ってくるわ!」

凛「健闘を祈るにゃ!」ビシッ

にこ「…アンタもね」チラッ

花陽「」ニコッ

にこ(あとで謝ろう…)

バタン

ダダダダダ
44: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 23:59:29.13 ID:yaEkiP5e.net
花陽「ふぅ…」

凛「か、かよちん、遅かったね、あははは」

花陽「」スタスタ

凛「か、かよちん?」

花陽「ねぇ凛ちゃん」

凛「は、はい!」ビクッ

花陽「お弁当、続き、食べよっか?」
45: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:03:31.56 ID:Y528Uduv.net
凛「え…怒らないの?」

花陽「どうして?」

凛「だって凛、にこちゃんと…」

花陽「ううん、大丈夫」ナデナデ

凛「かよちん…」///

花陽「凛ちゃんは私のこと好き?」
46: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:04:53.08 ID:Y528Uduv.net
凛「う、うん!もちろん!」

花陽「それはね凛ちゃん」ギュ

凛「かよ…ちん」///

花陽「私も一緒!にこちゃんと何してたかは知らないけど…」

花陽「この気持ちは、ずっと変わらないと思う」ニコッ

凛「…うん」///
47: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:06:06.31 ID:Y528Uduv.net
花陽「じゃあもう時間もないし、デザートにする?」ニコッ

凛「うん!かよちんまじえんじぇー!」

花陽「今日のデザートはグレープフルーツだよ!」パカッ

凛「うわぁ!でも酸っぱそう…」

花陽「ううん、ちゃんと甘いやつ。あ、そうだ、手が汚れちゃうから―」

花陽「この楊枝を使おうかな」ブスッ
48: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:06:57.12 ID:Y528Uduv.net
凛「これ可愛い楊枝だよね!さっすがかよちんだにゃー!」

花陽「もう1本あるよ。」ブスッ

凛「用意がいいにゃ~」

花陽「まだまだあるから…」ブスブスブスブス

花陽「いっぱい食べてね?」

凛「わーい、いっただっきまーす!」
49: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:08:40.93 ID:Y528Uduv.net
花陽「そうだ、凛ちゃん」

凛「うん?」

花陽「今日の放課後、うちに来ない?」

凛「うん!行く行くー!」

花陽「ふふっ、楽しみだなー」


おしまい
50: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:13:00.51 ID:Y528Uduv.net
なんか思ったより短かった…
凛ちゃんがにこにワシワシされてほしかったんです。

レスくれた人ありがとうございました
54: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:33:04.30 ID:Y528Uduv.net
にこ「待って!」ガシッ

真姫「離して!にこちゃん…凛と胸を揉み合う仲なんでしょ!」グワッ

真姫「にこちゃん…いつも私に優しいから……」グスッ

にこ「真姫…」

真姫「もう…優しくしないでよ…」グスッ

にこ「ねぇ、よく聞いて」ギュ

真姫「にこちゃん…」
55: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:42:01.22 ID:Y528Uduv.net
にこ「にこ…本当は、71なのっ!」

真姫「………知ってる」グスッ

にこ「あれーーー?」


~~

ブーブー

凛「あ、にこちゃんからメールだ!」

花陽「どれどれ?」

にこまき『お付き合いすることになりました』

凛「ハッピーエンドだにゃ!」

花陽「ふふっ、ほんとだね――」


おしまい
57: 名無しで叶える物語(おにぎり)@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 00:44:10.83 ID:Y528Uduv.net
一応書いてあったけどこれいるかな…

とりあえず終わりです。
レスくれた人、本当にありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「待たせたわね」凛「かーよちん!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。