真姫「>>3して遊んでもいいケド…」

シェアする

真姫-アイキャッチ16
1: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:12:24.13 ID:BHLOXCYn.net
真姫「別に>>3をしたい訳じゃないわよ」

元スレ: 真姫「>>3して遊んでもいいケド…」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:12:43.53 ID:TBigXk4p.net
ジェンガ
4: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:19:41.30 ID:BHLOXCYn.net
真姫「ジェンガして遊ぶわ」

真姫「綺麗にしまったから箱から出してすぐ遊べるのよ」

真姫「…」スッ

真姫「えい」カタッ

真姫「…」スッ

真姫「んしょ」カタッ

真姫「…この辺とか…」プルプル

真姫「あっ!」

ガシャーン

真姫「…」

真姫「やっぱり一人でやってもつまらないわね」

真姫「誰かこないかしら…」

ピロンッ

真姫「…LINE?」

>>5 < >>7


>>5は人名 >>7はLINEの内容
5: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:20:12.09 ID:LXOtQl/y.net
雪穂
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:21:27.79 ID:LnA8+MX3.net
一人ジェンガとか草生える
10: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:23:33.97 ID:BHLOXCYn.net
雪穂<一人ジェンガとか草生える

真姫「!?」

真姫(な、なんでそのことを!?)

真姫(どうしてばれたの…?だってここは>>11なのよ!?)
11: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:24:10.39 ID:G7bSnpA0.net
グアム
13: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:26:46.54 ID:BHLOXCYn.net
真姫(ここはグアムなのよ!?)

真姫「…それにしても草生えるってどういうことかしら」


雪穂<一人ジェンガとか草生える

真姫<何で知ってるの?あと草生えるってどういう意味?


真姫「…既読ついた」

真姫「…返信早いわね」

雪穂< >>14
14: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:27:58.77 ID:71hrR0cj.net
盗聴器気が付かなかった?
15: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:31:42.64 ID:BHLOXCYn.net
雪穂<盗聴器気がつかなかった?


真姫「!?」

真姫(と、盗聴器ですって!?)

真姫(なんでそんなことを…)

真姫(…)


雪穂<盗聴器気がつかなかった?

真姫<どこにつけたのよ

雪穂<ないしょ

真姫<だったら私は今からなにも喋らないわ

雪穂< >>16 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
16: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:32:12.96 ID:gMFY63eV.net
にこちゃんは預かった
19: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:34:00.66 ID:BHLOXCYn.net
雪穂<にこちゃんは預かった


真姫「!?」

真姫「ちょ、どういうことよ!」


雪穂<喋りましたね


真姫「いったい何が目的なの!?」


雪穂< >>20
20: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:34:09.72 ID:PhTkgCzR.net
あなたよ
21: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:36:01.67 ID:BHLOXCYn.net
雪穂<あなたよ


真姫「!?」

真姫「だったらにこちゃんは関係ないじゃない!にこちゃんをはなしなさい!」


雪穂< >>22
22: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:36:22.16 ID:bweK7xwF.net
人質の意味ggってこいks
26: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:47:26.72 ID:BHLOXCYn.net
雪穂<人質の意味ggってこいks


真姫「!?」

真姫「こ、これはなんなの…?文字化けみたくなってるわ。暗号かしら…」

真姫「人質の意味ggってこいks」

真姫「…最後のksっていうのは多分ka、『か』って打とうとしたのね。私もよくキーボードで押し間違えるわ」

真姫「gg…は何を打とうとしたのかしら…」

真姫「まぁいいわ。私は西木野真姫なのよ。文章から意味は推察できるわ」

真姫「人質の意味を調べてこい、みたいな感じね。馬鹿にしてるわ」

真姫「にこちゃんを人質にとるだなんて許せない…!」

真姫「…でも本当ににこちゃんは捕まってるのかしら」

真姫「雪穂、あなた嘘ついてるんじゃないの!?」

ピロンッ

真姫「?」


雪穂がにこにーを招待しました

にこにー< >>27
27: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:48:18.45 ID:U9R1R7Aw.net
きゃあー誰か助けてえー
30: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:53:33.45 ID:BHLOXCYn.net
にこにー<きゃあー誰か助けてえー


真姫「!?」

真姫(なによこれ、ガチじゃない)

真姫(グアムまで来てジェンガやってる場合じゃなかったのね…)

真姫「にこちゃん!聞こえる!?大丈夫!?ひどいことされてない!?」


雪穂<今はまだ何も


真姫「…っ!」

真姫(何とかしなきゃ…)

真姫(…?)

真姫「あっ!」

真姫(盗聴器って、>>31についているあれ…?)
31: 名無しで叶える物語(しまむら)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:54:40.31 ID:TBigXk4p.net
ブラ
33: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:57:52.63 ID:BHLOXCYn.net
真姫(私のブラについてるこれ、もしかして…!)

パキッ

真姫(…どうかしら)


雪穂<音が聞こえなくなった

雪穂<何かした?

真姫<盗聴器は壊したわ

真姫<ざまあみろってものよ

雪穂<矢澤にこがどうなってもいいようだな

真姫<どういうこと

にこにー< >>34されちゃう
34: 名無しで叶える物語(聖火リレー)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 22:58:36.41 ID:ovNB35eP.net
破廉恥なこと
37: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:01:56.48 ID:BHLOXCYn.net
にこにー<破廉恥なことされちゃう


真姫「!?」


真姫<画像はよ

雪穂<だめ

真姫<なんで

雪穂<人質だから


真姫「くっ…!」

真姫(にこちゃんが破廉恥なことされるのに私はこんなところでなにやってるのよ…!)


真姫<今どこにいるの?

雪穂< >>38
38: まきちゃんは 【大吉】 (湖畔の町アレット)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:02:22.97 ID:kPc9KNBz.net
ジェンガからは想像もつかなかった流れ
39: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:02:58.05 ID:G7bSnpA0.net
シベリア
42: かいちゃった(笑)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:05:06.49 ID:whSEc3pA.net
雪穂<ジェンガからは想像もつかなかった流れ

真姫<そんなことは聞いてないわ

雪穂<草生える

真姫<答えて!

雪穂<シベリア


真姫「!?」

真姫「は、はあぁぁ!?」

真姫「なんだってそんなところにいるのよ…!」

真姫「…でも、いかなくちゃ…!」

真姫<今からいくわ

雪穂< >>43
43: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:05:38.03 ID:bweK7xwF.net
あくしろよ
47: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:10:42.23 ID:whSEc3pA.net
雪穂<あくしろよ


真姫「あくしろ…?ってどういうことかしら」

真姫「あく…。悪…、開く…、灰汁…。んー…?」


真姫<あくってなに?

にこにー< >>47のことにこ

雪穂<勝手に返信しないで

にこにー<ごめんにこー♥


真姫「…急いでるのにそんなことを要求してくるなんて…!」
48: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:10:58.27 ID:whSEc3pA.net
安価下
49: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:11:14.50 ID:YKpqNRZZ.net
投げキッス
52: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:19:03.93 ID:whSEc3pA.net
にこにー<投げキッスのことにこ

雪穂<勝手に返信しないで

にこにー<ごめんにこー♥


真姫「…急いでるのにそんなことを要求してくるなんて…!」

真姫「だいたいここからシベリアまで届くのかしら」

真姫「…ちゅっ」


真姫<したわ


真姫「…行かなきゃ」

……

真姫「パパが信じてくれない…。このままじゃシベリアに行けないわ…」


真姫<場所の変更はできる?

雪穂<できる


真姫「あ、できるのね」


にこにー<じゃあ>>53にいるにこ

雪穂<勝手に返信しないでってば


真姫「統率がとれてないわね」
53: 名無しで叶える物語(京浜急行)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:19:31.17 ID:mk5i6Qao.net
真姫ちゃんの家の前
56: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:23:02.08 ID:whSEc3pA.net
にこにー<じゃあ真姫ちゃんの家の前にいるにこ

雪穂<勝手に返信しないでってば


真姫「なんだか悪いわね…。せっかくシベリアにいたのに私の家の前まで…」

真姫「パパ!いますぐ帰りたいの!」

真姫「みんなにお土産買ってく約束してたのよね…」

真姫「>>57でいいかしら」
57: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:23:33.47 ID:2yQ1NbRJ.net
そのへんの土
62: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:25:31.18 ID:whSEc3pA.net
真姫「その辺の土でいいかしら」

ガサガサ

真姫「甲子園みたいね」


真姫<ここらの土を持っていくわ

雪穂<なぜ

にこ<なぜ

真姫<お土産よ


真姫「飛行機に乗るからスマホの電源は切らないと」

ピッ
64: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:28:43.22 ID:whSEc3pA.net
……

真姫<飛行機に乗るからスマホの電源きるから。着いたら連絡するわ


雪穂「どーしよう…」

にこ「そうね。土なんて持ってこられても…」

雪穂「そっちじゃなくて!なんでこんなことしちゃったんだろう…」

にこ「ネットだとあんなに強気なのに、なに弱気になってんのよ」

雪穂「うぅ…」

にこ「いい?今回の真の目的は、>>65なんだからね!死ぬ気でやりきるのよ!」
65: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:29:03.90 ID:PhTkgCzR.net
真姫の誘拐
72: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:38:57.21 ID:whSEc3pA.net
にこ「真の目的は真姫ちゃんのゆうかいなんだからね!」

雪穂「そう…ですね。頑張らないと、ですよね」

にこ「あんたもにこも、真姫ちゃんのことが好きだからこその行動よ。真姫ちゃんもわかってくれるわ」

雪穂「そう…ですかね…?」

ピロンッ

雪穂「あっ、きたみたい」


真姫<空港に着いたわ


にこ「雪穂、さぁ、にこを縛って!」

雪穂「はい!」ギュッ

にこ「ぁんっ♥」

雪穂「うわぁ」

にこ「…なによ」


真姫<もうすぐ家につくわ


雪穂「…真姫ちゃんの家族に見られるのはまずくないですかね」

にこ「…そうね」


にこにー<場所を変えるわ。>>73


……

真姫「…にこちゃんに場所変更権があるのかしら」
73: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:39:25.13 ID:XCHpW1vs.net
にこ邸
75: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:44:38.81 ID:whSEc3pA.net
にこにー<場所を変えるわ。にこ邸よ


真姫「…にこちゃんの家を抑えてるのね」

キーッ

真姫「パパ、ありがと。それじゃ、行ってきます」

……

真姫「…ここね」

ピンポーン

雪穂「入って下さい」

真姫「お邪魔します」ガチャリ

にこ(…緊張感にかける応答ね)

真姫「さぁ雪穂!にこちゃんを返して!」

にこ「助けてにこー」

雪穂「そういうわけにはいきません。言ったでしょう?私の目的はあなただと」

真姫「…どういうことよ」

雪穂「人質の身柄はあなたと交代で、ということです」

真姫「…!」

真姫「>>76
76: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:45:16.01 ID:rtfVWhai.net
びっくりするほどユートピア
80: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 23:55:45.25 ID:whSEc3pA.net
真姫「びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア!」パンパン

雪穂「!?」

にこ「!?」

真姫(…恥ずかしいけど、背に腹は変えられないわ)

真姫(詳しくは知らないけど、物事をよい方向に持っていくおまじないだと昔希が言っていた…。まさか本当にする日が来るとは思ってなかったけど…!)

真姫「びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア」パンパン

雪穂(どどど、どうしよう…!)

にこ(希がなにか吹き込んだわね…!)

にこ「真姫ちゃん!助けてー!」

雪穂「何をしているんですか!にこさんがどうなってもしりませんよ!」

真姫(全然状況がよくならないじゃない!でもこれ、10分やらないといけないのよ…)

真姫「びっくりするほどユートピア!びっくりするほどユートピア!」パンパン

にこ「…待つしかないわね」

雪穂「そんなぁ…」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
82: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:00:13.73 ID:RkfIYbMd.net
真姫(恥ずかしい)パンパン

……10分後

真姫「やっと終わったわ…」ヒリヒリ

雪穂「なんだったんですか…」

真姫(でもこれでなにか変わってるはず!)

にこ「真姫ちゃん!助けてー!」

真姫(そんな…、だめなの…?)

雪穂「ではにこさんに破廉恥なことをします」

にこ「きゃあー破廉恥なことされちゃうにこぉー」

真姫「何をするって言うの!?」

雪穂「>>83です」
83: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:00:41.03 ID:Gsn0K/Fp.net
スカートめくります
87: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:07:33.26 ID:RkfIYbMd.net
雪穂「スカートめくりです」ピラ

にこ「きゃあー」

真姫「なんて卑劣なことを…!」

雪穂「いいんですか、にこさんがこんな目にあってるんですよ!」ピラピラ

にこ「やーんえっちぃー」

真姫「…染みが」

にこ「!?」

にこ「ストップ!ストップ!」

雪穂「え?あ、はい」

にこ「真姫ちゃん」

にこ「見なかったことにして」

真姫「…ごめんなさい」

にこ「謝らなくていいから、忘れて」

真姫「…ごめんなさい」

にこ「…うぅ」

雪穂(なんてこったい)

真姫「…雪穂!更ににこちゃんに何をするつもり!」

にこ「!?」

雪穂「え!?あ、じゃあ、えーっと、>>88もします!」

にこ「ちょっとぉ!」
88: 名無しで叶える物語(京浜急行)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:07:53.74 ID:nEnl7pc2.net
きす
90: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:12:11.20 ID:RkfIYbMd.net
雪穂「きすもします!」

にこ「!?」

真姫「ひ、ひどい…!」

雪穂(あわわ、勢いに任せてとんでもないことを…!)

にこ(ちょっと雪穂!どういうつもりよ!)

雪穂(だって、ああ言われたらなにもしないのも不自然じゃないですか!)

真姫「ハヤクシナサイヨォ」

雪穂「い、いいんですか!人質がそんな目に遭ってもいいというんですか!」

にこ「真姫ちゃん!助けてにこー!」

真姫「>>91
91: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:12:38.96 ID:VV7l529E.net
やられる前に私がやるッ!
93: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:16:56.63 ID:RkfIYbMd.net
真姫「やられる前に私がやるわ!」ダッ!

雪穂「させません!」バッ

にこ「ちょ、わっ!」

直下コンマ
00~29 にこと雪穂がキス
30~59 にこと真姫がキス
60~89 真姫と雪穂がキス
90~99 3人は幸せなキス
94: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:17:09.70 ID:8nSSgM3w.net
はい
97: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:22:39.53 ID:RkfIYbMd.net
真姫「んむっ!」

雪穂「んぅっ!?」

にこ「ったぁ!?」ドターン

にこ「…てて…。…!?」

真姫「…ぷはっ!」

雪穂「は、はわぁ~///」

にこ「な、なな、ななな…」

真姫「…あら?」

にこ「なにしてんのよぉ~!!!」

雪穂「…///」ぷしゅ~

真姫「…ま、まぁ結果オーライね。逃げるわよ、にこちゃん!」

にこ「え?あ、そ、そうね…」

にこ(…雪穂、さらば)


……

真姫「ここまで来ればもう大丈夫ね」

にこ(どうしよう、完全に想定外だわ)

真姫「にこちゃん?」

にこ「>>98
98: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:23:22.16 ID:uuC626Un.net
さて本題に入るわよ
100: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:35:48.22 ID:RkfIYbMd.net
にこ「さて本題に入るわよ」

真姫「本題?どういうこと?」

にこ「もうここまで来たらわかってると思うから言うけど、にこと雪穂はグルたったのよ」

真姫「…!」

真姫「やっぱりね(そうだったの!?)」

にこ「なんでこんなことしたか、わかるかしら」

真姫「…それは」

ガサッ

雪穂「見つけました!」

にこ「雪穂!」

雪穂「真姫さん!付き合ってください!」

にこ「は!?」

雪穂「もう、キスまでした間柄ですから///」ポッ

真姫「…そうよね。責任とらないといけないわよね…」

にこ「」

にこ「抜け駆けは認めないわ!真姫ちゃん!私と付き合って!」

んちゅっ

真姫「みゅっ!」

雪穂「なぁっ!?」

真姫「…二人とキスしちゃった」

雪穂「にこさん!何してるんですか!」

にこ「あんたが独り占めしようとするから!」

にこ「…」

雪穂「…」

にこゆき「そうだ!」

真姫「?」

……
101: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:39:57.79 ID:RkfIYbMd.net
……

にこ「最初の予定通り、真姫ちゃんを誘拐したわ」

雪穂「ひとまず休戦ですね」

真姫「んーっ!んーっ!!」ジタバタ

雪穂「…ここからどうしましょうか」

にこ「うーん」

真姫(なんでこんなことに…)

真姫(どうしたらいいかしら…)

真姫「んーっ!んーんー!」

にこ「とりあえずさるぐつわをはずすわ」

真姫「>>102!」
102: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:40:25.56 ID:Gsn0K/Fp.net
にこちゃんあいしてる!
103: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:44:51.09 ID:RkfIYbMd.net
真姫「にこちゃん愛してる!」

にこ「ktkr!」

雪穂「!!!」

真姫「だからほどいて!」

にこ「…うーん、信じられないわね」

真姫「そんな…」

にこ「>>104したら信じられるかもしれないわねー」
104: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:45:17.80 ID:VV7l529E.net
でぃーぷきす
105: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:52:54.02 ID:RkfIYbMd.net
にこ「でぃーぷきすしたら信じられるかもしれないわねー」

真姫「それくらいいくらでもしてあげるから!(だからほどいて逃がして)」

にこ「さ、そのままどうぞ?」

真姫「…むぅ」

真姫「んっ」チュ

にこ「あぅ」

真姫「っはぁ…、んっ」レロレロ

にこ「はぁ、はふっ、んー…、ぷぁ、あっ、あ、」

真姫「ぷはぁ…っと、こんなものかしら」

にこ「はう~///」

真姫(よし!あと一人!)

真姫「雪穂、>>106
106: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:53:13.04 ID:I7Y5KW81.net
服を脱ぎなさい
107: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:55:22.09 ID:RkfIYbMd.net
真姫「雪穂、服を脱ぎなさい」

雪穂「!」

雪穂「真姫さんは私のこと、どう思ってるんですか…?」

真姫「>>108
108: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 00:55:35.67 ID:uuC626Un.net
愛人
110: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 01:03:31.98 ID:RkfIYbMd.net
真姫「愛人」

雪穂「!」

雪穂「あい、じん…」

真姫「そうよ。愛人…。愛する人、とかいて愛人。素敵な響きだと思わない?」

雪穂「でも、そんなの…」

真姫「雪穂がどう思おうと、私の一番にはきっとなれない。過ごして来た時間が違いすぎるわ。でも、愛してあげることはできる。そういうことよ」

雪穂「…」

真姫「さて雪穂、聞こえなかったかしら?私は服を脱げ、といったんだけど」

雪穂「はい///」キュン

真姫「ふふ、いい子ね」
114: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 01:13:34.53 ID:RkfIYbMd.net
真姫「雪穂、次は縄をほどいて?」

雪穂「はい///」

真姫「そしたらその縄でにこちゃんを縛って?」

雪穂「はい///」

真姫(…さて、どうしようかしら…)

真姫(このまま全部を投げ出して逃げ出すこともできるけど…)

真姫(私がするべき行動は…)

1.愛すべき日常に戻る
2.愛と欲望の日々を送る
3.愛と欲望の頂点を目指す
4.愛など要らぬ

下5つで多い番号
115: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 01:14:02.71 ID:VV7l529E.net
3
116: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 01:14:31.25 ID:aWdbatb/.net
3
117: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 01:16:23.58 ID:I7Y5KW81.net
4
118: 名無しで叶える物語(らっかせい)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 01:16:30.69 ID:+mjPdDWO.net
3
119: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 01:20:17.08 ID:aHEtODAd.net
3
120: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 01:28:47.55 ID:RkfIYbMd.net
真姫(私、もしかしてすごい魅力をもってるんじゃないかしら?)

真姫(もちろん、クールで冷静沈着、かしこいかわいいマッキーだもの。当然といえばとーぜんよね)

真姫「雪穂、私のどこが好き?」

雪穂「全部…」メロメロ

真姫「にこちゃんは?」

にこ「はぅ~」メロメロ

真姫「…聞くまでもないわね」

雪穂「…あの、服を脱いだのは、どういう…」

真姫「…あー、そうね、うーん」

真姫「私を思って一人でシてなさい」

雪穂「は、はい…///」

真姫「ふふふ…。みんなを私の虜にして見せるわ…。冷たいやけどを教えてあげるわ…!」メラメラ



…真姫ちゃんハーレムプリンセス編に続く
126: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 15:19:41.52 ID:RkfIYbMd.net
真姫「にこちゃんと雪穂は既に落としたとして…」

真姫「次は誰を手に入れようかしら」

真姫「…手始めに>>127から、ね」
127: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 15:25:22.29 ID:7Nw0nxTQ.net
花陽
128: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 15:31:33.84 ID:RkfIYbMd.net
真姫「手始めに花陽からね」

真姫「なんだかんだ一番の友達だと思ってるし、可能性を感じるわ」

真姫「…よし」


真姫<今暇?

花陽<うん。暇してるよー

真姫<ちょっと会えない?

花陽<いいよ

真姫<じゃあ今から花陽の家に行くわ

花陽<今から!?わかった!準備して待ってるね


真姫「これでよし、と…」
129: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 15:37:01.61 ID:RkfIYbMd.net
ピンポーン

花陽「はーい」トテテ

真姫「ごめんね、急に」

花陽「ううん、いいよいいよー。どうせご飯食べてたとこだから」

真姫「…3時に?」

花陽「でも、真姫ちゃんはグアムに行ってたんじゃないの?」

真姫「いろいろあったのよ。はい、これお土産」ガサッ

花陽「これは…野生のちんすこう!?」

真姫「ほんとはグアムの砂を持ってくるつもりだったんだけど、だめだったのよ。で、空港でやたらおすすめされてたからこれにしたの」

花陽「わぁーありがとう。嬉しいよぉ。さ、あがってあがって!」

真姫「お邪魔するわ」

……

花陽「はい、お茶」

真姫「ありがと」

花陽「えーと、何かする?」

真姫「そうね、>>130とかどう?」
130: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 15:37:58.32 ID:GkeRtJZJ.net
ポッキーゲーム
131: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 15:50:20.77 ID:RkfIYbMd.net
真姫「ポッキーゲームとかどう?」

花陽「ポッキーゲーム?」

真姫「そう」

真姫(花陽は押せばいけるはず!ちょっと強引だけど一気に攻めるわ!)

花陽「えーっと、ポッキーないから、ちんすこうでいいかな?」

真姫(ちんすこうで!?すぐ折れちゃうじゃない!)

真姫(花陽、可愛い顔して策士ね…!)

花陽「はい。あむ」

真姫「ちんすこうをくわえる花陽…。やらしい響きだわ」

花陽「あにいっへふほぉ!?///」(ナニイッテルノォ!?)

真姫「あむ」

真姫「ひふわお」(いくわよ)

花陽(…顔が近いよ真姫ちゃん///)

サク…

ポロ…

花陽「あ、あはは、折れちゃったね///」

真姫「むむむ…!もう一本やるわよ!次は折った方が罰ゲームね!」

花陽「えぇ!?」

真姫「あむ。はぁ!」(さぁ!)

花陽「うぅ…///あむ」

サク…

直下コンマ
ゾロ目で折れずに最後まで
01~49で真姫が折る
50~98で花陽が折る
132: 名無しで叶える物語(しか)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 15:52:41.79 ID:njG2VIlK.net
はい
133: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 15:54:20.67 ID:RkfIYbMd.net
ポロ…

花陽「あ…」

真姫「ふふん。罰ゲームね」

花陽「お、お手柔らかにね…?」

真姫「>>134
134: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 15:56:40.58 ID:GWkO5jis.net
裸エプロン
135: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 16:18:37.80 ID:RkfIYbMd.net
真姫「裸エプロン」

花陽「裸エプロン!?は、恥ずかしいよぉ」

真姫「恥ずかしいから罰ゲームなんでしょ」

花陽「今日の真姫ちゃん、どうしたの?なんかおかしいよ」

真姫「別に。いつも通りよ」カミノケクルクル

花陽「うーんー…?」

真姫「いいから、裸エプロンしてみせて。私しか見てないからそんなに恥ずかしがることないわよ」

花陽「うーん…」

花陽「…罰ゲーム、だもんね…」

花陽「着、着替えるところは恥ずかしいからあんまり見ないでね///」

真姫「わかったわ」



花陽「…ど、どうかな…?」

真姫「うん!よく似合ってるじゃない!やっぱりエプロンと花陽の相性はバッチリね!」

花陽(真姫ちゃん、なんか怪しいんだよね…)

花陽(ちょっとこっちから仕掛けてみようかな)

花陽「>>136

花陽攻略度 ♡♡♡ 不審度1
136: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 16:19:32.07 ID:4SpNRJaB.net
あててんのよ
137: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 16:26:49.34 ID:RkfIYbMd.net
花陽「…」ギュッ

真姫「ちょ、は、花陽!?」

花陽「あててんのよ」

真姫「あ、あてって、ええ!?」

真姫(まさかもうメロメロになったの!?裸エプロンにされて喜ぶとかドMなの!?)

真姫(でもこれも私のカリスマ性があってこその結果よね…。自分の美貌が、頭脳が、才能がにくいわ…)フッ

真姫「花陽、…いじめてほしい?」キメ顔

花陽(やっぱり真姫ちゃんおかしい…)

花陽「…なにをしてくれるの?」

真姫「>>138

花陽攻略度♡♡♡ 不審度2
138: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 16:29:29.38 ID:I7Y5KW81.net
あなたを犯すのよおおお!
140: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 16:39:15.11 ID:RkfIYbMd.net
真姫「あなたを犯すのよおおお!」ガバァッ!

花陽「ぴゃああああ!!!!」

凛「かよちん!!!」ガチャ!

真姫「り、凛!?」

凛「真姫ちゃん、かよちんに何してるの…?」

花陽「凛ちゃんっ。真姫ちゃんがなんかおかしいの!」

凛「真姫ちゃん。なんでそんなことしようとしたの…?返答次第ではどうなっても知らないから」

真姫「…>>141

花陽好感度 ♡♡♡ 不審度MAX
凛好感度 ♡♡♡ 不審度MAX
141: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 16:43:32.37 ID:8lAS4gg+.net
凛を犯したい
143: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 16:50:55.12 ID:RkfIYbMd.net
真姫「…凛を犯したい」

凛「!?」

真姫「…ふふ。そうよ、私を誰だと思ってるの?ねぇ凛。私はだれ?」

凛「ま、真姫ちゃん…?」

真姫「そう。私は真姫。私に手に入れられないものなんてないわ。ねぇ、そうでしょ?」

花陽「凛ちゃん、逃げて!」

凛「そしたらかよちんが!」

真姫「そんなに怯えないでよ。なにも命をとろうっていうんじゃないんだから」

花陽「…」コソ

凛(…かよちん!?)

花陽(真姫ちゃんの気を引いて!その隙に…)

凛(わかった!)

凛「真姫ちゃん!>>144!」
144: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 16:51:49.66 ID:cj7pN6FL.net
いいよ!
146: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:04:33.82 ID:RkfIYbMd.net
凛「真姫ちゃん!いいよ!」

真姫「素直ね。そういうの私は好きよ」

凛(かよちん、はやく…!)

花陽(いまだ…!)

花陽「やああああ!!!」ドーン!

真姫「さぁ、ベッドに…ぎゃん!」

真姫「…きゅう」(@_@)

凛「…ふぅ。大丈夫だった?かよちん」

花陽「うん…」

凛「かよちん、何があったの?裸エプロンなんてして」

花陽「実は、カクカクシカコジカコで…」

凛「…そうなんだ。…真姫ちゃん、なんでそんなことを…」

花陽「なにかストレスでもたまってたのかな…」

凛「…目が覚めたら聞いてみようよ」

花陽「…うん」

凛「よし、とりあえずご飯食べるにゃ!元気だして!かよちん」

花陽「…うん!」

トテテ


真姫「…うーん…」パチリ

真姫「あ…。そっか、私…」

真姫「少し気が大きくなりすぎてたのかも。ちゃんと順を追っていかなきゃだめよね…」

真姫「でもまだ諦めないんだから!」

真姫「そーっと、そーっと…。お邪魔しましたぁー…」コソコソ



花陽、凛、攻略失敗
147: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:05:13.10 ID:RkfIYbMd.net
真姫「失敗を生かして次に進むわ!」

真姫「次は>>148のところにいくわよ!」
148: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:05:39.47 ID:GWkO5jis.net
海未ちゃん
150: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:11:18.99 ID:RkfIYbMd.net
真姫「次は海未のところに行くわ」

真姫「手強そうだけど、意外とチョロいんじゃないかと踏んでるの」


真姫<海未、ちょっと時間あるかしら

海未<今から、ですか?

海未<でしたら一緒に食事に行きませんか?

海未<ちょうど今日の分の鍛練が終わったところなので

真姫<喜んで

真姫<海未の家のそばにいるから、すぐ着くわ

海未<わかりました


真姫「今度こそ…」


海未好感度♥♡♡
151: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:13:51.73 ID:RkfIYbMd.net
真姫「あら、海未。わざわざ外で待っててくれたの?」

海未「すぐ着くということでしたので」

真姫「馬鹿ね。風邪引くわよ?」

海未「平気です。鍛えてますから」

真姫「そう?私は心配だわ」

海未「平気ですってば。それで、今日は>>152に行こうと思っているのですが、よろしいですか?」
152: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:19:51.12 ID:4SpNRJaB.net
スパリゾート
155: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:36:18.94 ID:RkfIYbMd.net
海未「スパリゾートに行こうかと思っているのですが…」

真姫(食事とは)

海未「どうせ行くのならみんなで行きたいですよね。LINEしましょうか」

真姫(それはまずい!)

真姫「わ、私海未と二人で行きたいわ!」

海未「え?ですが…」

真姫「お願い!二人きりで行きたいの!誰にも秘密で!」

海未「…そ、そうですか。そこまで言うのなら、みんなで行くのは今度にしましょうか」

真姫「嬉しいわ!とっても!」

海未「…二人で行くのでしたら>>156でもいいのですが、どうしますか?」
156: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:37:45.52 ID:VV7l529E.net
その辺のホテル
158: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:48:20.15 ID:RkfIYbMd.net
海未「二人で行くのでしたらその辺のホテルでもいいのですが、どうしますか?」

真姫(ホホホホテルゥー!?)

真姫(危ない危ない。舞い上がったらダメ。さっきの二の舞になるわ。落ち着くのよ!)

真姫「…それもいいんじゃないかしら」

海未「本当ですか?」パアッ

真姫「…まぁお金くらいは出してあげてもいいわ」

海未「いえ、そう言うわけには行きません。ちゃんと自分で払います」

真姫(しっかりしてるし気も利くし、なんとか私のものにしたいわね…)


……

ホテル受付「お二人ですと、直下コンマ×500円になりますがよろしいですか?」
159: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:48:46.05 ID:YOfM2a1V.net
はい
163: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:53:06.94 ID:RkfIYbMd.net
ホテル受付「お二人で2500円になりますがよろしいですか?」

真姫(安っ!?えっ?私あんまり知らないんだけどそんなものなの!?)

海未「はい。えーと、一人1250円ですね」

真姫「こ、これくらい全然私出すわ!気にしないで!」グイッ

海未「…ありがとうございます。ではお言葉に甘えさせていただきますね」ニコッ

真姫(…いい笑顔するじゃない…。って、私が惚れてどうするのよ!)


やけに安い理由
>>164
164: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 17:54:40.31 ID:VV7l529E.net
シングルベッドしかない
165: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:09:14.93 ID:RkfIYbMd.net
真姫「…とりあえず、食事をとりましょうか」

海未「そうですね。私ももうお腹がすいてしまって…」

シェフ「本日のお食事はこちらになります」カタ

>>166
166: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:15:07.98 ID:GWkO5jis.net
凛ちゃんラーメン ニラトンコツ味
168: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:31:10.26 ID:RkfIYbMd.net
カタ

[凛ちゃんラーメン ニラトンコツ味]

真姫「…」

海未「…」

ペリペリ

真姫「…シール入ってる?」

海未「…いえ」

真姫「…そんなものよね」

……

ズルズル…

……

真姫「…ごちそうさまでした」

海未「ごちそうさまでした」

真姫「…部屋、行きましょうか」

海未「…そうですね」

……

海未「…ベッド、ひとつですね」

真姫「…まぁ、期待はしてなかったわ。最悪床で寝るのも覚悟してたもの」

海未「…ですね」

真姫「…ねぇ、なんでホテルに誘ったの?」

海未「>>169
169: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:32:09.56 ID:YOfM2a1V.net
貴女と一つになるためです
171: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:44:39.27 ID:RkfIYbMd.net
海未「貴女と一つになるためです」

真姫「!」

海未「ふふ。やっと言えました」

真姫「う、海未が!?私と!?」

海未「はい」

真姫「驚いた。てっきり海未は穂乃果やことりのことが好きなんだとばかり思っていたわ」

海未「…」


海未好感度♥♥♡


海未の思い

1.真姫一筋。純愛?ヤンデレ?ふふ、どうでしょうかね
2.誰でもよかったけどチョロそうな真姫ちゃんをとりあえず狙ってみたナンパ系姉さん
3.もうすでに穂乃果もことりも攻略済、真のハーレムプリンセス
4.凛たちから話は聞いています、こらしめてあげましょう

下5レスで多い番号
172: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:45:18.73 ID:quSPAjTr.net
3
173: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:48:16.14 ID:xt9I3CYP.net
1
174: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:48:43.90 ID:YOfM2a1V.net
3
175: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:49:58.04 ID:VK2TDK8X.net
4
176: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:50:42.04 ID:aXCOV86K.net
3
179: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 19:02:29.71 ID:RkfIYbMd.net
海未「…」

海未(ふふふ…。まさか私が真姫を狙っている、だなんて思いもしなかったでしょう?)

海未(私の部屋で待っていることりや穂乃果のところに、あなたも加えてあげますよ…)

海未「真姫もホテルまで着いてきたのです。満更では、ないでしょう?」

海未「隣、座りますね」スッ

真姫「え、ええ…」ドクン

真姫(端正な顔立ち、品のある素振り…。胸が、どきどきする…)

真姫(…わ、私は何を…。惑わされないで!自分をしっかり持たないと、まずい…、気がする…!)

海未「寝る場所がひとつしかないのです。一緒に寝るしか、ないですね」

真姫(海未、わかっててここを選んだのね…)

真姫(のってあげるわ。でも、最後に上にたつのは…)

真姫(私よ!)


海未攻略度♥♥♡

真姫攻略度♥♥♡
182: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 19:16:32.16 ID:RkfIYbMd.net
番外1 にこゆき

雪穂「んっ…、はあっ…///」

雪穂「あっ、あっ、あっ、あっあっああ///」

雪穂「ん~~~~っっっ!!///」

雪穂「はぁ…はぁ…」クタァ

雪穂「真姫さん…///」

にこ「雪穂!これをほどいてよ!ねぇ!」バタバタ

雪穂「ダメですよ。真姫さんの命令ですから」

にこ「その真姫ちゃんはいつまでたっても戻ってこないじゃない!」

雪穂「あぁ真姫さん…。もう何度この手でイッたことでしょう…。でもきっと戻ってきて、その手で、その口で、その腰で…。あは、楽しみ♥」

にこ「完全にイカれてるわね…」

にこ(真姫ちゃんはにこのものなのよ。誰にも渡さないんだから。…にしても縄がほどけないとどうすることも…)

にこ 攻略度♥♥♥ 攻略済
雪穂 攻略度♥♥♥ 攻略済
183: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 19:24:43.62 ID:RkfIYbMd.net
番外2 りんぱな


凛「あれ?真姫ちゃんが…」

花陽「いない…」

凛「どうしよう、あの真姫ちゃんを野放しにしたら…」

花陽「もう、猛獣じゃないんだから…」

凛「猛獣みたいなものだよ!うーん、みんなにLINEで聞いてみる?」

花陽「…でも、真姫ちゃんが正気に戻ったときに変な噂が広まってたら傷つくよ…」

凛「かよちんは優しすぎるにゃ…。じゃあにこちゃんにだけ聞いてみよう?」

花陽「うん、にこちゃんならちゃんと秘密守ってくれそうだよね」

凛「うん。じゃあそれとなくぼかして…」


凛<真姫ちゃんのこと知らない?


花陽「…これだとぼかしすぎてよくわかんないことになってるよ」

凛「…まぁ大丈夫にゃ」

……

凛「にこちゃん寝てるのかな、既読つかないよ」

花陽「こんな時間に?」


凛<おーい

凛<起きてるー?

凛<ぬゎんでよ!

凛<ぬぅいっぬぅいっこぬぃー!

凛<にっむにっむにー


凛「反応ないや」

花陽「や、やりすぎないようにね?」


凛攻略度♡♡♡ 攻略失敗
花陽攻略度 ♡♡♡ 攻略失敗
184: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 19:30:21.21 ID:RkfIYbMd.net
番外3 ことほの


穂乃果「海未ちゃん遅いね…」

ことり「うん。心配だね…」

穂乃果「でも『待て』って言われてるから待ってないとだよね…」

ことり「『お預け』されてるから我慢しないとね…」

穂乃果「海未ちゃんにもしものことがあったらどうする?」

ことり「もしものことって?」

穂乃果「えーっと、他の女の子に目移りしちゃったりとか」

ことり「別に平気だよ?」

穂乃果「え?なんで?」

ことり「だって最後にはことりのところに戻ってきてくれるもん」

穂乃果「どういうこと?」

ことり「運命、かな」

穂乃果「あはは、希ちゃんみたい」

ことり「もちろん、穂乃果ちゃんも一緒だからねっ」

穂乃果「うんっ!」



穂乃果攻略度♡♡♡ 攻略失敗
ことり攻略度♡♡♡ 攻略失敗
185: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 19:31:03.56 ID:RkfIYbMd.net
???


希攻略度???
絵里攻略度???
186: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 19:34:19.54 ID:RkfIYbMd.net
NO EXIT ORION編に続く
193: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 00:56:22.27 ID:jFcTf8/W.net
ピロンッ
ピロンッ
ピロンッ

雪穂「もう、なんですかさっきから、うるさいなぁ…」ヒョイ

にこ「ちょっと、にこのスマホよ!返しなさい!」ジタジタ

雪穂「真姫さんからかなぁ?すごい通知の数」

にこ「返してったら!」

雪穂「凛さんからだ。…?」



凛<だらごろ~

凛<にこちやまん

凛<あ

凛<既読ついた

凛<あのね、真姫ちゃん見てない?


雪穂「…どういうこと?」
194: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 00:57:12.30 ID:jFcTf8/W.net
にこにー<どうしたの?


にこ「は!?何勝手に返信してるのよ!何?凛からの用事は!ねぇったら!」


凛<うーん。にこちゃん。絶対秘密にしてくれる?

にこにー<秘密にするから詳しく聞かせて

凛<真姫ちゃんがね、かよちんに、えーっと、なんていえばいいかな、積極的に迫ったの

凛<でも、真姫ちゃんは興奮状態っていうか、正常な判断ができない感じ?だったから

凛<凛が止めたの。そしたら凛にも迫ってきて…

凛<これはまずいかなって思ったから一度落ち着いてもらおうと思ったんだけど、目を離した隙にどこかいっちゃったの

凛<もしあのままの真姫ちゃんだったらなにか大変なことになりそうな気がしたから

凛<にこちゃんがなにか知らないかなって



雪穂「……」ポイ

ポスッ

にこ「人のスマホ投げないでよ!…くっ、届かない…」アシノバシー

雪穂「…真姫さん、帰ってこないと思ったら、なにやってるの…?」

雪穂「ちょっと真姫さんさがしに行ってくる。待っててね。にこさん」ガチャ

にこ「待って!ほどいてから…!」

バタン

にこ「…嘘でしょ」

にこ「何よ…。何が起きてるの…?」
195: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 01:04:20.22 ID:jFcTf8/W.net
凛「…既読はついてるんだけど返事がこなくなっちゃった」

花陽「にこちゃんいっつも返信早いのに変だね」

凛「…にこちゃん何か知ってる、のかな」

花陽「それならなおさら返信をくれるはずだよ。にこちゃんだもん」

凛「うん。凛が暇なときにLINEすると何時でも返してくれる」

花陽「…それは迷惑だと思うからやめてあげよう…?」

凛「でもなんで返信くれないのかなー。長文うってるのかにゃー」

花陽「もう少し待ってみて返信来なかったら、にこちゃんの家に行ってみよっか」

凛「そうだね。もしかして寝ちゃったのかもしれないし」

花陽「真姫ちゃん、大丈夫かな…。元に戻ってればいいけど…」

凛「かよちんは自分の心配しないと。…今は凛がそばにいるから、安心してていいけどにゃ」

花陽「…うん。ありがと」
197: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 01:26:37.16 ID:jFcTf8/W.net
……

凛「結局返信来なかったにゃ」

花陽「…にこちゃん、家にいるかなぁ」

凛「わかんないなら、行ってみるしかないにゃ!」

……

凛「にこちゃーん!いるー!?」

ピンポーン

ガチャ

コンコン

凛「…開いてるにゃ」

花陽「凛ちゃん、順番がめちゃくちゃだよ…」


にこ「凛!」


凛「にこちゃんの声!いる!」ダッ

花陽「にこちゃん!あ、おじゃまします!」バタン
198: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 01:26:50.00 ID:jFcTf8/W.net
にこ「良かった…。二人が来てくれて助かったわ」

花陽「なんで縛られてるのぉ!?」

凛「今ほどくからね!」シュルシュル

にこ「ありがと」

凛「…これも真姫ちゃんがやったの?」

にこ「…そうとも言えるかもね」

にこ(これ“も”?どういうこと…?)

花陽「その真姫ちゃんはどこにいるか、にこちゃんは知ってる?」

にこ「さぁね…。どこかに行っちゃったわ」

凛「このままだと次の被害者が出るかもしれないよね…。凛、ちょっと行ってくる!」

凛「かよちんは危ないからここで待ってて!」バッ

花陽「リンチャン!」

凛「真姫ちゃんを見つけ出してすぐに戻るから!」ガチャッ

パキッ

バタン…

花陽「凛ちゃん…」

にこ「…とりあえず、スマホ…。…!」

にこ「画面が割れてる…!うわ、タッチも全然効かないし!なんで!?」

花陽(さっき凛ちゃんが踏んだのって…)

花陽(…花陽は何も見てません)
199: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 01:44:42.25 ID:jFcTf8/W.net
にこ「花陽、いったい何があったの?真姫ちゃんはどうしたの?」

花陽「え?LINE見たんだよね?」

にこ「見てないわ」

花陽「えぇ!?だって返信があったって凛ちゃんが…」

にこ「それは…」

にこ(…雪穂のことを話すと、ややこしくなるわよね。真姫ちゃんを誘拐しようとしてた、なんて言えないし)

にこ「…知らないわ。だってにこは縛られてたのよ?スマホになんてさわれなかったの」

花陽「そういえばそうだよね…」

にこ「凛が返信あったって嘘ついた…とか」

花陽「凛ちゃんはそんなことしない!」

にこ「…まぁ例えよ。とにかくにこは返信してないし、LINEの内容も知らない」

にこ「さぁ、何があったか話してくれる?」


花陽(…にこちゃん、目が泳いでる)

花陽(多分にこちゃんは何か隠し事をしてる)

花陽(そしてそれは多分、真姫ちゃんのこと、だと思う)

花陽(どうしよう、にこちゃんのこと、信じられないよ…)
207: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 23:33:43.31 ID:jFcTf8/W.net
……

穂乃果「…ねぇことりちゃん」

ことり「なぁに?」

穂乃果「海未ちゃんと穂乃果、どっちが好き?」

ことり「どうしたの?急に。ことりは二人のこと、おんなじくらいに大好きだよ?」

穂乃果「なんかね、不安なんだ」

穂乃果「ことりちゃんと海未ちゃんが、穂乃果をおいて二人きりでどこかにいっちゃうような、そんな気がして」
208: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 23:34:31.07 ID:jFcTf8/W.net
ことり「…穂乃果ちゃん、こっちおいで。抱っこしてあげる」

穂乃果「…うん」

ことり「大丈夫だよ、穂乃果ちゃん。ことりはずーっと穂乃果ちゃんと一緒」ギュッ

穂乃果「ほんとに?」

ことり「うん。約束」

穂乃果「えへへ、ありがと」

ことり「だから穂乃果ちゃんも、ことりとずっと一緒にいようね」

穂乃果「もちろん!…でも、海未ちゃんは、わかんないよね…」

ことり「そんなに心配?…そんなに海未ちゃんのこと、信用できないの?」

穂乃果「う、ううん!違う違う!そうじゃないよ!?海未ちゃんのことは信じてるよ!でも、穂乃果は、なんにもないから、だから…」

ことり「うーん、そんなことないと思うけど…。…じゃあ、特別に、ちょっとだけずるしちゃおっか♪」

穂乃果「?」

ことり「ちゅっちゅちゅ~~ん!遠くにいる海未ちゃんの声が聞こえる魔法の道具~!」

ことり「これを使えば海未ちゃんの本音が聞ける…かもしれない」

穂乃果「す、すごい…!まるで盗聴器みt」

ことり「それでは!スイッチオーン!」

ピッ

…ザー

『……Ο¶※∇……』

穂乃果「あ、何か聞こえてきた!」

ことり「静かにっ」

穂乃果「は、はいっ!」


海未『>>209
209: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 23:39:53.95 ID:4IeDEx28.net
くっ…私の弱点を的確に攻めてくるとは…私も負けませんよ!
211: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 23:43:37.18 ID:jFcTf8/W.net
海未『くっ…私の弱点を的確に攻めてくるとは…私も負けませんよ!』

穂乃果「…?海未ちゃん、どこかで戦ってるのかな」

ことり「ゲームじゃないんだからそんなことないと思うけど…」

穂乃果「あ、海未ちゃんじゃない声も聞こえる」

ことり「…この声は」


真姫『>>212
212: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 23:50:57.72 ID:emKQP4w4.net
終わらないパーティー……はじめましょう!
213: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 00:07:21.62 ID:F8zgPSjU.net
真姫『終わらないパーティー……はじめましょう!』


穂乃果「真姫ちゃんだ!」

ことり「そっか…。遅いと思ったら真姫ちゃんと会ってたんだ…」

穂乃果「なんの話してるんだろう…」

ことり「もうちょっと音を大きくしないと聞こえないかも。えっと、ここをこ《ザザザザッ!!!!》 ピイッ!?」

穂乃果「な、なに!?」

ことり「ノイズがすごい…。何か電波が出るものが近くに来てるのかも」

穂乃果「肝心なとこはわかんなかったけど、海未ちゃんは真姫ちゃんといるんだね」

ことり「…そうみたい」

ことり(海未ちゃん、ことりは信じてるからね?ことりの思いを裏切らないって)

穂乃果「真姫ちゃんとももっと仲良くなれるといいなー。あ、そしたら今度は四人でするのもいいかも!ね!?そう思わない!?」

ことり「…うん。そうだね、穂乃果ちゃん」


コンコン

ことり「あはは、騒ぎすぎちゃったかな…?」

穂乃果「あわわ、うるさくしてごめんなさい!海未ちゃんのお母さん!」

雪穂「お邪魔します」ガチャ

穂乃果「って、えー!?雪穂!?」

穂乃果「何?どうしたの?なんで海未ちゃんちに?」

雪穂「お母さんに聞いたら海未ちゃんの家にいるって聞いてさー」

穂乃果「だったらLINEしてくれれば良かったのにー」

雪穂「あはは、ごめんごめん。充電きれちゃって」

ことり「それで雪穂ちゃん、どういう用事?わざわざ来たってことは急ぎなんじゃないの?」

雪穂「あ、うん。…あれ?海未ちゃんはいないの?」

ことり「海未ちゃんはちょっと出掛けてるから、ことりと穂乃果ちゃんでお留守番してるの」

雪穂「んー、まぁいっか。聞きたいことがあって…」

穂乃果「なに?」

雪穂「真姫さん知らない?」
215: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 00:15:20.32 ID:F8zgPSjU.net
穂乃果「真姫ちゃん?なんで?」

雪穂「凛さんと花陽さんが探してるみたいで。お姉ちゃんのとこには連絡いってない?」

穂乃果「来てないけど…」

雪穂「そっか。それで、真姫さんの場所とか知ってたりする?」

ことり「ごめんね?ことり達は知らないの。みんなにLINEで聞いてみる?」

穂乃果(あれ?ことりちゃん、真姫ちゃんが海未ちゃんと一緒にいること教えてあげないのかな?)

雪穂「あ、いいよいいよ!もう時間も遅いし。それじゃ、お二人の時間を邪魔してごめんね?お邪魔しました」

穂乃果「も、もう!雪穂ったらなにいってるの!?///」

ことり「あはは、こっちこそお役にたてなくてごめんね。おやすみ、雪穂ちゃん」

雪穂「おやすみなさい。お姉ちゃん、迷惑かけないようにね」ガチャ

穂乃果「なにおう!?」
216: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 00:22:10.34 ID:F8zgPSjU.net
ことり「…」

穂乃果「真姫ちゃんのこと教えてあげれば良かったのに、なんで言わなかったの?」キョトン

ことり「えっとー、ほら、ことり達も場所とかは全然わからないし、あんまり適当なこと言わない方がいいかなって。ちゃんとわかったら改めて教えてあげよう?」

穂乃果「そっか。それもそうだね。あ、そうだ、さっきの機械直った?」

ことり「…あれ?さっきまでここにあったのに…」

穂乃果「…なくなってる」

穂乃果「間違って雪穂が持ってっちゃったのかな?」

ことり「…!穂乃果ちゃん!雪穂ちゃんを追いかけるよっ!」

穂乃果「あ、うん!そうだね!返してもらわなきゃね!」

ことり(まずい…!もし、雪穂ちゃんがわかってて持っていったのなら…!)


……

雪穂「見覚えのあるものあったから持ってきちゃった。これって、あれだよ、ね…?」
217: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 00:37:55.28 ID:F8zgPSjU.net
……

穂乃果「雪穂、家に帰ってないみたい」

ことり「真姫ちゃんを探してるってことだよね…きっと」

穂乃果「まだそんな遠くには行ってないと思うけど…」

ことり「穂乃果ちゃん、やっぱり穂乃果ちゃんは海未ちゃんの部屋で待ってて?」

穂乃果「え?…なんで?」

ことり「ほら、海未ちゃんが帰ってきたときに誰もいなかったら心配しちゃうから」

穂乃果「…ことりちゃんはずっと一緒だって言ったもん」

ことり「…お願い。信じて」

穂乃果「…」

ことり「お願い」

穂乃果「…嘘つき」

ことり「…」

穂乃果「…えへへ。ごめんね、わがままいって。穂乃果、待ってるから。ちゃんと雪穂見つけたら帰ってきてね!それじゃ!」ダッ



ことり「…ごめんね、嘘つきで」
218: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 00:46:08.50 ID:F8zgPSjU.net
穂乃果「あーあ、結局みんないなくなっちゃった…」

穂乃果「凛ちゃんと花陽ちゃんが真姫ちゃんのことを探してる…って雪穂は言ってたっけ」

穂乃果「雪穂がそのことを知ってるってことは、多分亜里沙ちゃんから聞いたんだよね。ってことは、絵里ちゃんから聞いたってことだよね」

穂乃果「そっか。凛ちゃん達は絵里ちゃんには相談したんだ。真姫ちゃんのこと」

穂乃果「…穂乃果ってそんなに頼りないかな…。リーダーだって思ってるのは穂乃果だけなのかな…」

穂乃果「そうだよね。穂乃果にはなんにもないから。ダンスも、歌も、知識も。衣装作りも作曲も作詞も、…なんにも」

穂乃果「ダメだ。一人でいると悪いことばっかり考えちゃう」

穂乃果「海未ちゃん、ことりちゃん、早く帰ってきて…」グス

ピロンッ

穂乃果「!」
219: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 00:59:09.74 ID:F8zgPSjU.net
……

凛「…闇雲に探してもみつかんない…」

凛「かよちんはああいってたけど、もう四の五のいってられないよ」

凛「聞くんならやっぱり穂乃果ちゃんだよね」


凛<穂乃果ちゃん、起きてる?

穂乃果<起きてるよ

凛<今日真姫ちゃんにあったりしなかった?

穂乃果<会ってない

凛<わかった。もし見かけたら教えて?

穂乃果<…穂乃果、今海未ちゃんの家にいるんだけど、来れない?

穂乃果<ごめん、なんでもない


凛「穂乃果ちゃん…?」


凛<そっちいくから、そこから動くんじゃあないにゃ。金をがま口に詰めてよこすにゃ

穂乃果<強盗かよ!笑


凛「…よし、まずは海未ちゃんちだ」


……

穂乃果「凛ちゃんにまで気を使わせちゃって、ほんとなにやってるんだろ、私」
244: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 22:47:15.63 ID:F8zgPSjU.net
アンケートの結果、展開が決定。複雑化していた流れを視覚化

ーーーーー

共通シナリオ

1. Cutie Panther 獲物は君だよ
(ジェンガ>>1~にこ邸>>120)

2. Darling!! 今から挑戦者
(攻略開始>>126~VS海未>>185)

3. NO EXIT ORION ほかに誰が必要なの?
(りんりんりんがべー>>193~強盗だ!>>219) 

分岐 ←イマココ

4-1. soldier game
うみまきメインシナリオ

 4-2. UNBALANCED LOVE
 ことほのメインシナリオ

  4-3. Listen to my heart!!
  にこりんぱなメインシナリオ




クリア後分岐追加

4-if. もしもからきっと ~本編よりサイドストーリー~
のぞえりメインシナリオ

ーーーーー
また、想定の10倍ほど話が長くなってしまったことをここにお詫び申し上げます
245: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 22:54:47.62 ID:F8zgPSjU.net
直下コンマでルート分岐
00   のぞえりシナリオ(本来は後でやる予定のもの)
01~20 うみまきシナリオ
21~70 ことほのシナリオ
71~99 にこりんぱなシナリオ

選ばれなかったシナリオは2週目以降で

次レスから本編
246: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 22:55:18.66 ID:l2wLP15v.net
250: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 23:14:42.23 ID:F8zgPSjU.net
UNBALANCED LOVE編

ことり「…居たっ!雪穂ちゃん!待って!」

雪穂「…ことりちゃん」クルッ

ことり「…はぁっ…。はぁ…。雪穂ちゃん…、持っていったもの、返してくれない、かな?…ふぅ」

雪穂「…なんのことですか?」

ことり「…とぼけてもダメだよ。持ってるんでしょ?」

雪穂「さぁ。どうだろ」

ことり「雪穂ちゃん!」

雪穂「とぼけてるのはどっちなのさ。あんな白々しいこと言って」

雪穂「真姫さんのこと、知ってたんですね」スッ

ピー…、ザザッ

雪穂「ほら、真姫さんの声、聞こえるよ?」

ザザッ…
真姫『>>251
海未『>>252

雪穂「真姫さんが海未ちゃんといるの、知ってたんですよね」

ことり「…あは、バレちゃった」

雪穂「これはもう返します。居場所もわかったから」ポイッ

ことり「わっ、ととっ…」

雪穂「それじゃ、失礼します」ペコ

ことり「…ことりも行く。海未ちゃんに会いに」

雪穂「…何をしに?」

ことり「きっと雪穂ちゃんとおんなじようなこと、かな」

雪穂「…それなら勝手にどうぞ」スタスタ


ことり(海未ちゃん、待っててね、今いくから。…穂乃果ちゃんも、もう少しだけ待ってて)
251: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 23:17:12.35 ID:FbnvyFUg.net
こっちがババかしら?
252: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 23:19:32.26 ID:l2wLP15v.net
……(無言の圧力)
253: 安価の結果はうみまきルートでご確認ください(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 00:11:45.95 ID:DP9G9LV8.net
……
コンコン

凛「穂乃果ちゃん、いる?」

穂乃果「うん。入っていいよ…って海未ちゃんの部屋だけどね」

凛「お邪魔しまー…、あれ?一人?ことりの」

穂乃果「海未ちゃんとことりちゃんといたんだけど、二人ともいなくなっちゃったんだ」

凛「そうなの?じゃあ帰っちゃえば?」

穂乃果「ううん。二人とも『待ってて』って」

凛「ふーん?あー!もしかしてそれで退屈だから凛を呼んだの!?」

穂乃果「あはは、そんなとこ」

凛「もー!穂乃果ちゃんになにかあったのかと思って心配してたのにぃ!」

穂乃果「なにもないよ。…なにも」

凛「…なんにもなかったら、なんでそんなに…」

凛(…なんでそんなに、泣きそうなの?)

凛「…海未ちゃん達はどこいったの?」

穂乃果「わかんない」

凛「…じゃあさ、絵里ちゃんとか希ちゃんとか呼んで、みんなでお泊まりしようよ。そしたら寂しくないでしょ?」

穂乃果「…また絵里ちゃんなの?」

凛「え?」
259: 寝落ちした(笑)(庭)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 12:08:04.41 ID:5KFu2yDS.net
本文訂正
>>253

凛「お邪魔しまー…、あれ?一人?ことりの」

凛「お邪魔しまー…、あれ?一人?」
254: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 00:34:30.60 ID:DP9G9LV8.net
穂乃果「穂乃果じゃ、ダメなの?」

凛「え?え?ちょ…」

穂乃果「あ、あれ?おかしいな、こんなこと、いうつもりじゃ…」グス

凛(な、なに!?凛、変なこといった!?)

穂乃果「ごめ、その、違う、そうじゃなくて…」アウアウ

凛「……」ギュッ

穂乃果「…凛、ちゃん?」

凛「凛、よくわかんないけど…わかんないけど、穂乃果ちゃんはダメじゃないよ」

穂乃果「ううん。ダメだよ…!だって、ことりちゃんにも、凛ちゃんにも…!今だって、こんな…!」

凛「ダメじゃないから、落ち着いて、凛の目をみて」

穂乃果「目…?」

凛「ほら、スッゴク綺麗な目ぇしてる。こんなにキラキラした目をしてる穂乃果ちゃんがダメなわけないよ」

穂乃果「…なにそれ、いみわかんない」

凛「ソレワタシノマネ!?」

穂乃果「…ぷっ。あははっ」

凛「うん。穂乃果ちゃんはそうやって笑ってるのが一番だにゃ!」

穂乃果「…穂乃果に出来るのはそれだけだから」

凛「それでいいんだよ。穂乃果ちゃんが笑顔なら、凛も嬉しいから」

穂乃果「もう、ホストみたい」

凛「いらっしゃいませにゃ、お嬢様」キリッ

穂乃果「それはホスト、かなぁ…?」


穂乃果(…穂乃果、やっぱりだめみたい)

穂乃果(だって、こうやってちょっと優しくされただけなのに、好きになっちゃいそうなんだもん…)
255: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 00:53:50.11 ID:DP9G9LV8.net
……

穂乃果「え?絵里ちゃんになにも話してない?」

凛「そりゃそうにゃ。絵里ちゃん真面目だからすぐ全体の問題にしちゃいそうだし(偏見)」

穂乃果「じゃあ雪穂は誰から聞いたんだろ」

凛「何を?」

穂乃果「凛ちゃんと花陽ちゃんが真姫ちゃんのことを探してる…ってこと」

凛「雪穂ちゃんがそれを知ってたの?じゃあ真姫ちゃんから聞いたのかな。…でも真姫ちゃんは凛達が探してること知らない…と思うし」

穂乃果「うん。雪穂も真姫ちゃんのこと探してたし、そんな風じゃなかったよ。てっきり絵里ちゃんづたいに聞いたんだと…」

凛「凛とかよちんが真姫ちゃんを探してる、…って知ってるのはにこちゃんだけのはずなんだけどにゃー」

凛「そのにこちゃんにも絶対秘密にしてっていったのに」

穂乃果(…なんだ、絵里ちゃんを頼ったんじゃないんだ)ホッ…

穂乃果(ほっ?)

穂乃果(…ほっとした?なんで?)

凛「…かちゃん、穂乃果ちゃん!」

穂乃果「ほぇい!?」

凛「…話聞いてた?」

穂乃果「…ごめん、全然」

凛「まぁいいにゃ。ちょっと縛るね」
256: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:08:05.43 ID:DP9G9LV8.net
穂乃果「なんで!?」

凛「いいからいいから」ロープギュッ

穂乃果「よくないよ!?」

凛「…これでよしっと。穂乃果ちゃん、ちょっと凛にLINEしてみて?」

穂乃果「いやいや、LINEどころかスマホも取り出せないよ」

凛「…やっぱりにゃ」

穂乃果「え?な、なにが?」

凛「つまり、にこちゃんが怪しい!」

凛「凛、一旦戻るね。あ、えーっと、穂乃果ちゃんは待つんだっけ?」

穂乃果「あ、うん…」

凛「わかった。じゃあもう凛いくね」

穂乃果「待って!」

凛「な、なに!?」


穂乃果「…ほどいてからにして欲しいな」

凛「おぅ…」

穂乃果「…あと、>>257
257: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 01:16:27.39 ID:iDbRdw2O.net
凛ちゃんの事が好きなの!
260: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 20:59:58.02 ID:DP9G9LV8.net
穂乃果「…あと、凛ちゃんの事が好きなの!」

穂乃果(えーい!言っちゃえ!)

凛「そんな『ついでに言っとこ』みたいな言い方されるとはおもわなかったけど、凛も穂乃果ちゃんの事好きだにゃ!」ホドキツツー

穂乃果「嘘!?凛ちゃんも!?」パアッ

凛「うん!なんていうか、気が合うっていうのかな。一緒にいて一番楽しいのは誰よりも穂乃果ちゃんだって思うし」

穂乃果「…えへへっ」

凛「だから凛の一番の友達だにゃ!あ、もちろんかよちんとか希ちゃんとかも一番なんだけど、『テンションあがるにゃー!』って一番なる友達は穂乃果ちゃん!」
 
穂乃果「…あー、そう、だよね…。…いや、うん。そうだよね!なら…。あの、凛ちゃん!」

凛「?」

穂乃果「お友だちからお願いします!」ペコッ

凛「今さらなにいってるのにゃ?穂乃果ちゃんはとっくに友達だよ!」

凛(…“から”?)

穂乃果「えへへっ、そうだね…。よーっし!穂乃果燃えてきたよ!そしていつかは一緒に暮らそう!凛ちゃん!」

凛「あはは、それは友達っていうより家族だにゃ」

穂乃果「そうだよ?」

凛「え?そうなの?うーん、じゃあ、かよちんも一緒でいい?」

穂乃果「いいよー。花陽ちゃんも、ことりちゃんも、海未ちゃんも。希ちゃんもにこちゃんも絵里ちゃんも真姫ちゃんも!みんなで一緒におーっきいお家に住もう!犬とかも飼おう!」

凛「おーっ!」

凛「なんだかわかんないけど元気が出たならよかったよかった。それじゃーねー!」ダッ!

穂乃果「うん!じゃあねー!」バイバイ



穂乃果「穂乃果って浮気性なのかな。でも、好きになっちゃうんだもん。…とりあえずは、友達から、だよね」

穂乃果「ことりちゃんと海未ちゃん、わかってくれるかなぁ。でも決めたんだ。穂乃果はみんなの帰ってくる『家』になろうって。誰かがどこかにいっちゃっても、穂乃果自身が帰ってくる場所になればいいんだよ」

穂乃果「…私は、みんなの事が大好きなんだ。それが私のほんとの気持ち…。だから、みんなの事を幸せにしたいって思う」

穂乃果「…だったら、いつまでもウジウジしてたらダメだよね。…とりあえずは絵里ちゃんに謝ろう。『ごめん』って。…何を謝るのかはわかんないけど、でもそうしたいから」

穂乃果「…とりあえず最初は、こんな遅くにごめん、かな」
261: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 21:22:18.82 ID:DP9G9LV8.net
……

テクテク

ことり「…穂乃果ちゃんのこと、どう思う?」

雪穂「なに?いきなり。…そうだなぁ…、もっとしっかりしてればなぁって思うけど」

ことり「ふふ、そうだね。でも、それだけ?」

雪穂「…悔しいけど、大きいなって思う。体がじゃなくて、心が。これ、お姉ちゃんには言わないでね?調子に乗るから」

ことり「ことりもね、穂乃果ちゃんの持つエネルギーはすごいなって思うの」

ことり「穂乃果ちゃん自身も制御しきれなくて、暴走しちゃったり不安定になったりしちゃう強いエネルギー」

ことり「ことりは…、ううん。きっとみんなも、その強いエネルギーに惹かれて集まってるんだと思う」

雪穂「…お姉ちゃんとののろけ話だったら聞かないよ?」

ことり「もうちょっとだけ聞いてくれる?…でね、穂乃果ちゃんの『好き』ってエネルギーがあるでしょ?」

ことり「穂乃果ちゃん自身わかってないみたいだけど、穂乃果ちゃんの『好き』はことり達とは違うって、なんとなくわかる?」

雪穂「…『love』じゃなくて『like 』ってこと?」

ことり「その答えだと△かな。穂乃果ちゃんの『好き』もやっぱり『love』なの。でも、限りなく『like 』に近い『love』」

ことり「穂乃果ちゃんはみんなを平等に愛したいって思う人。…そしてそれができるだけのエネルギーを持ってる」

雪穂「…そんなの二股みたいなものじゃん」

ことり「そう思うでしょ?でも、穂乃果ちゃんの思いは全部本物なの。嘘偽りない本物の愛。だから…」

雪穂「…その話は今度ね。もう着いたから」

雪穂「『ホテル >>262』…。ここだ」
262: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 21:41:40.46 ID:Ql+iqcw0.net
ハラショー
263: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 22:09:33.09 ID:DP9G9LV8.net
ホテル ハラショー
>>179のつづきから

……

真姫「ねぇ海未。先にシャワー浴びてきたら?」

海未「でしたら、時間がもったいないので一緒に入りましょうか」

真姫「はぁ!?イミワカンナイ!///」

海未「ここは格安ホテルなので、シャワーが1日あたり直下コンマ分しか使えないんです」
264: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 22:10:59.96 ID:R4sWkj8G.net
はい
265: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 22:14:36.62 ID:DP9G9LV8.net
海未「1日当たり96分しか使えないんです」

真姫「…割とつかえるじゃない。普通に海未の後に使うわ」

海未「…そうですね。割と使えますね…」

真姫「…何?一緒に入りたかったの?そうね。>>266したら一緒に入ってあげないこともないけど」
266: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 22:17:03.36 ID:Ql+iqcw0.net
ババ抜き
267: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 22:21:44.05 ID:DP9G9LV8.net
真姫「ババ抜きしたら一緒に入ってあげないこともないけど」

海未「ババ抜き、ですか?」

真姫「そう。ババ抜き。もちろん勝たなきゃダメよ?」

海未「くっ…私の弱点を的確に攻めてくるとは…私も負けませんよ!」

真姫(ふふん、海未がババ抜きに弱いのはわかってるんだから)

海未「いざ、勝負です!」
268: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 22:35:16.35 ID:DP9G9LV8.net
真姫「じゃあ、そうね…。負けた方が勝った方の言うことをきく、っていうのはどうかしら?」

海未「上等です」

真姫「ふふ。何度だって受けてあげるわ」

真姫「終わらないパーティー……はじめましょう!」

……

海未「…もう一度です!」

真姫「良いの?もう五回目よ?負けたら相手の言うことをきく約束、忘れてないわよね」

海未「わかっています!」

真姫(熱くなっちゃって。どれだけ必死なのよ。勝てっこないのに)

海未「…ぐぬぬぬぬ」



真姫「…10回目よ?」



真姫「……15回目」

……

真姫「…20回目…。もーやめー!降参降参!やってられないわよ!」

海未「まだです!」

真姫「私の負けでいいから!」

海未「…ですが!」

真姫「じゃあ二回命令していいから!」

海未「むむむむ…!」

真姫「これ以上は譲歩しないからね!」

真姫「ほら、終わり!さぁ、海未の命令はなに?なんでもきくわよ?シャワー浴びるんだっけ?」

海未「…仕方ありませんね。では…シャワーを浴びましょうか」

真姫「はいはい。で、もうひとつの命令は?」

海未「そうですね。なんでも言うことをきく…んですよね?…決めました。真姫の勝ちを0ということにしましょう」

真姫「」
269: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 22:40:20.28 ID:DP9G9LV8.net
真姫「ちょっ、それはめちゃくちゃじゃない!」

海未「なんでもいうことをきく、というのであればルールの範囲内です。先に権利をくれたのは真姫ではないですか」

真姫「そうはいっても遠慮ってものはないの!?」

海未「勝負に遠慮などありえません」

真姫「海未はその勝負そのものに一回も勝ってないでしょ!?」

海未「さぁ、シャワー浴びましょうか」グイグイ

真姫「人の話を聞いてったらぁーー!」
270: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 22:49:21.55 ID:DP9G9LV8.net
…シャワ―――――……

真姫(押しきられちゃったけどここはある意味チャンスよ…!私のキスで虜にしてあげるわ。キス、結構得意なんだから)

真姫「ねぇ海未?こんな狭いシャワールームに連れ込んで、どういうつもりなの?」

真姫「もしか…」

ちゅう~…

真姫「!!??」

真姫(先手をとられた!?)

海未(ふふ…。真姫はどうやら接吻を狙っていたようですが、それはむしろ私の十八番なんですよ…!ふふ…なんど投げきっすをやらされたことか…)

真姫(しかも、上手い…!)

真姫「…んっ!」

海未「おっと失礼、唇があたってしまいました。何か言おうとしてましたか?」

真姫「…なんでも、ないわ///」

真姫(キスじゃ敵わない…。なら、>>271するまでよ…!)
271: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 22:51:34.94 ID:tO5o2ViC.net
愛撫
272: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 23:03:20.22 ID:DP9G9LV8.net
真姫(なら、愛撫するまでよ…!)

海未(…真姫の目付きが変わった…。まだ抵抗の意思があるようですね)

海未「とりあえず、シャワーの時間が切れる前に体や髪などを洗いましょうか」

真姫「そうね。…じゃあここを洗ってあげる!」バッ

ガシッ

真姫「…そんなっ!?」

海未「遅いです。その程度ではまだまだ、ですね」

海未「武道をやっていると気の流れからこれくらいの事は察知できるのですよ」

真姫(これが…、圧倒的な力の差…)

海未「そういうことはシャワーを終えてからゆっくり致しましょうか」ニコ…

真姫「…っ」

真姫(どうしよう…。ここまでだとは思ってなかった…!)

真姫(このままじゃ確実にオトされる…!)
274: (笑)(庭)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 13:06:10.43 ID:01HZTht0.net
……

海未「おや?真姫はもうでるんですか?まだ時間は残っていますが…」

真姫「ええ。先にあがらせてもらうわ」

海未「そうですか。では、私も」

真姫「いいの?シャワーの時間はまだ残ってるんでしょ?」

海未「真姫と一緒にいる時間の方が大切ですから」

真姫「…///」プイッ

海未(あと二押し、といったところですかね)
275: (笑)(庭)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 13:06:40.20 ID:01HZTht0.net
……

海未「さて、それでは寝ましょうか」

真姫「待って!もう一度ババ抜きをしましょう」

海未「はい?」

真姫「海未にチャンスをあげるって言ってるのよ。一回も勝たないまま、なんて可哀想だから」

海未(安い挑発を…。ですがまぁ真姫の機嫌を損ねないためにもここは遊んであげますか。…負けっぱなしも癪ですし)

海未「いいでしょう。受けてたちます」

真姫「ルールはさっきと同じだから」

真姫(よしっ!あとは勝つだけ!)

真姫(そして勝ったら…、戦略的撤退!今のままじゃ防戦一方。逃げるんじゃなくって態勢をたてなおすための戦略的撤退をさせてもらうわ!)
276: (笑)(庭)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 13:07:14.02 ID:01HZTht0.net
……チクタク

真姫(あら?海未がなかなかババをひかないわね。一度でも海未にわたればそれで勝ちは確定なのに…)

……チクタク

真姫(…嘘、でしょ)

真姫(ここまで、ひかないなんて…)チラ

[Q] [Joker]

真姫(もしかして海未…、なにか細工をしてるの…!?)

海未「ふふふ…」ニヤ
277: (笑)(庭)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 13:07:39.18 ID:01HZTht0.net
……

海未(ふふ、ふふふふ…!)

海未(何故だかやたら運がいいです!)

海未(私の手持ちはクイーン一枚。つまり真姫の手にはクイーンとジョーカー…)

海未(最後にクイーンを揃えたものが真のクイーン、ということですか。神様も粋な計らいをしますね)

海未「さぁ、終わらせますよ!」

真姫(あの目は真剣勝負するときの目…。なら、こっちにも勝ち目はある!)

真姫「来なさい!」スッ

真姫(ジョーカーを少し上に出して…と)

真姫「こっちがババかしら?」

海未「……(無言の圧力)」

真姫(…っ、何も言ってないのに気圧される…!でも、引き下がれないっ!)

真姫「それとも下がっているこっちかしらね」

海未「……」

海未(運命は私に味方しています…。クイーンを我が手に!……。……。…!)

海未「こっちてす!」

真姫「!」


直下コンマ下一桁が
奇数→クイーン
偶数→ジョーカー
278: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 13:11:15.53 ID:q7gjRUSW.net
ジョーカーこい
281: >>279は無視して(笑)(庭)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 13:25:50.19 ID:01HZTht0.net
海未「クイーンを、ひけた…!」

[Q]

真姫「う、嘘…」

海未「やりました!これであがりです!帰ったらことりに自慢しましょう!」パラリ

海未「…コホン」

海未「さて、いったい何をしてもらいましょうかね」

真姫「…っ」

海未「>>282でもしてもらいますか」
282: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 13:29:57.38 ID:b2pBlSsh.net
おもらし
284: (笑)(庭)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 16:35:47.75 ID:uh2QZXyv.net
海未「おもらしでもしてもらいますか」

真姫「…いや。嫌よ」

海未「負けた方は勝った方の言うことをきくのではなかったのですか?」

真姫「それはっ、そう、だけど…。海未、あなた正気なの?」

海未「好きになった人のお漏らしを見たい。…なにかおかしいですか?」

真姫「おかしいわよ!変態じゃない!」

海未「なんとでも言ってください。ほら、水ならたくさんあります」

蛇口キュッ

…ピチョン

海未「…シャワーだけでなく水道も止まるんですね、このホテルは」

真姫「なんなのよこのポンコツホテル…」


……

絵里「…クシュン」

絵里「誰かがどこかでかしこいかわいいっていったきがするわ」

亜里沙「ハラショー」
285: (笑)(庭)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 16:36:14.94 ID:uh2QZXyv.net
……

海未「仕方ありません。飲み物を買ってくるのでここで待っていてください。5分ほどで戻りますので」

真姫「…わかったわ」

真姫(チャンス!海未がいなくなったらこんな場所とっととおさらばよ!)

海未「…逃げよう、などと考えないように。それでは」ドアバタン



真姫「…そろそろいったかしら」

真姫「ばっかじゃないの。誰がお漏らしさせられるのを黙って待ってるっていうのよ」

真姫「そうでなくてもこのボロホテルに泊まるなんてありえないわね。床でも抜けるんじゃないの?」トントン

真姫「ま、関係ないけど」ガチャ

海未「…はぁ。やはり逃げようとしましたね」

真姫「う、海未!?」

海未「そういうことをしないように、といったはずですが?」ギロリ

真姫「そ、その…」


雪穂「あ、いた!真姫さん!迎えにきましたよ!」

ことり「海未ちゃんも。遅いから心配したよ~」

真姫「雪穂!?」

海未「…時間をかけすぎましたね」

海未「まぁちょうどいいです。せっかくですし二人にも見ていってもらいましょう。真姫のお漏らしを」クス
286: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 17:54:39.02 ID:DpEQ4Uxd.net
……

にこ「どうしたの?花陽。なんで黙ってるのよ」

花陽「…あ、うん…。は、花陽がなにか間違ってるといけないから、凛ちゃんが戻ってきたら凛ちゃんに聞こう?」

にこ「いいわよ別に多少話が違っても。大筋でいいから話して」

花陽「…でも」

にこ「もう。何があったのか話してくれないと全然わからないんだけど」

花陽「…うん」

にこ「凛のあの言い方だと、あんたたちは真姫ちゃんになんかされたんでしょ?大丈夫だから、話してみなさいよ」

花陽(…にこちゃん、言葉と心が繋がってないよ。そんな形だけの言葉、全然響いてこない。空っぽの音…)
287: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 17:55:07.74 ID:DpEQ4Uxd.net
にこ「…はぁ。じゃあスマホで凛に連絡とりなさい。それなら話さなくていいから」

花陽「…それは」

にこ「なんなの?さっきからはっきりしないわね。緊急事態なんじゃないわけ?」イライラ

花陽「…にこちゃん」

にこ「あによ」

花陽「花陽ね。いつもアルパカさんの面倒見てるでしょ?」

にこ「…そうね」

花陽「アルパカさんって喋れないでしょ?でも、ずっと一緒にいるとね、何をしたがってるのか、何が言いたいのか、何となくわかるようになってくるの」

にこ「…それで?」

花陽「今のにこちゃんはね、花陽に話しかけてるけど、花陽のことを見てないよ。言葉は聞こえてくるけど、思いの何もない、ただの音」

花陽「にこちゃんは、誰を見てるの?」

にこ「……」
288: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 17:55:39.54 ID:DpEQ4Uxd.net
バン!
凛「かよちん!にこちゃんから離れて!」

花陽「凛ちゃん!」

凛「にこちゃん、凛のLINE、見てないでしょ」

にこ「…見てないわ」

凛「ねぇ。にこちゃん、正直に答えて」

凛「にこちゃんと真姫ちゃんって、…グル、なの?」

にこ「違うわ」

凛「…雪穂ちゃんは?」

にこ「…なんでそこで雪穂の名前か出てくるのよ」

凛「答えてよ、にこちゃん。答えて!」

にこ「雪穂も、関係ないから」

花陽「…」

凛「…そっか。行こ、かよちん」

花陽「凛ちゃ…」

凛「はやく」

にこ「待ちなさいよ!」

凛「嘘つきのにこちゃんと話すことなんてないから」

凛「…ばいばい」

花陽「……お邪魔しました」

バタン
289: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 17:57:03.73 ID:DpEQ4Uxd.net
にこ「なによ…、なんなのよ…!」

にこ「にこがなにしたっていうわけ?…そりゃ、真姫ちゃんを誘拐しようとしたことは悪いとは思うけど、そんなの冗談みたいなもんでしょ!?」

にこ「なんであんな風に言われなきゃいけないわけ!?それにあの目!可哀想なものを見るようなあの目はいったいどういうつもりなのよ…!」

にこ「可哀想?誰がよ!真姫ちゃんも戻ってこないし凛と花陽もあんなだし、スマホも壊れてるけど!!ほんとなんだっていうのよぉ!!」

にこ「…うぅ…。真姫ちゃん、はやく戻ってきなさいよぉ…」
290: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 17:58:20.37 ID:DpEQ4Uxd.net
……

凛「かよちん、大丈夫だった?」

花陽「うん。なにも」

凛「良かった。それじゃ、穂乃果ちゃんのところにいくにゃ」

花陽「凛ちゃん、さっきは…」

凛「あー、うん。えっと、最初から話すね?まず、探しに出たのはいいもののやっぱり真姫ちゃんがどこにいるかぜんぜんわかんなくって、穂乃果ちゃんにも聞いてみたの」

凛「そしたらね、穂乃果ちゃんのところには既にちょっと前に雪穂ちゃんが来てたらしくって、凛とおんなじように『真姫さん知りませんか』って訪ねたんだって」

花陽「雪穂ちゃんも真姫ちゃんになにかされたの、かな」

凛「それが、『凛さんと花陽さんが真姫ちゃんを探してるのを手伝ってる』って言ってたって」

花陽「…え?」

凛「おかしいよね。それを知ってるのはにこちゃんだけのはずなのに」

凛「それと、にこちゃんは縛られてたはずなのに凛に返信があったでしょ?」

花陽「にこちゃんも言ってた。縛られてたからLINEは見れなかったって」

凛「うん。最初は返信したあとに縛られたのかなって思ったんだけど、にこちゃんはLINEを見てないって言った」

凛「ってことはにこちゃんが縛られたあとに誰かが返信したってことだよね」

花陽「そうなるね」

凛「それができるのはにこちゃんを縛った…、それもにこちゃんが嘘ついてるのかもしれないけど、信じるのなら、にこちゃんを縛った真姫ちゃんか、凛と花陽が探してることを知ってた雪穂ちゃん」

凛「そこまではわかったんだけどどっちか、まではわかんなかったから、にこちゃんに直接聞いてみたっわけにゃ」

凛「凛にはかよちんみたく人の嘘を見抜く能力はないけど、でも雪穂ちゃんの名前を出したときに明らかに動揺してた」

凛「なのににこちゃんは『雪穂は関係ない』って言った。あれは嘘だよね」

花陽「別に花陽に嘘を見抜く能力なんてないよ。なんとなく、人の気持ちに敏感になっちゃうだけだから。でも、そうだね。雪穂ちゃんも関係してるよね。間違いなく」

凛「例えばにこちゃんが気絶してる間に雪穂ちゃんがこっそりスマホを見たってこともあるかもしれないけど、それならにこちゃんは雪穂ちゃんのことを聞かれたときにあんな動揺しないよね」

凛「何か隠してるにゃ」

花陽「すごいよ凛ちゃん。そんなことまでわかるなんて」

凛「かよちんだってわかってたでしょ?にこちゃん、わかりやすいもん」

花陽「あはは、まぁちょっとはね。でも、花陽はあんな風に言えないから、きっとうまくいかなかったと思う」

凛「ううん。かよちんがいたから、凛はああやって吹っ掛けることができたんだよ」

花陽「えへ、ありがと。それで、穂乃果ちゃんのところにいくんだよね?道、こっちじゃないような…」

凛「海未ちゃんちに穂乃果ちゃんはいるんだ。とりあえずそこで今日はお泊まりしよ」
291: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:31:45.40 ID:DpEQ4Uxd.net
……

ピッ

穂乃果「絵里ちゃん、ごめん!」

絵里『…えっと、何の話?』

穂乃果「その、とにかくごめんなさい!」

絵里『ちょっと、さすがに内容もわからないと許しようがないわよ?』

穂乃果「うーんっとね、穂乃果、絵里ちゃんに嫉妬しちゃったんだ。絵里ちゃんは皆に頼られてて、ずるい!って」

絵里(なるほど、きっとさっき私のことをかしこいって噂したのは穂乃果ね。ふふん)

穂乃果「でも、勘違いで、別に絵里ちゃん頼られてなかったから」

絵里『え?…あ、そう…』

絵里(ハラショーック!頼られてなかったの!?聞きたくなかったわ!)

穂乃果「それでね、絵里ちゃん、絵里ちゃんは穂乃果のこと、好き?」

絵里『いきなり何よ…。まぁ好きよ』

穂乃果「び、微妙な感じ!?」

絵里『そんなことないわ。大好きよ』

穂乃果「じゃあ、大人になったらさ、一緒に暮らそう!?」

絵里『は、話が飛躍しすぎよ!』

穂乃果「だめ?」

絵里『ダメじゃないけど…』

絵里『>>292
292: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 18:38:01.79 ID:EIXoLAWT.net
無論二人暮らしよね
295: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 19:28:58.23 ID:eGZG0hw5.net
絵里『無論二人暮らしよね』

穂乃果「へ?ううん。μ'sの皆で一緒に暮らそうと思ってるんだけど…」

絵里『>>296
296: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 19:32:17.07 ID:2E3a/1E8.net
は?シベリア送りな
297: (笑)(庭)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 20:00:32.86 ID:eGZG0hw5.net
絵里『は?シベリア送りな』

穂乃果「ぅえ!?」

絵里『一緒に暮らすっていったら普通に考えて二人きりでしょ。少しシベリアで頭を冷やしてきたら?シベリア、そんなに遠くないわよ』

穂乃果「い、いやいやいや!おかしいよね!?そんな急に冷たくならないでよ!絵里ちゃんの方がキンッキンに冷えてるよ!」

絵里『まぁシベリア送りは流石に冗談にしても、それくらい私はムッとしたわ。私は穂乃果のことが大好きなの。だったら当然二人暮らしね』

穂乃果「ほ、穂乃果も絵里ちゃんのこと大好きだよ?でも、μ'sの皆も大好きだから、だから皆で…」

絵里『それってほんとに大好きなの?私は穂乃果に全てを捧げられるつもりよ。100%』

穂乃果「う…。ほんとに大好きだってば…」

絵里『でも、穂乃果は一人辺り12.5%しか愛を注げない…って、そう言ってるようなものよ』

穂乃果「そ、そうやって数字を出されると…」

絵里『ね?穂乃果はそれだけ失礼なことを私に言ったのよ』

穂乃果「ちゃんと絵里ちゃんに100%の愛を注ぐもん!」

絵里『なら、他の皆は諦めるのね?』

穂乃果「でも、皆も100%愛する!」

絵里『…だから、そんなことできっこないって』

穂乃果「できるもん!絵里ちゃんのわからず屋!」

絵里『なっ!?』

ピッ

穂乃果「…。できるよ…。穂乃果の中にある好きって思いは、100%なんかじゃ足んないくらいあるんだもん…」

コンコン

凛「かよちんをつれて戻ってきたにゃー…ってまた泣いてる!?」
298: (笑)(庭)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 20:12:57.49 ID:eGZG0hw5.net
凛「どんだけ住所不定無職なのにゃ」

穂乃果「え?…ぅう、どういうこと?」グシグシ

花陽「凛ちゃん、それを言うなら情緒不安定だよぉ」

穂乃果「いや、それは流石に…」

凛「そうだったにゃ。うっかりはちべー」

穂乃果「え!?ほんとにそうなの!?」

凛「はい泣き止んだ」

穂乃果「あ…」

凛「それで、今度はどうしたの?寂しくなっちゃったの?かよちんとおんなじだね」

花陽(元々は凛ちゃんが泣き虫って設定だったのに)

穂乃果「ううん、違くって、あのね…」

……

穂乃果「ってことが…」

花陽「うーん、それは…」

凛「>>299ちゃんが間違ってるにゃ」
299: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 20:19:29.33 ID:L3cgcK/S.net
ほのか
300: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 20:45:57.68 ID:663rpIqz.net
凛「穂乃果ちゃんが間違ってるにゃ」

穂乃果「えぇ!?なんで…?」

凛「だってそういう好きっていうのは、その人の一番になりたいってことだよ?それなのに穂乃果ちゃんの『一番』がたくさんいたら、他の皆と同じ距離でのお付き合いになっちゃうにゃ」

穂乃果「でも、凛ちゃんだって『穂乃果のことも花陽ちゃんのことも希ちゃんのことも一番だ』って…」

凛「それは友達だもん。みんな一番だよ」

凛「でも、絵里ちゃんの言ってる好きはね、『みんなと一緒じゃだめ、特別に思って欲しい』っていう好きなの」

花陽「あはは、なんだか恥ずかしい位に直球だね…」

穂乃果「…」

凛「だから、穂乃果ちゃんの答えはばってん。大間違いだにゃ」

穂乃果「…。難しいなぁ…」

花陽「花陽はね、穂乃果ちゃんの気持ち、ちょっとわかるよ」

花陽「アイドルファンの人が言う、○○推しってあるでしょ?あれの全員好きバージョンで、DDっていうのがあるの」

凛「デデーコング?」

花陽「誰でも 大好き の頭文字をとってDD。みんなかわいくって一番なんか選べないよ!ってこと」

穂乃果「…それだとさ、一番なんていません…ってことじゃない?」

花陽「さっきの言い方だとそうなっちゃうかも。でも、花陽もアイドル好きだから、そういう気持ちもちょっとわかるから」

穂乃果「…やっぱり、難しいな…」
301: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 20:48:16.19 ID:663rpIqz.net
……

にこ「…はぁ。じっとしてても仕方ないわ。にこはにこで動き出さないと…」

にこ「とはいえスマホも使えないのよね…」

にこ「>>303、家にいるといいんだけど…」
303: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 21:05:43.82 ID:B1bYT6BT.net
真姫
304: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 21:25:18.45 ID:663rpIqz.net
にこ「真姫ちゃん、家にいるといいんだけど…」ガチャ

にこ「期待は薄いとはいえ、何かしないと始まらないし。とりあえず真姫ちゃんに会う。…家にいたらいたで、にこのことほっといてなにしてんのって話だけどね」テクテク
sssp://o.8ch.net/5vtc.png
305: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 21:30:02.79 ID:663rpIqz.net
希「…真姫ちゃんは家におらんよ」

にこ「…ひっ!?」ビクッ

にこ「…なんだ、希じゃない。どっから出てきたのよ」

希「なんだとはなんだ」

にこ「だいたい、なんで希がそんなことわかるのよ」

希「だってウチ、>>306
306: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 21:39:53.06 ID:hvJyFBG2.net
エスパーなんやもん
307: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 21:54:03.14 ID:663rpIqz.net
希「だってウチ、エスパーなんやもん」

にこ「…じゃ、にこ急いでるから」

希「ちょ、まって、まってー!」

希「嘘やない、ほんとやって!」

にこ「非科学的ってレベルじゃないもの。信じる人は穂乃果くらいね」

希「なら、にこっちがさっきまで何て言ってたかおしえてあげよっか?えーっと、なんやったかな、『真姫ちゃん、はやく帰ってきてぇ~(泣)』やったっけ?」

にこ「違!や、はぁ!?なにいってんの!?んなこというわけないでしょ!?」

希「まぁまぁ、あんな激しいキッスをくらったらメロメロになっちゃうのも仕方ないって」

にこ「な、なんで、そのことまで…」

希「もっと言うたら誘拐なんてしたらあかんよ。まぁこれはにこっちだけの問題やないけど」

希「海未ちゃんも海未ちゃんでいろいろやってるし、穂乃果ちゃんも…、おっと!?」

にこ「…」ツヨクウデツカミ

希「痛い、にこっち、痛いから、手をはなしてくれたら嬉しいんやけど」

にこ「あんた、なんなのよ」

希「せやから、エスパーやっていうたやん」

にこ「そんなわけないでしょ!」

希「ある。目に見えるものがすべてじゃないよ。だって科学だけで世界ができてるわけやないんよ?そりゃぁもちろん非科学的なものくらいあるに決まってる。そうやろ?」

にこ「へりくつね」

希「ウチが真姫ちゃんの居場所教えたら信じてくれる?」

にこ「!知ってるの!?」

希「うん。急がんと、真姫ちゃんが大変なことになる」
310: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 22:04:14.45 ID:HKZ3PsdE.net
……

ヴー…

ピッ

絵里「…なに?希」

希『えりち、今大丈夫?』

絵里「…大丈夫だけど」

希『なら、ちょっとお願いがあるんやけど』

絵里「お願い?」

希『うん。実は今、海未ちゃんの家で海未ちゃんがとーっても悲しんでるんよ。だからえりちには海未ちゃんを笑わせに行って欲しい』

絵里「…そういうのはにことか穂乃果の役目でしょ」

ドーユ-コトヨ! シ-ッ!

希『…んん。いや、これはえりちにしか頼めないんや』

絵里「急にそんなこと言われても困るわよ…」

希『海未ちゃんの部屋にドッキリ風になんか面白いことしながら入るだけでええんや…』

絵里「それだいぶハードル高いじゃない」

希『えりちならできるよ。だってえりちやん?』

絵里「無茶苦茶な無茶言わないでよ…、あ…。きれてる…」

絵里「…えぇ…?」
311: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 22:04:53.19 ID:HKZ3PsdE.net
希「これでよしっと」

にこ「かなり強引なやり方ね。ほんとに平気なの?」

希「それでもえりちなら、えりちならきっとなんとかしてくれる…!」

にこ「…なんだかんだで責任感強いもんね、絵里は。それにしたって海未の家で海未が…とかいうアホみたいな言い回しは何よ」

希「あー。ほら、そう言わんと海未ちゃんの家に言ってくれないかもって」

にこ「そんなことわざわざ言わなくたって普通にこの時間には家にいるでしょ」

希「いやー、まぁ海未ちゃんの家には海未ちゃんはいないんやけどね」

にこ「は?」

希「海未ちゃんの家にいるのは穂乃果ちゃんです!そこに面白いえりちがドーン!」

にこ「えぇ!?絵里のトラウマになるわよ!?」

希「それでもえりちなら、えりちならきっと!」

にこ「あんたえげつないわ…」

希(さて、と)

希(ウチはこれからどうしようかなー…)

>>312
1.にことともにホテルへ向かう
2.にこと別れ海未の家に向かう
3.その他
312: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 22:06:49.18 ID:MSgPzTZ7.net
ホテルへ
313: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 22:16:50.97 ID:HKZ3PsdE.net
希(…にこっち一人にホテルを任せるのは…)

にこ「…ふふ、真姫ちゃん、待ってなさいよね…!ただじゃおかないんだから」

希(アカンわ)

希「じゃ、真姫ちゃんのところに行こか」

にこ「ホテル ハラショーね。…ハラショー?」

希「そう。えりちとよく使うホテル」

にこ「…なんのためによ」

希「ホテルなんだから泊まるために決まってるやん。にこっちはやらしいなぁ」

にこ「ぐっ…!…ってぇ、家からそう遠くない距離でなんのために泊まるのよ!あんた独り暮らしでしょうが!」

希「の👅の」てへっ

にこ「…」イラッ

希「もうちょいでつくからそんなにイライラしてたらあかんよー」

にこ「誰のせいよ!」
314: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 22:21:19.15 ID:HKZ3PsdE.net
……
絵里「…はぁ。ああは言ったものの希のことだし、なんらかの思惑があるんでしょうね…」

絵里「…最近の希にはなんだかいいように使われてる気がしないでもないけど」

絵里「ま、気にしても仕方ないわね。…よしっ、やるからには思いっきり笑わせてあげなきゃ」

絵里(私自身の気分転換のためにも)

絵里「…んー……」

絵里「ドッキリ風に面白く入る、ねー…」

絵里「! そうだわ!>>315しながら入ったら面白いんじゃないかしら!」
315: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 22:28:06.35 ID:0/e0hNKa.net
ローランドゴリラのモノマネ
316: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 23:23:51.67 ID:HKZ3PsdE.net
絵里「ローランドゴリラのモノマネしながら入ったら面白いんじゃないかしら!」

絵里「そうと決まれば調べないと…」

絵里「むむむむ…」

絵里「これだわ!」

http://i.imgur.com/nnxgtGn.gif
1451826744-レス316-画像
318: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 23:32:23.66 ID:HKZ3PsdE.net
……

ガラッ

絵里「ウホ!」

クルクルドントコゴロゴロリ~

ほのりんぱな「」

絵里「ウ…ホ…?」ピタ




    †静寂の刻†




穂乃果「え、絵里ちゃん…、こんばんは…」





絵里(希ィィィィィィィィィ!!!!!)
320: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 23:39:21.02 ID:HKZ3PsdE.net
絵里(騙された!!完璧に騙された!海未いないし!穂乃果いるし!凛と花陽もいるし!いや、まだよ!まだ取り返しがつく…はず!)

絵里「…」スクッ

絵里「こんばんは」

凛「プクク…くふっ、ふ、ふふ、あは、む、無理w…」

凛「あははははwwwwちょ、急に…、ま、真顔wwwwwまがwwあははははwwww」

絵里(あ、もう取り返しつかないわ)

絵里「エリチカおうちにかえる!」ダッ

花陽「ああ!まって!絵里ちゃん!」アワワ

凛「ゴリちゃん…くくっ…wぐふっww」

花陽「もー!凛ちゃぁん!」

凛「wwwwwwwwww」

穂乃果「穂乃果追いかけてくる!」ダッ
321: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 23:58:42.10 ID:HKZ3PsdE.net
……
ー公園ー


絵里「…ふ。そうだいいこと考えたわ死にましょう」

穂乃果「だめえーーーー!!」ドーン

絵里「げふっ!?」

穂乃果「絵里ちゃん!早まらないで!」

絵里「…あら、私のことを12.5%愛してくれる穂乃果さん。さっきぶりね。それじゃあまた来世で」

穂乃果「待って!いや、いろいろ言いたいことあるけど待って!えと、その!えーっと!」

穂乃果「…面白かったよ!」

絵里「…さて、どこから飛び降りようかしら」

穂乃果「あああああ違う!えっと!えーっとぉー!」アタフタ

絵里「ふふっ…。嘘よ」クス

穂乃果「ええーー!?」

絵里「半分ほんとだけど」

穂乃果「ええ!?え?えー!?」

絵里「うーそ」

穂乃果「もおー!なんなのさー!」

絵里「なんだか穂乃果を見てるといろんなことが馬鹿らしく感じちゃって」

穂乃果「え?それは穂乃果が馬鹿みたいってこと?」

絵里「…クシュン」

穂乃果「あ、とりあえず海未ちゃんちに戻ろっか?風邪引いちゃうよ」

絵里「…そう、ね」




凛「戻ってきたらどうやってからかってあげようかにゃー♪」

花陽「ダメだよぉ、凛ちゃん…」
322: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 00:40:58.26 ID:AfD9w9bg.net
テクテク

穂乃果「ねぇ絵里ちゃん」

絵里「なに?」

穂乃果「みんなを好きなことって、いけないことなのかな」

絵里「…」

穂乃果「凛ちゃんもね、穂乃果が変だ…って。でも、穂乃果は」

絵里「じゃあ、逆に考えてみて」

穂乃果「…逆に?」

絵里「そう、逆に。『穂乃果ちゃんのことが一番好きです!』って言ってくれたファンが、その口ですぐにことりに『ことりちゃんのことが一番好き!』って言ってたらどう思う?海未にも、凛にも、私にも」

穂乃果「うーん…、それは、その人は誰でもいいのかなって思う…」

絵里「でしょ?」

穂乃果「そう、なんだけど…」

穂乃果「…でも、選べないよ…。だって、穂乃果は、穂乃果の心は、みんなのことが大好きなんだもん。海未ちゃんも、ことりちゃんも、絵里ちゃんも、希ちゃんも、にこちゃんも、真姫ちゃんも、凛ちゃんも、花陽ちゃんも、みーんな、大好きなんだもん…」

絵里「それでも、選ばなきゃいけないのよ」

絵里「皆が溺れてて一人しか助けられないってなったら穂乃果はどうするの?選べないって言って全員を死なすの?」

穂乃果「う…」

絵里「ごめんなさい。意地悪な質問だったわね」 

穂乃果「…全員助けるよ。穂乃果は」

絵里「それが出来れば素敵ね。でも現実は理想やきれいごとでできてはいないの」

穂乃果「…」

絵里(…選べない、か。それってつまり、穂乃果にとって特別な人ではないってこと、なのよね…)

絵里(ほんっと、現実は理想とは全然違うわよ、もう…)

ガラッ


凛「絵里ちゃん、さっきは笑ってごめんね?はい、バナナ🍌」

絵里「現実なんてこんなものよね!」
sssp://o.8ch.net/61wn.png
325: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 23:08:30.74 ID:AfD9w9bg.net
……

海未「真姫。往生際が悪いですよ」

真姫「…っ!」ギリッ

海未「ギャラリーも増え、真姫のお漏らしという素晴らしいイベントの舞台は整いました。あとは真姫の思い切りだけです」

ことり「…そんなことより~」

ことり「海未ちゃんはぁ、ことりたちを家に待たせてぇ、なに楽しんでるのかなぁ~って」


海未「…あれ?ことりではないですか」

ことり「…は?」

海未「すみません、気づかなくて。真姫以外に目がいっていませんでした。集中しすぎると周りが見えなくなるのは悪い癖ですね」

ことり「…ことり、海未ちゃんに話しかけたよね」

海未「そうでしたか?」キョトン

ことり「……………へー」ピキ

ことり「そっかぁーーー」

ことり「海未ちゃんにとってはことりってぇ、ちょぉーーーっと他の娘に集中すると眼中になくなっちゃうようなぁ、その程度の恋人なんだぁー。へーーーーー」

海未「こ、恋人、なんて言いましたっけ?」

ことり「へーーーーーー。覚えてないんだぁーーーー??そっかーーー!あんなの口から出任せなんだもんねーーー。そんなようなこと言っとけばことりなんてチョロいもんです。とか思ってたんだろうねーーーきっとねーーーー」ゴゴゴゴ

海未「あ、いや、その」

ことり「ことりはねぇ?海未ちゃんが別にどこで何しててもいいと思ってたんだよぉ?それでもことりを一番の恋人としてくれるなら。でもぉ?海未ちゃんはことりのことなんて忘れて?楽しくやってたんだぁー。いいなぁーーー」ニコニコ

海未「」ガクブル



雪穂「私は真姫さんのおもらし、見たいんですけど」

真姫「嫌だって言ってるでしょー!?」ナミダメ


バッ
にこ「真姫ちゃん平気!?…って、なに?この状況は」

希「…あれ?シャッターチャンス逃してもうた?」

……
326: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 23:11:27.91 ID:AfD9w9bg.net
……
翌日
ー スパリゾート ー


ことり「全員集まりましたね?」

穂乃果「はい!」

凛「にゃ!」

にこ「まぁ」

絵里「いるわ」

希「おるよー」

亜里沙「はい♪」

雪穂「いまーす」

真姫「えぇ」

花陽「はい」

海未「……」

ことり「返事は?」

海未「はいっ!」

雪穂「あの、ほんとに私たちも来てよかったんですか?」

ことり「気にしなくていいよ?全部海未ちゃんのおごりだから」

海未「…😢」

ことり「ウン♪さて、ではこれより、恋愛裁判を始めます」
327: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 23:12:23.58 ID:AfD9w9bg.net
凛「はいはーい!質問です!」

ことり「はい、凛ちゃん、どうぞ」

凛「恋愛裁判ってなんですかー?」

ことり「いい質問ですねぇ。それは海未ちゃんに説明してもらいましょう」

海未「…愛する女性がいるにも関わらず、他の女性に手を出すことが許されるかどうかを論ずる場です」

真姫「ギク」

穂乃果「…う」

ことり「はい、そういうことです。悪いことは裁かれなくてはなりません」

真姫「ま、待って!そういうことだったらこれも入れて!『盗聴は許されるかどうか』!」

ことり「…げ」

雪穂「それは…」

希「…。~♪」

絵里「?どうしたの?希」

花陽「…わかりました。どうやらこの中には何人か思い当たる節がある人がいるみたいですね。凛ちゃん、ちょっと」

ゴニョゴニョ

凛「ふむふむ。では、穂乃果ちゃん、真姫ちゃん、海未ちゃん、ことりちゃん、雪穂ちゃんは被疑者席へ。、あ、あと希ちゃんも」

希「え?ウチも?」

凛「希ちゃんには盗聴の疑いがあります」

希「…あちゃー」

にこ「悪いことするからだわ。自業自得よ」

凛「にこちゃんも誘拐の容疑で同じく席へ」

にこ「…ニコ♥」

花陽「絵里ちゃん、亜里沙ちゃんは傍聴人席へどうぞ」

絵里「ふぅ。悪いことはするもんじゃないわね。特に希。行くわよ、亜里沙」

亜里沙「μ'sは犯罪者集団だった…?」

絵里「ち、ちがうから!…多分」



凛「えー、みなさん席に着いたでしょうか。それでは、恋愛裁判を始めます。司会は凛、解説はかよちんです」

花陽「…それって裁判なの?」
328: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 23:14:22.57 ID:AfD9w9bg.net
凛「ではまずにこちゃん。なにか言いたいことはあるかにゃ?」

花陽「誘拐を企み実行した、との情報が複数からあがっています」

にこ「>>329
329: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 23:23:53.57 ID:81McwQpC.net
金のためだったんだ
330: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 23:36:57.83 ID:AfD9w9bg.net
にこ「金のためだったんだ」

凛「続けて」

にこ「真姫ちゃんを誘拐して身代金を貰う手はずだったんだ!雪穂と組んで!」

雪穂「あ、こら!」

にこ「でも雪穂の行きすぎた行動により計画は失敗、更に雪穂は真姫ちゃんにメロメロに」

にこ「なんだかんだでこの様さ…。はは、笑ってくれ」

凛「うける」

花陽「弁明はありませんか?」

にこ「自分の過ちだ。全て受け入れるよ」



絵里「なによあのキャラは」

亜里沙「ハラショーな役者魂」


花陽「しっかり反省しているようなので減刑措置をとりましょう」

凛「>>331の罰をもって許すものとするにゃ」
331: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 23:39:19.26 ID:UFYOgx1x.net
そのキャラ突き通す
332: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 23:42:36.01 ID:AfD9w9bg.net
凛「そのキャラを突き通すの罰を与えるにゃ」

にこ「…いつまでだ?」

凛「卒業まで」

にこ「おいおい、勘弁してくれよ」

花陽「それでは次の方、前へ」

雪穂「…はい」

凛「同じく誘拐、そして盗聴の容疑もかかってるにゃ」

花陽「間違いありませんね?」

雪穂「はい」

凛「なにか言いたいことは?」

雪穂「>>333
333: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 23:44:09.56 ID:eLxXHqbC.net
ズンドコベロンチョ
334: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 23:53:46.08 ID:AfD9w9bg.net
雪穂「ズンドコベロンチョ」

凛「ズンベロ」

花陽「場をわきまえてください」

雪穂「すみません」

凛「気を付けます」


絵里「ちょっと!ズンドコベロンチョ?ってなに!?」


花陽「お静かに」

にこ「ヒュー。マジかよ。ズンドコベロンチョを知らないってぇのは。冗談だろ?」

花陽「お静かにお願いします!」

にこ「悪かったよ。そんなににらまないでくれ」

凛「あんまり騒ぐとズンドコベロンチョの刑を追加するにゃ」

にこ「は、はは。大人しくするよ」


絵里「ズンドコベロンチョってなによぉー!?」


花陽「雪穂ちゃんには反省の態度が見られません。よって厳罰に処します」

凛「>>335の刑を言い渡すにゃ」
335: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/01/14(木) 23:56:05.69 ID:KrPQOdGe.net
援交でμ'sの活動資金調達
336: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/15(金) 00:07:44.48 ID:v9+tipfm.net
凛「援交でμ'sの活動資金調達の刑を言い渡すにゃ」

雪穂「えんっ!?」

花陽「重い判決が出てしまいましたね…」

雪穂「おかしくない!?似たようなことしたにこさんとの差がおっきすぎるんだけど!」

凛「現実は非情なものだと絵里ちゃんも言っていたにゃ」

花陽「残念です…」

雪穂「控訴します!私は真姫さん一筋なんです!援交なんてできません!」

凛「ズンベロ」



絵里「そういう生々しい話はだめ!アイドルはイメージ商売なのよ!あとズンドコベロンチョってなに!」

亜里沙「ズンベロ」



花陽「次にことりちゃん。あなたにも盗聴の疑いがかかっています。間違いありませんか?」

ことり「>>337
337: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ 2016/01/15(金) 00:17:33.41 ID:vs3j3fG4.net
コトリ~?ホワッツ?ドナタディースカ?
343: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 22:02:24.25 ID:f9HOVPAq.net
ことり?「コトリ~?ホワッツ?ドナタディースカ?」

穂乃果「あ、あれ?あの人は…!」

にこ「ミナリンスキーじゃないか!」

凛「いいえ、ことりちゃんです」

花陽「花陽の目は誤魔化せません」

ことり?「盗聴?ナンノコトデスカー?」

凛「しらを切ろうとしてるにゃ!」

花陽「嘘をつくと罪は重くなりますよ!」

凛「こちらでお袋さんもないてるにゃ」テレビ電話ポチー

理事長『こ、こと…り…?』

ことり?「!!!」

ことり?「ミ、ミナリンスキーデスヨ~?」

ダッ!ポチッ、…ツーツー

花陽「ああ!証人が…!」

凛「反省の様子もみられないことりちゃんには、>>345の罰を言い渡すにゃ」
345: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 22:04:10.12 ID:9a1DxoWE.net
断食
347: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 22:19:22.31 ID:f9HOVPAq.net
凛「ことりちゃんには断食の罰を言い渡すにゃ」

ことり?「イツマデデスカー?」

凛「卒業まで」

ことり「死んじゃう!?」ピィッ

花陽「花陽なら3日で死ねますね」



亜里沙「…あれは、ことりさんなの?違うの?」

絵里「どこに迷う要素があるのよ…」


真姫「さっきから判決が重すぎない…?」

海未「あれよりきつい判決が私達には言い渡されるのでしょうか…」

穂乃果「断食も援交もあのキャラも、無理だよぉ、絶対…」

にこ「おい、なんでだよ!」

穂乃果「…うん、無理」

にこ「そんな目でみるなよ、泣きたくなるだろ」

希「大丈夫、大丈夫、大丈夫…。証拠はないんや、乗りきれる…。大丈夫、大丈夫…」ブツブツ


凛「それでは盗聴裁判、最後は希ちゃんです」

花陽「前へ」
348: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 22:20:02.09 ID:f9HOVPAq.net
希「http://i.imgur.com/4eZoMbG.png
1451826744-レス348-画像
349: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 22:29:48.09 ID:f9HOVPAq.net
凛「!?」

花陽「!?」

希「ここに至るまでにウチが盗聴したという決定的な根拠となるような情報は出てへん!はい論破!」

凛「な、なにぃ~~~~!?にゃ」

花陽「にこちゃん、証言を」

にこ「…ああ。あれは昨日のことだったか…。にこはいろいろあって外を歩いていた。その時…」

凛「長いから中略」

にこ「ふっ…。ここからがいいところだったんだがな…」

にこ「…まぁ、そんなわけで希はエスパーニャだかエスパニョーラだかなんだか訳のわからないことを言ってはいたが、あれは盗聴だと思うぜ、にこは」

花陽「…ありがとうございました」

凛「つまり、にこちゃんの話によるとμ'sの全員を盗聴していた、ということになるわけだにゃ」

希「そんなんは全部憶測や!言いがかりや!」


絵里「…あ!だから希はわかってて穂乃果のところに行かせたのね!?」

海未「私と真姫の居場所も知ってたそうですね」

真姫「私が誘拐されてたのも知ってたって聞いたわよ。…なんで助けないのよ!」


希「えーっと、えーっと、それはやねぇ…」

希(皆の疑いの眼差しがウチに向いてる…!このままじゃ容疑が確定してしまう…!…事実やけど!)

希(…どうすれば…!)

>>350「待って!希ちゃんはそんなことするような人じゃない!」
350: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 22:38:00.36 ID:f9HOVPAq.net
穂乃果
351: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 22:41:17.60 ID:f9HOVPAq.net
穂乃果「待って!希ちゃんはそんなことするような人じゃない!」

希「…穂乃果ちゃん!」

穂乃果「きっと皆のことがわかったのは希ちゃんの皆を思う気持ちが強かったからだよ!そうでしょ!?」

ことり「スピリチュアル…」

海未「そんなオカルトあり得ません!」

穂乃果「希ちゃん!穂乃果は…、穂乃果は信じてるから!」

希「ウチは、ウチは…!」

希「>>352
352: 名無しで叶える物語(鮒寿司)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 22:43:29.59 ID:vpK+971T.net
正直に言う…やりました…
353: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 22:48:08.34 ID:f9HOVPAq.net
希「正直に言う…やりました…」

穂乃果「希ちゃん!?」

凛「これはやってしまいましたなあ」

花陽「教育やろなあ」

希「…実は皆の家にしかけてます…」

穂乃果「…そんな…」

希「ごめんな、穂乃果ちゃん。せっかく庇ってくれたんに…、でもウチ、罪の重さに耐えきれんかった…」

穂乃果「…ううん。正直に言ってくれたんだもん。穂乃果は、許すよ」

凛「とはいえ凛は許さないけどにゃー!」

凛「はい!今回の罰はこれ!>>354!」
354: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 23:06:54.12 ID:ArwmBil5.net
凛ちゃんラーメン
355: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 23:26:01.30 ID:f9HOVPAq.net
凛「はいこれ!凛ちゃんラーメン!」

🍜

希「嫌や!許して!」

凛「心外」

希「凛ちゃんラーメンは、凛ちゃんラーメンだけは…!」

凛「手が出そう」

絵里「凛!やりすぎよ!」

穂乃果「いくらなんでもこれは…」

にこ「かわいそうに…」

凛「泣いてるなう」

ことり「絶食しててよかったと思える瞬間だよ…」



海未「…たべれなくもないですよね…?」コソ

真姫「まぁ、私達は食べたしね…。流石に過剰反応だと思うわ」コソ

凛「だよね!?そんなに不味くはないよね!?ちょっと値段と不釣り合いだったかもしれないけど!シールがランダム封入だったりしたけど!味が何故かメジャーどころじゃなくて攻めた味付けだったけど!食べれなくは!ないよね!?」(;_;)

海未「ま、まぁ…」



希「アルパカにあげてもいい?」

花陽「絶対ダメです!」

凛「かよちん…!」

花陽「アルパカさんがかわいそうです!」

凛「かよちん…」

花陽「え、塩分濃度的な意味だよぉ!味の話じゃなくて!」

希「ご飯と比べて味はどう思う?」

花陽「タイヤ食べた方がまし」

凛「」
356: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 23:35:04.46 ID:f9HOVPAq.net
凛「もうやめー!おわりー!」(T-T)

花陽「ごめんね凛ちゃん」

凛「穂乃果ちゃん、真姫ちゃん、海未ちゃん!愛する人は一人にしなさい!」

海未「しかし…」

凛「このゲスの極み乙女どもめ!」

真姫「ゲスって…」

凛「今日からマッキーのあだ名はベッキーね!」

真姫「あだ名にあだ名つけないでよ!」

凛「エリーチカはセンテンススプリーチカね!」

絵里「とばっちり!」

凛「穂乃果ちゃんはマイケルほの岡!」

穂乃果「だれ!?」

凛「海未ちゃんはうみみくんね!」

海未「それガチで嫌です!」

凛「終わり終わりおわりー!」

にこ「やっと終わった…」

花陽「罰は継続して受けてね」

にこ「まじかよ」

ことり「」

雪穂「」

亜里沙「よーし!みんなでプールで泳ごー!」



希(計画通り)
357: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 23:36:00.59 ID:f9HOVPAq.net
おわり!

風呂敷広げすぎ!
もう二度とこんな長編やらない!

お疲れさまでした!ごめんなさい!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「>>3して遊んでもいいケド…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。