凛「凛のかよちんに触らないで!」 真姫「はぁ!? イミワカンナイ!」

シェアする

凛-アイキャッチ8
1: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 09:12:29.77 ID:VniD0t6I0
ラブライブSS

どろっと

※ちょいどろ注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402791149

元スレ: 凛「凛のかよちんに触らないで!」 真姫「はぁ!? イミワカンナイ!」

スポンサーリンク
2: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 09:18:25.50 ID:VniD0t6I0
花陽「真姫ちゃんが好きなの」

凛「……頑張ってかよちん!」

凛はかよちんが好き。でもかよちんは真姫ちゃんが好き。

なら、応援するのが友達で……

親友で……

……うん。頑張って。かよちん。

凛「凛になんでも言ってね! 手助けはなんでもするから!」

花陽「ありがとう、凛ちゃん!」

笑顔がとっても眩しいにゃ。
4: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 09:25:46.69 ID:VniD0t6I0
花陽「ま、真姫ちゃん好きです! 付き合って下さい」

真姫「は、花陽……私も花陽のことが好き……」

よかった……。成功してくれて嬉しいにゃ。

ガラッ

凛「やったにゃー! かよちん! 真姫ちゃん! おめでとう!」

花陽「凛ちゃんっ!」

真姫「凛!」

三人で抱き合ってぴょんぴょん跳ねて……

花陽「凛ちゃんのおかげだよ! ありがとう!」

その笑顔が大好きで。

真姫「なんだかよくわからないけど、ありがと凛」

その声がとっても綺麗で。

凛「二人とも……っ……おめでとう……っ」

凛は泣いてたんだ。
6: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 09:28:07.35 ID:VniD0t6I0
――――本当に?

――――本当に心から?

嘘にゃ……。

ううん。本当。

だってかよちんのこと……大好きだもん。
7: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 09:34:12.37 ID:VniD0t6I0
花陽「凛ちゃんには今までどおりでいてほしいな……」

真姫「そうね、急に気を使われてもなんか変だし」

凛「大丈夫? 凛に真姫ちゃん嫉妬しちゃうにゃー」

真姫「ば、バカにしないでよ!」

花陽「じゃあ帰ろう? 真姫ちゃん、凛ちゃん!」

真姫「う、うん……」

顔を赤らめて可愛いにゃ。

凛「いっくよー!」タタッ

花陽「待ってよぉ!」

真姫「追うわよ花陽!」

……その手が繋がれてるのは見ないふり。

だから走ったよ。大好きなかよちん。
8: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 09:40:19.70 ID:VniD0t6I0
三人で居てほしいって言われても。

花陽「真姫ちゃん」

真姫「花陽」

……二人の世界に凛はいらないにゃ。

ちょっと、ほんのちょっとずつ。離れていこうって。


「り……ん」

絵里「ちょっと! 凛!」

凛「え……?」

絵里「何やってるの! 動きが散慢よ!」

凛「あ、ご、ごめん!」

今は集中しないと……
9: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 09:45:37.37 ID:VniD0t6I0
希「絵里ち厳しいでー」

にこ「あんまりきつく言わないほうがいいんじゃない?」

絵里「……そうね。ごめんなさい凛」

少し強めに撫でられた。

真姫「凛、どうしちゃったの?」

花陽「凛ちゃん大丈夫?」

あ……今はだめ……

凛「ごめんっ!」

走った。顔が見られたくなくて。逃げちゃった。

あぁ……やっちゃったにゃ……
10: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 09:51:05.91 ID:VniD0t6I0
凛「どうして……こんなに胸が痛いのかな」

凛「かよちん……」

どこで間違ったんだろ。凛。

こんなに弱かったんだね。

ガラッ

絵里「凛、大丈夫?」

凛「うん……ごめんね絵里ちゃん」

絵里「泣いてるのね、凛」

凛「明日から頑張るから……」

絵里「凛! ……辛かったら言いなさい」

また撫でられた。今度はさっきより優しく。

絵里ちゃんに話そうかな。全部……
11: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 09:56:58.16 ID:VniD0t6I0
絵里「なるほどね……」

凛「凛はどうすればいいかな……」

絵里「ここで腐らないで」

肩を強く掴まれた。

絵里「貴女がもっと輝けばいい」

絵里「取り戻したいなら……振り向いて欲しいなら」

絵里「……今より強くなりなさい」

凛「わかった……」

今日から、凛は、変わるんだ。

でも……でも……

凛「絵里ちゃん。お願い一つだけ……」

一つだけしちゃいけないお願いをしたんだ。
12: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 10:04:42.67 ID:VniD0t6I0
――――――――――――

絵里「……はは、輝けですって」

絵里「自分も縋っているというのに情けないわ」

絵里「シュシュなんてつけてもらって……」

「もうやめにしましょう。絵里」

絵里「後一回……後一回だけよ……」

「……」

――――――――――――
13: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 10:10:29.00 ID:VniD0t6I0
凛「絵里ちゃんも言ってた」

凛「そうだ、全部凛が悪かったんだ」

凛「もっともっと頑張っていれば」

凛「真姫ちゃんみたいに……」

それじゃあだめ。

凛「真姫ちゃんになるんだ」

それでもダメ。

凛「真姫を超えるんだ……!」

凛は頑張るよかよちん。

ピッ

『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』
『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』
『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』
『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』

凛「えへへ、頑張るよ。かよーちんっ♪」
16: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 12:51:37.15 ID:VniD0t6I0
――打倒西木野真姫。考えるのはそれだけだった。

凛「でもどうすればいいかな……」

真姫ちゃんの長所を見つめなおす。

凛「お金持ち、顔が可愛い、性格は不器用、ピアノが弾ける」
凛「作曲も作詞もできる、勉強ができる、頭がいい」
凛「身体はスリム、運動もそこそこにゃ……」

勝ってるポイントは間違いなく運動系。

でもそれだけじゃダメだった。

お金や容姿はどうにもならない。

凛も女の子っぽく……無理無理無理無理。
その立場なら勝てるわけがない。

凛「頭良くなるしかないかなぁ……」ピッ

『凛ちゃん、大好き』

頑張るにゃ!
18: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 12:57:06.42 ID:VniD0t6I0
口調も変えてみよう。新しい一歩!

かよちんだ、幸先が良いかも。

凛「あ、かよ……」


真姫「おはよ、花陽」

花陽「うん、おはよ真姫ちゃん♪」


最悪だった。一人で学校に行こう。凛なら遅刻ギリギリでも間に合うもん。

怪しまれないし、大丈夫大丈夫。

ピッ

『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』

家に戻ろっと……
20: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 13:30:16.11 ID:VniD0t6I0
凛「ハァハァ……よし、セーフ!」

真姫「遅いわよ凛」

花陽「凛ちゃん何かあったの?」

凛「あはは、寝坊しちゃったにゃ」ポリポリ

口調は無理かも。ごまかせてるかな。

真姫「そ、ならいいけど」

花陽「授業始まるから後でね!」

凛「うん」


授業ってこんなに難しいの?

凛、英語全然わかんない……

勉強しなきゃ。取り戻すんだ。
21: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 13:34:50.89 ID:VniD0t6I0
昼休み。実はあんまり教室に居たくない。

かよちんと真姫ちゃんの仲いいところ、見えちゃうから。

凛は祝福できない自分が嫌。

あぁ、かよちんの隣は真姫ちゃんになっちゃった。

花陽「凛ちゃんお弁当一緒に――」

凛「凛お寝坊したから買ってくる! 先に食べてていいよ!」

花陽「凛ちゃん……」

真姫「今日はしょうがないわよ、少し待って戻らなかったら食べましょ」


凛「……どこで食べようかな。屋上でいいかな」

屋上には先客が居た。
22: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 13:39:44.57 ID:VniD0t6I0
凛「絵里ちゃんと…………希ちゃん……?」

よかった。絵里ちゃんは希ちゃんのこと好きだったのがわかってたし……

結ばれてよかったね。絵里ちゃん。

凛「邪魔するほど野暮じゃないにゃ」

階段を降りて、どこか違う場所でと思ったら――

希「お、凛ちゃんやん?」

にこ「なによー? 凛、どうしたの? 三年の廊下よここ」

凛「あ、あれ? おかしいにゃ?」

希「ん、どうしたん?」

凛「……凛が寝ぼけてたかも」

にこ「まだお弁当食べてないなら一緒に食べる?」

凛「食べるにゃ!」

寂しくなりそうな昼休みが楽しくなったよ。

でも、あれって……そういうことなのかな。

凛もしちゃいけないお願いしたし、うん気にしないであげよう。
24: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 14:42:44.39 ID:VniD0t6I0
放課後になったよ。

授業はちゃんと聞いたけどやっぱり凛の頭じゃきついかも。

今日は練習休みだけど……

花陽「凛ちゃん今日は――」

凛「ごめんね、今日は用事があるの!」

真姫「それならいいけど、あんた気を使ってない?」

ずけずけと言ってくる真姫ちゃん。

もう少しオブラートに包めないのかな。

凛「勉強しなきゃいけないから。じゃーねー」



真姫「凛が……」

花陽「勉強……?」
25: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 14:47:58.75 ID:VniD0t6I0
勢いで部室に入ったら、絵里ちゃんと海未ちゃんがいたにゃ。

海未「どうしましたか、凛」

絵里「今日は練習休みよ?」

二人ともどうしてここにいるのかな。

凛「勉強……教えて欲しいなって……思ったにゃ」

海未「!」

海未「凛、貴女は偉いです。それで教科は!?」

眼の色が変わってるにゃ。

凛「え、英語だけど……」

海未「苦手な教科を克服しようとする努力! 素晴らしいです!」

絵里「私も教えてあげれるわよ」

凛「絵里ちゃん、海未ちゃん……」

凛「よーっし! 凛頑張るよ!」

これで、放課後は勉強できる。……会わなくて済むよ。
26: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 15:11:48.25 ID:VniD0t6I0
勉強、勉強、勉強。

今の凛にはこれくらいしかない。

何度目かの放課後。

真姫「今日くらい一緒に帰って欲しいんだけど」

花陽「花陽も久しぶりに凛ちゃんと帰りたいなっ」


同情なのかな。いらないよ、そんなの。

凛「凛は勉強の約束があるから」


花陽「なんでそんな急に勉強を?」

真姫「そうよ、凛は英語以外なら平均くらいじゃない」

凛「凛は次の定期で真姫ちゃんに勝つから」

凛「真姫ちゃんの得意な英語でいいよ」

真姫「いいわよ、わかったわ」

花陽「喧嘩はだめだよぉ……!」

凛「喧嘩じゃないよ、かよちん」

真姫「そうよ、花陽」


凛「凛は待たせてる人がいるから、勉強してくる」

待っててねかよちん。絶対取り戻すから。


花陽「……」

真姫「挑戦されるなら受けて立つわ」
27: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 15:15:06.23 ID:VniD0t6I0
凛「絵里ちゃん、勉強」

絵里「はいはい、今日は厳しめに行く?」

凛「うん。海未ちゃんは?」

絵里「仲良し三人組で帰っていったわ」

凛「ねぇ、絵里ちゃん。どうして凛に優しくしてくれるの?」

絵里「……頑張って欲しいからかな」

凛「ふーん」

絵里「さ、ビシバシ行くわよ!」

凛「わかったにゃ!」

絵里ちゃんは優しい。

凛のためにこんなに時間を割いてくれてるのだから。

凛のことを良く見ている。
28: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 15:32:17.13 ID:VniD0t6I0
絵里「結構遅くなったわね」

凛「やっぱり難しいよぉ……」

絵里「でも今の凛なら8割は取れると思うわよ?」

凛「8割じゃだめ。10割取らないと真姫ちゃんに勝てない」

絵里「でも根を詰めすぎても仕方ないわ」

絵里「そうだ、ラーメンでも食べに行く?」

凛「ラーメン……行く!」

絵里「私のおごりでいいわよ?」

凛「ありがとにゃー!」スリスリ

絵里「久々に凛らしくなったんじゃない?」ニコッ

凛「そうかなぁ……」

絵里ちゃんのおごりでラーメン!

嬉しい!
29: ◆S54RkZf7aI 2014/06/15(日) 15:50:18.42 ID:VniD0t6I0
絵里「じゃあまた、明日学校でね」

凛「元気が出たよ! ありがと絵里ちゃん!」

ああいうお姉ちゃんがいたら、凛の気持ちもわかってくれたのかな。

勉強してるからかもしれないけど、最近かよちんと話してないなぁ。

我慢我慢。

ピッ

『凛ちゃん、大好き』

勝てればかよちんは戻ってきてくれるから。

絵里ちゃんが嘘つくわけないもんね!
35: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 21:59:58.75 ID:46KtrLiL0
真姫「うふふ、花陽大好きー」

花陽「私も……真姫ちゃんが大好き!」

やめて。

真姫「愛してるわ、花陽」

花陽「えええぇっ、そんなぁ……///」

やめて

真姫「目をつぶって……?」

花陽「うんっ」

ヤメテ


凛「それはだめえええええええええええええ!」

夢だ。夢で本当に良かった……にゃ。

凛「おふとんびしょびしょ……」

凛「お水飲んでから寝よ……」

ピッ

『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大』

ピー

凛「電池が切れちゃった……」

凛「充電して寝よう……」
36: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 22:04:59.84 ID:46KtrLiL0
本格的に授業中が辛い。

最近は朝も昼も夜も絵里ちゃんに勉強を見てもらってる。

真姫ちゃんとかよちんは見ないふり。

宣戦布告したから、わかってくれてるみたいだけど。

今日も勉強。

ガチャ



絵里「待ってたわよ凛」

凛「開けただけで、凛ってわかったの?」

絵里「うーんなんとなく貴女が来ると思ってた……かな」

凛「へぇ~すごいね、絵里ちゃんは」

絵里「うぅん、そんなことないわよ」

凛「真姫ちゃんに勝つって言ってきたから!」

絵里「……頑張ってね凛」ナデナデ

くすぐったいにゃ。
37: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 22:10:22.78 ID:46KtrLiL0
この前屋上で嬉しそうだったにゃ。

だから、凛にこんなに優しいのかな。

それとも、申し訳なく思ってるのかな。

うん、今は触れるべきことじゃないよね。

絵里「へぇ、凛、やればできるじゃない?」

凛「う~まだだめー」

絵里「短期間で9割まで伸ばせばすごいわよ?」

凛「真姫ちゃんに完全勝利しないと……」


凛「かよちんは戻ってこないにゃ」


絵里「……そうね。もう少し頑張りましょ」

あれ、今絵里ちゃん暗かった。

気のせいだよね。

凛「トイレ行ってくるにゃ」

絵里「お花摘みって言いなさいな」クスクス

ガチャ
38: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 22:16:31.34 ID:46KtrLiL0
絵里「……携帯忘れてるわね」

絵里「……」

絵里「見たりはしないわよ」

ヴヴヴヴ

絵里(あ、メールだ)


『凛ちゃん、大好き』


絵里「……え?」


『凛ちゃん、大好き』


絵里「これ……この前の……私の声じゃない……」

絵里「一回きりって言ってたじゃない……」


バァン


凛「たっだいまにゃー!」

絵里「メール……着てたわよ」

凛「ありがと、絵里ちゃん」ニコニコ
40: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 22:28:27.19 ID:46KtrLiL0
真姫ちゃんからだ。

『あんたねぇ、勉強するのはいいけど、私たちとも少しは……』

『仲良くしてよね……』

うるさいにゃ。


絵里「ん、誰からだった?」

凛「イタズラメールだったよ。ね、勉強続けよ!」

絵里「え、えぇ、そうね」

凛「英語は……絵里ちゃんのためにも勝つよ!」

絵里「えっ?」

凛「こんなに絵里ちゃんが手伝ってくれたんだから……」

凛「勝たないと嘘だ!」

絵里「凛……」
41: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 22:31:00.96 ID:46KtrLiL0
抱きしめられた。

ちからいっぱい。

凛「絵里ちゃん……痛いよ」

絵里「ごめんね……ごめんなさい……」

頭を撫でてあげる。

凛「凛は絵里ちゃんのためにも頑張るから……ね?」

泣かないで絵里ちゃん。

必ず良い報告をするんだ。絵里ちゃんのためにも。
42: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 22:33:57.84 ID:46KtrLiL0
明日は本番。

凛は勝つ。

かよちんを取り戻す。

絵里ちゃんのお陰で10割行けるよ。

ありがとう絵里ちゃん。

ピッ

『凛ちゃん、大好き』

凛も大好き。
44: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 22:37:17.75 ID:46KtrLiL0
凛「真姫ちゃん。今日の英語は勝つよ」

真姫「はぁ? 第一声がそれ? 花陽に気を使いなさいよ!」

花陽「真姫ちゃん、怒ったらだめ!」

真姫「……凛、それが望みかもしれないけど、負けてあげる訳にはいかないわ」


凛「……明日の結果発表が楽しみだよ」

待ってて、待ってて。もう少しだから。




あ、あれ、これ凛なのかな。自分が自分じゃないくらいスラスラ解けるよ。

見直しをして、ケアレスミスを防いで……完璧にゃ。

テストは驚くほど簡単だった。やっぱり絵里ちゃんすごい。
45: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 22:40:24.14 ID:46KtrLiL0
テスト返却まであっという間。

現代文:85点。数学78点。古典91点。

あれ、凛の成績上がってる……絵里ちゃんと英語以外も勉強してたからかな。

今日の帰ってくる教科は、後は英語だけ。

「西木野ー」

真姫「はい」

「98点だ。素晴らしいな」

凛が、ケアレスミスも許されなくなった。

「星空ー」

凛「はい!」

結果は――――。
46: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 22:42:52.66 ID:46KtrLiL0
やった! やった! やったにゃー!

100点! 満点! やったー!

凛「絵里ちゃん! やったよ! 満点だ!」

すぐに抱きついた。

絵里「おめでとう! 頑張ったわね……!」

撫でられるの気持ちいーにゃー♪

絵里「あら、英語以外も上がってるじゃない!」

凛「絵里ちゃんの教え方が上手いからだよぉ!」


凛「やった! これで、これで――――」


凛「かよちんも戻ってくるんだよね!」
47: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 22:52:50.63 ID:46KtrLiL0
絵里「あ…………凛…………」

凛「かよちんがお祝いに来てくれるはずにゃ♪」

お米も買わなきゃ♪

凛「ありがとね、絵里ちゃん!」

凛「凛は絵里ちゃんを信じてよかった!」

いっそげー! いっそげー!

かよちんが来る前に~♪

凛「それじゃまた明日ね!」

久しぶりにかよちん成分補給できるにゃー!
49: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 22:55:45.29 ID:46KtrLiL0
凛「雨雨降れ降れもっと降れ~♪」

かよちんとお風呂で~♪

凛「美味しいお米も~♪」

一緒にご飯!

凛「たっだいまー!」

……あれ? 誰もいない?

『凛へ、急用が入って1日帰ってこない

カップラーメンばっかり食べたらだめだよ』

了解にゃ。

えへへ、かよちんと一緒だぁ……

ピッ

『凛ちゃん、大好き』
50: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 23:00:58.16 ID:46KtrLiL0
お米はどうすればいいかな、かよちん炊くのとかこだわりありそうだし。

どうせ来てくれるなら、一緒に調理すればいいかなっ♪

早くこないかな♪

――――1時間後

まだ20時にゃー! 今日はお泊まりのはずだから用意に時間がかかってるのかな?

凛もちょっとお腹が空いてきたかなっ! でも我慢っ♪

――――2時間後

21時にゃー うーん凛の家忘れちゃったのかなぁ。

大好きなかよちんが忘れるわけないよね?

――――3時間後

ピッ『凛ちゃん、大好き』
ピッ『凛ちゃん、大好き』

22時にゃ、かよちん誰かに襲われてないかな、大丈夫かな。

電話しようかな。でもドッキリだったらかよちんに悪いにゃ。
51: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 23:05:37.89 ID:46KtrLiL0
――――4時間後

『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』
『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』

遅いなぁ……凛ちょっと身体冷えちゃった。先にお風呂だけ入ろっかな。

来てくれるはずなんだよね、かよちん、絵里ちゃん。

――――5時間後

『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』
『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』
『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』
『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』『凛ちゃん、大好き』

日付回っちゃった、電話しないと。

花陽『ふぁ……凛ちゃんどうしたの?』

凛『かよちん、今日……』

花陽『もう、凛ちゃん先に帰っちゃったから!』

凛『え……』

花陽『せっかく三人でパーティー仕様としたのにー!』

凛『あ、あれ?』

花陽『真姫ちゃんもちょっと怒ってたし仲直りして』

花陽『――――三人でテスト終わりの打ち上げしようね♪』

凛『ありがと、かよちん。おやすみ』
54: ◆S54RkZf7aI 2014/06/16(月) 23:14:27.14 ID:46KtrLiL0
あはは……なにこれ……嘘だよね。

絵里ちゃんも嘘ついてたの……?

テストで勝てば……かよちん戻ってくるんじゃなかったの……?

凛の努力なんて……意味無いじゃん……

凛「こんなテストいらない」ビリビリ

凛「お米なんていらない」バシャッ

結局凛はバカだったんだね。

テストで勝てれば、全部戻ると思ってたんだ。

あはは、ははははははは。

なんで教えてくれなかったの……? ねぇ。

ピッ

『凛ちゃん、大好き』

うふふ、かよちんみーつけた。
74: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 18:39:47.61 ID:bkb+on9s0
『凛ちゃん、大好き』

アラーム音が鳴り響く。

『凛ちゃん、大好き』

寝てないのにね。おかしいな。

『凛ちゃん、大好き』

かよちんは真姫ちゃんのものになっちゃったんだね。

『凛ちゃん、大好き』

ご褒美もらわなきゃ。

『凛ちゃん、大好き』
75: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 18:42:51.73 ID:bkb+on9s0
凛「おはよ、絵里ちゃん」

絵里「ひどい顔よどうしたの?」

凛「あのね、かよちん戻ってこなかったよ」

絵里「…………ごめんなさい」

なんで謝るのかな。

凛「凛、一生懸命頑張ってたんだよ」

ねぇ、答えてほしいな。

凛「あはは、絵里ちゃんは凛の頑張る姿見て嗤ってたんだね」

絵里「そんなこと……」

凛「じゃあどうして教えてくれなかったの?」

凛「あんな努力無駄だったよ」

絵里ちゃんの嘘つき。
76: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 18:49:58.29 ID:bkb+on9s0
絵里「それは……」

答えられなかった。

凛と一緒にいるのが楽しくて。

それに縋っている自分がいるのが分かって。

頼られるのが誇らしくて。

ずっと一緒に居たかった。

凛「ねぇ、絵里ちゃん」

次の一言が怖くて。

凛「凛、屋上で見ちゃったんだ」

絵里「…………あ」

吹っ切れたはずなのに。忘れたかったはずなのに。

凛「なんで、海未ちゃんに希ちゃんの格好させてたのかな」


息ができないほど苦しくなった。
77: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 19:11:11.69 ID:bkb+on9s0
うふふ、やっぱり嘘つきだった。

でも、凛は許してあげる。

絵里ちゃんのこと大好きだから。

凛「えーりちゃんっ♪」

肩が震えてたから抱きしめてあげなきゃ。

凛「満点とったからご褒美がほしいな♪」

絵里「ご褒美……何がほしいの?」

頭の良い絵里ちゃんだから、わかると思ったんだけどね。

凛「かよちんは真姫ちゃんのものになっちゃったからさ」

えへへ、プレゼントしてくれるかな。


凛「凛だけのかよちんになってよ、絵里ちゃん♪」

凛は優しいから、ずーっと嘘ついててもいいよ♪
79: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 19:50:05.52 ID:bkb+on9s0
絵里「そんな……こと……」

あれ、へたりこんじゃった。

凛、そんなおかしな事言ったかな?

凛「ねぇ、絵里ちゃん、一緒に行こう?」

凛「それともできない?」

うん、それならそれでもいいんだけどさ。

凛「後輩にはさせても、自分はできない?」

泣きそうになっちゃった。絵里ちゃん可愛いなぁ。

凛「二人っきりの時だけでもいいからさ」

そっと耳元で囁いてあげるんだ。

「かよちん、大好き」
80: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 19:59:29.40 ID:bkb+on9s0
絵里「…………グスッ」

あはは、泣いちゃった。可愛いなぁかよちん。

凛だけのかよちん。

もう一人のかよちんは真姫ちゃんと幸せになってね!

凛は凛のかよちんと幸せになるから!

ぎゅっと抱きしめれた。長かったよ。

ずっとずっと言いたかった。

「大好きだよ、かよちん」

もう一回。

「大好きだよ、かよちん」

言いたりない。

「大好きだよ、かよちん」

か細い声で返ってきた。

「私も大好き……凛………………ちゃん」

相思相愛だね、かーよちん♪
83: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 20:25:44.51 ID:bkb+on9s0
先週までとは大違い!

人生バラ色とはこのことにゃー♪

あ、かよちんと真姫ちゃんだ!

凛「おっはよー! かよちんと真姫ちゃん!」

花陽「お、おはよう凛ちゃん」

真姫「あら、ずいぶん今日は上機嫌ね」

凛「まぁね~♪」

このかよちんも可愛いにゃー

凛「真姫ちゃんのかよちん可愛いね♪」

真姫「あげないわよ?」

花陽「り、凛ちゃん恥ずかしい……」


凛「取らないよ! だって凛のかよちんも可愛いも~ん♪」

生徒会室で待ってくれてるからダッシュにゃ!



真姫「え?」

花陽「今……? 気のせいだよね?」
84: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 20:28:59.03 ID:bkb+on9s0
バァン

凛「おっはよーかよちん!」

今日もいつもどおりかわいいにゃ-!

抱きついちゃった、えへ♪

絵里「う、うんっ、おはよう、凛……ちゃん」

今日は早起きしたからねむいにゃー!

凛「かよちんの膝枕で寝るねっ!」

絵里「だめだよぉ、起きて凛ちゃんっ」

うん、綺麗な声にゃ。

凛「おやすみっ!」

ぐにゃー

凛「zzz」

絵里「寝たわね…………」
85: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 20:37:42.14 ID:bkb+on9s0
どうすればよかったのかな。

海未に一回でもあの姿をさせちゃったのがいけなかったのかな。

それとも凛に素直に言えばよかった?

言えるわけがないじゃない。

貴女の花陽はもう戻ってこないなんて。

……なんて欺瞞だ。凛と一緒に居たかっただけのくせに。

寂しかったくせに。自業自得だったのに。

あの大好きが、自分に向けられているものじゃなくて。

悔しかったくせに。

そして……一瞬でも嬉しいと思っちゃった。

だから、目が醒めるまで、ずっと貴女の花陽でいてあげる。

ううん、居させて下さい。

だって私は凛が好きだから。

…………凛ちゃんが好きだから。
86: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 20:49:40.24 ID:bkb+on9s0
絵里「ねぇ、凛ちゃん」

凛「なぁに~かよちん」

わぁ、かよちんの手が温かい。

絵里「好きだよ、凛ちゃん」

凛「凛もかよちん大好きっ!」

嬉しいよ! かよちん!

自分から言ってくれたよ!

凛だけの独り善がりじゃなくて本当に良かった♪

先週はずっと泣いていたけど、はにかむようになってくれた。

えへへ♪
87: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 20:54:58.93 ID:bkb+on9s0
授業中もほんわか。

昼休みが待ち遠しい!

真姫「ねぇ、最近の凛ちょっと変よ?」

凛「ん~? 凛は幸せだよー?」

花陽「凛ちゃん……」


凛「こっちのかよちんも可愛いけど」

凛「やっぱり凛のかよちんのほうが可愛い」

つい笑みがこぼれちゃう♪


真姫「それよ」

凛「え?」

花陽「花陽は……一人しか居ないよ?」

凛「……なんのこと言ってるかわからないにゃー♪」

あれあれ?
88: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 21:05:42.71 ID:bkb+on9s0
変な胸騒ぎがする。

何か忘れてる気がするにゃ。

凛のかよちんはかよちんで……

真姫ちゃんのかよちんもかよちん。

生徒会室にかよちんは居たよ。優しく微笑んでくれたよ。

うん、やっぱり、勘違いだよね。

凛「かよちん……」

絵里「大好きだよ、凛ちゃん」

うん。これで幸せなんだよ。
89: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 21:16:08.77 ID:bkb+on9s0
バァン

真姫「そんなわけないでしょ!」

絵里「……!」

凛「……何しに来たの」

真姫「馬鹿な友人の目を醒まさせに来たのよ!」

真姫「大体絵里も何やってるのよ!」

辛そうに目を伏せてる。傷つけないでよ。凛の――。

真姫「あんたがそんなに腑抜けているから凛は!」グイッ

凛の――が肩を思い切り掴まれて――――

凛「凛のかよちんに触らないで!」

真姫「はぁ!? イミワカンナイ!」

真姫「そこにいるのは絵里でしょ!」

真姫「それに――」

真姫ちゃんが制されてる。

花陽「凛ちゃん」

パシンと乾いた音が頬に響いた。

凛「痛い……何する……の?」

泣いていた。かよちんは。
90: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 21:23:26.91 ID:bkb+on9s0
花陽「花陽は誰のものでもないよ……」

花陽「花陽は花陽だよ、凛ちゃん……」

ポロポロ涙がこぼれてる。

こんな姿、みたいわけじゃなかったのに。

あはは、はははは。はははははははははは。

そっか、また凛は間違ったんだね。

大切な人を傷つけて。

自分の心だけ守ろうとして。

人の優しさを……利用して。

嫌われて当然だよね、かよちん、真姫ちゃん。

……ね、絵里ちゃん。ごめんね。

凛「ごめんね」

それだけ言って逃げたよ。
92: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 21:35:00.34 ID:bkb+on9s0
『凛ちゃん、大好き』

もう合わせる顔がない。

『凛ちゃん、大好き』

ごめんねかよちん。
ごめんね真姫ちゃん。

『凛ちゃん、大好き』

ごめんなさい……絵里ちゃん……

『凛ちゃ

電池が無くなっちゃった。

もういいかな。

ごめんね。
93: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 21:47:02.22 ID:bkb+on9s0
――――――――――――――――

真姫「ちょっと絵里」

絵里「何よ……」

バシーン

絵里「いった……」

真姫「何たそがれてんのよ! 早く追いなさいよ!」

絵里「でも私は……」

真姫「そんなんだから花陽の真似事させられるんでしょ!」

絵里「……じゃない……」

真姫「なに?」

絵里「仕方ないじゃない! 凛が望んだことなんだから!」

絵里「私だって何とかしたかったわよ! 凛に好きって言って欲しかったわよ!」

絵里「あの子の中にずっと花陽が居るんだもん……どうすればよかったのよ……」

花陽「行ってあげて。今の凛ちゃんには、きっと、絵里ちゃんが必要」

真姫「私からもお願い、早く連れ戻してきてよね。待っててあげるから」

絵里「……うん、行ってくる。……後輩に励まされるなんてまだまだね」

――――――――――――――――
94: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 22:18:27.22 ID:bkb+on9s0
絵里「凛! 開けなさい!」

絵里「電話……」

ツーツー

絵里「体当たりで開けるしか……」

ガチャ

絵里「鍵がかかってない……?」

絵里「凛!」

凛「……絵里ちゃん……」

真っ暗な部屋に、散乱した写真と……ハサミ。

凛「なにしにきたの」

絵里「迎えに来たわ」

凛「凛は一人でいい」

絵里「私が駄目よ」

凛「もう構わないでよ……」

絵里「構う」

凛が反抗するから抱きしめよう。
95: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 22:23:54.98 ID:bkb+on9s0
凛「絵里ちゃん……凛……は……」

絵里「何も言わなくていいから……ね」

とってもいい匂い。絵里ちゃん。

でも、凛、絵里ちゃんに酷いことしちゃったんだよ。

こんな凛……

凛「許してくれないよね……」

絵里「許すわ」

凛「え……」

絵里「凛のことが好きだから許す」

凛「……」

かよちんの真似じゃなくて?

絵里「凛、私は凛が好きよ」

凛「絵里ちゃん……凛も……」

好きって言ってもいいのかな。あれだけかよちんって言ってたのに。

凛「凛……は……」

絵里「言わなくてもいいわ。……今はね」

軽いウィンクを飛ばされた。

胸がドキドキするよ、絵里ちゃん。
96: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 22:34:10.87 ID:bkb+on9s0
絵里「さ、二人に謝りに行くわよ」

凛「え……やだやだやだ無理無理無理!」

絵里「大丈夫だって、私がちゃんと隣にいてあげるから」

力強く手を握ってくれている。

凛「う……うん頑張る」

――――――――――――――――

凛「ごめんなさいかよちん、真姫ちゃん」

花陽「……」
真姫「……」

怒ってるよね、やっぱり。

真姫「遅いわよ、凛。約束あるでしょ?」

凛「やく……そく……?」

花陽「テストが終わったら打ち上げしようって♪」

凛「凛も……行ってもいいの……?」

花陽「あたりまえだよっ!」

真姫「友達でしょ?」

絵里「三人で楽しんでくればいいんじゃない?」

真姫「絵里も来るのよ」

絵里「え"っ」
97: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 22:44:40.50 ID:bkb+on9s0
花陽「私も絵里ちゃんの惚気話聞きたいかな♪」

絵里「そ、そんなことないわよ?」クイクイ

凛「え、絵里ちゃんもついてきて欲しいかにゃー!」

真姫「ほら、凛もそう言ってるわよ」

絵里「……わかったわよ」

真姫「決まりよ、行きましょ!」


空にいっぱいお星様。気づけば夕日が落ちていた。

三歩下がって、真姫ちゃんと花陽ちゃんが手をつないでいるのを眺める。

凛の隣には絵里ちゃんが居る。

絵里「ねぇ、凛」

凛「なにかにゃ」

絵里「すごいドキドキしてるんだけど私」

凛「実は……凛も……」

絵里「……えいっ」ナデナデ

凛「くすぐったいにゃー!」

絵里「凛、お返事待ってるからね?」


真姫「こらー! 人前で惚気ないの!」

花陽「そういうのはパーティー中に♪」


凛「あはは……」

絵里「うふふ」

凛の隣にはね、綺麗なお星様が輝いているよ。

凛「絵里ちゃん」

絵里「んー?」

凛「大好きだよ!」


FIN
98: ◆S54RkZf7aI 2014/06/17(火) 22:45:59.00 ID:bkb+on9s0
お疲れ様でした。見てくださった方々有難うございます。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「凛のかよちんに触らないで!」 真姫「はぁ!? イミワカンナイ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。