【SS】もっとxxxを

シェアする

絵里-アイキャッチ31
1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 01:50:32.16 ID:C2d8M5iA.net
幼い頃、きわめて聡明な少女であった私は、同じく利発な妹の亜里沙と一緒に、よく本を読んだ。
その中の一冊に、コメディアンがパイをぶつけられている写真が載っていた。
かれは写真の中で、生クリームを顔じゅうに浴びて、アホの国の皇帝のような顔になっていた。

「ねえお姉ちゃん、これは何の写真?」

亜里沙は、私にそう尋ねた。

「アホの国の皇帝がパイを浴びている写真よ」

その私の答えだけでは得心がいかない様子で、亜里沙が首をかしげた。

「どうして、この人、笑ってるの?」

パイの秘密に答えられないまま、私はいつのまにか高校生になった。
そしていつのまにか、卒業の月を迎えていた。

元スレ: 【SS】もっとxxxを

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 01:52:52.20 ID:C2d8M5iA.net
――――――

【三月のある日、学校の廊下にて】

絵里 「海未」

海未 「何でしょう」

絵里 「Angelic Angelの歌詞、とってもステキね」

海未 「ありがとうございます。
    そう言ってもらえると、作詞担当としては嬉しいですよ」

絵里 「謎めいた場面設定がいいわよね。
    いろんな期待を抱かせてくれるのよ」

海未 「そうですね。
    聴く人に、色々な想像をしてもらえればと思います」
3: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 01:54:00.16 ID:C2d8M5iA.net
絵里 「でも歌う側としては、ちょっとイメージを共有しておきたいと思うの」

海未 「確かに、そうかもしれません」

絵里 「だから、ひとつ質問させてもらってもいいかしら」

海未 「もちろんです。
    何でしょう?」

絵里 「もっと、何が欲しいの?」

海未 「えーと、それは……」

絵里 「ねえ教えて、海未」
4: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 01:55:39.07 ID:C2d8M5iA.net
海未 「……何でもいいのです。
    エンジェルは、『もっと』が好きなのであって、
    『もっと』得られるのが何であるかは、また別の話なのです」

絵里 「xがいくらでも得られる、という状況が好きなのであって、
    そこで得られるxは何でもよい、というわけね」

海未 「そうです。
    要するに、もっとおかわりできる、とか、もっと寝ていられる、とかいう状況ですね。
    そういう状況って、すごく良いと思いませんか」

絵里 「たとえば、ガリガリ君の当たり棒が出たときとか、休みの日に二度寝できるとかいう状況ね。
    たしかにそういうときって、ハッピーな気もちになるわよね」

海未 「さもありなん」
6: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 01:56:32.45 ID:C2d8M5iA.net
絵里 「でもxは、ほんとうに何でもよいのかしら」

海未 「どういうことですか?」

絵里 「だって私、朝食バイキングのときに、海苔と梅干しがいくら用意してあっても、ハッピーにはなれないわ。
    残念ながら、苦手な食べものを『もっと欲しいな』とは思えないのよ。
    海苔 and 梅干し don’t make me happy、というわけよ」

海未 「そうですね。
    そう考えると、xは無制限ではないのかもしれません」
7: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 01:57:08.75 ID:C2d8M5iA.net
絵里 「そうでしょう。
    だからこそ私たち九人は、詞の内容を正しく理解して歌うために、このxを特定する必要があると思うの」

海未 「なんとも筋のとおった話です」

絵里 「そうと決まれば、さっそくほかのメンバーにも訊きに行きましょう」

海未 「そうしましょう」
9: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:02:25.10 ID:C2d8M5iA.net
――――――

【音楽室】

絵里 「……というわけなのよ」

真姫 「なるほど、意味わかったわ」

海未 「そんなわけで、一緒に考えてほしいのです、真姫。
    私たちがもっと欲しいのは、何なのでしょう」

真姫 「ふふふ、溢れ出る私の知性にかかれば、この問題に回答を出すことなど容易いわ」
10: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:03:51.82 ID:C2d8M5iA.net
絵里 「どうすればいいの?」

真姫 「さっきの話の中で、具体例を挙げてくれたでしょ。
    もっとおかわりできるとか、もっと寝ていられる状況がハッピーだ、って」

海未 「そうですね」

真姫 「それらの具体的な状況に共通する、一般的な特徴を見つけ出せばいいのよ」

絵里 「名案だわ。
    さすがは真姫ね」

真姫 「そう考えたら、簡単でしょ。
    私たちはそういう状況においては、食欲とか睡眠欲とかを感じてるのよ。
    つまり私たちは、各自が欲しいものがいくらでも手に入るときに、ハッピーなのよ」

海未 「なるほど。
    だから、海苔や梅干しがいくら手に入っても、絵里は嬉しくないのですね。
    絵里はそれらの食べものに食欲を感じてないわけですからね」

絵里 「すると、x=各自が欲しいもの、というわけね」

真姫 「そういうことになるわね」
11: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:05:08.70 ID:C2d8M5iA.net
絵里 「つまりこの歌は、私たちの食欲や睡眠欲の対象に向けられた歌だというわけね」

海未 (……あれ?)

絵里 「歌詞に出てくる『ここはどこ?』への答えは……」

真姫 「言わなくてもわかるけど、あえて言えば食卓とか寝室とかなのね」

海未 (……あれ?)

絵里 「歌詞に出てくる『キミはだれ?』への答えは……」

真姫 「訊かなくてもわかるけど、あえて言えば『ほかほかごはん』と『あったかいふとん』ね」

海未 (……あれ?)

絵里 「でん、でん、でんぐりがえって」

真姫 「バイ、バイ、バイ」
12: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:06:22.34 ID:C2d8M5iA.net
絵里 「よかった、答えが出て。
    じゃあ私、この歌をうたうときは、いつでも『ほかほかごはん』と『あったかいふとん』に思いを馳せることにするわ」

真姫 「もういっそ、題名もそれをほのめかすものに変えればいいんじゃないかしら。
    そうね、『にんげんっていいな』とか、どうかしら」

絵里 「それは名案だわ。
    山に住んでいるキツネさんが、里の家に帰っていく人間さんを羨みながら歌ってるという設定はどうかしら。
    ああ、そんな情景をイメージしていたら、エリチカもおうちに帰りたくなってきたかも……」

真姫 「設定が固まったわね。
    ではさっそく、今日の練習前のミーティングで皆に通達を……」

海未 「ちょ、ちょっと待ってください。
    何だか歌詞やメロディーに比べて、設定が牧歌的すぎませんか?」

絵里 「牧歌的、いいじゃない」

真姫 「キツネさん、かわいいじゃない」

海未 「キツネさんもかわいいですけど……
    もうちょっと大人っぽい感じも出せたらいいかな、と」
13: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:07:33.18 ID:C2d8M5iA.net
絵里 「まあそれもそうね。
    でも、大人はどんな欲求をもってるのかしら。
    食欲と、睡眠欲と……」

真姫 「三大欲求としては、大人ならもう一個もってるはずよね」

絵里 「性欲ね」

海未 (……あれ?)

真姫 「それで解釈しなおして見ましょうか。
    歌詞に出てくる『ここはどこ?』への答えは……」

絵里 「言わなくてもわかるけど、あえて言えば輝夜の城(意味深)ね」

海未 (……あれ?)

真姫 「歌詞に出てくる『キミはだれ?』への答えは……」

絵里 「訊かなくてもわかるけど、あえて言えばxxxね」

海未 (……あれ?)

真姫 「x=xxxだった、というわけね」
14: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:08:48.77 ID:C2d8M5iA.net
絵里 「よかった、答えが出て。
    じゃあ私、この歌をうたうときは、いつでもxxxに思いを馳せることにするわ」

真姫 「あれ絵里、そんな状況が思い浮かべられるほど経験豊かなの?」

絵里 「いいえ、そういうことについては、ぜんぜん知らないの。
    だから今度、みんなで資料を集めて勉強会をしましょうか。
    そうね、恋愛映画のDVDとかを借りてきて、xxxの場面をリピートし続けるというのはどう?」

真姫 「なるほど、名案ね。
    ではさっそく、今日の練習前のミーティングで皆に通達を……」

海未 「ちょ、ちょっと待って下さい」

絵里 「あら海未、どうしたの?」

海未 「ハレンチです!」
15: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:10:15.21 ID:C2d8M5iA.net
真姫 「そのハレンチな歌詞を書いたのはあなたじゃない」

絵里 「そうよ、ハレンチ先生」

真姫 「先生も、一緒に恋愛映画、鑑賞しましょうね」

海未 「ハレンチです!」

絵里 「わかったわかった、自己紹介はそれくらいにして……」

海未 「いや、考えてもみてくださいよ!
    たしかに、どんなふうに歌詞を解釈するかは聴く人の自由ですけど……
    さすがに歌う私たちが具体的なxxxを思い浮かべるのは、やりすぎじゃないですか?」
16: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:12:28.79 ID:C2d8M5iA.net
真姫 「でも仕方ないでしょ。
    人間の大人なら、そういう欲求をもつのはべつに恥ずかしいことじゃないのよ」

海未 「それはそうかもしれませんが……
    思いだしてください。
    この歌は、あくまで天使について歌った歌なんですよ」

絵里 「なるほど。
    天使は性欲をもってるのかしら?」

真姫 「天使の性愛事情か……難しい問題ね」

海未 「問いが思わぬ方向に向かっている気がしますが」
17: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:13:06.47 ID:C2d8M5iA.net
絵里 「こういう問題って、誰に訊けばいいのかしら?」

真姫 「うーん、教会の人とか?
    ……いや、もっと手っ取り早い方法があったわ」

海未 「どうすればいいのでしょう?」

真姫 「天使本人に訊けばいいのよ」

絵里 「でも天使なんて……ああ、いたわ、身近に何人も」

真姫 「ふふふ、そうでしょ。
    きっと部室に行けば、その中のひとりくらいいるわよ」
18: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:21:12.80 ID:C2d8M5iA.net
―――――

【部室】

穂乃果「あ、絵里ちゃん、真姫ちゃん、海未ちゃん!
    三人そろって、どうしたの?」

絵里 (天使だわ)

真姫 (天使が目の前にいるわ)

海未 (天使は性欲を感じるかなんて……
    さっきまで浅ましい議論をしていた私たちが恥ずかしいです。
    質問するまでもありません。
    この清らかな笑顔を見れば、一目瞭然ではないですか)

絵里 「ねえ穂乃果、エッチなことしたいなって思ったことある?」

海未 「おい待て」
19: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:22:33.31 ID:C2d8M5iA.net
穂乃果「わわわ、絵里ちゃん、急にどうしたの?」

絵里 「これはとっても大事な質問なの。
    次のライブでのパフォーマンスに関わることなのよ」

海未 (ちょっと突っ走りすぎじゃないですか。
    お願いですから、天使の目の前でxxxをいう単語を発することだけは控えてくださいよ)

真姫 「だからお願い、恥ずかしがらずに答えて。
    xxxを欲したことが一度でもあるかどうか」

海未 「おい待て」
20: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:23:12.80 ID:C2d8M5iA.net
穂乃果「えへへ、どうかな。
    正直、私そういうのよくわかんないし」

海未 (ああ、私の幼馴染が天使すぎます)

絵里 「でも穂乃果の部屋には、少女漫画がたくさんあるわよね」

真姫 「あなたの心を詮索するつもりはないけど……
    そういうのに憧れる気もちが、潜在的にあるのではないかしら」

海未 (私のエンジェル幼馴染に向かって何てことを口走っているのですか、この二人は)

穂乃果「うーん、言われてみれば、そうなのかな?」
21: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:25:16.46 ID:C2d8M5iA.net
絵里 「なるほど、天使の心の中にも、やはり潜在的に性欲がひそんでいるのね」

真姫 「じゃあ決まりね。
    xxxを思い浮かべながら歌うということで」

絵里 「それじゃあ私、DVDを借りてくるわね」

真姫 「全年齢対象じゃなきゃダメよ、18歳未満もいるんだから」

絵里 「ベタだけど、タイタニックとかでいいかしら」

真姫 「オーケー、それではよろしく……」

海未 「ちょっと待ってください!」
22: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:26:36.52 ID:C2d8M5iA.net
絵里 「あら海未、どうしたの?」

海未 「ハレンチですよ!
    それに筋が通ってません」

真姫 「そうかな?
    だって天使にも性欲はあるんでしょ」

海未 「それも誘導尋問から導かれた答えで、ちょっと怪しいのですが……
    百歩ゆずって、天使も性欲を感じるとしましょう。
    でも穂乃果、あなたは食欲も感じますよね?」

穂乃果「うん、もちろんだよ!
    いやー、今日もパンがうまかった!」

海未 「睡眠欲も感じますよね?」

穂乃果「うん、もちろんだよ!
    いつも授業中にうたた寝して、海未ちゃんに注意してもらってるもんね!」

海未 「ほらご覧なさい。
    天使は人間と同じように、性欲のみならず食欲と睡眠欲も感じるのです。
    ということは、その中でいちばん強いのが性欲とは限らないじゃないですか。
    それなら、天使がいちばんしたいことを思い浮かべながら歌うのが筋というものじゃないでしょうか」

絵里 「なるほど、もっともな話だわ」

真姫 「意味わかるわ」
23: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:28:01.17 ID:C2d8M5iA.net
海未 「さあ教えてください、穂乃果。
    あなたが一番したいことは、何ですか?
    食べることですか、寝ることですか、それともxxxをすることですか?」

穂乃果「時と場合によると思うな」

海未 「それじゃあ、歌ってるときは?」

穂乃果「うーん……歌ってるときは、その中のどれにも当てはまらないかな。
    歌を聴いてくれているみんなを笑顔にしたいもん。
    にこちゃんも、そう言ってたでしょ」

海未 「穂乃果も、そう思うのですか?
    心から皆の笑顔を欲しているのですか?」

穂乃果「うん、そうだね。
    でも私、自分のしたいことを我慢してるわけじゃないよ。
    だって、みんなが笑顔になってくれたら、私も笑顔になれるもん」

絵里 (この美しい心、まさに天使の中の天使だわ)

真姫 (Angelic Angelが目の前にいるわ)

海未 (あなたは最高です)
24: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:29:57.41 ID:C2d8M5iA.net
穂乃果「えへへ、言葉にすると、ちょっと偉そうになっちゃうね。
    もちろん普段は、おなかがすくこともあるし、眠くなることもあるんだよ。
    でも少なくとも歌ってるあいだは、私、みんなの笑顔を願うことができるんだ。
    きっとμ’sのみんなもそう願ってるって、私、信じてる」

絵里 「マイスイートエンジェル……」(すすり泣く)

真姫 「マイラブリーエンジェル……」(むせび泣く)

海未 「マイエンジェリックエンジェル……」(滂沱の涙を流す)
25: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:31:26.66 ID:C2d8M5iA.net
穂乃果「これまで三人が、どんな難しい話をしてたのか、私にはよくわからないけど……
    でも、一つだけわかることがあるよ。
    みんなを笑顔にするためなら、何だってできる気がするってこと。
    絵里ちゃんと真姫ちゃんと海未ちゃんも、そう思う?」

絵里 「思います、マイエンジェル」

真姫 「思います、マイエンジェル」

海未 「思います、マイエンジェル」

天使が「もっと」欲しいのは、みんなの笑顔だったのだ。
26: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:32:13.27 ID:C2d8M5iA.net
こうして私たちは、穂乃果にエッチな質問をしたことを深く深く反省しながら練習に向かった。
そして私には、このとき、新しい歌詞のアイディアが芽生えた。
真姫がひそかに準備していた新曲に、私はその歌詞を乗せた。
27: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:33:02.14 ID:C2d8M5iA.net
歌詞にこめた願いは、みんなに、もっともっと笑顔になってほしいということ。
歌詞にこめた決意は、そのためなら、私たちは何でもできるということ。
もっともっと、面白くなるよ……なるよ!
28: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:34:10.72 ID:C2d8M5iA.net
―――――――

【月末、イベント会場にて】

♪ SUNNY DAY Wow! Sun power!

雪穂 (すごい盛り上がりだ)

♪ SUNNY DAY Wow! Song power!

亜里沙(私たちも混ぜてもらえるなんて、光栄です)

♪ 元気でる、こんな夢
  あれこれみんなで語ろうよ
  それは繋がりのサイン
29: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:35:14.63 ID:C2d8M5iA.net
雪穂 (あれ、お姉ちゃんたち、何してるんだろ。
    一年生と二年生が袋から何かを取り出して……)

♪ 二歩目はしっかりと

亜里沙(三年生のほうに歩きながら、指でカウントダウンを始めた……)

♪ 三歩目は大胆に

雪穂 (あれは……パイ?
    わああ、ダメだよお姉ちゃん、おそれおおくも上級生だよ!?)

♪ おそれず行けそうな予感でダンス

亜里沙(あ、お姉ちゃんたちが気づいたみたい。
    三年生逃げて、超逃げて)

♪ 自分から手をのばしたら

雪穂 (あれ、三年生が手をのばした。
    これは……無抵抗のポーズ!)

亜里沙(いやまさか……この晴れの舞台で、そんな面白いことするわけないよね?)

♪ もっともっと面白くなるよ……なるよ!

にこ 「SUNNY DAY LIFE……ブフォ」
   (パイを浴びる)  

希  「SUNNY DAY LIFE……ブフォ」
   (パイを浴びる)

絵里 「輝きになろう……ブフォ」
   (パイを浴びる)


※ぶつけたパイは、あとでμ’sのみんなでおいしくいただきました。

―――――
30: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:38:34.04 ID:C2d8M5iA.net
―――――

パイを浴びたいと志願したのは、私たち三年生じしんである。
先輩禁止をしているとはいえ、年上の者が年下の者にパイをぶつけるのでは、高圧的で笑えない。
皆を笑顔にするためにパイを浴びるのは、あくまで私たちでなければならなかったのだ。

パイを浴びたときに、私は不思議な体験をした。
視界が光に包まれたように白くなり(生クリームのせいではない……たぶん)、
体中が甘美な感覚(生クリームの味ではない……たぶん)に満たされたのだ。

そのとき私は理解した。
私たちが追いかけてきたのは皆の笑顔であり、それこそが私たちにとっての光であったのだと。
皆を笑顔にしたとき、私たちは一つの光になったのだ。


(絢瀬絵里自伝『もっと光を』最終章「このパイ、本で見たことある」より抜粋)
31: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 02:42:39.62 ID:C2d8M5iA.net
・おわりです。
 読んでくれた方、ありがとうございました。

>>26の「私」は「海未」の間違いでした。ごめんなさい。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【SS】もっとxxxを』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。