海未「催眠術を覚えました」

シェアする

海未-アイキャッチ28
1: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 02:18:44.49 ID:R1ADpYap.net
海未「というわけで…ことり、少し付き合ってもらえませんか?」

ことり「うん」

海未「では、まずそこに座って下さい」

ことり「はい」ストン

海未「次に深呼吸をして、身体の力を抜いてリラックスしてください」

ことり「すぅー…ふぅー………ふぅ」

海未「では……このコインを見つめてください」

ことり「…」ジー

海未「行きますよ……」ユラユラ

ことり「……」

海未「……」ユラユラ

ことり「……」











20分後

海未「……」ユラユラ

ことり「……」

元スレ: 海未「催眠術を覚えました」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 02:23:17.46 ID:R1ADpYap.net
ことり(うぅ……おトイレに行きたくなっちゃった……)ソワソワ

ことり(でも海未ちゃんは諦めてくれないし…海未ちゃんの顔、すっごく真剣……)

ことり(……もう、ここはかかった振りをして終わらせちゃいます!)


ことり「」カクン

海未「!」



海未「……ことり?」

ことり「……」ボー

海未「ことりー……?」

ことり「……」ボー

海未「……」ゴクリ
3: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 02:26:57.58 ID:R1ADpYap.net
海未(これは…完全に催眠術がかかった状態ですね……)

海未(まさか本当に効果があるとは……雑誌の裏の広告に出ていた催眠キット…2万円も出した甲斐がありましたね)

海未(それでは……)


海未「…ことり、あなたはこれから私の質問に答えてください、いいですね」

ことり「はい……」

海未「い、行きますよ……」ドキドキ

ことり「…」

海未「…」ゴクリ


海未「……あなたの好きな人は誰ですか?」

ことり(えっ)
4: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 02:29:23.42 ID:R1ADpYap.net
ことり(えっ…今の質問……)

ことり(海未ちゃんが私に聞きたい事って……え?)



ことり「……」

海未「…ことり?」

ことり「……」



海未「おかしいですね……催眠状態には入っているのに……」

海未「取説を持ってきておいて正解でした」
7: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 02:36:30.82 ID:R1ADpYap.net
海未「えーと何々……」

海未「…なるほど、最初は名前や性別、もしくはYES/NOで答えられる簡単な質問から」

海未「それを繰り返す事で深い催眠状態へと入っていくと……」

海未「そうですか……ではことり、質問を変えます」


海未「あなたのお名前を教えてください」

ことり「…南、ことり」

海未「好きな食べ物は何ですか?」

ことり「チーズケーキ……」
8: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 02:41:41.86 ID:R1ADpYap.net
海未「嫌いな食べ物は?」

ことり「にんにく…」

海未「好きな人は?」

ことり「……」



海未「……」

ことり(なんて答えたらいいのー!?)


ことり(で、でも、海未ちゃんがこんなに聞いてくるなんて…やっぱり…///)
13: 名無しで叶える物語(はんぺん)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 03:52:44.69 ID:R1ADpYap.net
海未「…」

ことり「…///」

海未「言えない…と言う事ですか?」

ことり「う、うん…」

海未「…つまり」

ことり「?」

海未「今好きな人は居ない……という事ですか?」

ことり(えっ、えっと…///)

ことり「い、いいえっ!」

海未「?」
17: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 04:54:10.99 ID:AWX3FqR/.net
海未 (今一瞬慌てたように見えましたが…)

海未(もう質問してみましょうか)

海未「あなたの初恋はいつですか?」

ことり (凄く目が輝いてるよぉ…)

ことり 「小学生の頃…です」

海未 「なんと…」

海未「告白はしたのですか?」

ことり (………)

ことり「はい…」
18: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 05:00:57.64 ID:AWX3FqR/.net
ことり(うう…恥ずかしすぎるよぉ~)

ことり (どうにかして逃げ出さないと…)

海未 「そ、その方とはどうなったのですか?」

ことり「ダメ…だったよ…」

ことり「まだ恋愛は…わからないって」

海未「!!!」

海未 (そろそろ時間ですね…)

海未 「ありがとうございました 今催眠を解きますね…ハイッ!」

ことり「あれ…私は…」

ことり「ト、トイレに行ってくるね?」

海未「はい、いってらっしゃい」

海未 (それにしても初恋が小学生とは…)

海未(他の人にも試してみたいですね)
19: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 05:18:57.38 ID:AWX3FqR/.net
海未 「説明書を読む限りだと…」

ー思考が単純な人には掛かる可能性が高いです、逆に皮肉屋にはかかりにくいでしょうー

海未 (なるほど、これを参考に決めてもいいかもしれません)

海未 「おや、あそこに>>21が」
21: 名無しで叶える物語(庭)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 05:25:07.48 ID:cJyWRrdG.net
穂乃果
22: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 05:35:09.54 ID:AWX3FqR/.net
海未 「穂乃果ですか」

穂乃果 「海未ちゃん!どうしたの?」

海未 「まだ練習まで時間がありますし部室で休憩しませんか?」

穂乃果 「おやつ食べていい?」

海未 「ダメです」


………………………………

穂乃果 (また変わったものにはまっちゃったんだね…)

海未 「で、では早速質問をします」
23: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 05:38:43.78 ID:AWX3FqR/.net
海未 「まず年齢と名前から」

穂乃果 「高坂穂乃果、17歳…」

海未 「米派ですか?パン派ですか?」

穂乃果「パンです…」

穂乃果(以外と普通の質問…やっぱりいつもの…)

海未 「好きな人はいますか?」

穂乃果 (!?!?)
24: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 05:43:14.72 ID:AWX3FqR/.net
穂乃果 (好きな人って…アレだよね)

穂乃果 「みんな…好きです」

海未 「恋愛的な意味では、いませんか?」

穂乃果 (恋愛的な意味って…LOVEだよね)

穂乃果 (うーんそうなると…)

穂乃果 「いません…」

海未 「なるほど…」

海未 (穂乃果はいない…穂乃果らしいですね)

海未 「それでは次の質問です」

海未 「>>26
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 06:01:49.58 ID:7ruyCWIJ.net
乗っ取るの早すぎでしょ

安価下
27: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 06:18:12.56 ID:lfyQzhn0.net
私に叱られるのは嫌ですか
28: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 06:26:12.19 ID:AWX3FqR/.net
海未 「私に叱られることは…嫌ですか?」

穂乃果 「?」

海未 「私は不安なんです、いつも穂乃果のことを思って叱っているけど嫌われてしまうのではないかと」

穂乃果 (海未ちゃん…)

海未 「嫌われてしまうのは、嫌です」

海未 「私に叱られるのは…嫌ですか?」
29: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 06:32:32.53 ID:AWX3FqR/.net
穂乃果 「全然嫌じゃないよっ!」

海未 「穂乃果?」

穂乃果 「穂乃果いっつもおっちょこちょいで突っ走って間違えて…」

穂乃果 「でもどんな時も間違ってることは間違ってるってはっきり言ってくれる」

穂乃果 「そんな海未ちゃんはとっても大切だよ!」

海未 「穂乃果…催眠が」

穂乃果 「えっ? あっ」
30: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 06:40:33.11 ID:AWX3FqR/.net
海未 「その…ありがとうございます」

穂乃果 「うん…どういたしまして」

海未 (恥ずかしいです…まさか催眠が解けるなんて)

海未 (でもこれを使い続けばもっと知ることが…)

絵里「穂乃果、いる?」

希「海未ちゃんもいるね、ちょうどよかったやん」

穂乃果 「絵里ちゃん希ちゃん、どうしたの?」
31: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 06:46:30.68 ID:AWX3FqR/.net
絵里 「このチラシを2年生に配っておいて欲しいの」

穂乃果 「どれどれ…『詐欺に注意?』」

希 「最近うちらみたいな若い子の被害が増えてるらしくてな、注意を呼びかけるんよ」

海未 「詐欺ですか…」

絵里 「そうそう、少し変わったものを売りつけて高額な商品を売りつけるらしいわよ」

絵里「相手の心が読める眼鏡とか好きな人を振り向かせる薬とか」

海未「穂乃果は鈍いのですから、注意してくださいよ?」

穂乃果 「流石にに引っかからないよ…」

絵里「それと催眠術をかける機械とか」
32: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 06:55:33.07 ID:AWX3FqR/.net
海未「そ、そんな物までやっているのですか?」

絵里 「ええ、でも少し手が古すぎると思わない?」

穂乃果 「絵里ちゃん、それぐらいに…」

希「まあ被害が1000円から2000円程度が大半らしいよ?」

希「高い勉強料だと思って懲りるしかないね」

海未 「あは、あはははは」ヒヤアセダラダラ
33: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 07:14:12.12 ID:AWX3FqR/.net
花陽 「サギニヒッカカッチャッタノォ⁉」

海未 「はい…」

絵里 「なんで催眠キットを買ったの?」

海未 「その…またラブソングの歌詞制作に行き詰ってしまいまして」

海未 「私は恋愛経験ありませんし…かといって他の人に聞いてもなかなか恥ずかしくて答えづらいでしょう」

海未 「その時に催眠キットを見てこれだ!と思ってつい…」

希 「典型的な引っ掛かりかたやね」

ことり 「良かった…そうだったんだ…」

ことり(ことりはてっきり…)

穂乃果 「そんなこと正直に言ってくれればいくらでも力になるのに!」

希 「そうやね、前はうちが提案したんやし、今度は助ける番や!」

絵里 「そうね、1人でまた抱え込ませちゃったみたいだし」

穂乃果 「よーし!そうと決まれば早速…」

海未 「その前に一つ、今日パンをいくつ食べましたか?」

穂乃果 「ギクッ!」
34: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/31(日) 07:16:57.61 ID:AWX3FqR/.net
海未 「穂乃果は石段ダッシュです!」

穂乃果 「そんなぁ~ 海未ちゃんの鬼!」

海未 「叱られるのは嫌ではないんでしょう? さあ早く!」

穂乃果 「それとこれとは話が別だよ~!」

おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「催眠術を覚えました」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。