希「全軍、突撃~!」

シェアする

希-アイキャッチ14
1: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 23:00:47.32 ID:XXfExHp1.net
今回は概要を書くとどういうものか分かってしまうため、伏せています。


過去作

穂乃果「こっちおいでヒトカゲ」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1454236034/l50?v=pc

凛「大雪の降った日」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1453100194/l50?v=pc

花陽「なわとびをした日」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1453022708?v=pc

絵里「大切なあなたへ」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1451052932/l50?v=pc

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

元スレ: 希「全軍、突撃~!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 23:01:47.66 ID:XXfExHp1.net
希「皆、準備はいい?武器は足りてる?」

穂乃果「よし、大丈夫!」

絵里「ええ!」

ことり「うん!」

凛「にゃん!」

希「うむ!そしたらば!全軍、とつげ・・・」

穂乃果「うおおお!かかってこい!穂乃果たちが相手だよ!」

絵里「よーし、行くわよ~!弾数は充分にある、これなら安心ね!」

穂乃果「絵里副隊長!どこまでもお伴します!共に行きましょう!」

絵里「よろしい軍曹!では」

希「ちょっ、ちょっとお待ち二人とも!二人だけの突撃は勇猛果敢やけど、あまりにも危険や!ここはうちの合図で、皆一斉に行くのがいい。悪いけど、うちの指示に従ってくれへん・・・?」

穂乃果「・・・し、失礼しました隊長!」

絵里「わかったわ。スタンドプレーは禁物、というわけね。指示は任せたよわ」

希「うん、分かってくれればええんよ。・・・よし、改めて、準備はええか?全軍、とつげ・・・」

凛「希隊長!お腹が減って仕方がありませんが、どうすればよいですかにゃ!?」

希「だぁあっ、このタイミングでかい。うーむ・・・ことり伍長!あなたは確か、補給係だったかな?凛二等兵のお腹を補給せよ!」

ことり「了解しました~♪凛ちゃん!はい、どうぞ!ことり特製の巻き飯です!」

凛「もぐもぐ、もぐもぐ・・・美味しいにゃ!これで勇気凛々、いくらでも戦えそう!」

ことり「よかった~♪後で皆にも食べさせてあげるね。あっ、ことりも少しお腹すいてきちゃったかな?」
3: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 23:02:34.27 ID:XXfExHp1.net
希「ええ?ま、まあそれは後でにしてな。よーし、今度こそいけそうか?ええかい?全軍、突・・・」

穂乃果「うわああっ!」ドデッ

ことり「穂乃果ちゃ・・・穂乃果軍曹!だ、大丈夫?」

穂乃果「あ、頭のハチマキと角がとれちゃった!だ、誰か直して~!」

希「ああ、もう、仕方ないなあ・・・軍曹こっちにおいで。結んであげる」

穂乃果「お願いします隊長!」

希「ほれほれ・・・よいしょっ・・・ぎゅっぎゅっ。よーし巻けた!これで滅多なことがない限りほどけることもないよ」

穂乃果「おおー!さっきよりもカッコいいぞ~!」

希「他にもほどけちゃいそうなひとはおる?直々に結ぶで。・・・大丈夫?よし、じゃあOKや。皆行くで!全軍、と・・・」

絵里「あっ!ちょ待って希いいいい!!」

希「な、なんや絵里ち!せっかくええタイミングやったのに!」

絵里「戦勝パーティーの品がまだ揃っていないらしいわ!これ、戦い始めていいの!?私たちなら楽勝で倒せる相手だから、もう少し様子を見てからでも・・・料理だって冷めちゃうかもしれないし」

希「そんないらん心配はしなくてええねん!それは花陽二等兵たちがなんとかしてくれる!うちらはうちらの仕事をする、それだけやで!」

穂乃果「あの四人を信じて待つんだよ!」

絵里「・・・そ、そうね。止めて悪かったわ。・・・えーと、全軍突撃~!だっけ」

希「それはうちの台詞や~!!とらへんで!」
4: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 23:03:19.87 ID:XXfExHp1.net
~~~~~~


海未「すっかり遅くなってしまいました、待ってるでしょうね五人は」

真姫「仕方がないわよ、諸々の準備をしてたわけだし。花陽、千代紙の箱、とってもキュートね」

花陽「ありがとう真姫ちゃん。花陽もにこちゃんに教わって、ちゃんとお料理作れたよ!きっと美味しいよね、にこちゃん!」

にこ「当たり前じゃない!にこが教えたんだもの、美味しくない訳がないわ。・・・さあ、五人が待ちくたびれてるだろうから急ぐわよ!」

海未「はい!」


~~~~~~


海未「・・・んん?なんだかやけに騒がしくありません?」

にこ「そうね?何をしてるのかしら?」

花陽「ちょっと怖い・・・」

真姫「よりにもよって穂乃果たちを残してるからねえ。エリーがいるからでもストッパーにはなってるはずだけど・・・」

海未「はい・・・まあ、いいです。善は急げ、入りますよ。お待たせしました~!」


全軍、突撃~~~!!!
5: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 23:04:04.92 ID:XXfExHp1.net
~~~~~~


希「も、もう、いつになったら行けるん!?お願いだから言わせて!」

穂乃果「もう多分大丈夫!」

絵里「ごめんね、お待たせ」

凛「言うにゃ!」

ことり「うん!」

希「ふぅ~・・・全員、弾を持て!狙いはあの敵兵!!」


希「全軍、突撃~~~!!!」


五人「鬼はー外ー!!福はー・・・」


海未「お待たせしましたー!煎り豆です・・・ゴフッ!!」

花陽「ピャアッ!」

真姫「ヴェェェ!」

にこ「にこーーっ!」
6: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 23:05:11.13 ID:XXfExHp1.net
希「あ、あららっ?」


穂乃果「う、海未ちゃん・・・」

凛「かよちん!ぶつけたにゃ!?」

ことり「にこちゃん!」

絵里「真姫!大丈夫?」


海未「・・・あなたたち・・・何をしているのですか・・・?」

穂乃果「ま、豆まき・・・」

ことり「そ、そう!豆まき!五人で兵隊さんみたいにしたら面白いんじゃないか、なんて考えて!」

凛「希ちゃんの発案だにゃ!」

絵里「じ、実際楽しいのよ!希のタイミングをずらしてみたり!相手は鬼軍で、武器は豆!」

希「ちょ、ちょ、あの?」


にこ「というか!あんたら!頭になんで鰯と柊を巻いてるのよ!?こんな変なファッション面白くないわよ!」

希「い、いや!鬼はこれに弱いって聞いてて、それで!」
7: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 23:05:51.69 ID:XXfExHp1.net
真姫「凛~!?何を勝手に先に恵方巻き食べてるの?皆で食べると言ったでしょ!」

凛「お、お腹すいちゃってつい」

花陽「凛ちゃん、花陽一生懸命炒り豆作ってたけど、お腹一杯なの・・・?」

凛「そ、そんなことないよ!かよちんの作ったものなら、いくらでも食べるにゃ!」

花陽「うん、良かった!」


真姫「あ、というかエリー!なんで止めなかったのよ!明らかにおかしいでしょ!そんな格好をして部室で豆を全力投球って!」

絵里「何よ・・・楽しそうだったんだからしょうがないじゃない!!」

真姫「ぎゃ、逆ギレ?」

絵里「私も最初は止めたわ。でも、あまりにも皆が楽しそうに準備をして遊びたがってたから、私もやりたくなった、それだけのことなの!」

真姫「・・・エリー、何か言うことは?」

絵里「ごめんなさい」

真姫「はい、よろしい」
8: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 23:06:31.66 ID:XXfExHp1.net
海未「これは・・・やむをえませんね」

穂乃果「え、何をする気なの」


~~~~~~


海未「鬼は外!福は内!五人とも!逃げないでください!あなたたちは鬼の役なんです!」

穂乃果「ひいいい!!」

希「うわわ!」

ことり「チューン!」

凛「にゃああ!」

絵里「チカアアアア!」

真姫「ほらほら、鬼は外よ!」

花陽「ふ、福は内!μ'sと皆の幸せも内!」

にこ「うーん、にこはー、鬼の中にもにこのファンがいるから投げられないにこ♪」

海未「真面目にやってください」

にこ「わ、分かってるわよ。・・・ほらほらーっ!」
9: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 23:07:11.82 ID:XXfExHp1.net
~~~~~~


海未「はい、お疲れ様です」

穂乃果「うん、お疲れ様・・・投げるのと逃げるのを交互にすると、意外とトレーニングにもなるね」

花陽「そこで、私の炒り豆です!腕によりをかけて作ったので、食べてください!」

真姫「あと、年の数だけ豆を食べるというのを忘れないことよ」

凛「うん!・・・でも、100粒食べたいにゃ~・・・」

にこ「おばあさんじゃない!」

絵里「うふふ、おばあさんの凛も見てみたいわ」

ことり「凛ちゃーん!一緒に食べよっか!」

凛「そうするにゃ!」

海未「うふふ、たくさんあるからどんどん食べて、福を呼び込みましょう!希、これもスピリチュアルパワーですよね?」

希「きっとそうやなあ。鬼は外、福は内。昔から伝わってるこの言葉には大切な意味が込められてる。皆のところにも、たくさん福がきますよううちらはお祈りするで!」

穂乃果「美味しい!」

海未「頬張りすぎです!はい、水飲んでください」

穂乃果「海未ちゃんには鬼がお似合い、なんちゃって」

海未「な、なんですって・・・あなたは最低ですっ!」

穂乃果「なんちゃって!」
10: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 23:08:45.71 ID:XXfExHp1.net
~~~~~~


穂乃果「いや~食べたね!美味しいものをお腹一杯食べて、幸せ一杯!」

海未「穂乃果。忘れないうちに言いましょう」

穂乃果「うん!・・・じゃあ、皆!せーの!!」


鬼はー外!
福はー内!


μ's「皆に福が、訪れますように!!」
11: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/03(水) 23:10:04.40 ID:XXfExHp1.net
これで終わりです。完全に勢いで書いたので、キャラの崩壊や文章力がなさすぎて申し訳ないです。
ちなみに我が家では豆まきするのを完全に忘れていました(汗)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「全軍、突撃~!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。