希「世界が変わった気がした」

シェアする

希-アイキャッチ3
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:01:55.03 ID:VfB7d1OP0
希「行ってきまーす・・・」ガチャ



私は東條希 音乃木坂学院の3年生



希「・・・・・・」トコトコ


希「(今日は新一年生の入学式・・・)」


希「(入学式とはいえ、休日の朝に学校に行くのはキツいなぁ)」



穂乃果「海未ちゃん!ことりちゃん!早く行こうよ!」ダッダッ


海未「穂乃果!そんなに走ると転びますよ!」ダッ


ことり「待って~!穂乃果ちゃ~ん!」ダッ



希「(休日の朝だっていうのにすごい元気だなぁ)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454601714

元スレ: 希「世界が変わった気がした」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:04:44.34 ID:VfB7d1OP0
学校



凛「かよちん!ここはどこかにゃ?」


花陽「学校の中・・・かな」


凛「そんなことは分かってるにゃ!凛たちはどこの教室に入ればいいのかな?」



希「(迷子・・・かな?)」


希「・・・・・・」


希「・・・あのっ」



絵里「もしかして、あなた達は新一年生の子かしら?」


凛「あ、はい!そうです!」


絵里「やっぱりそうだったのね。新一年生は・・・」



希「・・・・・・」サッ
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:06:54.48 ID:VfB7d1OP0
希「(・・・ふう、慣れないことするものじゃないね)」



真姫「・・・・・・」ポロッ



希「・・・?」


希「(今通った子、このハンカチを落としたのかな?)」


希「(M・Nって書いてる。あの子の名前かな?)」


希「あのっ・・・!」



真姫「・・・・・・」トコトコ



希「(・・・ダメだ、こんな声の大きさじゃ聞こえないよね)」


希「(渡しそびれちゃったな・・・後で先生に預かってもらおう)」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:08:28.91 ID:VfB7d1OP0
にこ「・・・・・・」トコトコ


希「あ、矢澤さんだ・・・」


にこ「・・・なんか用?」


希「え!?い、いや・・・なんでもないよ」


にこ「・・・あっそ」トコトコ



希「・・・はぁ」ドキドキ
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:10:40.70 ID:VfB7d1OP0
廃校のお知らせ



希「廃・・・校?」


希「(いきなりすぎてびっくり・・・)」


希「(まあ、今の一年生が卒業するまでは学校はちゃんとあるみたいだけど・・・)」


希「この学校はなんだかんだで好きだし、無くなってほしくはないかなぁ・・・」



絵里・副会長「・・・・・・」トコトコ



希「(あ、生徒会長さんと副会長さん。ずいぶん落ち込んでるみたい・・・)」


希「(歩いてる方向からして、理事長と話をしたのかな?)」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:12:30.98 ID:VfB7d1OP0
希「ん、これは・・・?」



音乃木坂学院スクールアイドル!!グループ名募集中!!



希「(スクールアイドル・・・今流行りの、あらいず?とかのやつだよね)」


希「(この学校にも出来たんだね。グループ名募集中って書いてるけど・・・)」




希「まあ・・・私には関係ないかな」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:14:51.68 ID:VfB7d1OP0
穂乃果「音乃木坂学院スクールアイドルです!」

穂乃果「今度、講堂で私たちのファーストライブやりまーす!よろしくお願いしまーす!」


海未ことり「よろしくお願いします!」



希「(あっ、あの子達が噂のスクールアイドルの子たち・・・か)」



穂乃果「今度ライブやります!良かったら来てください!」


希「えっ、あ、はい・・・」


穂乃果「絶対・・・絶対来て下さいね!」キラキラ


希「はっ、はい!」



穂乃果「よろしくお願いしま〜す!!」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:18:32.98 ID:VfB7d1OP0
希「スクールアイドル・・・か」


希「あの子、絶対に来て下さい!って言ってたなぁ・・・」


希「でも、ライブって人がたくさん来てるんだろうなぁ」


希「私、絶対浮くだろうなぁ・・・」



希「あの子には申し訳ないけど、私は行かないほうがいいかな」


希「・・・はぁ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:23:54.97 ID:VfB7d1OP0
数ヶ月後




絵里「はあ・・・」



・・・生徒会長さんは最後まで学校を守るための活動をさせてもらえなかったらしい



絵里「この学校を守るためにはどうすれば良かったのかしら・・・」



生徒会長さんは精神的なストレスや不安などによって、大きく体調を崩してしまい、長い間学校を休むことになってしまった

久しぶりに学校に戻ってきた生徒会長さんを見たとき、私は絶句してしまった

休養を取っていたにも関わらず身体は痩せ細り、見た目的には最後に学校に来ていた時よりもさらに酷い状態になっていた



後から聞いた話では、生徒会長さんは学校を守らなければならないという、立場としての使命感からか、あらゆる案を出したり挑戦したりと、かなり無理な事を続けていたらしい

それと同時に、他の生徒会メンバーは生徒会長さんに付いて行けず、だんだんと孤立した存在になっていたらしい・・・



彼女を側で支えてくれる人はいなかったのだろうか・・・
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:28:51.08 ID:VfB7d1OP0
ことほのうみ「お願いします!!私たちの曲を作ってください!!」



真姫「はあ・・・分かったわよ」



スクールアイドル達はというと、講堂で行ったファーストライブではお客さんがほぼ来なかったらしい・・・今さらすぎるけど、かなり申し訳ない・・・

楽曲に関しては、他のスクールアイドルから借りたものだった

その後、ピアノと歌が得意な一年生の子になんども頭を下げた結果、ようやく自分たちの曲を作ってもらえたらしい

ちなみに、実はその一年生の子は既に曲を作っていたが、出来た曲をスクールアイドルの子たちに提供するのをためらっていたらしい

恥ずかしさからきたものなのか、本当に自分が作った曲で大丈夫なのかという葛藤からなのか・・・それとも全く別の理由なのか

真偽は不明ではある



誰かの後押しがあれば、もっと早くに曲を渡せていたのだろうか・・・
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:32:28.70 ID:VfB7d1OP0
凛「陸上部の星空凛です!地区予選で準優勝しました!」


花陽「ま、マネージャーの小泉花陽・・・です」



陸上部では大型新人と言われている、星空凛という子が棒高跳びで、地区予選準優勝したらしい



マネージャーの小泉花陽という子は、スクールアイドルに入るかどうかで迷っていたみたいだが、最終的には陸上部のマネージャーになった

星空凛さんは、昔からアイドルになりたがっていた花陽さんをスクールアイドルに入れようとしていたみたいだが、後押しが足りなかったらしい



ちなみに、陸上部の活躍によって音乃木坂学院は、来年度の新入生を迎い入れることが決まったのだ。これは嬉しいニュースだ



廃校の危機は免れた・・・のだろうか
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:36:39.45 ID:VfB7d1OP0
にこ「・・・・・・」トコトコ


希「・・・・・・」トコトコ




私たちは一人だった




にこ「絵里、あんた大丈夫なの?久しぶりに見たけどかなり痩せ細ってるわね」


絵里「にこ・・・」


にこ「隣の席の子から聞いたわよ・・・あんた学校を守るためとか言って色々と頑張ってたらしいけど、まだ高校生なのよ・・・気を詰めすぎ」


絵里「そうね・・・ありがとう、にこ」




一人なのは私だった・・・
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:41:39.89 ID:VfB7d1OP0
その後、私は音乃木坂学院を卒業した



そして、私の母校は廃校になった



当時の生徒会長や理事長、そしてスクールアイドルや陸上部の頑張りはあったが、結果は廃校



あの学校に特別な思い入れがあったわけじゃないが、やっぱり自分が通った母校が無いのは寂しい




私は大学の卒業間近だった。就職先も決まっていた


余った時間を使って、今までは出来なかった海外旅行や、昔から興味があった南極の探検してみたり、宇宙や星について調べたりした




・・・何か悔しいけど、これはこれで充実していた
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:46:56.24 ID:VfB7d1OP0
希「私にも、何か出来る事ってあったのかな?」


希「何かしていれば、音乃木坂は廃校にならずにすんだのかな・・・」


希「でも、後悔したりしてももう遅いよね・・・」


希「そもそも、私の力じゃ無理だね」


希「今も昔も、常に一人の私には・・・」




?「祈りましょうあなたのために♪
叶えたい気持ちよ高まれ♪」




希「歌・・・?」




?「しーんじて!こっころがときめいた瞬間をー
だってさ出会いはえらべない偶然さー」




希「あれ?私、この曲知ってる・・・気がする・・・」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:53:06.44 ID:VfB7d1OP0
?「接近しちゃえとんとんととっしん!
純愛なら実らせたいもんね!」



?「ふう・・・ありがとうございました〜!」


希「あ、あの!」


?「・・・お、懐かしい顔やね〜」


希「えっ、私のこと知ってるんですか?


?「そうやね・・・名前は東條希さんで、歳は22でエセ関西弁使いのスピリチュアルガール!」


?「後は・・・あなたのおっぱいの大きさだって知ってるやんな!」


希「」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 01:56:00.59 ID:VfB7d1OP0
?「・・・君、過去にちょっと心残りがあるのかな?」


希「!?い、いや・・・心残りぐらいは誰にでもありますよ・・・」


?「違うなぁ、ウチが言ってるのは単なる心残りの事やない。心残りをいつまでも引きずって、後悔してるっちゅう事があるやろって話や」


?「・・・後悔してるんやろ?」


希「・・・・・・」


希「まあ・・・そうですね。正直、後悔はしてます・・・」



?「じゃあ、やり直してみよか!」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 09:02:56.39 ID:VfB7d1OP0
希「え、やり直す・・・?」


?「そや!ウチが貴女に、今からとある魔法をかけます!
そしたらあなたの・・・いや、あなたとμ'sの運命は大きく変わるのです!」グイッ


希「み、μ's・・・?(顔が近い・・・)」


?「全てを変える9人の女神様の名前や!」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 09:10:44.63 ID:VfB7d1OP0
希「め、女神様ですか・・・」


希「すみませんが、私は神様とか魔法だとかは信じてないので・・・これで失礼しますね」


?「ちょ、ちょっと待って!!あと3分だけ付き合って!!」


希「いや、でも宗教系はちょっと・・・」


?「いやいや!宗教じゃないから大丈夫だってぇ!」


希「ましてや、魔法なんて・・・」


?「そうや!魔法や!」


希「やっぱり帰りますね・・・」


?「マッテええええ!!!」グイ


?「あんた、魔法とか信じてないんやろ?なら、これからウチが何をしようと不可不思議な事は起こらないって断言するわけやろ?」


?「じゃあ、もうちょっとだけウチのおままごとに付き合ってよ!」



希「はあ、うーん・・・分かりました。3分だけですよ?」


?「(危ないところだった・・・)」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 09:38:53.46 ID:VfB7d1OP0
?「じゃあ、あんたに魔法をかける前にちょっとだけ語らせてもらうで」


?「ウチはな、本当はこの世界にいちゃいけない人間なんや」


希「?」


?「さらに言うと、もともとは関西弁は使ってなかったし魔法とか占いとか神様も別に興味なかったんや」


希「そうなんですか」


?「・・・ウチはな、命を吹き込む仕事をしとったんよ」


希「はあ・・・へ?」


?「でも、どういうわけか知らんけど気がついたらウチは命を吹き込まれる側の世界に来ていた」


?「原因は分からん」


希「(意味が分からん)」


?「ウチが思うに、あんたが・・・東條希が元どおりになれば、私・・・つまり、・・・・・も元通りになると思うんや」


希「(途中が上手く聞き取れなかった・・・)」


?「こんな事態になったのは多分、あんたが在るべき姿から外れてしまったから・・・だから、私がここに呼ばれたんやと思ってる」


?「私が・・・になろうとしてた事もあった。だって、・が同じやからね。でも、普通に考えてそれは無理やった」


?「本当になれたとしても、その瞬間からあんたは・・・で無くなるし、・・・・・になるわけでもない。全く別の人間になってしまう・・・」


?「そして、私も・・でμ'sの・・・・・には戻れない・・・正直、それが一番怖かってん」

?「だから、ウチはあんたに正しい人生を歩んでいってほしいんや」



?「ちょっと長く語りすぎたね」


希「は、はあ・・・」


?「(この様子だと、私が伝えたかった言葉は届いてなかったんだろうなぁ)」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:38:27.77 ID:VfB7d1OP0
?「よし!それじゃ、早速魔法をかけようかね!」


希「はあ・・・分かりました」


希「(家に帰ったらアイス食べて寝ようかな・・・)」


?「・・・あ、そうそう!あっちに戻ったら、真っ先に金髪美女に関西弁で話しかけること!いいね?」


希「き、金髪美女?関西弁?」


?「それじゃ、いっくよ〜」キラーン


希「(え、光った)」



?「のぞみんパワー(たーっぷり)注入〜!!はーい、プシュッ☆」



希「!?い、いただきました・・・」クラッ
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:42:22.49 ID:VfB7d1OP0
?「・・・ウチは、あんたが正しい選択する事を信じてるよ」


?「がんばれ!希ちゃん!」







のぞみんパワー注入 はーい、プシュッ



この言葉を最後に、私の意識は消え去った



こんな痛恥ずかしい言葉、後にも先にも聞くことはなかなかないだろう



そして次に目覚めた時・・・私は女子高生になっていた



いや、女子高生に戻っていた




希「(こ、ここは・・・学校?)」


希「(って、音乃木坂学院!?)」


希「(何がどうなって・・・)」


希「(あれ!?目の前にいるのは・・・生徒会長さん!?)」


絵里「・・・・・・」トコトコ


希「あっ・・・待って!!!」


絵里「!?」



想像以上にデカい声が出た
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:48:03.07 ID:VfB7d1OP0
希「(あああああ!!どうしようこの状況・・・!!思わず声をかけてしまったよ!!)」


希「(ていうか、なんで生徒会長さんが目の前に・・・?というか、音乃木坂学院に今いて、私は音乃木坂の制服を着ている・・・)」


希「(もしかして、本当に過去に戻った・・・?)」



絵里「・・・?」



希「(何がなんだかよく分からないけど、さっきあの人が言ってた金髪美女はこの生徒会長さんに間違いない!)」


希「(安易な考えだけど、私の人生の中で金髪で美人な人に会ったのはこの人だけだから・・・)」


希「(とにかく、この人に話しかければいいんだよね・・・)」


希「わ、私・・・」



絵里「??」



希「(あれ、何か大事な事を忘れてるような・・・)」



関西弁で話しかけること!いいね?



希「・・・ウチ、東條希!」ニコッ




世界が変わった・・・気がした
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:49:44.72 ID:VfB7d1OP0
希「行ってきまーす!」ガチャ



ウチ、東條希!音乃木坂学院の3年生で、生徒会の副会長をやってるんや!



希「・・・・・・」トコトコ


希「(今日は新一年生の入学式!)」


希「(入学式とはいえ、休日に学校に行くのはちょっと大変かな?)」



穂乃果「海未ちゃん!ことりちゃん!早く行こうよ!」ダッダッ


海未「穂乃果!そんなに走ると転びますよ!」ダッ


ことり「待って〜!穂乃果ちゃ〜ん!」ダッ



希「(朝から元気やね〜)」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:51:31.25 ID:VfB7d1OP0
学校



凛「かよちん!ここはどこかにゃ?」


花陽「学校の中・・・かな」


凛「そんなことは分かってるにゃ!凛たちはどこの教室に入ればいいのかな?」



希「・・・君たち、新しく入る一年生?新一年生は、下の階に集まってるよ!」



花陽「えっ!?あ、ありがとうございます!」


凛「良いこと聞いたにゃ!ありがとうございます!」ペコッ


凛「かよちん!早く行かなきゃ!」ダッ


花陽「り、凛ちゃん待って〜!」ダッ



希「廊下は走ったらあかんよ〜」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:53:30.80 ID:VfB7d1OP0
絵里「全く、朝から元気な子たちね」


希「あっ、エリチ!」


絵里「私たちもそろそろ、生徒会室に戻りましょうか」


希「そやね!入学式ももうすぐ始まるし、打ち合わせとかしないとなぁ」



真姫「・・・・・・」ポロッ



希「あ、そこのキミ!今、ここでハンカチ落としたよ!」


真姫「ヴェ?」


希「M・N・・・あなたの名前かな?」


真姫「ま、まあね・・・ありがとう」



希「それから、新一年生は下の階で集合やで!」ニコッ
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:55:55.98 ID:VfB7d1OP0
にこ「・・・・・・」トコトコ


希「あ、にこっち」


にこ「希じゃない、なんか用?」


希「特には用事はないかなぁ、呼んだだけや〜」


にこ「ふ〜ん」


にこ「・・・あんた、これから生徒会の仕事あるんでしょ?

・・・頑張りなさいよ」


希「うん!ありがとね、にこっち!」ニコッ



絵里「希!早く行くわよ!」



希「は〜い!」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 22:59:01.88 ID:VfB7d1OP0
廃校のお知らせ



希「廃校・・・か」


絵里「探したわよ、希!」ダッダッ


希「ん・・・エリチ」


希「理事長とは話してきたん?」


絵里「いや、これから話に行くのよ・・・あなた、副会長なんだから一緒に行くわよ!」


希「あっ、そやね!ウチが副会長・・・やったな!」


絵里「もう・・・寝ぼけてるのかしら?早く行くわよ!」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 23:00:56.27 ID:VfB7d1OP0
希「おっ・・・これは?」



音乃木坂学院スクールアイドル!!グループ名募集中!!



希「スクールアイドル・・・か」


希「グループ名募集中って書いてあるなぁ」


希「・・・・・・」




希「どんな名前・・・付けよかな!」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 23:03:11.25 ID:VfB7d1OP0
穂乃果「今度講堂で私たち、μ'sのファーストライブやりまーす!!よろしくお願いしまーす!」


海未ことり「よろしくお願いします!!」




希「あれがウチらの学校のスクールアイドルかぁ〜」


希「これからどんな活躍するんかなぁ」


絵里「・・・・・・」


希「どうしたん?エリチ」


絵里「・・・なんでもないわ」


希「・・・?」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 23:05:10.21 ID:VfB7d1OP0
・・・・・生徒会が内容までとやかく言う権利はないはずや!



・・・・・恥ずかしいなら、こっそりという手もあるはずなんや

・・・・・な、何の話!?

・・・・・・・・分かるやろ?



・・・・・やってみればええやん。特に理由なんて必要なんてない、やりたいからやってみる。本当にやりたいことって、そんな感じに始まるんやない?




・・・・・9人や、ウチも入れて
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 23:07:34.78 ID:VfB7d1OP0
穂乃果「1!」


ことり「2!」


海未「3!」


真姫「4!」


凛「5!」


花陽「6!」


にこ「7!」


希「8!」


絵里「9!」



穂乃果「くうううううん!!ついに9人だよ!!凄い!!凄いよおおおおお!!」


ことり「穂乃果ちゃん、前にもこういう下りあったよね・・・」


海未「まあ、穂乃果が興奮するのも分からなくはないですがね・・・」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 23:12:41.17 ID:VfB7d1OP0
真姫「ということは、海未も興奮してるのかしら?」


海未「えっ!?」


凛「でも、そういう真姫ちゃんも嬉しそうだにゃ!」


真姫「べ、別に!私はそんな・・・」


花陽「あはは・・・それにしてもμ'sなんて名前、よく思いつきましたよね・・・」


海未「神話に出てくる神様から取ってきたのは、流石に名前負けしてるような気もしましたがね・・・」


ことり「でも、μ'sっていう名前にも慣れてきちゃったね!」


にこ「名前負けって・・・最初から堂々としてりゃいいのよ!」


にこ「なんたって、この矢澤にこがいるグループのメンバーなんだからね!」


希「うーん、本当になんでμ'sって名前思いついたんやろたなぁ・・・あの人」



にこ「無視かい!!」


絵里「まあまあ・・・」



穂乃果「あの人・・・?あの人って誰のこと!?」


穂乃果「気になるなぁ・・・」



希「んー?・・・そうやね」


希「簡単に言うと・・・スピリチュアルな人のこと!」ニコッ
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 23:17:40.37 ID:VfB7d1OP0
その後、ウチは音乃木坂学院を卒業した



そして、廃校の危機に晒されていた音乃木坂は今では生徒の人数が増加し、廃校の危機を脱した



これは当時のの生徒会長だったエリチや穂乃果ちゃん、理事長・・・そしてμ'sの頑張りがあったからこその結果なんやろな



あの学校はたくさんの思い出に溢れ、今でもあの頃の大切な仲間たちとの交流は絶えない



私は・・・


ウチは、音乃木坂が・・・μ'sが大好きや!!
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/05(金) 23:21:11.96 ID:VfB7d1OP0
?「祈りましょうあなたのために♪
叶えたい気持ちよ高まれ♪」



希「歌・・・?」



?「しーんじて!こっころがときめいた瞬間をー
だってさ出会いはえらべない偶然さー」



希「あれ?ウチ、この曲知ってる・・・もしかして!」



?「接近しちゃえとんとんととっしん!
純愛なら実らせたいもんね!」



?「ふう・・・ありがとうございました〜!」


希「あ、あの!」


?「・・・お、懐かしい顔だね〜」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:46:29.92 ID:GL/SniWq0
希「(あっ・・・この人も一応過去の世界の人であって、ウチの知ってるあのスピリチャルな人とはちょっと違うんよね・・・)」


希「え、えっと・・・ウチのこと知ってるん?」


?「おお!関西弁、もう板に付いたみたいだね!」


?「やっぱり、関西弁はあなたに合ってると思うよ!」


希「・・・?」


?「で、どうだった?のぞみんパワーの効果は!」


希「!?」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:49:25.49 ID:GL/SniWq0
希「(関西弁とかのぞみんパワーって、まさか・・・)」


希「もしかして、あなたはウチが一番最初に会ったあの時のあなたと同一人物なの・・・?」


?「・・・さあ、どうだろ?」


?「私のことはとりあえず置いといて〜・・・のぞみんパワーの効果は、なかなかスピリチュアルだったでしょ?」


希「そんな簡単に置いていいのかな・・・そうやね、かなりスピリチュアルやったよ」


希「まさか、本当に過去に戻って人生をやり直せるなんて思わんかったよ」


?「そっかそっか!それは良かったぁ!」


?「あっ、ごめん・・・なんかくしゃみでそう・・・」


希「え?」



?「はっくすん!!」


希「!?」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:53:41.03 ID:GL/SniWq0
?「ところで・・・実はまだまだやり残したことあるんじゃないの?」ズビー


?「希パワー・・・注入しようか?」


希「・・・・・・」


希「そう・・・やね。やり残したことはあるよ」


?「ほほう!じゃあ、早速希パワーを・・・」


希「でも、もう・・・注入せんとええんや」


?「・・・どうして?」


?「希パワーを注入するだけで、また時を巻き戻せるんだよ?」


?「のぞみんパワーの効果は、もうあなた自身で実感したよね?というか、今も実感してる最中のはず・・・」


?「なのに、どうして拒否するの?」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 21:56:47.04 ID:GL/SniWq0
希「・・・・・・」


希「さっきも言ったように、確かにやり残したことはある・・・」


?「ほら!じゃあ、早速希パワーを・・・」



希「でもな、ウチ・・・それ以上に今が楽しいんや!」



?「・・・へぇ」



希「今の私には、最高の思い出と最高の仲間たちがおる!!」




だから、もう時は巻き戻さへん・・・



だって・・・今が最高やから!!




終わり
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 22:02:01.64 ID:GL/SniWq0
おまけ



?「ふう・・・やっと一仕事終えたよ・・・」


?「疲れたぁ〜」


?1「あ、おかえり〜」


?「ただいま〜」


?「またゲームやってるんですか?」


?1「石がね・・・溜まればね・・・10連引けるんだよ・・・」タップ


?「へ、へぇ〜」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 22:07:29.06 ID:GL/SniWq0
?1「ところで、希はどうだったの?」


?「希はもう大丈夫ですよ〜絵里ちゃんはどうでした?」


?1「絵里も大丈夫な・・・はず」


?1「残るは穂乃果なんだけど・・・」


?「穂乃果ちゃんですか・・・あの子が闇落ちってなかなか考えられない・・・」


?「というか、μ'sのメンバー全員が闇落ちするってどうなってるんですかね〜」


?1「ハラショーね」


?「なんでもハラショー付ければいいと思ってません?」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 22:13:52.94 ID:GL/SniWq0
?1「でも、今回の騒動でμ'sのうち誰か一人でも欠けてしまうだけで全てが変わってしまうということが分かったね」


?1「学校は廃校になるし、そもそもμ's自体が出来なかったりするし・・・」


?1「・・・あれ、こんなに重い話していいのか?」


?「いや、良いと思いますよ・・・私しか聞いてないから・・・」


?1「それもそうね」


?「取りあえず、ご飯食べません?」


?1「それもそうね・・・肉!!」


?「はいはい・・・じゃあ、南ちゃんちょっと手伝って〜!」



?1「・・・拒否する!」ビシッ!



本当に終わり
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 22:16:25.97 ID:GL/SniWq0
これで終わりです


ラブライブSSは初めてだったのでキャラの特徴とか掴めてなかったかもしれないです
無駄にシリアスな場面多かったのでかなり目立ったかも・・・


見てくれた人ありがとうございました

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
希「世界が変わった気がした」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「世界が変わった気がした」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。