希「幸せの味」

シェアする

希-アイキャッチ15
1: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 00:59:25.73 ID:TulCVgzr.net
のんたんss
話しは短め

元スレ: 希「幸せの味」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:00:08.66 ID:TulCVgzr.net
もうすぐ日が落ちそうな時間、ウチは部屋で一人にらめっこをしていた。

お母さんからの仕送りの中に入っていた小さな箱―――キャラメルと。

テーブルの上で、一粒取り出してまじまじと見つめて呟く

「昔はキャラメル大好きやったなぁ・・・」

あの時のように夕焼けで染まった部屋に小さく響いた
3: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:00:38.01 ID:TulCVgzr.net
うちはキャラメルが苦手。

別にあの甘さが嫌いとか、食感が苦手とか、歯の詰め物が取れるからとかではないんよ。

キャラメルは一人ぼっちの味がするから―――
6: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:10:21.74 ID:TulCVgzr.net
「私、キャラメル大好き!」

お父さんもお母さんも仕事が忙しくて、小さい頃のうちは一人でお留守番してることが多かった。

お母さんは気を利かせてお留守番のときは、大好きやったキャラメルを必ず用意してくれてたんよ。

「今日も帰りが遅くなります。ごめんね、希ちゃん」

いつもこんな書置き付きで。

この書置きを見るたびに、「今日は夜まで一人ぼっちなんだ・・・」って寂しい気持ちになってた。

それを誤魔化そうと甘い甘いキャラメルを一人で頬張っていた。
7: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:14:35.30 ID:TulCVgzr.net
こんな毎日が続いたある日・・・

(今日のキャラメル、変な味)

なんだかしょっぱい―――

ウチは泣いていた。

大好きなキャラメルを食べれば食べるほど、寂しい気持ちが強くなって涙がとまらなかった。

夕焼けに染まった部屋に、小さなすすり泣きだけが響いていた。

だからウチはキャラメルが苦手。

寂しい気持ちが込み上げてくるから―――
8: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:19:37.57 ID:TulCVgzr.net
でも、焼肉は大好き。

もちろんお肉大好きやけど、それ以上に―――

いつも正面にはお父さん。隣にはお母さんがいたから―――

幸せの味がするから。
11: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:23:07.94 ID:TulCVgzr.net
その時、ガチャンとドアを開く音が聞こえた。

「あ!帰ってきた!お父さんかな?お母さんかな?」

ドアに駆け寄り寂しさを吹き飛ばすような大きな声で―――

「おかえりなさい!!!」




「ただいま。希ちゃん」
12: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:31:32.97 ID:TulCVgzr.net
「…みちゃん・・・」



凛「希ちゃーーん!!」

テーブルから身を乗り出して、まんまるな顔がウチを覗いていた。

希「うわっ!?あれっ!?何で凛ちゃんがここに!?」

凛「も~!今日はリリホワの作戦会議をするからウチの家来て~って言ったの希ちゃんだにゃ!」

希「ごめんごめん!すっかり忘れてたわ~」

部屋の明かりがパチリと点いて、凛とした声が響いた。
13: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:32:23.44 ID:TulCVgzr.net
海未「希!!明かりも点けず、鍵も掛けないなんて無用心ですよ!私たちだったから良かったものの―――」

海未ちゃんはウチの隣に腰掛けてお説教を始める。

希「今後は気をつけるから堪忍して~!!」

希(穂乃果ちゃん!今なら気持ち良くわかるで!)

そんなことを考えていたら、海未ちゃんのお説教を遮るように凛ちゃんが口を開いた
14: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:34:22.02 ID:TulCVgzr.net
凛「あれ?希ちゃんってキャラメル嫌いだよね?」

テーブルの上のキャラメルを指差す。

希「これ?お母さんが仕送りで送ってきたんよ」

凛「!なるほどわかったにゃ!キャラメルの処理に悩んでたら寝ちゃったんだね!」

凛「それなら凛にちょうだい!」

凛ちゃんはキャラメルに手を伸ばした―――だけど、

海未「凛!はしたないですよ!」

お説教モードの海未ちゃんに遮られてしもうた。
16: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:36:13.69 ID:TulCVgzr.net
希「まぁまぁ、苦手なのはたしかやし・・・はい、海未ちゃんどうぞ!」

海未「希がそういうなら・・・」

海未ちゃんは箱から一粒取り出す。

凛「あっー!?海未ちゃんズルイにゃー!!」

希「凛ちゃんには残りの全部あげるでー♪」

これで全部のキャラメルを渡した―――はずだったんやけど

ポケットの中に、にらめっこのお相手が残っとった。
18: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:39:39.47 ID:TulCVgzr.net
凛「それにしても今日の海未ちゃん意地悪な姑みたいだにゃぁ・・・」

海未「凛・・・!!それはどういう意味ですか」ニコッ

凛「海未ちゃんごめんなさ~い!!」

なんだか、こんなに騒がしいテーブルは久しぶりやん

ウチの正面には凛ちゃんが、隣には海未ちゃんが―――

手の中を開くと一粒のキャラメル。大好きだったはずのキャラメル。

不思議だった。何故かキャラメルの包みを開いて口へと運んでいた。
19: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:41:39.81 ID:TulCVgzr.net
甘い味が口に広がる・・・だけど

(キャラメル、やっぱり変な味)

なんだかしょっぱい―――






わたしは泣いていた。

あの時と同じ、涙が混じった甘くてしょっぱいキャラメル―――

だけど、一人ぼっちの味はしない―――
20: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:42:21.09 ID:TulCVgzr.net
わたしはキャラメルが苦手。

別にあの甘さが嫌いとか、食感が苦手とか、歯の詰め物が取れるからとかじゃない。

キャラメルは一人ぼっちの味がするから―――だけど今は―――





幸せの味がした
21: 名無しで叶える物語(笑)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:44:06.59 ID:TulCVgzr.net
おしまい
なんで希ってキャラメル嫌いなんだろう、からの妄想。

あと、μ`sの皆さんRの法則お疲れ様でした!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『希「幸せの味」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。