皇帝ことり「今この時をもって同性婚を禁止します」

シェアする

ことり-アイキャッチ17
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 13:00:12.25 ID:MWbbVxGj.net
海未「そ、そんな!」

穂乃果「ちょっと待ってよ、ことりちゃん。なんでいきなりそんなこと」

皇帝ことり「黙って! 理由は単純、風紀の乱れが原因です!」

穂乃果「風紀なんて乱してないよ!」

海未「横暴です!」

皇帝ことり「皇帝には横暴を突き通す権利があるんだよ!」






希「そんなんウチが認めへんよ、ことりちゃん。皆にも幸せになる権利があるんだから…」キリッ

元スレ: 皇帝ことり「今この時をもって同性婚を禁止します」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 13:07:59.11 ID:MWbbVxGj.net
にこ「ねえねえ、真姫ちゃん。今朝の新聞、見た?」

真姫「うん…見た。なにあれ。折角、想いが通じあったのに…やっと結婚できると思ったのに」ぐすっ

にこ「そうね。でも仕方ないわ。国が定めたことなんだから」ぎゅっ

真姫「にこちゃんは、それでいいの? 私は嫌だ。にこちゃんと結婚したい」

にこ「にこだって、にこだって真姫ちゃんと結婚したいわよ。でももうどうしようもないの」


神父のんたん「どうしようもないなんてことはないんよ、ふたりとも」


にこまき「!?!?」

神父「こんにちわ」
5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 13:20:38.91 ID:MWbbVxGj.net
真姫「あ、えっと、こんにちわ?」

にこ「あんた誰よ。それに今のは一体どういう意味?」

神父のんたん「ウチはのんたん、そこの教会で神父やってるんよ。迷える仔たちを主に代わり、導くことがウチの役目。だから二人をウチが結婚させてあげる」

真姫「!」

にこ「…行くわよ、真姫。こんな胡散臭いやつ無視よ」ぐいっ

真姫「今の、本当? 本当ににこちゃんと結婚できるの?」

神父のんたん「できるよ。流石に正式な婚姻は無理やけど、ウチの教会を使って結婚式をさせてあげる」

にこ「ちょっ、真姫ちゃん!」

真姫「にこちゃん、このひとを信じてみよ」

にこ「なんで」

真姫「だって私にこちゃんと結婚したいもの」

にこ「…はあ、仕方ないわね。ねえ、あんた」

神父のんたん「なに?」

にこ「その、お願い。にこと真姫ちゃんを結婚させて」

神父のんたん「ふふ、任せて」
8: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 13:35:07.00 ID:MWbbVxGj.net
その翌日、彼女のんたんの教会では人知れず婚姻の儀が行われた。二人の恋人が一つの夫婦になった瞬間だった。その二人の門出を祝福するように純白の鳩が飛び上がる。これから二人は共に長い道程を互いの手を引き、歩むことになる。

この先どんな困難が待ちわびていても二人は今日の事を忘れない。死が二人を分かつまで彼女らは共に歩み続ける。進み続けるーーーー

………………………………

真姫「ふふ、終わっちゃったわね」

にこ「そうね」

神父のんたん「お疲れ様。綺麗やったで、ふたりとも」

真姫「あ、神父さん。えっと、ありがと」

にこ「あ、そういえば、神父のんたん。この結婚式はいくらくらいなの? お金払うの忘れてたけど」

神父のんたん「ああ、いらないよ。これはウチのボランティア活動の一貫やからお金は受け取れん」

真姫「いや、そんなわけには」

神父のんたん「ふふ、二人の人生の門出に立ち会えただけでウチは幸せなんよ。だからこれ以上なにかを求められない」

真姫「神父のんたん…」

にこ「のんたん、ありがと。胡散臭いなんて言って悪かったわね」

神父「ふふ、ええよ」

こうして神父のんたんの救済活動は始まったのだった
10: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 13:43:41.52 ID:MWbbVxGj.net
穂乃果「…ことりちゃん、酷いよ」ぐすっ

海未「穂乃果、泣かないでください」

穂乃果「でも、海未ちゃん。もう穂乃果たちも結婚できないんだよ」

海未「…そうですね。でも私は穂乃果とずっと一緒にいれるだけで満足なので」

穂乃果「海未ちゃん……でも穂乃果は海未ちゃんと結婚したいよ」

海未「………穂乃果。そんなに結婚したいですか?」

穂乃果「うん、したいよ」

海未「それならしましょう」

穂乃果「えっ…どうやって?」

海未「これは私が得た情報なんですが、最近とある教会で結婚式が行われているそうなんです。そこに行けばもしかして…」

穂乃果「でもそれは違法だよ! ことりちゃんにバレたらきっと…」

海未「ええ、ですが私もその、穂乃果と結婚したいです」

穂乃果「海未ちゃん…わかった、その教会に行こう」
11: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 13:53:20.11 ID:MWbbVxGj.net
とある丘の教会

花陽「あ、ありがとうございました!」

凛「凛からもありがと! 神父さんいいひとにゃ!」

神父のんたん「ふふ、ええんよ。そのお礼の言葉だけでウチは幸せや」

花陽「凛ちゃん、行こ! 神父さま失礼します!」ぺこっ

凛「うん! 神父さん、またにゃー!」





神父のんたん「ふふっ、あの二人のこれからに幸あれ」


海未「あ、あの!」

神父のんたん「ひっ!」びくっ

海未「あ、驚かせてすいません」ぺこり

神父のんたん「あ、ああ、ええんよ」

神父のんたん(この子は確かことり皇帝の部下の。ふふ、どうやらウチもここまでかな。まだ結婚を望むカップルたちが多いのに)

神父のんたん「それでウチの教会に何か用なん?」



海未「私たちを結婚させてください!」ぺこっ

神父のんたん「…えっ」
12: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 13:58:46.48 ID:MWbbVxGj.net
神父のんたん「ーーー話は分かった」

海未「無理ですか?」

神父のんたん「いいや、任せて」

海未「本当ですか! ありがとうございます。あ、穂乃果もこっちにきなさい!」

穂乃果「壁|・ω・`)」

海未「すいません。あの子…えっとこういうの初めてなもので」

神父のんたん「気を使わなくていいんよ。これが違法行為であることはウチもわかってる」

海未「すいません。あの子は悪いことしたことないので、多分緊張してるんだと思います」

神父のんたん「うん、それじゃあ今から始めよっか」

海未「え、今からですか!?」

神父のんたん「早い方がええやろ」にこっ

海未「それは、そうですが」

穂乃果「あ、よ、よろしくお願いします!」

神父のんたん「任せて」
13: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 14:00:19.84 ID:MWbbVxGj.net
その日また一組の夫婦が生まれた。
14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 14:05:08.86 ID:MWbbVxGj.net
そして、神父のんたんが救済活動を始め、しばらくの月日が流れた

皇帝ことり「えっ、勝手に結婚式を開いてる教会があるの!?」

亜里沙「はい、どうやらそのようです」

皇帝ことり「ことりの決定に従わないなんて許さないよ! その教会の神父を捕まえて檻にぶちこんで!」

亜里沙「はっ! かしこまりました」





こうして、皇帝ことりに勝手に結婚させていたことが知られた神父のんたんは投獄されたのだった
16: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 14:13:37.85 ID:MWbbVxGj.net
牢獄の中

希「暇やー! 亜里沙ちゃん、なんか話をして」

亜里沙「ノゾミ! わたしのことは看守様と呼ぶようにしてよ!」

希「ええー、別にええやん。亜里沙ちゃん、ちっこくて可愛いのに」

亜里沙「もう!」

希「あ、そういえば亜里沙ちゃんはなんで看守になったの?」

亜里沙「…」

希「あ、話しにくいことなら話さなくてもいいよ」

亜里沙「ううん、そういうことではないよ。お給料がいいから、かな」

希「へえ、お給料がいいからねえ。何か欲しいものでもあるの? あ、それともプレゼントかな?」


亜里沙「…うん、大切なひとにプレゼントをあげたい」

希「へえ、やっぱりお年頃やね。それで何を送りたいの」にやにや






亜里沙「お姉ちゃんに自由に動き回れるようになる体をあげたい」

希「えっ」
17: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 14:20:19.48 ID:MWbbVxGj.net
希「えっと、それは一体」

亜里沙「亜里沙のお姉ちゃん。幼い頃に事故にあって歩くことができなくなったの。」

希「そう、なんだ。ごめん」

亜里沙「だから亜里沙は昔のお姉ちゃんに戻ってほしいからいっぱいお金を溜めて、お姉ちゃんの体を治すの!」

希「亜里沙ちゃんは強いんやね」

亜里沙「そんなことないよ。あ、そうだ。もしよければノゾミ! お姉ちゃんと手紙のやり取りしてみない? お姉ちゃん、ノゾミのファンみたいなの」

希「ファンね。そっか。手紙書くのウチでええの?」

亜里沙「うん、きっとお姉ちゃんも喜んでくれるよ」

希「それなら…ええよ」

亜里沙「本当! やった!」


こうして、希と絵里の手紙のやり取りが始まった
19: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 14:30:02.77 ID:MWbbVxGj.net
二人が手紙のやり取りを始め、しばらくの時が流れた

亜里沙「ノゾミ、面会だよ!」

希「えっ、面会? えっと、誰やろ」

絵里「……」

希(車椅子に乗った金髪の可愛い女の子。えっと、ウチの知り合いにはこんな綺麗な子は…)

亜里沙「ノゾミ、じゃーん! お姉ちゃんです!」

希「えっ…」


絵里「はじめまして。あなたが、希? 」

希「うん。本当にえりちなの?」

絵里「ふふ、その呼び方は慣れないわね。でも嬉しい。会いたかったわ、希」

希「うん、ウチも…会ってみたかった」
20: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 14:43:40.82 ID:MWbbVxGj.net
希「えりち、足は大丈夫なの? この間、手術が終わったばかりなんじゃ」

絵里「うん、医者の話ではもう完治してるから歩けるようになってるらしい。ただ、本当に歩けるのか怖くて…
その時にあなたの手紙を読んで、無性にあなたに会いたくなったの」

希「そうなんや。えりち、まだ怖い?」

絵里「うん、怖いかな。でも希に会ったら少し勇気が出た」

希「ふふ、ならもっと勇気が出るおまじない。希パワーを注入してあげる」

絵里「ふふ、なによ、希パワーって。でも、そうね、お願い」

希「希パワーちゅーにゅー、はい、これでウチのスピリチュアルパワーをえりちに送ったで」きらっ

絵里「うん、不思議ね。ふふ、何だか元気が湧いてくるような気がするわ」

希「ねえ、えりち。えりちは強い子や。頑張れば何でもできる。もし怖いならその恐怖をウチが背負ってあげる。だから」

絵里「…うん。私、歩いてみるわね」





それは奇跡だった。絶望的だった絵里の体が今では動き、歩けるまでに至った。本来、絵里は病室のベッドで毎日毎日無気力に生きてるだけだった。
それが希と出会い、彼女の行動に勇気を与えられた絵里は成功率の低い手術を受けることを決意させたのだった。希との出会いは奇跡だったのだ。

が、それを皇帝ことりは是とはしなかった。許さなかったのだ。
22: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 14:52:14.90 ID:MWbbVxGj.net
元々、神父のんたんが投獄されたのは無断結婚のせいだけではなかった。皇帝ことりの信仰する主の教えとは異なる教えを信仰していたからというのも大きかった。そして、別の教えを信仰している神父のんたんが奇跡を起こした

これは皇帝ことりにとっては看過できるものではなかった。それ故に皇帝ことりはこれ以上この国で異教の信仰者を増やすわけには行かず、ついに決断して宣言した


皇帝ことり「東條希をーーー処刑します」


そして、希の処刑が決定した
24: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 15:01:59.80 ID:MWbbVxGj.net
2月14日。それが処刑の日だった。その日、東條希は最後の晩餐の片手間に手紙を書いていた。

希「ふふ、亜里沙ちゃん、いる?」

亜里沙「ノゾミ…ごめんなさい。亜里沙にはノゾミの処刑を止められない。進言しても却下された。ごめんなさい、ごめんなさい、弱い子でごめんなさい」ぐすっ

希「ええんや。分かってたこと。それよりえりちは今はどう?」

亜里沙「……毎日、衰えた足の筋肉を付けるためにトレーニングしてるよ。このペースだと多分そろそろ車椅子もいらなくなる」

希「そっか。亜里沙ちゃん、お願いがある。この手紙を…この最後の手紙をえりちに渡して」

亜里沙「…うん…分かった…任せて」

希「ふふ、これで安心して逝けるかな」にこっ





その日、東條希は処刑された。最後まで自分の信じる者に全てを捧げ、そして信仰を貫き通した。愛を語り、愛に生き、愛の為に死んだ。東條希の人生は愛そのものだったのかもしれない
25: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 15:08:13.24 ID:MWbbVxGj.net
数日後。自室の一室で絵里は、妹から受け取った手紙を読み、涙を流していた

手紙の上に落ちた涙が紙を歪ませ、文字を滲ませた。

絵里「希の馬鹿…」


その手紙には一言だけこう書いてあった


『あなたの東條希より』

それだけで絵里は全てを察し、そして理解したのだった。そして最後に一言、消えゆく声で「馬鹿…」と呟いた


おわり
27: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 15:13:39.50 ID:MWbbVxGj.net
元ネタは西暦三世記頃のローマの話。本来は看守の娘の目を治すんだけど、ラブライブキャラでやりたかったから看守の姉の足を治すということにした
28: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 15:16:02.88 ID:MWbbVxGj.net
お前らバレンタインだからと浮かれてるようだが、このような犠牲の上に今のバレンタインデーがあることを忘れるなよ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『皇帝ことり「今この時をもって同性婚を禁止します」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。