ことり「な、なんで」海未「どうして…」穂乃果「あの壁は50mもあるのに!」

シェアする

ことほのうみ-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 00:50:33.65 ID:My1ZX2Qb.net
おデコの光る超大型巨人「ウォォ」ドガーン


人々「うわーーーーー」


穂乃果「ま、待ってよ!向こうの方には穂乃果の家が!」ダダッ

ことり「ハノケチュン!?」

海未「穂乃果、だめです!」

元スレ: ことり「な、なんで」海未「どうして…」穂乃果「あの壁は50mもあるのに!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 00:54:19.72 ID:My1ZX2Qb.net
雪穂「うぅ…」


穂乃果「雪穂!!しっかりしてよぉ!」

きぃちゃん「ほ、穂乃果…」

きぃちゃん「雪穂を連れて逃げるのよ…」

穂乃果「!?やだ、そんなのや」

きぃちゃん「早く行きなさぁぁい!!」

ほのパパ「」ザッ

穂乃果「お、お父さん!お母さんを助けてよ!」

きぃちゃん「こんな瓦礫に埋もれちゃ私はもう…あなた」

ほのパパ「…」コクン
3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 00:57:08.66 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「うわぁぁ!お母さぁーん!」

ほのパパ「…」ダッダッ



ことり「海未ちゃん!穂乃果ちゃんが戻ってきた!」

海未「お父様も雪穂も一緒、ですが…」

ほのパパ「…俺はモドル」

ほのパパ「娘をたのむ」クルッ

雪穂「」

穂乃果「そんなぁ!お父さーぁん!」
4: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:01:25.85 ID:My1ZX2Qb.net
駐屯兵「オトノキだけに被害を食い止めろ!」

駐屯兵「この扉だけは死守するんだ!」


ロボ巨人「プシュー」ダダダダッバーン

駐屯兵「うわーーーーー」死



ーかくして、難攻不落といわれた壁は突如壊され、人類と巨人と戦いが始まった
7: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:04:53.61 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「うぅ…お腹空いた」

海未「我慢しなさい」

ことり「穂乃果ちゃん、私の分もあげよっか…?」

海未「ことり、いけません。貴方の明日に響きます」

穂乃果「もっとパンが食べたいよー!お腹空いちゃ訓練も出来ないよ!」

ことり「声大きいよぉ…!!」


穂乃果、海未、ことりの3人は必要な年齢を満たすと共に訓練兵に志願し、過酷な日々を送っていた
8: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:08:49.39 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「大体さぁ、今日の訓練だって酷すぎるよ…。山道をあんな重いリュック背負って走れなんてさ!」

ことり「それは私も辛かったかな…」

海未「確かに、ついていけていない者が多かったですね」

穂乃果「だから今日は早く寝よーっと。また寝坊して怒られちゃうよ」

海未「しかし明日は座学の試験ですよ?対策はしてありますか?」

穂乃果「え」

ことり「えっ?昨日教官が言ってたよね…?」

穂乃果「うぇぇぇ!?」
9: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:11:10.89 ID:My1ZX2Qb.net
海未「まさかまた寝ていたんですか!?全く…今回は知りません!」ダッ

穂乃果「あぁぁ!!海未ちゃーん!」

ことり「穂乃果ちゃん…ことりが付き合ってあげるから」

海未「駄目です。ことり、早く体を安めに行きますよ。…たまには痛い目を見せないと治りません」

ことり「そうだね…ごめん!穂乃果ちゃん!」

穂乃果「待ってよ!欠点とったら晩ごはん抜かれちゃうよ!」

穂乃果「二人ともーー!行かないでよぉ!」


穂乃果「ホントに行っちゃった…」グスン

にこ「お困りのよーねぇ?」
10: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:14:44.06 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「う、えっと…なに?」

にこ「明日のテスト。問題がわかったら楽勝だと思わない?」

穂乃果「それは…!そうだけど!」

にこ「教えてあげるわ。問題」

穂乃果「ホント!?ありがとう!!」

にこ「ただし条件つきよ。あんたがこっそり貯めてるパン3つ、よこしなさい」

穂乃果「…え」

にこ「嫌ならいいけどー?欠点とって補習すればいいだけだしぃ」

穂乃果「わ、わかった!教えてよっ!」

にこ「くくく…交渉成立ね」
11: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:18:01.76 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「あ、あれ…?にこちゃんに教えてもらったところが」

穂乃果「何一つかすってない…」

穂乃果(やばい)


「ー、ー、と高坂。お前ら補習」


穂乃果「酷いよぉ!!にーこちゃん!」グィ

にこ「っ、いった!なによ、文句でもあんの?」

穂乃果「テストに出てないじゃん!」

にこ「別にテストに出るとは一言も言ってないけど?」

穂乃果「」

にこ「約束のモノは貰っとくわ。じゃー頑張ってぇ」ヒラヒラ
12: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:21:50.58 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「うぇ…勉強した後にあんなに走らせるなんて…死んじゃうよ」

穂乃果「お腹空いた…ごはんの時間終わったし」フラフラ


花陽「だ、大丈夫…ですか?」

凛「顔色悪いにゃー」

穂乃果「はっ!お願いします!!何か食べさせて…」

凛「かよちんの持ってるおにぎりしかないけど…」

花陽「……」

花陽「う、うん。いいよ」

穂乃果「ありがとう!!」モグモグ

花陽「…ぅぅ」
13: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:25:28.51 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「立体起動を使って、巨人に見立てたうなじを削げばいいんだよね!」

海未「その討伐数や身のこなしが評価されますから…穂乃果はここで頑張らないと卒業出来ませんよ」

ことり「3人でやったらきっと大丈夫、だよね」


穂乃果「おっ!あの影に巨人はっけーん!」ビュッ


ザクッ

穂乃果「あ、あれ…?手応えが」

絵里「遅いわね」

穂乃果「あーー!!横取りしたっ!」
14: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:29:54.97 ID:My1ZX2Qb.net
絵里「横取り?まさかあれで仕留めるつもりだったの?」

穂乃果「あ、あれでって…」

海未「私達から見てもわかります。後から見つけたのはあなたでしょう」

ことり「2人共、喧嘩は…」

希「あーちょいちょい。ごめんなぁ、きにせんといて」

希「うちら離れるから。堪忍な」

ことり「あ、ううん…」

絵里「…邪魔はしない事ね」パッ


穂乃果「むー、あの人感じ悪いよ」

ことり「色んな人がいるからね…」
15: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:33:18.32 ID:My1ZX2Qb.net
海未「絢瀬絵里、ですか。成績もとても優秀だと聞いていますが…」

穂乃果「そんなの、海未ちゃんの方が強いよ!」


ヴェッ グシャ


ことり「えっ」

真姫「い、イタイ…」ウルウル

穂乃果「木に一直線に激突してたけど…大丈夫?」グィ

真姫「さわらないで!」

穂乃果「あ、はい!」パッ

真姫「きゃぁぁぁ!!」ドサ
16: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:37:41.80 ID:My1ZX2Qb.net
ーそして待ちに待った卒業の日



ハゲ「今から名前を呼ばれた10人は壇上にあがれ!」

ハゲ「成績順に発表していくぞ!」


主席 園田海未
格闘 10
座学 8
行動力 8
協調性 7

次席 絢瀬絵里
格闘10
座学 8
行動力 9
協調性 5

3 東條希
格闘 7
座学 7
行動力 7
協調性 8
17: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:39:10.66 ID:My1ZX2Qb.net
4高坂穂乃果
格闘 8
座学 3
行動力10
協調性 7

6矢澤にこ
格闘 8
座学 4
行動力 10
協調性 4

4南ことり
格闘 7
座学 9
行動力4
協調性6

7星空凛
格闘 9
座学 2
行動力 7
協調性 7
18: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:40:19.87 ID:My1ZX2Qb.net
みすった

4ほの
5にこ
6ことり
7りんがべ
19: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:44:26.70 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「すごいよ海未ちゃん!主席なんて!」

海未「そんな、褒められるようなことは…」

ことり「でも一番なんだよ、すごいと思う♪」

海未「…鋭い視線を感じます」


絵里「…なんで海未が主席で私が次席なのよ」ボソ

希「あらら。惜しいなぁ」

希「えりちはどこに入団するん?」

絵里「そんなの、憲兵団に決まってるじゃない」

希「そっか…じゃあうちも憲兵団にしよっと」

絵里「は…?貴女ね、そんな簡単に」

希「えー?昔からずっと目指しとったよ?」

絵里「……」
20: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:47:47.94 ID:My1ZX2Qb.net
にこ「ッチ…点数高いやつは結構頑張ったけど、5位ね」

にこ「まぁいいわ。これで憲兵団で楽な生活が…ん?なに、成績表落としてんじゃない」


西木野真姫
格闘 2
座学 10
行動力 4
協調性 3


にこ「いや運動神経わるっ…座学10って化け物?」

真姫「ちょっと…!!ミナイデ!」パシーン

にこ「にごっ」
21: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:50:38.67 ID:My1ZX2Qb.net
凛「わー、座学ぜーんぜん出来なかったのに7位だにゃ!」

花陽「凛ちゃんはすごいね…私にはとても」

凛「かよちんのはどうだったの?」

花陽「う、うん…」


小泉花陽
格闘 4
座学 9
行動力 2
協調性 5


凛「…でもかよちん、馬術は得意だよね?馬と仲良くだし!」
22: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:52:36.00 ID:My1ZX2Qb.net
花陽「馬術だけじゃ評価にならないもん…」

凛「そんな落ち込まないで?」

花陽「り、凛ちゃんはどこにいくの?…やっぱり憲兵団かな?」

凛「そうだなぁ。かよちんの行くとこ!」

花陽「へっ」

凛「調査兵団か駐屯兵団しか入れないけど…どっちにする?」

花陽「ま、待って!そんなの勿体ないよ!せっかく内地で安全な暮らしが出来るのに」
23: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:54:52.44 ID:My1ZX2Qb.net
凛「凛はかよちんの隣が安心するもん!」

花陽「凛ちゃん…」

凛「大丈夫!どこに行っても凛が守ってあげるにゃ」

花陽「ありがとう…。でも調査兵団は危険が多すぎるから…駐屯兵団に、しようかな」

凛「駐屯兵団ね!じゃあそこにしよ?」

花陽「志願出来るのは1週間後だから…それまでに何も無いといいね」
24: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:57:56.25 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「調査兵団!」

海未「え」

ことり「へっ」

穂乃果「調査兵団に入って巨人をやる!やるったらやる!」

海未「ほ、穂乃果!?本気…なのですか?」

ことり「お母さんの仇…だもんね」

穂乃果「うん。穂乃果はね、もうあんな想いを誰にもさせたくないんだ」

穂乃果「けど二人は好きにしていいよ!優秀だし、憲兵団から勧誘されるよ、きっと」
25: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:00:48.17 ID:My1ZX2Qb.net
海未「…ずっと一緒にいると、約束したでしょう?」

ことり「私達は幼馴染みだもん。穂乃果ちゃんが調査兵団に入るなら、後に続くよ」

穂乃果「え!二人とも調査兵団に?」

海未「…穂乃果のような者がいては大変そうですから。私が面倒を見ないと」

ことり「どんなところでも私達なら大丈夫って…そう思うの」

穂乃果「うぅっ!海未ちゃん!ことりちゃん!」
27: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:04:51.92 ID:My1ZX2Qb.net
にこ「てかあんた、何しにここにきたの?」

真姫「…馴れ馴れしく喋らないで」

にこ「知ってんのよ。…内地の一等地に暮らしてる、大病院の一人娘」

真姫「…!」

にこ「なーんでこんな腐ったとこにいるのか全く理解出来ないけど」

真姫「…言わないで。他の人に」

真姫「秘密なの。私は…あんなところへ帰りたくない」

にこ「ワケあり、ってやつ?…まぁペラペラ喋るのはあんま好きじゃないから安心しなさい」
28: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:09:10.86 ID:My1ZX2Qb.net
真姫「あなたは…にこちゃんは、憲兵団になるために?」

にこ「あったりまえよ。故郷にいる妹達やお母さんにいっぱい仕送りして、内地に家立てて…」

にこ「もうあんな惨めな思いはさせたくない。勝ち組に何が何でもなってやるってのよ」

真姫「…そう。立派ね」

にこ「あんたが言うと皮肉に聞こえるんだけど」

にこ「で?駐屯兵団にでもなるの?お嬢さまが?」

真姫「調査兵団よ」

にこ「え゛」

真姫「私はそこで、新しい自分を見つけたいの」

にこ「調査兵団って…死に急ぎの奴らが集まるとこじゃない」
29: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:12:11.75 ID:My1ZX2Qb.net
真姫「巨人に一番近いのが彼らね。確かに危険はいつも付き纏うわ」

にこ「殉職率ぶっちぎりのブラック、とか陰口叩かれてるだけあるのにね」


ワーワー


にこ「…ほら、あそこの穂乃果とかいうのも行くのよ。あそこに」

にこ「ばっかじゃないの。勝てるわけないのに」
30: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:16:42.30 ID:My1ZX2Qb.net
ーそして新兵の入団が行われる2日前。


突如現れたロボ巨人によってオトノキからアキバへの壁も壊されてしまい、新兵を巻き込んでのアキバ区防衛作戦が始まった。



穂乃果「巨人があんなに…!うぉぉ!!」ダッ

ことり「穂乃果ちゃん!単独行動は危ないよぉ!」

ことり(海未ちゃんは精鋭班に取られちゃってるから…ことりが、何とかしなきゃ!)


しかしその意気込みも虚しく、混乱と乱戦の中でことりは穂乃果の姿を見失ってしまう。
31: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:18:53.52 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「討伐1体目っ!!」ザクッ


巨人「あぁ~」


穂乃果「やった…、初めて巨人を!この手で!」

穂乃果「あ、あれ…?飛べない」

穂乃果「ガスが切れた?…なんで」

穂乃果「っ…無茶苦茶に飛び回ったからだ」

穂乃果「ことりちゃ…助けて!」

穂乃果「いない…!」
32: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:20:48.58 ID:My1ZX2Qb.net
巨人「あぅー」


穂乃果「…!!きょ、巨人だ」


巨人「あぅー」ズンズン


穂乃果「あ、ぁ…」


穂乃果「何も出来な…逃げたって、追いつかれちゃう」

穂乃果「…そっか、穂乃果ここで終わるんだ」

穂乃果「海未ちゃん…ことりちゃん…ごめん」

穂乃果「バカなことばっかりして…こんなんじゃ誰も守れないよね」
35: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:25:30.72 ID:My1ZX2Qb.net
にこ「…っ、なんつー数」

にこ「いつ喰われてもおかしくないってのに、撤退命令はいつでんの」


穂乃果「…」

にこ「…?げ、あんのあほのか、何やってんのよ!」

にこ「巨人が来てるのに飛ばない!?いや…飛べないんじゃ」

にこ「……けどここで助けにいったら。にこだって死ぬかもしれない、わよね」

巨人「あぅー」ズンズン

にこ「…私には関係ない」

巨人「あぅー」ズンズン

にこ「…あぁもう!!」バッ
36: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:30:21.90 ID:My1ZX2Qb.net
にこ「そこのきもい巨人!こっち見ろぉ!!」ガッ


巨人「あ、あぅー」クルッ


穂乃果「に…こちゃ?」

にこ「さっさと足動かして走りなさい!!調査兵団に入るって抜かした癖に、こんな所で死ぬの?」

穂乃果「…!!」ダッ

にこ「そう…そうよ、にこの方が美味しそうでしょ?」

巨人「(^q^)」

にこ「…っ!」ビュッ

にこ(マトモに戦ってちゃ埒が開かない…!逃げるのよ!)
37: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:34:03.68 ID:My1ZX2Qb.net
ー新兵や駐屯兵団の奮闘虚しく、アキバ区を奪還する事は出来なかった。

巨人討伐に長けている調査兵団は遠征中だった事も関係した。


共に苦楽を共にした仲間の死に、盛り上がるハズの入団式は重々しい雰囲気を見せる。

直前になって、巨人の恐ろしさを体験した者が調査兵団から駐屯兵団へと志願を移したりする場面も多かった。
38: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:37:14.03 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「ねぇ、にこちゃん」

穂乃果「一緒に調査兵団に入って欲しいんだ!」

穂乃果「わかってる、にこちゃんは内地に行きたいんだよね」

穂乃果「けど立体起動が上手い人が中へ中へ潜っちゃったら…巨人なんて倒せないよ」

穂乃果「その力を貸して欲しい!あそこで穂乃果を助けるためとはいえ、巨人に立ち向かったにこちゃんの勇気は本物だよ!」
40: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:40:58.15 ID:My1ZX2Qb.net
海未「調査兵団は馬を乗りこなせないと、いけないようですね」

ことり「足が早くないと壁外で巨人に見つかっちゃうもんね…」

海未「調査兵団自体の数も多くありません。この前の遠征でも多くの同志が亡くなりました」

穂乃果「馬…馬術?」

ことり「穂乃果ちゃん?」

穂乃果「知ってるよ!馬術がすごく上手な人を!」

海未「え…?だれですか、それは」

穂乃果「今は駐屯兵団にいるんだけど…!」
42: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:45:46.79 ID:My1ZX2Qb.net
希「知っとる?調査兵団で活躍してる、うちらの同僚たち」

希「みゅーず、ってチーム。新兵7人で構成されてるらしいんやけど」

絵里「…噂に聞く程度ね」

希「興味ない?」ニコ

絵里「私は憲兵団に満足しているもの」

希「…なぁえりち。そのペンダントの中の人」

希「大事な人、なんやね?」

絵里「っ!?…そうよ。巨人に襲われて息絶えた、私の可愛い妹」
43: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:50:20.02 ID:My1ZX2Qb.net
希「…怖い、んやね」

絵里「は…?」

希「その出来事が重なって、巨人に恐怖を感じる。それも他の人よりずっと」

絵里「わ、私がそんなわけ…!巨人が怖いわけ、ないでしょう!」

希「ええんよ。みんなそうや。怖くて怖くて…ただ怯えるしかない」

希「けどね、今もこうやってる間に戦ってる子達がいる」

絵里「…それが、穂乃果達だと言いたいの?」

希「その妹さんの為にしてあげれること、あるんやないかな」

希「えりちの技量があれば…きっと、人類はまた巨人に抗えると思うんよ」
44: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:54:11.19 ID:My1ZX2Qb.net
絵里「私の…力」

希「実はね、穂乃果ちゃんがもうすぐ来るん。うちらに会いにね」

希「内容は…多分予想つくと思うけど。調査兵団への勧誘やね」

絵里「穂乃果達が色んな兵団を回って、戦歴がある者や力のある者を引っ張ってる…でしょう?」

希「うん。だからね、答え。決めといて」

絵里「希…あなたはどうするの」

希「うちはえりちについてくよ。じゃないと失敗してまうからね」

絵里「失敗?」

希「あ、いや…ここの世界、というか。ううん、何でもないよ」
45: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:59:01.47 ID:My1ZX2Qb.net
ーそして、調査兵団の中でも異彩を放つその9人は正式なチームとしてμ'sと名乗る。


戦場に舞うその姿を見たある者は、彼女達を女神とも呼んだ。


圧倒的なチームワークにより3度の遠征を成功させた彼女達に、信頼が集まるのは必然的で。


しかし、それを面白く思わない者達がいるのも事実だった。
46: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 03:02:33.06 ID:My1ZX2Qb.net
穂乃果「け、憲兵団のあらいずさん達が会いたいって言ってるってほんと!?」

花陽「うん…!どういうことか全くわからないけど」

凛「憲兵団って、凛達のこと馬鹿にしてきたくせに今更なんだろうね」

にこ「あれじゃないの?ソナタ達の功績を称え~なんちゃら」

絵里「希は何か聞いてる?」

希「ううん…うちは何も」

海未「ともかく内地へと行きましょうか」
47: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 03:08:05.63 ID:My1ZX2Qb.net
ツバサ「とっても会いたかったわ。戦場の女神、とか何とか。確かに美しいわね」

穂乃果「そんなぁ!あははっ」

にこ「ちょっと!しゃきっとしてよ!」ガッ

英玲奈「数年前に現れたデコッパチ小型巨人を探しているのだろう?」

あんじゅ「そういえばロボみたいな巨人もいたわね?」

海未「はい…!しかし、手掛かりが上手く掴めなくて」

ツバサ「…心配ないんじゃないかしら。私達も探りを入れてるけど、アイツらはまたいずれやってくる気がするの」

ツバサ「そうなったら貴方達が頼みの綱よ。…どこまでやれるか、頑張って欲しいわ」
48: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 03:13:17.41 ID:My1ZX2Qb.net
ー穂乃果達9人は、誰一人欠けることなく人類の勝利を手にする事ができるのか!

真姫の抱える秘密とは!

希の断片的な記憶とは!



続きは映画館でー…~Fin~
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり「な、なんで」海未「どうして…」穂乃果「あの壁は50mもあるのに!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。