穂乃果「特別な君への贈り物」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ12
1: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:16:20.83 ID:C6ZkXuHM.net
バレンタインに間に合うように書きました。ちょっと短めです。


過去作

希「全軍、突撃~!」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1454508047/l50?v=pc

穂乃果「こっちおいでヒトカゲ」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1454236034/l50?v=pc

凛「大雪の降った日」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1453100194/l50?v=pc

花陽「なわとびをした日」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1453022708?v=pc

絵里「大切なあなたへ」
http://hope.2ch.net/test/read.cgi/lovelive/1451052932/l50?v=pc

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

元スレ: 穂乃果「特別な君への贈り物」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:16:59.06 ID:C6ZkXuHM.net
穂乃果「あっ!よかった、来てくれたんだね!嬉しい!ラブレターなんて私、初めて書いちゃった。文章が下手くそだったから、来てくれなかったらどうしようなんて、不安になっちゃって。えへへへ・・・」

穂乃果「え?だけどなんで屋上に呼び出したんだって?もう~、気づかないで来たの?ぶぅ~・・・2月14日、今日がどんな日なのか、わからない?」

穂乃果「今日は・・・大切な人にプレゼントをする日なんだよ」

穂乃果「びっくりしてるね~!はいこれ、私が手作りしたチョコレート!バレンタインのプレゼントだよ。お菓子もこういうのは初めて作ったから、あんまり上手くは出来てないかもしれないけれど、頑張って作ったよ!」

穂乃果「良かったら食べてほしいな。・・・いつも穂乃果のとなりにいてくれて、私たちを応援してくれる、あなただけに」
3: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:17:37.24 ID:C6ZkXuHM.net
~~~~~~


ことり「こっちですよ~!良かった、来てくれたんですね!・・・急に呼び出してごめんなさい、でも、どうしても渡したいものがあるんです」

ことり「んん?その顔と目は、どういうことだ、という感じですね?分かりやすいですよ、そういうのは。女の子が、大切な人にチョコレートのプレゼントをする日、そう、今日はバレンタイン!あなたにも、ことりはプレゼントを送ります!」

ことり「と言いたいですけど、ことりは少し趣向を変えて、チョコレートではないです。でも、あなたへの気持ちをたっぷり込めたものなんだ!」

ことり「ジャジャーン!チョコマカロン!ことりの好きなマカロンに、チョコをかけてみちゃった!甘さいっぱい、幸せいっぱい。はい、どうぞ。ことりの気持ちがいっぱい詰まってるんだよ」

ことり「あなたにも、幸せを」
4: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:18:17.04 ID:C6ZkXuHM.net
~~~~~~


海未「お待ちしてました。来てくれてありがとうございます」

海未「普段は穂乃果たちにも、そわそわしないで落ち着きなさいなんて言うとは思いますが、今日ばかりは私も同じ気持ちです」

海未「え?どういうことだって?すみませんが、あなたは今日がどんな日なのかを分かっていますか?・・・あ、いえ!もし気に障っているのでしたら謝ります!」

海未「そうですか・・・では言いますよ。今日はバレンタイン、大切な人に女性が手作りのチョコレートを渡す日なんです。ふああ・・・あっ、すみません欠伸が・・・」

海未「寝てないのか、ですか?・・・はい、実は、昨日遅くまで仕込みをして、今日は早くに仕上げをしていたためにあまり寝ていないのです。穂乃果やことりにも、隈がすごいと笑われてしまいまして。不覚です。でも、あなたのためなら惜しくはないです」

海未「よかったら食べていただけますか・・・?大切なあなたに、このチョコレートを送ります」
5: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:18:52.25 ID:C6ZkXuHM.net
~~~~~~


真姫「・・・来てくれてありがと。・・・こういう時、なんて言えばいいのかしらね。えーと・・・」

真姫「え?無理して考えなくていいって?・・・あなた、私の気持ちがまるで分かってないの?私、こう見えて今すごくドキドキしてるの。心臓がまるで張り裂けちゃいそうなぐらいきゅってしてて、なんというか・・・」

真姫「っていうか、普段ならこんな恥ずかしいことは絶対にしないわよ。バレンタインの今日がどれだけ特別なのかっていうのを、よく理解しなさいよね」

真姫「だって、バレンタインにこんなことしてるなんて、いろいろとバレちゃうじゃない。恥ずかしいわ・・・」

真姫「と、とにかく。はいこれ、私からのチョコレートよ。・・・小さいけれど、それなりに気持ちはこもってるわ。絶対に食べなさいよね」

真姫「大切な、あなただけに送ってるんだから」
6: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:19:57.05 ID:C6ZkXuHM.net
~~~~~~


凛「おーーい!早く早く、こっちだよ~!・・・来てくれてありがとうにゃ!今日は、どうしてもあなたと一緒にいたいの」

凛「はい!バレンタインのチョコレート!あなたと一緒に食べようと思って、ねこちゃんチョコを買ってきたんだにゃ!ほらほら、口を開けて開けて!」

凛「んにゃ?どうしたの?・・・普通バレンタインは、手作りじゃあないかって?・・・それもそうなんだけど、ほら、凛って料理が下手だし、それであなたがお腹を壊したら、別の意味で忘れられないバレンタインになっちゃうから」

凛「まあ、いわゆる友チョコ、かな?・・・まあ、あんまり深く考えても仕方がない!ほら、食べよ食べよ!」

凛「えへへ・・・二人でチョコレート食べてたら、気持ちがふわふわしてきたにゃあ・・・あなたといれて、凛幸せだよ・・・ずっと、一緒にいてね」
7: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:20:34.23 ID:C6ZkXuHM.net
~~~~~~


花陽「あ、あの!今日はっ!・・・ご、ごめんなさい、ちょっと緊張しちゃって・・・来てくれて、ありがとうございます」

花陽「私、ちょっと今日は張り切っているんです。大事な今日という日に、大切な人に振り向いてほしいから、興奮しているのかもしれないですね」

花陽「大切な人って、誰か、って・・・?ふふ、私の大切な人には、実はもう会えましたよ。そう、今私の目の前にいる人です。その大切な人に、はい、これ。バレンタインのプレゼントです。頑張ってチョコレートを手作りしてみました」

花陽「チョコレート作りって、とっても難しいんですよ?相手がどんな味が好みなのか、どんな口溶けが美味しいのか・・・でも、楽しかったです。・・・あれれ、こんなことずっと言ってたら、大事な今日がどんどん過ぎていっちゃいますね」

花陽「一緒に食べてもいいかな?たくさん食べて、たくさん幸せなバレンタインにしようね・・・」
8: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:21:16.89 ID:C6ZkXuHM.net
~~~~~~


希「あっ、もう来ちゃったん?ごめんな、あともう少しだけ外で待ってて。そしたら、いいものを見せてあげるから」

希「よーし出来た!ごめんな、もう入っても大丈夫。ん?どうしてそんなびっくりした顔をしてるん?・・・あっ、エプロンと顔についてる・・・あちゃー、バレてもうた」

希「バレたら仕方ないからもう教えちゃう。実は、ここでお菓子作りをしてたんよ。えりちと、もう一人大切な人のためにな、チョコタルトを作ってたんだよ。それを食べて、喜んでる顔を見てみたくて、うち張り切っちゃった」

希「アーモンドパウダーと、フィリングの生クリーム。それからいちご!どう、美味しそうでしょ?・・・ん、どうしたん、遠慮してるの?・・・大切な人のためじゃないのかだって?ふふ、あなたって、こういうところは抜けてるみたいやね」

希「あなたのために決まってるやん。いつもμ'sや、うちを応援してくれるあなたに、感謝をこめて作ったから、食べてもらえたら嬉しいなあ」

希「これを食べたら、うちのことが忘れられなくなる魔法つきやで。さあ、召し上がれ♪」
9: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:22:55.51 ID:C6ZkXuHM.net
~~~~~~


絵里「来てくれてありがとう!今日はどうしてもあなたに会いたかったのよ。あ、最初に聞いておきたいことがあるのだけど・・・」

絵里「あなた、チョコレートはもうもらった?・・・まだなの?よかった、もうもらってるなんてなってたら、なんだか少し複雑な気持ちになっちゃうわ」

絵里「はい、あなたへのチョコレート。今日のバレンタイン、あなたへの気持ちをこめて一生懸命作ったの。どうかしら、口に合ってればいいのだけど・・・」

絵里「この時期って、ショーウインドーにもハートとチョコが飾ってあってとっても可愛らしいのよね。それを買ってあなたにあげよう、みたいな邪な気持ちが作ってる時に出てきたけれど、やっぱりあげるのなら、ちゃんと手作りなチョコがいいのかなって考え直して」

絵里「いろいろと雑かもしれないけれど、食べてくれたら、エリーチカ、とっても幸せよ」

絵里「今日が、あなたにとって幸せな一日、そして忘れられない一日になりますように」
10: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:23:45.02 ID:C6ZkXuHM.net
~~~~~~


にこ「あっ、待ってたにこ!普段はにこがもらう日なんだけど、今日は特別、あなたにプレゼントを送るにこ。ちゃーんと、この瞬間を心に刻んでよね!」

にこ「あ、そうそう、このチョコを渡す前に一言。・・・他の人からチョコはもらってないにこね?・・・良かった、これで安心して渡せそう!じゃあ、はいこれ・・・ああごめんもう少し待って!あなた、にこをどう思ってる?好き?・・・うふ、にこもあなたのことが大好きにこ!」

にこ「いつもは皆のアイドルだけど、その皆を代表してこのチョコをあなたに渡すのだから、本当光栄に思うにこ!」

にこ「そしたら、チョコを食べさせてあげようかなあ~?はい、アーンしてあげる。口を開けて。アーン・・・」
11: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:24:27.47 ID:C6ZkXuHM.net
~~~~~~


ブチッ!


希「あっ、また電池切れや」

にこ「ぬぁんでよ!?この前のクリスマスの時もそうだったし!切れたらさっさと入れ換えなさいマヌケぇ!」

凛「すぐとってくるにゃ!」


海未「///」

穂乃果「顔の赤みが収まらないねぇ・・・おまけに湯気もでてるし。おーい海未ちゃん?次の保冷剤が最後だよ」

海未「あ、ありがとうございます・・・」

絵里「まだ海未の赤みはひかないの?これで保冷剤三つ目よ」

ことり「海未ちゃん、バレンタインPVの撮影に本気を出しすぎて、後でチェックをしたら自分で恥ずかしがってて・・・そんな海未ちゃんもとーっても可愛らしいかったよ!」

海未「や、やめてください!」


花陽「はい、凛ちゃん!チョコレートを作ってきたよ!」

凛「はむはむ・・・美味しいにゃ~♪やっぱりかよちん、お菓子作りにもセンスがあるよ!」

花陽「えへへへ・・・真姫ちゃんもどう?」

真姫「いいの?・・・じゃあ、ありがたく頂戴するわね。・・・ふむふむ、甘すぎず、苦すぎず、中に入ってるマカダミアナッツもいい感じね。とっても美味しいわ。ありがとう花陽」

花陽「にこちゃんの撮影が終わったら、皆で私のチョコレート食べてね!」

にこ「ありがとう花陽!よし希、さっさと撮影終わらせて、チョコレート食べるわよ!」

希「食い意地張ってるなあにこっち。・・・でも花陽ちゃんのチョコかあ、これは気になる!よーし、気合いいれていくで!」
12: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:25:20.42 ID:C6ZkXuHM.net
~~~~~~


穂乃果「あれ?一つ余ったよ?誰か食べてない?」

海未「皆食べたはずですが・・・」

花陽「ふふ」

凛「どうしたのかよちん?」

花陽「はい、わざと一つ余るようにしたんです」

絵里「どういうこと?」

花陽「この最後の一つを食べる人は、もう決まってます」

希「それは?」

花陽「それはね・・・」


私たちを応援して、いつも元気をくれる、10人目のμ'sメンバーです。
私たちはもうすぐfinalですが、これからもよかったら応援してください。私たちも、皆さんが大好きです。
13: 名無しで叶える物語(禿)@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 22:26:14.47 ID:C6ZkXuHM.net
これで終わりです。
作者はアーモンドミルクチョコレートが何よりも好きです。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「特別な君への贈り物」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。