花陽「ちんぽこ...」

シェアする

花陽-アイキャッチ15
1: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:05:19.23 ID:YXZNk2Vw.net
花陽「最近全然ちんぽこについて語ってないなぁ」

花陽「みんなはちんぽこ見たことあるのかな」」

元スレ: 花陽「ちんぽこ...」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:09:03.91 ID:YXZNk2Vw.net
以前にどこかで話したかもしれない
凛は男の子みたいだからという理由で
男子から服を脱がされた

その時に凛を助けたのが花陽で
それ以来花陽は凛からかよちんと
呼ばれるようになった
4: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:11:18.00 ID:YXZNk2Vw.net
花陽「今日は休日だし暇だなぁ」

花陽「お散歩しようっと」

花陽「あっ、凛ちゃんだ」

凛「あっ、かよちんぽこマスターベーションだ」

花陽「...」
5: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:14:08.82 ID:YXZNk2Vw.net
花陽「花陽はちんぽこに詳しいのは認めるけど」

花陽「花陽を自慰にふけってる青年みたいな言い方やめてよ」

凛「噛みました」

花陽「わざとでしょ」

凛「噛みまちんぽ」

花陽「わざとじゃない...」
6: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:17:28.11 ID:YXZNk2Vw.net
花陽「ところでちんぽこと私が大好きな凛ちゃん」

花陽「ちんぽこ見たことある?」

凛「あるにゃ」

凛「凛はいっぱい男子のちんぽを見たにゃ」

花陽「そっか」

凛「凛の哀しみに包まれた記憶の一ページにゃ」

花陽「ごめんね」

凛「いいにゃ、そうして人間は大人になるにゃ」
7: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:21:19.42 ID:YXZNk2Vw.net
凛と別れた花陽であったが、
次の交差点には見覚えのある巨乳の姉ちゃんがいた

希「この乙女ゲー最高やったなぁ」

希「あっ、ちんぽこ花陽ちゃんやないか」

花陽「希ちゃん」
8: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:24:16.45 ID:YXZNk2Vw.net
花陽「希ちゃんはちんぽこちんぽこ言いますがちんぽこって見たことありますか」

希「あるで」

花陽「どこで...?」

希「ブラジルとベネズエラの国境付近を旅行してたんや...」
10: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:30:02.31 ID:YXZNk2Vw.net
花陽は正直なところなんで女子高生がそんなところを
旅行したのかが気になったが
ちんぽこの話題に戻ることにした

花陽「希ちゃんが見たちんぽこって...」

希「そうや、彼らの一部はヌードや...エロいやろ」

花陽はその後も、希の意外な性癖をしばらく聞かされ
とてもスピルチュアルな経験をした
11: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:33:23.36 ID:YXZNk2Vw.net
花陽「あれは...絵里ちゃん」

絵里「このBL本エロいわね、ハラショー」

絵里「このBL泣けるし抜けるわよ」

花陽「...」
12: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:37:20.37 ID:YXZNk2Vw.net
スタイルのいい金髪美女が
水牛のような婦女子の群れの中でBL本を漁っていた

それよりもこの美女が
抜けるなどと発言したことが非常にシュールだ

花陽「絵里ちゃんはちんぽこ見たことある?」

絵里「そうね、実物はないけど、AVでなら」

花陽「そっ、そっか」
13: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:42:23.14 ID:YXZNk2Vw.net
花陽は考えた、同じ発言つまり
「まんこ見たことある、AVで」
っていうキモオタと大差ない回答ではないか?

花陽「その話は誰にも言わないで心の中に...」

絵里「花陽は気遣いができるのね...」

絵里「好きよ」

花陽「///」

相手は変態だとわかっていても
照れてしまった...

花陽は絵里の前をあとにした
14: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:46:24.57 ID:YXZNk2Vw.net
花陽「あれ、あの武器を背中に装備してるJKは...」

海未「花陽、こんにちは」

花陽「海未ちゃんはちんぽこ見たことありますか?」

海未「はあ」
15: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:49:06.33 ID:YXZNk2Vw.net
海未「花陽はそういう人だったんですか?」

海未「変態でも超えちゃいけないラインがあります」

海未「失礼します」

花陽「ごめんなさい」

花陽は思った...少なくとも今日会った人の中で
花陽以上にラインを超えた人がいると...
17: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:53:59.75 ID:YXZNk2Vw.net
花陽(あっ、にこちゃんが弟さんと歩いてる)

にこ「虎太朗、花陽はμ'sのちんぽこ担当よ」

虎太朗「花陽はちんぽこ」

にこ「そうよ、かよちんぽこの異名を持つのよ」

花陽「あのー」

にこ「誰よ...って花陽じゃない」

虎太朗「ちんぽこー」

花陽「...」
18: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 01:58:03.99 ID:YXZNk2Vw.net
花陽「ちんぽこ担当って...」

にこ「えっと男性陣から人気ってことよ」

虎太朗「ペニスのお姫様」

にこ「よくできました」

花陽「にこちゃんってちんぽこちんぽこ言うけどちんぽこ見たことあるの?」

にこ「あるわ」
20: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/17(火) 02:02:18.28 ID:YXZNk2Vw.net
にこ「虎太朗のちんぽこを毎日洗ってあげているわ」

虎太朗「そーぷらんどー」

花陽「幼い弟の男性器を性的に洗ってお金を受け取ってるのね」

にこ「そんなことしないわよ」

花陽「そっか、じゃあねにこちゃん」

次の日からにこのニックネームが「ソープ矢澤」に
なることは言うまでもない
34: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 02:28:54.33 ID:Q0pei+DI.net
ことり「ラブライブウエハース全然穂乃果ちゃんあたんないよぉ」

花陽「あっ、ことりちゃん」

ことり「あっ、男性器が大好きな花陽ちゃん」

この少女は南ことり、穂乃果ちゃんが大好きなホノキチである
35: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 02:32:11.86 ID:Q0pei+DI.net
花陽「ことりちゃんは何してるの?」

ことり「ウエハースの買い占めだよ」

ことり「この前バイトしたお金で箱買いしたんだ」

ことり「またスピリチュアルか...」

ことり「確率も超越して当たるなんてスピリチュアルだなぁ」

花陽「ウエハースちょうだい」

ことり「いいよたくさんあるから」
37: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 02:37:49.16 ID:Q0pei+DI.net
花陽「ねえ一つだけ聞いていい?ことりちゃんのこと...///」


ことり「うん///」



花陽「そういえば、ことりちゃんってちんぽこ見たことある?」

ことり「ううん、なんのことかわからないなあ」

ことり「花陽ちゃんはそんな下品なこと言っちゃダメだよ」

男性器が好きとか言われた挙句説教される花陽であった

花陽「ごめんね、ことりちゃん」

ことり「いいよ、その代わりもう下品なことは言わないって約束してね」

花陽「約束日和だね」

ことり「うん」


そのあと30分もしないうちにちんぽこトークをする花陽だった。
39: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 02:43:16.12 ID:Q0pei+DI.net
花陽(ちんぽこってそんなに下品かな?)

花陽(ちんぽこを持つものはいつの時代も争ってきた)

花陽(最初は縄張り争い、村同士の闘い、そして戦争...)

花陽(そうして強い遺伝子を持つ人だけが生き残ってきた)

花陽(いつだってちんぽこは多くの悲しみや怒りを背負って生きている...)

花陽(そんなちんぽこが花陽は大好きです...)

花陽(真姫ちゃんならわかってもらえるかも)
41: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 02:46:02.98 ID:Q0pei+DI.net
ピンポーン

真姫「あっ、小泉花陽(15)じゃない...」

花陽「真姫ちゃーん、会いたかったです」

真姫「ヴエっ、私も会いたかったわ///」

真姫「せっかくだからうちに入りなさい」

花陽「お邪魔します」
42: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 02:49:14.24 ID:Q0pei+DI.net
真姫「それで、花陽は何の用」

花陽「ハナヨー、ナンノヨー、ソウダンダヨー」

真姫「なにそのテンション?」

花陽「真姫ちゃんに会えて嬉しすぎてラッパーになったの//」

真姫「素に戻った...」

花陽「真姫ちゃん...」

真姫「えっ...?」
43: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 02:50:56.27 ID:Q0pei+DI.net
花陽「えっと...」

真姫「なによ...///」

花陽「あのね...」

真姫「早く言いなさいよ...」

花陽「真姫ちゃんってちんぽこ見たことありますか?」
44: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 02:52:57.37 ID:Q0pei+DI.net
真姫「それが相談?」

花陽「うん...///」

真姫(うちの精神病棟空いているかしら...?)

真姫「あんた、あのねえ」

花陽「花陽はどうしても気になって」

真姫(恥ずかしがる花陽可愛いわね、結婚したいわ)
45: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 02:55:53.03 ID:Q0pei+DI.net
真姫「penis?見たことあるわよ」

真姫「私は去勢手術を見たことがあるわ」

真姫「それと、包茎手術も」

真姫「あんまり見たいものではないけど」

花陽「真姫ちゃんの現実から目をそらしたくなる気持ちわかるよ」

真姫「えっ...?」
46: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 02:58:41.46 ID:Q0pei+DI.net
花陽「ちんぽこだって誰しもが立派なわけじゃない...」

花陽「包茎だったり、ちんぽこが欲しくない人もいる...」

花陽「ちんぽこが原因でいじめられる子もいる」

花陽「そんな、現実から逃げないで医者になろうっていう」

花陽「そんな真姫ちゃんが花陽は大好きです」

真姫「花陽...///」
48: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:02:37.74 ID:Q0pei+DI.net
花陽「花陽は多くのちんぽこを救ってほしい」

花陽「数多のちんぽこ達の想いを受け入れてほしい」

花陽「辛くなったら花陽が支えるから..」

真姫「花陽にそう言われたらそうせざるおえないわね」

花陽「約束です」

真姫「約束日和ね...」

30分で約束を破った花陽から人生に関わることを約束させられた真姫であった。
49: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:04:13.84 ID:Q0pei+DI.net
花陽「そういえば、誰かわすれているような...?」

花陽「結局学校の前に来ちゃった...」

花陽「あっ、あれは...」
50: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:05:13.47 ID:Q0pei+DI.net
花陽「アルパカさん...」

花陽「アルパカさんはちんぽこ見たことあるかな?」

花陽「よっし、聞いてみましょう」
51: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:08:26.81 ID:Q0pei+DI.net
アルパカ「んんめえ(花陽マジLOVE)」

花陽「アルパカさんはちんぽこって見たことある?」

アルパカ「めめめめええ(それより腹減った、エサよこせ)」

花陽「仕方ないなあ、ほら、雑草」

アルパカ「めっめうんめえええ(やっぱ雑草はうめえな)」
52: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:19:17.53 ID:Q0pei+DI.net
アルパカ「めめんふえ(ちんぽこ...まああるさ)」

アルパカ「めーめめぇ(だって俺はオスだぜ
ちんぽこぐらい見たことあるさ。
話は3年前...俺は去勢手術を
受けることにあっていた...)」

アルパカ「めええんめー(どうやら発情してうるさかったかららしい
ちんぽこを切られそうになって俺は毎晩怯えた
俺はもう子供が作れないと思うと悔しくて仕方がなかった
でも、俺は日本へ旅たつことが決まった...
そして今でも交尾にふけっているってわけだ)」

花陽「アルパカさんの話に感動しました」

アルパカ「めえっっめえええ(お前が食べてる動物は
淘汰されて食卓に並んでいる、
すべての食べ物に感謝しろよ)」

花陽「はいっ」

生きることは何か、つまり花陽は多くの命をいただいていきていることに感謝するのであった
53: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:20:51.17 ID:Q0pei+DI.net
花陽「アルパカさんの食事を見てお腹が空いた」

花陽「まんじゅうこわい」

花陽「よし、穂乃果ちゃんの家に行こう」
54: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:22:31.98 ID:Q0pei+DI.net
花陽「穂乃果ちゃんー」

穂乃果「へい、らっしゃい」

花陽「おまんじゅうくださいな」

穂乃果「はいっ」

花陽「そういえば穂乃果ちゃんってちんぽこ見たことある?」

穂乃果「あるよ」
55: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:24:39.39 ID:Q0pei+DI.net
穂乃果「おちんちんならお父さんのを...」

穂乃果「部屋で話そうよ」

花陽「わかった」

雪穂「...」

ほのパパ「...」

ほのママ「...」
56: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:29:24.15 ID:Q0pei+DI.net
穂乃果「いやあ、穂乃果小さい頃ね、アイスクリームだと思ってぺろぺろしたら怒られちゃった」

花陽(ご家族の男性器を触る人は今日で2人目です)

穂乃果「穂乃果のお父さんのおちんちんおまんじゅうより大きいよ」

穂乃果「それでねそれでね~」

しばらく穂乃果のお父さんのちんぽこの自慢話が続いた

穂乃果「お茶飲みすぎた、トイレ」

ちなみにこれは御茶ノ水付近でお茶飲みすぎたという穂乃果の非常にわかりにくいギャグである
57: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:32:01.64 ID:Q0pei+DI.net
雪穂「花陽さん...」

花陽「雪穂ちゃん」

雪穂「お姉ちゃんに何の話をしてたんですか」

花陽「ナニの話をしていたんですよ」

雪穂「...」

花陽「ところで、雪穂ちゃんはちんぽこ見たことありますか?」
58: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:34:20.50 ID:Q0pei+DI.net
雪穂「別に、お父さんの見たことありますが...」

雪穂「詳しくはお姉ちゃんがベラベラ喋ったみたいですから省略します」

花陽「ありがとう雪穂ちゃん///」

雪穂「別にお礼なんて...」

穂乃果「あっ、雪穂」
59: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:37:33.11 ID:Q0pei+DI.net
穂乃果「雪穂はお父さんのちんぽこ好き?」

雪穂「それは...///当たり前でしょ」

穂乃果「そうだよね、わーい」

花陽(素敵な姉妹です。どこか憎たらしいくらいにあこがれてしまいます)

花陽「そろそろ失礼するね」

穂乃果「ごめんね、自慢話ばっかで」

花陽「ううん、楽しかったよ。ありがとう」
60: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:39:56.16 ID:Q0pei+DI.net
ほのパパ「君は花陽ちゃんだよな」

花陽「そうですが」

ほのパパ「うちの娘のわがままに付き合わせてしまってごめんな」

花陽「いいんです」

花陽「穂乃果ちゃんの素敵な笑顔をたくさんいただいてますから」
61: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:43:04.14 ID:Q0pei+DI.net
花陽「穂乃果ちゃんのお父さん...質問してもいいですか..」

ほのパパ「穂乃果の親友の質問だからなあ、聞くだけ聞くよ」

花陽「穂乃果ちゃんのお父さんはちんぽこ見たことありますか」

ほのパパ「ふむ...Yesだ」

ほのパパ「だってちんぽこを所有しているからな」

迂闊だった、彼は男だ...
62: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:44:53.72 ID:Q0pei+DI.net
ほのパパ「そんなに俺のちんぽこを見たいのか?」

花陽「穂乃果ちゃんが穂乃果ちゃんのお父さんのちんぽこはドラゴンナイトだって自慢してましたから」

ほのパパ「仕方ないなあ、今日は特別無料だ」

花陽「ありがとうございます」
63: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:47:23.09 ID:Q0pei+DI.net
花陽「いじいじ」

ほのパパ「こら、そんなちっちゃい手でいじられたら大きくなるだろう///」

花陽「ごめんなさい」

ほのパパ「今日はもう遅いからまた今度な」

花陽「はい、ありがとうございます」

その後ちんぽこをつかんだ手でほのパパはまんじゅうを作った...
65: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ 2015/02/18(水) 03:57:19.78 ID:Q0pei+DI.net
花陽「今日はいろいろなちんぽこをききました...」


花陽「それぞれがそれぞれのちんぽこへの想いを抱いてました...」

花陽「私は今日、少し成長できたかな...」

花陽「ありがとうみんな、私はみんなのこととちんぽこが大好きです」

冬の冷たい風が花陽に吹きつけた...
電気屋のテレビから河津桜の開花のニュースが流れている
10年前には30万円したであろう液晶テレビに
5万の値札が付いている

時間はあっという間に過ぎていくものだ...



季節が巡り、それぞれは離れ離れになり....
そしてそれぞれはいつか安らかに眠る...

最期の時まで、花陽は今日の思い出を忘れないと胸に誓ったのであった


終わり
75: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 23:48:55.87 ID:xCJVz6m0.net
おまけ?

海未「穂乃果はなんで花陽をメンバーに入れたのですか?」

ことり「さすがにアイドルとして下品なのはちょっとね...」

穂乃果「だって可能性感じたんだもん」

海未「そんな可能性なんかで物事を決めるのはよくありません」
76: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 23:51:49.22 ID:xCJVz6m0.net
穂乃果「だって、だって花陽ちゃんは、アイドルもお米も男性器も大切にしてるんだよ」

穂乃果「海未ちゃんやことりちゃんだって『大切なもの』はあるでしょう?」

------

その頃矢澤家
にこ「届け魔法~」
77: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/19(木) 23:54:57.81 ID:xCJVz6m0.net
海未「狂気的な趣味は本人にとってよくても私たちには」

ことり「考え方が合わない人とやっていくのは厳しいかな?」

穂乃果「...」

真姫「そんな簡単に人を判断していいわけ...?」

海未「真姫...」

ことり「聞いたいたのかな」

真姫「ええ、聞いてられなかったわ」
78: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:06:11.66 ID:APu0MSgV.net
真姫「花陽はいじめられている凛を助けるために勇気を振り絞って助けた」

真姫「元気のない子に男性器の話をして笑わせて笑顔を取り戻させた」

真姫「あの子は他人がほっとけないから自己犠牲をしてでも助けてしまうの」

真姫「人の苦しみや悲しみを受け入れながら生きているの」

真姫「あの子は...もう後戻りできないの」
79: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:12:35.34 ID:APu0MSgV.net
穂乃果「真姫ちゃんの言うとおりだよ」

穂乃果「花陽ちゃんが最も愛しているのは男性器ではなくてこの世に生まれたみんななんだよ」

海未「ですから、愛の方向がおかしいのです」

真姫「そういう海未も穂乃果しか見えてないじゃない...」

穂乃果「海未ちゃん、もう今までいっぱいいっぱい海未ちゃんにお世話になったから」

穂乃果「穂乃果だけじゃなくみんなを愛してあげて」

穂乃果「お願い...海未ちゃん」

穂乃果「花陽ちゃんを許してあげて」

海未「穂乃果...」
80: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:17:51.54 ID:APu0MSgV.net
真姫「花陽だって元気なふりして生きているけれど」

真姫「本当はずっとずっと脆いのよ」

真姫「だって...」

ことり「...」

穂乃果「真姫ちゃん...」





真姫「花陽は女の子なんだよ」
82: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:21:37.34 ID:APu0MSgV.net
海未「真姫...」

ことり「海未ちゃん、今回は私たちの負けだよ」

ことり「仮に他の凛ちゃんや希ちゃんとかに聞いても同じ答えだと思うな」

ことり「ことりと海未と花陽と

真姫「みんなちがって」

海未「みんないい...ですか...」

ことり「そういうことかな?今日は帰ろうか」

海未「はい...」
83: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:24:27.68 ID:APu0MSgV.net
海未「ねえ、穂乃果」

海未「穂乃果ひとつ聞いてもいいですか?」

穂乃果「海未ちゃんなあに」

海未「穂乃果はずっと私より子供だと思っていました」





海未「いつ私を追い抜いてしまったのですか?」
84: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:29:33.90 ID:APu0MSgV.net
穂乃果「うーん、わかんない」

穂乃果「そもそも追い抜くとか、追い越すとか穂乃果は考えたことがないんだ」

穂乃果「メンバーが揃って、まとめるのに苦労して、いろいろ学んだよ」

海未「そう...ですか...」

穂乃果「穂乃果は今の海未ちゃんのままでいいと思うよ」

海未「...」
85: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:34:53.14 ID:APu0MSgV.net
真姫「さっき穂乃果を見て穂乃果がリーダーで良かったって思ったわ」

穂乃果「穂乃果なんて、海未ちゃんやことりちゃんに助けてもらってばかりで...」

真姫「だけど穂乃果は前向きじゃない...?」

真姫「なんというか...そんな穂乃果のこと...大好きです//」

穂乃果「穂乃果も真姫ちゃんだーいすき//」

真姫「また今度温泉に行きましょう」

穂乃果「穂乃果真姫ちゃんをゴシゴシしちゃうぞー」
86: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:38:35.68 ID:APu0MSgV.net
真姫「穂乃果こそ、洗ってあげるときにいやらしい声出さないでね」

穂乃果「せっかくだから花陽ちゃんも誘おうよ」

真姫「花陽は男性器が見たいから混浴じゃないとダメね」

穂乃果「さすがかよちんぽこにゃ」

真姫「凛の真似?全然似てない」

ふたり「あははは」
87: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:49:39.68 ID:APu0MSgV.net
花陽、今度穂乃果と温泉に行かない?
17:23

かよちんぽこ
温泉?混浴がいいな
17:26

マイハニー穂乃果
花陽ちゃんはちんぽこマニアだなあ
17:28

かよちんぽこ
いいえ、ちんぽこアイドルです
17:29

その肩書き私はいらないわw
17:31
89: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:14:48.10 ID:APu0MSgV.net
花陽と海未、ことりは和解し、μ'sはスクールアイドル兼ちんぽこアイドルとして歩み出した。

同じ時間を生きている9人、その心が一つになったからこそ
お互いを許しあえるのだ。


----------


花陽「元気のない星空さんも元気になる言葉教えますよ」

凛「小泉さん、教えて欲しいにゃ」

花陽「ちんぽこ」

おまけ終わり
88: 名無しで叶える物語(しか)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 00:55:51.84 ID:gH5UWNr2.net
シカコもちんぽこが大好き
90: 名無しで叶える物語(湖北省)@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 01:16:56.57 ID:APu0MSgV.net
>>88

しかこ「ちんぽこ」

えみつん「シカちゃん大丈夫」

しかこ「かよちんってね、はなよちんぽこの略なんだって」

えみつん「ふむふむ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「ちんぽこ...」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。