絵里「真姫っていつも髪の毛くるくるしてるわね」

シェアする

真姫-アイキャッチ38
1: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:10:37.69 ID:PLCqnz1y0
絵里「なんで?」

真姫「え? 何でって言われても……」

絵里「幸せになる?」

真姫「いや……そんなことはないわね」

絵里「クセなの?」

真姫「うん」

絵里「……」

真姫「何よその目は」

絵里「私もくるくるしてみたい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404576637

元スレ: 絵里「真姫っていつも髪の毛くるくるしてるわね」

スポンサーリンク
2: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:12:19.47 ID:PLCqnz1y0
真姫「好きにすればいじゃない」

絵里「ほんと?」

真姫「ええ、私に許可をとる必要あるの?」

絵里「そっか。では遠慮なく……」

真姫「ちょちょ、ちょっと待って。何で近づいてくるの」

絵里「だっていいって言ったから」

真姫「いやいや、自分の髪の毛のことだと思ったのよ」

絵里「じゃあダメ?」

真姫「ダメ」
3: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:14:14.20 ID:PLCqnz1y0
絵里「まだ誰も来てないのに?」

真姫「一応部室なんだから誰か来るでしょ」

絵里「でも穂乃果たちは掃除で、凛と花陽は一旦忘れ物取りにいったじゃない」

真姫「希とにこは?」

絵里「課題やってて遅れるって」

真姫「……」

絵里「……」

真姫「……」

絵里「……」

真姫「ダメ」

絵里「くっ」
5: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:16:18.97 ID:PLCqnz1y0
絵里「生徒会長権限を使うわ!」

真姫「じゃあ帰る」

絵里「嘘ですごめんなさい」

真姫「……ったく」

絵里「……」

真姫「……そんなに?」

絵里「え?」

真姫「何でそんなに触りたがるの?」

絵里「だって真姫の髪ってふわふわしてて……気持ちよさそうだから」

真姫「犬か何かと勘違いしてるんじゃないでしょうね」

絵里「してないしてない」
6: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:18:29.53 ID:PLCqnz1y0
真姫「まあ別に触られるのが嫌ってわけではないんだけど……」

絵里「?」

真姫「いや、ね? 誰かが来た時にこんなことやってたら変な誤解を招くでしょ」

絵里「体裁が気になると」

真姫「もっと言い方なかったの?」

絵里「私より体裁の方が大事だと」

真姫「違うから。そういう比較を求めたわけじゃないから」

絵里「ふむ……じゃあバレないように触ればいいわけね?」

真姫「まあそういうことね」
7: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:21:36.68 ID:PLCqnz1y0
絵里「じゃあ私が机の下から顔を出します」

真姫「却下」

絵里「まだ最後まで言ってないのにぃ……」

真姫「どう考えても届かないでしょ?」

絵里「真姫が寝てるふりをしてくれればいいのよ。机にごろーんって」

真姫「なんでよ。明らかにおかしいわよ、それ」

絵里「ううん……真姫も何か案出して」

真姫「え? 私も?」

絵里「そうよ、安全で計画的でなおかつ誰にも見つからないくるくるの方法を」

真姫「……絵里ってなんか見てて楽しいわ」

絵里「よく言われる」
8: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:23:19.76 ID:PLCqnz1y0
真姫「別に今じゃなくてもいいんじゃないの?」

絵里「真姫がおうちに帰っちゃう」

真姫「……明日」

絵里「明日は私の予定が合わないの」

真姫「何かあるの?」

絵里「……あれ? 確か何かあったはずなんだけど」

真姫「しっかりしなさいよ」

絵里「き、きっとくるくるしたら思い出せるわ!」

真姫「はいはい」
9: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:25:41.41 ID:PLCqnz1y0
絵里「……そうだ! 私が真姫の方を向いて座れば、ドアからは見えないんじゃないの?」

真姫「ああ、私を絵里の背中で隠すってこと?」

絵里「そう。これなら横からも見られないし、私たちが何をしてるかもわからない」

真姫「誰か来たら私が気づく、と」

絵里「完璧ね……」

真姫「その発想に脱帽だわ」

絵里「椅子こっち向けるから手伝って」

真姫「わかったわ」
10: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:27:32.91 ID:PLCqnz1y0
絵里「……では」

真姫「ちょ」

絵里「え?」

真姫「顔を近づける必要はあるの?」

絵里「……顔を遠ざけてやるのって逆に難しくない?」

真姫「……そうかも」

絵里「じゃあ真姫は目をつぶってて」

真姫「そこまでしてやりたい?」

絵里「ええ。私には真姫が必要よ」

真姫「……言葉を選んでほしいんだけど」

絵里「へ?」
11: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:30:06.32 ID:PLCqnz1y0


「こんな感じ……よね? こう……ゆっくり巻くので」

「間違ってはないわ」

「指に巻き付けるように……くるくる」

「……ご感想のほどは?」

「……いい」

「そう、それはよかった」

「ふわふわ」

「いちいち報告しないでいいから」

「……いい匂い」

「ねぇ、どこまで近づいてるの? 私目をつぶってて見えないんだけど」

「気にしない気にしない」

「するわよ」
12: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:33:07.83 ID:PLCqnz1y0


花陽「……凛ちゃん、あれ……」

凛「……2人がちゅーしてる」

花陽「だ、だよね?」

凛「凛がこっそり入って驚かそうって考えたのは結果オーライだったにゃ……」

花陽「まさかドアの隙間からあんな光景が見られるとは……それに長いよぉ……」

凛「……凛たち今日はお休みでいいのかな?」

花陽「ほ、ほかの人に見られたら大変だから、私たちはここを守らないと!」

凛「そっか、そうだよね……よーし、凛たちでガードにゃ!」
13: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:35:42.02 ID:PLCqnz1y0
希「あれ? 2人とも何してるん?」

凛「ここは立ち入り禁止だよー」

花陽「と、とある事情で……」

にこ「何よー、あんたたちいたずらでもしたの?」

凛「そうじゃなくて……ね?」

花陽「……うん」

希「どうしたん? 2人とも顔赤いよ?」

にこ「中で何かやってるんでしょ……」

希「にこっち?」

にこ「……ははーん、なるほど。そういうわけね」

希「ウチも見ていいやつ?」

にこ「どうぞ」
14: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:39:18.89 ID:PLCqnz1y0
希「……ほうほう、大胆な……」

にこ「うん」

凛「だからね、ここは絶対死守なんだよ」

花陽「そういうわけなの」

希「よーしわかった。ウチらも協力するで!」

にこ「なんとなく最近2人の様子がおかしかったのよねー。私の睨んだ通りだったわ!」

凛「……でもすごく長いにゃー」

花陽「……凛ちゃん、あんまり見ちゃダメだよ? 凛ちゃんもああいうの見られたらいやでしょ?」

凛「うん。もうドアは閉めちゃいます」

希「音立てんようにやで」

にこ「静かによ」

凛「わかってるにゃー……よいしょ」
15: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:41:09.18 ID:PLCqnz1y0
にこ「これでひとまずは安心ってとこね」

希「そうやね」

花陽「でもまだ穂乃果ちゃんたちが……」

凛「て、手強い」

にこ「確かに穂乃果はドアを吹っ飛ばして入りそうね」

希「……ん? 中から何か聞こえて来るような……」

にこ「え?」

花陽「本当?」

凛「なになに?」
16: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:43:52.93 ID:PLCqnz1y0


「絵里、もうやめ……くすぐったいっ」

「まだまだこれからよ」

「ちょ、変な触り方するから……っ」

「ふふふ、真姫は耳が弱いのね」

「やめてってば、誰か来たら……くぅっ」




希「……エスカレートしてない?」

にこ「……でももうちょっと聞きたい」

凛「さんせい」

花陽「……うん」
17: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:47:54.13 ID:PLCqnz1y0
真姫「……絵里、何で耳まで触ってるのよ」

絵里「つい出来心で」

真姫「もうダメ。そんなことするならおしまいにするわ」

絵里「ゆるして!」

真姫「それに……これのどこが気持ちいいっていうの?」

絵里「真姫はずっとやってるからそれがわからないのよ」

真姫「そんなにいいものじゃないから」

絵里「いいものよー」

真姫「知らない」

絵里「じゃあ教えてあげるわ!」

真姫「……どういうこと?」

絵里「お返しに、私の髪もいじっていいわ」

真姫「……わかった」
18: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:52:03.69 ID:PLCqnz1y0
絵里「思う存分くるくるしてください」

真姫「後ろ向いて」

絵里「えっ、くるくるは!?」

真姫「そんなの後でいいの。リボン外すけど、いい?」

絵里「いいけど……本当にくるくるしてみなくていいの?」

真姫「自分のがあるもの……それより私はこっちの方が気になるわ」

絵里「なに?」

真姫「絵里は2つ結びの方が似合うんじゃないかってこと」

絵里「えー? そんなことしたら3年生2つ結びだらけになっちゃうじゃない」

真姫「いいのよそんなこと。大事なのは個性よ個性」

絵里「あー、私の個性が塗り替えられてゆくぅぅ」
19: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:55:05.48 ID:PLCqnz1y0


海未「4人とも、そんなところで何をやっているんですか?」

希「!?」

にこ「海未!? ど、どこから……」

海未「普通に廊下を歩いてきましたが。それよりなぜこんなところにいるんですか」

凛「あ、海未ちゃん待って!」

花陽「ここから先はダメなの!」

海未「……なぜですか?」

凛「あの……それは……」

花陽「……えっとぉ」

希「む、虫が出たんよ!」

海未「虫ですか?」

にこ「そ、そう! でっかいクモが!」

海未「クモ……」
20: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 01:57:54.45 ID:PLCqnz1y0
希「もう想像するだけで恐ろしいくらいの色合いで……」

にこ「うんうん、もはやこの世のものとは思えないような……」

海未「ううっ……聞きたくありませんね」

凛「きっと毒を持ってるよ!」

花陽「危ないから近づかない方が……」

海未「そう……ですね。私もそんなサイズのクモは苦手です」

希「ほっ……」

海未「……待ってください。では真姫と絵里はどこですか?」

凛「え」

にこ「そ、それは……」
21: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:00:37.67 ID:PLCqnz1y0
海未「まだ中にいるんですか?」

希「あー……」

花陽「うーん……」

海未「……」

海未「…………」

海未「………………私が行きます」

花陽「えっ!?」

海未「そんな毒グモは苦手ですが、2人を置いていくことなんてできません」

海未「4人も誰かを呼ぶためにここで待っていたんでしょう?」

凛「うっ」

希「海未ちゃん……なんていい子なんや」
22: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:04:20.11 ID:PLCqnz1y0
にこ「で、でも2人は大丈夫で……」

海未「いいえ、危険です。4人は下がっていてください」

花陽「う、海未ちゃん、足が震えてる」

海未「……これは武者震いですよ。大丈夫です。虫よけスプレーなら持ち歩いているのでどうにかなるでしょう」

凛「海未ちゃん!」

海未「はぁ…………」

希「海未ちゃん、あとちょっと待って……」

にこ「あー!」



海未「2人とも! 無事ですか!?」


23: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:07:07.87 ID:PLCqnz1y0
絵里「あら海未、遅かったわね」

真姫「何? 何事?」

絵里「海未が来たの」

真姫「なんだ、そんなこと。私たちのことは気にしないでいいから先に座ってて」

海未「……」

絵里「真姫、意外とノリノリじゃない」

真姫「たまたまシュシュを持ってただけよ」

海未「……クモは?」

絵里「雲? そうねぇ、今日は快晴だからそんなにないわね」

真姫「絵里、じっとしてて」

絵里「ごめんごめん」
24: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:10:53.75 ID:PLCqnz1y0
海未「……」

凛「あ、あのー……これはそのー」

花陽「ご、ごめんなさい……」

にこ「怒らないで!」

希「謝るから許して!」

海未「……よかった」

凛「……え?」

海未「……うぅっ」

希「う、海未ちゃん!?」

絵里「海未!? どうしたの!?」

真姫「え、何で泣いて……どこか痛むの? 海未、聞こえる?」

海未「毒グモにやられたのではないかと……心配で……」

真姫「毒グモ?」

絵里「何の話?」
25: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:13:18.24 ID:PLCqnz1y0
穂乃果「いやー、今日のゴミ捨ては大変だったねぇ」

ことり「うん、まさかネコちゃんが飛び出してくるなんてね」

穂乃果「いやぁ、可愛かったなぁ……海未ちゃんみたいで」

ことり「そっけない感じがたまらない……ってね」



海未「……っく」



穂乃果「……ねえことりちゃん、今」

ことり「うん。聞こえたね」
26: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:16:32.34 ID:PLCqnz1y0
海未「……っ」

希「ご、ごめんな海未ちゃん」

にこ「こんなときはどうすれば……」

穂乃果「海未ちゃん!」

ことり「来たよ!」

花陽「ど、どこから!?」

凛「ま、窓から飛んできたにゃ……」

海未「ほのか……ことり?」

穂乃果「よしよし海未ちゃん、元気出して」

ことり「はい、ハンカチだよっ」

海未「ありがとうございます……」

穂乃果「絵里ちゃん、真姫ちゃん。海未ちゃんをお願いね」

絵里「ええ」

真姫「任せて」

27: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:20:20.02 ID:PLCqnz1y0
ことり「……うん、大丈夫そうだね」

穂乃果「よーし……まず話を聞こうかな」

希「……お、怒られる」

凛「でもなんて言えば……」

花陽「あのことは隠さなきゃ……」

にこ「でも……」

穂乃果「なんで海未ちゃんに嘘をついたの?」

にこ「……え?」

希「……聞くのそっちなん?」

ことり「そうだよ。みんなが海未ちゃんに意地悪するとしても、泣かせるまでしないのはわかってるからね」

花陽「穂乃果ちゃん……ことりちゃん」

凛「よ。よかったにゃー……」
28: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:24:07.04 ID:PLCqnz1y0
希「じ、実は詳しくは言えないんやけど、中で大変なことが起こってて……」

花陽「それを海未ちゃんに見せるのはショックが大きいから、見せないように、って……」

穂乃果「なるほどね……」

ことり「そうだったんだぁ……」

にこ「信じてくれるの?」

穂乃果「そりゃあ知らない人が言ってたら信じないかもしれないけど、みんなが言うんだから信じるよ!」

ことり「うんっ」

凛「……凛はこれほどμ'sのメンバーでよかったと思ったことはないにゃ」

にこ「奇遇ね、私もよ……」
29: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:25:50.26 ID:PLCqnz1y0
穂乃果「……まあ泣き顔の海未ちゃんが見られたのは久しぶりだったからうれしかったんだけどね」

ことり「海未ちゃんはどんな顔でもかわいいけど、泣き顔は滅多に見られないから……」

凛「凛はこれほどμ'sのメンバーで失敗だったと思ったことはないにゃ」

にこ「奇遇ね、私もよ」
31: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:31:06.07 ID:PLCqnz1y0





絵里「ねぇねぇ真姫、今日もあれやりたい」

真姫「また? 懲りないわねぇ」

海未「え? 何かやるんですか?」

にこ「そそそ、それは内緒よ! ね!? ほら、うちわの煽ぎ加減はこれでいい?」

凛「そうだにゃ。海未ちゃんは凛のマッサージでゆっくりくつろいででいいんだよー」

花陽「私たちが何でもするからね。おはい、お茶のおかわりだよぉ」

海未「いや、昨日から急に何から何まで至れり尽くせりなのが気になるんですが……」

希「き、昨日は海未ちゃんをびっくりさせちゃったから、お詫びに……それよりブラシ、痛くない?」

海未「はい大丈夫ですよ」

希「海未ちゃん髪の毛サラサラやね」

海未「その分手入れが大変ですけどね」
32: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:35:03.91 ID:PLCqnz1y0
穂乃果「いいなー」

ことり「私たちも海未ちゃんに至れり尽くせりしてあげたいなぁ」

にこ「え、そっち?」

穂乃果「そうだよぉ。海未ちゃんが戸惑ってる顔を間近で見られるんだよ?」

ことり「そっけなくしててもちゃんとお礼を言ってくれるんだよ!」

花陽「……いつもはこういうの、2人の当番なんだ」

海未「まぁ、そんなところですかね」

穂乃果「だから海未ちゃんの横顔をカメラで撮るくらいしかすることないの」

ことり「うん。でももうベストアングルは全部見つけちゃったからねぇ」

希「お、恐ろしい……」
34: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:38:17.51 ID:PLCqnz1y0
絵里「ねぇ真姫」

真姫「何よ」

絵里「真姫の髪の毛をくるくるしたら、μ'sの団結力が上がったわ」

真姫「何の因果関係もないわよ」

絵里「私はあると思うんだけど……私も幸せになれるし」

真姫「ふーん」

絵里「真姫は迷惑?」

真姫「くすぐったくするところが」

絵里「じゃあ今日はもっと……優しくするわ」

真姫「どうだか」

凛「2人とも、そこでイチャイチャしてないで海未ちゃんをもっとくつろがせるにゃー」

絵里「あ、私も入っていいの?」

希「人手は多い方がいいなぁ」

真姫「何よそれ」
36: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:42:30.14 ID:PLCqnz1y0
にこ「煽ぐの代わって。疲れた」

絵里「よーし。黄金の旋風と呼ばれた私の実力、見せてあげるわ!」

海未「何ですかその構えは」

花陽「真姫ちゃんもお茶飲む?」

真姫「1ついただくわ」

穂乃果「穂乃果たちにもハートのストローついたやつちょうだーい」

ことり「海未ちゃんと飲むから」

花陽「うーんと……あった、これでいいかな?」

海未「なんであるんですか!?」

絵里「真姫、終わったらくるくるしていい?」

真姫「いいわよ」

絵里「やった!」
37: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:45:48.75 ID:PLCqnz1y0
海未「くるくるとは一体……」

絵里「俄然やる気出てきたわ。行くわよ海未」

海未「えっ」

絵里「そりゃああああああ!」

海未「きゃああああ!?」

希「えりち!? せっかく綺麗にした海未ちゃんの髪の毛がぁぁ……」

穂乃果「いいよ! 海未ちゃんその表情もっと!」

ことり「かわいいよ!」

海未「だ、誰か絵里を止めてください!」

花陽「絵里ちゃん落ち着いてぇ!」

凛「凛はちょうど涼しいにゃー」

真姫「はぁ……今日も平和ね」










        おわり
38: ◆eyH5F3DPSk 2014/07/06(日) 02:46:51.66 ID:PLCqnz1y0
えりまき書いてたはずなのにとんだうみハーでござった
ほの→うみ←ことは書いてて楽しいです

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
絵里「真姫っていつも髪の毛くるくるしてるわね」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「真姫っていつも髪の毛くるくるしてるわね」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。